SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





ポケベル、来年9月に終了

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/03(月) 12:44:35.55 _USER
 東京テレメッセージは12月3日、ポケットベルを使った無線呼び出しサービスを来年9月に終了すると発表した。同社が国内で唯一、一都三県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)でのみサービスを続けていたが、利用者が1500人を下回っており、終了を決めた。防災無線など他サービスへ経営資源を集中させるとしている。

no title

東京テレメッセージの公式サイトより
http://www.teleme.co.jp/service/magicmail/index.html

 サービス終了の対象は、東京都が03、埼玉県が048、千葉県が043、神奈川県が044と045で始まる呼び出し電話番号の端末。「端末の販売から20年たったのを1つの契機にサービスを終了する」(同社)

 ポケベルは、外回りをする営業担当者などの連絡手段として普及。90年代には「14106」を「あいしてる」と読むなど、数字の語呂合わせでメッセージを送り合う遊びが流行した。1995年度末には加入契約数が1061万人を超えた(総務省調べ)が、携帯電話などが普及する中、契約数が減少した。NTTドコモは2007年にサービスを終了している。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/field/tsuushin02.html

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

2018年12月03日 09時36分 公開
ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/03/news057.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543808675/


続きを読む

ヤフー系スマホ決済、ネット通販の支払い可能に

1: ムヒタ ★ 2018/12/03(月) 11:47:27.53 _USER
えfsindex
ヤフーとソフトバンクの共同出資会社でスマートフォン(スマホ)決済を手がけるペイペイ(東京・千代田)は同社の手がける決済が2019年2月からインターネットサービスの支払いに対応すると発表した。従来は店舗での支払いだけだったが、ヤフーのネット通販「ヤフーショッピング」などで利用できるようになる。利便性を高め、顧客獲得につなげる。

ペイペイは10月、スマホ決済「PayPay(ペイペイ)」のサービスを開始した。利用者は専用のアプリから店舗に張り出されたQRコードを読み込んだりバーコードを提示したりすると、支払いができる。店舗側は専用端末を導入する負担がかからず、中小の飲食店などで広がっている。今回、新たにインターネット上のサービスで使えるようにする。

ヤフーショッピングやフリマアプリ「ヤフオク!」に加え、19年4月からはアスクルのネット通販「LOHACO(ロハコ)」でも利用できる。これまではネットサービスを利用した際に、ヤフーが提携する「Tポイント」を付与していた。今後、電子マネーのペイペイがたまる仕組みに切り替える。

スマホ決済の競合の楽天も自社のネットサービス「楽天トラベル」や「楽天市場」でためたポイントを実店舗で使ったりためたりできるようにし、会員基盤を広げてきた。今後、スマホ決済が様々なサービスのインフラとなるだけに、利用者や加盟店の拡大に向けた競争は一層激しくなりそうだ。
2018/12/3 10:55
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38454380T01C18A2X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543805247/


続きを読む

サムスンが散々ディスってきたiPhoneからGalaxy端末の宣伝を行っていたことが判明

1: ムヒタ ★ 2018/12/03(月) 10:28:22.23 _USER
sdfdindex
スマートフォンの市場シェアで世界第1位となっているSamsungの主力プロダクトのひとつがGalaxyシリーズです。そんなSamsungはGalaxyシリーズのプロモーションの一環として、これまでiPhoneからGalaxyに乗り換えるまでをムービーにしたり、露骨にiPhoneをディスったりと、ライバル製品のiPhoneとGalaxy端末を比較するような広告戦略を取ってきました。しかし、そんなSamsungが最新のGalaxy Note 9に関する宣伝ツイートを、あろうことかライバル製品のiPhoneから行っていたことが明らかになっています。

Samsung tweets Galaxy Note 9 promo from Twitter for iPhone - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2018/12/02/samsung-tweets-galaxy-note-9-praise-from-iphone/

ナイジェリアでSamsungが運用しているTwitterアカウントの@samsungmobilengが、Galaxy Note 9のSuper AMOLEDディスプレイに関するツイートを投稿したのですが、このツイートがiPhoneから投稿されたものであることが指摘され話題を呼んでいます。

