1: 海江田三郎 ★ 2016/04/15(金) 10:35:05.26 ID:CAP_USER.net
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tsudakenji/20160415-00056606/
no title


かつて、世界の半導体市場の50%以上を勝ち取った日本の半導体企業のシェアが2015年にはわずか8%にまで落ち込んでしまった
(図1)。これは調査会社のIC Insightsが発表したもの。この凋落ぶりは今更いうまでもないが、
つい2010年には14%に落ちたという報道があったばかりだが、わずか6年でその半分になったということだ。

半導体産業は、世界では依然として伸びているのに日本だけが沈んでいる、という特長がある。実はこの特長を国内電機大手の経営者が
理解していなかったことが最近の動きから見て取れる。シャープは言うまでもなく、パナソニックはリストラこそ推進して利益はわずかばかり生み出せる
ようになったものの売り上げは下降線をたどっている。実は日立もそうだ。東芝は言うまでもない。
企業経営戦略の重要なことは、世の中の動きと自社の強みをリンクさせることだが、これが全くなされていないのである。
唯一、三菱電機はパワーエレクトロニクスで強みを発揮し、かつ半導体のR&Dにも力を入れている企業だ。横並びの日本のライバルだけを見て進んできた日本の電機の弱さがここにある。
電機がリーマンショック以降、ダメなことがわかったのにもかかわらず、それを半導体事業が悪かったからという言い訳にしてきた。
だから本当の病巣を見つけられなかった。東芝は民生・家電が2014年も15年も大きな赤字を出したのにもかかわらず、
最近になるまでリストラに着手できなかった。シャープ、パナソニック、ソニーなどの民生家電メーカーも全く同様だ。

かつてのソニーは独自の面白い製品を続々開発し、パナソニックなどが2番手戦略で追いかけてきた。
トランジスタラジオ、ウォークマン、CD-ROM、MDディスク、プレイステーション、ハンディカメラなど世界的にも価値の高い商品や、
リチウムイオン電池、CCDイメージセンサ、高密度実装基板などの技術製品も生み出していた。1980年代は商品寿命が7~10年もあったから、
この戦略で成功した。しかし、商品寿命の短い今はかつてのこの戦略が使えない。そのソニーも独自製品を生み出せない体質に変わってしまった。

だからこそ今は社員・経営陣が揃って知恵を絞らなければならないのに、「前例がない」「実績がない」などの言い訳で新しい技術や
ビジネスを拒絶してきた中間管理職と、それをコントロールできなかった経営陣が最大の病巣だった。新しい技術やビジネス、市場に向かうのに、実績を求めるという、その問いかけ自身、変でしょう。
ソニーが成功してきた裏面照射型CMOSセンサは、上司が商品化は無理という理由を100も並べて開発を否定したのに対し、
当時の開発者は粘り強く説得を繰り返し、最後は開発を認めてもらったという。この熱意が今日の成功を築いた。
しかしこれはソニーの中の例外ストーリーだ。今のソニーの商品で、2000年以降の独自新開発品は、このCMOSセンサ以外一つもない。
過去の栄光を食いつぶしているだけ。外国人経営者もひどかった。ロンドンの自宅に住み、毎週ファーストクラスでニューヨーク、
東京と世界一周旅行を繰り返してきたと言われている(元ソニー社員)。東京に住んだことのなかったソニーの社長だった。
しかも、ソニーが赤字でも数億円という報酬を平気で毎年受け取ってきた。米国企業の経営者だとありえなかった。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1460684105/


2: 海江田三郎 ★ 2016/04/15(金) 10:35:11.50 ID:CAP_USER.net
日本の電機メーカーの将来が暗いのは、差別化するためのカギとなる半導体とソフトウエアの内、半導体を手放してしまったことだ。
それなら、米国や台湾のファブレス半導体と密接な関係を持てばよいのだが、それさえしていなければ、電機は今後ますます暗くなるだろう。
ちなみにパナソニックはわずか半年前まで中期計画の目標を10兆円としていたが、早くも8兆円に下方修正した。

