SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





成長が続く中古スマホ市場--世界出荷台数は2023年に約3.3億台、670億ドル規模へ拡大

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/21(火) 15:41:41.06 _USER
 IDCは、中古スマートフォン市場に関する調査結果を発表した。2018年における世界全体の出荷台数は1億7580万台で、これが2019年には17.6%増の2億670万台へ増えると見込む。さらに、2023年には3億3290万台、670億ドル(約7兆3653億円)規模へ成長すると予測した。2018年から2023年にかけて、出荷台数が年平均成長率(CAGR)13.6%のペースで増加するとみた。
Worldwide Market for Used Smartphones Forecast to Grow to 332.9 Million Units with a Market Value of $67 Billion in 2023, According to IDC(英文)
https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS45865720

 未使用の新品スマートフォンの出荷台数は減少傾向にあり、今後数年間の予想も微増にとどまっている。これに対し、中古スマートフォン市場の拡大は、世界の全地域で減速の兆候が見当たらないという。

 IDCは、中古スマートフォンに対する需要が高い理由として、最新モデルに比べ安価なことと、メーカーが比較的低価格で満足できる性能の新モデルを投入していることを挙げた。そして、環境保護に対する意識の高まりも中古スマートフォン人気の一因だが、今後も節約意識が同市場の成長をけん引し続ける、とした。

 今後の状況については、5Gネットワークおよび5G対応スマートフォンが普及していくことで、既存の4G対応スマートフォンを下取りに出して5Gスマートフォンへ移行する人が現れ、中古スマートフォン市場が影響を受けるとみている。

 中古スマートフォンの出荷台数と、各地域の世界全体に占める割合について、2018年の実測値、2023年の予測値、その間のCAGRは以下のとおり。

●北米
2018年:3900万台、22.2%
2023年:8720万台、26.2%
CAGR:17.4%

●その他地域
2018年:1億3680万台、77.8%
2023年:2億4570万台、73.8%
CAGR:12.4%

●合計
2018年:1億7580万台
2023年:3億3290万台
CAGR:13.6%

no title

中古スマートフォンの出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)

 なお、IDCは調査を実施する際、一般的に販売されている中古端末のほか、Appleやサムスン電子などが手がけている整備済みの再生品も中古スマートフォンとして集計した。

2020年01月21日 15時30分
CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35148071/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579588901/


続きを読む

PASMO、モバイルPASMO導入

1: スペインオオヤマネコ(秋田県) [US] 2020/01/21(火) 16:15:58.74 BE:194767121-PLT(12001)
dvsd01_l

PASMO協議会は2020年1月21日(火)、交通系ICカード「PASMO」のサービスをスマートフォンでも利用できる「モバイルPASMO」を、2020年春に導入すると発表しました。

【写真】「パスネット」などの懐かし磁気カード

 対応端末は、Android 6.0以上がインストールされた「おサイフケータイ」対応のスマートフォンです。「モバイルPASMO」のアプリをインストールすることで、カードの「PASMO」と
同様、列車やバスの乗車、電子マネーでの買い物などができます。

 また、クレジットカードのチャージや定期券の購入が、場所を選ばず可能に。故障・紛失時も窓口などに行かずに再発行手続きができるようになります。

「モバイルPASMO」の開始日やサービスの詳細は、3月初旬に発表される予定です。

 なお、iOS(iPhone)などほかのOSを搭載したスマホの対応は、PASMO協議会の広報幹事である京王電鉄の広報部によると、「対応する、しないを含めて未定」といいます。

 JR東日本では、交通系ICカード「Suica」の携帯電話版「モバイルSuica」を2006(平成18)年に導入。2011(平成23)年にAndroid搭載スマホ、2016年にiOS搭載スマホ
(iPhone)のそれぞれの対応機種でサービスを開始しています。鉄道やバスの乗車、買い物での支払い決済といった基本機能に加え、新幹線やグリーン券の
チケットレスサービスなどにも対応しています。同社によると、2019年3月現在の会員数はおよそ715万人です。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010002-norimono-bus_all
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579590958/


続きを読む

ファーウェイ幹部、米への引き渡し審理開始 カナダで

1: ムヒタ ★ 2020/01/21(火) 07:45:21.75 _USER
264eb1cfd93e5ab4f96db12dcccfd954_1579558932_l
【ニューヨーク=高橋そら】中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)の米への身柄送還をめぐる審理が20日、カナダで始まった。弁護団は同氏の早期釈放を要請しており、米国の起訴内容がカナダの法律上でも罪に当たるかが焦点となる。