問題のツイートを発見したのはウェブムービープロデューサーのMarques Brownleeさんで、「iPhoneから投稿されていることを指摘するツイート」は、記事作成時点で6000件以上リツイートされ、4万件以上いいねされています。

https://twitter.com/MKBHD/status/1069246242130145280

なお、@samsungmobilengがつぶやいた問題のツイートは記事作成時点で既に消去されていました。
2018年12月03日 10時00分
https://gigazine.net/news/20181203-samsung-tweets-from-iphone/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543800502/


続きを読む

中国のスマートシティ「雄安新区」は第2の深センになるか

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/02(日) 18:23:59.21 _USER
img_98d8ea5ac6b4ebde6daff8c0104fac5e76605
世界各国の政府が「自国のシリコンバレー」を口にするように、中国政府もいくつも「第2の深セン」を狙ったプロジェクトを仕掛けている。最近では北京郊外の雄安新区に「千年の大計」として大規模開発を行っている。雄安新区は未来の深センとなれるか。

習近平政権の
肝いり政策「雄安新区」
 昨年から「雄安新区」という名前がさまざまなメディアで聞かれるようになった。

 雄安新区は、北京から150kmほどの郊外にある、河北省の何もない場所だ。もっとも、「北京郊外」と書いたが、この150kmという距離は東京から富士山より遠い。北京から南東に150kmほど行った場所に大都市である天津があるが、雄安新区は南西に150kmほど行った先にある。

この北京・天津・雄安新区を囲んだ巨大な三角形は、関東平野まるごととか香港・深セン・東莞・珠海・広州などが含まれる珠江デルタ全体ぐらいの面積になるが、ここをまるごと開発しようという巨大なプロジェクトの皮切りが雄安新区である。昨年3月に雄安新区をレポートしたライターの安田峰俊さんのレポートによると、かなり強引な立ち退きが行われたようだ。

 2017年から開発が始まった雄安新区を、実際に見てきた取材記はまだ少ない。まだ高速鉄道も完成しておらず、雄安新区や周辺に外国人が宿泊可能なホテルもなく、数十キロ離れた保定市からタクシーを飛ばす必要があるなど、しばらくは気軽に取材できる場所にならないだろう。

 僕はたまたま、10月18日〜24日に行われた河北工業設計週イベントのスピーカーとして雄安新区に招かれ、現地の街並みや実験店舗などを見てきた。

自動運転の実験区として
活用されている雄安新区
 今の雄安新区は、立ち退きによってできた数km四方の空白地の中、500m四方ほどの面積だけが舗装され、建物が並んでいる。そのエリアは「雄安新区市民中心」と名付けられている。ほとんど人が住んでいない雄安新区で市民中心とはブラックジョークのような地名だ。

 現在の雄安新区で代表的な「市民」は自動運転車などのロボット群と、その実験をするエンジニアたちだ。百度(Baidu)の出資を受けている阿波羅(Apollo)社の自動運転技術の実験が大々的に行われている。
以下ソース
https://diamond.jp/articles/-/185534
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543742639/


続きを読む

プログラミングおじさん集合 「COBOL」がTwitterトレンド入り!

1: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ニダ] 2018/12/02(日) 21:28:58.52 BE:447187251-2BP(1500)
dvxindex

プログラミング言語「COBOL」がTwitterトレンド入り AWS Lambdaのサポート言語に追加、技術者がざわつく
2018年11月30日

 米Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)は11月29日(現地時間)、AWSクラウド上でプログラムを実行できるサービス「AWS Lambda」に、任意のプログラミング言語が使える「Custom Runtimes」を追加した。
これを受けて日本のTwitterでは30日(日本時間)、サポート言語に含まれていた「COBOL」がトレンド入りした。

 AWS Lambdaはサーバレスでプログラムを実行できるクラウドサービス。サーバの準備や管理が不要で、アップロードしたプログラムの処理が実行された時間だけ料金が発生する仕組み。
例えば、海外のニュースメディアではWebサイトに表示する画像を異なるデバイスに合わせてリサイズするような処理で使われているという。

