SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





キーボードの「カタカタ音」って迷惑ですか?

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CA] 2018/09/19(水) 09:06:27.40 BE:837857943-PLT(16930)
70966e5c-s

● 相手のイライラが伝わってくるタイピング音

職場内は、さまざまな“騒音”で溢れている。勤務時間内の周りに気を使わないおしゃべり、お菓子をぽりぽりと食べる音、ヘッドフォンから漏れる音楽……。
そんななか、地味に人々を悩ませているのが、キーボードの“カタカタ騒音”である。

筆者は2000年代前半、北斗の拳のタイピングゲームでブラインドタッチを学んだため、一文字打つたび、いまだに「あた! あたたたたた!」
と音が鳴るような気がする。そのせいもあってか、筆者のタイピング音は大きいとよく注意される。

仕方がないのである。ひな鳥が初めて見たものを親鳥と思ってしまうように、筆者はキーボードを叩く時にどうしても敵を倒すつもりで連打してしまう。
いわゆる刷り込み現象だ。言い訳をするわけではないが、筆者にはそういう事情がある。

しかし、世の中の人は、そんなことで許してはくれない。友人の女性は、職場で隣の席の男性が打つタイピング音の“カタカタ騒音”に
毎日イライラしているという。彼女いわく、男性のタイピングの音量にはムラがあり、男性の気が立ってくると、どんどん音量が大きくなるという。
女性には、それがどうしても耐えられない。

https://diamond.jp/articles/-/179994
no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1537315587/


続きを読む

AmazonのAlexaがSonyのスマートTVとLenovoのタブレットにやって来る

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/21(金) 19:48:01.68 _USER
amazon_hardware-6638
AmazonはAlexaに、できるだけ多くの人と対話させたいし、できれば彼らに何かを見せたい。そのためには、このバーチャルアシスタントをAmazonの画面付きAlexaデバイス、Echo ShowやFire TVのような、Alexaに声だけでなく顔も与えるデバイスから解放してやる必要がある。

そこで同社は木曜日に行われたビッグなハードウェアイベントで、“smart screen” SDKのリリースを発表した。これを使ってデベロッパーは、Amazon以外のハードウェア製品にEcho Showのような機能を持たせられる。スマートTVでも、最新の冷蔵庫でも、なにしろ画面のあるものなら何でも、Alexaデバイスにしてしまえる。

実際にすでにそれをやった企業が、二社ある。Amazonの発表によると、LenovoとSonyが、このSDKを使ってAlexaを自社製品に統合する。Lenovoは“近日発売”のAndroidタブレット、Smart Tabだ。

一方Sonyは、Alexa対応のテレビ、と呼ばれる製品シリーズの全機種にこのSDKを統合する。最初は、音楽と、スマートホームのカメラのみを年内に。Alexaが画面に何かを見せるという機能は、来年前半に実装される。
https://jp.techcrunch.com/2018/09/21/2018-09-20-amazons-alexa-is-coming-to-sony-smart-tvs-and-lenovo-smart-tabs/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537526881/


続きを読む

ヤフー ネット広告の配信一時停止へ 不正対策

1: ムヒタ ★ 2018/09/21(金) 07:34:42.11 _USER
gsgindex
インターネット広告配信大手のヤフーは、広告費をだましとる、「アドフラウド」と呼ばれる不正行為への対策強化のため21日から安全性が確認できないサイトへの広告配信を一斉に停止する措置を取ることになりました。

ブログやニュースサイトなど、さまざまなサイトに表示されるインターネット広告は、広告が表示されたり、ユーザーがクリックしたりすると、サイトの運営者に広告費が支払われる仕組みですが、最近は、見ていない広告を見たようにデータを水増しするなどの手口で何者かが広告費をだまし取る「アドフラウド」と呼ばれる不正行為が問題になっています。

今月にはあるアダルトサイトにアクセスすると別のサイトに勝手に飛ばされる手口で少なくとも200の広告主がターゲットとなり、広告費が不正に横取りされる仕組みが仕掛けられていたことがわかり、ヤフーも一部の広告を配信していました。

