SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





NVIDIA、1万円台の小型AIコンピュータ「Jetson Nano」を発表

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/19(火) 13:54:35.89 _USER
NVIDIAの新しい「Jetson Nano」プラットフォームの狙いは、人工知能(AI)開発を誰でもとっつきやすいものにすることにある。

NVIDIAの創設者で最高経営責任者(CEO)のJensen Huang氏は米国時間3月18日、NVIDIAの「GPU Technology Conference」でJetson Nanoを発表した。開発者やクリエーター、愛好家向けの99ドル(約1万1000円)の開発者キットと、エッジシステムを開発する企業向けの、量産製品への実装が可能な129ドル(約1万4000円)のモジュールが提供される。

 その名の通り、Jetson Nanoは開発者キットが80mm×100mmというコンパクトさだが、クアッドコアのARMプロセッサ、128基のコアを統合したNVIDIAグラフィックス、4Gバイトのメモリを搭載している。プリインストールされた「Jetpack SDK」は、「NVIDIA Cuda Toolkit 10」をサポートする「Ubuntu 18.04」をベースとしたデスクトップLinux環境を備える。

Jetson Nanoの主な仕様
CPU:64ビット Quad-core 1.43GHz ARM A57
GPU:128コア NVIDIA Maxwell
メモリ:4Gバイトの64 ビットLPDDR4 1600MHz
ビデオエンコーダ:4Kp30、1080p30、1080p60
ビデオデコーダ:4Kp60、4Kp30、1080p30、1080p60
USB:USB 3.0 Type-A×4(ホスト)、USB 2.0 Micro Type-B(デバイス)
カメラ:MIPI CSI-2×2
ディスプレイ:HDMI、DisplayPort

 Jetson Nanoは、Seeed StudioとSparkFunで発売されており、人気の高い多くの周辺機器やアクセサリに対応する。さまざまなプロジェクトのほか、チュートリアルも含まれるので、DIY好きな人や学生はJetson Nanoを箱から取り出して、すぐにAIに取り組むことができる。ユーザーが技術的な質問に対する回答を得られるように、Jetson開発者フォーラムも提供されている。
https://japan.cnet.com/storage/2019/03/19/848029b4d077fa9faf89a76f70f6e61b/jetson-nano-1.png
https://japan.cnet.com/article/35134401/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552971275/


続きを読む

ドコモ、「dリビング」を5月末で終了

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/18(月) 21:53:10.44 _USER
 NTTドコモは、2016年7月から提供している家庭向けサービス「dリビング」を5月31日に終了する。
no title


 dリビングでは、ハウスクリーニングや家事代行を優待価格で利用できるほか、部屋の見守り機能や宅配収納、札幌市内限定の雪下ろしサービスなど、暮らしをサポートするさまざまなサービスを提供してきた。終了理由は、事業状況を鑑みて経営資源を集中するためとしている。

 サービス終了に向けたスケジュールとしては、新規会員の申し込みは4月23日22時まで。会員は5月31日までdリビングを利用できる。

 なお、一部類似するサービス内容が含まれる「dエンジョイパス」への移行を案内しており、dリビング会員向けにdエンジョイパスの新規入会キャンペーンを実施する。期間は4月1日〜6月30日。詳細は3月26日にキャンペーンページで案内される。


ケータイ Watch
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1175241.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552913590/


続きを読む

ソニー「Xperia」はなぜiPhone、サムスンファーウェイに負けたのか?スペック値段でも劣勢

1: 名無しさん@涙目です。(家) [ニダ] 2019/03/18(月) 22:38:19.72 ● BE:151915507-2BP(2000)
W4bn9OqOtfRmg==

1946年に創業して以降、日本を牽引する家電メーカーとして確固たるブランドを築いてきたソニーだが、スマートフォン事業では苦境に立たされているようだ。

「Xperia(エクスペリア)」シリーズを展開するソニーは、2015年第4四半期には1530万台のスマートフォンを出荷していたが、2017年末には400万台へと激減。
さらに2018年第4四半期には、わずか190万台の出荷にとどまるなど、業績は下降の一途をたどっている。

