SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





スマホユーザー、約6割が通信費に不満 移行で「1,500円以上増えた」の回答も

WiMAX データ通信端末 MW-U2510 SS2

1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/02/25(土) 08:55:04.07 ID:???

 日本のスマホ普及率は6%で、世界の国と比較するとかなり低い。その理由の1つが、
スマホの料金ににありそうだ。

 Googleは昨年10月27日、「世界のスマートフォン利用に関する大規模調査サイト」を
公開した。この調査は、Googleと世界的な調査会社・IPSOSとモバイルマーケティング協会
の共同で、2011年3月から7月の間、世界30ヶ国、3万人のスマートフォンユーザーを対象
に実施された。

 それによると、日本のスマートフォン普及率は6%(フィーチャーフォンを除く)で、
30カ国中最も低かった。普及率が最も高いのはシンガポールの62%。以下、オーストラ
リアの37%、中国都心部・香港の35%、スイスの34%、アメリカの30%、イギリスの30%
などが続いた。この調査で、日本のスマートフォン普及率の低さが浮き彫りになった。

 一方で、サーベイリサーチセンターが、スマートフォンを利用している18歳以上の男女
を対象に、今年1月30日から31日に実施した「スマートフォン利用家庭の通信費に関する
意識調査」によると、スマートフォン移行前後で通信費を比較したところ、「とても増えた
と思う」が18.1%、「少し増えたと思う」が49.0%で、全体の67.1%が「増えた」と答え
ている。

 スマートフォンへの移行前後で通信費が増加した人を対象に、1ヶ月あたりの増加金額
を尋ねたところ、平均で3,300円、1,500円以上増えたと80.2%が回答した。こうした状況
にスマートフォンユーザーは不満を抱いており、通信費に対する考えについて問われると
、「非常に不満(14.3%)」「不満(44.0%)」と半数以上が不満と答えた。

 このような通信費に対する消費者の心理が、日本でのスマートフォンの普及の重荷に
なっているとも考えられる。

 ただし、通信費を抑えるための対策を導入しているのか尋ねたところ、52.3%のスマー
トフォンユーザーが「対策をしていない」とも回答している。通信費を抑える対策として
は、「家族で契約をまとめると安くなる(66.5%)」「料金プランがシンプルになり必要
なものだけをえらべる(57.1%)」「家庭内のインターネット回線と携帯回線をまとめる
と安くなる(38.7%)」などの通信サービスに注目している様子がうかがえる。

 スマートフォンのさらなる普及のためには、通信事業者とユーザーともに通信費対策が
必要なのかもしれない


ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/6290378/





続きを読む

パナソニック:東京本社ビル売却へ…資産圧縮し経営効率化

1 :再チャレンジホテルφ ★:2012/02/24(金) 23:03:07.84 ID:???0

 パナソニックが東京本社ビル(東京都港区芝公園)を売却する方針を固めたことが24日、分かった。
東京の本社機能を今秋、旧パナソニック電工の東京本社だったビル(同区東新橋)に移す。
大阪府守口市の三洋電機本社ビルも、数年後をめどに売却を検討する。
三洋も含めた3社統合に合わせ、資産を圧縮して経営を効率化すると同時に、
重複する機能を集約してグループの連携強化につなげる。

 旧パナ電工東京本社の「パナソニック東京汐留ビル」は、パナソニック東京本社が入る
「東京パナソニックビル」から北東約1キロにある。03年1月の完成と比較的新しく、
省エネ性能にも優れており、JR新橋駅に近く利便性も高い。東京パナソニックビルは1〜3号館があり、
1号館はパナソニックや住友不動産が所有する形態で証券化済み
。今後、2、3号館は売却する。

 一方、三洋の東京ビル(東京都台東区)は当面、電池事業などの拠点として存続させる。
パナソニックは12年3月期に7800億円にのぼる最終赤字に陥る見通し。【宮崎泰宏】

毎日新聞 2012年2月24日 10時54分(最終更新 2月24日 12時09分)

http://mainichi.jp/select/biz/news/20120224k0000e020145000c.html






続きを読む

「日本的経営」という錯覚 日本の高度成長は「奇蹟」ではなかった

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/02/19(日) 22:02:13.59 ID:???

