SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





シャープの17年3月期、経常利益99億円 3期ぶり黒字化

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/17(金) 11:26:37.94 _USER
001
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD17H0D_X10C17A2EAF000/

 シャープは17日、2017年3月期の連結経常損益が99億円の黒字(前期は1924億円の赤字)に
なりそうだと発表した。従来予想は2億円の赤字だったが、3期ぶりに黒字に転換する。
不振の太陽電池事業で材料のシリコン購入価格を見直すことで調達先と合意した。最終損益は271億円の赤字(同2559億円の赤字)と、
従来予想から赤字幅が約100億円縮小する。

 シャープは「原材料の購入の変更契約を締結した」と発表した。調達に関する引当金が101億円減り、
原価が減少することで利益増につながった。太陽電池材料とは明言していないが、同社は過去にシリコンの市場価格を上回る
価格での長期契約を結んだことが業績の足かせになっていた。シャープを傘下に収めた台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は
条件の悪い契約の見直しを進めており、太陽電池材料でも見直しが進んだようだ。

 同社の16年10〜12月期連結決算では、主力6事業のうち太陽電池事業だけが営業赤字だった。契約の見直しにめどがたったことで、
戴正呉社長が目指す全事業黒字化の目標に向けて前進する。

 業績上方修正を受け、16日午前の株式市場ではシャープ株が一時前日比13円(4%)高の335円まで上昇する場面があった。

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487298397/続きを読む

アップルの次期iPhone、サムスンの有機EL搭載で液晶モデルよりバッテリー持ちが50%改善

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 18:47:01.43 _USER
18420792-s
http://iphone-mania.jp/news-154937/

Apple関連の情報の正確さで知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、「iPhone8」は4.7インチモデル
と同等の本体サイズで、5.5インチモデル並みのバッテリー容量を確保する、と予測しています。
iPhone8は基盤の高密度化でバッテリー容量拡大か

クオ氏は、バッテリー技術は向こう数年間、大きく進化しないと見ており、iPhone8ではバッテリーサイズの拡大のために、
基盤を従来の10層から20層へと高密度化する手法が採用される、と予測しています。

空いたスペースにバッテリーをL字型に配置することで、4.7インチモデルと同等の本体サイズながら2,700mAhのバッテリー容量を実現するだろう、と述べています。

ちなみに、4.7インチのiPhone7は1,960mAh、5.5インチのiPhone7 Plusは2,900mAhのバッテリーを搭載しています。
バッテリー持続時間50%アップか

「iPhone8」は、バッテリー消費量の少ない有機EL(OLED)ディスプレイの採用が見込まれており
、バッテリー容量の拡大との相乗効果で、従来型液晶ディスプレイモデルよりも持続時間が約50%向上する効果が見込まれる、とクオ氏は予測しています。

なお、「iPhone8」はOLEDディスプレイの採用、ワイヤレス充電による発熱対策などの影響でコストがかさみ、
アメリカでの販売価格が1,000ドル(現在のレートで約11万4,000円)を超える、と予測されています。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487238421/


続きを読む

世耕大臣「東芝の半導体メモリー事業はわが国に必要な技術」

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/17(金) 13:12:40.15 _USER
7
http://www.sankei.com/politics/news/170217/plt1702170010-n1.html

世耕弘成経済産業相は17日の閣議後の記者会見で、東芝による半導体事業の分社化に関し
「わが国が保持していかなければならない技術で、雇用が維持されていくことも重要だ」と述べ、引き続き東芝の対応を注視していく考えを示した。

 半導体の主力製品「フラッシュメモリー」について「韓国が他を引き離し、日米が追いかけている状況」と指摘した。
新会社の経営権が外資に渡る可能性に関しては「最初から仮定や前提を置かずに、わが国の成長戦略で何がベストか考える必要がある」と述べるにとどめた。

 東芝の経営問題の発端となった米国の原発メーカーの買収に関連し、原発事業の海外輸出を推進してきた
経産省の責任を問われると「民間企業の経営判断に尽きる」と暗に否定した。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487304760/


続きを読む

日商の三村明夫会頭「東芝は日本の財産というべき企業。シャープの比ではない」

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 20:18:43.84 _USER
bsg1702161744006-f1
http://www.sankei.com/economy/news/170216/ecn1702160017-n1.html

日本商工会議所の三村明夫会頭は16日の記者会見で、東芝の経営危機に関して
「東芝は日本の財産というべき企業。技術は(鴻海精密工業の子会社となった)シャープの比ではない。日本に残ることを考えてもらいたい」と述べ、
早期の自力再生に期待を寄せた。

 三村氏は、巨額損失の要因となった米原発子会社の買収に関しては「十分な検討がなされなかったのは、企業として責められることだと思う」と指摘した。

 東芝の原発事業そのものについては「世界のエネルギー需要を考えれば原発は重要なエネルギー源だ。原発の機器納入、
サービス提供で利益を得るのは事業としておかしくない」と述べた。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487243923/