世界的にもスマートフォンの出荷台数は減少しているため、市場全体が停滞期に入っているのは事実だ。
しかし韓国メーカーのサムスン電子は、2018年における全世界のスマートフォン出荷台数シェア20.8%でトップを維持している。
また中国メーカーであるファーウェイは年間2億600万台を出荷しており、シェア2位のアップルに肉薄している。

日本が世界一の経済大国であったことを知る世代からすれば、アメリカのアップルに負けるのはともかくとして、
韓国のサムスンや中国のファーウェイの後塵を拝している状況に忸怩たる思いを持つ方も少なくないだろう。
そこで今回は、日本のメーカーがなぜ、韓国や中国のメーカーのスマートフォンに勝てなくなったのか、ケータイ/スマートフォンジャーナリストの石川温氏に解説してもらった。

ソニーだけではなく…日本メーカーのスマホ事業は総じて厳しい状況

まずは、ソニーのスマートフォン事業の苦しい現状と、その原因について伺った。

「ソニーはテレビやデジカメといった分野では非常に好調ですが、唯一、スマートフォン事業に関しては苦戦を強いられているのです。

日本企業としての高い技術力を誇るソニーは本来、ハイエンドスマホでシェアを取っていかなければならないのですが、肝心のスペック面で他社に遅れを取ってしまっているという状況です。
世界的な市場で見れば、韓国のサムスンが圧倒的なスペックの強さを誇っていますし、またファーウェイも力を付けてきている。



一方で、日本市場で好調を維持しているのが、「AQUOS(アクオス)」シリーズを展開するシャープだ。

「シャープは2016年に鴻海精密工業(台湾)に買収されているので、厳密にはもう日本メーカーとは言えないのですが、“日本発”のメーカーであることは間違いないので注目をしている方も多いでしょう。
そんなシャープのスマートフォンですが、日本市場に限っては比較的、好調をキープしていると言えます。

シャープはハイエンドモデルも出しているのですが、3万円前後のリーズナブルなスマートフォンもラインナップしており、そこが強みになっています。

https://wezz-y.com/archives/64359
2019.03.16
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1552916299/


続きを読む

自動運転特許、サムスン電子が世界2位

1: 名無しさん@涙目です。(家) [ニダ] 2019/03/18(月) 21:41:19.97 ● BE:151915507-2BP(2000)
bab97ee2-s

http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019031680004
1位はフォード、現代自動車は7位

 全世界での自動運転特許出願件数が2番目に多い企業はサムスン電子であることが調査で分かった。中国の特許情報提供会社「incoPat(インコパット)」
がこのほど発表した「2018グローバル自動運転技術特許出願100大企業」という調査によると、サムスン電子が1152件で2位だった。

 これは、自動車メーカーではない企業としては最も高い順位だ。
2011年に北京で設立されたインコパットは、世界117カ国で出願された約1億3000万件の特許情報を保有しており、各種特許情報を中国語・英語で提供している。
1位は米国の自動車メーカー・フォード(1225件)だった。3位は日本のトヨタ(684件)、4位は米GM(517件)、5位は独自動車部品メーカー・ボッシュ(484件)と続き、
韓国企業では現代自動車が7位(412件)、LGが12位(281件)、自動車部品メーカー・萬都が29位(115件)だった。
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1552912879/


続きを読む

QRコード統一規格、月内にも公表 コスト懸念も

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/18(月) 12:49:46.06 _USER
e9fceffe62df936bc46e788d3478299aecc1b671
経済産業省と産学官が立ち上げたキャッシュレス推進協議会が29日にもQRコード決済の統一規格を発表する。利用者を識別する番号の割り振り方法を定め、複数の事業者が異なる利用者に同じ番号を発行するのを避けることなどが柱だ。クレジットカード並みの仕様を求めており、セキュリティーの向上が期待できる一方、加盟店や利用者にコストが跳ね返る懸念も指摘される。

