SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





稼働中マザーボードを水槽に沈めて直接冷却…「水没コンピューター」の2年間動作実験スタート

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/23(木) 14:58:43.29 _USER
2index
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00010001-nkogyo-ind

国立情報学研究所アーキテクチャ科学研究系の鯉渕道紘准教授らは、中央演算処理装置(CPU)などを搭載した
マザーボードを、水槽や海に沈めて直接水で冷やす「水没コンピューター」の長期実験を始めた。
実用化すれば、クーラーなどの熱交換機を介して熱を輸送する冷却設備が不要になる。ス
ーパーコンピューターやデータセンターで使う高性能なマザーボードを水中で稼働させ、2年間以上安定的に動作できるかを検証する。(藤木信穂)

 水没コンピューターの実験は、従来は汎用的なマザーボードで行ったが、今回は実利用を想定した
高い演算能力を持つCPUを搭載したマザーボードを使用。このマザーボードを複数相互接続したPCクラスタを、屋内に置いた水槽の淡水の中で構築し運用する。
 水没コンピューターは、コンピューターを効率的に冷却する手法の一つ。鯉渕准教授らは、
海中にマザーボードを設置して海水に直接排熱する実験に成功しており、これによって、冷媒となる
水道水を冷やすための冷却設備を不要にした。海洋研究開発機構と共同で実験し、最長で40日間、海水でマザーボードを動作させた。

 スパコンやデータセンターで使う高性能なマザーボードは大きな発熱を伴うため、冷却技術の確立が急務。
ファンによる空冷のほか、フッ素系不活性液体や鉱物油などにマザーボードを浸して冷やす技術はあるが、
使用する液体が高価だったり、可燃性の冷媒だと安全面での懸念があった。
 また、水没コンピューターが実用化すれば、現在は巨大なビルの1室に置かれているスパコンやデータセンターを
水中に置くことになるなど、「設置のあり方が大きく変わる可能性がある」(鯉渕准教授)。企業にとっても新たなビジネスチャンスが広がりそうだ。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490248723/


続きを読む

マイクロソフト、Windows 7/8.1と最新CPUの組み合わせで更新プログラムが適用不可に

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/22(水) 17:34:54.25 _USER
42f2db6f
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1050336.html

 Intelの“Kaby Lake”やAMDの“Bristol Ridge”など第7世代プロセッサを搭載したPCでWindows Updateを実行すると、
OSがWindows 7/8.1だった場合にエラーが発生する現象について、Microsoftのヘルプページに症状とその理由を詳しく紹介した
トピックが掲載された。詳しくはリンク先を参照されたいが、要は最新のCPUではこれら旧来のOSはサポートしていないため、
更新プログラムのインストールがブロックされることについて説明したもの
。Windows 10の無償アップデートが提供されていた当時から、最新のCPUではいずれWindows 7/8.1が利用できなくなるという
方針は明かされていたが、具体的な動きとして明らかになったのは今回が初めてと見られる。
OSをアップグレードせずにハードウェアだけを新調して使い続けているユーザーにとっては少なからず影響があるものと見られ、
今後更新プログラムが公開されるたびに、一悶着ありそうな予感だ。

該当のページ(Microsoft)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4012982/
Microsoft、Skylake PCでのWindows 7/8.1サポート期間を1年延長 〜緊急セキュリティアップデートはその後も継続提供(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/749310.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490171694/


続きを読む

かつて11社あった携帯メーカーが今や5社だけ…日本から携帯電話メーカーが消える日

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/22(水) 21:49:18.00 _USER
22index
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/022400046/030200007/

ツートップ戦略でNECとパナソニックがスマホ市場撤退

 このドコモのツートップ戦略が、かつて日本の携帯電話をけん引していたNECとパナソニックのスマホ市場撤退を決定づけたと
言っても過言ではない。かつて「N」(NEC)や「P」(パナソニック)は「携帯電話の代名詞」と見られた存在で、日本国内の売り上げでは常に上位にランキングされていた。
 NECは2013年7月31日、スマホの開発と生産からの撤退を正式発表した。フィーチャーフォンおよびタブレット端末
の開発や生産は継続する。2013年4?6月期のNECの携帯電話出荷台数は45万台と、前年同期の80万台から減少した。
これにより同社の4?6月期営業損益は前年同期から約30億円悪化し、90億円程度の赤字になった。
 「スマートフォンへの取り組みが遅れ、魅力ある商品の開発ができなかった」と川島CFOは語っていた。
NECは以前から中国レノボ・グループなどと提携交渉を進めてきたことが報じられていたが、出資比率などの条件で折り合えなかった。

