1: 海江田三郎 ★ 2016/02/02(火) 19:53:56.83 ID:CAP_USER.net
1766364p
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/463805/012900071/
 人月商売のSIでは、今のように需給が逼迫している時期にかき集められた技術者は、不景気になると容赦なく切り捨てられる。
にもかかわらず、「技術者が足りない。とにかくかき集めろ」と浅薄に騒ぐユーザー企業のIT部門やITベンダー。
前回の「極言暴論」では、そんな懲りない面々に対して「もういい加減にしなさい」という
記事を書いた(関連記事:技術者不足への対策ですか。諦めてください。それが日本のためです)

 記事のタイトルがIT業界の人たちの心にガッツリと引っ掛かったようで、これまでの極言暴論の中でも突出して
多くの読者に読まれた記事となった。私が書くのは“暴論”なので、ヒットコンテンツになると、
その分、読者の厳しい批判も増える。だが今回の記事では、批判コメントは極めて少なく、ほとんどの読者が「その通り」と同意してくれた。
 実際に「モノか何かのようにかき集められている」下請けの技術者はもちろん、SIerの技術者や経営幹部、
そして客である企業や官公庁のIT部門の人たちも、その理不尽な実態に気付いている。
なんせ四半世紀以上の長きにわたり、日本のIT業界は「若者をかき集めて技術者に仕立て、
技術者が余るとお払い箱にする」というサイクルを何度も繰り返してきた。これまでは皆、見て見ぬフリをしてきたのだ。
 開発プロジェクトの際には、下請けの技術者らに対して「同じチームの一員として頑張ろう」などときれい
事を言うIT部門やSIerの人が、なぜ人材使い捨てというIT業界の悪弊に目をつぶってこられたのか。
思うに、重要な社会インフラ、あるいは企業の根幹となるシステムを構築するという“大義”の前には多少のことは致し方ない、
といった意識があったはずである。
 それがどれだけトンデモナイ話かは前回の記事で書いた。今回は、重要な社会インフラ、あるいは企業の根幹となる
システムの多くが、実は「趣味直し」のような開発の産物であり、それさえやめれば、「足りない!足りない」と
騒いでいる今でも、技術者は十分に足りていることに言及したいと思う。では、まず「趣味直し」とは何かについて説明することにしよう。
 実は「趣味直し」というのは、我々のような雑誌編集の職場などで使われている、かなりローカルな“業界用語”だ。
編集者がライターの原稿に手を入れる際、本質的でない細かなところまで修正させることを「趣味直し」という。
この趣味直しは、書き手の誇りを傷つけるだけでなく、極めて非効率。しかも修正した結果、元の原稿以上に良くなるわけもないので、やめたほうがよい。
 つまり、趣味直しとは無用あるいは有害な修正のことである。実際には、どこまでが必要な修正で、
どこからが趣味直しかの線引きは難しいが、編集での趣味直しの話をこれ以上語っても仕方がないので、
システム開発の話に戻す。もうお気づきかと思うが、システム開発における趣味直しとは、無用なカスタマイズ
、無駄な作り込み、そして有害な要件の肥大化のことである。
 例えば大企業は、ERP(統合基幹業務システム)などパッケージソフトウエアを導入する際も、信じられないほど
のアドオン開発を行う。「外国製のパッケージは業務に適合できない」というのが大概の理由だが、不思議な話だ。
では、なぜ日本製の使えるパッケージがほとんど無いのか。「えっ、それは日本のITベンダーが御用聞き商売で、
優れた製品を作れなかったからでしょ」と思うだろうが、それは真実の一面にすぎない。
 日本のITベンダーもパッケージをいくつも作ったが、客は常に個別対応、カスタマイズを求める。
少なくとも間接業務なら、いずこも本質的な違いは無い。パッケージのやり方に合わせれば済むのに、
自分たちの業務のやり方の“特殊性”を絶対視して、パッケージに難くせをつける。
ITベンダーとしては無理して自社製品を売り込むより、受託開発をやっていたほうが楽ということになる。
 日本の客のわがままが日本のITベンダーをスポイルしたわけだ。その結果、外資系ITベンダーの
パッケージだけが残るというマンガ的事態となった。で、外資系ITベンダーに聞くと、皆「必要以上に機能のカスタマイズを
要求するのは勘弁してほしい」と言う。まさに客の趣味直しには付き合いきれないというわけで、その趣味直しは日本のITベンダーの仕事となる。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1454410436/


123: 名刺は切らしておりまして 2016/02/03(水) 06:02:53.98 ID:AP6baYNe.net
>>1
無駄に役職多くて、技術で仕事しない奴が多すぎるだけ。
課長になった途端、管理職専念。
それじゃその会社の技術は伸びん。

