SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





第4の携帯電話会社 楽天が来年申請へ

1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/12/14(木) 05:07:53.26 _USER
net
12月14日 4時59分IT・ネット
IT大手の「楽天」は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのようにみずから基地局を備える携帯電話会社を近く設立し、
来年、総務省に電波の割り当てを申請することが明らかになりました。認可を受ければ、国内に“第4の携帯電話会社”が誕生することになります。
携帯電話向けの電波をめぐっては、総務省が現在、警察や自治体などに割り当てられている電波を民間の事業者に順次、開放しています。

関係者によりますと、「楽天」は、来年1月にも新会社を設立し、総務省に対して電波の割り当てを申請する方針です。
認可を受ければNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに並ぶ、“第4の携帯電話会社”が国内に誕生することになります。
楽天は、2025年までに最大で6000億円を投じて全国に携帯電話の基地局などを整備していくことにしています。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171214/k10011258071000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1513195673/


続きを読む

ロシア人、SNS好きすぎて 軍などの機密情報だだ漏れ

1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/13(水) 08:04:21.26 _USER9
http://www.asahi.com/articles/ASKD46FDGKD4USPT00F.html

 ツイッターやフェイスブックといったソーシャルメディアへの不用意な書き込みで、知られたくない行動や居場所が知れ渡ってしまう。昨今、よく聞く話だ。

 だが、国家レベルでそうした失態を繰り返している例は、ロシア以外にあまり聞かない。理由は単純だ。ロシアでは、軍や情報機関に所属する人たちでさえ、SNSと自撮りが大好きなのだ。

 昨年話題を集めたのは、スパイ養成学校として旧ソ連時代からの伝統を誇る「連邦保安局(FSB)アカデミー」で学んだ若者たちだ。卒業祝いにベンツの四輪駆動車約30台を連ねてモスクワ市内をパレード。その様子を参加者や目撃者がSNSに投稿したため、大スキャンダルとなった。

 FSBにとって最悪だったのは…

残り:483文字/全文:776文字

ベンツを連ねてパレードするFSBアカデミー卒業生らの画像は、SNSを通じて瞬く間に拡散した
no title
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513119861/


続きを読む

インターネット発展水準、トップ3 は米中韓

1: みつを ★ 2017/12/13(水) 18:16:21.83 _USER9
img_6668f942a8db71054a7d7ffc23ac4445144767
http://www.afpbb.com/articles/-/3155005?cx_position=29

【12月13日 CNS】世界各国の「インターネット発展指数」は、米、中、韓が上位3か国を占めていることが、『世界インターネット発展報告2017』で明らかになった。同報告はこのほど初めてまとめられ、中国・浙江省(Zhejiang)で行われた第4回世界インターネット会議(World Internet Conference)烏鎮サミットで発表された。

 同報告は南米アメリカ6か国、アジア13か国、ヨーロッパ14か国、アフリカ4か国など計38か国を対象にしており、主要先進国とインターネット環境が比較的発展している国が対象となった。同報告は基礎設備、イノベーション力、産業発展、ネットワークセキュリティなど六つの角度から評価を行った。

 先進国のインターネット発展水準は平均して高く、その次にヨーロッパとアジアの新興国、南米とアフリカ・サハラ以南の発展途上国などでも加速していることがわかった。

 国別では、米国は57.66ポイントで1位、次いで中国、韓国、日本、英国の順だった。

 世界にはすでに、インターネットの分野で認知度が比較的高い調査報告が存在する。国連の「電子政府発展度指数」や、国際電気通信連合(ITU)が行う「情報通信技術発展指数」、世界経済フォーラムによる「ネットワーク成熟度指数」などだ。

 だが、中国ネットワーク空間研究院の楊樹蓮Yang Shuzhen)院長はこれらの調査報告に対して批判的だ。「特定の項目についての指数、平均値が中心になっており、各国のインターネット環境の発展状況の全体像を反映するのは難しい。またインターネットの総ユーザー数など重要な情報も反映されていない」と話し、今回発表された『世界インターネット発展報告』では総ユーザー数と平均値が考慮され、インターネットの発展状況がより全面的で、正確に反映された報告になったとしている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

