1: Hi everyone! ★ 2014/08/06(水) 02:17:24.69 ID:???.net
ソース(現代ビジネス) http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39694

 誰もがその名前を知っているような会社ではないが、世界市場でトップシェアを誇る?そんな企業が日本にはいくつもある。
一風変わった社風で、独自の道を突き進む彼らの「秘密」に迫った。

■社長にしかられてもやる

 「社長の決定に反して、勝手な研究をするなんてけしからん!」

 堀場製作所の初代社長堀場雅夫氏は、そうやって一人の社員を怒鳴りつけたことがあったそうだ。

 「昭和30年代後半、自動車の排ガスが大きな社会問題になり始めていた頃のことでした。通産省(現経産省)の研究所から、『肺機能
分析計を使って車の排ガスを測る実験をしたい』という申し出があったのです。しかし私は、狄誓擦吻甍絣慷僂竜ヽを転用するのは
気が進まず、この話を断っていました」(堀場氏)

 ところが、一人の若手技術者が社長に隠れて、こっそり排ガス計の研究を続けていた。社内で見慣れない機械を見つけた堀場氏は、
その社員を問い詰め、冒頭のように怒鳴りつけた。このとき大目玉を食らった男が、二代目の社長になる大浦政弘氏である。

 「私がしかりつけたのですが、大浦は逆に『これは必ず社会の役に立ちます』と切々と訴えてきました。常々『社員の自由な発想を
尊重する社風』を掲げてきたので、私としても渋々、研究の継続を認めざるを得なかった」(堀場氏)

 それから10年後、大浦氏が開発した排ガス測定装置はどこの自動車メーカーの製造ラインにも置かれるようになり、堀場製作所の
売り上げの40%を占める大ヒット製品になった。同社は現在も、排ガス計の世界シェア8割を握っている。

 日本には、トヨタやキヤノンといった誰もが知る世界的な企業がたくさんある。だが同時に、一般にはそれほど知られていないが、
群を抜く技術力で他社を圧倒し、世界市場でトップシェアを獲得している企業も少なくない。それらの企業は、潤沢な資金で研究開発
を進めるわけではないが、一風変わった社風でユニークな技術力を培ってきた。

 彼らは、どのような戦略でトップシェアを獲得したのか。日本経済を支える「底力」はどのように生み出されているのだろう?

 冒頭の堀場製作所は、いまでこそ東証一部上場の大企業だが、元は戦後間もなく京都で設立された「学生ベンチャー」だった。
名もない中小企業には京大生などのエリートは関心を示さず、苦労した堀場氏は一計を案じた。

 「社員各自が仕事で取り組んでいるテーマで、博士号を取れるようにしたのです。『博士論文にならないような仕事に独創性はない。
いまやっている仕事で博士号をとろう』と呼びかけました。やりたいことをやって学位がとれれば、それに越したことはありませんから」

このことで、「中小企業に入社して貧乏くじを引いた」と感じていた社員の気持ちがガラッと変わった。

■朝から晩までタマ洗い

 「排ガス計の件でもそうでしたが、社員の自由な発想が会社を成長させてくれるんです。我が社の社是を『おもしろおかしく』と掲げて
いるのも、そうした思いからです。社員には『出る杭は打たれるかもしれないが、出過ぎた杭は打たれない。出方が少ないから叩かれる
んだ』と話しています」

 堀場氏は、社員のやる気を起こさせるために、さまざまな工夫をしてきた。いち早く週休2日制を導入し、25年以上前に月1回の
週休3日制を採用している。また、社員の福利厚生は社内の厚生部ではなく、別会社が担当している。「社内で片手間にやっていても、
本気の福利厚生サービスなどできっこない」と考えるからだ。

 これも社員が「おもしろおかしく」仕事ができるようにという配慮だ。世界シェア8割という驚異の数字は、このようにして培われた社員の
発想力に支えられている。

>>2以降に続きます)
201406261758000001001

※スレ立て時に全文閲覧可能であることを確認済み。 8/6 2:09現在
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1407259044/


