1 :@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/03/10(日) 05:01:36.12 ID:???
米国で長引く失業問題。その背景には、景気循環やグローバル化以外に、IT革命の影響が
ある、と警鐘を鳴らすのが、『機械との競争』の共著者であるアンドリュー・マカフィー氏
だ。同書で指摘された、コンピュータの発達が中間層の仕事を奪うという構図は、日本に
とっても対岸の火事ではない。

■中間層の将来はかなり暗い

――IT革命が米国の中流層の雇用を奪っている、と指摘しています。

 現在、米国経済を形作っている主因は3つある。まず、不況と景気回復。次がグローバル化、
あるいは、中国やインドなどへのオフショアリング(外国への業務委託)。そして、テクノ
ロジーだ。このうち3つ目のテクノロジーが、とりわけ長期的な意味で大きな影響力を持つ。
言ってみればグローバル化は、テクノロジーによるオートメーション化への道程の一歩に
すぎない。

 こうした要因に直撃されているのが、中流層だ。中でもホワイトカラーの知識労働が、
テクノロジーによって最も大きな打撃を受けている。最大の犠牲者は、警察官でもなければ
、調理師でもない。中流層の将来は、かなり暗い。景気後退で最も多くの仕事が失われ、
創出された仕事が最少なのが、この層だ。米国の中流層は、15年前より富も収入も減って
いる。米国経済は成長し続けているが、富の配分に変化が生じている。
fdsfsd

 これに対し、IT革命の恩恵を受けているのは、トップ1%だ。テクノロジーは低スキル
の人材より、高度スキルの人材に有利に働く。「その他大勢」を犠牲にして、「スーパー
スター」を後押しする。また、テクノロジーは資本の一形態であるため、投資家が大きな
恩恵を受ける。こうした動きは、グローバルなものだ。

――IT革命の恩恵を受けている職種は?

 コンピュータ科学者やデータ科学者、プログラマーなど、高給で知られるハイテクの仕事
だ。アマゾンやアップル、フェイスブック、グーグルなどの社員は、上層部だけでなく、
中間管理職でも学歴やスキルが非常に高い。特にこれからキャリアを築こうとする若者には
、とても魅力的な仕事だ。シリコンバレーは、基本的に不況とは無縁である。

 その一方で、求人数が多くないにもかかわらず、人材難に悩んでいるのも、この業界だ。
世界トップレベルのプログラマーなど、極めて高度なスキルを持った人材を探しているので
、なかなか人材が見つからない。

――逆に減っている職種は何か。

 事務や事務補助、秘書、営業など、ホワイトカラーの仕事だ。コンピュータのおかげで
文書事務が減ったことも一因となっている。会計士や弁護士などの専門職も例外ではない。
税計算ソフトのおかげで、複雑な所得税の申告もネットでできるようになり、ソフトの開発
会社は大いに儲けたが、数年前に比べ、税理士の需要は8万人も減った。

 弁護士も同様だ。以前なら、訴訟などで膨大な資料を手作業でチェックする必要があった
が、今では、データ分析ソフトが同種のパターンなどを見つけ出してくれるため、少ない
人手で済む。テクノロジーは中流層のみならず、上流中産階級や専門職にまで影を落として
いる。法曹界の仕事は、高給で雇用が安定し、名誉も兼ね備えた仕事として知られていたが
、もはやそうではなくなった。

ソース:東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/13126

(つづく)




2 :@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/03/10(日) 05:02:32.03 ID:???
>>1のつづき

――低賃金労働者への影響は?

 中流層ほど打撃は受けていない。たとえば、ウエートレスの仕事は、ロボットでは無理だ
。低スキル労働のほうが、中流層の仕事よりも賃金の減り幅が少ない。中流層ほど高い教育
レベルが必要なく、収入もさほどよくないが、中流層の仕事より安定している。

 現在、米国経済は非常に興味深いパターンを示している。低所得層のほうが中流層に比べ
、10〜20年前より状況が悪化していないのだ。ひるがえって中流層は、平均収入が下がり、
失業の可能性も高い。トップ1%がさらに豊かになっているのは、言うまでもないが。

――機械との競争は、産業革命の時代からありました。

 産業革命は、労働者にとって朗報だったが、IT革命は労働需要を減らす。産業革命では
、イノベーションや起業で新しい会社や工場が生まれ、膨大な数の労働力が必要になったが
、IT革命は真逆と言ってもいい。非常に大きな違いがある。

