SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。





アマゾン、新製品の発表イベントを9月25日に開催へ

1: ムヒタ ★ 2019/09/13(金) 09:12:32.29 _USER
 large-110154
Amazonは米国時間9月12日、デバイスとサービスの発表イベントをシアトル本社で9月25日に開催することを明らかにした。

 他の複数の大手ハイテク企業と同様に、同社もこの数年間は秋に製品発表イベントを開催し、年末商戦を前に最新製品を披露するのが恒例となっている。2018年には、刷新されたスマートスピーカーの「Echo Dot」と「Echo Show」や、「Alexa」搭載の電子レンジや壁掛け時計など、多数の新しい製品と機能を発表した。

 これまでのところ、Amazonが2019年に何を発表するかについてはほとんどうわさが流れていない。Bloombergは7月、AmazonがハイエンドのスマートスピーカーとAlexa搭載ロボットを開発していると報じていたが、そのいずれかの製品が2019年のうちに発表されるかどうかは不明だ。「Google Home Max」に対抗するハイエンドのAlexa搭載スピーカーについては、何年も前から憶測が流れているものの、具体的な製品は登場していない。Financial Timesは2017年、AmazonがAlexa対応のスマートメガネを開発中だと報じたが、そのような製品も表に出て来てはいない。
2019年09月13日 08時37分
https://japan.cnet.com/article/35142628/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568333552/


続きを読む

dynabook、ノートPC 2019年秋モデル--15.6型IGZO液晶やWi-Fi 6搭載「dynabook Z」など

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/12(木) 20:21:04.99 _USER
Dynabookは、店頭向けノートPCの2019年秋冬モデルとして、大画面15.6型IGZO液晶やインテル Optaneメモリー、Wi-Fi 6を搭載したハイスペック モダンPC「dynabook Z」シリーズおよび、dynabookブランド30周年記念モデル「dynabook G」シリーズの軽量、薄型、強堅ボディを受け継いだ13.3型カジュアル モダンPC「dynabook S」シリーズを商品化し、9月20日から順次発売する。

 両シリーズは、Microsoftの提唱する「Performance、Design、Experience、Office」の4つの魅力をもつ「モダンPC」として展開する。

dynabook Zシリーズは、高輝度・高色純度・広視野角の鮮やかで色彩豊かなシャープ製15.6型IGZO液晶を搭載。太陽光の下でも映り込みの少ないノングレアと、独自の色補正技術の採用による自然な色合いの再現を大画面で実現した。

 狭額縁と高密度実装技術により、大画面でもバックなどに収まりやすい薄型(約17.6mm)・軽量(約1.399kg)・コンパクトを実現しているのも特徴。ボディは、ドイツの第三者認証機関「TUV Rheinland Japan」より確認された、厳格な耐久テストをクリアするクオリティ設計で、ハイレベルの堅牢性を実現している。

 第8世代インテルクアッドコアCPUに加え、PCIe対応の高速で大容量の512GB SSDとキャッシュメモリとして機能するインテル OptaneメモリーH10(ソリッドステート・ストレージ対応)を搭載。

 インテル Optaneメモリーの高速性により、PCの起動やよく使うアプリへのアクセスをよりスピーディに実行でき、ファイルの展開は最大約2.6倍、ゲームの起動は最大約3.7倍、動画など大容量のファイル編集は最大約78%も高速化している。

 また、通信速度が従来と比較して最大約40%高速化した先進の無線LAN規格「Wi-Fi 6」(IEEE802.11ax)に対応。約19時間の長時間バッテリー駆動を実現し、空いた時間に素早く充電できる「お急ぎ30分チャージ」にも対応。30分でバッテリー駆動約7.5時間を可能にした。

 このほか、拡張性の高いUSB Type-Cコネクタを2基搭載。最大40Gbpsでの高速データ転送が可能なThunderbolt 3にも対応することで、データ転送速度が最大約4倍に高速化。USB Power Delivery規格にも対応している。

 使いやすさも追求しており、画面に顔を向けるだけで、ロック画面を解除して自動的にサインインが可能な「Windows Hello」対応赤外線顔認証や、プライバシー保護のためのWebカメラシャッターを採用した。