アゴラ読書塾のテーマは「日本人とは何か」。そのテキストとして「日本的経営」の本を
いろいろ読み直してみたが、かつて世界中にあふれた「日本的経営バンザイ」のビジネス
本は、今となってはとても読むに堪えない。本書は、その錯覚の系譜ともいうべきダイジ
ェストだ。

日本的経営の特徴は、1958年に書かれたアベグレンの『日本の経営』に尽きている。ここ
で「三種の神器」とされた終身雇用・年功序列・企業内組合は、60年代までは「封建遺制
」として批判の的だった。

しかし70年代の石油危機で、日本車がアメリカで売れ始めたころから評価が逆転し、アメ
リカの「短期的経営」より日本の「長期的経営」のほうがすぐれている、という話になっ
た。それを最初にかつぎ回ったのは、1979年の『ジャパン・アズ・ナンバーワン』などを
書いたアメリカ人で、世界の企業がケイレツやカイゼンなどという言葉を使った。それを
輸入して、日本でもバンザイ本が続々と出たのだ。

これを「理論化」したのが、1987年の『人本主義企業』である。著者は欧米の資本主義は
物的資本を中心にしているが、日本の企業は人間を中心にする「人本主義」だというのだが
、これは資本主義の意味を取り違えている。ハートが指摘するように、資本主義とは資本
を支配する制度ではなく、資本の所有権を梃子にして間接的に労働者を支配する制度なのだ。

これに対して日本企業は、長期的関係で労働者を企業に閉じ込めて支配する。どちらも
労働者を実質的な奴隷にする点では同じだが、資本主義には明示的な契約にもとづく所有権
という普遍的な制度があるのに対して、長期的関係は暗黙の契約なのでグローバル時代には
弱い。その梃子になっているのは特定の企業内のfirm-specific skillなので、他の国では
通じない。

バンザイ本の集大成が、『知識創造企業』だろう。これは日本企業で共有される「暗黙知
」が成長の秘訣だという話だが、彼らのいう暗黙知はポランニーの概念を誤解したもので
、その中身は「職人芸」や「経験主義」の言い換えにすぎない。そういう場当たり的な
意思決定がバブル崩壊で行き詰まった1996年に出たこの本は、日本的経営の「白鳥の歌」
である。

そして今、注目を浴びているのは中国の国家資本主義である。さすがにEconomist誌は、
この種の物語は「成長期の経済ではすべて美しく見える」錯覚だと指摘している。図の
ように、日本の高度成長は「奇蹟」でも「日本的経営の賜物」でもなく、GDPが英米に
キャッチアップして新古典派成長理論でいう定常状態(成長率=人口増加率+生産性上昇率
)に到達する過程だったと考えるのが一番シンプルな説明だ。

http://jbpress.ismedia.jp/mwimgs/8/a/500/img_8adfa63e79d50d88e97132bdbcc2118635431.jpg

高度成長は戦争で破壊された生産設備の復旧(半減したGDPが6年で戦前の水準に戻った)
と、人口の急増(戦後25年で1.5倍)と都市への集中、そしてアメリカからの技術移転で
説明でき、「日本的」に説明すべき特殊性はほとんどない。むしろ日本が普通の市場経済
になったことが成功の秘訣だろう。

ソース
http://blogos.com/article/32238/?axis=g:0






続きを読む

グーグル&Android携帯、3月から個人の趣味やカードなどの情報を丸裸に?…新方針が波紋、EUは延期を要請



1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2012/02/24(金) 11:39:31.73

★個人データが丸裸に? グーグルの新方針が波紋、EUは延期を要請

・米グーグルが3月1日に変更するプライバシーポリシー(個人情報保護方針)が波紋を
 広げている。同社の検索など60以上のサービスで収集する個人データをひとまとめに
 する計画
で、大量の情報が集められて個人の趣味や行動がグーグル側に“丸裸”になる
 懸念が浮上している。

 欧州連合(EU)が同社に延期を求めるなど欧米で反発の声が強まる。今後日本でも
 問題になる可能性がある。

 対象のサービスは検索サービスのほか「Gメール」、「ユーチューブ」、「グーグル+」など。
 同社の基本ソフト「アンドロイド」のスマートフォン(多機能携帯電話)を使うと、スマホの
 位置情報なども一括管理される。

 グーグルは「新たな個人情報を取得するわけではない」と利用者の理解を求めているが、
 ITに詳しい専門家からはグーグルの説明不足を指摘が出ている。
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120224/biz12022411330023-n1.htm







続きを読む

米空軍、「iPad 2」の大量購入を中止 理由はあの定番アプリ?

