SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





「東芝は原発事業から撤退すべき」中堅・若手社員の思い

1: ノチラ ★ 2017/06/22(木) 10:06:51.69 _USER
11index
 東芝は原発事業の失敗のツケを払うため、半導体事業の売却交渉を本格化させる。同時に、会社本体の再建に必要な主力事業を失うことにもなる。中堅・若手社員は迷走が続きそうな会社の将来をどうみているのか。 (伊藤弘喜)

 「福島の事故が起きたのだから、原発は造らない方がいい。廃炉を除き事業から撤退すべきだ」。原発設備の溶接を手掛ける四十代男性は強調する。事故前は定期点検で東京電力福島第一原発を訪れ、事故後も汚染水タンクの据え付け工事に半年ほど取り組んだ。今では「東芝で原発を造っていると周りに言えない」。

 「この半年で『原発に将来性はないから』と辞める若い人が増えた」が、自分は会社を辞めない。「私より上の世代は転職先がない。二人の子どもはまだ幼く、会社にしがみつくしかない」のが理由だ。「一生かけて廃炉に関わる」という使命もある。

 IT部門の三十代男性も「損失の影響で新規事業が中断し、転職を一時考えた」と原発事業に恨み節だ。それでも会社に残るのは「仲間たちと挑む人工知能(AI)の新規事業がある」からだ。

 入社動機となった「技術の会社」という印象は今でも変わらない。だが、経営危機のため、新しい主力事業の開発資金は乏しい。「一本の柱で支えるのではなく、十億円の事業を百個つくるような挑戦あふれる会社にしたい」と願う。

 「職場の雰囲気は前向き」と明かすのは、売却に向け優先交渉相手が決まった半導体子会社「東芝メモリ」で働く四十代の男性技術者だ。半導体のフラッシュメモリーはスマートフォンなどのデータ処理を担い、未来は明るい。

 「十分な投資をしてくれればまだまだ成長できるので、不安はない。どこに買われてもいい。もう東芝に未練はない」

◆半導体売却 日米韓連合優先
 経営再建中の東芝は二十一日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却で政府系ファンド産業革新機構や米ファンドなどの連合と優先的な交渉に入ると発表した。韓国半導体大手SKハイニックスも実質的に加わる「日米韓連合」は買収金額約二兆円を提示。株主総会を開く二十八日までに合意し、来年三月までの売却完了を目指す。 

 連合は革新機構、日本政策投資銀行、米ファンドのベインキャピタルからなる。SKハイニックスと三菱東京UFJ銀行は融資という形で参画する。連合の提案によると、東芝メモリ株の議決権の66・6%を日本勢が握る。

 東芝は日米韓連合案が「技術流出の懸念、雇用の確保などの観点から最も優位性が高いと評価した」と説明。米原発事業による巨額損失で資産より借金が多い債務超過に陥ったため売却を急ぐが、三重県四日市市の半導体工場を共同運営する米ウエスタン・デジタルが売却に反対している。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017062290070539.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498093611/


続きを読む

アマゾンの荷物、一般人が運ぶ時代  宅配便首位ヤマト運輸を事実上中抜きする

1: ののの ★ 2017/06/22(木) 14:53:24.64 _USER
6
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ22H3H_S7A620C1000000/?dg=1&nf=1

2017/6/22 11:58日本経済新聞 電子版

 アマゾンジャパン(東京・目黒)が日本国内で独自に配送網を構築することになった。アマゾンは個人事業者を活用し、宅配便首位ヤマト運輸を事実上中抜きする。実は親会社の米アマゾン・ドット・コムの目線はもっと先にある。究極の姿は、時間のある一般人に委託したり、ロボットを使ったりする手法だ。アマゾンが世界の物流のあり方を変えようとするなか、欧米企業も対応を進めている。

■丸和運輸機関は株価急騰、次の候補探しも…
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498110804/