2017年12月13日 12:22 発信地:中国
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513156581/


続きを読む

CCC、主婦の友社買収 アマゾンに抗戦 書店、個性高め成長

1: ばーど ★ 2017/12/13(水) 09:50:14.50 _USER9
74index
 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は中堅出版社の主婦の友社(東京・文京)を買収する方針を固めた。CDやDVDのレンタル事業が苦戦するなか、書店事業の拡大に注力するための布石とみられる。競合する米アマゾン・ドット・コムに対抗するのが狙いだ。不況にあえぐ出版業界の再編につながる動きが加速しそうだ。

 CCCは主婦の友社の発行済み株式の9割超を印刷大手の大日本印刷から数億円で買収する。主婦の友…※続く

配信2017/12/13付朝刊
日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO24544680S7A211C1TI1000/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513126214/


続きを読む

50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日13日10時発売 直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製

1: ばーど ★ 2017/12/13(水) 09:38:53.27 _USER9
Web直販は朝10時から受付開始です

PC周辺機器などで知られるグリーンハウスが、50型としては国内最安を謳う4K液晶テレビ2モデルを本日(12月13日)に発売。同社のオンライン直販「グリーンハウスストア」では、午前10時から注文開始となります。

最大の特徴は価格とコストパフォーマンス。価格は税別ながら5万円を切って4万9800円。それでいて4K対応というだけでなく、液晶パネルのバックライトは直下型を採用するなど、少し前であれば上位モデル並であった装備も有します。

なおバリエーションは販路による差で、直販向けモデル『GH-TV50AB-BK』と、ゲオ店頭発売向けモデル『GH-TV50A-BK』の計2種類。基本性能には差はありません。ただしメーカー保証に関しては、前者が1年間で、後者が2年間と、ゲオ向けモデルのほうが長く設定されています。

価格が大きな目玉となるモデルだけに、気になるのは基本性能に関してですが、本機は昨今の4Kテレビだけありかなり充実。HDR(映像ソース)にこそ非対応ですが、メーカーによっては上位機種にのみ搭載れるような画質向上技術を取り入れています。

まず液晶の駆動方式は、大型パネルで採用例の多いVA方式。さらにバックライトは、LEDを全面に敷き詰めた直下型を採用。画面の上下両端にのみLEDを搭載するエッジ型に比較すると、製造コストや消費電力では不利ですが、輝度ムラや明暗差の表現では有利となる、本来は高級機に向けた技術です。

さらに動きの速い箇所でのブレを防ぐ「フレーム間補正機能」や、ゲームなどで威力を発揮する「低遅延モード」も搭載。パネル側の最大表示色数も約10億7400万色(ただし8bit駆動+FRCによるもの)と明記されており、また信号入力段も「4K60p 4:4:4フォーマットの映像に対応」。
このあたりの仕様だけを見ていると、低価格のモデルとは思えない充実度です。

そして気になるのが、特徴の一番先に「メイン基板に日本製ボードを採用」との文言がある点。液晶テレビのメイン基板といえば、画像処理エンジンや各種メニューを操作するためのSoC(CPU)など、画質や操作性に関わる重要な箇所。日本製というのは否が応でも気になるところ。

ありがたいことにグリーンハウスの公式ページには、こうした場合の手がかりとなる映像メニューや番組表のサンプルが掲載されています。これらを見る限り、最近廉価版4Kテレビで話題になっている「東芝のREGZAシリーズに近い表示」に見えます。

さらにチューナーは地上デジタル放送のみならず、BS/CSデジタル放送とも2基を備えるタイプ。録画はUSB接続での外付けHDDに対応するため、ハードディスクをUSB接続するだけで裏番組録画が楽しめます。

また入力端子はHDMI3系統に加え、コンポジットビデオ入力(RCAピン、映像×1、ステレオ音声用×2)も搭載。HDMIのバージョンは明記されていませんが、公式ページの解説には「HDMI3は4K映像の入力とCEC機能に対応」との記載があることから、少なくとも3番端子はHDMI 2.0と思われます。