2: Hi everyone! ★ 2014/08/06(水) 02:17:42.65 ID:???.net
>>1の続き)

 「おもしろい」という気持ちを大切にすることで、たった6人の町工場からノーベル賞級の研究を支える企業に成長した例もある。
光センサーの分野で世界をリードする浜松ホトニクスだ。

 同社は、光を検知する光電管の世界シェアの6割を握っている。その技術は血液検査や環境分析、バイオ分野など多様な分野で
利用されており、売り上げは年間1000億円を超える。

 とりわけ注目されるのは、小柴昌俊東大名誉教授がノーベル物理学賞を受賞するのに多大な役割を果たしたニュートリノ検出器
スーパーカミオカンデの光電管を受注していることだ。また、昨年のノーベル物理学賞を受賞したピーター・ヒッグス氏が提唱していた
ヒッグス粒子の発見にも一役買っている。欧州原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器にも同社の技術が使われている
のだ。つまり、同社の技術がなければ、ニュートリノも「神の粒子」と言われるヒッグス粒子も観測できなかったことになる。

 同社の事実上の創業者である晝馬輝夫会長は、素朴な気持ちで「なぜ?」を突き詰めることが、未知の分野を開拓する上で最も大切な
ことだという。

 「子供の頃、面白いと思ったことを『どうして?なんで?』としつこく聞いて、親や先生を困らせたことがあるでしょう。これこそが真理を
求める心なんです。そういう心がなければ、未知未踏の問題にチャレンジなんてできっこありません」

 新しい問題に取り組むことができるかどうかは、学歴とは関係ないと晝馬氏は言う。

 「お客さんから『こんなものを作ってこい』と言われたら、七転八倒しながらでもやるしかない。でも、優秀な成績で大学を出た若い
社員は、そういう注文を受けると、難しい数式の並んだような立派なレポートを書いてきます。そして結論のところに『……よって、これは
できません』とある。しかし、高い給料を払って『できない』ことを証明する人間を雇う必要はどこにもないでしょう。

 本当の創造とは、そんな秀才からは生まれません。実際にはどうやったらいいかまったく見当もつかないけれど、ともかくやってみる。
そうしたら『やっているうちにできちゃった』ということがよくあるんです」

 浜松ホトニクスでは、大学を卒業したばかりの社員に、「タマ洗い」という光電管のガラスをブラシで洗う作業をひたすら命じていた
時期がある。

 「せっかく大学で学位をとってきたのに、ひたすらタマ洗いを命じられ、音を上げた社員もいます。しかし、そうした単純な作業をくり返す
ことで、『きれいな状態とはなにか』ということについて、突き詰めて考えるようになる。ガラスの表面一つとっても、実はわからないこと
だらけなんです。

 その大卒の社員はやがて物質の表面に関して強い問題意識を抱くようになり、世界で初めて『表面のきれいさ』を証明する計測技術を
開発してしまいました」

 「明日の予定を聞くな」

 もともとは特別な技術も研究所も持たず、「あるのは昔の中学の物理と化学の教科書くらいだった」という浜松ホトニクスが、
ノーベル賞級の研究を支えるまでに成長できたのは、さまざまな無理難題を前にした社員たちが「ああでもない、こうでもない」と
続けてきた試行錯誤の結果だろう。

 晝馬氏の目下の夢は、レーザー核融合を利用して、日本の高い電気コストを大幅削減すること。とてつもなく大きな目標だが、
無理難題を前にした新しい挑戦は続いていく。

(さらに続きます)

3: Hi everyone! ★ 2014/08/06(水) 02:18:06.54 ID:???.net
>>2の続き)

 「型破り」なやり方で社員を教育するという意味では、三鷹光器もかなりユニークだ。同社は社員数わずか63名という町工場並みの
小企業だが、望遠鏡などの天文機器や宇宙衛星に搭載する観測機器でずば抜けた技術力を誇っている。また、医療用機器の分野では
世界的カメラメーカー、ライカとも提携し、手術顕微鏡システムなどで世界一のシェアを誇っている。

