SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





匿名のネット発言を禁止する法案:ニューヨーク州



1 :帰社倶楽部φ ★:2012/05/28(月) 10:20:24.72 ID:???0

ニューヨーク州議会両院に、同州に基盤を置く掲示板やSNSなど、全てのサイト上において
匿名投稿者の発言を認めない法案が提出された。

ニューヨーク州議会の上下両院で提出されている法案は、ニューヨーク州に基盤を置くブログや新聞、
ソーシャル・ネットワーク、掲示板などのウェブサイトに対し、「匿名の投稿者が投稿に自分の名前を
付けることに同意しない限り、サイト上のそのような投稿者のコメントをすべて削除する」ことを求めている。

同法案を提案したトーマス・オマラ上院議員(共和党)は、この法案は「インターネット時代に
説明責任をもたらす」ことに役立つと述べている。ジム・コンテ下院議員(共和党)は、この法案に
よって「卑劣で根拠のない政治的攻撃」が減り、「強制的に身元を明らかにさせることによって、
サイバーいじめに注目が集まるようになる」
と述べている。
『民主主義と技術のためのセンター』で専任弁護士を務めるケヴィン・バンクストンは、「この法律が
成立すれば、ニューヨーク州のサイトでは匿名を使ってオンラインで発言することが基本的にできなくなる」
と述べ、この法律は「匿名の投稿者の発言に反対だったり、発言が気に入らなかったりするすべての人に、
妨害するための拒否権を与える
」ものだと説明している。

この法案についての採決はまだ行われていないが、表現や思想の自由を保障する米国憲法修正第1条が廃止
されない限り、たとえ可決されたとしても、この法案が憲法審査を通る見込みはないだろう

TEXT BY DAVID KRAVETS/TRANSLATION BY ガリレオ -平井眞弓
[産経新聞]2012.5.27 22:10
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/120527/wir12052722100002-n1.htm
つづきは>>2

関連スレ:インターネットの世界に米国の国益を持ち込むSOPA法案はTPPどころじゃない悪影響を日本に与える






続きを読む

B-CAS不正使用で放送業界大混乱へ、責任はどこに?



1 :ライトスタッフ◎φ ★:2012/05/25(金) 09:05:32.32 ID:???

いつも使うシステムが突然崩壊する。東日本大震災で私たちはそれを体験した。
それが「テレビ」でも起こってしまうかもしれない。B−CASの不正使用の問題だ。

B-CASとはデジタル化に伴い、テレビなどのデジタル受像機に付いているカード。
デジタル放送の視聴防止機能を解除する日本特有の規格だ。有料放送のBSと
一部CSの場合、視聴者が各放送事業者と契約して防止機能を解除する。
カードのICチップには暗号が内蔵され、放送局から送られてくる解除信号と
暗号を組み合わせることで視聴可能になる。また録画にさまざまな制限をかけている。

ところが、そのコードが解読され、衛星放送が不正視聴でき、録画制限も解除できる
ようになってしまったようだ。(毎日新聞記事20日「B−CAS:有料テレビを
不正視聴 ネットに書き換え方法」)不正カードはこれまで出回り、非正規のチュー
ナーも販売されていた。

今回の問題は、ネット上でダウンロードしたソフトで、既存のカードを書き換え
られるという点が違うという。この問題の処理を間違えれば、日本のテレビ局、
衛星放送業界は大変な損害を受けてしまう。そのためにテレビはあまり報道して
いないようだ。

ここまでは表の話だ。

■売上高200億円企業の社員が1人?

読者の皆様に断らなければならないが、この問題での私の取材は不十分だ。
さらに私は経済記者だが放送とコンピュータの分野は疎い。間違っていたら
ご教示願いたいし、詳細はいずれ出るであろう専門家の分析を参考にしてほしい。

以下は真偽が確認されない噂話も混じる。未確認の情報は原則として私は述べない
ことにしているが、犯罪に関わるため現場を最終確認できないだろうし、社会に
警鐘をならすために許容されると思う。また語る人がまだ少ないため注意喚起が
必要だろう。そのために情報を整理し、感想を述べてみたい。

■その1・「アリの一穴」が放送業界を壊す?

