SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





パナソニック、電池事業を中国企業に5億円で売却

1 :アヒ(岐阜県): 2011/02/01(火) 23:15:23.53 ID:UjVgYyLQ0

大手電機メーカーのパナソニックは、
神奈川県茅ケ崎市に工場がある自動車用の電池事業を中国の電池メーカーに売却することになりました。
発表によりますと、パナソニックが売却するのはハイブリッド車に使うニッケル水素電池の事業で、
神奈川県茅ヶ崎市にある湘南工場で生産し、国内の自動車メーカー向けに主に供給しています。
この電池の市場では、パナソニックと、パナソニックが完全子会社化する三洋電機が、高いシェアを持っています。
このため、完全子会社化が実現すると市場の独占につながるおそれがあるとして、
中国政府がパナソニックに対し、事業の売却を求めていました。

その結果、パナソニックは中国・湖南省にある大手電池メーカーに売却することにしたもので、売却額はおよそ5億円だということです。
工場の従業員は中国の企業に出向する形になるということです。
ハイブリッド車に使う電池は、日本メーカーが世界をリードしてきただけに、
その技術を中国に売却することについては自動車メーカーの間から懸念する声も出ています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110201/k10013789201000.html





2 :アイちゃん(東京都): 2011/02/01(火) 23:16:14.21 ID:avnxxGcz0

あちゃー




続きを読む

学生さんたちの間違いだらけの「会社選び」 いまどき銀行? なんてウブな就職人気ランキング!

1 :影の軍団ρ ★:2011/02/01(火) 08:36:08

3人に1人が就職できない未曾有の氷河期時代。たしかに気の毒ではあるが、
多くの学生たちの大企業志向、企業研究不足、無知も目に余る。

上武大学教授の田中秀臣氏は学生の就職支援を10年以上続けているが、
次の取り組みを行ったことで学生たちの「甘さ」を認識したと言う。

就活を始めようとする学生たちに就職したい会社を10社以上書かせる。

すると出てくる企業名は三菱東京UFJ銀行、ソニー、資生堂など就職人気ランキングの上位組か、
ユニクロのファーストリテイリング、トヨタなど身近な生活圏で見かけるところばかり。
中には10社も挙げられない学生もいる。


要するに世の中にどんな企業があるかさえまともに知らない。
それでコマーシャルや新聞などで目についた大企業ばかりにエントリーしてしまう」

先日発表された就職人気ランキングを見ても、上位には誰もが知る有名企業ばかりが並んでいる。
大学生が就活で失敗するのは、こうしてイメージ重視や他人任せで「会社選び」をしているからだ。

そして運よく就職できても、すぐにサラリーマン社会の厳しさに直面。「ITブームに乗ってベンチャーに就職したが数年で倒産」
「社風の合わない会社に入社してすぐに退職」などという残酷話はいくらでも聞こえてくる。

就職人気ランキングに出てくる企業にしても、学生の想像を超えた厳しいサラリーマン社会の現実がある。
大甘の学生たちが知ったら驚く業界の実態を見ていこう。

かつては高給、安定ともてはやされた職環境に最近、変化が起きている。

「メガバンクでは定年の早期化が進んでいて、役員になれないほとんどの行員は50歳前後で関連会社などへ出される。
最近では40代半ばの行員に第二の人生を考えさせる通称『黄昏研修』も行われている。この年齢での出向は片道切符。
これからはバブル入社組が大量にこの世代に突入するため、出向先さえままならなくなる」
(メガバンク幹部行員)

>>2以降へ続く




続きを読む

「日本メーカーの担当者には会いたくない」 「嫌日ムード」スマフォの部品メーカーに蔓延

1 :さんてつくん(関西地方): 2011/01/31(月) 14:41:11.94 ID:54oPnUr10

スマフォの部品メーカーに蔓延する「嫌日ムード」
2011.01.31(Mon)

全世界のスマートフォン需要が高まる中、日本メーカーの開発、
あるいは販売動向に関心が高まっているのは言うまでもない。
だが、スマートフォンの製造現場では、不穏な空気が漂っているのだ。

