SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





世界基準には程遠い? なぜ日本のフリーWi-Fi環境は遅れているのか

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/27(月) 20:24:27.46 _USER
1485334250001
http://u-note.me/note/47506676


 2020年の東京オリンピックを控え、外国人観光客のニーズにいかに応えるかが課題となっている。
今回は世界に比べ対応が遅れているといわれがちな日本のフリーWi-Fiの現状について紹介する。
実は盲点だった:外国人観光客の不満

 2013年に、2020年夏季オリンピックの開催地に東京が選出された。多くの人が日本中が期待に沸いたのを肌で実感していたはずだ。
 一方でスタジアムの建設費問題、エンブレムの盗用疑惑、宿泊所不足の問題など、
様々な課題も浮き彫りになっていった。華々しく夢のあるプロジェクトには常に現実的な問題点が付きまとうが、
中でも外国人訪日客のニーズという点で、フリーWi-Fiの整備というのは大きな問題の一つである。

 日本はフリーWi-Fiが少ない、という問題は外国人を対象とした観光庁の調査などから明らかになっていったが、
なぜ先進国である日本がそのような状況となっているのだろうか。

1.キャリア契約の問題
 日本の場合、パケット通信の利用を前提としたプランで通信キャリア各社と契約をする、というのが一般的だろう。
そのためメインとしてはLTE回線などで済ませ、自宅でゆっくりインターネットを利用するためにWi-Fiを利用する、というスタイルなどが定着している。
 しかし海外の場合、移民であるなどの問題でキャリアと契約できない人々も多く存在し、
そうした人々はプリペイド携帯(パケット通信ができない)を利用することになる。その対応としてフリーWi-Fiの拡充が図られていくと
キャリアとの契約が可能な人々の中にも、プリペイド携帯を選択して安い料金プランで済ませようという人々が現れるのは必至だ。
こうした社会構造から、一層フリーWi-Fiへの要請が高まっていった。

2.セキュリティ問題
 海外で実際多くのフリーWi-Fi環境が実装されているという現状があるなか、日本では警察の情報開示請求を乗り切るために、
スポットを提供する側はセキュリティ対策を固めなければならない、という障壁がある。
 これをしないと、そのフリーWi-Fiを利用している端末の情報が盗まれるといった犯罪が想定される。本人認証システムの
整備を提供者側が怠れば、こうした犯罪があったり、身元不明のアクセスがあったりした場合に責任を問われることになってしまう。
そのうえ認証システムの整備にかかる高いコストという問題もある。
 こうした背景から、日本では無料とうたいながらも事前登録や手続きが必要なものが多くなっていた。

2014年のWi-Fi整備についての総務省の調査では、日本のフリーWi-Fiの設置数自体に対する不満は大幅に減少しているものの、
手続きや登録など、利便性の面でやや低い評価となっている。オリンピック特需に伴う訪日外国人のこうした
要望に応えることが第2段階となっていくだろう。

(続きはサイトで)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488194667/


続きを読む

Xperia XZ Premiumキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 世界初4K(3840x216)HDR液晶&960fpsカメラ搭載!

1: ミラノ作 どどんスズスロウン(catv?)@\(^o^)/ [DE] 2017/02/27(月) 16:51:48.05 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
ソニーモバイルコミュニケーションズは2月27日、Mobile World Congress(MWC) 2017の会場においてXperia Xシリーズの最新モデル4機種を発表した。
昨年のMWCで発表した「Xperia Projector」を「Xperia Touch」として発売することもあわせて発表された。

 「Xperia XZ Premium」は、最大960fpsのスーパースローモーション撮影機能や5.5インチの4K HDRディスプレイを搭載したモデル。
チップセットはSnapdragon 835で、下り最大1Gbpsの通信に対応する。
新開発の1900万画素Motion Eyeカメラを装備する。外部接続端子はUSB3.1 Gen1対応で、従来のUSB2.0の10倍となる最大5Gbpsでのデータ転送が可能。
ボディカラーは、ルミナスクロムとディープシーブラックの2色展開となる。