本体サイズは、スタンドありの状態で112.7×69.5×28.6cm(幅×高さ×奥行)、スタンドなしでは112.7×66.6×6.6cm。重量はそれぞれの状態で11kg/10.7kgとなります。

このように本機は、基本的な仕様をざっと見る限り、最安価という点を除いても戦闘力のある仕様。

ここ最近の廉価な4K液晶テレビは、夏に発売されたドン・キホーテの50型モデル(税別で5万4800円でした)を皮切りに、11月末にMrMaxが49型を4万8800円で発売するなど、非常にホットな市場となっています(ただし、どれも台数限定となっていますが)。

no title

no title

no title

no title

no title


配信12月13日
engadget.
http://japanese.engadget.com/2017/12/12/50-4k-4-9800-led/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513125533/


続きを読む

背景に格安スマホとの熾烈な競争 auの新学割(月額1480円〜) 中高生ら取り込みに注力

1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/13(水) 08:17:16.44 _USER9
img_ab345a0da09851c4e53f8be5d1befdb71356628
http://www.sankei.com/smp/economy/news/171213/ecn1712130007-s1.html

 KDDI(au)が、前回の半額程度となる新しい学割を打ち出すのは、格安スマートフォン事業者との熾烈(しれつ)な顧客獲得競争を勝ち抜くためだ。KDDIは、データ利用量に応じて変動するなど他の携帯大手にない新料金プランが年内に400万契約に達する見込みとなるなど好調だ。新学割も新料金プランからさらに割り引くことで、携帯大手との差別化も図り、貴重な新規顧客の中高生ら若者を取り込む考えだ。

 KDDIは、ソフトバンクの格安スマホブランド「ワイモバイル」など格安スマホ事業者への顧客流出の影響が、NTTドコモやソフトバンクよりも大きいとされる。そのため、7月から始めた変動制料金の「ピタットプラン」と大容量のデータを利用できる「フラットプラン」で流出を防ぐことに躍起になっている。新プランは順調に契約を伸ばしているが、「流出は緩やかになったが止まってはいない」(KDDI関係者)のが現状だ。

 KDDIの最大の競合相手ともいえるワイモバイルは、前回、1月だった学割の発表を前倒しして、今月1日から基本料を無料にするという大胆な新学割を導入した。ソフトバンクのワイモバイル事業推進本部の寺尾洋幸本部長は「携帯電話市場は飽和状態になってきている中で学生さんは非常に大きな存在だ」と導入の重要性を強調している。

 KDDIは新学割で、ワイモバイルがCMなどで訴える「月額1480円」と同じ月額料金をアピールし、さらにワイモバイルに合わせて12月に導入するなど対抗心をむき出しにしている。

 ドコモやソフトバンクも新学割を例年より前倒しで導入することを検討しているとみられる。国内のスマホ契約者が頭打ちになる中、学割対象者というパイの奪い合いは続きそうだ。

(大坪玲央)

追加ソース
http://www.sankei.com/smp/economy/news/171213/ecn1712130008-s1.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513120636/


続きを読む

Apple最強「iMac Pro」14日発売

1: ノチラ ★ 2017/12/13(水) 14:56:27.62 _USER
100-02_588x
Appleが新しい「iMac Pro」を14日に発売する。

 最大18コアのXeon、128GBのメモリが搭載できるハイエンドマシン。価格は6月発表時点では5Kディスプレー、8コアXeon、32GBメモリー、1TB SDDの組み合わせで4999ドルからだった。国内価格は未定。

 発表時記事:iMacに最大18コアXeon搭載の最強機「iMac Pro」登場

CPU 8コア 10コア 18コア
グラフィックス Radeon Pro Vega 56グラフィックプロセッサ 8GB(Radeon Pro Vega 64グラフィックプロセッサ 16GBに変更可能)
メモリ 32GB DDR4(64GBまたは128GBに変更可能)
ストレージ 1TB SSD(2TBまたは4TB SSDに変更可能)
ディスプレイ 27インチ(対角)Retina 5K(5120×2880ドット)
インターフェース Nbase-T Ethernet(RJ?45端子 1Gb、2.5Gb、5Gb、10Gb Ethernet対応)、Thunderbolt 3(USB-C)端子×4、USB 3端子×4、SDXCカードスロット(UHS?IIに対応)
通信機能 802.11ac、802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.2ワイヤレステクノロジー
サイズ 幅65×奥行き20.3×51.6cm
重量 9.7 kg
OS macOS High Sierra
価格 未定
https://www.apple.com/jp/imac-pro/
http://ascii.jp/elem/000/001/602/1602567/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1513144587/