こうしたことからヤフーは、21日から安全性が確認できていないサイトに対する広告配信を停止し、集中的に不正行為を排除する対策に乗り出すことになりました。

ヤフーは、ネット広告配信の大手のひとつで、配信停止の対象は相当な数に上ると見られます。

ヤフーは、サイトの安全性が確認でき次第、順次、配信を再開するとしています。

ヤフーは、「サイト運営者の確認を含めた審査の厳格化やパトロールの強化によって不正排除に全力で取り組む」としています。
2018年9月21日 7時10分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180921/k10011638781000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537482882/


続きを読む

スマホ「4年縛り」、12月に見直し ソフトバンク

1: ムヒタ ★ 2018/09/21(金) 13:38:45.50 _USER
 softbank-hangaku-support-1812
ソフトバンクは4年間の分割払いでスマートフォン(スマホ)の代金を半額にする「4年縛り」の販売条件を12月から変更する。2年後の機種変更時に4年契約を結び直す項目などを撤廃する。公正取引委員会が6月、再加入を事実上義務付ける条件は利用者の通信会社の選択権を奪うと指摘。これを受け同社が見直しを表明していた。

 ソフトバンクの榛葉淳副社長が21日、東京都内で記者団に語った。新規契約者のほか、既に4年縛りで契約した利用者にも適用する。榛葉副社長は「安心して4年割賦の半額サポートの良さを使ってもらい、かつ2年後にはいろんな選択肢が増える」と述べた。

 ソフトバンクは2017年9月から「半額サポート」という4年縛りプランを提供している。スマホ代を4年割賦にし、2年後にスマホを買い替えれば残った2年分の支払いを免除する仕組み。「同じ4年契約のプランに再加入する」などの条件を満たす必要がある。

 米アップルのiPhoneなど高額の最新スマホを頻繁に買いたい人にとっては便利だが、一度契約すると他社に乗り換えにくくなる。このため公取委は「消費者の契約変更を断念させることで選択権を事実上奪う」と指摘していた。
2018/9/21 10:32
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35609180R20C18A9000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537504725/


続きを読む

アマゾンの画面付きAIスピーカー、日本でも12月発売

1: ムヒタ ★ 2018/09/21(金) 08:59:23.52 _USER
 sty1809210007-f1
【シアトル=中西豊紀】米アマゾン・ドット・コムは20日、人工知能(AI)スピーカーに画面がついた「エコー・ショー」を12月に日本でも発売すると発表した。価格は2万7980円。料理レシピの動画を再生したり、ビデオを見たりといったことが可能になる。グーグルも同様の製品の投入を計画しており、2社の「スピーカー」競争が激しくなっている。

 同日、ワシントン州シアトル市の本社で開いた製品発表会で明らかにした。米国では17年夏に1世代目の機種が発売されているが、今秋から2世代目に刷新するのにあわせて日本でも投入する。画面サイズは10.1インチで、動画再生のほかブラウザーを介してインターネットのウェブ画面を見ることもできる。

 すでに日本で発売済みの「エコー・ドット」と「エコー・プラス」についても新機種を発売する。「ドット」は音質を高めたほか、「プラス」は家電との連携によるスマートホームへの対応をしやすくした。価格はそれぞれ5980円と1万7980円。10月30日から出荷を始める。

 AIスピーカーに動画機能をつけた製品はグーグルも今夏から中国レノボ・グループなど家電メーカーを通じて販売している。記者会見したアマゾンのデバイス担当責任者、デイブ・リンプ上級副社長は「エコーのコミュニケーション能力はどんどん上がっていく」と話し、使いやすさの向上を訴えた。

 アマゾンが14年に他社に先がけて発売したAIスピーカーだが近年は競争が激しい。米ストラテジー・アナリティクスによると16年10〜12月期に9割近くあったアマゾンのシェアは直近の18年4〜6月期には41%にまで落ちた。最大のライバルは16年に参入したグーグルで、直近のシェアは27.6%と猛追中。中国のアリババ集団も少しずつシェアを伸ばしている。

