1: 海江田三郎 ★ 2016/09/10(土) 09:52:13.23 ID:CAP_USER
d0bb2a8e8153fad8b68853a4fa963043_s
http://agora-web.jp/archives/2021129.html

先日、セブン―イレブン・ジャパンが情報システムを刷新するのに520億円の投資を行うと発表がありました。(
コンビニ、欠品ゼロへ セブン、10年ぶり新システム 520億円投資)
みずほ銀行は4000億円もの巨額のシステム投資をしましたが破綻のうわさも出ているように、
システム投資は失敗に終わることが非常に多い。特に巨額になればなるほど、サクラダファミリアのようにいつ完成するか分からない状態になりがちです。
そこで巨額のシステム開発は、なぜ破綻するのか、何度もそのような現場に立ち会ってきた立場から一般の人にも分かるように説明したいと思います。

見積りは勘、終わるかは運次第
システム開発は建築と似ていますので(これがそもそもの間違い)、建築に例えますと……。
お客様からどんな建物が良いかヒアリング
お客様の希望を元に設計を行う
基礎(土台)を作る
外形を作る
外装をする
内装をする
というような順に作られていきます。
しかし、システム開発は、建築よりもお客様が完成形をイメージできてないことが多いという問題があります。
もちろん、建築でも外装や内装での問題が起きることが多いでしょうが、システム開発では、その変更が建築よりも多い訳です。
しかも、外装や内装の変更で、土台まで変更することが起きやすい構造になっています。
ですから、土台を変更すると、更に別の変更が発生することになり、それが土台の別の部分の変更に発展する。
つまり、

土台が変わる
→ 建物を変更する必要が出る
→ 土台に矛盾が出る
→ 土台を変更することになる
→ (最初に戻る)
というループが起きるのです。
例えば、以前に数十億円規模の証券会社のシステム開発に参加しましたが、

土台の変更が自分の担当範囲に影響ないか調査
→ 影響があったとき、自分と担当範囲の修正(書類・プログラム)
→ 更に、土台の変更が必要になったとき申請
→ 土台の担当者が申請を採用するか検討
→ 土台の変更
→ (最初に戻る)
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1473468733/


2: 海江田三郎 ★ 2016/09/10(土) 09:52:18.67 ID:CAP_USER
という作業を、毎週200人近い技術者が行い、それが1年以上も続くのです。
「いつ完成するんだろう」というサクラダファミリアの担当になったような気分が分かってもらえるでしょうか。
みずほ銀行のシステムでは最大8000人の技術者がいたそうですから、少しずつでも完成に近づくというよりも、
毎週完成度が落ちていくという日々が続いたことでしょう。
このループがどれぐらい続くかは、勘(経験則)で見積もって、バッファとして見積額や納期に上乗せします。
運よくバッファ内に収まれば成功、収まらなければ失敗となります。
変更が、「お客様の責任か」という駆け引きもしますが、少なくとも当初の納期は守れません。
「バッファに収まらない事態」になったときは、大量の変更が発生している状態で、とにかく人海戦術で直すしかなく、
8000人もの技術者を集めることになったりします。
勘と、運と、人海戦術という泥臭いことになるため、「IT土方」などと揶揄されたりするわけです。
どうすれば良いのか?
「システム開発は建築に似ている」とされ、建築の管理手法などを真似てきたことが、そもそもの間違いでしょう。

建物では、土台を入れ替えるということはほとんど不可能ですが、ソフトウェアなら最初から切り離せるように作っておけば、
後で違う土台に乗せ換えることをいとも簡単にできます。
ですから、最初は仮の土台の上で建物を構築し、出来上がった建物に合わせた土台を作り乗せ換えればよいのです。

それによって、
土台が変わる
→ 建物を変更する必要が出る
→ 土台に矛盾が出る
→ 土台を変更することになる
→ (最初に戻る)

という地獄のループが必要なくなります。
土台を後で作る方法では、小さなシステムでは数回もあれば効果は数十%程度の改善でしょうが、
サクラダファミリアのようなシステムでは、数十倍(数千%)の改善が期待でき、勘や運の要素を消せます。
しかし、そういうやり方は、既存のシステム開発会社ではできません。
なぜかというと、

■ 経営者
技術者の頭数で売り上げが決まるため大幅な売上減になる。
大量の技術者が不要になる。
■ 技術者
今までのやり方が間違っていたことを認めなければならない。
スキルがリセットされ、プログラムを書けないと務まらなくなる。

……莫大な投資をするお客様には、まったく関係のない理由です。
それでも完成すればまだマシで、先ほども書いた通り、「完成するかは運次第」なのです。
システム会社の都合で、何百億、何千億円も使ったギャンブルをすることになったセブンイレブンや、みずほ銀行は本当に気の毒で、成功をお祈りいたします。

3: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 09:56:10.67 ID:VVemy073
つまりマイナンバーのことですね。

17: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:05:56.85 ID:c1N/BAOB
>>3
住基ネットも忘れないであげて

307: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 18:30:12.67 ID:B1JFXaUL
>>3
所詮他人の金だしな
そう思うと公務員に金かけるって本当馬鹿らしい

5: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 09:57:34.34 ID:ZnLabw0x
銀行からの紹介で仕方なく取引したけど
親子でやってるシステム開発会社は糞だったな
どっかのコピープログラムを改造したレベルで100万円とか請求してきた
潰れてしまえ!

