SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





20代前半の45.1%が非正規労働者 低賃金で結婚に二の足を踏む若者も 格差社会是正こそ国の責務…国民生活調査

1 :うしうしタイフーンφ ★:2012/07/08(日) 11:11:09.46

★世帯所得減少 格差社会是正こそ国の責務

 2010年の1世帯当たりの平均所得が、前年より13万2千円減って
538万円だったことが、厚生労働省の国民生活基礎調査で明らかになった。
注目すべきは、生活が苦しいと感じている世帯の割合は61・5%で
1986年の調査開始以来、過去最悪となったことだ。

 長引く経済不況で、生活に疲弊した国民が増え続けているのが、
経済大国・日本の内実と言える。同じ家に住み、家計を共にする
家族の所得の合算が世帯所得で、22年前の88年とほぼ同じ低水準となった。
これまでのピークだった94年(664万2千円)より約2割も減少した。
 長引くデフレの影響や雇用環境の悪化が背景にあることに疑いはない。
所得の低い非正規労働者が増え続け、格差社会が拡大している
深刻な実態を政府は直視する必要がある。



 今回の調査は、18歳未満の子どものいる世帯の減少幅が
大きいのが特徴だ。前年比38万5千円減の658万1千円となり、
不況が子育て世代を直撃していることを浮き彫りにした。
働いて得る賃金が減ったため、教育費を捻出するために節約をして
家計をやりくりしているのが一般庶民の実情だ。

 一方、役員を除く全労働者に対する非正規労働者の割合は
前年比1・5ポイント増の38・8%で、04年以降では最も高くなった。
特に10代後半が76・0%、20代前半が45・1%と
若者で比率の高さが際立つ。

琉球新報 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-193624-storytopic-11.html





続きを読む

シャープ町田相談役「もう抜かれとるやないか」…鴻海技術開発拠点訪問で 電子立国日本の再挑戦はあるか

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/07/07(土) 23:30:09.92 ID:???

 1991年に『電子立国 日本の自叙伝』というNHKスペシャルが放映されました。内容は
半導体およびマイコンの開発について、その黎明期からその当時に至るまでの話で、
当時日本が絶対的な競争力を持っていたDRAMを中心とした半導体や電子計算機の事業に
焦点をあてたものでした。

 その番組の中で今でも私が覚えているのは電卓の開発競争のエピソードです。その当時
のカシオ計算機とシャープの、電卓における熾烈な小型化や価格競争などの開発競争は
大変なものでした。その当時の(どちらかの企業の)開発者が「日本の中で熾烈な電卓
戦争をしている間に、ふと周りを見渡してみると日本以外の企業はいなくなっていた」と
述べていたのです。

 ご存じのように半導体はもともとテキサス・インスツルメンツなどの米国企業が技術
開発においてもリーダー的な存在でした。しかし、圧倒的な量産化と電卓を始めとする
電子機器の需要により、日本の大手電機(電気)メーカーによる生産力やコスト競争力に
まったくかなわなくなってしまいました。その結果として先の開発者のコメントにつな
がったのです。

 最近、日経新聞がこのNHKスペシャルの主人公役の1社であるシャープに関する特集記事
「シャープの決断」を掲載していました。この記事は鴻海(ホンハイ)精密工業による
シャープへの出資・提携について取り上げており、かなり内部に入り込んだ取材をして
おり非常に興味深いものでした。私自身もシャープが世界最大のEMSである鴻海グループ
より出資を受けるという発表にはビックリしました。しかも、これは日本の電機大手と
しての初めての本格的な国際提携だということです。

 昨今の日本の電機・電気メーカーの状況は『電子立国 日本の自叙伝』に描かれている
米国企業の状況と似ています。鴻海精密工業はiPhone、iPadの生産を中国の子会社で行っ
ていることはよく知られています。全世界統一仕様の圧倒的な数量をベースにした生産力
。安価な労働力による低コスト生産。圧倒的な調達力を活用した低コスト調達。このような
巨大企業を前に日本企業のコスト競争力はまったくなくなってしまいました

