SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





「社会ってそういうものだから」 過剰適応を求める「社二病」の人たち (J-CASTニュース “会社ウォッチ”)

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/03/10(木) 15:43:44.52

ダイハツ工業がテレビCMの制作の一環で実施した意識調査によると、
「いま、仕事に対して熱意を持っているか」という質問に「とてもある」「ややある」と答えた人の割合は、
入社1年目の新人で73%、3〜5年目の社員で65%と比較的高い割合を示したという。

一方、3〜5年目の社員で熱意が「あまりない」「全くない」と回答した人に、
熱意を失ったタイミングを聞いたところ、3年目までと答えた人が87%となった。

全体の3割が、入社3年以内に仕事に対する熱意を失っている計算となる。

■カロリーメイトのありがたみ強調
入社2〜3年目といえば、職場や仕事に慣れてくる時期だ。労働環境がよかったり、自分の成長が
実感できたりすれば、仕事への熱意がいっそう高まる人もいるだろう。

逆に現状を知ることで、問題点が目に付きやすくなる時期でもある。上司や先輩に対して不満を感じたり、
やる気を失ったりすることもある頃だ。社会人生活にとって最初の分かれ道となるタイミングといえる。

社会人2年目にありがちな「ある種の言動」について、ネット上で「社二病(しゃにびょう)」と呼ぶ動きが
ある。思春期特有の自意識過剰な中学2年生を揶揄した「中二病(ちゅうにびょう)」をもじったものだ。

やり玉にあがっているのは、社会や職場の問題に直面しているのにもかかわらず、その解決に向かわず、
他人に適応を強く求めたり、さらに状況を悪化させる言動をする人で、具体的には次のようなものだ。

・世の中の構造的な問題を指摘する人を、「気持ちはわかるけど、社会ってそういうものだから」と批判する

・就職活動の不毛さを口にする学生に、
「まあお前らはまだ学生気分なんだろうけど、それじゃ社会に出て通用しないよ」と反論する

・徹夜で仕事をしたり、睡眠不足であったりすることを自慢する

・「仕事が忙しくて」といえば何でも許されると勘違いする

・忙しい自分に酔いしれて「いや〜。社会人になってからカロリーメイトのありがたみが分かったわ〜」と言う

・強い栄養ドリンクを飲んで「だんだんキツいのじゃないと効かなくなっちゃってさー」と聞こえよがしに言う


まともな食事もできずに体力を消耗させる労働環境は、誇るべきものではなく、改善すべきである
ということだろう。




続きを読む

日立HDD事業の買収で賭に出るWestern Digital、その狙いは (eWEEK)

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/03/09(水) 10:36:47.54

既に世界第1位のHDDメーカーである米Western Digital(WD)は、3月7日に
世界第3位の日立のHDD事業を43億ドルで買収すると発表し、さらなる規模拡大を図っている。

すべての契約が完了し、財務および規制当局ですべてが正式に登録された暁には、
Western Digitalは世界のHDD市場の約50%を握ることになる。非常に目覚ましい。

しかし、これには裏話がある。
NAND型フラッシュメモリを使ったSSDが急速に台頭していることを受けて、WDは、
ほとんどのIT関係者が黄金期を過ぎたと考えているHDDで大きな賭に出ているようだ。


タブレット、iOSやAndroid搭載スマートフォン、新型デジカメなどのおかげで、
NANDフラッシュの出荷量は今年400%拡大する見込みだ。
IntelやSamsungなどの大手はSSD開発に数十億ドルを投じており、ハードウェアに
NANDフラッシュを使ったドライブを搭載する新たな企業も頻繁に現れている。

NANDフラッシュメーカーの未来が明るいことはたやすく分かる。
だが、それは必ずしも、HDDメーカーの不利益とはならない――少なくとも、近い将来は。

おそらくWDは、見た目ほど危険な賭には出ていないのだろう。
WDは創業から41年、ITの世界では悠久といっていい長さで、「地位を確立した」と言われるだけの
資格はある。
日立グローバルストレージテクノロジーズ(GST)の併合は、WDの歴史においては断トツで
最大規模の買収だ。これだけ長い歴史を持つ企業がここまでしなかったのは、戦略的な誤りだ。




