SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





アップル、廉価版iPhoneを3月発表か 米メディア

1: ムヒタ ★ 2020/01/23(木) 06:13:31.21 _USER
3d1a1bf20e03bc8bf68335e7c9d40388
【シリコンバレー=白石武志】米ブルームバーグ通信は21日、米アップルが価格を抑えた「iPhone」の新機種を3月に発表すると報じた。新機種の価格は明らかではないが、米メディアの報道ではアップルが2016年に発売した「SE」(米国での価格は399ドルから)と同水準になると見込まれている。

ブルームバーグによると、アップルの生産委託先である台湾の鴻海(鴻海)精密工業などは20年2月にも廉価版iPhoneの量産を始めるという。画面の大きさは17年に発売した4.7インチの「8」シリーズとほぼ同じとなる見込み。安価な液晶パネルを使うことで価格を抑えると見込まれている。

アップルは現在、主力のiPhoneについて米国では最新の「11」シリーズのほか、旧機種の「XR」や「8」シリーズを品ぞろえしている。ただ、最も安い「8」シリーズでも価格は449ドルからとなっており、400ドル未満の機種を品ぞろえする韓国・サムスン電子にシェアで押されていた。

アップルはiPhoneの将来の商品計画についてコメントしていない。だが、低価格帯のスマホ市場での巻き返しに向け、同社が20年春の発売を目指し「SE」以来4年ぶりとなる廉価版iPhoneの準備を進めていると繰り返し報じられていた。
2020/1/23 5:46
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54729990T20C20A1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579727611/


続きを読む

Apple、iCloudバックアップの暗号化断念 FBIに配慮か

1: ムヒタ ★ 2020/01/22(水) 09:18:28.10 _USER
74111faac832132c19fe3fb7340c570d
【シリコンバレー=白石武志】米アップルがiPhoneなどのバックアップデータを完全に暗号化する計画を断念していたことが明らかになった。ロイター通信が21日、関係者の話として報じた。犯罪捜査への影響を懸念する米連邦捜査局(FBI)の指摘に配慮した結果だとしている。

ロイターによると、アップルはハッカー攻撃を阻止することなどを目的に、約2年前にデータ保管サービス「iCloud」のバックアップデータを暗号化する計画をFBIに伝えた。ただ、アップルも暗号化されたデータを読み取ることができなくなるため、犯罪捜査への影響を懸念するFBIが反対を表明。アップルはその後、計画撤回をFBIに伝えていたという。

2019年12月に米フロリダ州の海軍基地で発生した銃撃事件では、バー司法長官がアップルに実行犯が所持していたiPhoneのロック解除に協力するよう要請している。同事件では、アップルは実行犯のiCloudのバックアップや各種の取引データなど、数ギガ(ギガは10億)バイトのデータをFBIに提供したと明らかにしている。
2020/1/22 8:28
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54684930S0A120C2000000/

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579652308/続きを読む

TAKUMI JAPAN、月3480円でデータ使い放題の「神SIM」発表

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/21(火) 20:16:54.38 _USER
TAKUMI JAPANが1月21日、2020年に展開するサービスや新製品について発表した。

 新製品の注目は、1月21日に発売した大容量のデータ通信向けSIM「KAZUNA 神SIM」だ。MVNOではなくソフトバンク回線を使ったデータ通信を利用できるのが特徴。プランは毎月100GBまでのデータ通信ができる「100GBプラン」と、使い放題の「UNLIMITEDプラン」を用意している。なお、SMSや音声通話には対応していない。

月額料金はいずれも初月3000円(税別、以下同)。2カ月目以降の料金は、100GBプランが3980円、無制限プランが4980円だが、“会員”になると100GBプランが990円引きで2990円に、UNLIMITEDプランが1500円引きで3480円に割り引かれる。会員になるには、神SIMのTwitterアカウント「@Kamisim_Kazuna」をフォローするだけでよい。フォローすると専用のURLが送付され、そこから申し込めば、割り引きされた料金で契約ができる。

 13カ月目までは「最低利用期間」となっており、期間内に解約をすると、100GBプランは9500円、UNLIMITEDプランは4980円×残月数の解約手数料が掛かる。