1 :焙煎特派員φ ★:2012/02/23(木) 23:21:15.77 ID:???0

 iPad 2を電子運航マニュアル用に購入しようとしていた米空軍が、購入の検討を中止した。
 調達要件に含めていたアプリ「GoodReader」がロシア製であることが理由のようだ。

 米空軍が、検討していた米Appleの「iPad 2」の大量購入を中止した。
 米連邦政府関連ニュースを提供するメディアNextgovの報道で明らかになった。

 米空軍特殊作戦軍団(AFSOC)のiPad 2購入検討については、政府の調達関連情報公開サイト、
 FedBizOppsの関連ページで明らかになっていたが、この計画は2月16日付で「CANCELED」となっている。
 理由は明記されていない

 Nextgovは計画がキャンセルされる2日前、AFSOCに対し、
 調達文書に要件として挙げられているiPadアプリ「GoodReader」がロシア製であることについて質問したという。
 GoodReaderは、日本でも人気のiOS向け文書リーダーアプリで、作者はロシア人のユーリ・セルコフ氏。

 Nextgovに対してAFSOCの広報担当者は、エンドユーザーを潜在的リスクから守るため、
 ロシアで開発したソフトウェアは使わないと答えたという。
 一方、セルコフ氏はNextgovの取材に対し、「まだ70年代(米ソ冷戦時代)を生きている人がいるのか。
 GoodReaderには悪意のあるコードは埋め込まれていないし、どんなセキュリティテストでも受けるのに」と語った。

 AFSOCは、今後もパイロット用のエレクトロニックフライトバッグ(EFB)向けタブレット製品の検討を続けるとしているとNextgovに語った。

 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1202/23/news050.html

 定番アプリ「GoodReader」のiPad版
 


関連スレ:米空軍、最大1万8000台のタブレット端末導入を検討…iPadやその他の製品も含まれる






続きを読む

公務員給与法案が衆院通過、7.8%削減を2年間

1 :ベガス亭 粋で楽しい名前ρ ★:2012/02/23(木) 14:31:42.31 ID:???0

国家公務員給与を2012年度から2年間、平均7.8%削減する特例法案が23日の衆院本会議で、
与野党の賛成多数で可決された。参院での審議を経て月内に成立する見通しだ。
削減分は東日本大震災の復興財源に充てられる

法案は、11年度の人事院勧告(人勧)に盛り込まれた国家公務員給与の平均0.23%引き下げを
昨年4月にさかのぼって実施した上で、12年4月から14年3月までは、人勧実施分を含め
平均7.8%の給与カットを行う内容。地方公務員の給与については、地方自治体が給与削減の趣旨を
踏まえて「自主的かつ適切に対応する」との付則が盛り込まれた。 

自衛官については、東日本大震災での活動を踏まえ、政令で削減の開始時期を半年間猶予する方向で調整する。
また、検察官や裁判官も給与削減の対象とする

国家公務員給与の削減をめぐっては、人勧の取り扱いに関する民主、自民、公明3党の調整が長期化。
3党政調会長が17日、人勧を実施する自公案を基に給与削減を行うことで合意し、改めて3党で
特例法案を共同提出した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012022300054







続きを読む

日本の電機産業:頂点からの転落

1 :本多工務店φ ★:2012/02/23(木) 00:37:41.61 ID:???

かつて世界のリーダーだった日本の電機メーカーが、転落の道をたどっている。
東京・銀座の高級ショッピングエリアでは、アップルストアは人でいっぱいだが
すぐ近くにあるソニーのショールームは墓場のように閑散としている
日本の最大手クラスの電機メーカーはここ数日間で、
2011年度に合わせて170億ドルの赤字になるとの見通しを発表した。
パナソニック1社だけで100億ドルの赤字を予想している。
一方、韓国のサムスンは150億ドルの黒字を謳歌し、米国のアップルは220億ドルの利益を稼いでいる

根深い病

日本の5大電機メーカーは2000年以降、企業価値(株式時価総額)を3分の2も失った。
一体何が各社を苦しめているのだろうか? 高コストと円高は不利に働く。
これらのメーカーが当てにしていた税控除を請求できなくする最近の法改正も同様だ。
だが、病気の根はもっと深い。
何しろ、あまりにも多くの日本企業が同じような製品を生産している。
少なくとも8社が携帯電話を量産している。
10社を超えるメーカーが炊飯器を生産し、6社がテレビを生産している。
このような重複は非効率だ。そのため研究開発が重なり、
スケールメリットが低下し、価格決定力が破壊されている。
日本企業は他社と競争できない市場にとどまることが多い。これは莫大な資本の浪費だ。
各社は最も得意とする分野に専念する代わりに、
負け組の部門を養うために強い部門からカネを搾り取る。こうした状況は持続し得ない。
格付け機関のフィッチ・レーティングスは最近、パナソニックとソニーの債券をジャンク(投機的)等級まで
あと1段階というレベルに格下げする一方、シャープの格付け見通しをネガティブにした。