135: 名刺は切らしておりまして 2016/02/03(水) 07:27:47.25 ID:HJMds+nX.net
>>1
あるある無駄な装飾

5: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 20:01:38.40 ID:xBm3YvU8.net
分かってねーな


艦これのUI みたいな領域ですら
技術者不足の影響がwwwww既に日本は末期

9: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 20:08:43.97 ID:3pxqwnpp.net
技術者不足×
優秀な技術者不足○

11: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 20:10:52.54 ID:qsPBWcSH.net
見栄えが悪いっていうだけの理由で、
ウィンドウのタイトルバー文字列を
半角から全角に修正したことあるわ。

13: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 20:14:54.49 ID:cXlBNaY5.net
技術者なら3ptでまとめろ

16: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 20:18:31.05 ID:saC5umJx.net
Microsoft・Windowsの事ですね、わかります。

24: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 20:38:25.02 ID:Hdj9+I9B.net
生産性を上げるインセンティブが存在しないどころか
利益相反が存在してるんだよな
馬鹿なのかね

27: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 20:43:32.27 ID:4e+oOhK8.net
旧日本軍と変わりゃせんわ

軽機関銃や短機関銃に着剣ラグつけたり
弾倉に残弾カンウタつけたり
手榴弾に小銃発射させる発射火薬装着カ所設けたり
余計なことして手間増やしてりゃ世話ねーわ

31: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 20:46:55.75 ID:me1gfDlq.net
仕様変更に対して料金を請求したら?
1回ごとに0.5上乗せで
1, 1.5, 2, 2.5, 3倍と増えていく料金

どういう物が欲しい分からずに仕様固め無いから
混沌とした仕上がりになる

34: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 20:50:18.00 ID:f2CwrEgZ.net
技術者は興味で動く

37: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 20:58:12.04 ID:+u/09hao.net
技術者不足なら技術者の単価上げればいいだけ。
それだけで解決する話。
不要な改修に高い金出すほどユーザもバカじゃないだろ。

120: 名刺は切らしておりまして 2016/02/03(水) 05:04:38.70 ID:h/bgRC42.net
>>37
俺もそう思う。
安売りするから、しょうもない仕事が増えるんだろと。

40: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:00:12.79 ID:XNmV128r.net
ERPは、それらの業界のベストプラクティスを実装したソフトなんだから、
業務プロセスをソフトに合わせるぐらいじゃないと、本来はダメだよな
ただし、その企業の強みとなるプロセスについては、必要ないからアドオン開発をするのがベスト

既存のプロセスを変更したくない保守的な心理が働いて、
このシステムがないと、あのシステムがないとみたいな感じで
どんどん要求の度合いの高い開発になってしまうんだろうな

91: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 23:01:52.54 ID:nYdVOxOE.net
>>40
そういえば昔S○Pの人がウチが売ってるのは
プログラムじゃなくて業務の改善方法だとか言ってた

43: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:04:56.72 ID:ai3yxn39.net
コンサルは既得権を破壊する仕事
既得権を破壊するには、トップを説得しないと
情シスごときを相手にしては改革にならない

46: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:10:36.63 ID:4djTjVMZ.net
いや絶対数が足りてないから

49: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:15:44.12 ID:BY5Uyi0l.net
>>1-2
嘘。技術者は必要。
パッケージぱかすか買える金ある業界のIT部門は、本来営業や法律の土俵で勝負して負けた落ちこぼれの敗者復活戦。
ITの知識がなくても、ぶっちゃけシステムが動かなくても、本体からの低評価を受けなければ本体に戻れる可能性がある。
ITを展開するうえで失敗しない論理を迅速に本体に示すためには、知識からくる論理を提供するITベンダーが必要。

ちなみにパッケージぱかすか導入する金ない他業種は、アジャイルとかと呼ばれてる手法でたまに障害起こしながら本体と仲良くやってます。

51: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:17:58.38 ID:shwnHvIg.net
そもそも発注側が最終形をイメージできてないからすぐブレる
受注側もはいはいブレに付き合うから終わってる印象
これを解決するには↓しかない
・発注側の担当者はITに関する豊富な知識があり、自社の業務についても詳しいこと
・受注側はまず必要要件を入念な打ち合わせを持って顧客イメージを共有すること
(初期から何でもかんでも提案しない)

まぁ各部署にパソコンの大先生が一人いてソフトの更新だの何だのそいつに丸投げなんて企業だらけの日本には無理

55: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:27:10.32 ID:naEMV3UI.net
「ウチは他社とは違うんです!」

どの会社に行っても必ずこういう。絶対言う。

59: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:32:32.21 ID:F6gSqWoV.net
プログラマーの人件費を上げろ。