統一規格は、利用者がQRコードを提示する仕様のものと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2019/3/18 12:26
日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42591870Y9A310C1EE9000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552880986/


続きを読む

アングル:若者の拡散力に賭けるAbemaTV、地上波超える野望

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/18(月) 14:28:30.63 _USER
dxxvdimages
[東京 18日 ロイター] - 10代の女子高生から絶大な支持を集める雑誌「Popteen(ポップティーン)」の表紙を飾る専属モデルの座を獲得するのはだれか──。2月22日夜、都内のテレビスタジオで「あやみん」や「きょうきょう」など可愛らしいニックネームを持つ10代のモデル12人が、緊張した面持ちでその瞬間を待っていた。

<若者をターゲットに>

インターネットテレビ「AbemaTV」で人気急上昇となった「Popteenカバーガール戦争」は、日本のテレビの新しい方向性を示しているのかもしれない。

米国の新興メディア、ネットフリックス(NFLX.O)などはコストがかかる「シリーズもの」のドラマやスターが出演する映画などを配信することで伝統的なテレビ局のビジネス領域に侵食しているが、AbemaTVは低予算の中で、ソーシャルメディアで拡散力を持つ世代に焦点を当てた番組づくりを進めている。

この戦略は何百万人もの若い視聴者を引きつけるとともに、もうかるビジネスに大化けする可能性があるとして、広告主や業界アナリストも納得させた。

地上波などのテレビ局は、全世代を意識した番組づくりをしているため、若者にとっては物足りなく感じることもある。

これに対し、AbemaTVは若者に的を絞っているだけに展開が速い。サイバーエージェント(4751.T)の谷口達彦執行役員(AbemaTV編成制作本部制作局長)は「情報処理に長けた世代なので、問題なくついてくる」と指摘。ドラマは「イメージだが、2倍の脚本をぎゅっと詰め込んでいる感じだ」と語った。

<赤字続きも先行きに自信>

AbemaTVは、2015年4月にサーバーエージェントとテレビ朝日(9409.T)が共同で立ち上げた。

サイバーエージェントは、インターネット広告やゲームとともに収益の柱として育てたい考えだが、足元ではまだ実績を出せていない。AbemaTVの2018年9月期の営業損益は、先行投資がかさみ208億円の赤字だった。2019年9月期も200億円の営業損失を見込んでいる。

インターネットテレビを巡っては、海外プレーヤーの参入も相次ぎ、競争環境は厳しさを増している。

彼らは保有する豊富なコンテンツに字幕を付けて提供するだけでなく、ネットフリックスの恋愛リアリティーショー「テラスハウス」のように日本発の番組も提供しながら、日本の視聴者を取り込んでいる。

しかし、サイバーエージェントの藤田晋社長は、事業の先行きに自信を示す。

AbemaTVは2016年4月の開局以来、ダウンロード数が3700万件にのぼり、1週間あたりの視聴者数(WAU)はこの年末年始に918万人に達した。

ゴールドマン・サックス証券のアナリスト、杉山賢氏は2020年9月期に事業が黒字転換し、2024年9月期に売上高が1621億円、営業利益が721億円になると予想している。

最終消費者が対象の企業は、インターネットで効果的な広告機会を模索している。その際、問題となるのが広告を出すにふさわしいコンテンツ不足だ。杉山氏は「インターネットではプロがつくるコンテンツが必要とされているが、特に日本では不足している」と語った。

良質なコンテンツを提供できれば、広告売り上げを伸ばせる余地は大きい。

>>2 へ続く

2019年3月18日 / 13:11
ロイター
https://jp.reuters.com/article/abema-tv-idJPKCN1QZ09R
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552886910/


