SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





叱られたくない新入社員「間違ってたら普通に教えてくれればいい」

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/12/27(木) 09:18:53.13 ID:???

レジェンダ・コーポレーションが入社3年目までの社会人609人にアンケートを
取ったところ、「正当な理由があれば、上司や先輩に叱られたいと思うか」という
問いに「とても思う」と答えた人が34.2%を占めたという。
「やや思う」の44.3%を加えると、78.5%が「叱られたい」と回答。
打たれ弱いと言われるイマドキの若者への調査としては、意外にたくましい結果と
なった。
男女別では男性の方が「叱られたい」が多く、80.2%を占めた。
「間違いはすぐに正して欲しいと思うため」(入社1年目、男性)
「ある程度叱られることは、期待の裏返しだと思うから」(入社3年目、男性)
といった受け止め方をしているようだ。



■「正当な理由あれば叱られたい」大多数だが…
一方で、上司や先輩だからといって「叱られたいとは思わない」という人もいる。
入社1年目の女性は
「間違いの指摘はありがたい。しかし、人間性まで否定する叱り方をされると、
それは違うのではないかと思う」と答えている。
入社2年目の男性も、
「正当な理由があったとしても、叱り方が下手な人に叱られると、仕事どころでは
なくなるから」
と、上司や先輩の叱り方に注文をつけている。

中には「叱る必要はない。間違っていれば普通に教えてくれればいい」と主張する
入社1年目の女性もいた。
そういう考えの持ち主からすると、部下や後輩を当然のように叱りつける人は、
感情をコントロールできず指導スキルが低いと見なされるのかもしれない。

「叱られなければ、伸びないと思う」と答える女性もいるが、
普通に教えることとの違いはあるのだろうか。
「叱る」とは、問題のある言動を強くとがめること。「叱られたい人」が多数を
占めるとはいえ、指導の方法についてはあらためて考えさせられる人も多いのでは
ないか。

ソースはJ-CASTニュース
http://www.j-cast.com/kaisha/2012/12/26159672.html





続きを読む

僕「39度の熱があるので会社休みます。。。。」 上司「は?」

1 : サイベリアン(京都府):2012/12/26(水) 18:48:28.83 ID:oJKMnME00

小学校教諭の男性が脳出血で死亡したのは公務での過労が原因だったとして、
男性の妻が地方公務員災害補償基金(東京都)を相手取り、
公務と認めなかった処分の取り消しを求めた訴訟の判決が鳥取地裁であった。
和久田斉裁判長は「発症は公務から受けた肉体的、精神的負荷に起因する」と公務との因果関係を認め、
処分取り消しを言い渡した。21日付。
判決などによると、男性(当時47歳)は鳥取市立岩倉小で2年生の担任などを担当。
2003年3月に体調を崩しながらも出勤し、19日にも39度を超える熱があったが出勤。
早退後に自宅で脳出血で死亡した。



和久田裁判長は「職員の自主的な取り組みは公務にはあたらない」とする同基金側の主張を退け、
死亡の約1か月前から行っていた文集作成などが公務にあたると指摘。
「日常外の公務も行わなければならず免疫力を低下させた」とし、妻の訴えを認めた。
妻は同基金県支部に公務災害認定を請求したが認められず、支部や同基金への再審査も棄却されていた。
同基金訟務課は「判決内容を精査し、対応を検討したい」としている。
(2012年12月26日15時01分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121226-OYT1T00684.htm






続きを読む

シャープ再建の切り札IGZO液晶の“不都合な真実”

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/12/25(火) 08:50:45.83 ID:???

ソースは
http://diamond.jp/articles/-/29858
http://diamond.jp/articles/-/29858?page=2

経営危機にあるシャープが、テレビコマーシャルや新聞広告で、盛んにPRしているものがある。
「もう充電を気にしない。驚きの省電力。IGZO(イグゾー)」
太陽が照りつける砂漠の真ん中に、ぽつんと立った白いパラソルとチェアが映し出される。
女優の崎野亜紀子さんがシャープ製のスマートフォンを操ると、上記のナレーションが流れてくる。

11月23日に始まったテレビCMで強調するのは、シャープの虎の子のIGZO液晶と呼ばれる
ディスプレイだ。
特徴は、高精細な上に電池が従来の数倍も長持ちすること。
米アップルのタブレット型端末、iPadにも採用されて、2012年3月に出荷をスタートさせた。
2年累計8000億円超の巨額赤字を見込むシャープだが、主力の液晶事業こそがその元凶。
13年3月期も同事業は1000億円以上の営業赤字を計上する見通しだ。
悩みのタネだった堺工場(大阪府)は台湾の鴻海精密工業との合弁会社として切り離した。
残る主力工場の亀山工場(三重県)の自力再生は、IGZOに懸かっているといっていい。
「多くの社員がリストラで去る中、億単位の広告費を使うのはどうか」(シャープ社員)という
批判がありながら、IGZOを推す理由がここにある。

