SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





【IT】富士ソフト、管理職を半減…意思決定スピードを迅速化 事業本部制も廃止 @ビジネスnews+

1 :きのこ記者φ ★:2009/09/30(水) 21:21:31

富士ソフトは29日、中期戦略に基づいた組織変更を10月1日付で実施すると発表した。
これまでの事業本部制を廃止し、「事業グループ」と呼ぶ組織単位に再編する。

併せて全社的に管理職ポストを半減させ組織をフラット化。
意思決定のスピードを迅速化し、中期戦略の推進を加速する。

4つある現在の事業本部を、5つの事業グループと1つの部に再編する。

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/top/index.cfm?i=2009092909562b1

続きを読む

【技術力は】独立系SIer内定者を慰めるスレ【一番】

1 :就職戦線異状名無しさん:2009/01/12(月) 01:34:39
┐(´∀`)┌口だけバカ上流SEの尻拭いが大変そうですが、
技術力は我々が一番付くので明るい未来を語りましょう

続きを読む

ユーザー系IT企業 62社目 @2ch就職板

1 :就職戦線異状名無しさん:2009/07/16(木) 23:16:10
ユーザー系IT企業のSEを目指している人や内定者のためのスレです。
3年も4年も人事もアンチも社員も元社員も仲良く意見交換しましょう。続きを読む

国産パソコン各社:サポート充実で対抗、年中無休の電話相談など…「富士通」「NEC」 @ビジネスnews+

1 :明鏡止水φ ★:2009/09/28(月) 07:15:50
台湾などのパソコンメーカーが価格を抑えた小型の機種でシェアを拡大する中、
日本のメーカーの間では、年中無休の電話相談など販売後のサポートを強化して
顧客を獲得しようという動きが広がっています。

 このうち「富士通」は来月1日から、インターネットを使って利用者と同じパソコンの
画面を見ながら、24時間365日、電話で相談に応じるサービスを始めます。

 対象となるのは「富士通」のパソコン利用者で、一件あたり3000円の費用がかかりますが、
ほかのメーカーのプリンターやパソコンソフトについても相談を受け付けることに
しています。

 担当者は「周辺機器に関する問い合わせが増えており、困っている人により手厚く
サポートしたい」と話しています。

 また「NEC」も、自社のパソコン利用を条件に、他社のプリンターなどの相談も受け付ける
サービスを行っています。

 パソコンは、台湾などのメーカーが機能を絞り込んで価格を抑えた小型の機種で
シェアを拡大し、価格競争が一段と激しくなっています。日本のメーカーはサポート体制の
強化も打ち出すことで、これまでパソコンにあまりなじみがなかった顧客の獲得につなげ、
巻き返しを図りたいとしています。

▽News Source NHK ONLINE 2009年9月28日 6時18分
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015736121000.html

続きを読む

韓国:サムスン社長が世界制覇宣言…「私の辞書には“2位”はない」 @ビジネスnews+

1 :きのこ記者φ ★:2009/09/28(月) 21:41:22
「2012年にデジタル黄金期がくる」。サムスン電子社長がデジタル製品の急成長を予測、大攻勢に出ると宣言した。サムスン電子は世界同時不況に直撃され昨年第4四半期に初めて赤字に転落したが、驚異的な回復力を見せている。テレビや携帯電話機はむろん、パソコン、デジカメ、白物家電までも世界首位を狙う。

「デジタル黄金期」をぶち上げたのは、韓サムスン電子でテレビや携帯電話機、家電製品などを担当するDMC(デジタルメディア&コミュニケーション)部門の最高責任者である崔志成(チェ・チソン)社長だ。9月上旬にベルリンで開催された家電見本市「IFA」での記者会見で、件の発言は飛び出した。

その中身は衝撃的だった。
崔社長は、「今後先進国を中心に世界景気が徐々に回復し、それに伴ってデジタル関連製品の需要も増加、3年後にはデジタル黄金期が到来する」と切り出した。

崔社長が明らかにした2012年の製品別世界市場規模予測は、テレビ3億台(08年の市場規模2億台)、携帯電話機15億台(同11億7700万台)、デジタルカメラ2億台(同1億3000万台)、MP3プレーヤー2億台(同1億8000万台)、パソコン4億台(同2億3500万台)。今後3年間で、携帯電話機は27%、テレビは50%、パソコンに至っては70%も市場規模が
拡大するというのだ。

こうした予測を前提に、「デジタル黄金期が到来した場合、市場シェアが企業にとって最も強力な財産になる」と述べ、「これに備えてサムスン電子は絶対的な市場支配力を確保するために全力投球する」と宣言した。

サムスン電子はすでに、テレビ市場ではソニーを抜いて3年連続世界首位だ。最近は、ソニーの不振という「敵失」もあり、シェアの差はさらに開いている。携帯電話機市場でも、首位のフィンランドのノキアを猛追している。崔社長は、この2つの製品以外についても「世界のトップクラスの事業に育成する」との意欲的な計画を明らかにした。
(中略)