保釈中の孟氏は水玉模様の黒いワンピース姿で出廷した。今回の審理は20日から5日間かけて、同氏の米での起訴内容がカナダの国内法でも罪に当たるかを検討する。

米国は2019年、イランとの違法な金融取引について銀行などに虚偽の説明をしたとして詐欺などの罪で孟氏を起訴し、カナダに送致要請を正式送付した。孟氏の弁護団は「この問題は米国のイラン制裁への違反に基づいている。この制裁はカナダが拒んだものだ」と主張した。カナダはイランに対して米国と同等の制裁は科しておらず、犯罪には当たらないと訴えた。判事がカナダでは罪に当たらないと判断すれば、同氏の釈放が認められる可能性もある。

孟氏は18年12月、バンクーバーの空港で米国の要請を受けたカナダ警察当局に拘束された。同氏の弁護団は、拘束の際のカナダ当局の対応は適切ではなかったと主張。逮捕の理由や弁護士を呼ぶ権利について説明がなく「憲法上の権利の侵害があった」と訴えた。当時の対応が適切でなかったと認められた場合、引き渡し審理が中止されたり、米国側が提出した証拠の一部が使えなくなったりする可能性がある。

身柄の引き渡しをめぐる審理は今秋まで数回に分けて行われる予定。上訴も可能なため、過去の審理では「確定まで1年以上かかった例もある」(米法律事務所のブライアン・ジェイコブス弁護士)。

ファーウェイのカナダ法人は20日、ツイッター上で声明を発表し「カナダの司法制度が孟氏の無実を証明すると信じている」と述べた。
2020/1/21 6:23
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54632560R20C20A1I00000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579560321/


続きを読む

「モバイルPASMO」、2020年春サービス開始--Androidのみ対応

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/21(火) 17:52:15.78 _USER
200121_psm_001
首都圏の鉄道・バス事業者が構成するPASMO協議会は1月26日、スマートフォンで交通系ICカード「PASMO」が使用できる「モバイルPASMO」を、2020年春よりサービス開始すると発表した。対象はAndroid端末で、iOSについての言及はされていない。

モバイルPASMOでは、鉄道・バスの利用やショッピングなど、従来のPASMOカードで利用できるサービスが、スマートフォンでも利用可能。また、クレジットカードでのチャージや定期券購入に対応するほか、窓口へ行かずとも故障・紛失時の再発行手続きができる。

 なお、定期券の購入が可能な事業者は、小田急や東急など、関東大手私鉄全社を含む鉄道事業者19社と、小田急バスや東急バスなどバス事業者15社。その他の事業者では、モバイルPASMOでの定期券は購入できない。

 対応端末は、Android6.0以上がプリインストールされた、「おサイフケータイ」対応のAndroidスマートフォン。アプリをインストールして利用する形となる。

 PASMO協議会は、サービス開始日や詳細、対応機種などについては、3月初旬に発表するとしている。
https://japan.cnet.com/article/35148272/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579596735/


続きを読む

OPPO、『背面カメラが消えるスマホ』を市場投入

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/21(火) 10:18:47.71 _USER
hjgjh
中国OnePlusでCEOを務めるPete Lau(ピート・ラウ)氏は海外メディアのポッドキャストに登場し、背面カメラが消えるスマートフォンを市場に投入することを明かしました。

まずOnePlusは今年冒頭に開催されたCES 2020にて、コンセプトスマートフォン「Concept One」を公開しています。これには背面に「エレクトロクロミック・ガラス」を採用することで、その下に配置された背面カメラを任意に隠したり露出させたりできるというギミックが仕込まれていました。

この技術はデザイン的に目を引くだけでなく、その透過度の調整によりNDフィルターのように機能し、露出オーバーになる可能性を回避することも可能だと説明されています。

なお、Lau社長は「将来のOnePlusスマートフォンにこの技術が搭載される」と語っただけで、具体的なモデル名や投入時期については言及していません。ただ通常のガラスよりもコストを押し上げる機構であることから、まずはハイエンドモデルからの採用が予測されそうです。