しかし、必死のブランド戦略の裏には、ある“不都合な真実”が隠されている。
「11月上旬に材料の投入が終わり、下旬からIGZOの生産ラインはほとんど動いていない」
複数の業界関係者は、IGZOの主力生産拠点である亀山第2工場の惨状をこう明かす。

理由は最大顧客のアップルからの受注が止まったこと。
iPad向けに第1、第2四半期と、それぞれ200万台以上あった受注が、秋口から激減。
10月に発売された廉価版のiPad miniにも需要を食われ、韓国LGディスプレイに調達先を
大きく絞り込まれた。自社製スマホも別工場で手がけるため、作る商品がないのだ。

あわてたシャープは、IGZOを搭載した高価な業務用ディスプレイの出荷計画を発表。
しかし毎月1500台と少量で「生産能力の数パーセントにも満たない」(シャープ関係者)のが
現実だ。
そのため亀山工場のIGZO生産ラインは年度内、“眠りつづける”という公算が極めて大きい。

中間決算で掲げた亀山工場の「下期の稼働率5割」は、本当のところ“高級品”のIGZOではなく、
標準的なテレビ用液晶を韓国サムスン電子向けに赤字覚悟で大量生産して支えることになる。

同社の奥田隆司社長は「IGZOはシャープを救う技術だ」と断言する。
しかし実際のビジネスには、いまだに大きな溝がある。
(「週刊ダイヤモンド」編集部)

-以上です-






続きを読む

ルネサスは二度死ぬ(池田信夫)

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/12/24(月) 20:09:33.13 ID:???

どうやらシャープに続いて、パナソニックも危なくなってきたようだ。ルネサスも「日の丸
ファンド」で救済されたが、これは新たな悲劇の始まりである。今週のメルマガから引用
しておこう。


半導体大手のルネサスエレクトロニクスが、産業革新機構とトヨタ自動車やパナソニック
など国内企業8社から1500億円の増資を受けることが決まりました。そのうち革新機構が
1383億円を引き受ける、事実上の「国有化」です。

今春にルネサスの資金繰りが急に悪化したとき、大株主の日立製作所、三菱電機、NECに
支援を要請しましたが、3社は増資を断りました。このためメインバンクの仲介で、米系
ファンドKKRが1000億円の出資をする話が進みました。

ところがが自動車用マイコンの発注者であるトヨタなどが「中国企業に事業売却されるの
ではないか」とか「足元を見て価格を大幅に引き上げるのではないか」などとしてKKRへの
売却に難色を示し、これを受けて革新機構が「救済」に乗り出しました。

しかしこれは利益相反です。顧客にとっては半導体を安く買うことが望ましいが、それは
株主の利益に反します。株主としてのトヨタが顧客の立場を優先して今までのように赤字
受注を続けさせると、ルネサスの企業としての存続は困難になるでしょう。

KKRは、世界のprivate equityの中ではトップのファンドです。もしKKRが買収していれば、
事業部門ごとの収益をモニターして低収益率の部門から売却し、他に代替できない半導体の
価格は上げるでしょう。それがいやならルネサスとの取引をやめて汎用品を使えばいいし、
必要なら買収して子会社にすればいい。それが資本主義です。

ところが日本では、こうした問題を長期的関係で解決します。つまり一度でも裏切った
相手とは取引を打ち切り、二度と取引をしないという脅しによって関係を続けるのです。
このためには、コテコテにカスタマイズして関係を打ち切られた場合の損害を大きくする
ことがコミットメントになります。

しかしこれはルネサスのように弱い立場になると、発注元のメーカーに搾取されるリスクが
大きい。J-CASTに紹介されている大手機械メーカーのトップの言葉はいい指摘をしています。


あなたたちはいつまで下請けをやろうとするんですか。うちの社員があれも作ってくれ、
これも作ってくれと言っているかもしれない。でも、なぜ「こちらには標準的なこの
マイコンしかないから、このマイコンでお宅の製品を作ってくれ」と言えないんですか。

ソース
http://blogos.com/article/52865/

(つづく)






