1: ノチラ ★ 2017/10/30(月) 05:08:57.96 _USER
43index
「バルス」。スタジオジブリ制作のアニメーション映画『天空の城ラピュタ』のラスト近くで、主人公たちがその言葉を唱えると城が崩壊し……。宮崎アニメのファンならずともあまりに有名なシーンだが、実は現実の世界にも“滅びの呪文”がある。「ゲンコウドオリ」だ。システム刷新プロジェクトの際にIT部門がこの呪文を唱えると、開発プロジェクトは崩壊するが、実は滅びはそれだけにとどまらない。

 「ゲンコウドオリ」は本当に強力な呪文だ。客のIT部門が唱えてITベンダーが受け入れることで、この滅びの呪文は効力を発揮する。大規模なシステム刷新の場合だと、プロジェクトは壮絶なデスマーチとなり、何人もの技術者が心身を病んで途中で倒れたりする。挙句、プロジェクトはまさにラピュタの城のごとく空中分解する。ITベンダーと客の信頼関係も木っ端微塵になり、訴訟沙汰に一直線という滅びの道をたどる。

 誠に恐ろしい。多額のカネや技術者の膨大な労力、そしてプロジェクトに費やした時間などの全てがムダになる。だから昔からITベンダーだけでなく、力のあるIT部門の技術者たちは滅びの呪文、つまり「現行通り」は絶対にダメだと言い続けてきた。だが今でも、システム刷新の際に「現行のシステムと全く同じ機能を新システムでも実装してくれ」と要求するIT部門が後を絶たない。

 ITproの読者には「なぜ、それがいけないの?」と疑問を感じる人はいないと思うが、客は逆に「現行通りで当然」と思っている。利用部門としては、システム刷新なんて知ったことじゃない。日常の業務で使っていた便利な機能が新しいシステムで使えればそれでよいし、使えることが絶対条件だ。それに技術に詳しくない利用部門にすれば「今のシステムと同じものを作るのは難しくないはずだ」とも思うだろう。

 問題なのは、利用部門から「現行通りでお願い」と要求されたIT部門までが、その危険性を顧みることもなく、ITベンダーに現行通りでシステム刷新するのを要求してしまうことだ。そしてなぜかITベンダーも受け入れる。その結果、滅びの呪文が効力を発揮する。どうして、そんなことになるのか。そして「ゲンコウドオリ」の本当の恐怖について、いつもの暴論調で順を追って説明しよう。

現行通りのシステムをゼロから作る

 まずは、なぜ現行通りが危ないかをおさらいする。問題になるのは基幹系システムの刷新。新しいシステムでも「現行通り」でよいとする企業は、システム刷新で業務改革に取り組むといった発想が無いから、現行のシステムを10年、20年と長く使い続けてきた。しかも、IT部門が利用部門の要求のままにプログラムを改修してきたから、利用部門からすると基幹系システムは現場の仕事を楽にする便利ツールそのものだ。

 ただ、長年改修を続けた基幹系システムの中身はグチャグチャ。「田舎の温泉宿」に例えられるツギハギだらけのシステムとなり、コードもスパゲティ状態となっている。開発してから長い年月を経ているため、IT部門には開発当時を知る人は誰もいない。下手をすると仕様書など当時の開発ドキュメントは散逸し、残っていたとしても場当たり的な改修の連続で、もはや用をなさなかったりする。

 つまり、刷新するシステムは複雑怪奇なシロモノだ。IT部門のリストラで、プログラムを改修してきた保守運用担当者もわずかしかいないとなると、システムの大部分がブラックボックス化してしまっている。それを「現行通り」に刷新するのだから恐ろしい。もちろん、移行ツールを使ってシステムをブラックボックスのまま移行する手があり、それならば滅びの呪文が効力を発揮しない可能性もある。

 IT部門が本来ならやらなくてもよいシステム刷新に取り組むのは、ハードウエアやOSの老朽化だけが理由ではない。現行システムがグチャグチャで半ばブラックボックス化しているとはいえ、利用部門が機能追加の要求を控えてくれるわけではなく、利用部門からの「高い」「遅い」「出来が悪い」といった不満を解消させようとする理由もある。とは言え経営者は“何一つ変わらない”システム刷新に多額のIT投資をすんなりとは認めない。

 で、新システムでは現行の機能をそのまま引き継ぐだけでなく、利用部門が以前から要求していた新機能も追加しようといった話になる。新機能を追加しなくても、システムの田舎の温泉宿状態、コードのスパゲティ状態を解消して、今後の改修を容易にすべしと考える。そうなると「現行通り」のシステムをゼロから作り直すに限る……。これで滅びの呪文「ゲンコウドオリ」が効力を発揮することになる。

以下ソース
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/463805/102600162/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1509307737/


27: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:29:51.13
>>1
自分たちの食い扶持のために客が求めてもいないシステム更新をやらせるからそうなるだけでしょ?

