SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





「iPhone」の50%に「iOS 13」が普及--リリースから1カ月未満で

1: ムヒタ ★ 2019/10/18(金) 09:47:40.37 _USER
 large-112995
9月にリリースされたばかりの「iOS 13」が、既にかなり多くの「iPhone」にインストールされている。

 Appleは、開発者向けサポートサイトの「App Store」に関する記事を更新し、米国時間10月15日の時点で、最新モバイルOSであるiOS 13が、過去4年間にリリースされたiPhoneの55%、接続されているすべてのiPhoneの50%にインストールされていることを明らかにした。(過去4年間と全体の両方で)約40%のiPhoneでまだ「iOS 12」が使われているが、それ以前のバージョンのiOSが使われているのは、どちらのカテゴリでも10%に満たない。

 Appleによると、これらの数値はApp Storeで集計されている。iOS 13の最初のバージョンがリリースされたのは9月19日で、「iPadOS」と「iOS 13.1」がリリースされたのは9月24日だ。iOS 13の普及ペースは、2018年のiOS 12のときと同程度。iOS 12も1カ月未満で50%に達した。

 一方「iPad」については、過去4年間にリリースされたiPadの41%が既にiPadOSに移行しており、51%がまだ2018年のiOS 12を使用している。すべてのiPadで見ると、最新ソフトウェアに移行したのは33%、iOS 12を使用しているのは51%、それ以前のバージョンは16%となっている。

 iPadOSは、iOS 13のiPadに特化したバージョンといえる。iPhone向けのiOS 13と同じ改良点の多くを備えるが、Appleは2019年のiPad向けOSに固有の名称を付けた。
2019年10月18日 08時51分
https://japan.cnet.com/article/35144134/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571359660/


続きを読む

携帯新料金プランに菅氏落胆、 「総務省はなめられてる」

1: 金ちゃん(東京都) [US] 2019/10/18(金) 10:32:47.37 BE:306759112-BRZ(11000)
5066891_ext_col_03_14

携帯大手の新料金プランが出そろった9月中旬。官房長官の菅義偉(70)が漏らした。「総務省はなめられてるんじゃねえか」

通信料と端末代の完全分離を義務付けた改正電気通信事業法の施行が10月1日に迫っていた。
菅が昨夏「4割程度下げる余地がある」と表明した値下げを裏打ちする法律だ。
しかし、新プランはどれも4割下げの期待からほど遠かった。

菅を落胆させたのは次の2つの点だ。
一つは購入後100日はSIMロックが解除されず、特定の通信会社の契約でしか使えないこと。
もう一つは端末料金を「最大半額」と誇大にうたった広告だ。
菅は10月、テレビ番組で「いまだにこんなことを行うのはありえない。恥ずかしいことだ」と批判した。




携帯新料金プランに菅氏落胆 「総務省はなめられてる」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51091250X11C19A0SHA000/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1571362367/


続きを読む

ソニー、360度音楽をアマゾンで配信

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/10/17(木) 17:55:45.00 _USER
list
ソニーはヘッドホンなどを通じ、360度から音楽が奏でられるように聞こえる立体音響技術を使った楽曲を米アマゾン・ドット・コムなどの配信サービスに提供すると発表した。今秋に始める。アーティストがライブ演奏をしている場に入り込んだかのような臨場感を体験できる。まず欧米で1000曲を配信する。日本での展開も検討している。

新技術「360リアリティオーディオ」を活用した楽曲はアマゾンの「アマゾンミュージックHD」ほか、仏音楽配信大手のディーザー、米ナグズネット、米タイダルでも取り扱う。料金は配信サービスごとに異なるが、定額配信となる見通しだ。

空間音響技術を活用した新技術はボーカルやコーラス、楽器などの音源に位置情報を付けて、球状の空間に配置することができる。コンテンツの再生時はアーティストと同じ空間にいるかのような、音に包まれる体験ができる。アマゾンで使うにはAIスピーカーが必要となる。

2019/10/17 14:17
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51075480X11C19A0X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571302545/


続きを読む

中国企業が買収の東芝「白物」 意識変化で急成長

1: ムヒタ ★ 2019/10/17(木) 07:33:11.89 _USER
AS20191015002381_commL
 東芝から中国家電大手の美的集団に売却された白物家電の「東芝ライフスタイル」が、再起をかけて奮闘している。社員らは売却後の不安を乗り越えて新製品の開発やコスト削減に取り組み、2018年度は黒字化にこぎつけた。「東芝」ブランドと美的の販売網を組み合わせ、さらなる成長軌道を描こうとしている。

社員に広がった不安
 東芝が、赤字が続いていた白物家電子会社の東芝ライフスタイルを美的に売却したのは16年6月末。東芝ライフは売却直後に社員の意識調査を実施した。「これからどうなるのか」。調査では、中国資本に売却された会社の先行きや、職場環境の変化に対する不安の声が目立った。

 売却前は国内外の競合他社に押されて売上高が低迷。原発や半導体も抱える総合電機メーカーの中で白物への投資は優先順位が下がり、商品や広告費を絞る悪循環に陥っていた。2千人規模のリストラもあり、残った社員の間に不安が募っていた。

 今は美的が8割、東芝が2割を出資する。社員らは、意思決定までに会議や検査を繰り返し、石橋をたたいて渡るような「東芝流」から、走りながら考えるスピード重視の「美的流」への対応を求められた。部署の数を減らして意思決定を迅速にし、人事評価も成果を反映しやすい制度に変わった。

商品開発に変化
 その効果は商品開発に表れてき…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り:1245文字/全文:1787文字
2019年10月17日07時00分
https://www.asahi.com/articles/ASMBH4Q08MBHULFA01T.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571265191/


