SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





iPhone8/ 8PlusはSIMロック解除なしで格安SIMを利用可能

1: ノチラ ★ 2017/09/25(月) 21:30:51.53 _USER
キャリアで契約したスマートフォンを格安SIMで使う場合、これまでは端末のSIMロック解除が必要でしたが、2017年8月1日以降に発売されたiPhone8/8 Plusなどの端末は、SIMロック解除をしなくてもそのまま利用できることがわかっています。
総務省のガイドラインに準じたもの

9月22日から発売が開始されたiPhone8、iPhone8 Plusや11月3日発売予定のiPhone Xなど、2017年8月1日以降に発売されるキャリア契約のスマートフォンは、SIMロック解除なしでも格安SIMサービスを利用できます。
no title


これは総務省が新たに作成した、モバイルサービスに関するガイドライン内にある「2017年8月1日以降に発売されるモバイル端末はMVNO向けのSIMロックを廃止する」という項目に準じたものです。

そのため今後キャリアから発売される端末は、iPhoneに限らずどの端末でもSIMロック解除なしで格安SIMを利用できることになります。
mineoサポート「iPhone8/8 Plusはsimロック解除なしで利用可能」

この件に関しては、テクノロジーメディアサイトのGIZMODO等がMVNOサービスのmineoサポートに問い合わせをしており、「iPhone8/8 PlusはSIMロック解除なしで利用できる」という回答を得ています。
https://iphone-mania.jp/news-186404/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506342651/


続きを読む

楽天、フリーテルを買収 格安スマホ3位浮上

1: へっぽこ記者@エリオット ★ 2017/09/26(火) 14:44:36.40 _USER
85
 楽天は格安スマートフォン(スマホ)サービス6位の「フリーテル」を買収する。4位の楽天のシェアは、ソフトバンク系とNTT系に次ぐ3位に浮上する。格安スマホの利用者数は低価格を背景にスマホ全体の1割に達する一方、通信大手も参入し競争が激化。初の業界再編につながった。楽天は格安スマホで顧客基盤を広げ、インターネット通販関連事業の拡大をねらう。

 26日午後に発表する。楽天はフリーテルを手がけるプラスワン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2017/9/26 14:00
日本経済新聞(有料記事)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26H2L_W7A920C1MM0000/?dg=1&nf=1
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506404676/


続きを読む

アップル、macOS「High Sierra」を提供開始。HEVCサポート、新ファイルシステム導入

1: ノチラ ★ 2017/09/26(火) 11:44:01.26 _USER
macOS-High-Sierra-1
アップルは本日、mac OSの最新バージョン「High Sierra」を提供開始した。バージョンナンバーはmacOS 10.13。

「High Sierra」では、iOS 10.3から採用されているファイルシステム「Apple File System(APFS)」を新たに導入し、SSDではデフォルトとなった。フラッシュストレージによる64ビットアーキテクチャーで、高い反応性とセキュリティ能力を確保するという。

「写真」アプリを機能強化し、UIを刷新。写真の整理や検索に関する操作性を高めた。編集機能では、「カーブ」や色の彩度を高める「選択的カラー」といった機能でコントラストや色の微調整が行える。PhotoshopやPixelmatorといった他社製写真編集アプリで、「写真」アプリから直接データを開くことも可能だ。動画再生では従来のH.264形式から、HEVCサポート。これにより、これまで同様の画質を確保しながら、最大40%の圧縮効率を実現するとしている。

グラフィック用API「Metal」は「Metal 2」へとバージョンアップ。機械学習やバーチャルリアリティといった機能が加わるとともに、Thunderbolt経由での外付けGPUとの接続もサポートする。

音声アシスタント機能「Siri」は、表現やイントネーション、抑揚が向上し、表現力豊かな会話を行うこともできる。またApple Musicを楽しむ際、Siriが楽曲の提案を行う機能も加えた。
そのほか、より高速化した「Safari」や検索が行いやすくなった「メール」、表にも対応した「メモ」など、アプリもアップデートしている。
http://www.phileweb.com/news/mobile_pc/201709/26/879.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506393841/


続きを読む

Intel、デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサ発表 最大で6コア12スレッド対応を実現

1: ばーど ★ 2017/09/25(月) 14:46:20.96 _USER9
デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサ
no title


 米Intelは24日(現地時間)、デスクトップ向けの第8世代Coreプロセッサを発表した。非Extreme Editionで初の6コアを実現し、ゲーム性能やマルチタスク性能を引き上げる。なお、イベント以外の場で日曜日の夜(現地時間は24日20時)にIntelがCPUを発表するのはめずらしい。

