SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





【家電】エコポイント特需ピーク 購入3時間待ちや納品年越しも

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/11/24(水) 10:00:34

家電エコポイント制度で交付されるポイントが12月購入分からほぼ半減されるのを前に、
駆け込み購入がピークを迎えている。

調査会社GfKジャパンによる家電量販店約4千店のまとめでは、今月8日から1週間の
国内販売台数は薄型テレビが前年同期の5.97倍、エアコン3.64倍、冷蔵庫2.00倍と
なった。

大手量販店は祝日の23日も「半減まであと7日」などと店頭でPRし、集客を競った。
激戦地の東京・池袋にある業界最大手のヤマダ電機の店舗では、薄型テレビの説明待ちに
一時100人以上の列ができた。商品の購入手続きが終わるまで3時間以上かかる人もいたという。

購入しても商品が届くまで2~3カ月かかるものもある。千葉県浦安市のケーズデンキの
エアコン売り場では、入荷予定が来年2月の商品もあった。
ほかの量販店でもテレビやエアコンの人気機種は、来年3月まで入ってこないものも。
品薄でこの1カ月で1割前後、値上がりした商品もある。

価格比較サイトを運営するカカクコムの調査では、12月からの変更について
「内容をよく知っている」と答えた人は5割弱。
制度は12月に縮小された後も来年3月末まで続くことが十分理解されていない可能性があり、
同社は「認知度の低さが駆け込み需要を高めている」と分析する。





3 :名刺は切らしておりまして:2010/11/24(水) 10:10:02 ID:Q3t1jZGG

駆け込みで値段あがってるのに買うバカが多いねwww





続きを読む

【厚労省】うつ兆候健診の医師面接 プライバシー保護から一転、事業主通じた申し出に カウンセリング望むだけで事業主に知られる仕組へ

1 :シーツφ ★:2010/11/23(火) 07:50:08

うつ兆候健診の医師面接、事業主通じた申し出に

厚生労働省は22日の労働政策審議会で、
企業の健康診断でうつ病などの兆候を調べる新制度について、
健診で精神疾患の所見のある労働者が医師と面接を希望する場合、
医師に直接申し出る当初案を修正し、事業主を通じて申し出る仕組みに変更する方針を示した。


新制度は2011年度からの導入を目指すもの。
当初案では、労働者はプライバシー保護の観点から、事業主を通さずに医師と面接が可能だったが、
労政審の経営側委員から

「労働者側の情報だけでは、医師が的確な意見を示せない」などの異論が出て、方針転換した。

健診結果を労働者だけに通知する当初方針に変更はない。

過労死弁護団全国連絡会議代表幹事の松丸正弁護士は
「簡単なカウンセリングで済む軽い症状でも、面接を望むだけで事業主に知られる仕組みだと、
面接自体を敬遠する労働者も出る懸念がある」
と指摘している。

▽ ソース YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101123-OYT1T00019.htm?from=main2




3 :名無しさん@十一周年:2010/11/23(火) 07:51:32 ID:fPY9DOvU0

カウンセリング受けたら査定に思いっきり響くね。

と言うか、クビに追い込まれるだろこれ。


最悪だよこれ。






6 :名無しさん@十一周年:2010/11/23(火) 07:52:59 ID:o1fyngGsO

(ノ∀ヽ)この国マジで終わってんなwwww





続きを読む

【調査】会社役員に聞く、受験勉強の経験は仕事に役立ちましたか?

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/11/24(水) 15:24:52

仕事をするうえで、受験勉強が役に立ったという人はどのくらいいるのだろうか。
従業員100人以上の会社役員に聞いたところ、76.2%が「受験勉強の経験は仕事に
役立っている」と回答
していることが、ベネッセコーポレーションの調査で分かった。

また受験勉強を通じてどんなことを身に付けましたか、と聞いたところ
「目標に向けて努力する姿勢」(50.6%)と答えた人がトップ。
次いで「自ら学び・考え・実践する自学自習力」(38.4%)、
「やらなくてはいけないことやりぬく忍耐力」(37.4%)、
「知識を増やす暗記力」(35.3%)と続いた。
「『知識を増やす暗記力』や『義務教育課程で教わる基礎学力』などよりも
『目標に向けて努力する姿勢』や『やらなくてはいけないことやりにく忍耐力』が
上位になっていることから、受験勉強を単なる進学のための手段ではなく自らを
成長させる機会として活用していることが分かった」