この問題は不正使用という小さな問題にとどまらない可能性がある。私は不正
視聴の方法を教わった。もちろん明かさないが、かなり簡単だ。現時点でどの
程度の人が不正に視聴して、これからどの程度の人が実行するかは不明だが、
広がれば放送のビジネスモデルが壊れてしまうだろう。「アリの一穴が堤防を
壊す」という例えのように、一つの失敗がシステム全体を揺るがす可能性がある。

有効な対応策はなさそうだ。カードの流通枚数は1億5000万枚。再発行する
ことは物理的に不可能だ。新しい機器をつくるとか、カードを順次変える必要が
あるが、それも時間がかかる。さらにその変更中に、放送を止めることはできない。
CS放送業者のスカパー、WOWOWは、不正視聴に法的措置を行うことを表明して
いるが、そうした視聴者が数十万人単位で出れば訴訟は物理的に不可能になるだろう。

さらにテレビ業界への影響も深刻だ。視聴者のテレビ離れが進んでいる。既存テレビ
の強みは「視聴は無料」。それが有料のBS、CSに手軽に流れれば、さらにテレビ
離れが加速するだろう。

広告代理店の幹部は「この問題を地方テレビ局が警戒していた」という。どこも
経営が厳しい上に、地上波デジタルへの投資で経費がかさんでいる。そこに一段の
視聴率の低下が加わったら経営はさらに厳しくなる。(※続く)

◎執筆者/石井孝明(経済・環境ジャーナリスト)
http://blogos.com/article/39723/

関連スレ:暗号解読か! 海賊版の「B―CASカード」で有料テレビ見放題





続きを読む

【コラム】「ソニーらしさ」の勘違い



1 :うんこなうρ ★:2012/05/27(日) 15:11:33.99 ID:???

企画を思いついたのは一昨年暮れ。ソニーリーダーの機能に不満をもった
ジャーナリストの佐々木俊尚氏が「ソニーは死んだ」とツイートしたところ、
賛同と反発で佐々木氏のタイムラインが「祭り」状態になったのがきっかけだった。
ソニーがiPadとiPhoneで世界を席巻するアップルに、すっかり革新的ブランドとして
立場を逆転されたことは誰の目にも明らかだ。

驚いたのは日本人がまだソニーをあきらめておらず、かなりの人の心の中に
「ソニー愛」とでもいうべき感情が残っていたことだった。

「ソニー復活のきっかけを探る特集ができれば、日本人に元気を出してもらえるかもしれない」。
そう考え、企画のためのリサーチを始めた。ただ基本情報を漁っても、相談に乗ってもらった
ソニーウォッチャーと喫茶店で頭を絞っても、有力な「処方箋」は見えてこない。
そうこうしているうちにソニーの業績は悪化を続け、「ソニーの処方箋」と仮のタイトルを
つけた企画書もお蔵入り。挙句の果てに、企画書に「処方箋その2」として書いた
ストリンガー会長交代が現実になった。

日本の製造業が物質面でも精神面でも、第二次大戦後の日本社会と日本人を
牽引してきたことに議論の余地はない。世界に冠たるメード・イン・ジャパンは日本人の誇りで、
その中でもソニーは世界の人々に「新しい生活」を提供できる特別な存在だった。
そのソニーが99年にロボット犬AIBOを発売してから一向に世界を驚かすヒット商品を
作り出せなくなったことに、日本人は傷ついている
。ソニーをあからさまに批判する人もいるが、
それは「ソニー愛」の深さゆえの裏返しといっていい。

ただ、時に過剰に、時にゆがんだ日本人の「ソニー愛」がかえってこの会社を
ダメにしているのではないか。ソニーが下降線をたどる様を1年半にわたって
つぶさに見続けているうち、そう感じるようにもなった。

昨年夏、ソニーはフルモデルチェンジしたノートパソコン「バイオZ」を大々的に売り出した。
確かにその高機能は薄型ノートパソコンの概念を破壊したバイオシリーズの最高傑作と呼ぶのに
ふさわしいが、値段は20万円台(当時)。8万円台で十分な機能があって使いやすい
Macbook Airをつくるアップルと、ボリュームゾーンを他社に食いつくされてハイスペックを
掘り下げるしかなくなったソニー
の差をこれほど如実にあらわす実例もない。
ただファンの目にはまだ、そんなソニーが「あくなきハイスペック追求企業」と映る。

