1: このスレ\(^o^)/! ★ 2014/08/19(火) 23:53:31.62 ID:???.net
パナソニックは富山・新潟県に所有していた3つの半導体工場を新会社に移管し、新会社の持分の過半数を
イスラエルの半導体受託生産会社(ファウンドリー)であるタワーセミコンダクターに売却した。(2013年12月20日発表)

富士通は、パナソニックとシステムLSI事業の新会社を設立し、福島県の工場会社へは米国の半導体企業の
オン・セミコンダクターが一部出資をすることとなった。(2014年7月31日発表)


最近、日本企業の半導体製造事業を巡って上記のような報道があった。残念ながら現在の日本には、
世界の半導体市場で技術・事業上の競争優位を持ち、工場を保有し、半導体事業として運営されているのは、
東芝のNANDフラッシュメモリー、ルネサス エレクトロニクスのマイコン、半導体各社で取り扱っているパワー半導体という程度だ。

 日本の半導体事業は、なぜここまで追い詰められてしまったのだろうか。このテーマに関しては、
既に様々な角度から議論が尽くされている。そうした議論を踏まえて、今回は日本の半導体業界が追い詰められた背景を、
歴史的・文化的な視点も交えて考えてみたい。


日本の半導体メーカーの負けパターン

 半導体産業で競争優位を確立するのに重要なカテゴリーは大きく分けて3つある。第1にデザイン(設計)、
次いで微細化、最後に資金である。現在の半導体産業において、これら3つがそろえば半導体企業として盤石。
3つすべてをそろえられない企業は、いずれかのカテゴリー、もしくはその組み合わせにより競争優位を確立しようとする。
最後は、世界的なヒット商品(アプリケーション)に組み込まれるデバイスとして販売できるかどうかにより、
半導体企業としての生存確率が大きく左右される。

no title


これまでの日本企業の負けパターンは、次の3つである。
(1)デザインと微細化が自社の最終製品(アプリケーション)に制約される「キャプティブの罠」に陥り、
半導体として汎用的な製品の需要を満たすプラットフォームになれなかったこと。
(2)競合企業との資金調達力格差を軽視し、長期にわたり設備投資に必要な資金調達計画が不明確な中、微細化競争に参加してきたこと。そして
(3)半導体デザインハウスという発想より、工場を持つ半導体メーカーを志向してきたことである。

http://bizgate.nikkei.co.jp/article/77521815.html

依頼
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1406150952/401

>>2依頼に続きます
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1408460011/


2: このスレ\(^o^)/! ★ 2014/08/19(火) 23:54:08.16 ID:???.net
競争のルールを知りながら、なぜ日本は苦戦したのか

 負けパターンの(1)は、デザインや微細化を自社の最終製品に最適化することを優先してしまったため、
資金を背景とした「規模の経済」を追求する経営判断に至らなかった失敗である。この点を踏まえると、
なぜ東芝のNANDフラッシュメモリーが世界で競争優位を確立できているのか、その理由の1つが明確となる。

 NANDフラッシュメモリーは、当初はデジタルカメラ向けのメモリーカードとして大きく普及してきたが、
東芝はデジタルカメラメーカーではなく、東芝社内にNANDフラッシュメモリーを使う強力な最終製品が存在しなかった。
もし、東芝が有力なデジタルカメラメーカーであったら、現在の競争優位を確立できていなかったかもしれない。
デジタルカメラメーカー各社のニーズを取り込んでいくことで、結果としてみれば「キャプティブの罠」に陥らずに済んだのである。

 負けパターンの(2)については、半導体事業に関係する者であれば、誰でも認識している内容である。
微細化に必要な設備投資の資金は競争優位を確立する源泉となる。メモリー事業は、微細化による価格競争から逃れるのは難しい。

 では、なぜ日本の半導体メーカーはこの競争のルールを知りながら苦戦や事業撤退を強いられてきたのだろうか。
この疑問に、私はアナリストとして何度となくぶつかってきた。

 その答えの1つは、日本の半導体事業が電機メーカーの事業の一部であり、全社経営の中で設備投資されることが多かったことだ。
(1)で指摘したように「キャプティブの罠」にはまることで、半導体事業での競争優位の確立のみを考えた投資判断が行われてこなかった。

 もう1点、半導体事業に関係する方々への取材を通じて見えてきたことがある。それは、日本の技術者の卓越した
「やり繰り」のうまさだ。微細化や量産を、限られた設備や経営資源でなんとか「やり繰り」してしまう
現場の工夫にあふれていた。製造現場が「まだやれる。大丈夫だ」と一時的にしのぐことで、
経営陣が「設備投資して規模の経済のメリットを享受する」という発想に至らなかったのだといえよう。