「日本メーカーの担当者には会いたくない」

「昔からの取引先には違いないが、正直なところ日本メーカーの担当者には会いたくない」
これは某大手電子部品メーカー開発担当幹部が漏らした言葉だ。
「会いたくない」という相手とは、日本の携帯端末メーカーの開発担当者のことだ。

日本メーカーの注文に懇切丁寧に応えていては・・・

日本メーカーがスマートフォンに本腰を入れ始めている。それなのに、
なぜ件の部品メーカー担当幹部は日本メーカーを敬遠するのか。
その理由は、日本メーカーの出遅れにある。
多くの読者がご存じの通り、世界市場でのスマートフォンのシェアは、
アップルのiPhoneが約8割と圧倒的な存在感を持っている。
その他、グーグルが開発したOS「アンドロイド」を採用した英ソニー・エリクソン・モバイル
コミュニケーションズや韓国メーカー勢がアップルを追撃しようとしている。
結局、部品メーカーの本音はこうなのだ。
「日本製スマートフォンは、せいぜい年間100万台だが、世界のトッププレーヤーは月産で100万、200万台の規模。
どちらに注力すべきかは、言わなくても分かるだろう・・・」

おまけに、アンドロイドという共通OSこそあれ、日本メーカーから部品会社に持ち込まれる注文は、
会社ごとに規格が違ったり、日本固有の携帯サービスに対応するための細かな設計が要求されたりするなど、対応に手間がかかる。
長年の取引実績があっても、部品メーカー各社が「嫌日」姿勢を取るのには、
きちんとした理由がある。「部品の注文が2ケタ少ない日本メーカーに懇切丁寧に応えていたのでは、
世界規模の顧客のオーダーをこなせなくなる」(別の部品会社)というわけだ。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5331





7 :キューピー(catv?): 2011/01/31(月) 14:45:07.07 ID:gEFZ4QlcP

日本の部品メーカーから見捨てられる大手家電




続きを読む

「ソーシャル化は新市場を生み出す」 「海外市場を強化」…ミクシィ・笠原健治社長

1 :JD@かしゆかさんφ ★:2011/01/30(日) 21:38:33

日本ではソーシャルネットワーキングサービス(SNS)が市民権を得るようになった。いつでもどこでも友だちと
コミュニケーションを図れるのが「ソーシャル化」だが、オープン化が進んだことなどにより、平成23年は本格的な
ソーシャル化の波が押し寄せてくると予測している。
1980年代はパソコンの時代、90年代はインターネットの
時代と言われていたが、それらに匹敵する大きなインパクトだ。

ミクシィは日本最大のソーシャルクラブだ。友人や知人との間で、心地よいつながりを実感できる点を売り物と
している。オリコンの調査によると、SNS別の利用率では7割を超えており、他を大きく引き離している。

ソーシャル化の波は新しい価値を提供し、新市場を生み出す。例えばゲームの場合、友だちとのコミュニケーションを
楽しめるソフトに注目が集まるようになるだろう。

ミクシィにとって、海外市場の強化も今後の課題だ。その一環として中国、韓国の最大のSNSと提携して
プラットフォームの共通化に動き出した。他の言語圏でも提携を中心に事業を拡大していく。
ミクシィしかないノウハウを提供することによって、強い連合体を構築するのが狙いだ。 
また、事業のスピードアップを図るのと同時に、フェイスブックをはじめとした海外プレーヤーとの
サービス競争に負けないためにも、人材を大幅に増やしていきたい。
平成24年4月入社の新卒採用は50人をターゲットとし、中途採用はそれ以上を目指す。


産経BIZパーソン
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110130/its1101301729001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/images/news/110130/its1101301729001-p1.jpg