 神SIMに、スマートフォン「Black Shark2」や、翻訳デバイス「KAZUNA eTalk5」をセットにした販売も同日に開始する。Black Shark2はメモリ12GB+ストレージ256GBと、メモリ6GB+ストレージ128GBの両モデルが対象。端末代金は分割払いとなる他、セット割として毎月1500円または990円の割り引きを受けられる。端末セットは25カ月までが最低利用期間に設定されており、期間内に解約すると、月額料金×残月数の解約手数料が発生する。

 この神SIMを搭載したモバイルWi-Fiルーター「神SIMルーター」も、2020年春〜夏にかけて発売する。海外でのデータ通信にも対応しており、設定変更不要で100カ国以上で利用できるという。

神SIMは、ソフトバンクのSIMを再販する形を採用。UNLIMITEDプランは基本的に使い放題だが、キャリア側の設備に著しい支障を及ぼす、またはその恐れがある行為が確認できた場合、通信を制限する場合がある。

 代表取締役の増田薫氏は、Black Shark2の取り扱いをきっかけに、スマホでゲームをする機会が増えたが、外出先ですることが多いため、「通信料金がとんでもないことになった」という。YouTubeなどの動画視聴やネットゲームなどを、MNO品質の快適なスピードで楽しんでほしいと同氏はアピールする。
no title

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2001/21/news131.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579605414/


続きを読む

楽天出店者「送料無料は独禁法違反」 公取委調査へ

1: ムヒタ ★ 2020/01/22(水) 13:37:23.67 _USER
jnl2001220001-f1
通販サイト「楽天市場」を運営する楽天が、商品を一定額以上購入した利用者への送料を出店者負担で一律無料にすると決めたのは、優越的な地位の乱用を禁じた独禁法違反に当たるとして、300以上の出店者が加入する任意団体「楽天ユニオン」が22日、公正取引委員会に調査を求める署名約4千筆を提出した。

公取委は今後、独禁法に基づいて必要な調査を行う。楽天ユニオンによると、公取委の担当者は「法律にのっとって真摯に対応する」と応じたという。

楽天の幹部は「対応を検討する。引き続き出店者の理解を得る努力を続ける」と述べた。

署名は、出店者が楽天側から決済システム「楽天ペイ」を使うよう強制されて手数料の負担が増えたり、悪質ではない違反でも罰金を支払わされたりするケースが相次いでいる点についても調査を要求。楽天ユニオンは「出店者に不利益を与える一方的な規約変更が繰り返されており、容認できない」としている。

楽天市場には約4万9500店舗が出店。楽天は、一つの店舗で3980円以上購入した場合、3月18日から送料を一律無料にする方針を示している。送料を負担することになる出店者側からは「利益を確保するには送料分を商品の価格に上乗せするしかない。利用者が損をすることになる」などと反発する声が上がっていた。〔共同〕
2020/1/22 11:56 (2020/1/22 13:10更新)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54688070S0A120C2CR0000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579667843/


続きを読む

5Gスマホ、2022年までに携帯端末出荷の43%に--ガートナー

1: ムヒタ ★ 2020/01/22(水) 11:41:49.74 _USER
gettyimages-1131489187_1280x960
 大手調査会社Gartnerの予測によると、5G対応スマートフォンは今後2年間で世界市場シェアを伸ばすという。Gartnerの調査チームは米国時間1月21日、スマートフォンの5G対応モデルについて、2020年には世界の携帯端末出荷台数の12%を占めるが、端末の価格が下がり5Gの対応地域が拡大するにつれて、2022年までに43%に増加するとの予想を明らかにした。

 携帯端末市場は全体として2020年に1.7%成長すると予想している。スマートフォンの出荷台数は2019年に前年比で2%減少したが、2020年には中華圏とアジア太平洋の新興諸国がけん引し、回復する見込みだという。

 Gartnerで調査担当シニアディレクターを務めるRanjit Atwal氏は、プレスリリースの中で次のように述べた。「2020年には、市場はわずかに回復するだろう。(中略)さらに多くの5G端末が発売されて携帯端末の買い替えが進むため、世界のデバイス出荷台数は2020年に成長を回復することになる」

 2023年までに、5G端末は携帯端末総出荷台数の50%以上を占めるとAtwal氏は述べた。
2020年01月22日 11時28分
https://japan.cnet.com/article/35148307/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579660909/