続きを読む

【労働環境】中小企業で働く「99%のしあわせ」 氷河期の就活学生に伝える

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/03/08(火) 12:34:00.77

今春卒業予定の大学生の就職内定率が過去最低となるなか、就職活動中の若者らを対象に、
中小企業で働く若手社員40人の姿を紹介した冊子「99%のしあわせ」を
財団法人「大阪労働協会」が作成した

大手志向になりがちな学生に、中小企業で働く魅力的な社会人の姿を知ってもらうのが狙い
それぞれの価値観で生き生きと働く“先輩たち”が、就職のきっかけや自分の「しあわせ」について
語っている。

冊子に登場するのは、大阪府内の中小企業に勤務する20〜30代の社員が中心。
グラフィックデザイナーや葬儀会社、パン職人、スタイリスト、文具の企画担当者、
精密機械部品の加工職人など、業種も働き方もさまざまな人たちの就職のきっかけや
仕事のやりがい、転機などを豊富な写真とともに紹介している。

題名の「99%」は、府内の全企業数のうち、99%が中小企業であることからつけた。

編集を担当した同協会ジョブカフェ事業担当の小西佳奈さん(26)は
「私自身、短大卒業後はブランド志向で大手企業に就職したものの、仕事が合わず失敗した。
もっといろいろな働き方や考え方を知っておきたかった」と、自身の就職活動を振り返る。
「だからこそ、『大手じゃないといけない』という価値観ではなく、それぞれの価値観を持って
就職先を選んでほしい
という思いを込めた」と話す。

編集作業を通じて感じた中小企業の魅力の一つはアットホームさ。
「社員に社長が気さくに声を掛けている企業もあった。これも中小ならでは。冊子を見て、
自分がどのように働きたいのかイメージを持ってほしい」と期待を込める。

情報サービス会社「リクルート」の今春卒業予定者の大卒求人倍率の調査結果によると、
従業員数300人未満の中小企業は求人が30万3千人なのに対し、学生の就職希望者数は
6万9千人。
従業員数5千人以上の大企業では4万2千人の求人に対し、就職希望者数は8万9千人に上り、
雇用にミスマッチが生まれているのが現状だ。

府の雇用対策担当者は
「働く意欲のある若者たちを、雇用を確保したい中小企業につなげていくことが課題」と指摘する。

冊子は国の中小企業雇用対策事業の助成を受けて1万部製作され、無料。
府の就職支援施設「JOBカフェOSAKA」や府内の大学、ハローワークなどで手に入る。
問い合わせは同協会(TELはソース参照)。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110308/biz11030811440021-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110308/biz11030811440021-n2.htm





2 :名刺は切らしておりまして:2011/03/08(火) 12:35:55.62 ID:p2nMrDh3

99%の奴隷だろ




続きを読む

【HGST終了の知らせ】日立、HDD事業をWDに売却へ

1 :名無しさん@涙目です。(関西地方): 2011/03/07(月) 20:38:24.45 ID:T/NWx1v20

日立、HDD事業を世界最大手に売却 3000億円強で
2011/3/7 20:09

日立製作所は世界3位のハードディスク駆動装置(HDD)メーカーで全額出資の米子会社を
世界首位の米ウエスタン・デジタル(カリフォルニア州)に売却する。

売却額は約40億ドル(3000億円強)。2003年に買収した米IBMのHDD部門が母体で、
昨年11月には株式を米国市場に上場する準備を始めると発表していた。
収益変動の激しい市況商品を本体から遠ざける基本戦略をHDDでも実行し、
経営資源を主力の社会イン…



http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E2E5E29A918DE2E5E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

(続きます)





続きを読む

【調査】「仕事も遊びも」バブル世代男性、今は家族第一

1 :出世ウホφ ★:2011/03/06(日) 23:18:42.37

 トヨタマーケティングジャパンと三菱総合研究所は、「バブル時代」を経験した現在の40〜50歳代男性の価値観や生活意識が、
過去20年間でどう変化したかを知るための調査を実施した。

 仕事に対する姿勢は、「自分のテーマ、目標に向かって精いっぱい努力している」がバブル期の46・9%から16・0%に減った。
家族との関係については、「夕食はだいたい家族と食べる」がバブル期は23・8%にとどまっていたが、現在は51・2%に増えている。

 休日出勤や残業をいとわず、娯楽も満喫したバブル期を経て、現在は家族サービスや心のゆとりを大切にする
ライフスタイルの変化が浮かび上がった。
調査は、両社が2月上旬、東京など大都市圏の1600人を対象にインターネット上で実施した。 .