 同社の創業者で代表取締役会長の中村義一氏は、次のように語る。

 「我が社の製品は、世界の最高レベルの会社と競合しています。しかし、規模は町工場ですから、資金力などではとてもかなわない。
だから人材力がすべてです。生半可な教育では、世界一のモノづくりができるように社員は育ちません。特に最初が肝心なのです」

 その教育法とは、最初の3年間は「とにかく仕事漬けにする」こと。朝から夜中まで家に帰っても風呂に入る時間しかないくらい、
ひたすら仕事をさせる。今の時代なら「ブラック企業」呼ばわりされてしまいそうなスパルタぶりだ。

 「猟犬を訓練するのと同じことです。人間もほうっておけば、動物と同じように注意力散漫になってしまうものです。仕事を覚えるまでは
外の世界を完全に遮断するのが一番なのです」

 中村氏はその他にも、奇想天外な経営方針を貫いてきた。

 「中小企業は常に不測の事態に備えていなければならない。開発中の製品と同じものが大手でも開発中だとすれば、すぐに進路変更
しなければいけませんから。予定に合わせて準備したり、研究したりするのでは間に合わないのです。

 ですから社員には『明日のことを聞かない・言わない』ように訓練しています。たとえば、出社してきた社員に『今日はその仕事はなし。
私と出張するぞ』といきなり連れ出すなんてこともありました。こうすることで、いつも緊張感を保ったまま仕事をすることができるのです」

 三鷹光器は、採用の方法もかなり変わっている。応募者はまず、テニスボールをハガキに描いて送ることを求められる。球体をどう
表現し、伝えようとするのか発想力を見るのだ。2次試験では自分の顔を描かせて、モノづくりに必要なバランス感覚を試される。

 他にも数学や機械に関する簡単な筆記試験や、模型飛行機作りなどもあるが、面白いのが昼時に定食屋に連れて行き、魚の食べ方
を見るというもの。小骨の多い煮魚や焼き魚を食べると、その人の性格が出るものだ。骨の位置など構造をよく理解して、上手に食べる
人もいれば、身がたくさん残ったまま食べ散らかす人もいる。箸の使い方が不器用だと、細かい作業ができないとみなされ、血合いを
取り除かないような無神経さもマイナス要因と判断されるという。

 学歴にまったくこだわらない、非常にユニークな入社試験だが、こうして採用された人材が世界一の技術を支えているのだ。

(さらに続きます)

4: Hi everyone! ★ 2014/08/06(水) 02:18:28.21 ID:???.net
>>3の続き)

 もしその企業が消えてしまったら、世界中のパソコンや携帯電話が動かなくなる……。大げさな話ではなく、そんな企業が日本
にはある。半導体の製造工程で使用される精密加工装置で70%もの世界シェアを誇っているディスコという会社である。

 パソコンや携帯電話の心臓部にはCPU(中央処理装置)があるが、その最有力メーカーは米国のインテルだ。そのインテルが使って
いる加工装置のほとんどがディスコ製である。インテルに限らず、世界の半導体メーカーの大半がディスコの機械を頼りにしている。

 もしディスコが活動を停止したら、世界中の半導体生産がストップしてしまいかねない?それほどの重要な地位を同社は占めている
のだ。

■世界一マジメな会社

 ディスコは広島県呉市で工業用研削砥石メーカーとしてスタートした。精密な高精度砥石の開発に邁進してきた同社の技術力は、
世界中の注目を集めており、あのNASAも「月の石」を研究用に薄くスライスするための超薄型砥石を発注している。

 世界一の技術力を維持するために、ディスコが大切にしているのは意外にも平凡なことだ。同社の経営の基本方針には、「企業を
健全な状態に保つため、社会常識や普遍的な原則などの『当たり前』を大切にします」とある。