 追い打ちをかけるような円高、震災、タイ洪水。技術的優位性があるうちは良いものの
、電子・電気機器はすでにモジュール化が進んだ汎用品ビジネスになっています。日本
企業は何らかの技術的優位性を見出そうとして、なくてもよいようないわゆるガラパゴス
技術に自己満足している状況が続いていたわけです。これらを日本企業における構造的な
問題ととらえるなら、今回のシャープの決断は『電子立国 日本の自叙伝』に描かれている
世界同様、構造的な問題を解決するための決断だったのかもしれません。

 ただし、ミクロで見た場合、「構造的な問題だけが今の状況を招いているか?」という
とそうでもないことが分かってきます。

ソース
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1207/04/news002.html

関連スレ:“崖っぷち”シャープ 関西弁しゃべるお掃除ロボ「COCOROBO(ココロボ)」 想定価格はルンバより4〜5万円割高






続きを読む

Mozilla、メールクライアント Thunderbird の"新規開発を停止"へ



1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/07/07(土) 10:12:28.86 ID:???

Android 向け Firefox や、モバイルプラットフォーム Boot to Gecko あらため
Firefox OS などの新規プロジェクトに忙しい Mozilla が、メールクライアント
Thunderbird の新規開発を停止する方針を明らかにしました。もっとも Mozillians
コミュニティ向けに展開されたメールによれば、これは Thunderbird そのものの
「開発中止」を意味するものではない
とのこと。今後はイノベーションを追うのではなく、
セキュリティと安定性を重視した方針にする、というのがその心です。

Mozilla によれば Thunderbird は2000万人以上に利用されており、Mozilla Foundation
代表理事の Mitchell Baker 氏も当然ながら利用者の一人ではありますが、同氏によれば
今の Thunderbird に求められているのはイノベーションではなく安定性であろう、とのこと。
確かにウェブ系メールクライアントの普及やメッセンジャー系サービスが台頭するなか、
今やデスクトップのメールクライアントには華々しい進化を期待する人よりも、現状のまま
ちゃんと動作して欲しいという人のほうが多そう
ではあります。

もちろん、ご存知のとおり Thunderbird はオープンソースなので、今後は Mozilla 以外の
誰かが、さらなるイノベーションを目指して開発を継続させていくということも考えられます。
そして Mozilla 自身はウェブとモバイルの二本柱へさらに注力していく予定。Thunderbird の
今後については、夏中さらなる議論を深めたあと、9月には計画をまとめるとしています。

http://www.blogcdn.com/japanese.engadget.com/media/2012/07/thunderbird.png

http://japanese.engadget.com/2012/07/06/mozilla-thunderbird/

関連スレ:Gmail>Hotmail>>>>>Yahoo!メール≧infoseekメール>>AOLメール>>Exciteメール≧gooメール






続きを読む

シャープ&NEC“信用度”が警戒水域!あの東電を超えた



1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/07/06(金) 10:53:47.43 ID:???

日本のハイテク企業に集まる視線が厳しさを増している。
シャープやNECでは、企業の破綻リスクを示す「CDS(クレジット・デフォルト・
スワップ)」の数値が、あの東京電力を超え、“警戒水域”を突破する事態となって
いるのだ。

CDSの数値は、破綻リスクが高いとみなされる企業ほど大きくなり、一般に
「400ベーシスポイント(bp)を超えると要警戒」(市場関係者)といわれる。
東京金融取引所のCDS参考値をみると、5日時点で数値が算出された企業のうち、
トップは524bpのシャープ
。前期に過去最悪の赤字を計上、今期も最終赤字の
見通しだ。

市場が気をもんでいるのが、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業との関係だ。
堺市の液晶工場の株式を鴻海グループが取得する予定だが、出資は計画から遅れている。

また、鴻海はシャープ本体の9・9%を保有する筆頭株主となったが、シャープ側は
これ以上の買い増しを強く否定。
一方、鴻海の郭台銘(テリー・ゴウ)会長は買い増しに意欲を見せる。「意思決定の
速い鴻海とシャープの温度差があると伝わっている
」(電機担当アナリスト)