読売新聞 3月6日(日)22時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110306-00000590-yom-soci






2 :名無しさん@十一周年:2011/03/06(日) 23:20:50.40 ID:rJHAZiWJ0

一方若者は生か死か





3 :名無しさん@十一周年:2011/03/06(日) 23:21:05.05 ID:wueGd2IP0

遊ぶ金と仕事への気力体力がなくなっただけ




続きを読む

ニンテンドー3DS、東芝のフラッシュメモリや富士通製チップ搭載…分解調査で明らかに

1 :台風0号 ◆ZERO..733c @台風0号φ ★:2011/03/06(日) 01:49:52.29

 任天堂の3DSには、東芝、富士通、Invensenseのチップが搭載されていることが、
米技術企業iFixitの分解調査で分かった。


 初の携帯型裸眼立体視ゲーム機である3DSは、日本で2月26日に発売された。米国では
3月27日に店頭に並ぶ。

 任天堂は、3DSは3月末までに全世界で400万台売れると予想しており、DSの販売ペースを
上回ると期待している。

 同製品のフラッシュメモリを供給しているのは東芝だ。同社は韓国Samsung Electronicsに次ぐ
第2位のNAND型フラッシュメモリメーカーだ。

 CPUは英ARM Holdingsの設計を採用しており、ジャイロスコープは米Invensenseが提供しているという。

 だがiFixitは、富士通と米Texas Instruments(TI)が供給するチップの目的を特定するのに常になく
苦労したとしている。同社は、依頼を受けて分解作業を行い、データや競合他社の譲歩を提供している
企業の1社として知られている。

 任天堂はほかの家電メーカーと同様に、自社製品の部品の供給元を明らかにしていない。

 「何のチップなのか分からなかった」とiFixitのテクニカルコミュニケーションディレクター、
ミロスラブ・デュリック氏は電話取材で語った。

 リチウムイオンバッテリーと3D液晶ディスプレイの製造元はまだ特定されていないが、シャープは
昨年のイベントで、メガネ不要の小型3Dディスプレイを展示していた。





▽ソース:ITmedia (2011/03/04)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/04/news095.html





3 :名刺は切らしておりまして:2011/03/06(日) 01:53:20.18 ID:VLHmGmSV

分解しないで下さいって書いてあるだろ




続きを読む

日本企業の機密情報を、海外企業が狙ってる!? 社員のモラルダウンが生む「メガリーク」の脅威

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/03/04(金) 11:34:24.02

大量の機密情報が一瞬で流出する新たな脅威「メガリーク」。
インターネットと情報機器の発達で、企業の内部からかつてない大規模な情報の流出が相次ぎ、
深刻な被害が広がっている。




誰が、何の目的で、情報を流出させるのか。
東京都内でインターネットビジネスを展開するベンチャー企業を訪ねた。
去年、46万人にのぼる会員の個人情報が一気に流出。信用を失い取引が次々に停止されるなど、
損害は2億円近くに上った。

■情報流出の犯人は? モラルダウンが生む脅威
流出が発覚したきっかけは、去年9月、会員から寄せられた1件のメールだった。
怪しい勧誘電話がかかってきたので、早急に調査をしてほしいという内容だった。
会員からの苦情は増え続け、内容も次第にエスカレートしていった。いったい誰が流出させたのか。

手掛かりは出回っていた会員リストの中にあった。
会社は複数の名簿業者から、1000万円近くかけてすべてのリストを回収。
一緒に買い取ったCD-ROMの中に、消し忘れたと見られる作成者の名前があった。
20代の派遣社員の男性の名前だった。
急成長したこの会社では、人手不足の中で、派遣社員にも重要な業務を任せ、会員リストにアクセスできる
パスワードを与えていたのだ。
派遣社員は、会社が問いただそうとした直前、連絡が取れなくなった。

