SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





【IT】日立ソフトと日立システムが10月合併--新社名は『日立ソリューションズ』

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/02/24(水) 22:48:42

日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)と日立システムアンドサービス(日立
システム)は2月24日、2010年10月1日付で合併し、新会社「日立ソリューションズ」として
スタートすると発表した。合併により経営資源を集中することで、システムソリューション
力を高め、市場における競争力を強化することが狙い。

日立ソフトは、大規模システムの開発や基盤技術に基づくプロダクトやパッケージの
開発などで定評がある。一方、日立システムは、顧客業務システムの提案や設計、
構築で豊富な実績を有する。新会社は両社の強みを融合し、従来よりも強力なシステム
ソリューションを提供し、マーケットにおけるポジションの向上を図るという。

従来通り、金融分野や公共分野を中心とした大規模システムについては、日立本体と
新会社が一体となって開発に取り組む。また、製造、流通分野を中心とする中規模
システムについては、両社がそれぞれに培ってきたシステム構築力、海外オフショア
開発の活用を含めたプロジェクトマネジメント力、業種・業務ノウハウを結集し、
新会社として顧客ニーズにきめ細かく対応したシステムインテグレーションサービスを
提供していくという。

さらに、日立グループが傾注する「社会イノベーション事業」においても、両社の
有するさまざまなプロダクトやサービス基盤を有効に活用。そのうえで、両社の高い
開発人財力を生かし、新たなプロダクトやシステムの開発を加速し、その拡大に貢献
していくとしている。

新会社の資本金は約383億7200万円(予定)、従業員数は約1万人。新会社では、取締役
会長に日立ソフトの現社長である小野功氏、代表取締役取締役社長に日立システムの
現社長である林雅博氏、代表取締役取締役副社長に日立ソフトの現執行役専務である
諸島伸治氏がそれぞれ就任の予定。

なお同日、日立ソフトでは2010年4月1日付けで、現執行役専務の諸島伸治氏が代表取
締役役社長に、現代表執行役執行役社長兼取締役の小野功氏が取締役会長となる人事を
合わせて発表している。

◎日立ソフトウェアエンジニアリング(9694)のリリース
http://hitachisoft.jp/press/archive2010/news_pdf/news_100224_1.pdf

◎日立システムアンドサービス(3735)のリリース
http://www.hitachi-system.co.jp/press/2010/100224gappei.pdf

◎ソース
http://japan.zdnet.com/news/ir/story/0,2000056187,20409231,00.htm


2 :名刺は切らしておりまして:2010/02/24(水) 22:49:50 ID:/ICEvqK1
ダメとダメとが合体して


7 :名刺は切らしておりまして:2010/02/24(水) 23:01:10 ID:bAZoDSkl
ブラック?
続きを読む

【マスコミ】日経を丸ごと読める「Web刊」を創刊、単体月額4000円で 「良質な情報はタダではない」

66a423bb.jpg1 :おっおっおっφ ★:2010/02/24(水) 20:27:57

 日本経済新聞社は2月24日、無料・有料コンテンツを組み合わせた本格的なネット新聞「日本経済新聞 電子版」
(愛称:Web刊)を3月23日に創刊すると発表した。1日から購読申込みを受け付ける。【岡田有花】

 「NIKKEI NET」をリニューアルする形で、一部の記事を無料で提供。有料会員になると、日経本紙に掲載される
全記事を丸ごと読める。携帯電話からのアクセスや、設定したキーワードに関するニュースの自動ピックアップ、
記事クリッピングなども有料会員向け機能として提供する。

 料金は、本紙(全日版3518円、朝・夕刊セット4383円)を購読していればプラス月額1000円、Web版だけなら月額4000円。

 喜多恒雄社長は「紙の新聞の部数に影響を与えないことを前提にした価格設定」と説明している。

●「無料非会員」「無料会員」「有料」の3段階

 Web刊は、(1)非会員も無料で利用できる部分、(2)無料の会員登録をすれば利用できる部分、(3)有料登録者
のみ利用できる部分――で構成する3階建てのサービスだ。