 モダンスタンバイ対応により、スリープ中でもメール受信ができ、OSのアップデート中にスリープしてもダウンロードを続けることが可能。

 バスレフ構造採用の高音質harman/kardonステレオスピーカーを搭載し、力強い低音域から繊細な高音域まで幅広く再生でき、豊かで迫力のあるサウンドが楽しめる。

 dynabook Z8は、オニキスブルー(9月20日発売)とパールホワイト(11月中旬発売)の2色をラインアップ。店頭予想価格は、税別21万円前後。

 dynabook Z7は、オニキスブルー(9月20日発売)とパールホワイト(11月中旬発売)の2色をラインアップ。店頭予想価格は、税別17万円前後。
以下ソース
no title

https://japan.cnet.com/article/35142609/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568287264/


続きを読む

39歳で年収2000万円超え、NTTデータ「大盤振る舞い」制度の適用第1号が判明

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/12(木) 19:37:15.21 _USER
topm
NTTデータが2018年12月に導入した高額報酬制度の「Advanced Professional(ADP)」。優れた技術者を2000万円を超える年収で遇する同制度の適用第1号がこのほど明らかになった。その人物の横顔に迫ろう。

 適用第1号となったのは、ビッグデータ処理のオープンソースソフトウエア(OSS)「Apache Hadoop」の事業を同社で立ち上げたことで知られる濱野賢一朗氏だ。1980年6月生まれの39歳。同社はADP制度を発表した際に「確定申告が必要な額になる給与」、つまり年間2000万円を超える給与になると説明していた。濱野氏の給与は標準報酬だけで2000万円を超え、業績に応じて年収は最大3000万円に増えるという。

米国IT企業に対抗すべく高額報酬制度を導入する日本のIT企業が相次いでいる。しかしその適用者が明らかになるケースは珍しい。濱野氏は、2019年9月5日に開催されたNTTデータのカンファレンスに登壇し、自らADPの適用対象になったことを明らかにした。

 NTTデータは濱野氏に続いて、著名なOSSの開発プロジェクトに「コミッター」などとして参画する技術者2人にADPを適用した。ADPが名ばかりの制度ではなく実際に対象者がいるのだと対外的に示すことで、社外からの優秀な人材の獲得に弾みをつける狙いがある。

煩雑な管理業務からも解放
 給与が高くなるだけではない。ADPの対象者は業務内容や予算執行に関する権限や裁量も大きくなる。通常のケースでは同社の従業員は課長や部長といった職位に応じて権限が決まっている。それに対してADPの対象者は、経営陣が対象者ごとにそのミッションや権限を個別に設定する。

 濱野氏は技術開発本部先進基盤技術グループの「エグゼクティブ・エンジニアリング・ストラテジスト」に就任。「NTTデータは事業規模で(ITサービス事業者の)グローバルトップ5に入ることを目標に掲げているが、テクノロジーの面でもグローバルトップ5に食い込めるような技術的な取り組みを進めていく」(濱野氏)という。管理職ではないので、日本の大企業特有の煩雑な管理業務からは解放される。「管理業務は別に担当する人がいる」(同)ため、濱野氏は戦略の立案や企画の実現に専念できる。

 これまでのNTTデータは成果を上げた技術者を管理職に「昇格」することでその労に報いてきた。実際に濱野もHadoop事業を軌道に乗せた後、2016年から2018年まで秘書室課長として、最高技術責任者(CTO)を補佐する任務に就いていた。今後は未来ではなく現在の高い報酬と、煩雑な管理業務ではなく専門性を生かせるミッションが濱野氏に与えられることになる。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/02854/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568284635/


続きを読む

「CASH」運営のバンクが解散 「成長に時間かかる」、サービスは他社に売却

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/12(木) 16:36:54.56 _USER
kf_cash_01_w290
中古品即時買い取りアプリ「CASH」などを運営するバンクは9月12日、解散すると発表した。事業の成長に時間がかかると判断した。CASHと代金後払いの旅行サービス「TRAVEL Now」は、他社に売却するなどしてサービスを継続させるという。

バンクの光本勇介CEOによると、いずれの事業も単体では黒字化したが、「さらに世の中にインパクトを与えられる規模まで成長させるには、今の規模や体力では、相当な時間と努力が必要」という。そのためバンクを解散し、社員がそれぞれ他の事業に取り組んだ方が「価値があると考えた」としている。