3 :名刺は切らしておりまして:2011/01/30(日) 21:43:50 ID:55nlRbGE

もう完全に過去のブームだろ。最近ミクシィやってるやついるの?放置だわ。

海外つってもFaceBookに勝つのは無理だし。




続きを読む

おとなしい学生は採らない、富士通、一芸採用枠3倍に

1 :JD@かしゆかさんφ ★:2011/01/30(日) 21:08:53

志望動機は不問。おとなしい学生は採りません――。
富士通は2012年春入社の新卒者採用で、スポーツや社会貢献、勉強、起業などで実績をあげた学生を
約30人採用する。幅広い人材を確保するために一芸に秀でた学生を特別枠で迎え入れる。


富士通は「一芸採用」を昨年始め、応募した約380人のうち12人が内定した。シンクロナイズド・スイミング
日本代表キャプテンや、大学を休学してJリーグクラブの観客動員増に貢献した学生、学生囲碁2冠、
複数のビジネスコンテストで入賞した外国人らが今春入社する。
これまでの選考方式では富士通を
志望しなかった学生層を獲得できたため、採用数を3倍に拡大。2月から募集する。

面接では、あえて志望動機を問わず、学生時代に打ち込んだことや、物事に挑戦する気概を聞き出す。
豊田建・人材採用センター長は「会社のビジネスが変化しているので、周囲を巻き込んで物事を動かせる
チャレンジ精神の持ち主が欲しい」


こうした採用はソフトバンクも昨年始めた。「組織になじめなくてもいいから、挑戦する若者が欲しい」(広報)ためだ。
「自分がナンバーワンだと思うこと」をアピールしてもらう。すでに事前登録を締め切った12年春の新卒者採用では
800人が応募。採用数は未定という。

asahi.com
http://www.asahi.com/business/update/0130/TKY201101300163.html




続きを読む

民主党「公務員の給料下げれないんで新規採用止めてマニフェスト達成とします」

1 :きょろたん(兵庫県): 2011/01/29(土) 18:41:33.27 ID:49ivH/fD0

国家公務員:総人件費の削減検討 政府

 政府は28日、国家公務員の総人件費削減に関する関係閣僚会合を初めて開いた。
民主党が09年衆院選マニフェストで掲げた2割削減の方針に沿って、今国会に提出する給与法改正案、採用抑制の継続などを検討することを確認した。
菅直人首相は会合後の閣僚懇談会で「政府の重要課題である2割削減について、各閣僚が協力して全力で進めるように」と指示した。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110129k0000m010125000c.html





2 :やいちゃん(北海道): 2011/01/29(土) 18:42:25.96 ID:kJoYtY8j0

政権交代が最大の景気対策w




続きを読む

スティーブ・ジョブズが3度目の病気療養へ…独学の「天才経営者」以降のアップルは長寿企業に生まれ変われるか

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/01/26(水) 10:51:31

[1/2]
スティーブ・ジョブズが再びの療養休暇に入ったことが明らかになり、ちまたでは果たしてアップルが、
これまでのようなクリエイティブな企業であり続けられるのかという疑問が噴出している。

■ジョブズの完全復帰には悲観的な見方が広がる
ジョブズの療養は、2004年から数えて3度目。最初は膵臓ガンの手術で、2度目の2009年の療養は
後になって肝臓移植を受けたためとわかった。今回の休暇を知らせる社員へのメールには復帰時期が
記載されていないこともあり、関係者の間では、ジョブズがアップルに戻ってくるかどうかについては
やや悲観的な見方が広まりつつある。


ジョブズの存在は、アップルとあまりに一体化していた。パーソナル・コンピュータという、
当時は不可能にも見えたビジョンを持って創業したのが35年前のこと。
その頃から、荒削りながらも画期的なインターフェイスを盛り込み、楽しく使いやすいコンピュータを
探求してきた。

誰も考えつかないようなアイデア、それを製品にする執拗さ、奇抜な行動習性など、ジョブズには
いつも物語がついて回る。それに加えて、自分が創設した会社から追い出されたうえ、またそこに
舞い戻ったという経緯。