話を元に戻して、米国の半導体企業は、54%と過半数のマーケットシェアを占めている。すなわち米国では半導体ビジネスは成長産業なのである。
米国の次は韓国の20%である。ただし、これはほとんどメモリだけ。日本は8%で、まだ第3位ともいえる。しかし、4位の台湾は7%と迫ってきている。

ここで定義している国は、半導体企業の本社がある国のことである。例えば、韓国Samsungは米国テキサス州オースチンに工場があるが
韓国企業と定義している。同様にインテルは、アイルランドと中国に生産工場を持つが、米国企業としている。買収した企業も同様に扱っている。
例えば英国第1位のファブレス半導体だったCSR社を米国のQualcommが買収したため、今は米国企業となった。日本でもエルピーダメモリを買収したのはMicronだから、その広島工場は米国企業である。

図1の半導体シェアを見て気づくことは、日本と韓国の半導体はファブレス企業がほとんどいない点である。設計と製造を一つの会社が
持つIDM(垂直統合のメーカー)がほとんどという構造だ。日本と韓国にファブレス企業がほとんどいないということは、韓国は今のところはメモリで
潤っているから、まだましだが、いずれ日本と同じ運命をたどることを示唆している。
半導体産業が活発な米国では、ファブレスが非常に多く、台湾、中国が続いている。特にファブレスで日本が中国に抜かれていることは、
日本の技術力そのものに疑問符がついているようなもの。というのはここ10年間、日本はファブレスやファブライトを目指してきたのに、
その成果がほとんど上がっていないように見えるからだ。日本は得意な製造技術を捨て、得意ではないファブライトやファブレスにシフトしてきたが、それは大きな失敗であったことを認めなければならないだろう。
2010年に「一刻も早く日本はファウンドリを設立すべき」とブログで訴えたが(参考資料1)、残念ながらその声は届かなかった。
その間、Samsungがファウンドリ事業を始め、Intelさえも始めた。製造だけを請け負うファウンドリというビジネスをなぜ日本はこうも嫌い、
売り上げも利益も出せずに沈んでいくのか。モノづくりの得意な日本に向いた半導体製造請負サービス、すなわちファウンドリを嫌い続けた結果がこの8%シェアという数字だった。

ファウンドリビジネスの得意な台湾は、日本と違いブランドを表に出すよりは実を取るビジネスを好む。これに対して日本は、
武士は食わねど高楊枝、見栄を張るだけで、ひたすら沈み、デフレをまっしぐらに走っている。この姿は半導体ビジネスだけではなく、ニッポンそのものをよく表しているようにも見える。

102: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:29:41.18 ID:9B/jP2vH.net
>>2
年功序列・終身雇用が足枷になって身動きが取れなくなっている。
何故インターネットの使い方も知らない老害が管理職をしているのか?

政府は解雇規制を撤廃しないと、日本企業の復活は有り得ないだろう。

107: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:31:41.42 ID:CpjhxquA.net
>>102
1. 解雇規制って何か具体的に書いてみろよ
2. 誰かがクビになれば自分が就職できるとか甘いこと考えてるのか
3. ネラーの癖にでかいこと言ってないで早速自分からクビになれよ

4: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 10:46:33.20 ID:9zFB0bvM.net
半導体ローリングストーン図

5: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 10:47:16.37 ID:IW7xZIwY.net
東芝の半導体事業を売却するのも、時間の問題。

6: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 10:48:14.14 ID:VGXF3m35.net
安く作れるわけでもなければ
先進性もないですな

7: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 10:49:47.98 ID:Uyei+bka.net
半導体は完全に国の戦略ミスだと思う。
どーにもならんね。

9: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 10:54:24.89 ID:VGXF3m35.net
台湾を見習うべきなのだろうね

10: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 10:55:05.82 ID:kDTN+dwV.net
地味にストリンガーディスが受けるw

12: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 10:56:36.35 ID:O8W5W9sV.net
米国はIDMもデカイんだね。
どこで製造しているんだろ。
垂直統合型の半導体もファブレスの半導体も圧倒的。

15: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:01:58.68 ID:m4OA0f6s.net
東芝もルネサスもあかんからな。

17: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:04:31.88 ID:VGXF3m35.net
1位がインテルで、対抗はまあ無理だし
2位のサム寸がスケールメリット