コード書かない連中が偉そうにピンハネして高給もらってたら未來は無いよ。

61: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:36:32.62 ID:GwpZNB7t.net
パッケージを業務に合わせてカスタマイズするサービスとかの方が最近は一般的だけど限度があるよね

パッケージを業務に合わせてカスタマイズするより業務をパッケージに合わせてカスタマイズした方が金も時間もかからないしバグもなくていいよね

63: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:41:37.99 ID:Eoj3FycS.net
>>61
そういうのをリストラともいう

64: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:45:50.64 ID:uwxCpEYD.net
新システムを導入すると、人員の異動や、業務内容が変わるからね。

外から来た派遣のガキごときに、あーせーこーせー言われたくは無いわけだ。

とっかかり以前の問題があるんだよね。

69: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 21:56:31.46 ID:XNmV128r.net
業務プロセスのIT化ってのは提携業務の自動化と同義だから、
そんなところに縄張りを感じる連中や人材は付加価値を生まないわけよ

企業は非定型業務に人的資源を投資して、
他の企業との差別化をしなきゃいけないのだから、ある意味当然
機械にできることは機械に任せて、そのぶん浮いた人的資源は他の分野に回す

あとリストラ=首切りみたいな風潮はなんとかならないもんかね
リストラの言葉は文字通り、リ・ストラクチャー、つまり組織の再構築
IT技術を取り入れて人の首を切ることがリストラではなく、
その人的資源を他に回すのが組織の再構築、すなわちリ・ストラクチャー。

101: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 23:24:39.87 ID:HyHKpBup.net
だが、趣味直しの裏でベンダーは必死に地雷除去してるのであった。


>>69
定型業務しか出来ない輩は結局首切られるのがオチ。

73: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 22:12:07.18 ID:3p6Sd+xZ.net
既製品に合わせる事が出来ない人が多いよね。

統一インターフェースが無いからなんだがな。

75: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 22:13:28.39 ID:O1k9CtlC.net
門外漢の業界の人間だが、この記事は面白かった
うちの会社のシステムも、200億かけて何じゃこりゃ、ってのができたからな

どうも、役員クラスが気になった時に状況をすぐに見られるように設計したようで
システム入力のための現場の仕事の増えっぷりが半端なかった

でも、それって「エクセルでいいじゃん」みたいな内容のものなんだよなー
エクセルで別ファイルにして添付すりゃあいいものをわざわざシステムに組み込んで
入力と全体像の把握をしづらくしている


門外漢業界のシステムなんて、システム屋のいいなりだよな
社内のシステム担当は、システムについては素人だし(基本文系職がつく)、
部門の業務内容の理解も中途半端なんだから

77: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 22:15:05.77 ID:nlxy03KD.net
その割には日本でiPhoneが売れるという現実

82: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 22:21:30.45 ID:2ADW7DMZ.net
ちょっとウケたらからって
調子に乗って次書いたらすべっちゃった典型記事

86: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 22:36:09.43 ID:bGGu6Wew.net
カスタム代を相応に高くすればいいんじゃないの?

機械でも自分のところ専用に特注開発したのを10台よこせ!って注文しても
それでは御代は汎用品の20倍で1台15億円からになりますとかになって
高い!となってもかかるものはかかるわけですし。

いきなりソフトを注文するのではなく、その前に発注者と相談して要求仕様や見積もりを一緒に考えられる
発注者IT支援コンサルタントみたいな業種が必要なのでは?

90: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 22:58:10.40 ID:s5bSepdK.net
 業務システム、ガラスマ、生産管理システムまで日本のIT産業全般がカスタマイズ
大好きだから仕方がない。業界標準規格なんてガン無視だし。20年たって日本の
社会が根本から崩壊すれば変わるんじゃないかな?

100: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 23:24:02.94 ID:uwxCpEYD.net
実装方法はわからなくなっても、運用上の要件くらいでも残っていれば、別の奴に作ってもらえるよ。

エクセルとかで作ったシステムもどきならね。

セルの入力が制御できてなくてよく暴走してるけど。

129: 名刺は切らしておりまして 2016/02/03(水) 06:56:13.88 ID:LrsrV2fT.net
>>100
スーパーシステムなほどエクセルも立派なクライアントとして利用されてるよw
CVS吸い取り装置とかじゃなくてね。
下手に作られたオリジナルクライアントより100倍マシ。

105: 名刺は切らしておりまして 2016/02/02(火) 23:32:41.88 ID:46Hn6zqq.net
まあ、好きで金使ってるわけだから良いのでは。

IT業界もすでに特別新しい産業というわけでもないし、
人手不足なのはどの産業も同じ。

人手が足りないのだから社会保障だの福祉だの、
文明の進歩に貢献しないサービスから割愛していくしかないでしょと。

スポンサード リンク