 モバイル向けにはKaby Lake Refreshのコードネームで知られる第8世代Coreプロセッサが発表済みだが、今回の新製品であるデスクトップ向けのコードネームはCoffee Lake-Sとなっている。第7世代およびKaby Lake Refreshのプロセスルールは14nmを改良した14+nmだが、Coffee Lake-Sは改良をさらに推し進めた14++nmとなる。

 Coffee Lake-Sの大きな特徴は、LGA 1151ソケットで初の6コア(上位モデルのみ)を実現。Hypre-Threadingにより、Core i7では12スレッドを利用可能。また、下位モデルのCore i3もクアッドコアに引き上げられており、Kaby Lake Refresh同様、コア数を増強している。

 一方、ソケットは第7世代と共通だが、電源設計が異なるため、既存のチップセットでは利用できず、同時投入されるIntel Z370チップセットと組みあわせて利用する。また、Intel Z370では第7世代のCPUは利用できないため、事実上、互換性のない新しいプラットフォームとなる。

 CPUとチップセットはDMI 3.0で接続。CPUとは2chのDDR4-2666、PCI Express 3.0 x16、Embedded DisplayPort 1.4、DisplayPort 1.2/1.4(外部チップ利用でHDMI 2.0aにも対応可)が直結。チップセットは、PCI Express 24レーンを持ち、Optane MemoryやThunderbolt 3に標準対応する。

 コアが増えたことで、Core i7-8700Kは同7700Kと比較し、ゲーム「Gears of War 4」のフレームレートが25%向上。また、PUBGをプレイしつつ、録画と配信を行なうさいのフレームレート(ただしQSVはオフ)は45%向上するという。

 オーバークロック対応のKモデルでは、コア単位でのオーバークロックに対応。シングルスレッドアプリでは、1つのコアのみのクロックを引き上げられる。これにより最大4.7GHzでの駆動が可能だが、6コア駆動時のベースクロックは7700Kの4.2GHzから3.7GHzに下がっている。このほか、オーバークロック向けにリアルタイムメモリレイテンシ制御、拡張PLLトリム制御が追加され、電源制御も改善されている。

配信2017年9月25日 12:00
pc.watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1082481.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506318380/


続きを読む

Samsung、折りたたみ可能な「Galaxy X」を近くリリースか

1: ノチラ ★ 2017/09/25(月) 17:31:39.92 _USER
no title

次こそ出ると言われ続けながら、なかなか世に現れない製品が、どこのスマートフォンベンダーにもあるものです。例えば、Appleはベゼルレスデザインの有機EL(OLED)ディスプレイで、ワイヤレス充電を搭載したスマートフォンの登場が毎年のように噂されていました。しかし、AppleがiPhone Xで実現してしまった今、今度はSamsungの「折りたたみ可能なスマートフォン」に注目が集まっています。
認証機関から申請が許可される

折りたたみ可能なスマートフォンこと「Galaxy X」については、2015年頃からSamsungが開発していることが噂され続けてきました。2017年4月には「プロトタイプがすでに存在し、2017年半ばに限定モデルとして登場する」と言われていましたが、9月になっても一向に発売の話は聞こえてきませんでした。

しかし、ニュースサイトAndroidGuysによると、最近になって韓国の国立電波研究院がSamsungのそれらしきスマートフォンを認証したことが分かったそうです。モデル番号は「SM-G888N0」とされており、現在市場に出回っているSamsungのデバイスのどれとも異なります。認証が正式なものであることから、韓国を皮切りとして発売が近いのではないか、と同サイトは推測しています。
新たなスマートフォンの潮流となるか

ただし、新たに認証が行われた端末は、BLuetooth 4.2とAndroid 6.0.1で登録がなされており、現行の最新規格がそれぞれBluetooth 5.0とAndroid 8.0 Oreoであることを思うと、幾分か「時代遅れ」の印象を受けるのは否めません。

もちろん、発売するにあたって、装いを新たに販売される可能性もありますが、「Galaxy X」が新たなスマートフォンの潮流を創るフラッグシップモデルとして発売されるのか、コンセプトモデルとして発売されるのかも気になるところです。ひとまず、今度こそ発売される望みをいだきながら、続報に注視といったところでしょうか。
https://iphone-mania.jp/news-186344/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506328299/