続きを読む

Amazonの時間帯指定から「正午〜2時」「8時〜9時」消える ヤマトの影響か

1: へっぽこ記者@エリオット ★ 2017/06/21(水) 13:51:01.94 _USER
記者注:自分のアカウントでも確認しました。
no title

スマホの画面からだとこうなります。

 Amazon.co.jpの時間帯指定サービス「お届け日時指定便」からこのほど、「正午〜午後2時」「午後8時〜9時」の時間帯が消えたようだ。ヤマト運輸が6月19日以降、同時間帯の指定を廃止した影響とみられる。

no title

画像はAmazon.co.jpの「お届け日時指定便」より
Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

 ヤマト運輸は、宅配ドライバーの負担を減らすため6月19日発送分から時間帯指定枠を変更し、「正午〜午後2時」「午後8時〜9時」を廃止し、夜間の最終枠は「午後7時〜9時」にした。

 これにあわせてAmazon.co.jpの時間帯指定も変更されたようだ。20日時点で「正午〜午後2時」「午後8時〜9時」の選択肢は消えており、「午前8時〜正午」「午後2時〜4時」「午後4時〜6時」「午後6時〜8時」「午後7時〜9時」の5つの時間帯が選べる状態だ。

 Amazon.co.jpをはじめとしたネット通販の普及により、宅配ドライバーの負担が増しているとし、ヤマトがサービスの変更を進めている。4月には再配達受け付けの締め切り時刻を早めたほか、10月1日からは基本運賃を値上げする方針だ。法人顧客とも価格交渉を進めており、Amazon.co.jpとも交渉をしていると報じられている。

2017年06月21日 10時11分
ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/21/news059.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498020661/


続きを読む

楽天、ネットラジオ「Rakuten.FM」を8月31日に終了、開始から約1年で

1: ノチラ ★ 2017/06/22(木) 02:03:22.69 _USER
jp
楽天株式会社は、インターネットラジオ配信プラットフォーム「Rakuten.FM」を8月31日に終了すると発表した。「今後の成長性、継続性を検討した結果」としている。

 Rakuten.FMは、Android/iOSアプリとPCブラウザーから利用できるネットラジオサービスとして2016年7月1日に開始。参画コンテンツプロバイダーが編成・配信するクラシックやジャズ、インディーロックやクラブミュージック、アニメソングなどの音楽ジャンルの専門ステーションや、「楽天イーグルス」「楽天トラベル」が運営する楽天独自のコンテンツが用意されていた。

 あわせて、TOKYO FMグループ企業などとの協業によるフラグシップステーション「Crimson FM」での番組配信・放送も6月30日に終了する。

 Rakuten.FMに番組コンテンツを提供する各ステーションは、一部を除き同サービス終了後も各ステーションのウェブサイトや他のインターネットラジオプラットフォームで引き続き聴取可能としている。詳細は各ステーションのサイトや番組内での告知などで案内される。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1066583.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498064602/


続きを読む

ソフトバンク孫正義社長、後継者問題「10年かけて取り組んでいく」

1: ノチラ ★ 2017/06/21(水) 13:52:49.08 _USER
11index
 ソフトバンクグループ(9984)の孫正義社長は21日に都内で開いている定時株主総会で、自身の後継者問題について「10年かけて、しっかり課題として取り組んでいく」と述べた。「十分に気心が知れて、同じ方向で経営を引っ張ってくれる、能力的・人格的に優れた人物を指名する」と説明した。

 孫社長は時折、せき込みながら株主からの質問に答えている。質問に立った株主から「健康に気を付けて欲しい」と心配される一幕があった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL21HBN_R20C17A6000000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498020769/


続きを読む

シャープ、有機ELテレビを開発へ。シェア独占の韓国勢との競争必至

1: ノチラ ★ 2017/06/21(水) 08:49:50.19 _USER
wst1706200077-p1
シャープは20日、株主総会後に開いた経営説明会で、大型テレビ向けの次世代パネル「有機EL」の生産に乗り出すことを明らかにした。有機ELテレビはパナソニックなど日本の家電メーカーが相次いで発売している。ただ、基幹部材となる有機ELパネルは先行する韓国メーカーがほぼシェアを独占しており、後発のシャープは厳しい競争を強いられそうだ。

