SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





【コラム】日本から出て行けというのなら…(永守重信・日本電産社長)

1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/03/26(金) 22:59:12

 電機、自動車、造船などの産業では、韓国をはじめとするアジア各国の企業と苦しい戦いを
強いられている。日本の法人税率はアジア各国より20%ほど高く、さらに為替が円高のため、
日本でつくると原価が30%ほど高くなるようなものだ。20%以下の違いなら経営努力で何とか
埋められるが、30%以上も違ってくるときびしい。これほどのハンデを背負わされていては、
厳しいグローバル競争では生き残れない。日本から出て行けと言われているのと同じだ。

 法人税率を下げれば、企業が元気になり、雇用が増え、国の税収も増えるのに、日本は
企業を弱体化させて、雇用や税収を減らしている。まさに悪循環だ。

 民主党政権には、こうした状況を変えてくれると期待していた。民主党政権になれば、
もっと日本に工場を作れるし、もっと日本で雇用を増やせると楽しみにしていた。だから
「民主党では駄目だ」と主張する妻と言い合いになりながらも、昨年の衆院選では初めて
民主党に投票した。そして多くの友人、知人にも民主党への投票を勧めた。

 だが、民主党政権になっても、状況は改善するどころか労働規制の強化も加わり、期待は
裏切られた。それならば、生き残るためにはやむを得ない。堂々と日本から出て行く。このほ
ど中国に5000人規模の技術開発センター付の工場を建設すると決めたのを皮切りに、これから
も、どんどん海外に技術開発センターや工場をつくり、海外での雇用を増やすしかない。

 妻からは「だから民主党では駄目だと言ったでしょ」と責められ、肩身が狭い。

ソース:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/biz/blog/article/g=96958A9C93819499E0E6E2E3888DE0E6E2E1E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2



8 :名刺は切らしておりまして:2010/03/26(金) 23:02:59 ID:9nEAiwdp
責任を政府のせいにするのは

経営者としての無能を自ら認めることだなww

しかも妻まで引き合いに出す卑怯ぶりかよwww



続きを読む

今年の新入社員は『ETC型』、上司や先輩はスピードの出し過ぎにご用心--財団法人社会経済生産性本部

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/03/26(金) 19:09:51

新入社員の特徴を話題の商品などになぞらえて命名する発表が26日に行われ、
ことしの新入社員は「IT機器の活用は上手だが、人と直接対話するのは苦手」
として、「ETC型」と名付けられました。

これは、財団法人「日本生産性本部」が昭和48年から毎年発表しているもので、
学識経験者などがその年の就職活動や若者の意識を分析して命名しています。

ことしの新入社員については、「携帯電話などIT機器を活用するのはたけているが、
効率性を重視するあまり、人と直接対話するのが苦手」として、高速道路で人と話を
することなく料金を支払える「ETC型」と命名しました。

命名にあたって、日本生産性本部は「ETC型の新入社員は、性急に関係を築こうと
しても直前まで心のバーが開かないので、上司や先輩はスピードの出し過ぎにご用心」
と指摘しています。

ことしの新入社員は、大学生の就職内定率が先月の時点で調査開始以来最低の80%に
なるなど、例年になく厳しい就職戦線をくぐり抜けてきました。命名にあたった法政
大学大学院の岩間夏樹講師は「何十社も回って内定を取ったという年の新入社員は、
会社に対して遠慮が働き、本音を見せないため、人間関係が作りにくいのが特徴だ。
会社は、性急に会社の色に染めようとせず、ひとりひとりとじっくり向き合ってほしい」
と話しています。

◎財団法人社会経済生産性本部 http://www.jpc-sed.or.jp/

◎ソース
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013454131000.html#



3 :名刺は切らしておりまして:2010/03/26(金) 19:12:19 ID:DSnJIyZW
こういうしょうもない記事見て「今の新人はETC型だからね〜(笑)」
とか言っちゃう中年とかマジでいるからな


4 :名刺は切らしておりまして:2010/03/26(金) 19:12:57 ID:dAlMKlc/
毎年くだらないネーミングやってるな


続きを読む

【就職】東大生に「官僚離れ」の傾向…高まる外資系人気

1 :きのこ記者φ ★:2010/03/25(木) 13:46:08

東京大の卒業式が25日、東京都文京区本郷の東大安田講堂で行われ、
卒業生2983人に学位が授与された。
東大生の進路でまず思い浮かぶのは「霞が関」の官僚だが、最近は外資系企業などに
人気が集まり、「東大−官僚」というエリートコースを望まない学生が増えているという。