そして、その後たった十数年の間にiMac、iPod、iPhone、iPadと立て続けに画期的な新製品をヒットさせ、
製品とインターネットとコンテンツを結びつけて産業構造自体を揺り動かした。
今やアップルの企業価値は、あのマイクロソフトをも追い抜いくほどに拡大した。このすべてが
ストーリーだ。

こんなことを成し遂げた経営者は、周りを見回してもあまりいないだろう。
もちろん、ジョブズが闘病中であることも、これにドラマティックな要素を付け加えてきた。
新製品の発表会では、数時間にも及ぶ細かなプレゼンテーションを自らこなしてきたが、
これだけ大きな企業になってもCEO自身がそんなことをやるとは、起業文化盛んなシリコンバレーでも、
他に似た例がない。ジョブズの情熱と存在感は、否応もなく人々の心に刻印されてきたのである。

さて、そのジョブズがいなくなった空洞は、埋めることが可能なのか。
ジョブズの執拗さは何も外向きのことだけではなく、社内でも恐怖政治にも似たような緊張感を
かもし出していたという。製品開発段階では、仕様、使い勝手、デザインなどさまざまな点で
無数のダメ出しをして、何度もやり直しをさせ、真に納得がいくまで理想の製品を追い求めた。

何よりも、技術主導ではなく、「こんなことができるようになるはずだ」というビジョンによって
製品やサービスを作ってきた。
突飛にも見えるアイデアを現実のものにするジョブズの「マジック」のような力は、誰にも真似できないだろう。




続きを読む

NYT「日本はシルバー民主主義の国。莫大な賃金を高齢者に払い続け、若者は低賃金で雇われている。」

1 :コアラのマーチくん(愛知県): 2011/01/29(土) 13:23:11.34 ID:Glho+UAZ0

Kenichi Horieは日本が韓国や中国に対する優位性を保つために必要とする有能な自動車関連の技術者である。
大手自動車メーカーに努める三十代前半の技術者としてバイオ燃料関連の設計業務で彼は賞賛された。
しかし、他の多くの日本の若者同様に、彼はいわゆる非正規労働者で、40代以上の正規雇用者の
半分の報酬で働き、雇用の保障のない契約社員であった。10年以上正規雇用の道を探った挙句、
Horie氏は契約の仕事を辞めるだけでなく、日本から脱出した。彼は中国語を勉強するために二年前に台湾に移った。

「日本の会社は年寄りの労働者を保護するために、若者の才能を無駄にしている」と。
現在36歳のHorie氏は言った。「日本では、私に対する進路は閉ざられていたが、台湾では完璧な経歴を持っていると言われる。」

「日本は世界でも最悪の世代間格差があります」と、世代格差についての著作物が多い秋田大学の社会科学教授の島沢諭は言った。
「老世代が、新しいチャレンジをして成長できるよう後進に道を譲らなかったために、日本は活力を失った。」

更に興味深いことに日本の起業家は年寄りが多い
経産省によると、2002年20代の起業家はわずか9.1%であった。同年、米国では20代の起業家が25%も占めていた。
成功できなかった起業家で、その経験に基づく著作がある板倉雄一郎は、「日本はゼロサムゲームで、
既得権者達は若い新参者が彼らの縄張りを奪うと心配するため、新参者とビジネスをしない」
と、言った。
起業家育成が沈滞する日本経済の最良の治療薬だと、日本の多くの経済学者や政治家が主張している。
第二次世界大戦から復興する際に日本の若者達が世界を席巻する企業を起こした前例がある。

日本は法により労働者を解雇する事ができず、高齢者に莫大な賃金を払い続けている。
そのためのしわ寄せは若者に来ている。企業は若者を正式に雇用する事ができず、
高齢正社員の賃金を確保するためあまりにも多くの労働者が低賃金で雇われている。
また、政府の資金は崩壊した年金制度の延命処置に使われており、教育よりも多くの額を費やしている。
日本はシルバー民主主義の国だ。

以下ソース
http://www.nytimes.com/2011/01/28/world/asia/28generation.html?src=tptw




続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