 パナソニックもNECを追うように、2013年9月26日に個人向けのスマホ事業からの撤退を表明し、
法人向け端末やフィーチャーフォンに経営資源を集中していくと決めた。パナソニックのスマホ事業からの撤退は
以前から報じられていたことや、NECも既に撤退表明していたことから、それほど大きな驚きはなかった。

 ツートップ戦略で2機種のスマホの売り上げが好調だったドコモだが、それでもiPhoneを販売していないことから、
多くのユーザーがソフトバンクやKDDIに流出する状態に変わりはない。このため、ついにドコモもiPhone導入を決定した。
iPhoneの販売を開始すると、多くのドコモユーザーはそれまで使っていたフィーチャーフォンや他社のスマホから、iPhoneに切り替えるようになった。

 現在では大手携帯電話事業者は3社ともにiPhoneを前面に出した販売戦略を取っており、ますます国内メーカーに
とっては厳しい状況となっている。むしろ2013年という時期にスマホ市場からの撤退を決断できたNECやパナソニックは良かったのかもしれない。

2001年には11社あった日本の携帯電話メーカー
 今から16年前の2001年には11社の国内メーカーが携帯電話を開発して販売していたが、2017年には7社になった。
スマホを製造するメーカーでは5社のみだ(図1)


「D」のブランドで人気があった三菱電機はiPhoneやスマホが登場する前の2006年に携帯電話事業から撤退。
2008年には三洋電機の携帯電話事業を京セラが継承した。2009年には日立製作所とカシオが携帯電話事業を統合し、
続いて2010年にNECと統合している。さらに富士通と東芝の2社も、2010年に携帯電話事業を統合した。
こうして国内メーカーは合併や統合を繰り返してきた。かつて三菱電機や日立、カシオ、東芝などが
携帯電話を作っていたことすら覚えていない人も多いかもしれない。
 現在でもスマホを提供している国内メーカーは、シャープ、ソニー、京セラ、富士通、VAIOの5社だけだ。
日本市場ではまだガラケーも一定の人気があり、
2013年にスマホ市場からは撤退したNECやパナソニックもガラケーはまだ提供している。
ガラケーはカラーバリエーションを変えて市場投入すれば使い回しが効きやすい。

 だが、いつまでも日本メーカーがガラケーを提供し続けるとは限らない。現在のガラケーで使われている基本ソフトは
いずれサポート期間が切れる。基幹部品の入手困難も懸念されている。そうなると、メーカーは現在と同じガラケーの提供はできなくなる。
また日本ではガラケーは一定の人気はあるとはいえ、携帯電話事業者が積極的にスマホを販売していることから、
フィーチャーフォンの販売台数は今後減っていくだろう

それでは日本の携帯電話メーカーにとって生き残る道はあるのだろうか?
(続きはサイトで)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490186958/


続きを読む

「Googleマップ」、自分がいる場所をリアルタイムで共有可能に

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/23(木) 08:40:15.53 _USER
sharelocation_640x480
https://japan.cnet.com/article/35098549/

 Googleは米国時間3月22日、「Googleマップ」の新機能を発表した。現在位置や、
特定の目的地に向かっている場合はあとどれくらいで到達するかを、選択した他のユーザーに共有することができるという。

 この新機能は世界中で「まもなく」提供されると、Googleはブログ記事で明らかにしている。

 サイドメニューに行くか、自分の現在位置を表す青色の点をタップすると、「share location」
(現在地の共有)が選択できる。共有するユーザーと、どれだけの時間この情報を共有するかが選択可能だ。
特定の目的地にこれから向かおうとしている場合は、「share trip」(道程の共有)を選択すれば、
共有相手は自分がどこまで来たか、いつ到着する予定かを追跡することができる。