人事院によると、今春採用の国家公務員のうち、1種試験(行政・法律・経済区分)で合格し、
内定を得た「キャリア官僚」予定者は322人。このうち、大学院修了や既卒、中退等を含め
東大出身者が153人と半数近くを占めており、出身大学別では断トツだ。

しかし、井上正仁・法学部長は「『官僚バッシング』が影響して、東大生が官僚を目指さなくなっている。
優秀な人材こそ、国を支えてほしいのだが」と嘆く。かつてキャリアを目標にした成績優秀者が、
より多様な道を選ぶようになったという。

公務員になった東大生は、03年春卒業が305人だったのに対し、
昨春卒は260人(いずれも大学院修了等を含む)に減った。

就職情報大手、毎日コミュニケーションズの望月一志・企画広報部長は
「優秀な人材が報酬の高い外資系企業に流れている。リーマン・ショック後も外資系の割合が
高いのが特徴。民主党政権になって政治主導と言われる中、官僚離れがさらに加速するのでは」
と話している。

http://mainichi.jp/life/edu/news/20100325k0000e040055000c.html



4 :名刺は切らしておりまして:2010/03/25(木) 13:50:58 ID:h8nqS43A
一回、外資で働いてから、官僚になった方がいい。


5 :名刺は切らしておりまして:2010/03/25(木) 13:51:36 ID:XGbX6oYG
>>4
逆もあり

続きを読む

【雇用】パナソニックの2011年度採用計画、国内採用は42%減の290人、海外採用は46.7%増の1100人

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/03/25(木) 17:27:13

パナソニックは24日、2011年度の採用計画を発表した。採用は1390人で前年度比11.2%増やすものの、79.1%を海外で採用するため、国内の新卒は同42%減の290人に絞る。オイルショックに見舞われた1976年度以来35年ぶりに300人を下回った。新興国など海外市場での成長を重視する企業方針に合わせ、海外の人員を充実させる。

海外での採用予定は前年度比46.7%増の1100人となる。パナソニックが国内と海外の採用計画を分けて公表し始めた2004年度以降、海外比率は60%前後で推移しており、11年度から急激に海外シフトを進める姿勢が鮮明になった。

パナソニックはブラジル、中国などのいわゆる「BRICs(ブリックス)」や、
近年成長が著しいメキシコ、インドネシアなどの新興国市場攻略を最大の成長エンジン
と位置づけており、各国の市場開拓を担う人材を強化する。


◎ソース
http://www.asahi.com/business/update/0324/OSK201003240131.html?ref=goo


2 :名刺は切らしておりまして:2010/03/25(木) 17:29:28 ID:0KmUhbKa
どんどん雇用が日本から逃げていくな。



3 :名刺は切らしておりまして:2010/03/25(木) 17:29:41 ID:MFrBf/Tg
幸之助はんが草葉の陰で泣いてるで
続きを読む

【労働環境】「有給もらえない」「残業代出ない」 回答の8割が法令違反か…連合のサイトで

1 :きのこ記者φ ★:2010/03/24(水) 16:49:32

連合が開設し、正社員や非正規労働者の労働条件をチェックできる携帯電話サイト
「ワークルールチェッカー」で、回答者の約8割が残業代の未払いなど何らかの法令違反に遭っている可能性のあることが、連合の調べで分かった。

「ひとまず安心」の診断は21%。これに対し「重大な法律違反があるかも」が51.8%に達し、「かなり問題あり」が20.5%、「やや問題あり」が6.9%。
さらに派遣社員だけでみると「ひとまず安心」は14.2%にとどまった。

項目別(複数回答可)では「有給休暇がもらえない」が49.0%、「残業代が未払い」が36.5%、「労働条件を書面でもらっていない」が33.7%だった。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100324/dms1003241251001-n2.htm



4 :名刺は切らしておりまして:2010/03/24(水) 16:54:41 ID:3pZls3M3
労基署は働け

続きを読む

【人事】富士通、秋草相談役が取締役退任へ=関係筋

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/03/24(水) 08:45:06

[東京 24日 ロイター] 富士通が秋草直之・取締役相談役の取締役退任の方針を固めたことが
24日、明らかになった。同日の同社取締役会で決定する。複数の関係筋がロイターに明らかにした。

