SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





新iPhoneのSuicaは電源切れても使える iPhone XS、XS Max、XRは「予備電力機能」付き

1: ムヒタ ★ 2018/09/15(土) 13:43:07.18 _USER
 Appleが、サポート情報「iPhone Xs - 技術仕様」「iPhone XR - 技術仕様」「iPhone Xs Max - 技術仕様」を公開し、日本で販売される、iPhone XS(モデルA2098)、iPhone XS Max(モデルA2102)、iPhone XR(モデルA2106)は「予備電力機能付きエクスプレスカード」仕様だと説明している。

 FeliCaでエクスプレスカード設定された「Suica」を使用する場合、本体の電源が切れてしまっても、予備電源によりしばらく使用可能になると考えられる。
no title

2018年09月15日 07時50分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/15/news018.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536986587/


続きを読む

auが「iPhone XS/XS Max」の価格を発表 XSは12万8640円から Maxは18万4800円まで

1: trick ★ 2018/09/14(金) 19:02:29.95 _USER
auが「iPhone XS/XS Max」の価格を発表 XSは13万円弱から Maxは19万円弱まで - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1809/14/news105.html
no title

 KDDIと沖縄セルラー電話は9月14日、同日16時1分から予約を受け付ける「iPhone XS」「iPhone XS Max」のau直営店・auオンラインショップにおける販売価格を発表した。iPhone XSは13万円弱から、iPhone XS Maxは14万円台前半からとなる。

(記事中の価格は全て税込)

iPhone XS
 iPhone XSの販売価格は以下の通り。

64GBモデル:12万8640円(24回払い・5360円/月、48回払い・2680円/月)
256GBモデル:14万6880円(24回払い・6120円/月、48回払い・3060円/月)
512GBモデル:17万1840円(24回払い・7160円/月、48回払い・3580円/月)
 端末購入に伴う月額料金割引「毎月割」は、契約内容によって以下の金額となる。

新規契約・MNP:月額3110円(総額7万4640円)
機種変更:月額2710円(総額6万5040円)
 毎月割を24カ月間(満期まで)適用した場合の実質価格は以下の通り。

64GBモデル:5万4000円(新規・MNP)/6万3600円(機種変更)
256GBモデル:7万2240円(新規・MNP)/8万1840円(機種変更)
512GBモデル:9万7200円(新規・MNP)/10万6800円(機種変更)
 なお、「auピタットプラン」「auフラットプラン」の契約者は毎月割が適用されないが、端末の下取りによって分割払いの残債を免除する「アップグレードプログラムEX」を適用できる。

iPhone XS Max
 iPhone XS Maxの販売価格は以下の通り。

64GBモデル:14万1600円(24回払い・5900円/月、48回払い・2950円/月)
256GBモデル:15万9840円(24回払い・6660円/月、48回払い・3330円/月)
512GBモデル:18万4800円(24回払い・7700円/月、48回払い・3850円/月)
 端末購入に伴う月額料金割引「毎月割」は、契約内容によって以下の金額となる。

新規契約・MNP:月額3110円(総額7万4640円)
機種変更:月額2710円(総額6万5040円)
 毎月割を24カ月間(満期まで)適用した場合の実質価格は以下の通り。

64GBモデル:6万6960円(新規・MNP)/7万6560円(機種変更)
256GBモデル:8万5200円(新規・MNP)/9万4800円(機種変更)
512GBモデル:11万160円(新規・MNP)/11万9760円(機種変更)
 なお、auピタットプラン・auフラットプランの契約者は毎月割が適用されないが、アップグレードプログラムEXを適用できる。
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536919349/


続きを読む

IBM、眠そうな人にコーヒーを届けるドローンで特許取得

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/14(金) 20:37:43.66 _USER
義務で参加させられたような立食パーティだと、あまりに退屈で眠くなってしまう。しかし、そういう場に限って中座するわけにいかず、興味のない会話を延々と続ける必要があったりする。コーヒーで眠気を誤魔化そうとしても、パーティ中盤だと用意されていないことが多く、意外と入手が難しい。

 IBMは、そんな状況で役立つかもしれない技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間8月7日に「DRONE DELIVERY OF COFFEE BASED ON A COGNITIVE STATE OF AN INDIVUDUAL」(特許番号「US 10,040,551 B2」)として登録された。出願日は2015年12月22日、公開日は2017年6月22日(公開特許番号「US 2017/0174343 A1」)。