続きを読む

来月発表される6.1インチスマートフォンデカ過ぎワロタ

1 : デボンレックス(福岡県):2012/12/23(日) 21:20:05.29 ID:hR24KJSy0



Huaweiが開発を進めている6.1インチスマートフォン「Ascend Mate」の実物が中国で公開されたようです。
”Ascend Mate”と呼ばれる端末を手にする様子を撮影した画像をWeiboに投稿していたユーザーの投稿を、
同社の幹部 余承东氏がリツイートしていました。画像の端末はAscend Mate実機ということでしょう。

「Ascend Mate」は6.1インチ1,920×1,080ピクセルの液晶、K3V2 1.8GHzクアッドコアプロセッサ、
2GBのRAM、4,000mAhを搭載し、Android 4.1(Jelly Bean)で発売されると噂されています。
余承东氏は以前にCES 2013でGalaxy Note II対抗の大画面スマートフォンを発表すると
Weiboで明らかにしましたが、それがAscned Mateの事なのかは明確にしていません。



画像を公開したWeiboユーザーの投稿によると、Ascend Mateの画面サイズ、搭載プロセッサは上記の通りで、
液晶には低温ポリ シリコンTFT(LTPS)が採用されており、CES 2013で発表される予定とのことです。
http://juggly.cn/archives/77916.html

Ascend-Mate-03





続きを読む

自民・安倍総裁「フリーターの正社員登用を促進する『ジョブカード』、あれは非常によかったので復活して行きたい」

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/12/23(日) 23:08:17.26 ID:???

自民党の安倍晋三総裁は23日のフジテレビ番組で、フリーターの正社員登用を
促進する「ジョブカード制度」について「あれは非常に良かったので復活して
いきたい」と述べた。ジョブカードは求職者の職業訓練歴や評価などを記した
もので、平成20年から本格運用されていたが、民主党政権が22年の事業仕分けで
廃止方針を打ち出した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121223/stt12122322550011-n1.htm






続きを読む

シャープ、新型液晶を富士通、ソニーに供給

1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/12/22(土) 20:26:46.29 ID:???

 シャープが、画像の美しさや消費電力の少なさが特長の新型液晶「IGZO(イグゾー)
」を富士通やソニー、台湾のパソコン大手エイスースに供給することが22日分かった。
2013年に各社が発売するパソコンやタブレット型端末に搭載される見通し。

 経営不振のシャープはIGZOを再建のための主力製品と位置付けている。東芝など他の
国内メーカーともIGZOの供給に向けたパソコンなどの共同開発を始めた。

 米パソコン大手のヒューレット・パッカードやデルなどにもIGZOを供給する方向で
調整を進めている。

ソース:47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012122201001410.html





続きを読む

ヤマダ電機 「日本人がAmazonで買いやがる!!」 これからは海外展開を主流に

1 : スナドリネコ(北海道):2012/12/22(土) 23:59:01.17 ID:ddpvDfbT0

★ヤマダ電機がベスト電器の買収完了 国内市場の3割占め、さらなる業界再編も

 家電量販店最大手のヤマダ電機は2012年12月13日、九州を地盤とするベスト電器の子会社化を
完了したと発表した。ヤマダはベストへの出資比率を51%に引き上げる今回の買収を7月に発表していたが、
公正取引委員会の承認手続きにやや時間がかかり、年末となった。売り場の主役である液晶テレビの
不振などから家電量販の国内市場はシュリンクしており「さらなる再編は必至」(金融筋)。
国内トップとのヤマダとしては新たな再編も視野に入れつつ、海外展開に注力する構えだ。

■アマゾンなどのネット通販が脅威

確かに家電量販店業界を取り巻く状況は厳しい。2011年7月の地上デジタル放送移行前の特需の
反動が続いているためだ。先頃まとまった各社の2012年9月中間決算でも、売上高は軒並み2割程度、
前年同期から落ち込んだ。エディオンやベストは最終赤字に陥った。テレビに代わる商材が見い出せない
だけでなく、アマゾンなどのネット通販もライバルとして脅威となりつつあり、長いトンネルから抜け出せない
印象だ。

こうした中、ベストを子会社化したヤマダは改めて海外に活路を求める。海外で唯一進出している中国は
日本製品の不買運動の影響もあり、現3店体制は維持しつつ、予定していた2店の開店は凍結する。
半面、ベストが得意な東南アジアへの展開を拡大する方針だ。

山田会長は「(海外展開は)今回の(ベストとの)提携の大きなメリット。ベストの強みとヤマダの強みを
足せば可能性が大きい。スピードを持って取り組める」と強調する。特にベストがインドネシア、
シンガポールで各10店を出店している東南アジアは「勉強させていただく」(山田会長)といい、
展開の軸に据える考えだ。

http://www.j-cast.com/2012/12/22158847.html?p=all






続きを読む
スポンサード リンク
  • ライブドアブログ