続きを読む

格安スマホ好調! 大手携帯会社はピンチか

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/17(金) 07:28:43.04 _USER9
img_01376745325e485a2c5279a7a2ce0c1c133411
格安スマホを展開するMVNOが台頭し、安価な月額料金でスマートフォンが利用できるようになった。
一方、販売面で苦戦しているのがNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手携帯通信会社だ。

その要因は昨年4月、総務省がスマホ販売に関するガイドラインを打ち出したことだ。
「実質ゼロ円販売」(2年間の利用を前提に端末代金と同額の料金を値引きする)が事実上できなくなった。
他社から乗り換える番号ポータビリティ(MNP)の利用者を、過度な値引きによって獲得することが不可能になったのだ。

また、端末の割引額が減少し、ユーザーの負担が増えたことから、MVNOやワイモバイルなどの低価格サービスにユーザーが流出する動きも強まっている。
新規ユーザーの開拓が困難になり、既存ユーザーの流出も続く。大手携帯通信会社は一見すると苦しんでいるように見える。

■MVNOを“味方”と捉え始めた携帯通信大手

毎月1万円近く料金を支払っている大手携帯会社の利用者が、月額2000円前後のMVNOのサービスに流れてしまえば、直接的に得られる収入は大幅に減る。
それゆえ、従来、MVNOは既存通信会社の敵ともみなされてきた。

しかし、MVNOは大手携帯通信会社におカネを支払ってネットワークを借りてサービスを提供している。
通信会社にとってMVNOが増えることは、接続料収入などの収益源が増えることにつながる。メリットもあるのだ。

さらに、最近は両者の関係も大きく変化しつつある。その要因のひとつは総務省の政策にある。
総務省はMVNOの競争力を高めるべく、ここ1〜2年のうちに競争を阻害する大手通信会社のSIMロック(ほかの通信会社の回線で使えないようにすること)や、
前述のように、通信会社を乗り換える客を優遇した過度な割引販売に対し、厳しい対応を取るようになった。

低価格サービスは味方?

こうした総務省の姿勢は、MVNOがある程度競争力をつけるまで変わらないとみられる。
そこで、大手携帯通信会社は「低価格を求めるユーザーがある程度流出するのはやむを得ない」と判断したのだろう。
可能な限り自社に収入が入るように、自社のネットワークを用いたMVNOを広げたり、サブブランドを味方につける動きが加速している。

実際、KDDIは2016年からグループのUQコミュニケーションズが展開する「UQ mobile」で大幅なテコ入れを進めた。
同年12月にはネット接続やMVNOを手掛けるビッグローブを買収するなど、MVNOを着実に広げている。

ソフトバンクは、ユーザー獲得が進むサブブランド「ワイモバイル」に一層力を入れている。
2月からは、ヤフーの有料会員サービス「Yahoo! プレミアム」と同等のサービスが無料で利用できる
「Yahoo! プレミアム for Y! mobile」を、主力の「スマホプラン」などの契約者に対して提供しているのだ。

■最大手のドコモはどうする? 

それでは、9割以上のMVNOに回線を提供するドコモはどうか。こちらはMVNOに対してコンテンツを提供している。
「dTV」(動画見放題)や「dマガジン」(雑誌読み放題)など、自ら展開するコンテンツサービス「dマーケット」
(どの携帯通信会社のユーザーでも利用可)をユーザーに積極的に使ってもらおうということだ。

多くのMVNOは通信以外のコストを削ってサービス提供していることから、大手のように独自サービスを開発・提供するのは難しい。
そこで多様なコンテンツを持つドコモと協力し、サービスの魅力を高めることで、加入促進へとつなげているわけだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170217-00155607-toyo-bus_all
東洋経済オンライン 2/17(金) 5:00配信
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487284123/


続きを読む

ITエンジニアの4割「IT業界から離れたい」 

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 09:52:05.93 _USER
6bafb62992db6f130c541f4cee50917a_m-1
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/020900025/020900003/?n16

人材不足の状況が慢性化しているIT業界。ITエンジニアの年収やキャリア志向、
やりがい、ストレス状況にその影響が表れている。年齢層によっても考え方は大きく異なる。
IT人材のスキルキャリアを研究するNPO法人「ITスキル研究フォーラム(iSRF)」が国内で就業するITエンジニア1万228人を対象に実施した調査結果から、その実態が見えてきた。

 今回の調査で、やりがいとストレスの状況は密接に関係していることが分かった(図12)。
「全くやりがいを感じない」と答えた人の72%が高ストレス者であるのに対し、「大いに、やりがいがある」「やりがいがある」と答えた人では10%に満たない。