 Lambdaがこれまで対応していたプログラミング言語は「Node.js(JavaScript)」「Python」「Java」「C#」「Go」「PowerShell」で、新たに「Ruby」を追加した。
さらに、任意のプログラミング言語が使える新機能のCustom Runtimesでは、「Erlang」「Elixir」「COBOL」「N|Solid」「PHP」「C++」「Rust」をサポートする。

 この中にある「COBOL」(Common Business Oriented Language)は、1950年代、事務処理システム向けに開発されたプログラミング言語。構文が英語の自然言語に近い特徴を持つ。

photo
 より効率的な新言語が登場する中で、“レガシー(遺産)言語”とも冷やかされるが、現在も金融系のメインフレームなど大企業の基幹業務システムで多く使われている。
長年に渡り古いシステムを使い続けるのは、改修にかかる莫大なコストに対して見合うメリットが薄いためとされている。だが年々COBOLを習う技術者は減っており、将来は人手不足に陥るとの見方もある。

 Twitterでは、COBOLがトレンド入りしたことに対して「なぜ?」という疑問の声とともに、「平成の終わりにCOBOLがトレンド入りとは……」「久しぶりに名前を聞いた」「習ったことのない言語ですね」
「IT界の生きる化石」「今も普通にCOBOLで仕事してます」「技術者が足りません!」「まだ金融系で使われていますからね……」といったコメントが寄せられている。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/30/news102.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1543753738/


続きを読む

東芝のラジカセ(18000円)が売れまくっている背景に何が

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/12/02(日) 22:32:01.87 BE:878978753-PLT(12121)

「Aurex(オーレックス)」と聞いてピンと来た人は、きっと古くからのオーディオファンであろう。
かつて東芝が発売していたオーディオ機器ブランドだが、一時途絶えた後、2016年3月に東芝ライフスタイルグループの
オーディオ機器会社である東芝エルイートレーディングから復活した。ブランド復活の第一弾は、ハイレゾ(ハイレゾリューション)
音源の再生に対応したCDラジオ「TY-AH1000」。そして第2弾が、18年に発売された「TY-AK1/同AH1」である。

 いずれもハイレゾ相当の音源の再生に対応したもので、3月に発売された「TY-AK1」はカセットテープ対応のCDラジカセ、
4月に発売された「TY-AH1」はBluetoothのワイヤレス再生対応CDラジオ。中でも「TY-AK1」は、
カセットテープの音源をハイレゾ相当の音質に再生できることから、発売と同時に話題となり、販売をけん引。2モデル合わせて1500台という
目標をクリアしそうな勢いで売れている。
no title


現在、多くの人がスマートフォンで音楽を聴いていると思うが、実はラジカセも一定の市場規模を維持している。
市場を支えているのは主にシニア世代で、使用目的は大きく2つあるという。

 1つめは、シニア世代が大好きな演歌歌手の曲をカセットテープで聴いたり、カラオケの練習や録音に使ったりしている。
そのために、マイク端子の搭載はもちろんのこと、カラオケを聴きながら自分の歌をカセットテープに録音することができる
ダブルカセットタイプが、東芝エルイートレーディングから発売されている。

 2つめは、主に50代が青春時代に録音したカセットテープを聴いている。過去に録音したカセットテープを大切に保管している人たちが
ラジカセを買い求めているのだ。カセットテープを再生できるハードウェアが減少してきていることを踏まえ、カセットテープから
SDカードやUSBメモリーにダビングできるラジカセを、同社では開発している。
no title


http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1811/30/news012.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1543757521/


続きを読む

Amazonがラジコンカーを発売

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/02(日) 00:36:52.98 _USER
no title

カメラが付いているほうがフロント?

