SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





「8K」放送にスイッチは入るか 「4K」はシェア争い本格化

1: ばーど ★ 2017/12/11(月) 08:55:15.66 _USER9
フルハイビジョンと「4K」 「8K」
no title


フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ「4K」、16倍の解像度を持つ「8K」の実用放送が、2018年にいよいよ始まる。業務用カメラなどの撮影機器各社は4K用機器の拡販と同時に、4Kを上回る画質の「8K」向け製品の市場投入が加速している。世界的には8K放送の予定はまだ少ないが、各社は放送だけに留まらない高解像度映像の利用拡大に期待をかけている。

 8K撮影向け業務用カメラの発売が相次いでいる。シャープは約30年ぶりに業務用カメラの新製品として8K対応の「8C―B60A」を12月に発売する。

 ソニーは、8K3板式カメラ「UHC―8300」を10月に受注開始。池上通信機やキヤノンも、11月に開催された展示会「2017国際放送機器展」で8Kカメラシステムを展示し、今後に期待を寄せる。

 市場関係者は「4K用カメラは、4K放送前に売れ始めた。8Kも同じではないか」と見る。4K放送ではハイビジョンと4Kを両方撮影できる機材を選ぶ放送局が多い。

 NHKと民放がこぞって始める4K放送に対し、8Kの普及はまだ未知数だ。8Kの本放送を予定しているのは今のところNHKのみ。放送予定が少ない上、家庭での視聴には4Kでも十分に美しい。一般消費者が8Kに付加価値を見いだし、より高価なテレビなどを購入するには、映像美以外の価値提案が必要かもしれない。

■カメラ・放送以外にも商機

 高解像度映像には、放送以外の利用価値がある。キヤノンのイメージコミュニケーション事業本部の枝窪弘雄副事業本部長は、「8Kは、医療やパブリックビューイング、保存用コンテンツなど高解像度と臨場感が求められる用途が期待できる。産業用が増えるのではないか」と指摘する。例えば、文化財や建造物、自然などの映像遺産は大きな注目を集めている。

 このためカメラ各社は、8Kによる“最高の映像”追求に余念がない。ソニープロフェッショナル・ソリューション&サービス本部の桐山宏志メディア事業担当VPは「8K3板式カメラで映像を超える表現を追求した」と自信たっぷりに語る。

 3板カメラは、光を電気信号に変換するイメージセンサーが3枚ある。光を赤と緑と青に分光し、3色の光を別のセンサーで受け取る。通常の1枚のイメージセンサーは、赤の光を受け取る画素では緑や青を受け取れないため、色は間引きされる。3板は3色全ての情報を受け取れるため、より忠実に色を再現できる。

 ソニービジネスソリューション(東京都港区)の宮島和雄社長は、「少しでもユーザーの期待を超えるのがソニーのDNAだ」と話す。放送用カメラの高いシェアを生かし、8Kでもリードを狙う。

 キヤノンの枝窪副事業本部長は「国内で相次ぐ国際スポーツイベントを視野に、センサーから手を入れて、8Kソリューションをブラッシュアップする」と意気込む。8K機材は実証実験段階だが、15年から展示会などでレンズからカメラ、映像編集用のディスプレーまでの一連の製品を紹介し、コンテンツを作成しながら研究を続けてきた。

 御手洗冨士夫会長兼最高経営責任者(CEO)は、一連の8K機材で撮影した映像を最初に見た時に、「全員に見せろ」と指示を出したという。8Kは現時点で最高の映像であると同時に、現時点の限界でもある。これを研究すれば進化の方向がわかる。

 例えばフォーカスの改善のために、カメラとディスプレーのどちらからアプローチするか。「8Kの研究から、8K以外の改善策も出てきた」(同事業本部の大川原裕人ICBソリューション開発センター所長)とし、8K研究で映像技術全体を底上げする。

 シャープは、アストロデザイン(東京都大田区)と共同開発した8K対応カメラ「8C―B60A」を、880万円(消費税抜き)で売り出す。1台で撮影と記録、再生、ライン出力を行う。

■「4K」はシェア争い本格化

 技術提案の活発な8Kに対し、4Kはシェア争いが本格化している。キヤノンの枝窪副事業本部長は「18年度あたりが需要のピークになるのではないか」と話す。20年に開催予定の東京五輪・パラリンピックの準備に加え、03年の地上デジタル放送開始時に導入した機材が更新時期に入るためだ。

