SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





面接で感じるお祈りフラグ

57cae018.jpg1 :就職戦線異状名無しさん:2010/03/17(水) 19:56:24

特に関係ないと思いたいが、やっぱり気になる面接官の言動。

・最後に就職活動のアドバイス

・帰り際にエレベーターで頭を下げられる

・「○○さんはうちにぴったりだよ」

・「せひ一緒に働きたい」

・「何か言い残したことはありますか?」


俺は面接でこの5つを体験したとき高確率で落ちている。
そんなお祈りの予兆を書き記すスレ。


4 :就職戦線異状名無しさん:2010/03/17(水) 20:29:36
某保険会社で面接中にあくびされた


6 :就職戦線異状名無しさん:2010/03/17(水) 21:00:20
「これからも就職活動頑張ってください」
って言われたけどこれはフラグ以前のレベルか・・・(´・ω・`)


続きを読む

日立製作所のHDD事業、お荷物卒業 黒字定着 世界のトップ追撃

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/04/23(金) 09:09:41

日立製作所は、赤字が続いていたHDD(ハードディスク駆動装置)事業で攻勢に転じる。

22日発表した同事業部門の2010年1〜3月期の営業利益は3四半期連続で黒字を確保。
08年以降は利益を計上し黒字体質が定着したことから、サーバー向け小型装置の強化や
新しい記憶装置なども投入し、世界市場で強みをみせるシーゲイトなど米国勢を追撃する構えだ。

「世界的な景気後退の中でも着実に利益を伸ばすことができた」。
日立のHDD製造子会社「日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)」の
スティーブ・ミリガン社長兼最高経営責任者(CEO)は同日の会見で胸を張った。

HGSTの1〜3月期の売上高は前年同期比42%増の14億6000万ドル(約1350億円)、
営業利益も前年同期の5700万ドルの赤字から大幅に回復し2億1700万ドル。
09年10〜12月期と比べても2倍近くの利益となった。09年通年の営業損益は約1億ドルの
黒字を確保した。

「今後も成長市場をとらえ事業の成長を加速させる」(ミリガン社長)と意気込むが、
HDD事業は数年前まで「赤字垂れ流し」(幹部)の部門だった。

日立は03年、米IBMのHDD事業を20億5000万ドルで買収。
しかし、統合作業の難航や、製品価格の大幅下落などで赤字が常態化。
07年まで5年連続で営業赤字を続けていた。

06年には赤字が3億7500万ドルに上り、07年には当時の古川一夫社長が撤退も検討するほど
だった。国内でもNECなど大手も撤退し、昨年には富士通がHDD部門を東芝に売却。
今では国内メーカーは日立、東芝のみだ。

日立のHDD事業を立て直したのが、今年4月までHGST会長だった現日立製作所社長の中西宏明氏らだ。
07年にHGSTに入社したミリガン社長が「中西さんの下でHDDに精通する人材採用を進めた」
と話すように、数年間で幹部の多数を入れ替えた。コスト低減のためメキシコ工場をマレーシアに
移管したり、部材共通化を進めて08年度に黒字化を達成した。

HDDはパソコン向けに加え、カーナビや家電向けなどの新規分野の需要も増加。
今後はネットワーク経由でソフトを提供するクラウド・コンピューティング向けのサーバーに、
日立が得意とする2.5インチ型などを強化。年内には米インテルと共同開発を進める次世代記憶装置
「SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)」も投入する。

日立が目指すのは主要部品を内製する「垂直統合型」で、米シーゲイトやウエスタン・デジタルなどの
ビジネスモデルだが、「本当の変革にはまだ少し時間がかかる」(ミリガン社長)。

グローバルな価格競争が激しい分野だけに、日立もさらなるコスト低下が求められる。


8 :名刺は切らしておりまして:2010/04/23(金) 09:20:20 ID:rzGKs4hq
日立とか技術的な蓄積すごいんだから、経営者がすごければあっという間に世界制覇しそうだけどな。