ソニー、「Xperia XZ Premium」など4機種発表
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/event/mwc2017/1046404.html
no title

no title
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488181908/


続きを読む

AMD Ryzen登場を前に「Intel焦ってる」状態に、Skylake-Xを急遽12コアに変更&価格改定

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/27(月) 14:06:36.36 _USER
http://gigazine.net/news/20170227-intel-skylake-x-12core/
no title

no title


Intelが次期ハイエンドCPU「Skylake-X」を急遽、10コア/20スレッドから12コア/24スレッドに変更する可能性が報じられました。
この動きは2017年3月3日に発売されるAMDの新CPU「Ryzen」を向かえ撃つためであることは明らかで、
ついにCPU市場の覇権を賭けたIntel対AMDの本格バトルが始まる模様です。

Intelの「Skyalake-X」はLGA 2066プラットフォームを採用する、現行のハイエンドモデル
「Broadwell-E」を置き換える次期ハイエンドCPUです。当初から、最上位モデルはBroadwell-Eと同様に
10コア/20スレッドでの登場が予定されていましたが、12コア/24スレッドに変更される可能性が浮上しています。
Bits and Chipsのジャンマリア・フォルニ氏は、「8コア/16スレッドのRyzen 7が8コアのBroadwell-Eを上回る性能を見せているという事前情報であふれる現状に、Intelはハイエンドモデルを12コア/24スレッドに変更するだろう」と指摘しています。

あくまで噂レベルに過ぎないハイエンドモデルの仕様変更ですが、Ryzen 7がコストパフォーマンスという
点でIntelを圧倒しているという事前情報があふれる中で、少なくともIntelが現行モデルのBroadwell-Eの
価格改定に踏み切ることは避けられないという予想が主流となっています。

Intelが沈黙を続ける中、小売店では早くも現行のIntel CPUを大幅に値下げする動きが始まっています。
Micro Centerは、ハイエンドモデルのIntel Core i7-6950Xを1899.99ドル(約21万3000円)から
1599.99ドル(約17万9000円)へと300ドル(約3万4000円)の大幅な値下げを断行。

Micro CenterではBroadwell-Eだけではなくメインストリームの「Skylake」シリーズや2017年1月に登場したばかりの「Kaby Lake」
シリーズも軒並み値下げとなっており、Intelが正式に価格改定を行う前に少しでも在庫を減らしておきたいという小売店のもくろみが透けて見えます。
Ryzenのハイエンドモデル「Ryzen 7 1800X」は499ドル(約5万6000円)にもかかわらず1050ドル(約11万8000円)
のIntel Core i7-6900Kを上回る性能を持つ以上、Intelは大幅な価格改定を強いられることになりそうです。
さらに、より安価な6コアモデルのRyzen 5、4コアモデルのRyzen 3もIntelのCore i5、Core i3シリーズに
ぶつける形で2017年第2四半期以降に続々と登場する予定。6コアモデルのRyzen 5 1600XはCore i5-7600Kを
69%も上回る性能であることがリークされており、下位モデルでもRyzen CPUがIntel CPUを軒並み駆逐する可能性もあることから、
Intelは対応を余儀なくされることになりそうです。
数年にわたってGPUに比べてめぼしい進化がなかったCPUですが、AMDの復活によりIntelがのうのうとあぐらをかいて
いられる状況ではなくなった模様。さらにAMDは次世代GPUアーキテクチャ「VEGA」の発表をNVIDIAの
「GeForce GTX 1080Ti」の発表と同日の2017年2月28日に予定しており、GPUでもNVIDIAを追撃する構え。
AMDの復活はCPU&GPU市場に性能・価格面での競争を生み出すことは必至で、2017年はPC市場に活気が戻ってきそうです。

なお、Intelはかなり追い詰められつつあり、原因の一端として「人工知能の隆盛はさまざまなチップの市場を作り出しており、
Intelはトラブっている」という記事中でとても詳細に現状が分析されており、特にコア数がものを言うAI研究や機械学習において、
記事執筆時点でNVIDIAが最大3584コアまで開発しているのに対し、Intelはわずか最大28コア、
さらに特定の用途向けに複数機能の回路を1つにまとめた集積回路「ASIC」やあとから購入者や設計者が構成を
再設定・CPU自体を再プログラミングして特定用途に特化させることができる集積回路「FPGA」でもIntelは立ち遅れており、
以下のグラフを見てもわかるように、GPUがCPUを圧倒するとともに、NVIDIAがIntelを引き離すという恐るべき事態となっています。
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488171996/