続きを読む

パナソニック、グーグル出身の松岡氏登用を発表

1: ムヒタ ★ 2019/10/17(木) 13:28:47.29 _USER
dsvs0c8
パナソニックは17日、米グーグルのバイスプレジデントだった松岡陽子氏(48)を同日付で役員待遇の「フェロー」として迎え入れたと発表した。松岡氏はグーグルや米アップルでスマートホームやヘルスケアの製品などを手がけてきた。パナソニックでも米シリコンバレーを拠点に次世代製品の開発を指揮する。

松岡氏は、新規事業を創出するシリコンバレーのオフィス「パナソニックβ(ベータ)」の最高経営責任者(CEO)も兼務する。
2019/10/17 12:42
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51071070X11C19A0EAF000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571286527/


続きを読む

「Surface Pro X」、日本で2020年1月に発売

1: ムヒタ ★ 2019/10/17(木) 14:33:06.20 _USER
 日本マイクロソフトは10月17日、2in1スタイルのノートPC「Surface Pro X」を2020年1月に日本で発売すると発表した。価格は未発表。
no title


 Surface Pro Xは、米Qualcommと共同で開発したARMベースのプロセッサ「SQ1」を搭載し、LTE接続にも対応する。

 本体の厚みはシリーズ最薄の7.3ミリ、重さは774グラム。ディスプレイのベゼル幅を狭めて、12型ノートPCと同程度のサイズに13型ディスプレイを収めるなど、従来モデルに比べて薄型・軽量化を実現した。

 本体インタフェースとしてUSB Type-Cポートを2つ備える他、カバー兼キーボードの「Type Cover」に専用ペンを収納し、ペン本体を充電できるようにするなど、従来のSurfaceシリーズの使い勝手を一新する“次世代のSurface”をうたうモデルだ。

 米国では2019年11月5日(現地時間)に発売する。価格は999ドル(約11万円)から。
2019年10月17日 13時43分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/17/news087.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571290386/


続きを読む

米IBM、38%減益 クラウド関連の採算悪化 7〜9月期

1: ムヒタ ★ 2019/10/17(木) 07:35:20.92 _USER
AAIUHlE.img
【ニューヨーク=中山修志】米IBMが16日発表した2019年7〜9月期決算は、純利益が前年同期比38%減の16億7200万ドル(約1800億円)だった。汎用コンピューターの売上高が低迷したほか、クラウドサービスなどの採算も悪化した。

売上高は同4%減の180億ドルだった。汎用コンピューターの新製品の買い替え需要が一巡し、関連するシステム部門の売上高が2桁減となった。

クラウドや人工知能(AI)関連の部門は7月に買収が完了したソフト大手レッドハットの収益が加わり売上高が6%伸びたものの、営業利益は約4割減少した。米アマゾン・ドット・コムなどとの競争激化で、同部門の営業利益率は前年同期の36%から22%に低下した。
2019/10/17 7:22
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51066780X11C19A0000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571265320/


続きを読む

“AIトイレ”で大便の状態を自動判定、LIXILが開発 「教師データは社員の便」 介護施設などの需要見込む

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/16(水) 13:39:03.60 _USER
mm_lixilai_01
 住宅設備機器などを手掛けるLIXILが、大便の形状や大きさを国際指標に基づいて自動分類できる“AIトイレ”のプロトタイプを、家電やIoT機器の見本市「CEATEC 2019」(10月15日〜18日、千葉・幕張メッセ)で展示している。実用化のめどは立っていないが、介護施設などでの利用を想定。介護施設のスタッフは判定結果を見て、入居者の体調管理に役立てられるという。

 便器の内部にセンサーカメラを搭載。利用者が排便すると瞬時に大便を画像認識し、形状を7段階、大きさを3段階でそれぞれ自動判定する。AIが判定したデータは、ネットワークを経由して管理者のPCに集約する。

 判定基準は国際指標を参考にしており、医師と協力しながら開発を進めている。便が小さく細かいほど便秘、大きく形がないほど下痢の可能性が高いため、スタッフは結果を見ただけで便秘や下痢などの症状がないかが分かるという。

 従来の介護施設における排便管理では、入居者が排便の内容を自己申告し、スタッフが手書きで紙に記録していた。しかし、認知症のある入居者が排便したこと自体を忘れてしまったり、入居者が自身の排せつ内容を伝えることに抵抗感を示したりして、正しく排便状況を管理するのが難しい状態だったという。

高齢者は便秘になりがちで、放っておくと腸閉塞(へいそく)になる恐れもあるため、LIXILは、これらの問題を解決するために便の自動判定システムを開発した。

AIトイレの苦労 「教師データを集めるのが大変だった」
 研究開発に携わったLIXILの永田政昭さんによると、同システムの開発は2014年ごろに始まった。最も大変だったのは「便の画像を集めること」だったという。

 AIに学習させる便の画像を集めるため、同社は社内に4台のAIトイレを設置。有志の社員に使ってもらい、約半年かけて3000枚の教師データを集めることに成功した。

 「データは暗号化して、誰がトイレを使用したのか分からないようにしました。ただ、比較的健康な人が多いので、極度な便秘や下痢の症状が出ている画像はあまり集まっていません」と永田さん。高齢者の健康状態を正しく把握するためには、便秘や下痢の症状が出ている便の画像をさらに集める必要があるという。

 「現段階で、画像認識の精度は80%くらいになっています。目視でも5回に1回間違えると考えれば、なかなか良い精度になってきているのではないでしょうか」(永田さん)

 同社は実用化に向け、今後は介護施設での実証実験を進めていくという。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/15/news143.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571200743/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