 同社の代表取締役会長、溝呂木斉氏は「他社からみれば『何、それ?』と思われるようなことを大真面目にやる。それがディスコ
なんですよ」と語っている。

 例えば、同社は毎年、具体的なテーマを定めて、「当たり前」の実践につとめているが、その一つに「机の上一級」というものがあった。
「机の上を一級と言われるくらい整理整頓しよう」という、小学校の努力目標のようなテーマだ。

 また、ディスコは社のトイレをきれいにすることにもかなり気を使っている。少しでも顧客満足度を上げたいという自分たちの姿勢を
徹底するために、一見、本業とは関係のなさそうな細部にこだわるのだ。

 著書に『日本の小さな大企業』のあるジャーナリストの前屋毅氏は、「このような社員の姿勢の細かい点にまでこだわることが、
日本の技術力を支えている一因だ」と分析する。

 「机の上を片付けることは一見、直接には技術力の向上と関係ないように見えます。しかし、このような当たり前のことにこだわる
日本人的真面目さが、世界トップレベルの切削技術を支えているのです。

 例えば日本にはスマートフォンに欠かせない部品を作っている中小企業がたくさんありますが、そういう会社に取材を申し込んでも、
『取引先との守秘義務があるので取材に応じられない』と断られるケースがよくあります。そこには『自分たちは陰で支える存在である』
とか『目立たないことが美徳である』という伝統的価値観があるようです」

 また、焼き物や織物などの伝統的技術をもとにしながら、最新のニーズに合わせることができる会社は強い。例えば日本製鋼所は、
戦前は砲身などの兵器を、最近では原発の原子炉で使われる鍛鋼部材などを製造するメーカーで、その技術力は世界的に称賛
されているが、同社の鍛造技術のベースにあったのが刀鍛冶の技術だ。

 S&Sインベストメンツ代表の岡村聡氏は語る。

 「日本には唯一無二の技術力を持っているのに、マーケティングが下手で、売り方を知らない企業がたくさんあります。そのような
企業を狙っている海外ファンドもたくさんある。外資系企業と結びつくことで、新しい市場を開拓し、世界的企業に成長する会社も
あります。染色業の技術から、液晶画面に使われる偏光板を作る装置を開発した西工業などはその典型ですね」

 私たちの眼に見えないところで使用されている、日本の技術は無数にある。この国のモノづくりはまだまだ捨てたものではないのだ。

(「週刊現代」2014年6月28日号より)

82: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 14:29:54.55 ID:DzYebq/u.net
>>1
>血合いを取り除かないような無神経さ

そんなことで人の価値を判断するほうが無神経

7: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 02:27:28.58 ID:v/urOFzf.net
長すぎ、三行でたのむ

9: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 02:31:28.92 ID:1ghZOVQ8.net
>>7
人は記憶型と思考型に大別できる

思考型特性を発動させて成功した会社の一例さ

10: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 02:32:07.46 ID:dC0Fy8wH.net
>血合いを取り除かないような無神経さ

大切な命を頂いているのに、粗末にするほうが問題でしょ
企業姿勢に問題あり

11: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 02:32:50.03 ID:2uB0/Jtr.net
魚の食べ方採用ネタはもうおなかいっぱい
何回使い回せば気が済むんだ

16: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 02:38:16.63 ID:CCQWqAAi.net
ながすぎ
こいつは仕事ができない

17: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 02:39:44.17 ID:s+ef77H2.net
成長期だから何やってもそこそこ上手くいくんだよ
成長期に失敗してた例なんて絶対にスポット当たらない

21: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 02:55:04.84 ID:fK5SpE+q.net
やり方がどうかはともかく、頭脳の優秀な人が来てくれてるんだよな
それがほぼ全てであって採用や社訓というのは背中を押しているにすぎない

23: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 03:03:22.80 ID:qakFJz7B.net
3行にまとめたぞ。