■“日の丸パネル”で大型TVを

 有機EL事業担当の伴厚志氏は「スマートフォンやノートパソコン向け中小型パネルの開発と並行し、大きなテレビに結びつけていきたい」と話し、大型パネルの生産への意欲を示した。事業化の時期は明らかにしていない。現在、有機ELパネルは大型はLG電子、中小型はサムスン電子と韓国メーカーが市場をほぼ占めている。

 シャープは、平成30(2018)年春の稼働を目指し、堺事業所(堺市)と三重事業所(三重県多気町)で有機ELパネルの生産設備の建設計画を準備している。中小型パネルを量産するほか、堺事業所でテレビ用大型パネルの開発を進める。
http://www.sankei.com/west/news/170620/wst1706200077-n1.html
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498002590/


続きを読む

日米韓連合で最終調整 東芝、半導体事業売却

1: ノチラ ★ 2017/06/21(水) 09:06:24.09 _USER
99
経営再建中の東芝は20日、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却先選びで、経済産業省が主導する「日米韓連合」と優先的に交渉する方向で最終調整に入った。取締役会を21日に開き、詰めの協議を行う。

 日米韓連合の案は、出資する顔ぶれなどで流動的な面も残る。売却契約に踏み切っても、合弁相手の米ウエスタン・デジタル(WD)が起こした訴訟次第では中止に追い込まれる懸念もある。
 東芝は今回の売却で来年3月末までに最低2兆円を確保し、負債が資産を上回る債務超過を解消する方針だ。売却が頓挫すれば上場廃止が避けられなくなる。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017062001002014.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498003584/


続きを読む

ヤフー、ECで「ポイント大盤振る舞い」の思惑 ソフトバンクユーザー厚遇でライバルを猛追

1: ノチラ ★ 2017/06/21(水) 08:57:18.27 _USER
img_795068ba090721398da8f75a936fff27121274
ネット企業の国内大手・ヤフーが、モール型EC(多数のショップが独自の方法で出店する)の「Yahoo!ショッピング」で勝負に出ている。6月1日からは、これまでキャンペーンとして展開してきたソフトバンクユーザー向けにポイントを10倍とする施策を恒常化。顧客の囲い込みに打って出た。
ただ、ポイント施策は費用負担も大きい。今2018年3月期、ヤフー全体の業績予想は2期連続の営業減益。販促費を前期比で30%積み増す影響が大きく、そのうちの過半がショッピングとヤフオク!(ネットオークションサービス)関連のものだ。減益予想に厳しい目を向ける投資家も少なくない中、同社はEC事業の成長戦略をどのように描くのか。統括する小澤隆生・執行役員ショッピングカンパニー長に聞いた。


――前期(2017年3月期)はヤフーショッピングの商品点数や流通総額が大きく伸びた1年だった。社内の評価は?

公表ベースでいうと、だいたい予想どおり達成できた。ただショッピングの部門はつねに上(楽天やアマゾン)を追いかける段階なので、どこまで行っても"足りるはずがない"というか。上に行けば行くほどいいと考えている。満足はしていない。

――最も重視しているのはどういった指標か?

基本的には取扱高だ。ここから得られる利益も大事だが、まだ日本においていちばん使われているサービスになったわけでもない。今の段階では、規模を大きくしていくのが先決。楽天、アマゾンと比べると、彼らは明確に開示をしていないものの、単純に考えて数倍の差をつけられている。まだ「背中が見えそう」というレベルですらない。

もちろんこれは、ヤフーショッピングのサービス単体で見るか、ヤフオク!なども含めたヤフーのEC事業全体で見るかで違ってくる。ヤフーのEC事業全体でいうと、(流通総額が)1.8兆円まで伸びているので、それなら「数倍の差」というほどではないかもしれない。

――さらに拡大を目指す策として、今期はソフトバンク利用者へのポイント10倍付与など、グループを挙げての取り組みが目を引く。

まず誰に対して最優先にアプローチすべきか考えたときに、ソフトバンクグループがおカネを頂戴しているユーザーだろうと。将来的には、日本国民全員に「ヤフーショッピングはいいサービスだね」と思ってもらいたいが、なにせ今は発展途上。ターゲットを多少狭めてでも、そのお客さんにとって最強のサービスとして認知してもらおうという考えだ。
以下ソース
http://toyokeizai.net/articles/-/176329
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498003038/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