ストレスを感じているからやりがいが低下したのか、やりがいを感じない仕事をしているからストレスを感じているのか、といった
因果関係を調査結果から読み取ることはできない。少なくとも組織のストレスマネジメントを考えるうえで、仕事のやりがいを一つの要素として考える必要があると言えよう。

 キャリア意識とストレス状況の関係はどうだろうか。顕著なのは「ITの業界から離れたい」と答えたエンジニアだ。39.3%が高ストレス者
という結果だった(図13)。回答者の多くは希望する職業に就いているわけではないと考えられるので、当然の結果だろう。

 「仕事内容にかかわらず、今の会社にずっと勤めたい」と回答した層で、高ストレス者の割合が4.4%と低い点も目を引く。
回答者の多くは「仕事の内容にはこだわらないし、会社に対して特に不満はない」との意識を持っているとみられる。
ストレスの原因は人それぞれだが、おそらく原因となる要素が少ない状況にあると想像できる。

 ストレスの少ない生活を送れるのは当然、悪いことではない。ただ、
仕事にこだわらない「就社」をしている人でなければ、ストレスを低減できない状況だとしたら、専門職であるエンジニアの環境としては問題ありと言わざるを得ない。

(続きはサイトで)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487206325/


続きを読む

「スマホあるのでテレビは買いません」 若者のテレビ離れが深刻に

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 09:09:31.12 _USER
aef855f4
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0368909.html

テレビ番組も視聴できるスマートフォンの普及で、若者のテレビ離れが進む中、
家電量販店の販売戦略も変化を迫られている。まもなく春の新生活の準備を見据えたセールの時期だが、
セット商品からテレビが外れる傾向が顕著。ライフスタイルの変化やネットを通じた情
報の氾濫で若者世代の考えも多様化しており、家電量販店もニーズに応えようと腐心している。

 「テレビはあまり見ないので買いません。どうしてもという時はスマホでも見られるので」。
苫小牧市内の家電量販店を訪れた市内の専門学校生堀井都さん(20)はこう話し、春からの新生活に向け、冷蔵庫や洗濯機を熱心に比較していた。

 ケーズデンキ苫小牧店(新開町4)では、新社会人や学生を対象にした新生活関連のセット商品は、
「冷蔵庫と洗濯機」「電子レンジと炊飯器」の2タイプが基本。「スマホが普及した2011年ごろから、
若い世代のテレビの売れ行きは年々落ちてきている」(担当者)といい、テレビはここ数年、基本セットに入らなくなった。
 若者の消費動向に詳しいニッセイ基礎研究所の久我尚子主任研究員は「今の10〜30代はインターネットで
情報を比較することに慣れており、自分のライフスタイルに合った商品選びがうまくなっている」と分析。
機能性の高さやお得感など「コストパフォーマンスを追求する傾向も強い」と特徴づける。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487203771/


続きを読む

苦境の東芝、「経営改革担う」人材募集中 「危機発生時のメディアコントロール」担当者も

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 15:43:19.13 _USER
ecn1702151130007-n1
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/16/news069.html

経営危機に陥っている東芝が、「経営改革を担う」経理財務担当者や、
「危機発生時のメディアコントロール」を担う広報担当者を転職サイトで募集しており、
「火中の栗を拾う人材はいるのか」とネットユーザーの注目を集めている。

 東芝は2月14日に予定していた2016年4〜12月の決算発表を当日になって1カ月延期。同期は原発事業で
7125億円の減損を計上し、4999億円の最終赤字となる見通しで、債務超過の危機に陥ってい
る(関連記事:「東芝は何の会社になるのか」 半導体事業を“失う”いま、綱川社長が記者会見で語ったこと)。

 そんな中でも同社は、転職サイトでさまざまな人材を募集中だ。中でもネットユーザーに注目されているの
経理財務担当者の募集。「幅広い経験を積みながら東芝の経営改革を担います」「『新生東芝』のコーポレートガバナンス改革を担っていただきます」とし、
決算業務や原価計算、資金など幅広い部署での採用を検討。年収は550〜850万円としている。

 求人の掲載が始まったのは1月半ばで、原発事業による減損は「数千億円」と報道されていたタイミング。
その後、損失額は7000億円規模にふくらむことが分かり、決算発表は予定日当日になって延期するなど混乱した。
同社に今、経理財務担当として入社すると、かなりチャレンジングな仕事を担うことになりそうだ。
グローバル広報やメディア対応、投資家対応を担当する広報・IR担当者も募っている。
職務内容には、「危機発生時等はメディアコントロールをご担当いただきます」との文言も。ビジネスレベルの英語力が必要で、
年収は600〜1100万円と高めだが、同社をめぐる批判的な報道が飛び交い、株価も下落し続けている中で、厳しい仕事になりそうだ。

 同社は17年4月入社の新卒採用は中止していたが、18年は再開するとしており、新卒採用サイトも公開している。3月1日にエントリー受け付けを始める予定だ
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487227399/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