●61.5%の人が「将来の夢があった」
高校受験のときに、将来の夢(就きたい仕事)があったという人はどのくらいいるの
だろうか。
将来の夢が「あった」という人は21.8%、
「なんとなくあった」が39.7%で、
合計61.5%が高校より先の目標を設定していたことが明らかに。

また生活時間を固定することを「重視していた(やや重視していたを含む)」
という人は56.6%。
分からない問題や難しい問題に対しては「納得いくまで自分で考えた」(43.9%)、
「一度考えて分からなければ、時間をおいて解き直した」(35.3%)
と答えた人が目立った。

インターネットによる調査で、従業員100人以上の会社役員412人が回答した。
調査時期は10月。




2 :名刺は切らしておりまして:2010/11/24(水) 15:29:24 ID:QodjWlPp

まあ、学生の時ダラダラ過ごすヤツは将来社会に出てもダラダラ過ごすだけだからな





11 :名刺は切らしておりまして:2010/11/24(水) 15:58:00 ID:DlfAPX1H

数学は役にたってるな





続きを読む

かつて世界を制覇した日本半導体産業の凋落

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/11/20(土) 12:15:33

 1980年代の末に刊行された『Made in America』は、日本の製造業を高く評価した。特に
絶賛したのは、半導体産業である。

 確かに、その当時の日本の半導体メーカーの活躍ぶりは目覚ましかった。90年における半
導体の売上高の世界シェアを見ると、NEC、東芝、モトローラ、日立製作所の順であり、日本
のトップ3社で、世界の約3割のシェアを占めていた。

 ところが、現在のトップ3社は、インテル、サムスン電子、テキサスインスツルメントだ。
この3社で、世界シェアの約4分の1になる。

 これほど顕著な変化が、この20年の間に生じたのだ。これは、日本の地盤沈下を象徴する
変化である。

 日本の凋落を論じるとき引き合いに出されるのは、一人当たりGDPの相対地位の低下などの
マクロ的指標だ。これは確かに重要ではあるが抽象的である。したがって、なぜ変化が起きた
のかをとらえにくい。

 それに対して、半導体産業における敗北は、具体的な事象であり原因の所在も確かめやす
い。そこで、以下ではそれについて考えてみよう。

 最初に注意すべきは、『Made in America』が絶賛した日本企業の特性(短期利益に左右さ
れない、人材が企業から離れない、銀行との間で株式の持ち合いがある、など)は、今でも
続いていることだ。それにもかかわらず、逆転現象が生じたのである。それはなぜだろうか?

 日本の産業競争力が低下した理由として、企業再編が進まなかったことが指摘されることが
ある。しかし、半導体分野では再編が進められた。DRAM(メモリ素子)については、NECと
日立が99年にエルピーダメモリを設立し、システムLSIについては、日立と三菱電機が03年に
ルネサステクノロジを設立した(10年にはNECも加わり、ルネサスエレクトロニクスとなった
)。しかし、日本の劣勢を挽回することはできなかった。異なる企業の人材がうまく融和で
きなかったということもあるが、より大きな原因は、従来のビジネスモデルを変えられなか
ったことだ。


 日本企業の特性は変わらなかったのだが、80年代にはプラスに作用したその特性が、90年代
からは逆向きに作用したとしか考えようがない。

 実際、以下で述べるように、90年代に技術体系と世界経済の大きな変化が生じたのである。
この変化は、半導体ビジネスに大きな変化を要求するものであった。それにもかかわらず、
日本企業は、それまでのビジネスモデルを継続したのである。

 日本企業の長所は短期的利益に左右されないことだと言われた。それはその通りなのだが、
実は的確な長期的視点を持っていたわけでもなかった。単に市場の条件変化に反応しないと
いうだけのことだったのだ。

ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101117-00000000-toyo-bus_all




続きを読む

【モバイル】日本通信、「SIMフリー版 iPhone4」のキャンペーン開始…36ヶ月プランなら月額8430円

1 :きのこ記者φ ★:2010/11/23(火) 09:56:14

日本通信は2010年11月20日、「SIM フリー版 iPhone4 月々払いキャンペーン」を開始した。

日本通信の iPhone4 専用プラチナサービスと、SIM フリー版 iPhone4(16GB)をセットにして、
36か月契約プランでは月額8,430円、24か月契約プランでは月額9,510円、
12か月契約プランでは月額1万2,760円で販売する。

