1: 海江田三郎 ★ 2016/02/17(水) 18:00:41.85 ID:CAP_USER.net
img_4108bd82bf62061a0d6d3cc30f0c23b71119396
http://toyokeizai.net/articles/-/105383

売上高は過去最高。が、利益も同じように、とはいかなかった。楽天が2月12日に発表した2015年12月期の
通期決算(国際会計基準)は、2007年12月期以来、8期ぶりの営業減益となった。
重くのしかかったのは、海外事業ののれん減損だ。のれんの定期的な償却を要しない国際会計基準を、
2013年度から採用していたが、海外で企業買収を重ねる中、懸念材料となっていた減損リスクがついに火を吹いた。
2015年度の売上高は7135億円(前期比19.2%増)で、営業利益は946億円(同11%減)と、増収減益に。
減損損失は全部で381億円に上り、営業利益を大きく押し下げた。2010年に買収した
仏ECサイト運営の「プライス・ミニスター」と、2011年に傘下に収めたカナダの電子書籍企業「コボ」の2社が大きく、
減損額の6割超を占めた。2社ともに200億円以上を投じての買収だったが、買収当時の計画からは収益性の向上が遅れ、赤字となった。

「楽天市場」や「楽天トラベル」が快走
決算会見で、三木谷浩史会長兼社長はコボについて、「われわれとしては、明らかに安定成長しており、
収益改善ができていると思ったが、監査法人が減損と判断した」と説明。プライス・ミニスターについても、
「当初の計画とは、正直、少し乖離している。ただ、われわれとしては自信を持っている」と、成長性を強調し、減損に悔しさをにじませた。
もっとも、減益となったが、楽天の主力事業が傷付いているわけではない。収益を牽引する、
国内EC(電子商取引)事業や金融事業は、ともに成長を続けているからだ。
「楽天市場」や「楽天トラベル」を中心にした、国内EC事業の流通総額は、2兆6748億円で、前期比10%増の成長だ。
流通総額は楽天市場などで消費者が支払った合計額であり、楽天はここから主に手数料収入を得ている。
国内EC事業の売上高は、前期比7%増の2845億円と伸びた。クレジットカードや証券などの金融事業も、
売上高が2751億円(前期比16.3%増)と、高い伸び率だった。
足を引っ張っているのは、海外事業だ。楽天は2005年以降、海外で企業買収を加速させてきた。
中には、2014年に過去最大の1000億円超で買収した米EC集客支援サービスの「イーベイツ」や、
約500億円を投じた米電子図書館事業の「オーバードライブ」など、着実な収益貢献を実現している成功例もある。
ただ、その一方で、今回減損対象となったプライス・ミニスターなど、海外で展開してきたEC事業の多くで苦戦が続いている。
楽天は決算に合わせて、2020年を最終年とする、「ビジョン2020」と銘打った中期経営計画を発表。
1997年の創業以来、中期経営計画の公表は、初めてである。2020年までに、売上高を2015年度比で2.3倍の1兆7000億円に、
利益水準も大幅に引き上げるという内容だ。三木谷氏は「目標というより計画。十分に実現可能だ」と達成に自信を見せた。
その中期経営計画では、国内EC事業や、金融事業のフィンテック分野を成長ドライバーに、利益水準の大幅な向上を掲げた。
その一方で見逃せないのは、海外でのEC事業が転換点を迎えているのが、鮮明になったこと。計画では、買
収や合弁会社の設立などを通じて膨張を続けてきたこれまでの戦略を、いったん見直す方針を打ち出している。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1455699641/