>>2以降に続く

配信2017年12月11日
ニュースイッチ
https://newswitch.jp/p/11317
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512950115/


続きを読む

Tesla、AIプロセッサを自社開発中──イーロン・マスクCEO

1: ノチラ ★ 2017/12/11(月) 11:00:16.62 _USER
yu_tesla
Teslaのイーロン・マスクCEOが人工知能関連カンファレンスのパーティーで、AIプロセッサを自社開発中であることを明らかにした。同社は現在、AI技術でNVIDIAと提携している。

米Teslaのイーロン・マスクCEOは12月7日(現地時間)、米カリフォルニア州ロングビーチで開催の人工知能関連カンファレンス「NIPS 2017」で開催したパーティーで、自動運転向けAIプロセッサを自社開発していると語った──。米The Registerが8日、このパーティーの参加者からの報告に基づいてそう報じた。

 マスク氏は「TeslaがAIについて、ソフトウェアとハードウェアの両面で真剣に取り組んでいることをはっきりさせておきたい。われわれは専用AIチップを開発している。ジム(ハードウェア担当副社長のジム・ケラー氏)が開発中のAIハードウェアは世界一になるだろう」と語ったという。ケラー氏は米AMDで「Zen」アーキテクチャを手掛け、2016年にTesla入りしたエンジニアだ。

 Teslaは現在、Model Sなどのモデルで米NVIDIAのGPUおよびAI技術「NVIDIA DRIVE PX」を採用している。

 マスク氏はまた、10年後には新車の約半分は自動運転車になり、AGI(汎用人工知能)は7〜8年以内に実現するとも語った。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/11/news045.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1512957616/


続きを読む

Apple、来年末にもiTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了か

1: ノチラ ★ 2017/12/11(月) 05:59:00.37 _USER
300x300s_FFFFFFFF
Appleが、iTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了し、Apple Musicでのストリーミングに完全移行する、と複数の関係者からの情報をもとに、音楽業界の動向に詳しい米メディアDigital Music News(DMN)が報じています。
iTunes Storeでの音楽DL販売終了、計画を前倒しか

iTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了する計画は、2016年から動き出しており、その時期は3〜4年以内という計画がある一方で、遅くとも2019年の年末、早ければ2018年末に前倒しされる、と複数の匿名の関係者がDMNに語っています。

音楽のダウンロード販売によるビジネスは、年々市場規模が縮小しており、ビジネスの中心はSpotifyやApple Musicなどのストリーミングへと移行しています。

ストリーミングでトップを走るSpotifyは、6,000万人以上の有料会員を持ち、無料会員を含めたアクティブユーザーは1億4,000万人以上に達しています。

一方、後発のApple Musicの有料会員は3,000万人を超えた程度にとどまっており、Appleはユーザーを引きつけるべく、独自の映像コンテンツの開発に取り組んでおり、Apple Musicのブランド見直しも検討されている模様です。
ダウンロードしたコンテンツはApple Musicに移行

Appleの計画に詳しい人物によると、ユーザーがiTunesでダウンロード購入したコンテンツは、Apple Musicに移行される、とのことです。

移行に際して、ライセンスの問題でストリーミング視聴できないコンテンツは、タイトルがグレーアウトして再生不可能になるそうです。

しかし、ユーザーはダウンロードされたコンテンツも引き続き利用可能で、将来的にライセンス契約先が拡大することでこの問題は解決に向かうだろう、と関係者は語っています。
肥大化したiTunesにもメスが入るか

iPodの登場後、ユーザーがコンピュータを介して音楽を入手する重要なインターフェイスとなっていたiTunesですが、近年はインターフェイスが複雑化し使いにくいとユーザーからの厳しい評価にさらされていました。DMNによると、iTunesはApple社内のエンジニアからも評判が悪いものとなっている、とのことです。

コンテンツのダウンロード販売からストリーミングへのシフトは、iTunesの機能やデザイン刷新も伴ったものとなるでしょう。

なお、2017年9月に公開されたiTunes 12.7では、アプリやブックを管理する機能を削除するなど、機能のスリム化が図られています。
https://iphone-mania.jp/news-196556/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1512939540/