この特許は、ドローンのような無人航空機(UAV)を使い、眠気覚ましになる飲み物を欲している人に届ける技術を説明したもの。請求項(クレーム)の内容は限定的であり、人が集まっている状況において、そのなかの眠そうな人に向かって飲み物を届けるというアイデアだ。

 眠気を感じているかどうかは、UAVに搭載されているセンサからの情報を解析して判断する。センサで計測するデータとしては、心拍数、血圧、瞳孔の状態、呼吸数、体温、呼気に含まれる化学物質、顔の表情がクレームで挙げられている。こうしたデータから眠いと感じているであろう人を抽出し、届ける飲み物は、眠気を忘れさせるような刺激を与えるものとしているが、第5クレームには「coffee(コーヒー)」に対する言及がある。
no title


 また、このUAVは、何らかのジェスチャーも認識して飲み物を届ける機能も備える。たとえば、話している相手が眠そうにしていたら、UAVに向かって手を振るとコーヒーが運ばれてくる、といった動作がこの特許で可能になる。
no title

https://japan.cnet.com/article/35125614/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536925063/


続きを読む

キャッシュレス化、良いことばかりでない 格差も拡大?

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/14(金) 20:35:58.30 _USER
vxvindex
電子マネーやクレジットカードなど、現金なしで買い物をする「キャッシュレス化」が急速に進んでいる。国は普及を推進する立場だが、課題は。

 「最近、急にキャッシュレスが進んでいる。事務所近くでは、電子マネーが使える喫茶店が全然なかったのに急速に増えた」。各種のカードに詳しく、キャッシュレス派という評論家の岩田昭男さんは、驚きを隠せない。

 岩田さんは、2千円以下の場合は決済が即時に済む電子マネー、それ以上は後で明細が把握しやすいクレジットカードと使い分けている。例えば、通勤時や外食はJR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」。タクシーは、カードの利用額として請求される電子マネー「iD(アイディ)」。公共料金はカード引き落とし、という具合だ。

 さすがに冠婚葬祭では現金を出すというが、それも将来どうなるかはわからない。

 愛宕神社(東京都港区)は2014年から、1月の「仕事始め」の日に、電子マネー「楽天エディ」の端末でおさい銭を受け付けている。楽天の実験的な取り組みだが神社側にもメリットがある。

 「神社でも支払時に『カードは…
https://www.asahi.com/articles/ASL80758KL80UTIL063.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536924958/


続きを読む

奴隷制を連想させるとして、Pythonで「master」「slave」といった単語が削除される

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/14(金) 20:40:23.37 _USER
wwindex
Pythonのバグトラッカーに、「Avoid master/slave terminology」という要望が寄せられている。これは「多様性のため」に奴隷制度を連想させる「master」「slave」という単語を削除するほうが好ましいという提案だ(Slashdot、Motherboard、Register)。

そもそも「master」という単語は非常に多くの場所で使われており、たとえばバージョン管理システムGitでは「masterブランチ」という概念がある。そのため、これを変更するのは容易なことではない。また、master/slaveという単語は電子回路やソフトウェアアーキテクチャにおいて奴隷制とはまったく関係ない文脈で使われている。そして、「slave」を置き換えられる単語で適切かつ広く普及している単語はいまのところ存在しない。こういった理由から反対の声も出ていたが、最終的には「salve」という単語は「worker」や「helper」に、「master process」という言葉は「parent process」に置き換えられることになったという。

なお、この議論は非常に白熱したため、Python開発において「優しい終身の独裁者」から離れるとしていたPythonの生みの親であるGuido van Rossum氏が仲裁し、提案された変更を受け入れる決断を下している。
https://developers.srad.jp/story/18/09/14/0935201/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536925223/


続きを読む

ドコモが「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」の価格を発表 XSは12万8952円から Maxは18万4680円

1: trick ★ 2018/09/14(金) 19:02:26.16 _USER
ドコモが「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」の価格を発表 XSは13万円弱から Maxは18万円台半ばまで XRは10万円弱スタート - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1809/14/news130.html
no title

no title

no title

no title

 NTTドコモは9月14日、同日16時1分から予約を受け付けている「iPhone XS」「iPhone XS Max」のドコモオンラインショップにおける販売価格を発表した。iPhone XSは13万円弱から、iPhone XS Maxは14万円台前半、iPhone XRは10万円弱からという価格設定だ。