 TRAVEL Nowは10月上旬に他社へと売却する予定。CASHの売却についても「複数社と協議中」とし、サービスを維持するという。バンクの社員の移籍先は、同社がサポートするとしている。

 バンクは2017年2月に創業。同年6月、ブランド品やスマートフォンなどを即座に現金化できるアプリ「CASH」をリリースし、サービス開始から16時間半で現金化総額が約3億6600万円に上るなど話題を呼んだ。CASHはその後、中古品買い取りアプリに方針転換した。

 同年12月にはDMM.comが70億円で買収し、再び話題に。DMM傘下では、TRAVEL NowをリリースするなどCASH以外の事業創出にも取り組んでいたが、買収から1年余りの18年2月、DMM.comから独立した。バンクの光本CEOは当時「DMMから卒業した方が、よりスピーディーで柔軟な経営判断・動きが行えると判断した」とコメントしていた。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/12/news098.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568273814/


続きを読む

NEC「新卒年収1000万円」の衝撃 年功序列の廃止か、「3流国への没落」か

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/12(木) 16:28:05.92 _USER
20190912-00000023-zdn_mkt-000-4-view
優秀な人材を確保するために、NECは10月から研究職を対象に、新卒年収が1000万円を超える可能性がある給与を支給すると発表した。これが技術・研究系の職場に衝撃を与えている。

大学時代の論文が高い評価を得た新卒者を対象にしていて、これまでの年功序列とは全く異なる破格の厚待遇となる。年功序列が主流である日本企業の中では、異例の取り組みだ。裏を返せば、能力のある人材を生かす給与体系に変えていかないと、グローバル競争の中では勝てない状況になりつつあることを表している。

ソニーは新入社員が730万円 
 AI(人工知能)、バイオテクノロジーなどの先端技術分野では、優れた研究者のアイデアが製品化につながる。そのため、大手の技術系企業は将来のヒット商品の開発につながるような「金の卵」を、のどから手が出るほど欲しがっているのだ。

 ソニーは6月から、AIなどの分野で高い能力がある新入社員を優遇する新しい制度を始めた。同社では役割(グレード)に応じた等級制度が導入されていて、その役割に基づいて給与水準を決めている。新入社員にはこれまで、一律に入社2年目の7月から「グレード」を付与していたが、採用の競争が激化していることから1年繰り上げて実施することになった。

 つまり入社後、優秀な成績を残した新入社員は、最短で1年目の7月以降、「グレード」を付与される可能性があり、それが給与にも反映されることになる。その結果、新入社員でも年収730万円に届く水準となり得るのだ。

 今回の制度改正では、新入社員の横並び運用を脱し、できる人、任せられる人にはその役割に応じてグレーディングするものであるため、社内での競争意識が高まるとみられる。

 ソニーと言えば1979年にヒットしたウォークマンを皮切りに、新しいライフスタイルを提案してきた。同社では新規事業を行う部署を設けて、新商品につながることを促してはいるが、まだ花が開いてはいないのが現状だ。今回の新制度がソニーの新たな商品に結び付くかどうか注目したい。

中略
「雇用の仕組み変えないと『3流国』に転落」
 こうした日本企業の変化について人事制度に詳しいパーソル総合研究所の櫻井功副社長は危機感を強める。

 「NECなどが求めているデジタルトランスフォーメーション人材と呼ばれる人たちの給与は査定で決まるものではなく、マーケットバリューで決まってくる。技術系の企業はこうした人材がいないと生き残れない時代になっており、高給を出してDX人材を取ろうとするのはやむを得ない。

 いま日本企業は、仕事における貢献度の低い人も含めて、終身雇用・年功序列の人事給与体系から、年齢や年功に関係なく職務のマーケットバリューに応じて給与を支払うジョブ型給与体系に徐々に変わろうとしているが、なかなか変われていないのが実態だ。

 なぜならサラリーマン社長である大手企業の経営者、役員の多くは旧来の日本型雇用における『勝ち組』であるため、その制度に関する課題意識が低いだけでなく、自分の代でリスクを取ってまで人事組織の大改革をやることに強いインセンティブがないからだ。だが、世界の大半の国がジョブ型の制度の下で、能力のある人材を最大限、力を発揮させようとしており、同じ人材をマーケットで取り合う日本企業は、今の雇用の仕組みを変えていかないと、世界から取り残された『3流国』に成り下がってしまう恐れがある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00000023-zdn_mkt-bus_all&p=1
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568273285/