 現在位置を共有している間は、共有中であることがわかるようにアプリ上にアイコンが表示される。
「Android」版と「iOS」版の両方のGoogleマップにこの機能が追加される予定で、共有相手は自分のスマートフォン
やデスクトップのGoogleマップでユーザーの現在位置を確認することができる。
 Googleはブラジルのサンパウロで開催したイベントで、この位置共有機能のほかにも複数の製品アップデートを発表した。
同社のインスタントメッセージアプリ「Allo」では、Androidユーザーがドキュメントなどのファイルを共有できるようになり、
ブラジルのAlloユーザーは、ポルトガル語版の「Smart Smiley」機能が利用できるようになった。
一方、「Duo」という新しいビデオ通話サービスには、音声のみの通話機能が追加された。この機能はブラジルで既に利用可能で、
今後数日のうちに他の地域にも提供される予定だ。

 検索機能にも変更が加えられ、一部の組織は独自のコンテンツを検索結果に直接掲載できるようになる。具体的には、
米国とブラジルでは、美術館、スポーツチーム、スポーツリーグ、映画を検索すると、アプリケーションプロセス
を実行済みの関連組織やユーザーからのコンテンツが直接表示される可能性がある。この機能は、ブラジルのミュージシャンにも提供されている。

 さらにGoogleは、「Googleフォト」の新機能も発表した。接続速度が低い場合にこれまでよりも容易に写真や動画が共有できるという。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490226015/


続きを読む

ジョブズ氏が見たら怒りそうなアップルの現状

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/22(水) 11:41:42.82 _USER
001_00
https://japan.cnet.com/article/35098136/

「AirPods」
 「Bluetoothヘッドホンの問題は、『iPod』を充電するだけでなく、ヘッドホンも充電しなければならないことだ。
そんなことは誰もしたくない。それに音質の問題もあり、帯域の高さが足りない。音質はいつか改善されるとしても、ヘッドホンを充電するのは面倒だろう」(Steve Jobs氏)
 現在のBluetoothの音質が十二分に明瞭であることに議論の余地はほとんどないが、Appleが考え出したAirPodsの
充電方法にJobs氏が怒りを覚えるであろうことは間違いないと言える。AirPodsをケースに入れて充電する必要があるばかりか、
ケース自体も忘れずに充電しなければならないのだから。

使いにくくなった「iOS」
 「シンプルにするのは、複雑にするより難しいこともある。努力して思考を研ぎ澄ませないと、
シンプルにはできない。だが、そこに至ることができれば何だってできるのだから、目指す価値はある」(Steve Jobs氏)


焦点がぶれている
 「的を絞るときに大切なのは、『ノー』と言うことだ」(Steve Jobs氏)
iPhoneの出発点になったのは、スマートフォンを再発明するデバイスというシンプルなアイデアだった。購入時に検討するのは、
ストレージ容量を4Gバイト、8Gバイト、16Gバイトのどれにするかだけ。それでiPhoneユーザーになれたのだ。
 それから10年たった今、本体のサイズや色など、選択肢があまりにも増えてしまった

iPadの急激な失速
 「われわれがやりたいのは、信じられないほど高性能なコンピュータを自由に持ち運べるブックに収め、20分もあれば使い方がわかるようにすることだ」(Steve Jobs氏)


古いテクノロジがあふれるApple Store
 「世界最高の製品を作っていても、ゴミのような製品も大量にできてしまう。クズ製品は一掃しなければならない」(Steve Jobs氏)
 Appleが販売している一部の製品は、まさに骨董品だ。「iMac」「Mac mini」「Mac Pro」、MacBook Air、「Apple TV」、そしてiPodの全モデルは、待ったなしで刷新する必要がある。

何でもない問題に、ばかげた解決方法
 「とても美しいケーキを焼いて、飾り付けに犬の糞を使うようなものだ」(Steve Jobs氏)
 Appleは世界有数の人材を雇用しており、素晴らしいことを実行できる能力がある。
 だが、同社が発表する製品にはばかげたミスも混ざっている。たとえば、iPhone用のバッテリケースは
充電インジケータが内側にあって、iPhoneを装着すると見ることができない。また、充電可能なマウスは、
底面に充電ポートがある。充電可能なスタイラスは、キャップが小さくてすぐになくなってしまう。
 どれもこれも、Appleらしくないと思えるような設計上のミスだ。