続きを読む

ニコニコ動画さん、プレミアム会員の減少がガチで効きまくってる模様

1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/10(日) 15:37:59.63 ● BE:284093282-2BP(2000)
img_36d4653c8482209f539e6ef3093d1f5e275046
(く)りたしげたか @sigekun
ニコニコでは先日の発表会以降の反応を重く受けとめ、
今後はユーザーのみなさんに向き合う運営に改めていきたいと思っています。
そのためネット(Twitter、ブログ、動画)やカスタマーサポートへのご意見にできる限り目を
通しておりますが、このツイートにレスの形でもご意見いただければ幸いです。
10:03 - 2017年12月5日

ツイートにレスでいただいた貴重なご意見は全て社内で検討いたします。
今の時点でそれぞれ個別にコメントすることはいったん控えさせていただきますが、
承ったという意味で「いいね」を付けさせていただいています。
12:22 - 2017年12月5日

こんにちは。ドワンゴの栗田です。僕のTwitterをご覧になっている方はご存じだと思いますが、
数日前にこのようなTweet)を
しました。
その結果、数多くの熱意あるリプライをいただくことができました。まずは、みなさんの
熱意と愛情に深く感謝いたします。背筋が伸びる思いです
12:13 - 2017年12月9日

今日だけですでに700件以上の新しいリプライをいただいており、
これまでにいただいたものと合わせると1300件以上になります。
すべてに個別の返事を差し上げるのは難しいのですが、きちんとすべてに目を通して
課題を把握しております。
19:11 - 2017年12月9日


http://toyokeizai.net/articles/-/199717
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1512887879/


続きを読む

2018年のiPhoneは金属ボディの低コスト版を発売

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2017/12/10(日) 09:58:28.90 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
no title


日経新聞のアジア方面に特化した英語ニュースサイト『Nikkei Asian Review』が、業界筋からの話としてAppleが2018年に
3種類のiPhoneをリリースする予定だと報じています。

情報によるとリリースされるiPhoneは有機ELディスプレイ搭載の大きさ約6.3インチと5.8インチの2種類と、
従来の液晶ディスプレイ(LCD)を採用した大きさ6.1インチの計3種類になるとのことです。

液晶ディスプレイと金属ボディでコストダウン
 
液晶ディスプレイを採用した場合、有機ELディスプレイと比べてコストダウンを図ることができます。

また、この6.1インチのiPhoneには金属ボディが採用されるとあるため、ワイヤレス充電機能なども省かれた低コスト版になると思われます
(iPhoneのワイヤレス給電規格Qiは金属素材に対応していない)。

さらに金属ボディであれば『iPhone 5c』のように、ピンクやグリーンなどのさまざまなカラーラインナップを揃えることもできます。

この情報が事実かどうかはまだ分かりませんが、2018年のiPhoneについてはiPhoneに詳しいKGI証券のアナリストのミンチー・クオ氏も
「3種類リリースされる」と伝えており、今年発売された『iPhone 8/8 Plus/X』のような展開を期待できるかもしれません。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20171209-00079075/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1512867508/


続きを読む

赤字は気にしない「AbemaTV」がテレビを支配する日

1: ノチラ ★ 2017/12/10(日) 20:55:58.23 _USER
20171210-00053670-gendaibiz-000-3-view
儲かると判断したから、やるだけ―。藤田氏は飄々とそう答える。日本のメディアの勢力図が塗り替えられるかもしれない大勝負に打って出たサイバーエージェントの「勝算」はどこにあるのか。

タダですぐに見られる

「社員の9割以上の人間が、番組の詳細を知らされていなかったんです。それ以上に驚きなのは、番組中のCMを提供しているクライアントたちすらも『元SMAPの3人が出る』ということ以外はほとんど知らされていなかったということでしょう。

3日にわたる生放送でなにが起きてもおかしくないのに、よくクライアントもCMを出してくれたと思いました」(サイバーエージェント社員)