 すでに無人自動車や文書作成コンピュータも誕生している。どれも10年前にはなかった
ものだ。あと何年か経てば、米国の会社に日本語で電話をかけると、自動応答機が日本語で
答えてくれるようになるだろう。今はまだクオリティが完璧ではないが、もはやサイエンス
フィクションの世界の話ではない。その結果、通訳の仕事が減るかどうかは、まだ分析して
いないが、テクノロジーの進化で労働へのニーズが減る場合があるのは、これまで話した
とおりだ。

(つづく)




3 :@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/03/10(日) 05:03:19.98 ID:???
>>2のつづき

■ハイテク企業の少ない社員数

 もちろん、10年前には存在しなかったデータ科学者など、新たに生まれた職種もある。
技術革命には、破壊と創造が付きものだ。とはいえ、「創造が常に破壊をしのぐ」という
経済法則はない。これまでの革命にはそれが当てはまったが、IT革命で創出される仕事は
、数が多くないうえに、ハイエンドの仕事が多い。アマゾンとアップル、フェイスブック、
グーグルの4社の株価を足すと、時価総額はざっと9000億法別84兆円)に上るが、4社全部
を足しても、社員数は19万人足らずだ。

――機械と失業の議論は、経済学的にも受け入れられていますか?

 浸透しつつある。大不況後に雇用が回復していないからだ。同僚の多くは、テクノロジー
と雇用、経済成長の関係を見直すべきだと言い始めている。テクノロジーは起業と雇用を
生むため、低賃金化や失業を招くはずがないというのが定説だったが、そうした見方は
少しずつ変化している。労働市場の実態が変わっているからだ。

――テクノロジーがもたらす正と負の影響を相対的にどう評価しますか?

 交通やコミュニケーション、エンターテインメントなど、個人的には、プラスの影響の
ほうがずっと大きいと思う。どの業界もIT革命の恩恵を受けている。経済が停滞している
にもかかわらず、テクノロジーのおかげで効率性が高まり、米企業は過去最大の収益を上げ
ている。製品やサービスも格段に向上した。コストも下がっている。

 その結果、誰もが消費者として恩恵を受けている。たとえば、20年前のスーパーコン
ピュータに相当するアイフォーンが、わずか200〜300ドルで手に入る。テクノロジー
は、万人に消費者としての恩恵をもたらすのだ。ただし、万人に仕事をもたらすわけでは
ない。問題は、テクノロジーが非常に大きな力を持つ世界で、人々が豊かな生活を送れる
だけの収入を稼ぐ能力を身に付けられるかどうか、だ。

<以下略。省略部分はソース参照。>

-以上-




4 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 05:08:45.28 ID:4seR6WD3
土方、ガードマン最強




6 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 05:13:22.50 ID:mFELsPPM
鍼灸師になるしかないのかよ




7 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 05:13:57.19 ID:qwV4CWnF
>シリコンバレーは、基本的に不況とは無縁である。

日本もさっさとIT教育と英語教育を強化して
高スキル人材を確保しときゃよかったのに

「ものづくり国家」とか意味不明なプロパガンダやって
IT軽視して没落とは・・・
もう終わったなこの国は




9 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 05:18:24.69 ID:Uv8RnDOy
雑誌のニーズは無いだろうな。
ロイターとAFPBBがネットで見られるから、
東洋経済もダイヤモンドも読まなくなった。
しかし、ICTを利用した新しいサービスや仕事は出来てる。
そっちに移行できるかどうかだ。




12 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 05:29:11.11 ID:vOivu8/w
IT軽視なのではなくて、新興企業潰しを政官あげてやってるだけの話
リクルートもライブドアも潰されただろ
で、楽天みたいなのが生き残る、これでは産業構造の再編などありえない




13 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 05:33:00.18 ID:a8vH85aA
日本の新聞社や雑誌社は、記事に対するコメント欄を作るのを恐れるよね。
つけたら2ちゃんねる状態になるだろうが、それでも盛り上がるのに。
ネットに負けたんじゃなく、読者の意見を無視したのが敗因だろ。




16 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 05:43:01.86 ID:HhXQMwHj
言えてる
ここまでSEが搾取される職業とは予想外




21 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 05:52:38.06 ID:a8vH85aA
たぶん旧態依然とした仕事してるんだろうね。
「広告取ってこい」とか「特ダネ取ってこい」みたいな。
で、どっちもダメで、ネットが悪い、機械に負けたと傷を舐める。




22 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 05:55:39.64 ID:nS6C2VPh
商品も本もネットで買う時代だからな。
町の小売りは全滅だよ




25 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 06:03:50.67 ID:Uv8RnDOy
ネット通販という新たな経済圏が国内に出来ているのに、
そこにノータッチだもんな。
経済誌として致命的だろ。