続きを読む

アマゾン宅配急増の裏で疲弊する運送業界 圧倒的な物量にマンパワーが足りないという地獄絵図

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/27(月) 09:19:11.31 _USER
62index
https://news.careerconnection.jp/?p=31920

2月21日放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)が「”便利”はどこまで必要か?」と題して、この問題を報じている。
かなり興味深い内容だったため、放送内容を観るなかで見えてきた、現場の悲痛な声を紹介していきたい。(文:松本ミゾレ)


埼玉県川口市のある運送業者。ここで配達車両の管理をしている社員が、今ある問題に直面している。
「圧倒的に荷物の方が(配達員より)多いのが現状。100%要望に応えなくてはいけないが、それが物理的にできていない」
同社ではこれまで、大手宅配業者から業務を請け負ってきた。その業務を、契約している約100人の個人ドライバーに委託して配送をお願いしてきた。
所沢市在住のNさんが、取材に応じていた。この運送業者の委託を受けて働く、個人ドライバーだ。朝早くから荷物を載せた車で配達へ。
抱える荷物のほとんどは、映像を見る限り、Amazonのダンボールに見える。
Amazonといえば、ネジ1本からでもダンボールに入れて送ってくる、過剰包装がおなじみだ。Nさんが抱える様子を見ると、
あまり重くはなさそうだ。だけどとにかく数が尋常じゃない。
実際、僕もたまにAmazonを利用することがあるので、そもそもこのコラムではあんまり偉そうなことは書けない。
こういう様子を見てしまうと、ちょっと現代のネット通販は、配達業者に強い負荷をかけているという現実に、萎縮をしてしまう。

ドライバー「分かっててこの状況を放置しているのは悪」
ネット通販の普及で、末端の配達員の抱える仕事量は何倍にも膨れ上がっている。退職を考えてしまうドライバーも、少なくないようだ。
神奈川労連で、元ヤマト運輸社員のSさんが、相談する様子を、カメラが撮影していた。退職を巡って上司と交わした会話の内容を、録音していたという。
録音された音声が再生される。まずはSさんの「俺としては明日から来たくない。今すぐ辞めたい」という言葉が。これに対して、
上司と思われる相手は「そこまで〜……追い詰められてるの?」と、なんだか呑気な返答。
ただ、上司は上司で、昨今の業務の激増について思うところはあるようで、
「確かに世の中の荷物の増え方に、追いついてないところがあると思う」とは話している。
しかし、「だけど何にも(対策を)してないわけじゃない。Amazonが増えて佐川が手を切って、ヤマトに全部降りかかってきて」と
言葉を濁す。これにはSさんも「分かっててこの状況を放置しているのは悪ですよ」と反論をしている。
Sさんは、もともとは未払い残業代の支払いと、長時間労働の改善を促してもらうために神奈川労連にやってきた。
番組側はヤマト運輸にも取材を申し込んだが、「係争中のため」との理由で許可が下りなかった。
「僕たちがここまで動いてきたのは、仲間を助けたいから」と話すSさん。顧客にとっては便利なネット通販。
だけどその環境を支える人たちは、もう限界を迎えつつある。
もちろん業界も、何も対策を講じないわけではない。件のヤマト運輸の場合、増え続けるAmazon関連の配送業務に対して
、全国で2500人のドライバーを追加採用したという。