'17年11月2日、メディア業界を揺るがす歴史的な「事件」が起こった。

元SMAPの稲垣吾郎(43歳)、草なぎ剛(43歳)、香取慎吾(40歳)の3人が、インターネット番組『72時間ホンネテレビ』に生出演したのだ。

昨年末のSMAP解散以来、3人がはじめて顔を揃えたということもあり、累計視聴回数は驚異の7400万回を突破した。

元SMAPの3人は、矢沢永吉や市川海老蔵など錚々たるメンツの芸能人計132組とのカラミをこなす。なかでも視聴者のあいだで話題になったのは、かつてSMAPのメンバーだった森且行氏(43歳)との「再会」が果たされたシーン。

現在はオートレーサーとして活躍する森氏のレースを観戦し、思わず涙を流す香取の姿は、ジャニーズ事務所による厳しいマネージメントから逃れられない地上波では、決して見られなかっただろう。

この番組を放送したのは、インターネットテレビ局「AbemaTV」。日本のITベンチャーの先駆者「サイバーエージェント」が'16年4月に開局したメディアである。

AbemaTVへのアクセスは誰にでも簡単にできる。パソコンで公式サイトを開けばすぐに再生が始まるうえ、アプリをダウンロードすればスマホでも視聴可能で、会員登録も年会費も必要ない。

ニュースにドラマ、アニメから麻雀にいたるまで、ケーブルテレビのようにジャンル分けされた全24チャンネルをいつでも楽しむことができる。番組間にCMが流れ、そこから広告収入を得るのは民放と変わらない。

驚くのは、サイバーエージェントがコンテンツにかける本気度だ。AbemaTVはサイバーエージェント60%、テレビ朝日40%の共同出資で運営されていて、『報道ステーション』をはじめとするニュース番組やテレ朝制作のバラエティ番組も観ることができる。

「開局当初は地上波の深夜番組をさらに低予算にしたようなクオリティの番組しかありませんでした。

ですが直近では、一般人が元プロボクサーの亀田興毅とのマッチに挑む『亀田興毅に勝ったら1000万円』、そして『72時間ホンネテレビ』のように、ポジティブな意味で『ネットしかできない』コンテンツを作れるようになったのが強みです」(百年コンサルティング代表の鈴木貴博氏)
以下ソース
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53670
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1512906958/


続きを読む

日本企業またやらかす…NTTの量子コンピュータ開発成功は虚偽発表と判明!共同研究者が告発

1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/10(日) 17:36:04.08 ● BE:284093282-2BP(2000)
b30f42cf
「スパコン超え」国産コンピューター 「量子」命名に異論 集積回路、従来のまま
「世界最大規模の国産量子コンピューター」とのキャッチフレーズで発表された計算装置に対し、共同研究者からも「量子コンピューターではない」との異論が出ている。
内閣府と科学技術振興機構(JST)の予算で、NTTや国立情報学研究所(NII)、東京大の産官学が参加した大型プロジェクト。
背景には、すぐに目に見える成果を求められる国主導の研究開発事情が見え隠れする。

https://mainichi.jp/articles/20171210/ddm/003/040/045000c
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1512894964/


続きを読む

スパコン社長の人脈交遊華やか 医師から転身、有識者会議で国と接点

1: 紅あずま ★ 2017/12/10(日) 07:04:32.61 _USER9
スパコン社長人脈、国と接点 医師から転身、交遊華やか
朝日新聞:2017年12月10日05時03分
http://www.asahi.com/articles/ASKD953H5KD9UTIL01D.html

no title

斉藤容疑者の主な経歴


 国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)の助成金をだまし取ったとして東京地検特捜部に詐欺容疑で逮捕されたスーパーコンピューター開発会社社長斉藤元章容疑者(49)。
医師からスパコン開発者に転じ、会社設立から7年ほどで、政府有識者会議に名を連ね、華やかな交遊を誇った。
特捜部は資金の流れについて全容解明を目指す。

 「人工知能とスーパーコンピューターは連携できる」。
2016年10月、人工知能(AI)や科学技術による経済再生を話し合う政府の有識者会議で、委員だった斉藤容疑者が政府職員や学者らに訴えた。

 当時すでに容疑となった助成金を受けた「PEZY Computing」などスパコン関連の5社を運営。
米シリコンバレーで医療系法人を設立した経験もあった。内閣府は取材に、実績を考慮して委員になった、と説明する。

 国内で広く斉藤容疑者がスパコ…

残り:1085文字/全文:1453文字
※公開部分はここまで
※無料登録して全文を読むことが出来ます
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512857072/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