 サイトでは、日経本紙の記事すべてと、Web刊独自記事、日経BPなどグループ各社による専門記事や動画ニュース、
英Financial Timesの翻訳記事などを随時更新。非会員は、一部記事を無料で閲覧できるほか、有料会員向け記事の
見出しやリード部分を読める。メールアドレスや氏名などを登録して無料会員になれば、有料会員限定記事も月20本まで読める。

 有料会員は全記事を閲覧できる。朝夕刊に載った記事は通常のWeb記事同様、横書きで読めるほか、各記事が
本紙のどこに載っているか確認できる機能や、新聞のレイアウトそのままに読めるなど機能を提供する。

 有料会員限定のパーソナライズサービス「My日経」も用意した。読んだ記事の履歴からおすすめ記事を表示したり、
記事をクリッピングしたり、登録キーワードに関連する記事を自動収集するといった機能が使える。携帯電話向け
サイトも、有料会員限定で提供する。

 過去記事の検索機能も。無料会員なら過去6カ月分の記事検索と見出し表示が可能。有料会員なら過去5年分の
記事を検索でき、月25本まで本文も表示できる。

 専用iPhoneアプリなどは用意せず、スマートフォンで使いたい場合は当面はWebブラウザから閲覧してほしいと
しているが、「オープン」を基本理念にしており、対応プラットフォームの拡充も進める。ユーザーニーズに応じて
機能を追加していく方針。要望があれば、課金や購読の仕組みをほかの新聞社にも提供したいという。

(>>2へ続きます)

ソース:ITmedia [10/02/24]
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/24/news073.html


続きを読む

【技術】Winny開発者金子勇氏の新技術「情報提供管理システム」、特許を取得

f94f0ce0.jpg1 :恋しちゃってるBOYφ ★:2010/02/22(月) 18:17:33

京都市の P2P 技術によるコンテンツ配信サービス会社、ドリームボートは2010年2月22日、
2009年11月に「情報提供管理システム」特許を取得した、と発表した。

これは同社の技術顧問である Winny 開発者の金子勇氏が、ドリームボートのデジタルコンテンツ
配信プラットフォーム「SkeedCast」向けにデジタル署名と鍵認証システムを応用し、独自に開発
したもの。特許第4403124号。

これにより、正規の配信サーバーおよびコンテンツであることを、ユーザー側のシステムで
見分けられるようになるため、「なり済まし」などによるデータ改ざんやウィルスの侵入を遮断できる。

また、認証経路が最適化されることにより、エンドユーザーに対するコンテンツ配信を高速可できる。

すでに、この情報提供管理システムの技術は、ドリームボートのデジタルコンテンツ配信プラット
フォームである SkeedCast 2 に実装されている。

SkeedCast は、配信ネットワークを「コンテンツ提供者」「配信ネットワーク」「視聴者」に分割して
管理する P2P 型配信システム。セキュアなコンテンツ配信システムの低コスト可をめざすもの。

ソース
http://japan.internet.com/busnews/20100222/1.html

2 :名刺は切らしておりまして:2010/02/22(月) 18:21:08 ID:sqfPQMqB
転んでもタダで起きない人だな。

5 :名刺は切らしておりまして:2010/02/22(月) 18:29:18 ID:Bf/Hs5Bb
(´・ω・`)47氏元気だお

続きを読む

【書評】35歳で昇級ストップ、生涯賃金3割ダウンの現実〜『7割は課長にさえなれません』

4d851767.jpg1 :本多工務店φ ★:2010/02/23(火) 00:15:17

とある会社で、次のような会話が交わされています。

「知ってる? もう40歳以上は課長に上げないって」
「ウソだろ? いままで40歳から45歳で、成績のいい人間から順に上げていってたじゃない。
 俺たち90年入社組ももう42歳。来年くらいには上がるだろ?」
「それがさ、俺たちバブル入社は前後に比べて倍くらいいるだろう? どこのポストも順番待ち。
 全員を上げるまで待ってたら、その下の団塊ジュニアなんて定年まで管理職には上がれないよ」
「・・・・・・」
「それでさ、もうバブル組は切り捨てて、30代の優秀者を抜擢するらしい。
 会社としても組織を若返らせたいから、無理もないな」

