SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





日立が過去最高益 地震影響も新興国需要で吸収

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/05/11(水) 17:17:39.17

日立製作所が11日発表した2011年3月期連結決算(米国会計基準)は、
最終損益が2388億円の黒字(前年は1069億円の赤字)となり、
過去最高を記録した。

新興国向けの建設機械が大きく伸びたほか、国内電機メーカーの設備投資の
回復を受け、電子部品加工装置などが好調に推移した。

売上高も前年比3・9%増の9兆3158億円、
営業利益は2・2倍の4445億円と増収増益を達成。
東日本大震災で茨城県内の工場が一時操業停止に追い込まれ、
売上高を1300億円押し下げたが、資材費や固定費の圧縮などで悪影響を
吸収した。

ただ、12年3月期の業績見通しについては
「地震の影響で合理的な算定が難しい」(三好崇司副社長)ため、未定とした。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110511/biz11051116460042-n1.htm

■日立製作所 http://www.hitachi.co.jp/

 2011年5月11日 2011年3月期 決算の概要
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2011/05/0511.html

平成23年3月期 決算短信(PDF形式、211kバイト)
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2011/05/0511/2010_An_01j_tanshin.pdf




続きを読む

「平均年収」に騙されて会社を選んではいけない



1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/05/11(水) 11:06:47.92

ソースはJ-CASTニュース 会社ウォッチ29歳の働く君へ〜いまからでも遅くない!
http://www.j-cast.com/kaisha/2011/05/11095175.html?p=all

日本では毎年、週刊誌や人材紹介系の会社が、企業・業界ごとの「平均年収ランキング」を作って
公開している。
そういうのを見て「おススメの会社はどこですか?」とか、
「城さんは○○をバカにしてますけど、平均年収は千数百万ありますよね」とか、
いろいろベタなことを聞いてくる人が実に多い。

というわけで、基本的なことだがとても重要なことなので、年収ランキングと企業の選び方について
まとめておきたい。

■高給取りの中高年が引き上げているのかも
日本企業の99%は、勤続年数に応じて上がっていく職能給というシステムを採用している。
つまり、右肩上がりの賃金カーブにそって年々昇給していくわけで、いまから入ったとしても、
必ずしもそれだけの平均賃金を貰えるわけではない。

ここが最も重要な点で、たとえば平均年齢45歳で平均年収1000万円の会社より、
平均年齢30歳で平均年収500万円の会社に入社した方が、生涯賃金が高い可能性だってありえる
(個人的には平均年齢が40代という時点で将来性はないと思うが)。

特に、いま重視すべきなのは、古い産業全体の地盤沈下傾向だ。
たとえば「プレジデント」の調査によると、2007年当時に平均年収1000万円以上の上位企業は
70社あったものの、09年では47社にまで減少し、しかもそのうちの31社は年収も下がっている。

僕の個人的な感覚では、これがこの先増加に転じる可能性は限りなく低い。というのも、
この手の大企業というのはたいてい労組が強く、
「中高年の賃下げはイヤだ」→「新卒採用抑制&昇給抑制」→「平均賃金は維持しつつも平均年齢上昇」
という負のサイクルが発生しているケースが多いからだ。


つまり、目先の金に固執するあまり、技術継承や人材育成を二の次にしていることになる。
にもかかわらず現時点でこれだけ下がっているということは、高給取りの中高年社員が定年退職すると、
10年後あたりにドカンと平均年収が下がる可能性がきわめて高い。

たとえば、08年度新人から給与水準を実質3割カットした日テレなどは、現45歳以上が退職したら、
びっくりするくらい普通の会社になっているだろう。




続きを読む

エアコンやめ扇風機、50%節電 政府、家庭用メニュー

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/05/09(月) 09:05:54.88

東日本の今夏の電力不足に対応するため、菅政権が家庭向けに節電対策メニューを
つくった。
家庭の削減目標は15%。
メニューで示した11項目の節電効果の数字を組み合わせ、15%を超えれば
目標達成だ。
エアコンを扇風機に替えれば、使用電力を50%減らせる。
10日に決定予定の電力需給対策に盛り込まれる。

ソースは
http://www.asahi.com/business/update/0508/TKY201105080388.html
“家庭の節電対策”という表は
http://www.asahi.com/business/update/0509/images/TKY201105080419.jpg