会社では、半年近くたったいまも会員からの苦情が続いている。
対応に追われ、心労を理由に10人の社員が辞めた。社長はこう言って唇を震わせた。

「言葉に表せない言いようのない怒りとか、悔しさとか、無念さがこみあげてきている」

派遣社員はなぜ情報を流出させたのか。追跡チームは姿を消した派遣社員の足取りを追った。
関係者に尋ねて連絡先を突き止め、何度も交渉した末に会うことになった。

男性は、流出の動機について「その頃、車検代や生活費など、金が必要でした。
それで、会員情報を売ることを思いつきました」と語った。
男性によると、会員情報は、家で仕事をするために無断でUSBメモリーにコピーし、
持ち出したものだった。インターネットで調べてみると、情報を買ってくれる名簿業者は
すぐに見つかったという。


「会社にばれることはないと思い、およそ50万円で売りました」

「情報を持ち出すのも売るのも、クリック1つでできました。あまりに簡単でした」

情報技術の進化と、モラルの低下がもたらす「メガリーク」。その脅威は、さらに深刻な事態を
引き起こしている。


先月、フランスの自動車メーカー・ルノーは、幹部社員3人を突然解雇。
電気自動車に関する情報を巨額の金と引き替えに中国に流出させた疑いがあると報じられた。
競争の激しい最先端の技術をめぐって起きる「メガリーク」。その脅威はいま、国境を越えて広がっている。

-続きます-




続きを読む

【経済】ハードディスクの躍進 期待はずれのBD(ブルーレイディスク) 苦境に立つ光メディア

1 :出世ウホφ ★:2011/03/04(金) 20:47:56.38

HDが成長を続ける一方、苦境に立たされているのが光メディアだ。中でも、厳しいのが記録型ブルーレイディスク(BD)。
3年前、東芝の「HD DVD」撤退により終息した次世代DVD規格戦争で勝利を収め、従来のDVDに次ぐ記録メディアとして期待されたが、その需要は伸び悩んでいる。

 日本記録メディア工業会によると、BDは06年に初めて市販された。10年(予測)の市場規模は世界全体で約1億枚に達し、前年から2倍以上に増えてはいる。

 が、この数字はソニーやTDK、日立マクセルなどのBDメーカーの期待には到底及ばない。
発売から4〜5年で、年間数十億枚の世界市場を作り出した記録型CDやDVDに比べても亀の歩みだ。今後も爆発的な伸びは見込めそうにない状態だ。


 BD対応機器の普及自体は進んでいる。家電製品の販売動向を調査するGfKジャパンによると
「BDレコーダーは昨年、国内で約457万台が売れ、全体の8割弱を占めた」(ITビジネスユニットの岩渕真貴統括マネジャー)。
パソコンも販売台数の約25%、テレビも同約1割がBDドライブ搭載モデルだった。

 にもかかわらず、記録型BDの伸びが冴えないのは、CDやDVDが登場したときのような“追い風”に恵まれなかったことがある。

 記録型CDが出始めた00年代前半はデータ保存用に加え、音楽CDをコピーするニーズが普及を後押しした。
続くDVDは、初期型で1枚4.7ギガバイトと一気に大容量化を実現。
従来、アナログ方式でVHSテープに記録していた映像をデジタル方式で記録したい、という消費者のニーズを取り込むことができた。

 そして06年に満を持して登場したBD。記録容量は25ギガ〜50ギガバイトにまで拡大し、アナログからデジタル放送への移行が進む中、
ハイビジョン番組やデータ保存用として格好の媒体となるはずだった。

 ところが、その間に環境は激変した。TDKのストレージメディアビジネスグループ企画部の野坂稔リーダーは、
「光ディスク以外の記録媒体で高容量化、低価格化が進んでしまった」と分析する。

東洋経済オンライン 3月3日(木)10時32分配信 記事抜粋
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110303-00000000-toyo-bus_all






2 :名無しさん@十一周年:2011/03/04(金) 20:48:17.41 ID:hLIMi0a40

BD()笑





4 :名無しさん@十一周年:2011/03/04(金) 20:49:40.65 ID:K4tGwNHl0

HDDは読み取り装置とディスクが一体化されてる

だから毎年最新技術でスペックアップできるんだけど、

BDはねえ。仕様決めたら5年は固定だし負けるのも仕方ない




続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