アダプタ、アダプタ、またアダプタ
 「自分たちがやることを誇りに思うのと同じくらい、やらないことにも誇りを持っている」(Steve Jobs氏)
 Appleは明らかに、Macのラインアップを簡素化するという使命を帯びており、その手段の1つとして、できるだけポートの数を減らし、可能であれば1つのポートで統一しようとしている。新しいMacBook Proがその一例だ。
 だが、iPhoneやiPadならいざ知らず、コンピュータでポートを1つにするというのは苦痛でしかない。多くのユーザーは、
何種類ものアダプタやアクセサリ(Satechiの「Type-C USB 3.0 3-in-1」コンボハブなど)を持ち運ばないと、作業ができないという状況だ。

「Siri」がまだ賢くならない
 「大切なのは細部だ。細部がきちんとするまで、待つ価値はある」(Steve Jobs氏)

イノベーションを忘れ、他社(とりわけサムスン)に追随
 「他人の意見という雑音に、自分の内なる声をかき消されるな」(Steve Jobs氏)
 かつてのAppleは前を向いていたが、今では横に目をやり、競合他社が何をしているのか、気にすることが増えているように思える。
同社が特に気にしているのは、韓国のハードウェアメーカー、サムスンだ。

次の主力製品が一向に出てこない
 Steve Jobs氏は、iPodでAppleをメインストリームへと押し上げ、iPhoneでその土台を固め、iPadで頂点に達した。
 だが、ストーリーはそこで終わっている。
Jobs氏亡き後のAppleが新たにリリースしたデバイスは「Apple Watch」だけで、Apple Watchが次なるiPhoneのような製品になる気配は見えない
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490150502/


続きを読む

アマゾン、取次を介さず出版社と直接取引へ 発売日当日に届けるサービス開始

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/22(水) 14:23:37.96 _USER
c3804bae503abf4ae4eb4222abdaece6b06a2288
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ22H2A_S7A320C1MM0000/?dg=1&nf=1

 アマゾンジャパン(東京・目黒)は、出版取次を介さない出版社との直接取引を広げる。自ら出版社の倉庫から本や雑誌を集め、
沖縄を除く全国で発売日当日に消費者の自宅に届けるサービスを今秋までに始める。アマゾンによる直接取引が浸透すれば、
取次や書店の店頭を経ない販売が拡大。書籍流通の流れが変わる節目になりそうだ。

 埼玉県所沢市に1月、設立した「アマゾン納品センター」を直接取引専用の物流拠点として使う。アマ…
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490160217/


続きを読む

VAIO、税別24800円でAndroidを採用した「VAIO Phone A」を発売 「Windows10はコンシュマーが使うに厳しいOSだった」

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/22(水) 14:19:40.29 _USER
98index
http://japanese.engadget.com/2017/03/21/vaio-phone-a-os-android/
日本通信の「VAIO Phone」と対比する形で「真VAIO Phone」などと呼ばれ、話題を集めたVAIOのWindows 10 Mobile
搭載スマホ「VAIO Phone Biz」が、OSにAndroidを採用して、まさかの復活を果たします。アルミから削り出した
筐体やチップセットなどのハードウェアはそのままに、ソフトウェアを刷新。名称も、「VAIO Phone A」になります。

VAIO Phone Aは、VAIO Phone Bizと兄弟機で、ハードウェアの構成は同じです。チップセットには、
クアルコムの「Snapdragon 617」を採用。メモリ(RAM)は3GB、ストレージ(ROM)は16GBを搭載しており、
ディスプレイは5.5インチのフルHDとなります。背面に1300万画素のカメラを搭載している点も、VAIO Phone Bizから変わっていません。
筐体はアルミを削り出したボディで、最終検品を長野県安曇野市で行う「安曇野FINISH」も施されています。