NECに見る弱体化の理由

かつて強大だった日本の電機産業がなぜこれほど弱くなってしまったのかを
理解するためには、NECの物語を考えてみるといいだろう。
NECはかつて、世界有数の大手IT(情報技術)・通信機器メーカーだったが、時代の変化に適応できなかった。
同社の株価は過去10年間で90%、この1年だけでも40%下落した。
NECはふてくされたように、次から次へとリストラ計画を実施してきた
最新のリストラ計画は1月26日に発表され、同社はその際、
今期の最終損益の予想を150億円の黒字から1000億円の赤字に下方修正し、
全従業員の約9%に当たる1万人を削減しなければならないと述べた。
1899年に設立されて以来、大半の期間を通じて、NECの主な顧客は政府だった。
そのため、NEC自身の文化も長年、官僚的だった。
日本の通信市場が1990年代に自由化された時、
それまで独占通信事業者だったNTTは競争せざるを得なくなった。
だが、NECはそうではなかった。むしろ、全く逆だった。
NTTは供給業者に極めて特殊な技術仕様を要求した。
巨大な顧客が実質的に研究開発費を全額賄えるような利益率で巨額の売り上げを保証してくれたため、
NECは喜んでNTT向けに、風変わりな無線標準や難解な信号プロトコルを作った。
そのうえ、NTTの技術的な要求は、国内外の競合企業に対する参入障壁としての役目も果たした。

長期的に危険だったNTTとの親密な関係

それは快適な取り決めだったが、長期的には危険なものだった。
NECにとっては、NTTに販売していた複雑な技術を別の顧客向けに手直しするのは容易ではなかった

>>2に続く

ソース:JBPress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34597







続きを読む

会社を辞めないが頑張りもしない、1980年前後生まれの『新・ぶらさがり社員』とは?

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/02/21(火) 18:44:46.93 ID:???

50代以上は「老害」、40代は「バブル」、20代は「ゆとり」――。そんなレッテルを貼って
他の世代を批判する30代にも、他の世代を超えるような「危機」が迫っているという指摘がある。

企業に人材育成プログラムを提供するシェイク代表の吉田実氏は、1980年前後生まれの会社員の
特徴を「新・ぶらさがり社員」と表現している。彼らは会社を辞めないが、かといって頑張りも
せず会社にぶら下がっているので、ここに手をつけないと「会社の将来が危なくなる」というのだ。

■昇進の意欲低く、私生活優先を崩さない

シェイクが2010年に実施した調査によると、「仕事を通じて実現したい夢や目標はありますか?」
という問いに対し、「ない」「あまりない」と答えた人が最も多かったのは、社会人7〜9年目の
社員たちだった(32.2%)。

また、「現在の自分の業務は、会社の中で重要な役割を担っていますか?」という問いに
「そう思う」「ややそう思う」と答えた人が最も少なかったのも同じ層(37.4%)で、
1〜3年目の社員(41.9%)を下回ったという。

会社からの要求が厳しくなる年代という要素が影響している可能性もあるが、吉田氏は少し違う
見方をする。

「いまの30歳前後に『新・ぶら下がり社員』と言うべき特徴を持った層が多くいます。彼らは自分を
諦め、組織を諦め、未来を諦めている。ここを刺激しないと、会社の未来は暗いと思いますよ


仕事のやる気は70%主義で、昇進や転職への意欲も低い。社会人として自立し価値を発揮して
会社に貢献する年代なのに、プライベート最優先を譲ろうとしない。

いつの時代にも不まじめな社員はいたと思われるが、彼らが違うのは「いいかげんではなく、
むしろまじめ」で、与えられた仕事はこなし遅刻やサボリもしないこと。その代わり、自分で
仕事のハードルを上げて挑戦せず、受身の姿勢を崩さないのだという。

吉田氏が作成したチェックポイントには、「覇気がない」「言い訳ばかりする」「人から言われた
仕事しかしない」「部下や後輩を育成しようとしない」「会社批判ばかりする」など10項目が
並んでいる。

■当事者いわく「悪いのは自分ではなく時代

なぜこのような社員が増えているのか。吉田氏は彼らが「過去に例を見ないほど不運な世代」
として自信を失い、強い諦め感を抱いているおそれを指摘している。(※続く)

http://news.livedoor.com/article/detail/6299777/







続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