また、荷物の再配達もドライバーの負担だ。せっかく荷物を届ける際の時間帯も指定しているのに、実際にその時間帯にドライバーが訪ねても、不在という人も多い。そこで最近では戸建て用宅配ボックスというものが登場している。
これは不在であっても、その中に荷物を入れておけばいいので、荷物を営業所まで持ち帰る二度手間が省ける。まずは2月より、埼玉県越谷市で試験運用がスタートとなる。有用性が認められれば、日本各地で導入が見込まれる。
過剰なまでに便利になったサービスの裏には、過剰なまでに仕事が増えてしまい、疲弊する労働者がいる。ネット通販はまさにその最たる例と言っても間違いではないはずだ。
ここでちょっと賢ぶる人間なら、「そもそもここまで便利なサービスはいらないのではないか」なんて書いてまとめるんだろうけど、人間は現金だから、一度便利さを手に入れたらそう簡単には手放さない。
コンビニチェーンについても「24時間じゃなくても〜」という意見もたまに聞くが、いまさら昔の営業形態に戻ったところで、不満は必ず出る。
今はもうサービス提供者の側が、激増する手間をどういう工夫をして簡略化するかというところに目を向けないと、どうしようもない時代になってしまっているようだ。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488154751/


続きを読む

グーグル検索ではヒットしないヤバいサイト…「Deep Web」「Dark Web」とは?

1: デンジャラスバックドロップ(東日本)@\(^o^)/ [BR] 2017/02/26(日) 10:37:52.54 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
わからないことはとりあえずググって…が当たり前な昨今。だが、Google検索でヒットしないサイトがあるという。

『週刊プレイボーイ』本誌で「石川英治のホワイトハッカーなんでも相談室」を連載中のホワイトハッカー・石川英治が、その実態に迫る!

今ではわからないことがあっても、たいていの情報はググって即解決な感じですけど…。Google検索でヒットしないサイトがあるという。しかも、
そこにはヤバすぎな情報がいっぱいとか!?

―石川さん、こんなサイトって本当にあるんですか?

石川 「Deep Web」や「Dark Web」のことですね。

―このふたつは別物?

石川 「Deep Web」はGoogleをはじめとする検索エンジンの検索を拒否するように設定されたサイトです。実は、このようなサイトは
不正アクセス禁止法が施行される2000年以前は“UG”と呼ばれ、日本にもたくさんあったんです。

―「Deep Web」では何が行なわれているんですか?

石川 お金儲けの情報とかハッキングツールの売買ですね。まー、詐欺とか多かったですけどね。サイト管理者が逮捕されたりもして、
玉石混交な状態が楽しかった時代でもありました。今は沈静化していますよ。

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170226/Shueishapn_20170226_80632.html

匿名の通信に対応しており、ハッカーたちに活用されているアプリが「Onion Browser」だ。現在、スマホ版もリリースされている。
「Onion Browser」を使用して検索をすると、Googleとはまったく違う検索結果が表示される
no title
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488073072/


続きを読む

SNSに赤ちゃんの画像を上げる「婚テロ」

1: 腕ひしぎ十字固め(秋田県)@\(^o^)/[ニダ] 2017/02/26(日) 20:14:44.93 BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
160916kontero-650x432
Facebookの幸せ写真にモヤモヤ
ぴょん「周りが結婚していくと遊ぶ人少なくなるよね。Facebookは結婚式とか子どもの写真で埋まる。『婚テロ』って言うらしいよ(笑)」

なつ「『婚テロ』!? 確かに写真見てモヤモヤしてたけど、あれは『婚テロ』と呼べばいいのか!」

かも「素直に『おめでとー』だけではなくなったよ。結婚も出産もラッシュだから『婚テロ』ばっかだし、意識的にFacebook開かないって決めてたときもあった」

なつ「わかる! 精神衛生上良くないから、幸せ写真はたまにスルーする(笑)」


「婚テロ」3割が被害
 つながりが薄くなる友だちがいても、近況はSNSでわかります。

 2015年のトレンド総研の調査では、20〜30代の未婚女性約3割が、結婚式写真を見てネガティブになる「婚テロ」被害にあったことがあるという結果が出ました。

http://news.livedoor.com/article/detail/12723404/
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488107684/


続きを読む

メーカーの文系社長は会社をダメにする!? 日立と東芝を比較 日立は理系、東芝は文系が多い

1: キチンシンク(宮城県)@\(^o^)/[US] 2017/02/26(日) 12:33:52.63 ● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
メーカーの文系社長は会社をダメにするのか? 東芝と日立の例から
日立と東芝、歴代社長の出身学部を比較してみた

■日立と東芝、歴代社長の出身学部は?