NECも472bpと過去最高水準。前期まで2期連続赤字のうえ、
事実上の筆頭株主である半導体大手、ルネサスエレクトロニクスの経営問題を抱える。
大株主の日立製作所、三菱電機と3社で500億円の金融支援を行うが、
同じ日の丸半導体のエルピーダメモリの破綻が市場に連想されている
(銀行系証券ストラテジスト)。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は
「ルネサスへの支援などを要因とする自己資本の減少や債務保証の増加、
NECの投融資の拡大や業績下振れなどの要因が発生した場合、格付けに
マイナス影響が及ぶ可能性がある」と指摘する。
S&PによるNECの格付けは、投機的水準一歩手前の「トリプルBマイナス」だ。

東電は実質国有化が決まったことで400bp台前半に下落したが、
シャープとNECは自力で信用を取り戻せるか。

■CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)
企業などの破綻や社債の債務不履行(デフォルト)の際に債権を肩代わりする
保険の性質を持つ金融商品で、取引先企業や社債の保有者が万一に備えて購入する。

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20120705/ecn1207051226007-n1.htm

関連スレ:台湾の鴻海、シャープに出資拡大打診 影響力強める思惑





続きを読む

"40歳定年制"で日本再生--国の長期ビジョン『フロンティア構想』報告書

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/07/07(土) 09:44:39.25 ID:???

国家戦略会議(議長・野田佳彦首相)の分科会は6日、国の長期ビジョン「フロンティア構想」の
報告書をまとめた。国家の衰退を防ぎ、個人や企業が能力を最大限生かして新たな価値を生む
国家像を2050年に実現するための政策を提言。「40歳定年」で雇用を流動化するなど労働生産性
を高める改革案を盛り込んだ。

学識者や企業人らで構成するフロンティア分科会(座長・大西隆東大大学院教授)が野田首相に
報告した。首相は「社会全体で国づくりの議論が喚起されることを期待する」と述べ、近く
まとめる日本再生戦略にも反映する意向を示した。

改革案の柱は雇用分野だ。60歳定年制では企業内に人材が固定化し、産業の新陳代謝を阻害している
と指摘。労使が合意すれば、管理職に変わる人が増える40歳での定年制もできる柔軟な雇用ルールを
求めた。早期定年を選んだ企業には退職者への定年後1〜2年間の所得補償を義務付ける。社員の
再教育の支援制度も作る。雇用契約は原則、有期とし、正社員と非正規の区分もなくす。

もっとも定年制の前倒しには労働者の強い反発が必至だ。社内教育で従業員に先行投資する企業側の
抵抗も予想される。改革の実現には転職市場や年功型の退職金制度、人材育成などと一体的な検討が
必要だ。改革案は長期的な指針で、全て早期に実現を目指すという位置づけではない。

報告書は現状のままでは日本は新興国との競争に敗れ、少子高齢化も進んで50年に「坂を転げ落ちる」
と予測。将来の理想は付加価値の高い産業が立地する「共創の国」とした。時間や場所を選んで働ける
ようになれば仕事と育児を両立できる人が増え、出生率は改善すると見込んでいる。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO43478440X00C12A7EA2000/

関連スレ:22過ぎたら死ぬまで働かされるんだよな。これってどうよ






続きを読む

6月携帯純増数はソフトバンクが6カ月連続首位 ドコモは苦戦



1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/07/06(金) 14:42:18.62 ID:???

[東京 6日 ロイター] 携帯電話各社が6日発表した6月の契約数によると、
新規契約から解約を差し引いた純増数で、ソフトバンク子会社の
ソフトバンクモバイルが22万2300件となり6カ月連続で首位となった。
2位はKDDIで12万6500件だった。
NTTドコモは1万1300件と6カ月連続で3位だった

ソースは
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86502M20120706
■NTTドコモ http://www.nttdocomo.co.jp/
 携帯電話等契約数
 http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/finance/subscriber/index.html
 株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=9437
■KDDI http://www.kddi.com/
 月次契約数データ
http://www.kddi.com/corporate/ir/finance/keiyakusu/index.html
株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=9433
■ソフトバンクモバイル http://mb.softbank.jp/mb/customer.html
 月次契約数データ
 http://www.softbankmobile.co.jp/ja/info/finance/progress/
 株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=9984