12 :名刺は切らしておりまして:2010/04/23(金) 09:27:41 ID:1rzzCkrO
なんかフラグっぽい記事だな

続きを読む

採用するなら新卒より団塊?--中小企業で活躍する大企業OBが急増、年収1400万円の顧問も

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/04/23(金) 12:14:26

団塊世代の大量定年を迎えてから3年が経つ。就職氷河期にあって中小企業で活躍する
大企業OBが急増。


月額十数万円でベテランの力を借りたいニーズは根強い。

「営業は会社の顔だからね。責任は重いけどやりがいはあるよ」 

広告代理店の日広ピーアール(東京都千代田区)で顧客開拓に苦戦する新入社員を
励ますのは、同社顧問の永井春夫氏。今年2月から週に1回、若手社員に営業ノウハウや
ビジネスマナーを教えている。一昨年までヤマハエレクトロニクスマーケティング
(東京都港区)で取締役営業統括部長を務めていた。永井氏は、人材スカウト会社の
レイス(東京都港区)が昨年2月に始めた「顧問名鑑」の登録者である。上場企業の
役員、部長経験者を中小企業に顧問として紹介するサービスだ。

日広ピーアールは社員数十人の小所帯ながら、毎年1〜2人の新卒を採用している。
井上健社長は「社員は全員が営業に駆け回って忙しい。若手の教育を任せられる
ベテランが欲しかった。永井先生は私の相談相手にもなってくれている」と話す。


■年収1400万円の顧問も

大学生が就職活動で苦しむ一方で、永井氏のようなベテランを求める企業は少なくない。
「優れたシニア人材は頼りになる即戦力。単純な比較は難しいが、福利厚生も含めて
30万〜35万円かかる若手社員よりも人件費は安い」
とレイス「顧問名鑑」事業部の堤寛夫
副部長は話す。

顧問名鑑の登録者は平均62〜63歳。団塊の世代が中心である。レイスはサービス開始から
1年で登録者を530人、申込企業を620社まで増やした。顧問を求める企業の9割以上は、
売上高100億円未満だ。既に百数十社で同社の顧問が働いている。レイスは企業と登録者
の要望を聞いて、両者の面談を設定。採用された顧問は1カ月に1〜4回勤務したり、
メールや電話で相談に乗ったりする。長年培った人脈を生かした営業先の開拓や、
事業戦略の立案にも携わる。契約期間は1年か2年。1社につき毎月5万〜25万円の顧問料を
手にする。6社と契約して年収1400万円を稼ぐ猛者もいるという。




3 :名刺は切らしておりまして:2010/04/23(金) 12:22:03 ID:h/RW20oL
若者が殺される
国に、殺される

続きを読む

【雇用】来春の大卒求人数が2割減少 倍率も1.28倍に低下

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/04/21(水) 17:18:25

リクルートが21日発表した11年3月卒業予定の大学生・大学院生に対する
民間企業の求人調査によると、求人総数は前年より19・8%減の
約58万2千人と、2年連続で減少。
就職希望者1人当たりの求人数を示す求人倍率も0・34ポイント低下の
1・28倍で、2年連続で悪化した。
企業業績は回復に向かっているが、景気の先行きが不透明なことから、
企業は新卒採用に慎重な姿勢を続けている。

ソースは
http://www.excite.co.jp/News/economy/20100421/Kyodo_OT_CO2010042101000492.html

■リクルート http://www.recruit.jp/
 第27回 ワークス大卒求人倍率調査(2011年卒) [PDF document 514Kb]
 http://c.recruit.jp/library/job/J20100421/docfile.pdf



2 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 17:19:10 ID:fRXUGkGo
1.28倍ならまだいいな
続きを読む

【労働環境】うつ病チェック、企業健診で義務化へ 長妻厚労相方針

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/04/20(火) 08:39:23

長妻昭厚生労働相は19日、企業が行う健康診断で、精神疾患に関する検査を
義務づける方針を示した。
労働安全衛生法の改正も検討する。
増え続けるうつ病や自殺を防ぐ狙い。都内で記者団に述べた。