(>>2以降へ続く)

http://www.newsweekjapan.jp/newsroom/2012/05/post-251.php

関連スレ:「なぜ、ソニーは今のようなソニーになってしまったのか?その答えは」






続きを読む

労働基準法を度外視するワタミ 「うちにそんなもの(労働組合)は必要ない」 -急成長の裏にある闇に迫る



1 :BaaaaaaaaQφ ★:2012/05/27(日) 03:25:38.74 ID:???0

 ワタミフードサービス(東京)に入社して二カ月で自殺した森美菜さん=当時(26)=
の同僚だった元男性社員(26)は、入社時の本社研修を忘れない。
 同期の一人が会場で「労働組合はあるんですか」と尋ねると、人材開発部の社員が
即座に答えた。

うちにそんなものはないし、必要ありません。問題が起これば迷わず相談してください」。
会場がざわめいた。

 四年たった今も、ワタミグループに労働組合はない。「創業者の渡辺美樹氏は
社員を家族と言ってはばからない。その思想が背景にある」と元幹部は説明する。
だが、“娘”だった森さんの葬儀に渡辺氏の姿はなかった。

 ワタミの法令順守担当の塚田武グループ長は「わが社は労使対等というより労使一体。
問題があれば内部通報制度もあり、従業員の意見を集約する機能を十分果たしている」と話す。
 親会社のワタミは創業十四年で東証一部に上場。〇五年にはチェーン店が五百を超えた。
社長だった渡辺氏の「二〇〇八年千店舗達成」の大号令に加え、介護分野など
事業の多角化にも乗り出す。

 ある店長経験者は「むちゃな拡大路線で現場にひずみが生まれていた」という。
元取締役も「会社の急成長の裏でコンプライアンスが追いついていなかった」と語る。
 森さんが自殺した〇八年前後は、ワタミフードサービスで労務管理の問題が噴出した時期だった。
三十分単位で勤務時間の端数を切り捨てていた残業代の未払いが発覚し、
アルバイトの解雇をめぐる訴訟も起きた。
 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012052602000099.html

関連スレ:「残業月100時間 朝5時までの業務が1週間続いた」“和民”社員の自殺 労災と認定






続きを読む

いい所に内定もらったけど他人に説明するのが難しい



1 :就職戦線異状名無しさん:2012/05/07(月) 01:59:48.58

そんな会社から内定もらったやつ来いよ
どんな風に友達や後輩、親類に説明してんのか教えてくれ

BtoBメーカー、プラント、政府系金融、倉庫、研究機関・・・などなど


関連スレ:【負け組】中小零細、ブラックにしか内定貰えなかった






続きを読む

半導体大手のルネサスエレクトロニクス、全社員の3割に当たる1万4000人削減・・・希望退職募集

1 :影の大門軍団φ ★:2012/05/26(土) 10:56:08.80 ID:???0

業績不振に陥っている半導体大手ルネサスエレクトロニクスが策定中の経営再建策で、
最大1万4000人程度の人員削減を検討していることが26日分かった。

グループを含めた全社員4万人超の約3割に当たる。従来検討していた6000人程度から
上積みし、希望退職募集などを実施する。財務体質を強化するため、第三者割当増資も1000億円超で調整している。

既に検討している子会社、ルネサス山形セミコンダクタの鶴岡工場(山形県鶴岡市)の売却については、
台湾積体電路製造(TSMC)と交渉に入ったことも判明。液晶テレビ用の半導体を製造する子会社、
ルネサス関西セミコンダクタの福井工場(福井県坂井市)などの閉鎖も検討する。

ルネサスは再建策を主力取引銀行などと詰め、6月の策定を目指す。

増資については、いずれも大株主の日立製作所、NEC、三菱電機に引き受けを要請する。
ただ、電機大手各社とも現段階では慎重姿勢を示しており、調整は難航が予想される。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/05/26/kiji/K20120526003331240.html