書き出します。
■エアコン
・設定温度を28度を目安に2度上げる…節電効果11%
・扇風機を使い、エアコンを使わない…50%
・「すだれ」「よしず」などで日差し緩和…10%
■冷蔵庫
・設定を「強」から「中」に。扉を開ける時間と保存食品を最小限に…2%
■照明
・日中は消灯。夜間も最小限に…5%
■テレビ
・必要なとき以外は消す…2%
・省エネモードに設定。画面の輝度を下げる…2%
■温水洗浄便座
・コンセントからプラグを抜く
・便座保温・温水を「オフ」に
 …節電効果いずれかで1%未満
■炊飯器
・早朝にタイマー機能で1日分をまとめて炊飯…2%
■待機電力(家電全般)
・リモコンの電源ではなく主電源を切る。長期間使わない機器はプラグを抜く…2%




続きを読む

アップル(Apple)、グーグル(Google)抜き世界で最も価値あるブランドに

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/05/09(月) 12:42:56.21

[ロンドン 9日 ロイター] マーケティング会社ミルウォード・ブラウンの調査によると、
アップルがグーグルを抜いて、世界で最も価値あるブランドとなった。

アップルのブランド価値は1530億ドルと評価され、株式市場における同社の時価総額の
半分近くに達した。

アップルは昨年、マイクロソフトを抜いてテクノロジー企業として最も価値あるブランドに
なったばかりで、今年は全業種の中でトップの座を奪った。

ブランド価値の上位10社のうち6社がテクノロジーおよび通信関連企業で、グーグルが2位、
IBMが3位、マイクロソフトが5位、AT&Tが7位、中国移動が9位にランクされた。

それ以外の業種では、マクドナルドが4位(前年は6位)、コカ・コーラが6位(前年は5位)、
マルボロが8位(前年は7位)、ゼネラル・エレクトリックが10位となった。

ミルウォード・ブラウンのディレクター、ピーター・ウォルシュ氏は、アップルの躍進について、
「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」など同社の製品が細部まで
行き届いていることや、企業向けにもプレゼンスが拡大していると説明。

ファーストフード企業のブランドが高く評価されていることに関しては、中国でファーストフードが
普及していることが大きな要因だと指摘した。

ブランド上位100社のうち新興国の企業は19社で、前年の13社から増加した。

注目を集めている企業では、フェイスブックのブランド価値が191億ドルで35位となり、
上位100社に入った。
中国の百度公司も前年の46位から29位に順位を上げた。

トヨタ自動車は昨年、リコール問題で順位を下げていたが、今年は自動車業界でトップブランドの座を
奪回した。ただ、調査は日本の大震災以前に実施されている。

ブランドランキングは以下の通り。
順位 ブランド 価値(10億ドル) ブランド価値の変動率
1 Apple 153 +84 percent
2 Google 111 -2 percent
3 IBM 101 +17 percent
4 McDonald's 81 +23 percent
5 Microsoft 78.2 +2 percent
6 Coca-Cola 73.8 +8 percent
7 AT&T 69.9 unchanged
8 Marlboro 67.5 +18 percent
9 China Mobile 57.3 +9 percent
10 General Electric 50.3 +12 percent

-以上です-
■Millward Brown http://www.millwardbrown.com/Home.aspx
 BRANDZ 2011
 http://www.millwardbrown.com/BrandZ/Default.aspx
  Top 100
  http://www.millwardbrown.com/Libraries/Optimor_BrandZ_Files/2011_BrandZ_Top100_Chart.sflb.ashx


ソースは
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20975720110509
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20975720110509?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20975720110509?pageNumber=3&virtualBrandChannel=0




続きを読む

せっかく大学出て大企業に入ったのに3割「辞める」



1 :名無しさん@涙目です。(catv?): 2011/05/06(金) 12:28:42.66 ID:GH8q8Ht20

大企業の正社員、3割は会社を辞める

 ポスト大震災――ビジネスパーソンはどのように働いていけばいいのだろうか。
「在宅勤務もできるのでは」といった新しい働き方を模索したり、
「このまま今の会社で働いていて大丈夫なのか」と不安に感じている人もいるだろう。
こうした問題について、覆面ブロガーのちきりんさんと人事コンサルタントの城繁幸さんが語り合った。
この対談は全7回でお送りする。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110506-00000003-zdn_mkt-bus_all