労働安全衛生法は、原則として1年に最低1回、従業員の定期健康診断を行うことを
事業主に義務づけている。
違反すれば50万円以下の罰金となる。
労働者にも受診義務があるが、罰則はない。
同法規則が定めている検査項目には、血圧や肝機能、血糖などはあるが、問診も含め
メンタルヘルスに関する項目は明示されていない。

厚労省は1月に「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」を設置しており、
近く中間報告がまとまる予定。
中間報告には精神疾患に関する検査の必要性を指摘する内容が盛り込まれる方向だ。
同省安全衛生部の担当者は「法改正が必要か、省令改正で間に合うかも含めて
検討することになる」と説明している。

同省によると、2008年度のうつ病を含む精神障害などの労災請求件数は
927件で、認定件数は269件。
00年と比べると、請求件数は4倍以上、認定件数は7倍以上に増えている。

ソースは
http://www.asahi.com/national/update/0419/TKY201004190466.html



2 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 08:41:32 ID:qtMPmcwQ
問診で鬱ってわかるの?



3 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 08:42:43 ID:rWpUmyJv
みんな軽い鬱って診断されるよ

続きを読む

【PC】NEC、3D対応のパソコン投入へ 今秋発売目指す

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/04/19(月) 13:37:21

NECは19日、3次元(3D)に対応したパソコンに参入すると発表した。
今年9月末までの発売を目指す。
台湾メーカーも3D対応機を発売すると発表しており、テレビに続いて
パソコンでも本格的な3D時代の到来を迎えることになりそうだ。

NECは、同日開催した夏モデルパソコンの発表会で3Dへの参入を表明した。
NECは2004年にも3D対応機を発表しているが、その際は3Dに対応した
コンテンツ(情報の内容)が不十分だったことに加え、本体価格が40万円程度
したことから不発に終わっている。

今回は満を持しての「再参入」(NEC)となり、価格を従来の高機能機レベル
並みに抑えるなどして普及を目指す考えだ。また、2Dで撮影した画像を3Dに
変換するなど、パソコンの処理機能を生かした特長を前面に打ち出す。

NECパーソナルプロダクツの高塚栄・取締役執行役員常務は同日の発表会で
「パソコンの新たな魅力として3Dを育てていきたい」と述べた。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/economy/it/100419/its1004191317002-n1.htm



2 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 13:38:18 ID:LQNXUDYu
3Dエロゲーの時代か
続きを読む

「『あいつは低学歴なのに、有能とされてる…』と嫉妬する人々。学歴と潜在能力差の現実を受け入れられず」

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2010/04/18(日) 12:55:48

・1カ月ほど前、大手出版社の副編集長(44歳)と赤坂で酒を飲んだ。そのとき副編集長は
 ハッキリとこう言った。「彼は、日大しか出ていないのに…(苦笑)」

 “彼”は、2歳年下の後輩を意味するらしいが、人事異動で編集長に抜てきされたようだ。
 一方で、早稲田大学出身のこの副編集長は、昇進できなかった。後輩に負けたのである。
 だから、酔った勢いでつい「日大しか」とバカにしたのだろう。

 会社員として30代後半〜40代後半までの約10年間は、大きな分岐点になる。その後、
 役員などになるか、それとも管理職で終わっていくかという、2つの道が待ち構えている。
 最近は、管理職にもなれない3つ目の道が作られている。
 この時点で競争に負ける人は、人事について不満が多くなる。そんなときに、彼らがよく口に
 するのが「〇〇大学しか出ていないのに…」といった言葉である。さすがにしらふのときは
 口にはしない。酔ったりすると、ハッキリと言う人がいる。

 そのような人は私の周りに10〜15人ほどいる。「あいつは立教なのに…」「まあ、中央しか
 出ていないから、彼は必死にがんばったんだろうね」など。いずれも早稲田や慶應義塾、
 東大出身の編集者たちである。この人たちは現在、副編集長(課長級もしくは課長補佐)
 などをしているが、その上の編集長(課長級もしくは部長級)になるのが遅れている。
 会社から十分には認められていないのだ。彼らはそのことを察知しているから、自分を
 追い抜かす人を冒頭で紹介したように「日大しか……」とバカにするのだろう。
 つまりは、嫉妬である。