35 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 06:55:52.30 ID:TSpIEd9v
>>1
別にITに限らず産業革命以来あらゆる業種で起こっていることだ
ITの場合なら、殊にホワイトカラーの生産性を上げることで社会全体が
成長性を得たという功の部分を無視しても不公平なものの見方だろう
今から手書き手計算に戻しても失うものの方がはるかに大きい

貧すればなんとかで、こういう「昔は良かった」的な理屈に陥りがちだが
このスレ内の反応がまだそこまで退行的でないので少し安心した




92 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 11:49:27.03 ID:E7mPxyrb
>>35
そこまで読んで
何故最後まで読まないのか
読んだが理解出来なかったのかね




38 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 07:14:42.35 ID:nJVMN00c
非効率な仕事は淘汰されるべきだろ
新たな雇用を産めばいいだけ




44 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 07:59:32.39 ID:DjYWU7oB
グローバリズムは賃金の平滑化を生む




45 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 08:24:05.88 ID:RhPsWhgy
労働なんてしなくていいっうことだよ




53 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 09:24:14.63 ID:c+E7++Gt
ソフトウェアは得意分野では人間をはるかに超える能力があるけど
人間ならだれでもできるようなことが苦手なことももあるから
人間が不要になることはないよ




54 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 09:26:39.07 ID:E53518J1
こっちのSEは日本のドカタと違って待遇がめちゃくちゃ良いからな




57 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 09:37:19.91 ID:UfWVfz3K
IT革命だけでなく、常にトップの一部しか潤ってないじゃん




60 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 09:48:33.97 ID:Tw86+ZXm
ホワイトカラーって、懐かしい響きだ。
そもそも、彼らは、付加価値を創造していない。
大学でたから、ブルーカラーじゃなくて、事務職のホワイトカラーに。
単純な分類で、中間所得層層を形成していただけ。

ドラッカー的には、ブルーでもホワイトでも付加価値を創造できる人が
中間所得層になる時代。

会社の肩書だけでは、生きて行けない時代なんだ。




62 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 09:54:50.74 ID:osDGnHa1
共産主義は、一部の特権階級がなるべくしてなるけど、
資本主義は、最後に誰が特権階級になるかわからんね。




81 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 11:05:39.51 ID:srwbhVL2
卑しい内面が出てて、地方公務員と医者にいっさい魅力を感じないのは
やはり相当の馬鹿があつまってんだろうなあ、日本の場合




84 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 11:15:15.70 ID:lCFXcMJ7
良し悪しはともかく、出る杭は打たれるのが日本。
アメリカほどの特出は無いだろうね。




85 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 11:18:15.17 ID:Jwl5Mobf
アニメ業界は上から順にガバッと持って行っちゃうからね
末端は悲惨だが、上はウハウハ

そして末端が上に出世すると、また全部持って行ってしまう奴となる
それでもやっていける
若者の供給だけは凄いから、補充が絶える事はない




86 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 11:21:01.61 ID:FOdCyiui
どちらにしても、これからが本番
あと10年したら運転の仕事がなくなるかもしれん…
そしたら電車、バス、タクシー、トラックの運ちゃん失業




99 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 12:44:50.87 ID:j/GC5v3O
確かにIT化で事務仕事がどんどん減っているな。
生産現場の機械化IT化は当然どんどん進んでいるし。
あとは対人サービスの分野が残っているが、これもどうなるかわからん。
医療介護がロボットとコンピュータプログラムに
取って代わられる時代には、性的サービスすら人間が必要なくなるのかな?




103 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 13:03:24.53 ID:ndvN5G3C
だけど、団塊世代より上の人は、>>1が理解出来ないんだよね。

理解出来ないとなると、自分の若い頃の常識が今でも通じるもんだと頑に信じている
それで精神論で「若者は甘え」「若者とは話が合わない」と簡単な結論に至る気がする
団塊Jr.もその流れに反発しながらも迎合する矛盾した傾向があるので、もっと若い人はたまったものではないはず。
「若い奴はゆとりだから使えない」などというだけで。以後延々と世代交代しても同じループの繰り返し。

そこで、考え方を少し変えてみると良いかもしれないと思う。




104 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 13:05:16.27 ID:bb+2//kV
富の配分がちゃんとしておらず格差がつきすぎだから不幸が発生する。




105 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 13:12:28.54 ID:UyTzdtsm
教育でどうにかするって考えがそもそも大間違い
高度なスキルを持った人材ってのは生まれるものであって育つもんじゃない
三流の凡人が一流の才人を教育することはできない(ただ邪魔するだけ




109 :名刺は切らしておりまして 2013/03/10(日) 13:21:16.10 ID:52Xt8uAc
一刻も早く完全機械化して、地球上から苦役である労働を無くしましょう



スポンサード リンク