1: 海江田三郎 ★ 2016/10/16(日) 11:05:39.83 _USER
20160408-OYT8I50048-N
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160408-OYT8T50062.html?page_no=2
人生で成功するために学んでおくべきものの代表例はしばらく前まで、英語をはじめとした外国語だった。
そこに今は、コンピュータのプログラミングが加わった。GoogleやFACEBOOK、
amazonといった企業がIT技術を武器に世界市場を席巻し、そのカギを握るのが有能なプログラマーだからだ。
中にはプログラマー出身の企業経営者も誕生している。それに呼応するように、教育現場でもプログラミングの学習熱が高まっているが、
「最近はプログラミングを学ぶ意味をはき違えている人が多い」と、国内外でプログラミング教育を推進してきた清水さんが指摘している。

プログラミング教育ブームの到来
(中略)
 そして今やってきたブームを踏まえてあらためて考えると、かつてに比べて
プログラミングを学んでみたいという人々や、子どもにプログラミングを学ばせたい、という人々の動機に変化が生まれているように感じています。
 以前は「仕事上の必要性があってプログラミングを学びたい」とか「就職活動のためにプログラミングをマスターしたい」
という実利的な動機が圧倒的に多かったのですが、近年は「常識として、プログラミングとは何か知っておきたい」
といったようなものや、「こんなゲームで遊びたいから自分で作りたい」という、どちらかというと趣味や教養のために学ぶ人が増えてきました。

 普段はプログラミングに接点を持ち得ないような方までが関心を持ってくれた、ということ自体は、
大変素晴らしいことだと思います。ただ現実をみたとき、プログラミングとは一口に言っても、
それを構成する言語や開発環境、データベースやネットワークといった周辺知識まで含めれば、あまりにも膨大になっています。

 たとえば少々前に、アプリからサーバーまでプログラミングできるエンジニアを「フルスタックエンジニア
」と呼ぼうとする風潮がありましたが、その「フルスタック」でさえ、実際には広大なプログラミングという世界における、
ごく一部分への理解を指しているに過ぎませんでした。今や「プログラミングを学ぶ」ということは「学問を学ぶ」
という言葉に等しいほど、その意味や、学ぶべき知識は多種多様となり、そしてその世界は今日も広がり続けています。
 それだけに、現実として広大に広がるプログラミング世界の深淵しんえんさを無視して、
いきなり徒手空拳で、安易にプログラミングを教えることに、筆者は強い危機感を感じざるをえないのです。

 世界でも、そしてここ日本でも、プログラマー出身の企業経営者が成功をおさめる機会を見ることが増えました。
それだけに「将来、子どもを成功者にするためにプログラミングを学ばせたい」と親が考えるのも、
もちろん動機として理解できます。しかし、サッカーなどのスポーツやピアノなどの芸術とプログラミングの間には、
大きく異なる点があります。それは、プログラミングでは決まった教え方などは定まっておらず、
それどころか、一線のプロであっても毎年のように新技術や新しい言語を覚えなければならないという新陳代謝の激しい世界であるということです。

 たとえば今の技術に基づいて闇雲やみくもにゲームやアプリの作り方を学んでも、
数年後にその技術は陳腐化して、おそらくほとんど役に立たないものになってしまいかねません。 
そのような現実を考えたとき、筆者がむしろ重要だと考えているのは、「備えた知識や経験を、道具として活用する方法を学ぶ」ということです。

(続きはサイトで)
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1476583539/


2: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:08:22.10
プログラミングは形だで終わってます。

学習によりプログラミングできるようにすることが目的じゃなく
プログラムの概念を理解するのが学習の内容です。

簡単には覚えることが多すぎて時間が大幅になりない。
結果、キー入力もすっ飛ばして
アイコン並べて概念を学ぶのみ

3: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:08:30.89
映画のプログラムの販売

4: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:09:33.44
今後は強化学習やらAIが進化するだろうから
仕組みを理解すればやってくれる時代になるのかもな。

5: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:09:35.64
そりゃそうなんだけど仕様書がオンボロのCOBOLやVB6のメンテが非常に高単価でまわってくるんだよ

7: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:11:44.61
>>5
COBOL WEBアプリ変換するのはあった気がする
生成物は確かPHPかJAVAだったような・・・

6: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:10:13.20
プログラミングとコーディングは違います

11: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:15:17.66
学校でプログラミングを教えるようになるだろうけど
100行書いたら 僕偉いねー くらいしか教えられないので、
現実とのギャップは出てくるのだろうけど

16: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:19:40.54
授業時間なんかで間に合うはずがない…
興味を持って自発的に相当時間をかけないと使えるようにならない

20: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:21:24.76
PCの使い方も一時期教えたんでしょ
結局役に立ってないよね、たぶん
ネットが見れたからなんだって話で
数学がわからん子供にどうやって変数を教えるのやら

23: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:22:31.42
一般人ならExcelマクロ作れるレベルになれば充分
単純作業の繰り返しのような事務作業を効率化出来るようになれるぐらいのスキルはあったほうがいいから

30: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:25:59.18
最近言われている、プログラミング学習って、
「どうやって組み立てて行ったら形になるか」
という論理的な思考を養うのが目的のはず。