275: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 15:16:00.57 ID:fZ2ypv0q
>>5
100万とか言ってますけど、実際にエンジニア拘束するのに割と金掛かるってのを理解して欲しい。
ソフトウェアは高いんだよ、この国はハードばっかに目を向けるけどさ。

だからこそパッケージ導入して業務をソフトに合わせろって言ってるのに
現場のユーザーに負けてカスタムするから高くなる。。。のループ

320: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 20:05:16.37 ID:fwIu+iBz
>>5
請負なら、だいたい1人月だよ。
要件定義からシステムテストまでで、1人月なら開発は1Wぐらいだわ。

6: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 09:57:48.90 ID:AVvKCcQJ
切り離しとか簡単に言ってくれるな・・

7: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 09:58:15.49 ID:FMJVc1YF
金を突っ込んで後戻りできないとこまで投資させる
そうなったらシステム会社の養分だわ

11: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:01:17.91 ID:XFVNx4DW
営業も担当顧客もシステム把握してないからだろ

241: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 13:34:50.64 ID:WgoeIriH
>>11
逆、現場を知らない人が作るから

12: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:02:29.51 ID:AVvKCcQJ
日本人がやるから駄目なんだよ。


職員「おぃ、これ昭和49年に改修した条例に対応してないだろ!作り直せ!」
日本人「済みません。。徹夜で作り直します」
職員「早くやれよ」

中国人「昭和ってナニアルか?」
職員「いや、そのまでいいよ・・」

40: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:24:08.52 ID:K/Xc3DBL
>>12
なんか分かるわ。
自分の常識が通用する日本人に対しては
重箱の隅をつついて些細な事を厳しく追及するが、

言葉が違う外国人が相手となると説明が面倒なので、
説明しやすい簡単な理屈だけを守らせるんだよな。

どちらが作ったシステムが汎用性があるかは
後者が作った場合なんだよな。
日本人は身内だけで進めると重箱の隅を突つきまくったあげく、
ガラパゴス化して日本でしか通用しないシステムを作り上げるのが得意だ。

14: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:04:01.25 ID:8konke+f
>システム開発は、建築よりもお客様が完成形をイメージできてないことが多いという問題があります

完成形をイメージするソフトから開発しようw

20: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:07:32.84 ID:5U6EZImP
官僚が関わるとろくな案件にならない。

22: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:09:19.88 ID:h+BBdsRc
こういうのは発注側が自分たちが何をしたいのか
最初によく分かってないと混乱するんだろ
後から追加や修正が増えて大混乱

24: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:11:38.47 ID:RwfHtu1V
人工知能がやるようになるから
もう安心だよ
君はいらないから

43: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:25:36.76 ID:5sHxu2cD
個別にプログラム発注したら、
100万円なんて安い方だろw。

50: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:29:39.11 ID:cQjOxQe+
関数型言語で書けばいいじゃん

57: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:34:20.44 ID:7KtWsXRd
しかし、休出中の電車の中でこの話題に食い付いてる自分が嫌になってくる

61: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:36:23.50 ID:VR3t2Pae
糞みたいなシステムを移植するくらいなら
一から作ったほうが早い

67: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:38:39.38 ID:dOq99Wfu
小説を数十人で書くようなもんだからな。

78: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:42:58.74 ID:7KtWsXRd
>>67
わかりやすい例えだねw
しかも客の要望も「面白いもの」とかの抽象的な要望で、
何故か文字数、頁数は指定されてるって感じなんだよねww

72: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:41:46.68 ID:dOq99Wfu
7か月かけたプロジェクト、1次受けで使った人数が50人、
間に合わないという事で5か月目に2次受けが加わり70人、
残り3週間で、3次受けのプログラマが1人で完成させた。

80: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:44:23.37 ID:ZsPAKdNb
建築のアナロジーが間違ってる
今の世界のシステム開発はレゴブロック
建築のスキームしかできない奴が消えない限り日本のソフトに未来はない

86: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:48:02.34 ID:M1T0/rnk
全国の図書館で使える共通のシステムを100万円で作れ!
簡単なシステムで全国で使えばコストを下げられるだろ。

87: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:48:10.80 ID:AVvKCcQJ
コンビニ見れば分かる。
ベトナム人が店員で、まったく日本語が通じない。

日本人だったら、大炎上だけど、
ベトナム人相手なら何故か何も言わないし、
次回も普通に来店する。

コミュ不足の日本人が多いのは、この辺の日本人相手凄い厳しいという
風習が創りだしていると思われる。

89: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:48:17.95 ID:cAA2+9bj
巨大システムの合言葉
「持ち帰って検討させていただきます」

とにかく「即答してはいけない」と厳命されていた

95: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:53:00.60 ID:KmlUTgoH
仕様を途中でころころ変えるから
なぜ変わるかと言うと必要なものを理解できてないから

99: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:55:16.16 ID:AVvKCcQJ
新人の可愛い系を交渉相手にさせるのは有効だぞ。

105: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 10:59:37.14 ID:7KtWsXRd
客もそうだけど、
自分の知識や経験土台にして管理する層の多い事・・・
自分が知ってるからお前も知ってて当然と考えて、
それ前提で指揮取るから終わる

110: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 11:03:16.29 ID:nxpE6fgz
アメリカ人とシステムエンジニアリングを一緒にやってると
上流工程でこんだけアーキテクチャ詳細化して分析すんのかってビビる
しかもそっから細かいWBSに落ちてくる

154: 名刺は切らしておりまして 2016/09/10(土) 11:32:05.98 ID:vmGnmleE
>>110
日本は上のやつほど仕事をしない

スポンサード リンク