続きを読む

UQ mobile、縛り・違約金なしの「スマホプラン」10月から提供

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/12(木) 16:38:24.86 _USER
ヴぇsvsh_uq_01
格安SIMサービス「UQ mobile」を運営するUQコミュニケーションズは9月12日、契約期間と契約解除料を廃止した新料金プラン「スマホプラン」を発表した。9月24日に予約受付を開始し、10月1日から提供する予定。親会社であるKDDIとともに、契約解除料の値下げを求める総務省の要請に応じた形だ。

 従来の「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」などは25カ月の契約期間を設けており、26カ月目の更新月以外に解約した場合は9500円(税別、以下同)の契約解除料が必要だった。両プランの新規受付は9月30日に終了する。

スマホプランの月額料金は、月間データ容量の上限が3GBの「S」が1980円、9GBの「M」が2980円、14GBの「L」が3980円。「UQ家族割」を適用した場合は、各プランの料金から500円を割り引く。

 音声通話は30秒ごとに20円の国内通話料がかかるが、割引オプションとして「かけ放題」(月額700円)と「通話パック」(月額500円)を用意する。前者は1回当たり10分までの国内通話がかけ放題になる。後者は1カ月当たり最大60分まで国内通話料がかからなくなる。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/12/news082.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568273904/


続きを読む

KDDI、携帯端末代「半額」に ソフトバンクに追随

1: ムヒタ ★ 2019/09/12(木) 15:13:56.45 _USER
f02a5ccb1df428a1357ddf66f8d2e5be
KDDI(au)が、10月から適用される携帯電話の料金の新ルールへの対応策として、端末代金を最大半額にするプランを続けることが分かった。現在はKDDIの回線契約者が4年間の分割払いで買うと最大で半額を免除する内容だが、通信契約と端末購入がセットでなくても半額にする。ソフトバンクが9日に発表した対応策と同様の内容で、追随する。ルール変更後に予想される端末代の高騰を避ける狙いがある。

12日午後の記…
2019/9/12 13:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49715710S9A910C1MM0000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568268836/


続きを読む

ヤフー ZOZOを傘下に 株式公開買い付けで最終調整

1: ムヒタ ★ 2019/09/12(木) 06:10:01.91 _USER
K10012077641_1909120435_1909120438_01_02
競争が激化するインターネット業界で大きな動きです。ヤフーが、国内最大級のファッション通販サイトを運営するZOZOに対してTOB=株式の公開買い付けを行い、傘下に収める方向で最終的な調整を進めていることが分かりました。ZOZOの前澤友作社長も賛同しみずからが保有する株式を売却する意向です。

関係者によりますと、携帯大手、ソフトバンクの子会社のヤフーは、ZOZOの株式の過半数を取得して傘下に収めることを目指し、近く、TOB=株式の公開買い付けを行う方向で最終的な調整を進めています。

ZOZOの創業者で、およそ35%の株式を持つ前澤友作社長もTOBに賛同し、株式を売却する意向だということで、ヤフーの取得金額は数千億円規模に上るとみられます。

ヤフーはネット検索をはじめとするさまざまなインターネットサービスを手がけていますが、アマゾンや楽天に加え、フリマアプリのメルカリが急成長するなど、厳しい競争のなかにあります。このため、年間の購入者が800万人を超えるZOZOを傘下に収めることで顧客を拡大し、その物流網も生かしたい考えです。

ZOZOとしてもヤフーとの連携によって顧客をさらに増やしたい考えで、両社は今後、IT技術を活用してネット通販やキャッシュレス決済、ポイント還元など、幅広い分野で顧客を取り込む戦略を加速させる方針です。

ZOZOを経営する前澤社長は、事業が急成長する中で、月を周回する民間の宇宙船に最初に乗り込むと発表したり、プロ野球の球団経営に一時、意欲を示したりするなど注目を集めてきましたが、今後の経営にどう関わっていくかも注目されそうです。
2019年9月12日 4時38分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190912/k10012077641000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568236201/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