2: 海江田三郎 ★ 2016/02/17(水) 18:00:49.52 ID:CAP_USER.net
海外EC事業は一部で事業縮小
海外EC事業の戦略見直しは、米国やインドネシア、シンガポール、マレーシアなどで、事業の一部縮小を行う内容である。
インドネシアなどでは人員整理にも踏み込み、タイではEC事業会社の売却先の検討を始めた。
今後、米国では「直販型」から撤退して、各種ECサイトに送客するイーベイツとEC事業者がモールに出店する
「マーケットプレイス型」に集中。EC市場の小さな東南アジアでは、逆にマーケットプレイスをやめて、
個人間売買の「フリマアプリ」へと切り替える。
今のところ、盤石と言ってもよさそうな国内事業だが、今後も中長期的に高成長を続けるのは、容易ではない。
国内ECでは最大のライバルである、米アマゾンが音楽・動画配信など有料会員向けサービスを拡充しており、
顧客の奪い合いが続く。楽天の跡をたどるように、ヤフーは自社発行のクレジットカードとECを連携させてポイントを
付与するという、ECと金融でシナジーを創出するビジネスモデルで攻勢。競争環境は厳しさを増している。
楽天が海外での企業買収を積極化してきたのは、国内市場に頼っていては、成長の頭打ちがいずれ
避けられないことを見越したものだったはずだ。しかし、中長期的な高成長を続けるために重ねた買収のペースは、
やや性急に過ぎたのかもしれない。買収時から赤字が続く企業もあり、海外事業全体の収益力向上は、
近年、大きな課題になっていた。今後、採算改善が進んでいない企業の中から、さらに減損対象が出ないとも限らない。
三木谷氏は会見で、「環境の変化による多少の浮き沈みはこれからもあるかと思うが、一歩先回りをして、
勇気を持って踏み込んでいくことが大事だ」と述べた。競争が激化する国内で勝ち抜くと同時に、
玉石混淆に見える海外事業を、どれだけ早く筋肉質にできるか。まさに三木谷氏の経営手腕が問われる局面だ。

3: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 18:03:07.21 ID:Z8Hpq/Po.net
遂に楽天も終わりか……

5: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 18:04:52.34 ID:WpKEXXt+.net
突然パーってことはないんだけど、端末が死んだら終わりだな
という俺はソニーユーザw

8: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 18:07:59.86 ID:ZnathWPw.net
ヤフーショッピングに対抗したポイント制度も
囲い込みというよりは、どうぞ他社に流れて下さいって感じの
追い出しキャンペーンにしか感じないけどな

10: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 18:19:05.85 ID:HdTWRl9S.net
楽天のエグい手数料上げの時にヤフーが有利な条件出して店子が
移動した矢先に優勝セールのイカサマやヨドバシなどの台頭で
店子・消費者から見捨てらてもうダメでしょう。

14: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 18:30:04.00 ID:fe5QuIgn.net
楽天が絡んだらなんでも金取るからな
たぶん、楽天は消費者も取引業者も信用してないと思う
その場限りの割り切り付き合いって感じで
毎回楽天が儲かるような商売ばっかりしてる
サービス精神とか継続的取引とか信頼関係を築こうという意思が感じられない
だからみんなから見透かされる

16: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 18:36:49.06 ID:KSGwfS1T.net
いままで成長してたことがそもそもおかしいって
楽天市場が日本最大のECサイトだったとか、日本のIT業界のいい恥さらしだわ

17: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 18:38:35.31 ID:WpKEXXt+.net
ゴールデンイーグルスも終わり?

19: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 18:43:24.54 ID:kt+EPPle.net
ヤフーに完全に抜かれたな

そのうちメルカリにも抜かれるだろ

28: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 18:58:00.66 ID:O19aO1TX.net
マジな話koboが成功すると思ってやつはいるのか
楽天関係者以外で

30: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 19:05:39.08 ID:qPOJ40Ku.net
kindle持ってる人はたまに見るけど、kobo持ってる人見たことないな

32: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 19:24:12.97 ID:t3pNQxdx.net
2005年か海外の色んなものに手を出してきたけど
結局日本市場頼みなんだな

あの乱雑した見難い通販サイト
やっぱりい海外では通用しなかったか

というかなんで日本では通用してるのやら

37: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 20:46:14.67 ID:ETQt6JkG.net
どっかの閉鎖した事業所の人員が流れたのか
昼の食堂が混みまくってる何とかしろ

40: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 22:33:32.03 ID:saJhIQM3.net
最近は画面の見やすさで尼が多いわタイムセールもわかりやすいし
楽天はジャンルに関係無い商品がやたら多いし商品のページも広告だらけで疲れる

42: 名刺は切らしておりまして 2016/02/17(水) 23:06:07.98 ID:jFFrwXX8.net
まあこれなけりゃ読まなかったような本も読めたからいいや

45: 名刺は切らしておりまして 2016/02/18(木) 00:29:44.08 ID:ecL6ruaN.net
海外企業の二番煎じで成長してきた技術もビジョンもない会社。
なので将来性皆無。

スポンサード リンク