オリジナル製品もいろいろ作っているAmazon(アマゾン)ですが、今度はラジコンカーを販売します。

でもAmazonといっても、発表したのは通販サイトではなくクラウド・コンピューティング・サービスAmazon Web Services(通称、AWS)。エンジニア向けにサービスを提供するAWSは、AIで自律運転するラジコン「AWS DeepRacer」を発表したのでした。

Amazonがしたいことはラジコンを作ることではありません。AWS DeepRacerは機械学習の一種である、強化学習(RL、reinforcement learning)を手を動かしながら学ぶためのプロダクトなんです。

4WDで動くAWS DeepRacerは実車の1/18サイズで、AIがトライ&エラーで強化学習で行ない、より正確な運転を目指すようになります。

すでに米Amazonで販売されており、定価は400ドル(約4万5000円)。公開現在は値引きされていて、249ドル(約2万8000円)で予約できるようになっています。

中身はガチ
AWS DeepRacerのプログラミングには、機械学習モデルの構築とトレーニングのためのプラットフォーム「Amazon SageMaker」を使用します。中にはIntel Atomプロセッサーと4GBのRAM、ヒート・マップを作る1080p解像度の4Mピクセル・カメラ、WiFi、2時間駆動できるバッテリーなどを搭載しています。

内蔵ソフトウェアとして、オペレーション・システムとなる「Ubuntu OS 16.04.3 LTS」、「ROS Kinetic(ロボット・オペレーティング・システム)」、それから視覚情報を制御する「Intel OpenVINO」というコンピューター・ビジョン・ツールキットがAtomプロセッサーで走ります。

AWS DeepRacerの走らせ方
開発者たちは3Dシミュレーターでバーチャルに試走を行ない、アルゴリズムを精錬させていきます。それが上手く行ったと思ったら、AWS DeepRacerを実際に走らせるのです。

AWSは来年、ディープレーサー・リーグというレース大会を開催。勝負はAWS DeepRacerの走りというより、アルゴリズムを競うのが主旨になるようです。勝者や好成績を出した選手(またはチーム?)は、2019年に行われるチャンピオンシップ大会へと駒を進めるとのこと。

きっとオリジナル塗装を施したりと、楽しい車体が登場するのでしょうね。AIによる自律運転レース、どんなものになるのか楽しみです。
https://www.gizmodo.jp/2018/11/aws-deepracer.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543678612/


続きを読む

ふるさと納税の返礼品にiPad → 寄付額25億円に 「市内の企業が扱ってる。iPadは地場産品だ」

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/12/02(日) 11:12:29.55 ● BE:601381941-PLT(13121)
sdvsdindex

iPadでふるさと納税が急増 市は「地場産品」と主張

福岡県行橋市へのふるさと納税による寄付額が飛躍的に伸びている。

8月からタブレット端末「iPad」を返礼品に加えたことが後押ししており、市は今年度の寄付額を過去最多の
8億4千万円だった昨年度の約3倍に上る25億円と見込んでいる。

市は4日開会の12月定例市議会に19億円を追加する一般会計補正予算案などを提案する。今年度の
寄付額について当初予算で7億5千万円と見込んだが、予想を超える寄付の増加に伴い、6月定例会で
一度修正。ところが寄付の入金額は既に16億円を超え、見込み額を大きく上回った。このため19億円を
さらに加えることにした。内訳は13億円を積立金とし、6億円を返礼品などの経費に充てる。

市は好調な要因について返礼品を見直したことなどを挙げ、現在の返礼品の種類は約1100件という。
10月末現在の今年度の寄付額による返礼品人気ベスト3は(1)iPad(寄付額4億4千万円)
(2)アップルウォッチ(1億2千万円)(3)アップルTV(3300万円)と、行橋の特産品ではないアップル製品が独占。
特にiPadは2カ月ほどでトップに躍り出た。

返礼品については、総務省が「寄付額の3割以下」「地場産品」を自治体に求めている。豪華返礼品を見直す
自治体もあり、佐賀県みやき町は8月にiPadなどを取り下げた。行橋市では3割以下は守ってきたが、
地場産品の見直しは保留。田中純市長は「我々は市内の企業や個人が業として扱っている物は地場産品という
くくりでやってきた。ルールが明確化されたら、それに従う」と説明している。上位を占めたアップル製品は
市内業者が取り扱っている。

http://news.livedoor.com/article/detail/15679140/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1543716749/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