続きを読む

Google Play上のアンチウイルスアプリの3分の2はまともに動作していない

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/18(月) 13:29:30.07 _USER
Google Play上で配信されているAndroid向けアンチウイルスアプリの3分の2は完全に無駄なものであり、一部のものはスマートフォンをマルウェアに感染させる可能性すらあると新しい研究結果が示しています。

Android Test 2019 – 250 Apps | AV-Comparatives
https://www.av-comparatives.org/tests/android-test-2019-250-apps/
no title


Two-Thirds of Android Antivirus Apps Are Total BS
https://www.tomsguide.com/us/android-av-apps-bogus,news-29621.html

オーストラリアのアンチウイルス研究施設であるAV-Comparativesが、Google Play上に存在するアンチウイルスアプリ250個が、サンプルとして用意された2000個のマルウェアに対してどのような動作を見せるかをテストしました。テストの結果、最小限のマルウェアを防ぐことができるのは250個のアプリのうち、わずか80個のみだったそうです。

AV-Comparativesによると、テストされたアプリのうち、サンプルとして用意された2000種類のマルウェアをすべて検出できたのはわずか10分の1、つまり検証されたアンチウイルスアプリのうち25個のみだったそうです。また、テストされたアンチウイルスアプリの3分の2以上が、マルウェアを30%すらブロックできない「ゴミアプリ」でした。

AV-Comparativesはほとんどのアンチウイルスアプリは偽物であり、それらの多くは広告を表示したり開発者のキャリアを促進したりするためだけに作成された「偽物」であるとのこと。

Tom's Guideは「Android端末を適切に保護するには有名企業のウイルス対策アプリを使用してください」と記しており、AV-Comparativesは「これらのアプリの主な目的は、実際にユーザーを保護するのではなく、開発者にとっての収入を生み出すことにあるようです」と記しています。

用意されたマルウェアサンプルをすべて検出できたのは、AhnLab・Antiy・Avast・AVG・AVIRA・Bitdefender・BullGuard・Chili Security・Emsisoft・ESET・ESTSoft・F-Secure・G Data・Kaspersky Lab・McAfee・PSafe・Sophos・STOPzilla・Symantec・Tencent・Total Defense・Trend Micro・Trustwaveという23のアンチウイルスベンダーによるアプリのみ。例えばBitdefenderのアンチウイルスアプリは「モバイルセキュリティ for Android」、Symantecのアンチウイルスアプリは「ノートン モバイルセキュリティ Android 版」、Avastのアンチウイルスアプリは「アバスト モバイル セキュリティ」で、これらのアプリなら正確にAndroid端末を狙うマルウェアを検出できるというわけです。

ノートン モバイルセキュリティ Android 版
https://i.gzn.jp/img/2019/03/16/android-antivirus-apps-bad/01.jpg

そのほかで特筆すべきものとして、AV-ComparativesはPSafeのアンチウイルスアプリ「dfndr security」を挙げています。dfndr securityはAvastのウイルス対策エンジンを使用していますが、Android 8 Oreo以降では正常に動作しないようになっているとのこと。しかし、テスト結果としては「マルウェアを100%検出できるもの」に分類されています。

また、AV-ComparativesはGoogle自身によるAndroid向けのセキュリティシステム「Google Play プロテクト」のマルウェア検出率が、わずか68.8%であると指摘しています。

Cheetah Mobile製の人気の高いアンチウイルスアプリ「Security Master」は、マルウェアの検出率が30%未満。マルウェアの検出率が30%未満のアンチウイルスアプリベンダーは138社存在します。

特定のアプリはアドビ、Facebook、Twitter、WhatsApp、Instagram、Googleといった特定の企業によるアプリをホワイトリストに載せることで、知名度の高いアプリがマルウェアとして検出されないようにしている、とAV-Comparativesは述べています。これはつまり、マルウェアの開発者がホワイトリストに登録されている開発者の名前をアプリに含めることで、アンチウイルスアプリの検出を回避できる可能性を示唆しています。