ソースコード書くというだけなら、やらない方がいい。

36: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:28:36.67
>>30
論理的思考って生理的に受け付けない層が教師にウヨウヨいそう

32: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:27:16.68
アイコン並べてプログラミング=積み木で遊ぶ幼稚園児

41: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:30:32.13
>>32
それiPad使って行うのがレゴのWeDo
センサとかメール(分岐に使う)タブで撮ったムービー再生
そんなん組み合わせて学習する。

47: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:32:24.74
>>41
そこから入るとソースコード見た瞬間心折れる

37: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:28:44.82
学習としては速い方がいい。

しか現状で学ばせるには
英語の学習が始まる中学1年以降じゃないと
タイプ含めてプログラミングは難しい。

実際のプログラムじゃなくアイコン並べて概念の理解から
入る方で進んでいる。

43: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:31:13.95
>>37
それ経験上アレルギー植え付けてるだけの気が

53: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:35:38.15
>>37
今の言語仕様はunicode使う前提だから
メンバーやらメソッドは全部日本語で良いだろ

46: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:32:24.19
iPadでBTでペアリングして
プログラムを動かす。

リアルタイム本体の動きとiPad側文字や音声の表示。

50: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:34:07.45
実はコーディング能力そのものよりも、
テスト仕様書を書く能力のほうが重要だったりする

これは開発する側にも検収する側にも欠かせない要素
これをきちんとやらないと、最終的にいいものができない

58: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:38:18.05
SQLについていけなくて、リタイヤしました。
入れ子の鬼のようなのをさっさとコーダーする人は、凄いわ。

63: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:39:46.11
プログラミング教育を
プログラマになるための習熟と勘違いして批判してる奴が多いんだよなw

67: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:42:22.52
プログラミング教育=手順書概念を学ぶ教育

ものの仕組みを理解し
処理の順番を考える
それが正しいかどうか試す。

これがプログラミング学習のキモ。

74: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:44:45.95
>>67
最短距離を通る道筋とか飛躍できる思考とか、無駄を省略する能力とかは見につきそうかなぁ

79: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:46:59.88
>>74
意識してやらないと身につかないよ
最短距離でないプログラムでも動くっちゃ動くから

71: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:43:48.92
プログラミングを楽しめばいいのに
なぜ修行にしたがるのか?

73: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:44:24.00
>>71
英会話ですら修行のこの国で何を言っているのだ

78: 2016/10/16(日) 11:46:44.93
経理と人事とソフト屋には
娘は嫁にやらん

86: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:49:54.43
とりあえず、ExcelのVBAの使い方でも教えてやれば
世界最低レベルの日本のホワイトカラーの生産性が
少しはマシになるだろう。。

92: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:53:04.67
>>86
俺昔、会社の日報とか色々無駄だから自動で出来るようマクロ作ったけど、出来ない人は威信にかけて使わないのよね
無駄な手作業を何時間もやるの
それをマクロで間違ってないか確認するのは俺なんだけど

90: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:51:24.00
書けないからそういうのを仲介する委託業者があるんだわ・・・・
無駄だよね、その依頼担当をクビにして委託業者の仕様設計担当雇った方がいいよね

94: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:53:53.78
>>90
そうですよ、
だからプログラミング学習でプログラミングは教えないのですよ。

考え方は人に伝えることにも応用が効くの
その概念の方が必要だから義務教育に盛り込まれている。

バンダイの食玩みたいなもんですよ。
食玩と書いてあるが食品のラムネがメインではない。

98: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:54:47.56
最初はカルネージハートやらせるのがよい

101: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:55:29.58
ロジカルな思考が身につくと言っているが
それがプログラミングを学習すると可能なのなら
他人の書いたコードが此処まで読み辛いとか体感しないで済むだろうにね・・

107: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:59:21.96
>>101
読みづらいコードかどうかはロジカルな思考とはあんまり関係ないと思うのだがな
変数名に与えるとか、中間変数の名前はなんだかんだと自然言語の領域だし
その解釈まではプログラミングで学ぶ論理思考の範疇外だ
コードが汚い連中はそういう領域のケアが出来てないただのコミュ障

104: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:56:14.19
今なら人工知能プログラミング教える方がいい

106: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 11:58:09.59
>>104
最後はAIに処理を教えるのがプログラミングなるのかもな
生成結果が実行ファイルであったりするのだろうに


プリンターが普及して印刷屋がほぼ消滅したようなことが起こるだろう。

108: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 12:00:59.73
>>106
地味に学習用データ作る仕事とか残りそう、現状そこ手作業だし

119: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 12:08:36.32
>>106
無理だよ
どんなプログラムも
目的とすることを0と1の数字に置き換える変換作業に他ならないが
人によって、変換関数が異なる以上
無限の変換システムを作ることになる
さらにその作業ごとに相手の変換関数を理解する作用まで加わる

120: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 12:09:10.00
>>106
AIに処理を教えるのはAI
それに教えなくても自ら学ぶ

111: 名刺は切らしておりまして 2016/10/16(日) 12:03:39.04
自分の子供逹に教えるならlisp以外ないな

スポンサード リンク