(記事中の価格は全て税込)

iPhone XS
 iPhone XSの販売価格は以下の通り。

64GBモデル:12万8952円(24回払い・5373円/月)
256GBモデル:14万7096円(24回払い・6129円/月)
512GBモデル:17万1720円(24回払い・7500円/月)
 端末購入に伴う月額料金割引「月々サポート」は、全てのモデルで月額2457円で、総額5万8968円となる。月々サポートを全額適用した場合の実質負担額は以下の通り。

64GBモデル:6万9984円
256GBモデル:8万8128円
512GBモデル:11万2752円


iPhone XS Max
 iPhone XS Maxの販売価格は以下の通り。

64GBモデル:14万1912円(24回払い・5913円/月)
256GBモデル:16万56円(24回払い・6669円/月)
512GBモデル:18万4680円(24回払い・7695円/月)
 端末購入に伴う月額料金割引「月々サポート」は、全てのモデルで月額2457円で、総額5万8968円となる。月々サポートを全額適用した場合の実質負担額は以下の通り。

64GBモデル:8万2944円
256GBモデル:10万1088円
512GBモデル:12万5712円

iPhone XR
 iPhone XRの販売価格は以下の通り。

64GBモデル:9万8496円(24回払い・4104円/月)
256GBモデル:10万4976円(24回払い・4374円/月)
512GBモデル:11万6640円(24回払い・4860円/月)
 端末購入に伴う月額料金割引「月々サポート」は、全てのモデルで月額2457円で、総額5万8968円となる。月々サポートを全額適用した場合の実質負担額は以下の通り。

64GBモデル:3万9528円
256GBモデル:4万6008円
512GBモデル:5万7672円
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536919346/


続きを読む

ソフトバンク新iPhone端末、最上位は19万円超

1: ムヒタ ★ 2018/09/14(金) 13:32:04.49 _USER
ssdcindex
 ソフトバンクは14日、米アップルが12日に発表した「iPhone」新製品の端末代金を発表した。6.5インチの大画面を採用した最上位機「XS Max」の記憶容量512ギガ(ギガは10億)バイトモデルが税込み19万円を超えるなど、高価格化が際立っている。

 「iPhoneX」の後継機にあたる5.8インチの「XS」の価格は記憶容量によって異なり、税込み13万6800〜18万円。XS Maxは同14万9760〜19万2960円となる。21日からの販売開始を前に、14日午後4時1分から予約を受け付ける。

 同社はいわゆる「4年縛り」プランに加入することで端末代の負担を軽減できると説明している。4年縛りとは端末代を4年間の分割払いとして、2年が経過した後に機種変更や利用中の端末を下取りに出すなどで端末代が最大半額になる仕組みだ。

 それでもアップルの高価格路線の影響は避けられそうにない。上位機種を中心に、消費者がどう反応するか見えにくいところもある。
2018/9/14 12:31
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35362090U8A910C1X12000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536899524/


続きを読む

自動運転、複数のクルマを同時に NTTデータ公道実験

1: ムヒタ ★ 2018/09/14(金) 14:41:21.66 _USER
 AS20180913004554_commL
NTTデータは13日、都内で複数の自動運転車を公道で同時に走らせる実証実験をすると発表した。乗降場所を限定した完全自動運転による配車サービスを2020年までに実用化したい考えだ。

 同社の本社がある江東区豊洲地区で14日と19、20日に実施する。自動運転の技術を開発する群馬大が車両を提供。大和自動車交通の運転手が運転席に座る。

 豊洲駅、商業施設(アーバンドックららぽーと豊洲)、マンションの3カ所を乗降場所にした1周約6キロのルートを3台のミニバンが走る。事前に予約した40〜50組のマンション住民が参加し、乗り降りする場所をウェブサイトで指定する。

 NTTデータは航空管制システムなどを手がけており、自動運転に必要なデータの解析やセキュリティー管理に強みを持つ。昨年、群馬大と協定を結び、天候などの条件を満たせばシステムがすべての操作を行う完全自動運転の確立をめざし、研究を進めている。

 同社広報は「人の多い都市部で自動運転車を走らせるのは課題も多いが、実現すれば採算も見込める。地域の声を聞き、課題を整理したい」としている。(箱谷真司)
2018年9月14日14時01分
https://www.asahi.com/articles/ASL9F4HLML9FULFA00Q.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536903681/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