日本はいまも変わらず年功序列の国です。
成果主義だなんだといっても、横並びの初任給からスタートし、中高年ほど給料が高い現実は変わっていません。
この制度においては、若い間は安い給料で我慢しつつ、40歳を過ぎてからの処遇で報われることになります。

ところが現在、この制度は深刻な機能不全を起こしていると、
『若者はなぜ3年で辞めるのか?』の著者・城繁幸氏は指摘します。
1990年入社の大卒者で課長以上に昇格している人間がたったの26%しかないというデータがあるのです
(2007年、読売新聞社大手100社対象調査)。

現在、大手企業では組織の若返りをはかるために、
30代後半での幹部抜擢(課長級)が主流になってきているそうです。
この流れでいくと、バブル世代の7割は生涯をヒラ社員で終えることになります。
さらに、35歳以降の昇級を据え置く狙いは、実はほかにもあるのです。

城氏によると、ある大手電機や新聞社は定年までに得る賃金の最も高い金額のピークを、40歳前後に引き下げようと労使で交渉中とか。
仮に40歳が昇級ピークになるとして、厚生労働省の賃金構造基本統計調査をもとに算出してみると、
大卒男性社員の生涯賃金は1990年代半ばと比較して3割近く低下する計算になります。
つまり、経済が低成長の今、社員の生涯賃金を下げるのが真の狙いというわけです。
35歳で昇級がストップし、生涯賃金も3割ダウン。
将来は安泰だと思って大企業に入社した人にとっては由々しき事態です。
なんとか、この現実を変えることはできないのでしょうか?

城氏の最新刊『7割は課長にさえなれません』では、
日本の企業が抱える雇用問題の真相と、明るい未来にするためのヒントが披露されています。
企業で働くサラリーマンは読まないと、知らぬ間に損をしてしまうかもしれません。

ソース:WEB本の通信社
http://www.webdoku.jp/tsushin/2010/02/22/007516.html


3 :名刺は切らしておりまして:2010/02/23(火) 00:17:37 ID:uvwj1GV6
オマイラの昨日の部下は明日の上司だ

m9(^Д^)プギャーーーッ


続きを読む

【IT】Flashは「死にかけの技術」:スティーブ・ジョブズ氏がFlashを痛烈批判

af0e9be7.jpg1 :本多工務店φ ★:2010/02/23(火) 00:57:02

Appleのスティーブ・ジョブズ氏が、メディア企業訪問でFlashをこき下ろし、
「われわれは古い技術に多くのエネルギーを注がない」と語った。

スティーブ・ジョブズ氏、Flashを痛烈批判

以前からFlashに批判的なAppleのスティーブ・ジョブズCEOが、
Wall Street Journalを訪れた際、Flashを痛烈に批判したと伝えられている。
同氏はFlashを「バッテリーを大きく消費する」「CPUリソースを大食いする」「セキュリティーホールのもと」「死にかけの技術」
とこき下ろし、「われわれは古い技術に多くのエネルギーを注がない」と語ったという。

ジョブズ氏は以前からFlashはバグが多いと批判しており、
「Flashは使われなくなりHTML5に移行する」と語ったとも伝えられている。
Adobeは、AppleがiPhone、iPadでFlashをサポートしていないことを批判し、
「iPhoneでFlashを動かす準備はできているのに、Appleが協力しない」と主張している。

ソース:ITmedia News
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/22/news035.html
ソースのソース:The Next Web Apple Channel
Steve Jobs Blasts Flash As “Dying Technology”
http://thenextweb.com/apple/2010/02/18/steve-jobs-blasts-flash-dying-technology/


4 :名刺は切らしておりまして:2010/02/23(火) 01:01:31 ID:7Gt2Ok7o
flashとpdfを抹殺できればJobsは現人神になれる


続きを読む

【調査】出世欲、女性は控え目? 民間調査、就活厳しさ反映か

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/02/22(月) 10:24:58

今春就職予定の大学生らのうち、男性は7割が高収入を望むのに、
女性は半数近くが“人並みの生活”を求めている−。
人材コンサルティング会社「レジェンダ・コーポレーション」(東京)のアンケートで
22日、こんな傾向が分かった。