4月1日付で山本正己副社長が社長に昇格し、間塚道義会長兼社長が会長に専念する新体制が
発足するのに伴って、秋草氏は退任する方針だ。同社では、前社長の野副州旦氏と現経営陣との
激しい対立が表面化しており、一連の騒動にけじめをつける狙いもあるるとみられる。

富士通は昨年9月25日、野副氏の辞任理由を「病気療養」と公表したが、今月初旬に野副氏が
辞任取り消しを要求したことが報道されると、辞任理由を訂正。事実上の解任だったことを認め、
野副氏を相談役から解任した。一連の騒動で富士通は、企業統治や上場企業としての情報開示の
あり方が問われていた。

秋草氏は1998年から社長を5年間務めた後、2003年に会長に就任。
08年には、野副氏の前任社長の黒川博昭氏(現相談役)が社長を退任して取締役を外れた際も、
秋草氏は相談役として取締役に残っていた。
野副氏に社長交代以降も、経営や人事に強い影響力を持っているとされる。

ソースは
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-14473220100323



5 :名刺は切らしておりまして:2010/03/24(水) 08:52:42 ID:eomb+CWH
親父の威光だけで生きてきたアフォー。

 富士通のガンだね。よかったよかった。



【関連スレ】

【人事/電機】富士通、前社長の辞任理由訂正へ 解任におわす可能性--東証、事実確認求める
【人事/電機】富士通前社長の野副氏、辞任取り消し要求
【人事/電機】富士通社長に56歳山本氏が昇格

続きを読む

就職留年まで出した超氷河期は22年度入社組みだけか 大手電機メーカー23年度採用大幅増へ

1 : 三脚(長屋):2010/03/22(月) 13:10:42.71 ID:ZO4KuNIs BE:115842029-PLT(12076) ポイント特典

大手電機 新規採用持ち直しへ

 大手電機メーカー各社の平成23年春の新入社員の採用計画は、「NEC」がことし春の実績の3倍に増やすなど、業績の回復傾向に合わせて持ち直しの動きが出ています。

 このうち「NEC」は、平成23年春の新入社員の採用を、ことし春の実績の3倍に当たる300人に増やす計画です。
 「富士通」は、ことしと比べて22%多い540人、「ソニー」は、15%増加の270人にするなど、世界的な景気悪化で大幅に悪化した業績が回復傾向をたどっていることから、採用を増やす動きが広がっています。

 ただ、大手電機メーカー各社は、国際的な競争で生き残るため、コスト削減が大きな課題で、工場を海外に移したり、生産を外部に委託したりする動きも広がっており、今後、国内の雇用を大きく増やすかどうかは不透明な情勢となっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013350491000.html



4 : 霧箱(コネチカット州):2010/03/22(月) 13:11:58.12 ID:FIun68pK
一年遅えよバーカ!

続きを読む

【エネルギー】 ゲイツ氏、東芝と次世代原発を共同開発

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/03/23(火) 07:27:20

米マイクロソフト創業者で会長のビル・ゲイツ氏は東芝と組み、
次世代原子炉の開発に乗り出す。

同氏が資金支援する米原子力ベンチャーが開発中の新型炉に東芝の技術を融合、
核燃料を交換せずに最長100年間の連続運転を実現できるという。
同氏は実用化に向け私財を投じる考えで、その額は数千億円規模に膨らむ可能性が
ある。
温暖化防止のために原発建設の機運が世界的に高まるなか、新たな連合の誕生は
業界勢力図に影響を与えそうだ。

共同開発するのは「TWR」と呼ばれる次世代原子炉で、ゲイツ氏が経営に関与する
原子力ベンチャーのテラパワー(ワシントン州)が基本設計を進めている。
途中で燃料を補給せずに長期間の発電が可能だ。
現行の軽水炉は数年ごとに核燃料交換の必要がある。

ソースは
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9693819696E0E0E2E3EA8DE0E0E2E1E0E2E3E29F9FEAE2E2E3




4 :名刺は切らしておりまして:2010/03/23(火) 07:29:58 ID:Lo7lgxTc
危険すぐるw
続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