なお、このキャンペーンは、台数限定のため、売り切れ次第キャンペーンを終了する場合がある。

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20101122-OYT8T00754.htm





3 :名刺は切らしておりまして:2010/11/23(火) 09:57:33 ID:HHMAdF3X

ソフトバンクより安いじゃん。どう考えてもこっちだな。





12 :名刺は切らしておりまして:2010/11/23(火) 10:05:48 ID:754TrEA1

>>3

嘘をつくな嘘を。

SoftBankの場合、

端末代込みで2年契約で毎月6000円ほど。

はっきりいってiPhoneがこれほど売れてるのは、

SoftBankのこの激安戦略による。


ま、安くて電波の悪いSoftBankを選ぶか、

高くて電波のよい日本通信を選ぶかは自由。




続きを読む

【コラム】超就職氷河期――民主党を支える労組のみなさんに言いたい(中川秀直)

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/11/20(土) 12:00:57

「雇用、雇用、雇用」のはずの菅民主党政権下で、新卒者が超就職氷河期を迎えている。来年
の春に卒業する予定の大学生の就職内定率が小泉政権期の2003年を下回っている。

民主党政権は、痛みに耐えた構造改革の果実を使い果たしている。

若者の雇用悪化の原因を直視しなければいけない。

ゼロ成長・マイナス成長の中で中高年層の終身雇用を守るために、若者が犠牲になっている
のではないか。


民主党を支える労組のみなさんに言いたい。みなさんは中高年男子正社員の終身雇用という
既得権益を守りたいと言う気持ちから民主党を支援しているのであろう。

しかし、そのためにみなさんのおくさんがパート斬りにあい、みなさんの子どもたちが就職
内定をもらえないのではないか。

みなさんのご家族が雇用の場を得るための解決策は2つしかない。

一つは、みなさんの妻や子供たちが希望するならば正社員雇用されるような成長経済を実現
すること
だ。高度成長期のように完全失業率が1%という経済を実現すれば人手不足となり
、企業は非正規雇用の正社員化を進めることだろう。しかし、それが菅政権の「堅めの成長
率」で実現できるのか。「堅めの成長率」は増税のための成長率であり、雇用のための成長率
ではない。
なぜ、労働者の代表がこのようなマクロフレームを容認するのか、私には全く理解
できない。

二つは、終身雇用を既得権益化することをやめることだ。完全失業率1%経済がもはや今日
の日本に不可能ということであれば、高度経済成長を前提とした終身雇用制度は持続不可能
であるということである。
オランダをモデルとして、正規も非正規もない年齢、男女の格差
もない公正な雇用環境をつくるしかない。この公正な雇用環境に反対しているのは誰か。経営
側でも、新自由主義者でも、上げ潮派でもない。終身雇用をセーフティネットに位置づけた
民主党を支持した労組のみなさんではないか。

今こそ、若者たちのために、政・労・使のポスト終身雇用制度確立のための合意形成を行なう
べきである。
私が政調会長だった2006年には残念ながらできなかった。民主党政権はやる
気すらないのか。

ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/5146739/






4 :名刺は切らしておりまして:2010/11/20(土) 12:02:35 ID:oPsx1NZf

1000万移民政策謳ってた基地外が言っても説得力無い

そんな政策やってたらもっとひどい事になってただろ





続きを読む

過酷“就活” 大学生、ハローワークに殺到、1カ月3万人

1 :酔っても送ってもらえないφ ★:2010/11/21(日) 22:30:37

来春卒業予定の大学生の企業採用が冷え込み、失業者の職探しの場だった全国各地の公共職業安定所「ハローワーク」
を訪れた大学生が1カ月で3万人を超えたことが21日、分かった。
大学生は企業説明会やOB訪問を通じて採用されるの
が一般的だったが、あまりの“就職戦線”の厳しさに国が今年9月にハローワークに大学生向けの相談窓口を設置。窓口
では「とにかく仕事を」と、悲痛な声が上がっている。


厚生労働省によると、全国55カ所のハローワークに設置された大学生向けの窓口「新卒応援ハローワーク」を訪れた人数は、
9月下旬〜10月下旬までで3万641人に上った。