2019年03月16日 09時00分
GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190316-android-antivirus-apps-bad/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552883370/


続きを読む

Apple「Spotifyの主張に対して 」

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/17(日) 16:59:33.48 _USER
apple-v-spotify-transparent-3-720x720
App Storeの中心となるコンセプトは、ユーザが自分で見つけたアプリケーションを信頼し、情報や金銭のやり取りを実行できるような、安心かつ安全なプラットフォームです。デベロッパにとっては、エンジニアの初心者から大規模なソフトウエア開発会社まで、誰もがまったく同じルールでビジネスを行なうことが保証されているのです。

App Storeは、最初からそうありつづけてきました。私たちはアプリケーションに関わるビジネスがもっと盛んになってほしいと願っています。それが例え、Appleのビジネスと一部で競合するようなものであっても、です。なぜなら、そうすることでより良いものを作ろうと拍車がかけられるからです。

Spotifyが求めているものはまったく異なります。Spotifyは何年もApp Storeを通じて自分たちのビジネスを劇的に成長させてきましたが、App Storeのエコシステムから得られる利益(App Storeのユーザから彼らが得る相当な収入を含む)すべてを、自分たちが恩恵を受けてきた市場(App Store)に支払を一切することなく独り占めできないかと考えているのです。同時に、Spotifyがリスナーの好きな音楽を配信しても、それを作ったアーティスト、ミュージシャン、ソングライターに支払われる金銭はきわめて小額であるため、楽曲を提供しているクリエイターたちと裁判にまで至っています。

Spotifyは自分たちのビジネスモデルを決定するあらゆる権利を有しています。しかしながら、Appleという企業、Appleが打ち出したビジネスモデル、Appleが独立系のソフトウェア開発者、ミュージシャン、ソングライター、クリエイターを分け隔てなく支援すべく取り組んでいることについて、Spotifyが誤解を招くような表現を用いることで同社の財務的な動機付けを隠そうとしている点については、適切に応じておかねばならないと感じています。

そこで、以下の点について弊社の考えを示します
Spotifyは、Appleが自社の製品に対する同社のアクセスと同社アプリケーションのアップデートを阻止していると主張。

この点については明白です。当社がSpotifyに成り代わり承認・配信してきたアプリケーションのアップデート数は200に及び、この結果、Spotifyアプリケーションのダウンロード数は累計3億回を超えるに至っています。これを当社が例外的に行わなかったのは、Spotifyがアプリケーションのアップデートの際に、共通ルールを回避するような仕組みを仕込んでいたケースです。

当社は、Spotifyのサービスをより多くのデバイスおよびプラットフォームに展開できるように、同社と頻繁に連携しています:

当社がSiriとAirPlay 2への対応をSpotifyに何度か求めた際、同社は取り組むと応じてきたので、当社はいつでも彼らに協力できるような態勢で待っている。
Spotifyは弊社のCarPlayのようなプラットフォームに深く組み込まれているが、彼らは他のデベロッパと何ら異なることなくアプリケーション開発のためのツールおよびリソースを利用できる立場にある。
Apple Watchに関するSpotifyの主張は特に驚くべきものがある。Spotifyが同社のApple Watch向けアプリケーションを2018年9月に当社に提出した際、私たちはこれを他のアプリケーションに対するのと同じプロセスとスピードで調査・承認した。実際、Apple Watch向けのSpotifyアプリケーションは現在、Apple Watchの音楽カテゴリーでナンバーワンの人気を博している。

Spotifyは弊社の製品ならびにプラットフォームに対応する(または競合する)アプリケーションを自由に作れる立場にあり、弊社としてもそうあってほしいと願っている。
以下ソース
https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/03/addressing-spotifys-claims/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552809573/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