連日、東芝(6502)の経営危機が報じられていますが、あらためて経営トップの重要性というものを多くの方が
実感されているのではないかと思います。そうした中、時折耳にするのは「メーカーは文系出身者が経営トップに
なると振るわなくなる」という都市伝説のような俗説です。

実際、東芝の経営危機の発端とされるウエスチング・ハウス社の買収時の社長であった西田厚聰氏は、
早稲田大学第一政経学部出身の文系社長でした。

とはいえ、東芝は創業から142年、東芝の前身である東京電気と芝浦製作所が合併して東京芝浦電気
(1984年に現在の東芝に改称)になってからでも78年の長い歴史を持つ会社です。今回は歴史をさかのぼり、
また同業の日立製作所(6501)と比較することで、この「俗説」の信ぴょう性を確認できるのではないかと考え、
検証してみました。

★日立歴代トップ
no title

★東芝歴代トップ
no title



■東芝のトップには文系が多く、日立は全員が理系

まず、東芝の結果から見てみましょう。1939年に東京芝浦電気が発足後、現在の社長である綱川智氏は
19代目の社長となりますが、このうち経歴が確認できなかった1人を除くと、理系社長は7人、文系社長は
11人と、文系社長のほうが多いという結果になります。

一方、日立は創業社長である小平浪平氏から数えて現在の社長の東原敏昭氏は11代目の社長となりますが、
この間、全員が理系出身者でした。

ちなみに、両社には社長の在任期間でも大きな違いが見られます。単純計算では、東芝は約4年(1939年から
現在までの78年間÷19人)、日立は約8年(1928年から2017年までの89年÷11人)と、2倍もの開きがあるのです。
それだけ、日立のほうが長期政権の社長が多く、東芝は社長の入れ替わりが頻繁であったということになります。

このように、歴代社長の出身学部と在任期間だけを見ても、同じ重電メーカーではあるものの東芝と日立には
大きな違いがあることがわかります。

つづく
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488080032/


続きを読む

インテルCPU、AMD Ryzenに対抗して怒濤の大幅値下げ!AMDオワタwwwwwwwwwwwww

1: ミドルキック(catv?)@\(^o^)/[DE] 2017/02/26(日) 07:10:18.88 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
3kpkEA7q4p
Intel Core i7-6950X ($1599 US) – $300 Price Cut
Intel Core i7-6900K ($999 US) – $200 Price Cut
Intel Core i7-6850K ($549 US) – $150 Price Cut
Intel Core i7-6800K ($359 US) – $140 Price Cut
Intel Core i7-5820K ($319 US) – $100 Price Cut
Intel Core i7-7700K ($299 US) – $80 Price Cut
Intel Core i7-6700K ($259 US) – $140 Price Cut
Intel Core i7-4790K ($279 US) – $90 Price Cut
Intel Core i7-7700 ($289 US) – $50 Price Cut
Intel Core i7-6700 (259 US) – $90 Price Cut
Intel Core i5-7600K ($199 US) – $70 Price Cut
Intel Core i5-6600K ($179 US) – $$90 Price Cut
Intel Core i5-4690K ($189 US) – $70 Price Cut
Intel Core i5-7500 ($189 US) – $30 Price Cut
Intel Core i5-6500 ($179 US) – $50 Price Cut
Intel Core i5-4590 ($159 US) – $60 Price Cut
Intel Core i3-7350K ($159 US) – $20 Price Cut
Intel Core i3-7100 ($114 US) – $15 Price Cut
Intel Core i3-6100 ($109 US) – $20 Price Cut
Intel G4400 ($49.99 US) – $20 Price Cut
Intel G3258 ($49.99 US) – $27 Price Cut

Intel Kaby Lake and Skylake Processors Get Massive Price Cuts By Retailers Prior To AMD Ryzen Launch – Core i7 7700K Up For $299, Core i5 7600K For $199, Core i5 6600K For $179
http://wccftech.com/intel-amd-price-war-ryzen-processors/
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488060618/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