続きを読む

中国スマホ大手「日本語専攻出て行け」 抗議相次ぎ謝罪

1: ノチラ ★ 2017/09/25(月) 18:07:36.27 _USER
AS20170924001070_commL
「あなたが日本語専攻の学生なら、出て行ってください。あるいは映画事業で仕事させてやってもいい」。中国スマートフォン大手小米科技(シャオミー)の社員が河南省であった採用説明会でそう発言し、「就職差別」と批判されている。同社トップに抗議の声が寄せられ、社員は謝罪に追い込まれた。

 河南商報が報じ、小米の広報担当者も朝日新聞の取材に事実関係を認めた。

 22日夕に鄭州大学であった採用説明会で、小米のイノベーション部門責任者とされる秦濤氏が、日本語専攻の学生に会場から出て行くよう要求したという。秦氏がこの時、「仕事させてやってもいい」と言った「映画事業」とは、中国人の若者の間ではアダルトビデオ産業の意味ととらえるのが普通だ。

 秦氏の話を聞き、会場にいた200人以上の学生はみな笑ったという。憤って会場を離れた日本語専攻の学生は、河南商報の取材に、「日本語専攻の学生に対するきわめて重大な侮辱だ」と述べた。

 報道以降、小米の最高経営責任者・雷軍(レイチュン)氏のネット上のミニブログ微博(ウェイボー)には「日本語専攻の学生は小米の商品を使うのをやめよう」などと学生らから抗議が寄せられている。こうした事態を受け、23日に秦氏が微博に謝罪文を掲載した。だが、秦氏から日本や日本人に対しての言及はない。発言の背景も不明だ。

 小米は中国スマホ大手。調査会社IDCによると4〜7月の中国の販売台数は米アップルより上の4位。
http://www.asahi.com/articles/ASK9S4HSFK9SUHBI00F.html
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506330456/


続きを読む

日本だけが「AI仕事革命」に乗り遅れる、致命的な欠点が見えた。問題は、雇用制度だった

1: ノチラ ★ 2017/09/25(月) 12:15:11.05 _USER
44index
AIとロボットの進化で2035年までには仕事の半分が消滅する可能性が高い。そのとき、日本の企業が維持してきた終身雇用という岩盤規制はどう崩壊するのか。また、それに備えて個人はどう生き方を変えるべきなのか。

経営コンサルタントで『仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること』の著者・鈴木貴博氏と人事コンサルタントの城繁之氏が9月1日東京・八重洲ブックセンターでのトークイベントで激論を戦わせた。

付加価値の高い仕事が危ない

城 『仕事消滅』はすごく衝撃的な本ですね。帯には生存率51%、つまり49%の仕事がなくなるかもしれない、とあります。これ自体ショッキングですが、それ以上に意外だったのは、付加価値の低い仕事から順にAIに取って代わられると想像していたが、実はそうではないらしい。むしろAIやロボットが一番苦手なのが手や指を使う作業だという指摘でした。

たしかにパテシエのような繊細な仕事は今のロボットには難しいと思うし、もっと言えばマックでパテを焼きながら盛り付けも同時並行的に行うのはロボットやAIにとって簡単ではないだろうな、と。

鈴木 そうなんです、AIは過去の膨大な情報の中から必要なものを取り出して正解を導き出す作業ならなんなくこなせますからね。

城 そこで直感的に思ったのは、今企業の中で既得権益を握っている正社員が抵抗するだろう、ということ。例えば2000年前後、大手製造業では海外移転や自動化で余った製造ラインの職員をシステムエンジニアとして教育しようとした。しかしまったくの畑違いですから、成果が出ませんでした。

なぜそんなことをするのかというと、日本企業はまず人を採用し、それを前提に仕事を作ろうとするんです。企業の体質改善や組織の見直しがうまくいかないのもそのため。アメリカは仕事があって、そのために人を雇うのとでは対極です。

だとすれば、AIで作業が置き換えられたとしても、正社員という既得権益を持つ人たちは死に物狂いの抵抗する可能性が高いのではないでしょうか。

鈴木 経営のコンサルの立場で言えば、既得権を持っている人の立場を守ることはとても重要なんです。私に依頼してくるのは既得権を持っている人たちだから(笑)。その観点で言えば、城さんの指摘に異議はありません。