窓口では、民間企業で採用活動などの経験がある定年者らが相談に乗り、求人情報などを提供している。

東京都港区のハローワークでは、スーツ姿の多くの大学生でごった返し、真剣な表情で求人情報が閲覧できるパソコン
画面に目を走らせる。都内の私立大4年の男子学生(23)は「昨夏から80社近く受けたが、一つも内定がもらえなかった。
何とかしないと思い、来てみた」
と話した。

こうした窓口は、政府の「新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」で設置。10月末時点で、利用者2090人の
就職内定につながっている。

現役の大学生だけでなく、卒業後も仕事を見つけられない既卒者向けの支援も行われている。3年以内の既卒者を新卒
扱いで採用した企業には、正規雇用から半年後に100万円の奨励金を支給する制度もあり、求人数は11月14日現在
で約1万人、うち約160人が正社員として採用されている。

ただ、就職内定率が過去最低の57・6%(10月1日時点)となっている今年の現状では、それも“焼け石に水”状態で、
就職できない学生はあふれている。

文部科学省も大学の就職支援事業を打ち出すなどしているが、政府の行政刷新会議の事業仕分けで「廃止」と判定された。
政府内でも何が有効な対策なのかも定まらないのが実情で、多くの学生が就職を決められずに年越しを迎える事態が予想
される。

ソース: MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101121/biz1011212203005-n1.htm





5 :名無しさん@十一周年:2010/11/21(日) 22:32:42 ID:+9/MD2jf0

残念ながら、今の日本企業のトレンドは

中国の新卒学生を雇うことですから、仕方ありません。




続きを読む

“グローカル”でGoogle、Appleと戦う…NTTドコモ山田氏

1 :きのこ記者φ ★:2010/11/21(日) 11:15:29

NTTドコモ 代表取締役社長の山田隆持氏は2010年11月17日,中国・香港で開催中の携帯電話業界の
カンファレンス「Mobile Asia Congress 2010」で講演し,LTE時代のサービス像を語った。

同氏はまず,世界の市場で2014年までにはスマートフォンの出荷台数が,従来型の携帯電話機を超えるというデータを紹介(図2)。
その上で,日本でも同様の傾向が出ており2012年または2013年にスマートフォンが従来型携帯電話機を逆転するとした。

ただし,スマートフォン時代には携帯電話事業者側から仕掛けていかないと,米Google社や米Apple社のような企業に,
回線以外の収入源をすべて持っていかれてしまう。そこで,NTTドコモならではのユニークで競争力のあるサービスを
スマートフォン上でも展開することで,これに対抗していくという。


そのための取り組みとして挙げたのが,既に社会インフラになったiモードやおサイフケータイなどの機能を
スマートフォンに取り込んでいくことだ(図3)。
iモード・メールをスマートフォンに取り込んだほか,2010年冬モデルでワンセグやおサイフケータイ付きの
スマートフォンを投入した。さらに,今後はiコンシェルやiチャネルなどもスマートフォンに取り込んでいくという。

講演後に行われたパネル・ディスカッションでは,スマートフォンにNTTドコモのサービスを載せることに対して,
「オープンな技術を採用するものの,ユーザーに受け入れられるためにはローカライズが必要である。
すなわち“Look Global,Act Local”の精神だ。これを我々は“グローカル”と呼んでいる」
と述べた。

このほか,携帯電話事業者ならではの機能として,SIMおよびそれにヒモ付いた個人情報を使った強力な認証,
携帯電話利用料金の支払いのための課金システムなども,AppleやGoogleに対抗する武器になるとした(図4)。

また,2010年12月から開始予定のLTEについては,ネットワーク遅延が数十msと,非常に短くなる点を強調した。
携帯電話事業者が持つサーバー,いわゆるクラウドで処理しても,端末で処理したのと同じような体験が得られるとし,
今後,この分野を強化していくと語った。

http://www.nikkei.com/tech/personal/article/g=96958A9C93819499E3EAE2E09C8DE3EAE3E3E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E7E2E6E0E2E3E2E2E0E2E2



3 :名刺は切らしておりまして:2010/11/21(日) 11:19:08 ID:dm6sD/7y

ワンセグ、おさいふ、デコメ、どれも要りませぬ





8 :名刺は切らしておりまして:2010/11/21(日) 11:22:54 ID:NkcmXPhR

ひきこもりでなまけものの精神の間違いじゃないのか




続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