 こうした例は、「製造現場が優秀で困難を打開する能力がある」と評価することもできる。
しかし、経営の観点からすれば、設備投資の判断が遅れた可能性を否定できない。

続きはソースで
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/77521815_3.html

3: 名刺は切らしておりまして 2014/08/19(火) 23:55:38.50 ID:z5ivTlP1.net
ただの諸行無常だろ
何時までも頂点でいる方がむしろ不自然

8: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 00:01:55.38 ID:2kFwOULB.net
売上を増やすことばかり考えて恒常的に安売りして利益をださなかったから
次の投資資金が捻出できずに自滅したんだろ。

現状でも全く変わってないから東芝の半導体もつぶれるわ。

9: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 00:08:15.60 ID:CcRSSh2V.net
リーマンあがりの経営者じゃ、媚びへつらいが上手い無能だろ、所詮。

先を見通すことができないのでボンクラ。

10: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 00:13:05.61 ID:so2wosow.net
プロセス更新の意思決定期に半導体不況が重なり投資渋って尻すぼみ
計画に乗ると先にナイアガラフォールズが見えていても投資を続けたりするんだよな液晶工場とか液晶工場みたいに

11: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 00:16:51.87 ID:n8CTmEcB.net
有能な技術屋を生かせなかった経営者のミス

12: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 00:17:32.34 ID:Ji2enDax.net
サンディスクやサムスンは利益率が20%くらいあるけど
東芝は一桁%しかないから、投資資金に差が出て負けるのは当たり前。

利益を犠牲にしてシェアを買ってるような経営をして、「日本製品は強い」なんて
勘違いしてる限りはエルピーダの二の舞。

13: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 00:19:49.67 ID:yppJnG8o.net
「兵隊さんが強いからなんとかなると思いました」
なんとかなるだろうで作戦を実行しちゃったのがインパール作戦
「精鋭を送れば鎧袖一触でやっつけるはずが敵がこんなに多いとは・・・・」
戦力の逐次投入で負けたガダルカナル


うん!相変わらず日本は本日も天下泰平だあw

16: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 00:28:28.77 ID:q0kuhag0.net
>>13
まさに、それだけど今の経営者は全く自覚が無いからね。

14: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 00:20:44.90 ID:+1GGA5dD.net
これ、昔からの日本の問題だよ。いわゆる戦略的思考ってのが無いから。
その場しのぎでありながらも、狭い領域では神がかった改善や現状維持・安定ってのが典型的な日本人の良さであり
悪いところだからな。

世界に打って出て規模で勝負するって発想を出来る経営層の人間はほんの一握り。
自社の都合しか考えられないうちは勝つことが難しいだろうな。

21: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 00:40:26.14 ID:9prpJC2U.net
戦前の精神論的だよね…

25: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 00:49:50.25 ID:DBC4YxtR.net
突き詰めていくと、大企業の官僚化、事なかれ主義だと思うよ
大企業は高齢者が決断力をもってるけれど
高齢者には新しい技術や市場は理解できない
日本は正社員が厚遇されているから
職を投げ打ってまで、猫の首に鈴をつける人は現れない

これがガラパゴスの原因だよ

雇用の流動化と決断力のある人材の育成
それと組織の若返りが必要なんじゃないか。

27: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 01:03:24.23 ID:3MW6snai.net
一人勝ちを許さない空気が原因だと思う。
談合体質、護送船団方式、財閥に問題あり。

34: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 01:29:58.08 ID:g0VBCCB2.net
負けの分析ってそれが正しいとはかぎらないよ。
例えば 電子ブックなんて一番最初に出したのは
ソニーだけど、すぐ撤退した。
当時はそんな需要がないって分析が一番多かった気がする。
amazonみたいなシステムを思いつく奴は絶無で皆無。

こうゆう分析にとらわれすぎると、大事なものを見逃す恐れがある

36: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 01:31:36.62 ID:bG/rxskx.net
日本メーカーは高性能デバイスじゃなくて、○○専用デバイスって感じだからなぁ

昔話をすると、素晴らしく設計能力が高かったのはソニーで
半導体なんかやる気が全く無かったのが三菱かな

37: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 01:37:46.75 ID:g0VBCCB2.net
この国はit事業の場合世界の流れから5年は遅れるから、
気がついたら海外から革命的な商品が生まれて、
あっという間に古い体制が淘汰される。
ガラパゴス市場だけで食えている間はいいんだけどね。
結局は日本語の世界は日本の事しか分からないんだよ。