続きを読む

【原発問題】 原発事故収束に向け、鳩山前首相らがらがアイデア募集サイト



1 : ◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★:2011/05/06(金) 22:18:55.98

 民主党の鳩山由紀夫前首相らは6日、福島第1原発事故収束に向け、技術的な発想やアイデアを
公募するウェブサイト「Bチーム」を立ち上げた。現行の水冷却に代わる収束策をまとめ、政府の
福島原発事故対策統合連絡本部(本部長・菅直人首相)に提案したい考え。


▽産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110506/stt11050622000005-n1.htm

▽第一原発収束代替案Bチーム
http://www.daiichi-b.jp/







続きを読む

3Dテレビ、なぜか大安売り…ソニーの最新40インチモデルでも9万円台



1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2011/05/04(水) 14:05:32.10

・パナソニックが昨年4月に国内初の3Dテレビ「3D VIERA」を発売してから
 1年が経過した現在、大幅な価格の下落は続き、メガネ別売りの「3D対応テレビ」に
 いたっては最新モデルであるにもかかわらず10万円を割り込んでいることが
 明らかになりました。

 3D対応テレビはメガネを買い足すことで3Dコンテンツに対応できるだけでなく、
 4倍速表示などに対応した高画質な2Dテレビとしても利用できるため、テレビを
 買い替える時の選択肢に入れておくのも悪くないかもしれません。

 大手価格情報サイト「価格.com」によると2011年5月2日19時現在、2010年7月発売の
 ソニーの3D対応テレビ「3D BRAVIA KDL-40HX800(40インチ)」が7万8000円で
 販売されているほか、2011年3月発売の「3D BRAVIA KDL-40EX720(40インチ)」および
 「3D BRAVIA KDL-32EX720(32インチ)」といったモデルも10万円を割り込む価格で
 販売されています。

 また、色鮮やかに表現できる4原色技術を前面に押し出したシャープの「AQUOS クアトロン
 3D LC-40Z5(40インチ)」は10万700円、東芝の「LED REGZA 42ZG1(42インチ)」は
 10万4979円で販売されており、安価で販売されているのはソニー製モデルだけでないことが
 分かります。

 ちなみに最も安価な3D対応テレビ「3D BRAVIA KDL-40HX800」の場合、3Dコンテンツを
 利用するのに必要な3Dシンクロトランスミッター「TMR-BR100」は直販価格5000円、そして
 3Dメガネ「TDG-BR100」は直販価格7980円で販売されており、3Dコンテンツを楽しむために
 必要なアイテムすべてを揃えても約1万3000円上乗せされるだけで済むため、トータルで
 10万円を割り込む価格で購入できることになります。
 http://gigazine.net/news/20110502_3dtv_price/




続きを読む

インテル、立体構造の半導体生産へ 「冂」の形の素子で省電力と高速化実現



1 :おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2011/05/05(木) 14:30:54.74

米半導体最大手インテルは4日、立体構造をもった半導体チップを開発し、
年内に生産を開始すると発表した。立体構造にすることで、従来の平面構造では
実現が困難だった高速で消費電力の少ないチップが実現するという。

半導体業界は、限られた大きさの半導体チップの上に、どれだけ多くの
トランジスタを集積するかを競っている。トランジスタは半導体を利用した
ごく小さな部品で、二つの電極の間に電流を流すか流さないかで電気信号を制御する。
電極の幅を小さくすることで集積度を高め、処理能力の向上と消費電力の低下を進めてきた。

現在主流の電極の幅は32ナノメートル(ナノは10億分の1)。
人間の髪の毛の約3千分の1の細さだ。これ以上幅を小さくすると
電極間で電流が漏れやすくなり、返って効率が悪くなる恐れが出ていた。

このためインテルは、電極の間に電流を制御する「冂」の形の素子を置き、
電流を3方向から立体的に制御することにした。この結果、
電流の漏れを減らしながら電極の幅を22ナノメートルにすることができた。
消費電力は従来品の半分に抑えられるという。

ソース
http://www.asahi.com/digital/pc/TKY201105050046.html
http://www.asahicom.jp/digital/pc/images/TKY201105050048.jpg




続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