 競合対策としてアマゾンはこの日、スピーカー以外の音声AI製品を発表した。日本向けは「現時点では無い」(同社)としているが、電子レンジや壁掛け時計にも音声AIが入り、声による操作ができるようになる。同社はあわせて車に積むことを前提としたスピーカーも発表。生活のあらゆる場所に音声AIを広げる戦略を明確にした。
2018/9/21 5:18
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35607570R20C18A9000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537487963/


続きを読む

Google、最大30TBまで使えるオンラインストレージ「Google One」

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/20(木) 21:13:04.51 _USER
gsgindex
Googleは、最大30TBまで保存可能なオンラインストレージ「Google One」を間もなく国内で提供開始する。これまでにGoogleドライブで購入したストレージは、Google Oneに統合されることになる。

 すべてのGoogleアカウントに無料で15GBの保存容量が与えられるのは従来のGoogleドライブと同じで、合計100GB〜30TBの間の追加の保存容量も選択して購入できる。なお、Googleドライブのプロモーションなどで取得した保存容量はそのまま引き継がれる。

 最大5人の家族でプランを共有することが可能で、Google Oneユーザーを対象とした特典も用意される。

 プランごとの価格や特典の内容は現時点では公表されていないものの、ヘルプページには「ホテルの割引」が例示されており、Google OneユーザーがGoogle経由で特定のホテルを予約するさいに割引きが受けられるようだ。

 前述のとおり現時点で価格については不明だが、参考までに米国での価格はそれぞれ月額で100GBプランが1.99ドル、200GBで2.99ドル、2TBで9.99ドル。2TBより大容量のプランはGoogleドライブと同額とされている。

 Googleドライブの国内での価格はそれぞれ月額で、100GBが250円、1TBが1,300円、10TBが13,000円、20TBが26,000円、30TBが39,000円となっている。プランが米国と同じだとすれば200GBや2TBのプランが追加され、より手頃で使いやすくなるものと期待される。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1143993.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537445584/


続きを読む

ソニー、ハイレゾ音質で録音・再生できるレコーダー

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/20(木) 21:07:38.04 _USER
i-img600x451-1537090389i6g6ls46264
 ソニーは高音質のハイレゾリューション(ハイレゾ)音源で録音・再生できるレコーダー「PCM―A10」を10月6日に発売すると発表した。可動式のマイクでインタビューや野外での鳥のさえずり、スタジオでの楽器演奏など幅広い場面でハイレゾ音源を録音できる。ギターなど楽器の愛好家に簡単に録音できるとして売り込む。

 近距離無線通信「ブルートゥース」と連携し、録音開始や停止、録音時の音量水準を決める「リハーサル機能」の使用など様々な操作を遠隔でできる。内蔵メモリーやマイクロSDカードの残量がなくなっても、自動で切り替えて録音を続ける機能などもある。価格はオープンだが、税別2万円前後。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35589420Q8A920C1X35000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537445258/


続きを読む

シャープ、プラズマクラスターに新効果 ペットの皮膚病を抑制

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/20(木) 21:08:44.62 _USER
369bde01d91a5d0dd3abffde11f9c2bb_1537446281_2
シャープは20日、有害物質や臭いを除去する独自技術「プラズマクラスター」に、ペットの皮膚病の原因となる細菌やカビを抑制する効果があることを実証したと発表した。将来的には力を入れているペット向け事業で、家電製品のほか、医療機関などBtoBへの導入をめざす。

 農学博士で東京農工大学名誉教授の岩崎利郎氏の監修で、実証実験をした。効果が認められたのは犬の細菌性膿皮症や外耳炎の原因菌など、細菌3種類とカビ2種類。円筒形の容器に、細菌やカビが入った容器を入れ、筒の上部からプラズマクラスターイオンを発生させると、99%以上の抑制効果を発揮した。

 同社はインターネットを活用した猫用のトイレを発売するなど、ペット向けのビジネスに注力している。今後は製品や動物を用いた実験を実施する計画で、製品開発やペット向けの新規事業への活用を急ぐ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35586400Q8A920C1LKA000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537445324/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