ただし、その状態は長くないと思っています。例えば、自動運転技術が確立しました→長距離ドライバーとタクシー運転手の仕事を守ろうとする→運転席には必ず人間が座る必要があるという法律ができる、ということですね。ただ、こんなことをしても、世界の他の国はそこをスルーして無人のクルマを走らせた場合、運輸にかかるコストで日本とそれらの国で大きな差が生じる。

こうした事態がさまざまな業界で起きれば、国と国との経済格差が劇的に広がってしまうでしょう。要するに日本の競争力は低下するわけです。

城 それを日本人がどう考えるのか、ということですね。

鈴木 ウーバーという便利なものがあってアメリカはもちろん中国でも急速に普及しています。一度使うとわかるのですが、きわめて便利ですが、日本ではウーバーがちゃんと仕事ができないような法律ができてしまった。

世界の人はAIの恩恵を受けて低コストで快適な暮らしをしているのに、日本だけはタクシー運転手を守るために多くの人はそれを享受できない。それってとても恐ろしい未来ではないでしょうか。

城 雇用を守る代わりに国民全体が不幸になる。ほとんどブラックジョークですね

城 AIと終身雇用の関係は大きな課題ですが、いまのお話を聞いてますます疑問が大きくなりました。日本企業の頑固さ、打たれ強さにはほんとうに頭が下がります。ただ、本書に書かれたAIの未来はまさに革命で、それが現実になれば、さすがに変わらざるをえないでしょうね。

日本企業が「いや、担当部長は必要だ」と抵抗し、名前だけは部長を遺すことに成功したとしても、そうしたしがらみや組織文化を持たない外資系企業がこれからはどんどん攻めてくるからです。

彼らとの戦いは日本企業の論理など通用しない無階級サバイバル。いずれどこかで終身雇用のシンギュラリティが起きることになるのでしょう。

鈴木 そうした中で個人がどう生きるかは大変難しい課題ですね。
以下ソース
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52902
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506309311/


続きを読む

Intel、6コア化したデスクトップ向け第8世代Coreプロセッサ

1: ノチラ ★ 2017/09/25(月) 12:20:57.14 _USER
no title

米Intelは24日(現地時間)、デスクトップ向けの第8世代Coreプロセッサを発表した。非Extreme Editionで初の6コアを実現し、ゲーム性能やマルチタスク性能を引き上げる。なお、イベント以外の場で日曜日の夜(現地時間は24日20時)にIntelがCPUを発表するのはめずらしい。

 モバイル向けにはKaby Lake Refreshのコードネームで知られる第8世代Coreプロセッサが発表済みだが、今回の新製品であるデスクトップ向けのコードネームはCoffee Lake-Sとなっている。第7世代およびKaby Lake Refreshのプロセスルールは14nmを改良した14+nmだが、Coffee Lake-Sは改良をさらに推し進めた14++nmとなる。

Coffee Lake-Sの大きな特徴は、LGA 1151ソケットで初の6コア(上位モデルのみ)を実現。Hypre-Threadingにより、Core i7では12スレッドを利用可能。また、下位モデルのCore i3もクアッドコアに引き上げられており、Kaby Lake Refresh同様、コア数を増強している。

 一方、ソケットは第7世代と共通だが、電源設計が異なるため、既存のチップセットでは利用できず、同時投入されるIntel Z370チップセットと組みあわせて利用する。また、Intel Z370では第7世代のCPUは利用できないため、事実上、互換性のない新しいプラットフォームとなる。

 CPUとチップセットはDMI 3.0で接続。CPUとは2chのDDR4-2666、PCI Express 3.0 x16、Embedded DisplayPort 1.4、DisplayPort 1.2/1.4(外部チップ利用でHDMI 2.0aにも対応可)が直結。チップセットは、PCI Express 24レーンを持ち、Optane MemoryやThunderbolt 3に標準対応する。

コアが増えたことで、Core i7-8700Kは同7700Kと比較し、ゲーム「Gears of War 4」のフレームレートが25%向上。また、PUBGをプレイしつつ、録画と配信を行なうさいのフレームレート(ただしQSVはオフ)は45%向上するという。

 オーバークロック対応のKモデルでは、コア単位でのオーバークロックに対応。シングルスレッドアプリでは、1つのコアのみのクロックを引き上げられる。これにより最大4.7GHzでの駆動が可能だが、6コア駆動時のベースクロックは7700Kの4.2GHzから3.7GHzに下がっている。このほか、オーバークロック向けにリアルタイムメモリレイテンシ制御、拡張PLLトリム制御が追加され、電源制御も改善されている。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1082481.html
引用元: http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1506309657/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