ダメでしょ

18: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:05:48.32 ID:J1cgytGn.net
つーか、まだ作ってたのか
中途半端な投資しても利益なんぞ出んからやめちまえよ金の無駄

19: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:07:56.76 ID:VGXF3m35.net
CCDとパワ半導体?
ニッチに生き延びるくらいしか

33: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:30:50.08 ID:JQ2TXwIg.net
>>19
そういう単機能なデバイスは既に時代遅れの産物。パワーMOSFETに制御用
マイコンが内蔵されていて、外部と通信(車載ならCAN)で制御できるような
ミックスドデジタルがこれからの主流。

センサも、単なる素子ではなく、可変ゲインのアンプとDSP(マイコン)で信号
処理したデジタルデータを読み出すのがアタリマエ。 デジタルは素人のコピペ
で設計できてもアナログ混在はムリ。

日本無線は、単機能アナログデバイスは製造できても、マイコン内蔵の
ノウハウはない。ロームは沖電気の半導体事業(ラピスセミコンダクタ)を
買ったけど、もともと三流。 ムラタ製作所あたりも、安いセンサ単品は
作れても、デジタルのノウハウを持ってない。

21: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:13:08.18 ID:hxJ1mZJ9.net
日米貿易摩擦と打ち続いた超円高と野放図な技術流出で
産業の米を捨てた日本

22: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:15:20.20 ID:yHeR+P0E.net
ものづくり後進国に

25: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:19:03.23 ID:bLi8F2Lg.net
サムソンにぼろ負け!

26: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:22:20.90 ID:2BhaHO+x.net
信頼性の必要な組み込みコントローラでは今でも強いはずよ。
その8%のうち、どれぐらい占めてるのかは知らないが。

29: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:25:59.91 ID:bTXmDs9r.net
結局のところDRAMバブルに乗っただけ

31: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:27:48.83 ID:nJ61FCI8.net
電子立国日本w

36: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:34:19.62 ID:Aec29FAj.net
アメリカと違って日本はリストラにコストがかかりすぎるからな。
既存の工場を潰せない以上無理して使う、という選択ができない。

41: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:38:23.18 ID:nJ61FCI8.net
半導体って今後指数関数的に成長するIoTの基幹なのにねえ。ファブレスになれないって事はアイデアだしたり抽象的な思考が出来ないってことだから深刻だよね。

45: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:45:10.50 ID:cG/0uaKE.net
まるで項羽と劉邦の話のような展開だ。

いまや、世界最大の電機メーカーになってしまったのが、韓国のサムスン。

46: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:45:41.11 ID:2pZS2asR.net
国の成長戦略がインバウンドとかだからな。
一億総活躍とか戦時中のスローガンみたいな
こと真面目に言ってるしもうだめだろ。

48: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:47:31.36 ID:olg/5iO2.net
電源関係ならまだ日本が強い。ただマイクロプロセッサは・・・

50: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:49:51.69 ID:bUE8Z9ii.net
90年代までは最先端走ってたのが嘘みたいだもんな

53: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:50:34.46 ID:nUR6tQ9P.net
日本人の技術者は優秀で勤勉だから、ビヘィビアレベルのシミュレーションや、それからの論理合成、FPGAを使った試作とかの技術の初期は、
「今まで通りのやり方の方が良いもの作れる」
ということで軽視していた。

55: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:52:45.61 ID:YTRfF4bR.net
いわゆるIoTなんて掛け声だけで大して儲からんよ
小さい安物チップなんていくら数出てもね
品種が増えればプレーヤーも増えるし地獄

59: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:57:45.51 ID:nJ61FCI8.net
>>55
IoTならアマゾンみたいな企業が儲かるんだろうね。
アレクサはかなり普及しつつある。モノのインターネットは収集する膨大なデータが価値を生むけど
クラウドとかデータ分析の企業はアングロサクソンの
独壇場だな。アジア人だとデータ集めたとしても使い方がわからない。

56: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:53:19.06 ID:oN+llRfd.net
30代中〜後半の層がいなくて
ぽっかり穴が開いてるからな
爺とバブル世代と新人しかいないw