同社は「就職活動を通じてみた現実が、女性の方がより厳しかったのではないか」と
分析している。

同社は1月、今春企業に入社予定の大学生と大学院生にインターネット上で調査を
行い、1083人から回答を得た。

男性の71.4%が、仕事で「人よりぜいたくな暮らしができる収入」が欲しいと
答えたのに対し、女性は「人並みの生活を維持できる収入」が47.9%で最多。
部長以上の出世を望む割合も男性は87.2%、女性は36.2%だった。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100222/trd1002220857001-n1.htm

■レジェンダ・コーポレーション http://www.leggenda.co.jp/

2010年2月18日 2010年4月入社 大学生・大学院生の社会人としての意識調査
http://www.leggenda.co.jp/news/20100218_01.html

見出しのみコピペ。
1. 男性の約9割は部長以上への出世意欲あり、また男性の約7割は贅沢な暮らしを希望
2. 約75%の学生は長期休暇6日以内で満足、上司と飲み回数は男性過半数が週1回以上を適当


2 :名刺は切らしておりまして:2010/02/22(月) 10:25:57 ID:DhNQpl6C
出生欲も・・・・


続きを読む

NTTデータ60

f4eff53f.jpg1 :就職戦線異状名無しさん:2009/02/20(金) 16:45:08
[採用人数] 500名程度
[文理比率] 文 3 : 理 7 (印象値)
[推薦自由割合] 推薦 300 : 自由 200 (印象値)
[男女割合] 男 8 : 女 2 (印象値)
[倍率] 推薦(理系のみ) :   6〜8倍 (推測値)
     自由(文系)    : 30〜40倍 (推測値)
     自由(理系)    : 50〜40倍 (推測値)
[面接]  2回 (推薦はリクルーター含む)
     ・ 一次面接(地方含む) : 面接官 × 2
     ・ 最終面接(本社)     : 面接官 × 2
[試験内容] ・テストセンター
        ・エントリーシート
        ・お絵かき
        ・性格検査


続きを読む

【PC】2010年は「Macの年」?- 1月のMac販売台数が市場予測2倍の36%伸長

e8258613.jpg1 :依頼@台風0号φ ★:2010/02/20(土) 01:32:41

 調査会社の米NPDがまとめた最新のPC市場販売データが、米Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏が投資家向けにまとめた資料経由で広まっている。それによれば、2010年1月の米AppleのMac販売台数は昨年比36%の伸びで、 iPodは5%の伸びだったという。

 NPDの最新データとMunster氏のメモの内容は、Business Insiderなどのサイトで確認できる。金融街のMac販売予測が1月に18%の伸びだったのに対し、実際には36%と2倍の伸びを達成した。またiPodの販売に
ついては Munster氏の予測の-17%を大幅に上回る5%だったことを受け、同士は時期尚早としながらも、2010年第1四半期が市場予測を上回る可能性が高いとしている。

 また、Macの同四半期の販売台数は260〜280万台に上るとみられ、その伸び幅は18〜26%となり、やはり市場予測の18%を上回ることになる。一方でiPodの販売は鈍化を予測しており、同四半期の販売台数は900〜1,000万台で、この場合の減少率は-9〜-17%。市場予測は-17% となるため、それよりも高水準が見込める。こうした楽観水準は今後数カ月にわたって続く可能性があるという。

 さらにApple Insiderによれば、 Munster氏は今年を「Year of the Mac」(Macの年)と表現しており、同氏の属するPiper JaffrayではApple株価のターゲットを284ドルで据え置いている。このほか、複数のアナリストらが同社株(AAPL)のターゲットを 250〜300ドルに設定している。原稿執筆時点でのApple株価は202.55ドルで、時価総額は1,837億ドル。Googleらを100億ドル以上引き離してシリコンバレー最大の企業になっている。
もしAAPLが284ドルになった場合、時価総額は2,576億ドルに到達し、現在の Microsoftのそれを上回ることになる。皆さんは、こうしたアナリストらの予想をどう考えるだろうか?

▽ソース:マイコミジャーナル (2010/02/19)
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/19/002/index.html

2 :名刺は切らしておりまして:2010/02/20(土) 01:33:55 ID:kyD4pJaL
毎年同じようなニュース見るけど気のせい?

続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