38: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 01:42:28.75 ID:8OLpyukV.net
負け組ルネサス社員だが、アナログに関して言えば、
デファクトスタンダードは昔から欧米メーカーが握り続けていると思う。
未だに欧米メーカーのバッタモンを作ってるのが現実。
半導体が登場する以前の真空管を回路に使ってた時代から
既に差があって、その差がいまだに縮んでないのだと思う。
例え猿真似が得意でも、最初に世に出すことができないと負ける。

40: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 01:52:21.69 ID:nOzLvO2x.net
日本バブル崩壊直後のアメリカ経済評論家談
「日本は、世界でもっとも優秀な労働者と、世界でもっとも無能な経営者によって、奇跡的な発展をなしえた。」
「もし、日本企業の経営者が優秀であったなら、他の後進国同様、警戒した先進国に早期に叩き潰されていただろう。」
「無能なトップを見て油断してたら、兵の優秀さに足をすくわれた。まさに太平洋戦争の時と同じである。」
「だが心配するなかれ。日本は必ず同じ末路を辿るだろう。無能とは、学ばないからこそ無能なのだ。」


(^ω^)順調に同じ末路辿ってます。

43: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 02:09:33.66 ID:auxxZPkW.net
ただの能力不足と人材不足だろ
基礎学力が低いからこうなる

52: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 02:39:36.45 ID:DE/4hFcm.net
ガチガチの規格品であるDRAM程度で調子に乗り過ぎたんだよ

58: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 06:13:52.08 ID:fljRIhtp.net
米国なんかは学歴は既に気にしないと言っているね
日本だとやはり東大から官僚になるのが幅を利かせるから企業もそれにつられて東大閥が中枢を占めたりする
でも学問と経営とか関係が無いとは言わないが必要以上に拘ることもあるまい
高卒の経営者の下で働く東大卒位のパラダイムチェンジが必要かも

62: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 06:28:12.09 ID:D6FRi36b.net
日本はなぜ負けたのかを研究しないと次につながらない
同じ轍を何度も踏む

65: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 06:50:33.80 ID:j+28bl8x.net
社員は派遣に業務を押しつけて遊びに
熱中しながら楽して給料もらうだけ

78: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 08:05:45.90 ID:scjKGJ/O.net
求人広告をみるだけでわかるレベルだから
日本はw

84: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 08:32:03.25 ID:nCw8nk0r.net
アップルの下請け(ホンハイグループ)に部品を供給してる孫請け(東芝とか村田とか台湾企業)のさらに下の地位なら余裕で固めることができるように、
負けたんなら負けたなりに次の戦略をとるべき、いつまでも過去の栄光にすがるとろくなことはない。ってことを言いたいのかな?この記事は

88: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 08:51:13.84 ID:09F2kdFI.net
アメリカの真似で伸びてその真似が新興国にキャッチアップされました。
日本が運が良かったという人はいても日本が何か嫌がらせをされたやら不運だったという人はいないと思うよ。

89: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 08:58:21.75 ID:xiN6MO3h.net
経営者がガンなのはうちの会社見てれば分かる。
受注が回復したのにリストラと経費節減が止まらない。
現場の人間が創意工夫の限りを尽くしているがそろそろ限界。

91: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 09:03:47.27 ID:cqNwq62C.net
家電製品とかは、メーカー系列が有効に機能してたけど、半導体は
ただの部品だから、単にメーカー数が多すぎて強い所への集中が遅かった

96: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 09:29:31.56 ID:Sh0J843d.net
かって半導体メモリは産業の米と言われていたな。
エルピーダとか仕事で見てたが需要がだぶついて来た時に
価格を下げてでも生産を維持して競争するより減反に走っちゃうのが
致命傷じゃないかと思ったな。
規模の産業であれじゃ無理だわと。

103: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 10:28:04.40 ID:WBYXjwFn.net
コスト競争で戦うのを嫌がって
負けるとわかってても
そのまま死ぬまで待ってる経営者

農業を思い浮かべたわ

104: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 10:37:38.76 ID:BzBsaTk6.net
 
 長い。経営者がバカだからって要約して書け

106: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 11:11:42.84 ID:pY+SAS8G.net
>>104
富士通のエライ人「会社が儲からないのは社員が働かないからだ」

112: 名刺は切らしておりまして 2014/08/20(水) 12:01:27.93 ID:4hck8ZaV.net
炊飯器に載せるSoCとか作っても仕方ないけど、自慢げに作ってたよね
車載も駆逐される勢いだし

スポンサード リンク