98: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:28:05.43 ID:zHCPRiNs.net
>>56
設計すら丸投げしすぎて
中韓設計の方が圧倒的に品質が良い時代になっちゃったね

57: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:55:41.88 ID:54jwLfrJ.net
技術云々よりも経営側が失敗を恐れ(失敗した経験がないものが残って)
最後の最後に丁半博打みたいな運任せな勝負にでて会社の体力を削っていってる
技術的には目標さえしっかり決められれば出来ないことはないと思うけどね

60: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 11:58:15.72 ID:nUR6tQ9P.net
設計の自動化ツールを使って、米国のベンチャー企業がチャレンジし、失敗しとやっている内にデファクトスタンダードを米国に握られてしまった

66: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:06:43.39 ID:JQ2TXwIg.net
>>60
世界のEDAツール市場で図研のシェアがどれくらいあるか知らんけど、国内は
回路や基板アートワークも含めて、ほぼ図研が独占というガラパゴスだから
なぁ。 設計ツールの機能差による生産性の差もあるだろう。

横河がCADVANCEを図研に事業譲渡したし、周辺市場もますます縮小が進むね。

72: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:11:47.07 ID:nUR6tQ9P.net
新しい自動化ツールは、最初は職人仕事に比べてアラがある。
アラが無くなって職人仕事水準になってから導入すると競争に遅れる

77: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:15:58.80 ID:R9HPn41B.net
専門的知識を軽視しすぎ
だから新しい技術取り入れるのに乗り遅れる
専門的知識が無いからこれから流行るものを見分けることができない

80: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:18:45.14 ID:nUR6tQ9P.net
>>77
目の前の仕事を処理しないといけない現場の専門家に未来を見てなんとかしろというのは無茶だ。

84: ああ、大島です ◆n3rBZgRz6w 2016/04/15(金) 12:21:14.01 ID:W/OEyHNs.net
誰か言ってたように

昔の半導体は、クリーンルームのかなりきついのが
必要だったのが、そうでは無くなってきてこうなった

89: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:24:01.56 ID:nUR6tQ9P.net
>>84
チャンバーにウェハーを一枚ずつ封じ込めて、チャンバー内のクリーン度を上げる方式への切り替えに遅れたのはあるけど、
もう20年以上前の話しじゃないかな

92: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:26:37.37 ID:rGSYqT3X.net
日本の大学出た奴らは暗記力ばかりでロジックを組めないからなぁ

94: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:27:01.83 ID:NImXCfJM.net
多分イーロン・マスクが手がけてる事業は何十年か後には
セグウェイみたいな微妙な評価になってると思う

97: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:27:47.37 ID:cG/0uaKE.net
日本ではベンチャーなど育たない。
アメリカのベンチャー企業を見ればわかる。
Amazonやebayのやっていることを日本でやったら、税務当局に突っ込まれて
ホリエモンみたいにブタ箱にぶち込まれておしまい。

105: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:30:41.47 ID:Vf7vrm4O.net
>>97
税もそうだが、銀行や出資者が未来を語れなくなったのが一番の問題だわな

109: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:32:54.65 ID:619/WVl6.net
>>105
日本の銀行ケチすぎだよね

115: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:35:53.90 ID:Vf7vrm4O.net
>>109
と言うより、理解がない。
昔からではあるけど、今は中途半端にシッタカしての出資決めになりやすい。
NETの発達も良かれ悪かれだな

108: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:32:43.91 ID:cG/0uaKE.net
ベンチャーで出来ないことは、企業内でも出来ない。
税や権利の扱いや運用において、同じ日本国の法律で縛られているから。

113: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:34:26.66 ID:VGXF3m35.net
銀行は手数料ビジネスと不動産質屋にして
直接投資のぼろ株市場をつくる・・・とかはどうなったんかねえ

116: 名刺は切らしておりまして 2016/04/15(金) 12:37:06.13 ID:nUR6tQ9P.net
シリコンバレーは起業で財をなした元天才エンジニアが投資家になっているからね。
日本ではエンジニアがそこまでの資産を築くことはなかなか無い

スポンサード リンク