 私がこの20年ほどの間に学歴について書かれた本を読んできた中で、もっとも説得力が
 あると思ったものをベースに論を進めたい。『日本的経営の編成原理』という学術書であり、
 もう30年以上前に書かれたものだ。著者の岩田氏は、学歴うんぬんを論じる前に、日本の
 社会の能力観には2つのニュアンスが含まれていると言及する。(>>2-10につづく)
 http://news.livedoor.com/article/detail/4722584/

※前:http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1271518541/
続きを読む

【大学経営】本当に偏差値40の大学から"良い会社"に入れるのか?

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/04/14(水) 19:04:55

経済学者である上武大学ビジネス情報学部の田中秀臣教授は、長く同大学の就職委員も
務めてきた。偏差値が高いとは言えない大学ではあるが、今年も就職内定率が80%を
超え、健闘しているという。

最近では著書「偏差値40から良い会社に入る方法」(東洋経済)も出版し、話題に
なっている。本当に偏差値40の大学から「良い会社」に入れるのか、田中教授に聞いた。

【偏差値40大学でも大丈夫】

■上武大学で長く、就職担当をされています。

今年3月の卒業生でも、早い段階から就職内定率は80%を超えていました。かなり善戦
しているのではないでしょうか。うちの大学は学生数がそれほど大きくなく、就職課が
きめ細かい対応をしているからです。

就職活動に熱心ではない学生を別の用事で呼び出して、いきなり企業の面接に連れて
行って、それで内定を取らせるようなことまでしているぐらいですから。

■それって、拉致しているみたいなものですね。

というか、大学の就職課にさえ、来てもらえれば、手助けすることはできるのです。
できるだけ早く、という条件付きですが。

(偏差値が低い大学では)先行逃げ切り型が重要です。最近は地方大学の学生も、
危機感を強めて、3年生の11月に首都圏などの企業説明会に出てくるようになりました。
競争が激化しているからです。

■偏差値40の大学でも良い会社に入れる、と主張されていますが、本当でしょうか。

可能です。日本の大学で就職に有利なのは旧帝大クラスの国立大学と、早稲田大学と
慶応義塾大学など一部の有力私立大学です。ここでは年間2万人ぐらいの就職希望学生がいる。
そこと勝負するのは難しいですが、それ以外の偏差値40から60ぐらいの大学ではあまり
差がない。準備をどれだけするかで、良い企業の内定が取れます。

良い企業とは、有名な会社とは限りません。しっかりした技術を持っているような
会社です。必ずしも、就職人気ランキングの上位に必ず来るような企業でなくても
構わないでしょう。

【学生には就職候補を10社挙げさせよ】

■具体的にはどのようにやるのでしょうか。

分かりやすく話しましょう。私のゼミには23人の学生がいて、22人が早めに内定を
取りました。重視しているのは大学3年生夏休みの対策です。企業研究をしっかり
やらせる。

まず、学生たちに就職したい企業を10社挙げさせます。すると、まずはトヨタ自動車や
ソニーなどを出してくる。学生には「無理だ」とはっきり言います。そこで、自分の
実力以上3割、実力相応4割、そして実力以下、つまり簡単に入れそうなところを3割
挙げるように言います。この作業を4〜5回ぐらい繰り返すと、学生たちは私の知らない
ような企業を出してきます。パチンコ台の基盤を作っていながら、防衛関係の部品を
作っているような優良会社です。

こうした過程で、学生たちは企業について考えるようになるのです。日本の製造業の
会社には知名度が低くても、素晴らしい会社がある。それをいかに見つけられるのか
です。しかも、できるだけ早く、学生にはそれを気付かせる。それが重要なのです。

※続く
◎ソース http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100408/213905/?bvr
続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