続きを読む

京都市がシステム刷新失敗、「悲劇を繰り返すな」とご意見番

1: ノチラ ★ 2017/12/12(火) 18:57:30.47 _USER
ph01
京都市が2014年から81億円を投じて進めていた基幹系システム刷新プロジェクトが失敗した事案が、ついに訴訟合戦に突入する。2017年12月8日、京都市議会(京都市会)は門川大作市長名義で提出された訴えの提起を全会一致で可決した。刷新が遅延した原因となったバッチ処理のマイグレーション(開発言語と業務ロジックを引き継ぐ移行)を受託したITベンダーのシステムズ(東京・品川)に対する訴えである。

システムズは2億円を求め、京都市は8億円を求める

 京都市の情報システム部門に当たる総合企画局情報化推進室の担当者は日経コンピュータの取材に対し、訴訟額は約8億円、正確には7億9976万2365円となると回答。内訳は既にシステムズに支払っていて返還を求める額が5億662万5000円、稼働遅延に伴う既存システムの延長稼働などの損害賠償金が2億2043万1696円、弁護士費用が7270万5669円という。

 もともと京都市は30年前からNEC製メインフレーム上で基幹系システムを稼働。主にCOBOLプログラムで開発してきた。この刷新事業に対し、システムズは2016年1月15日にバッチ処理のマイグレーションを予定価格13億9719万6000円の約79%に当たる11億376万円で落札。京都市や工程管理支援業者などと、2017年1月から基幹システムの順次刷新を目指していた。

 ところが稼働が遅延。京都市は第三者の専門家による「京都市大型汎用コンピュータオープン化事業検討委員会」を立ち上げ、原因究明と今後の方策検討を託した。検討委員会は2017年6月に調査報告書を市に提出。だがシステムズはその結果を承諾しなかった。京都市は「遅延の根本的な原因に対する見解に大きな乖離がある」として、2017年10月11日に同社との設計・開発等業務委託契約を解除した。

 これに対し2017年11月8日に、システムズが京都市に対して約2億円を求める訴訟を東京地方裁判所に起こした。2017年4〜7月の作業費の未払い分とする1億9900万円を支払えというものだ

システムズの訴訟を受けて、京都市の門川市長は11月15日、市長記者会見でシステムズの訴えを「もってのほか」と一蹴。「裁判でしっかりと明らかになれば解決する」とし、京都市は提訴を決めるに至った。

 結審までは数年かかるとみられる。IT訴訟ではベンダー側は「プロジェクトマネジメント(PM)義務」に、ユーザー側はベンダーに協力する「協力義務」に違反する行為がなかったかか争点になりそうだ。

仕切り直しに動く京都市

 訴訟合戦と並行して、京都市は本来の職務を全うしなければいけない。中断していたシステム刷新プロジェクトの仕切り直しだ。2017年11月6日の京都市会で明らかにしたのは、基幹系システムのうち福祉系の稼働時期を当初計画より3年遅れの2020年1月、住基・税系を3年2カ月遅れの2021年1月に稼働させるという新たなスケジュールである。

 アプリケーションの刷新費用は合計で8億円増える。移行済みのオンラインシステムはテスト増などで5億円増えて35億円、バッチ処理は3億円増の17億円という計算だ。構築済みのクラウド環境などを含めると、システム全体としては100億円となりそうだ。

 仕切り直しに際し、京都市は失敗を踏まえた反省とみられる改善策を打ち出している。前回は一般競争入札での選定方式に低価格方式を取っていたが、次の入札では総合評価方式に変える。総合評価にはベンダーに自治体への納入実績や、「プロジェクト管理能力を持ち企画から運用までを担える」だけのシステムインテグレーター(SIer)としての実績を評価項目に盛り込むとしている。
以下ソース
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/120900974/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1513072650/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