崔社長は、「私の辞書には2位という言葉はない。サムスン電子も私もまだまだハングリーだ」と強い口調で繰り返した。ベルリンでの「崔発言」は韓国メディアに対するものだったが、いざ報道されると、あっという間に世界のIT業界を駆け巡った。普通なら「ほら吹き」とも言われかねない常識破りの発言だが、崔社長を知る関係者の受け止め方は「用意周到な発言に違いない。恐ろしいことになった」とまったく異なる反応だ。

続きを読む

富士通、SE400名を子会社に移管…製造分野の再編を実施@ニュー速+

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめき▲φ ★:2009/09/25(金) 11:21:31
富士通は、10月1日付でSE 400名を子会社3社に移管し、グループ会社を含めた
製造分野のSE機能を対象に、フォーメーションの再編を実施すると発表した。
これにより、同社では業種ノウハウの蓄積、事業の横展開、生産性・品質の向上を図り、
SIビジネスを強化を図る。

具体的には、製造および製薬分野のSE 約250名を富士通システムソリューションズの
部門と統合、約500名規模の体制を構築するほか、関西の製造分野のSE 約50名を
富士通関西システムズに統合し、約200名規模の体制を構築する。そのほか、自動車分野の
SE機能の約100名を富士通中部システムズの部門と統合し、SE 約250名規模の体制を構築する。
(後略)

*+*+ マイコミジャーナル 2009/09/25[02:28] +*+*
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/25/020/index.html

続きを読む

“極寒”の就職活動に学生悲鳴 100社応募も全滅…「何が悪いのか?」 @ニュー速+

1 :出世ウホφ ★:2009/09/24(木) 13:43:03
秋風が流れるオフィス街を、リクルートスーツ姿の大学4年生が歩き回っている。出口が見えない不況や、悪化するばかりの雇用情勢が災いし、来春卒業予定なのに就職の内定がまだもらえないのだ。「全力を出したのに」「自分の何が悪いのだろうか…」。“極寒”の就活(就職活動)に、学生からは、ため息ばかりが漏れてくる。

東京都内の男子学生(22)は昨秋から活動を始めた。第1志望のマスコミ以外に製造業など100社近くに応募したが、内定はまだない。最終選考寸前まで進んだ企業も2、3社あったが落ちた。「一体何が悪くかったのか」と途方に暮れている。

大学で法律を専攻した女子学生(22)は昨年夏から活動を始め、まもなく1年がたつ。一般職希望で35社の面接を受けたが内定ゼロ。不合格が告げられるたび「何を話せばいいのか、分からなくなった」。企業の採用減や募集中止の現実を見て、「何とかなる」と考えていたことが甘かったと気付いた。

政治学専攻の男子学生(22)は金融2社の内定をもらったのに辞退した“ぜいたく”なケース。第1志望のJRなど鉄道会社を目指し、来春は卒業せずに再び就活にチャレンジする。

「小さいころから乗り物が好きだった。加えて日本各地の観光資源を生かせないかと考えたとき、運輸業界が志望の1番手になった」と話す。JR各社は安定志向の学生にも人気があり、競争は一段と激しい。「悔いのないようにやりたい」と意気込んでいる。

リクルートによると、企業は不況で大量採用を控えているうえ、今年は有効な人材を獲得しようと学生を「厳選」する傾向がより進んだ。就職情報サービス会社、毎日コミュニケーションズの調査では、7月末時点で内々定を得た来春卒業予定の大学生は76%。昨年の87%から大幅に落ち込んでいるという。

夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20090924/dms0909241203000-n2.htm

続きを読む

NECエレとルネサス、統合契約を正式締結 新社名は「ルネサスエレクトロニクス」 @ビジネスnews+

25947430.jpg1 :やるっきゃ騎士φ ★:2009/09/17(木) 10:52:09
NECエレクトロニクスとルネサステクノロジは9月16日、来年4月1日に経営統合する基本契約を締結したと発表した。当初、7月末の締結を目指していたが、資産査定などに時間がかかり、交渉期限を延長していた。

NECエレを存続会社として来年4月1日に統合する予定で、統合比率はNECエレ1に対してルネサス1.189。新社名は「ルネサスエレクトロニクス」(仮称)で、社長にはルネサスの赤尾泰社長が就任する。

統合前日までにルネサスは、日立製作所と三菱電機を割当先とした総額780億円の株主割当増資を実施。新会社は発足と同時の来年4月1日、NEC、日立、三菱を割当先として総額約1220億円の第三者割当増資を行う予定。増資後の出資比率は、NECが33.42%、日立が30.73%、三菱が25.14%。

ソースは
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/16/news076.html

■NECエレクトロニクス
 http://www.necel.com/index_j.html
 2009年9月16日 NECエレクトロニクス株式会社と株式会社ルネサス テクノロジの統合基本契約締結について
 http://www.necel.com/news/ja/archive/0909/1601.html
■ルネサス テクノロジ
 http://japan.renesas.com/
続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