続きを読む

PCパーツって値上がりしすぎじゃね?昔はCPUもグラボも電源もケースも一律1万円くらいだったろ

1: マヌルネコ(北海道) [NO] 2020/01/22(水) 00:52:55.15 BE:422186189-PLT(12015)
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579621975/


続きを読む

成長が続く中古スマホ市場--世界出荷台数は2023年に約3.3億台、670億ドル規模へ拡大

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/21(火) 15:41:41.06 _USER
 IDCは、中古スマートフォン市場に関する調査結果を発表した。2018年における世界全体の出荷台数は1億7580万台で、これが2019年には17.6%増の2億670万台へ増えると見込む。さらに、2023年には3億3290万台、670億ドル(約7兆3653億円)規模へ成長すると予測した。2018年から2023年にかけて、出荷台数が年平均成長率(CAGR)13.6%のペースで増加するとみた。
Worldwide Market for Used Smartphones Forecast to Grow to 332.9 Million Units with a Market Value of $67 Billion in 2023, According to IDC(英文)
https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS45865720

 未使用の新品スマートフォンの出荷台数は減少傾向にあり、今後数年間の予想も微増にとどまっている。これに対し、中古スマートフォン市場の拡大は、世界の全地域で減速の兆候が見当たらないという。

 IDCは、中古スマートフォンに対する需要が高い理由として、最新モデルに比べ安価なことと、メーカーが比較的低価格で満足できる性能の新モデルを投入していることを挙げた。そして、環境保護に対する意識の高まりも中古スマートフォン人気の一因だが、今後も節約意識が同市場の成長をけん引し続ける、とした。

 今後の状況については、5Gネットワークおよび5G対応スマートフォンが普及していくことで、既存の4G対応スマートフォンを下取りに出して5Gスマートフォンへ移行する人が現れ、中古スマートフォン市場が影響を受けるとみている。

 中古スマートフォンの出荷台数と、各地域の世界全体に占める割合について、2018年の実測値、2023年の予測値、その間のCAGRは以下のとおり。

●北米
2018年:3900万台、22.2%
2023年:8720万台、26.2%
CAGR:17.4%

●その他地域
2018年:1億3680万台、77.8%
2023年:2億4570万台、73.8%
CAGR:12.4%

●合計
2018年:1億7580万台
2023年:3億3290万台
CAGR:13.6%

no title

中古スマートフォンの出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)

 なお、IDCは調査を実施する際、一般的に販売されている中古端末のほか、Appleやサムスン電子などが手がけている整備済みの再生品も中古スマートフォンとして集計した。

2020年01月21日 15時30分
CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35148071/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579588901/


続きを読む

PASMO、モバイルPASMO導入

1: スペインオオヤマネコ(秋田県) [US] 2020/01/21(火) 16:15:58.74 BE:194767121-PLT(12001)
dvsd01_l

PASMO協議会は2020年1月21日(火)、交通系ICカード「PASMO」のサービスをスマートフォンでも利用できる「モバイルPASMO」を、2020年春に導入すると発表しました。

【写真】「パスネット」などの懐かし磁気カード

 対応端末は、Android 6.0以上がインストールされた「おサイフケータイ」対応のスマートフォンです。「モバイルPASMO」のアプリをインストールすることで、カードの「PASMO」と
同様、列車やバスの乗車、電子マネーでの買い物などができます。

 また、クレジットカードのチャージや定期券の購入が、場所を選ばず可能に。故障・紛失時も窓口などに行かずに再発行手続きができるようになります。

「モバイルPASMO」の開始日やサービスの詳細は、3月初旬に発表される予定です。

 なお、iOS(iPhone)などほかのOSを搭載したスマホの対応は、PASMO協議会の広報幹事である京王電鉄の広報部によると、「対応する、しないを含めて未定」といいます。

 JR東日本では、交通系ICカード「Suica」の携帯電話版「モバイルSuica」を2006(平成18)年に導入。2011(平成23)年にAndroid搭載スマホ、2016年にiOS搭載スマホ
(iPhone)のそれぞれの対応機種でサービスを開始しています。鉄道やバスの乗車、買い物での支払い決済といった基本機能に加え、新幹線やグリーン券の
チケットレスサービスなどにも対応しています。同社によると、2019年3月現在の会員数はおよそ715万人です。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010002-norimono-bus_all
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579590958/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