一方で、OSにはAndroid 6.0を採用しており、それに伴い、いくつかの仕様が変更になっています。
純粋にソフトウェアが異なるだけでなく、ソフトウェアの変更によって、ハードウェアの性能が引き出されている部分もあります。
その1つが、対応周波数。VAIO Phone Aは、3GがBand 1、5、6、8、11、19に対応、LTEがBand 1、3、8、19、21に対応しており、
VAIO Phone Bizと比べると、3Gの対応周波数が増え、北米でも使いやすくなりました。もちろん、キャリアアグリゲーションも利用でき、
下り最大225Mbpsの速度を実現しています。
同時に、microSDカードスロットと排他となる形でSIMスロットが2つになり、デュアルSIM、デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応しました。
元々VAIO Phone Bizでも、microSDカードスロットはSIMカードスロットと兼用でしたが、Windows 10 Mobileでは、この機能が利用できませんでした。
晴れてAndroidを搭載したことで、VAIO Phone BizのDSDSが解禁になったというわけです


Androidを採用したことによる機能面での進化がある一方で、それ以上に驚かされたのがVAIO Phone Aの価格です。
ここまでのスペックを備えていながら、想定価格は2万4800円(税抜)とのこと。ミッドレンジモデルの売れ筋にストンと収まる価格設定で、攻めの姿勢を見せます。
VAIOによると、「このタイミングでVAIOとして、通信(端末)事業に広がりを出したい」(商品企画部 商品企画担当 岩井剛氏)といい、
戦略的に、あえて安めの価格を打ち出した模様。もちろん、ここには、「ハードウェアが共通で新たに金型などを起こすコストはかかっていない」(同)と
いう前提があり、VAIO Phone Bizで減価償却がある程度済んでいることもうかがえます。
家電量販店だけでなく、MVNOからも引き合いがあるといい、SIMフリースマホデビューに最適な1台になるかもしれません。

ただし、コスト削減のためもあり、VAIO Phone Bizで通していたドコモのIOT(相互接続試験)は実施していません。
「ハードウェアはIOTに通ったもの相当」ですが、Androidを搭載したうえでの試験は行っていないといいます。
そのため、VoLTEに関しても、あくまで試してみたら使えたというステータスになることは念頭に置いておいた方がいいでしょう。
「VAIOなのにAndroid」という点も、ツッコミを入れたくなるポイントです。


ここで気になるのは、トリニティに続き、Windows 10 Mobileを採用していたVAIOまでもが、続々とAndroidを採用していることです。
昨年、鳴り物入りで搭乗したWindows 10 Mobile搭載スマホですが、一気にメーカーが参入した割に、
その後、ピタッと新機種を出す動きが止まってしまいました。日本だけでなく、海外でもWindows 10 Mobileスマホのニュースは減り、
元々低かったシェアはさらに低下しています。そもそもマイクロソフト自身が、Lumiaの後継機を出せて(出して)いません。

VAIO Phone Aがトリニティの「NuAns NEO」と同タイミングでAndroidを採用したことは、「偶然」(同)とのこと。とはいえ、VAIOも「がんばって営業はしているし、
先日も三井住友銀行に導入していただけたが、当初の想定より市場が広がっていない」といいます。
元々、Windows 10 Mobileは、コンシューマーが使うには厳しいOSでした。iOSやAndroidに比べると機能が少なく、
ゲームなどのアプリも限られていました。
(以下略)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490159980/


続きを読む

世界の富豪、最多2043人=日本人トップは孫氏−米誌

1: しじみ ★ 2017/03/22(水) 02:47:27.24 _USER9
C7aa2-2U4AAfY0M
【ニューヨーク時事】
米経済誌フォーブスが20日発表した2017年版の世界長者番付によると、
資産10億ドル(約1130億円)以上の富豪は前年比233人増の2043人と、
史上最多となった。ソフトバンクグループの孫正義社長が34位に入り、
3年ぶりに日本人トップに返り咲いた。
米入国禁止にだんまり=ソフトバンクGの孫社長、言葉濁す


 株価や資源価格の上昇などを背景に、
番付に入った富豪の資産総額は前年比18.4%増の7兆6700億ドルに膨らんだ。
 全体のトップは、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏で4年連続。
2位は米著名投資家のウォーレン・バフェット氏だった。
不動産を多く所有するトランプ米大統領は544位に入った。
 前年に日本人首位だったカジュアル衣料店ユニクロを展開する
ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は同2位で、全体では60位だった。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032100013&g=eco
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490118447/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