29: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:33:07.01
>>27
システム屋がそんな強いケースが日本にいくつあるってんだよ

2: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 05:11:31.74
フレームワークのCOBOLでバッチ処理の現行通り!!

53: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 07:31:11.26
>>2
ひょっとしてメインフレームと書こうとした?

3: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 05:16:32.10
Java 9

56: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 07:39:26.38
>>3
滅びの呪文

5: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 05:24:19.54
原稿踊り
意味もなく原稿埋めてるだけ

7: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 05:29:57.19
パッチワークの現行すてて
パッケージを受け入れたら安上がりだよという誘惑

9: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 05:32:03.03
全く別のパッケージやミドルウェアを組み合わせて作るのだからカスタムする部分が多くなる
ユーザー企業のIT部門は業務部門を説得して再教育してカスタムする部分をできるだけ減らすのが仕事でしょう

ってことかな?

10: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 05:33:15.57
日本のITが育たないのは、こう言ったクソな日本人の気質のせいなんだな

11: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 05:35:32.64
十年二十年かけて開発してきたシステムは組織のノウハウ=競争力そのもの
ユーザが現行仕様を求めろのは当然あたりまえだろが、馬鹿かコイツは

13: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 05:37:24.64
仕事のやり方を変える気もしないのは生産性の低下

15: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 05:46:21.78
OSメーカーの陰謀

18: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 05:57:32.35
利用部門にとっての現行はソースそのままのシステムじゃなく
今現在自分が使っているシステムなんだから
スパゲッティ解読するしないじゃなく
利用部門に貼り付いてフローチャート書いた方がいいんじゃないの?

20: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:01:43.16
>>18
現行のシステムがお望みなら、システム入れ替えする必要なくね?

23: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:03:35.18
>>20
ハードとOSと時代がそれを許さないんだろうな

25: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:12:51.47
>>20
拡張性の問題やら次世代のツールに対応するためやら理由はいろいろあるだろ

30: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:38:56.02
>>25
現行通り、に拡張性だの次世代ツールだのは関係ない。
現行通りの癖にそういうのを機能要求に追加してきたら、
客の頭はお花畑だから、案件から逃げるのが吉。
もしくは、ハードウェアの更新とサーバー仮想化だけやる。

21: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:02:34.61
大丈夫だよな
結局現行通りにできてなくてもバレないからw

26: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:24:56.45
効率的なシステムを作るほうが楽って意味だろ
スパゲッティなシステムをそのままの状態で作るってのが苦痛って意味

31: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:39:04.21
現行のソースにもバグはある。というか、わざわざ掘り起こすんだから物凄く出てくるんだよな
ソース通りにするわけにもいかない
そもそも、現行システムのバグ全部見つけて潰す以上の労力やんか

33: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:45:19.07
西暦と和暦の話かと思った

34: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:51:00.30
レガシーマイグレーションか
周回遅れかな
まぁ、クルっと一周していい結果になる事もあるかもね

別に普通じゃね

36: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 06:56:43.42
社内調整が楽なんだよ
すまんな

38: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 07:01:49.90
結局は時間と予算を寄こせって話だろ

40: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 07:02:19.11
結局、要求仕様もへったくれもない
一緒に要求仕様から考えていきましょうって言ってるのと同じ

ただし、システム屋が成果物を出して客がダメ出しするトライアンドエラーで、要求仕様を少しずつ明らかにする形になる

45: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 07:10:43.25
ニーズにこたえられないなら、仕事を請けなきゃいいだけ

50: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 07:25:44.79
システムを更新する理由が機能や使い勝手の向上ではなく単なる老朽化というケースがほとんどだからねぇ。

57: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 07:47:13.20
「現行通り」なんざ、新しいモノや機能を否定する老害の発想だな

59: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 07:50:44.52
昔、汎用機のシステムをPCに移行するときは
エンターで次の項目へ移動しろとか
確定はF1キーでとかわけわからん要求されたわw
それ自体実装するのは難しい訳じゃないが
TABで次の項目へ移動する(OSのデフォルト)と
バグとして検収蹴られるんだなww

63: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 07:58:00.32
現行通りの現行を全く理解してないからな
裏仕様でたまたま動いていたものだったりするし

64: 名刺は切らしておりまして 2017/10/30(月) 07:59:49.76
現行のやり方には既得権益すらからむからな
パッケージ通りの業務フローにすれば、それがすべて吹っ飛ぶ

スポンサード リンク