凄い技術のある会社に入れてラッキー

社内で仲良くて仕事も私生活も充実しています

お前らとは違う。来世でもおまえらは派遣で頑張れ。

26: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 03:08:51.04 ID:CIY39BOO.net
>>23
入れてラッキーというか、優秀な学生はココに狙って入ってくるんだよ・・・
(浜フォトあたりは誰でも知ってる超々優良企業だから別格だが)

ネームバリューだけ欲しい(あまり優秀でない)学生さんはことごとく
テレビでCM打ってるような企業に入りたがる。
で、10年後会社がマジでなくなる

24: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 03:06:31.52 ID:Fw7OUk6t.net
学歴低い奴には関係ない話だね

32: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 03:48:29.87 ID:Fl2ZrMnD.net
できる人は他人の生き方を絶対参考にしない、これ豆な。

34: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 04:02:09.98 ID:iJm6JbLZ.net
成功したケースだけ持て囃せば良いんだから楽な商売だよな
こう言うビジネス記事は

38: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 04:19:33.38 ID:lg66tOQN.net
焼き魚の頭からしっぽまで所余さず食べたら、それはそれで採用に近づきそうだな。

47: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 05:23:06.34 ID:DE1j9TYt.net
無能ヒッキーのおまえらには関係ない話

50: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 05:57:28.46 ID:UiYKikUi.net
親漁師だから魚食うのは上手いよ

正社員として雇ってくれよ(絶望

55: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 07:33:41.21 ID:SeV26VleB
血合いという部位と言葉を初めて知った。

59: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 08:27:18.00 ID:hAU47mD+s
血液型信仰と同じ
何々だったら何々だ
根拠が無いし偏っていたら人類発展してない

62: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 09:59:21.52 ID:EKrj3s3x.net
日本の会社は軍隊と宗教と学生気分で出来ています

64: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 11:17:15.54 ID:qQc78Cuu.net
これはどこの優良企業でも一緒だろw

75: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 13:47:17.56 ID:zamP1y/8.net
デキレース

76: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 13:53:30.91 ID:XSY+tdbA.net
世界一の技術が有りながらで町工場並って経営に問題有るんじゃないの

77: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 13:59:17.62 ID:mrPUlFm3.net
>>76
会社を大きくしないで
極力自分たちの目の届く範囲で仕事を完結させたい
人って結構いるんだよ

81: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 14:14:11.97 ID:JYLSu8um.net
企業のサクセスストーリーなんて全部後出しの結果論だからなあ
後続の起業家の参考になるのかどうか、、、

83: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 14:55:37.24 ID:d0veqE2u.net
同じことやって沈んだ企業は10倍ありそうだな
結局人の質やで

93: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 16:09:31.03 ID:4khEymje.net
社員を優秀な人材にするためのスパルタ教育と
何年やっても何も身につかないすき家の酷使を一緒にする馬鹿はいねーよ

99: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 16:26:25.95 ID:eYpys0fi.net
まだ、こんなこといってるのかよ

103: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 18:15:15.92 ID:G7CaW1sa.net
カネの執着の無い暇な社員前提過ぎる

104: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 18:17:35.75 ID:UbSozmDk.net
また魚の食い方か
これは教わらずに出来てる場合に限られるよ

107: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 19:04:24.15 ID:ZWAn5obo.net
お前らたまには誉めたらどうだ?人生変わるぞ

108: 名刺は切らしておりまして 2014/08/06(水) 19:19:59.71 ID:DWnTJloC.net
尾頭付きの魚の食べ方は、細かいことを言わないなら
3点ばっかり注意すりゃいいだけだから、聞けば誰にでもできる。
・背骨に沿って箸で切れ目を入れ、背中側を頭のほうから尾のほうへ順に食う
・腹側の身を手前に剥がすようにして食う
・魚をjひっくり返さず(鉄則)、尾頭と骨を外して下側の身を食う

食い方がヘタな奴って、身のど真ん中に箸を入れてボロボロに崩しながら食うよな。
弁当のご飯もど真ん中からほじくり出すように食うのかしら。

スポンサード リンク