1: 田杉山脈 ★ 2018/10/15(月) 20:34:59.61 _USER
ph01
どんな企業でもITを導入すると、ある程度のブラックボックス化は避けられない。業務の一部を機械に置き換えるわけだから当然だ。だから一般には、ブラックボックス化のリスクをきちんと把握し、システム障害などいざという時の対策を準備しておく。ところが、そんな配慮を一切せず、ITによる業務のブラックボックス化に猛進している愚かな企業の一群がある。言うまでもなく日本の大企業である。

 日本企業における最も旬なブラックボックス化の試みは、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入だ。このRPAブームは随分息が長い。IT系雑誌でRPAを特集すると多くの読者に読まれ、セミナーを開けばどこも大入り満員――。そんな状況が2年近く続いている。人手不足の深刻化もあり、特に大企業は人手による事務作業を機械に置き換えたいようで、せっせとRPAによる事務作業のブラックボックス化にいそしんでいる。

 RAPによるブラックボックス化が今の話なら、基幹系システムによるブラックボックス化は過去から積み上げられてきた負債であり、これから先に必ず起こるブラックボックス化は人工知能(AI)が引き起こす。以前、この「極言暴論」でRPAとAIによるブラックボックス化の問題をおどろおどろしく書いたが、今思えば事態はもっと深刻かもしれない。基幹系システム、RPA、AIによる「ブラックボックスの三段重ね」が恐ろしい結果を招きそうだからである。

順を追って説明する。まず基幹系システムによるブラックボックス化だが、実は少々ややこしい。基幹系システムだけでも三重のブラックボックスになっているからだ。まず分かりやすいのが、基幹系システムに取り込んで機械化された業務プロセスのブラックボックス化だ。昔なら、どんな企業にも「業務の生き字引」のような社員が必ずいたが、システム導入後は彼らの知見は無用となり、定年退職やリストラを機にそうした知見は完全に失われた。

 ただし、システムに実装された業務プロセス全てがブラックボックス化されたわけではない。日本企業では部署ごとに最適化された業務、あるいは属人的な業務もシステムに取り込まれている。だから、少なくともそれぞれの部署で事務作業を担っている人の多くはなぜそのような業務処理なのかを理解している。お察しの通り、RPAがブラックボックス化するのはその部分。その話は基幹系システムが織りなす、残り2つのブラックボックス化を説明してから述べる。
以下ソース
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/101100032/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1539603299/


2: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:09:15.50
RPAは後戻りできない地獄の門

3: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:20:58.74
セミナー出てきたけど超楽しかった。
この仕事やりたいけどまだあんまりないね。

4: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:26:48.95
ファイルメーカーで見える化

5: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:28:53.75
ブラックボックス8文字で原稿料稼ぎすぎだろ…

13: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:53:01.78
>>5
ワロタ

6: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:29:12.73
業務を手順書に起こすの工程で詰まるのがRPA

コード書く必要が無いだけで、やってることはPGと同じ作業

9: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:39:12.81
>>6
現場がやれば手順書などいらんだろ
普段の仕事を自分で自動化よ。

23: 2018/10/15(月) 23:37:38.89
>>6

 今時のRPAは一応、手順をテキストで吐き出してくれるぞ。
 読む根気があるかどうかは別にして。

8: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:32:58.94
RPAをRAPとか書き間違えてるし、この記者本当にRPAのこと分かって書いてるのか疑問だ
RPAの内容についてはなんも書いちゃいないし

10: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:41:20.03
>>8
これならAI記者の方が優秀だな

12: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:52:19.16
>>8
「今時の若者はー」ってレベルの内容を、ITっぽく書いてみました。

14: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 21:55:24.69
こんな記事で原稿料貰えるとはな。基幹システムはともかくRPAは皮だけだからブラックボックスでそこまで困ることはない

16: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 22:23:50.94
また日経の木村かw

17: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 22:24:29.11
そんなことより、大手企業はどこも外部発注のライブラリばっか使ってて、それ自体がブラックボックス
ってことが多いんでねえのん

18: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 22:30:53.66
Winactor高すぎ。

業務分析の初期投資でウン百万、年間ライセンス更新料で数十万掛かる。

余程金に余裕がある意識高杉企業しかやらないでしょ。

19: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 22:45:01.66
>>18
ホントこれ

20: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 22:47:51.25
>>18
ところが世間にはOracle EBS というクソ高い基幹システムのクソインターフェースを何とかするために
Winactorを使うという豪勢な企業がたんとあってな、、、」

24: 2018/10/15(月) 23:40:08.34
>>20

 SAPも同じですよ。
 エクセルで受注伝票作成依頼ファイル作って、それをRPAで取り込んで自動化して、出来たデータDLしてエクセルファイルと突合して……。
 業務を簡素化しようという発想にならないのは、何でなんだぜ。

22: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 23:26:23.51
AI「あんたらが責任を負えないのならうちらに権利をよこしなさい

25: 名刺は切らしておりまして 2018/10/15(月) 23:57:42.44
uipath使用してるけど、ユーザーには到底組めないだろうなあ

26: 名刺は切らしておりまして 2018/10/16(火) 00:34:46.20
>>25
uipachはプログラマー向けだし
winactorは一般事務でも余裕だった、高くても仕方ないかなと思う。

28: 名刺は切らしておりまして 2018/10/16(火) 01:40:27.90
>>26
UipathほどではないけどWinactorでも安い方なんだよ

30: 名刺は切らしておりまして 2018/10/16(火) 02:51:08.43
全部常駐派遣が作ってるんだからブラックボックス当たり前w

31: 名刺は切らしておりまして 2018/10/16(火) 03:24:55.84
上にも似たような話があるけど
フルスクラッチの基幹システムが使いづらいので
RPAで自動化するという案件がある…。
その基幹システムを何とかするという発想は無いのか。

32: 名刺は切らしておりまして 2018/10/16(火) 04:20:49.22
この木村って人は
最近話題の「野良システム」「野良ロボット」のことを知らないのかな

スポンサード リンク