関連スレ:エルピーダ 米企業「マイクロンテクノロジー」支援で再建へ






続きを読む

グリー、153カ国でゲーム配信…世界向け提供基盤が整う



1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/05/24(木) 14:20:44.25 ID:???0

★グリー、153カ国でゲーム配信へ 世界向け提供基盤が整う

・グリーは24日、「プラットホーム」と呼ぶ提供基盤を全世界で統一し、最大153カ国で
 同社が運営するソーシャルゲーム「GREE(グリー)」の配信が可能になったと発表した。

 今回のプラットホーム統一で、グリーは世界で最大級の2億3000万人の会員(2012年
 3月末日現在)を抱えるソーシャルゲーム
となる。国内で人気のゲームを海外の会員が
 楽しめるようになるほか、昨年4月に買収した米ソーシャルゲーム大手のオープンフェイントの
 ゲームを日本語で遊べるようになる。

 利用できる言語は日本語と英語の2言語。9月までに14カ国後に対応する計画だ。

 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120524/biz12052414110024-n1.htm

関連スレ:GREE「なんで日本に閉じこもってなきゃいけないの?俺たちは世界を目指すからwww」





続きを読む

ソニー、パナのテレビ提携交渉 疑われる国の“救援策”狙い



1 :Biz+依頼スレ@のーみそとろとろφ ★:2012/05/22(火) 22:19:36.63 ID:???

 ソニーとパナソニックという長年の“宿敵”だった2社が、
次世代テレビで提携を模索していることが明らかになった。

 次世代テレビとは、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)という
ディスプレイを使った極薄のテレビのこと。画質はより彩やかになり、
厚みは数ミリメートル、省エネルギー性能も高まることが期待されている。
年内に韓国メーカー2社(サムスン電子、LG電子)が大々的に発売するため、
大きな注目を集めている。

 この現状に歯ぎしりをして悔しがっているのが、ソニーだ

 2007年、世界で初めて商品化(11型、約20万円)し、高い技術力を見せつけたのは
ソニーだった。ところが、主力の液晶テレビで韓国勢に押されて、8期連続
累計7000億円超の巨額赤字を計上中。「もはや自力では投資できない」(ソニー幹部)
のが現実だ。

 そこで同じく韓国メーカーの攻勢に苦しむ、台湾の液晶パネルメーカー大手の
友達光電(AUO)との共同開発を進めている。

昨年、腕利きのエンジニアを20人以上も台湾の工場に送り込んだ」と、
あるソニー幹部は明かす。ソニーは最先端技術を供与することで、
台湾メーカーの工場を利用し、低コストで次世代テレビのディスプレイを調達するという。

 ところが、である。全く別の生産技術で開発を進めてきたパナソニックが、
ここにきて加わるという。なぜか。

 理屈上は、両社の異なる生産技術を合わせることで、開発コストを抑えながら、
効率的に有機ELディスプレイを製造できる可能性がある。

 量産化に近いソニーの「蒸着方式」と、将来的なコスト競争力のあるパナソニックの
「印刷方式」のいいとこ取りができれば、韓国メーカーへの対抗手段になる。
しかし業界内では「大手同士の技術提携で、うまくいったためしはない」と危惧する声も多い。

 それよりも、「“日の丸テレビ”という大義名分を掲げることで、
政府などの公的支援を引き出すことが本当の狙いでは」(業界関係者)という声が
ささやかれている。

 そして、資金の出し手として名前が挙がっているのが、
今年3月にソニーケミカル(化学事業)を引き取ることで合意した日本政策投資銀行だ。

「化学事業について他のファンドがより高い価格で買収に名乗りを上げている中、
テレビ事業にカネを注いでくれることが、(売却先の)決め手となったのではないか」
(金融関係者)という。

 次世代テレビで先行する韓国メーカーに追い付ける勝算はあるのか。
この提携交渉の成否が明らかになる日は、遠くない。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 後藤直義)
http://diamond.jp/articles/-/18788

関連スレ:ソニー!東芝!日立! 日本を代表する3大愛国企業が手を組み液晶で 「打倒韓国」





続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