またLau社長は、折りたたみスマートフォの投入は時期尚早だとも語っています。大手スマートフォンメーカーが競って折りたたみ端末に参入する中、OnePlusはしばらくの間独自路線を貫くようです。
画像はソース
https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-20-oppo.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579569527/


続きを読む

5G全国整備へ新制度 光回線維持で負担金

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/20(月) 19:30:02.15 _USER
8de1f50aca841d9b6c95a524b92f9dc1
総務省は、次世代通信規格「5G」の基盤となる光ファイバー回線を全国的に維持する負担金制度をつくる。どこでも高速インターネットの環境を整備するためで、2024年にも携帯電話を含むネット利用者から広く薄く徴収し始める。不採算地域で光回線を持つ事業者に資金を交付し、回線の補修や更新に充てる。米英などはすでに高速ネットを不可欠なサービスに位置づけており、日本も制度化する。

春に有識者会議を立ち上げ、21…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54599810Q0A120C2SHA000/

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579516202/続きを読む

ソニー銀行、勘定系システムをAWSに移行へ 大阪リージョン開設を機に決断、クラウドオンリーな銀行に

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/20(月) 21:08:21.15 _USER
sh_sg_01
ネット銀行のソニー銀行は1月20日、勘定系を含むほぼ全てのシステムをAmazon Web Services(AWS)に移行する方針を発表した。2013年から、社内システムや周辺系システムをAWSに段階的に移行してきたが、より広範囲にわたるシステムをAWSに置き換えることで、運用に要するコストや時間をカットし、業務を効率化する狙い。

 勘定系システムは、銀行口座における入出金の管理や残高の更新などを担っている。障害などで停止すると各方面に影響を及ぼす他、仕組みが複雑であるため、クラウド移行に慎重になる金融機関が多かった。そうした中でAWSは、東京リージョンに加え、21年初頭に大阪で通常リージョンを開設することを決めた。これにより可用性・耐障害性の向上が見込まれることから、ソニー銀行はAWSへの移行に踏み切ったとしている。

時期や詳細などは決まっておらず、これから詰めるという。ただ、既存のシステムをそのままAWSに移すのではなく、クラウドのメリットを最大限に活用できるクラウドネイティブな仕様に作り替えることはおおむね決まっている。具体的には、アプリケーションをマイクロサービス化してコンテナ上で稼働させたり、サーバレス技術を採用したりする予定だ。

 ソニー銀行の福嶋達也執行役員は「当行は(東京リージョンに加えて)現行の大阪ローカルリージョンも利用しており、仮想サーバやバックアップなどで活用してきたが、利用できる機能が制限されていた。大阪での通常リージョン開設を機に、サーバレス系のサービスやコンテナをサポートするサービスなどをマルチリージョンで使っていきたい」と語った。

ソニー銀行は01年に創業。ベンダーがオーダーメイドで構築したオンプレミス型のシステムを使用していたが、13年からAWSを使い始め、初期費用とランニングコストを50〜60%削減した。19年からは財務会計システムに「Oracle EBS」を導入してAWS上で稼働させている他、CRM(顧客管理システム)にSalesforceを導入するなど、AWS以外のベンダーも含めたクラウドサービスを積極的に活用している。

 今夏には営業店で使用する端末を、AWSが提供する仮想デスクトップサービス「Amazon Workspaces」に移行する計画もあるという(社内端末は移行済み)。今後も金融機関に固有の特殊な専用機を除き、クラウド活用をさらに加速させる考えだ。

 福嶋執行役員は「クラウド活用を始めてから、われわれはクラウドファーストではなく、クラウドオンリーでモノづくり(システム構築)をしてきた」と語り、クラウドの採用を第一に考えるのではなく、クラウド利用を前提にシステムを設計してきたことを強調した。

 さらに、19年夏にAWSで障害が発生したことにも言及し、「マルチリージョンに対応したため、障害についての懸念はしていない。オンプレミスよりも高い可用性が期待できるだろう」と前向きな見方を示した。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/20/news127.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579522101/


続きを読む

米ネットフリックス 2月からジブリ作品を世界配信

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/20(月) 19:19:31.23 _USER
4959d0a9-s
米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

ジブリ作品を巡ってはAT&T傘下のワーナーメディアが展開する動画配信サービス「HBOマックス」で米国内でのジブリ作品の配信を決めるなど、動画配信サービスの目玉コンテンツとしてジブリと組む動きが広がっている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54593740Q0A120C2TJ1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579515571/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