関連スレ:50代以上6割が「スマホにしたい」、ドコモとソフトバンクが人気






続きを読む

サムスン営業益で過去最高…主力製品のスマートフォン「ギャラクシー」シリーズの売り上げ好調



1 :ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★:2012/07/06(金) 18:22:39.69 ID:???0

 韓国の半導体・電子機器最大手サムスン電子が6日発表した4〜6月期の連結決算(暫定集計)によると、
営業利益が前年同期比79%増の6兆7000億ウォン(約4700億円)と四半期ベースで過去最高になった。
売上高は19%増の47兆ウォン(約3兆3000億円)で、昨年10〜12月に続き過去2番目だった。

 主力製品のスマートフォン(多機能携帯電話)「ギャラクシー」シリーズの売り上げが好調で、業績を
けん引したとみられる。

 サムスンは部門別の数値を明らかにしていないが、韓国メディアは、1〜3月期の営業利益で7割強を占めた
スマートフォン中心の情報通信部門が4〜6月期も6割以上を占めると推定。5月に投入した最新機種
「ギャラクシーS3」の販売台数は700万台に上り、7月中にも1000万台を突破すると予想している。

 一方、前期の実績が低迷した半導体部門は、DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)価格の
上昇に支えられ、1兆ウォン以上の営業利益をあげたとみられる。

ソース:http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20120706-978713.html

関連スレ:サムスンの第1四半期は過去最高益更新へ…識者はこうみる





続きを読む

ソーシャルメディア利用率、1位は「YouTube」…2ちゃんねるは「Facebook」「Twitter」「mixi」以下

1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/07/06(金) 12:28:43.99 ID:???0

インターネット白書2012 モバイルとソーシャルメディアが創る新経済圏・6月29日に発売された「インターネット白書2012」(定価:7140円)。同白書で毎年恒例となっている
 「インターネット個人利用動向調査」の結果報告の中から、今回はソーシャルメディアの利用状況を
 中心に一部抜粋して紹介する。

 広義の“ソーシャルメディア”として挙げた各種サービスのうち、利用しているサービス
 (複数回答)として最も多かったのは「YouTube」で56.4%。昨年の43.9%からさらに増加し、
 日本のインターネットユーザーの半数が利用するサービスになった。
 以下は、「Yahoo!知恵袋」(38.6%)、「ウィキペディア」(35.8%)、「価格.comの『レビュー』や
 『クチコミ』」(33.6%)、「ニコニコ動画」(26.8%)、「Twitter」(26.3%)、「mxi」(26.1%)、
 「Facebook」(24.5%)、「クックパッド」(21.5%)、「2ちゃんねる」(20.9%)、「教えて!goo」
 (20.4%)、「食べログ」(19.2%)など。

 Twitterは昨年の15.5%から大幅に増加。Facebookに至っては、8.3%からじつに3倍に増加した
 「Google+」はまだ5.7%にとどまっており、「Mobage」(8.4%)や「GREE」(7.8%)、「アメーバピグ」
 (7.8%)に及ばない。

 最もよく利用しているソーシャルメディアとしても「YouTube」(16.0%)がトップで、以下、「Twitter」
 (12.4%)、「mixi」(11.1%)、「Facebook」(11.0%)と続く。
 ただし、性・年代別に見ると、必ずしも「YouTube」が最もよく利用されているわけではない。
 特に女性10代では、「YouTube」が11.6%なのに対して、「Twitter」が31.1%と突出しているほか、
 「mixi」も19.5%に上る。また、女性20代でも「mixi」は19.8%に上り、「Twitter」の15.5%、
 「YouTube」の10.8%などを上回っている。このほか、女性30代では「クックパッド」が16.6%となり、
 「mixi」の16.5%をわずかに上回って最多
だった。

 男性では、10代で「Twitter」が22.9%に上り、「YouTube」の21.6%をわずかに上回った。
 また、30代では、「YouTube」を挙げた人が13.1%にとどまり、他の年代に比べて少ない。
 その結果、「Facebook」が14.9%で最多だった。(抜粋)
 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20120706_545300.html

関連スレ:なんと日本の20代人口の9割近くがニコニコ動画ユーザー…大掛かりなバージョンアップの背景とは





続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