1: 田杉山脈 ★ 2019/02/01(金) 18:11:41.32 _USER
AS20190201004678_commL
アマゾンジャパン(東京・目黒)が売れ残っても出版社に返品しない「買い切り」と呼ばれる手法で書籍や雑誌の仕入れに乗り出す。一定期間は出版社が決めた価格で販売するが、売れ残った場合は出版社と協議して値下げも検討する。収益を圧迫する高い返品率の引き下げにつながるとの期待の一方で、中小書店への影響を懸念する声も出ている。

アマゾンが買い切りを始めるのは出版不況が続く中で、現状の書籍流通の収益性が低下して…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40786350R00C19A2TJ2000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549012301/


8: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 18:30:51.25
>>1
本屋さんは新しいビジネスを始めるべき
日経はお得意の御指南術で本屋さんを一人残らずすくってやれよ

109: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 21:51:47.25
>>8
駅前にあった本屋さんはコンビニになった

2: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 18:13:10.83
いいね

3: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 18:14:56.66
崩壊寸前か再販制度

4: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 18:20:22.50
あー、既存店が死ぬ

5: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 18:21:35.27
送料無料で売る尼は、安く仕入れたいだろな

7: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 18:30:12.52
本は、楽天でわりと頻繁に300円オフ、500円オフ、777円オフやってる
急いで買う必要のない本は、お気に入り登録してたまにチェックしてれば、安く買える

63: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:26:10.03
>>7
俺も楽天ブックスのセール本は毎回チェックしているが、
半額以下になっても、いや、タダでも欲しくない本ばかりで驚く。
出版社は何を考えているんだろうと思う。

107: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 21:45:19.43
>>63
うん、セール本は俺も欲しいのがないわ
そのセールとは別だと思うんだけど、もしからしたら、
楽天ブックスだけかな?店内の本全部に割引クーポンが付く時があるのよ
確か、ブラックマンデーの時にお気に入り登録の本全部に777円オフクーポンが付いた

9: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 18:32:02.50
BOOK・OFFから100円で本屋が仕入れてAmazonに流しそう

10: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 18:43:58.61
日本に納税してればいいけどしてなければ
本の税金全部アメリカに行くぞ

11: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 18:53:15.49
Kindle本だけでいいよ。出版社もAmazonも在庫抱えなくていいし最高だろ。

12: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 18:58:36.29
結局再販価格維持制度って消費者が損するだけなんだよな
学術書だけでいい
とりあえず新聞は再販価格維持制度をやめよう
1日前の新聞を10円で売って何が悪い

142: 名刺は切らしておりまして 2019/02/02(土) 01:33:31.88
>>12 その他
仏の例を知らないのかい?世論の圧力に負けて再販制度を一時は撤廃したが、その後売れ筋以外の本の価格が軒並み上がり、また再販制度に戻したんだよ。
もし日本で再販制度を撤廃したら、やはり売れ筋の本、特に漫画やラノベの価格は下がるだろうが、それら以外の本、例えば売れ筋ではないマイナーな外国語の辞書や実用書などが、軒並み値上がりする。
ねら〜が再販制度撤廃を支持するのは、お前たちが漫画やラノベぐらいしか読まないからだろう。それ以外の文化的な価値の本など、お前たちの眼中には無いし、図書館に脚を運ぶ事もまず無い。
つまりお前たちは教育水準が低いが故に、あまりにも学が無いが故に再販制度に対し否定的。とりあえず大学に通って勉強しろ。

144: 名刺は切らしておりまして 2019/02/02(土) 02:14:13.58
>>142
学術だの辞書だのそういうので金取る精神がそもそも理解できん
社会の役に立ちたいならネットで公開すりゃいいだろ
わざわざ本にして金取らんでいい
だいたい今時情報なんてつべとかまとめとか言って山ほどある
長ったらしくてわかりにくい本なんてもはや存在価値ないと思うけどね
今の時代、短く、わかりやすい情報以外価値はないよ

13: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:04:35.37
いまkindle本だけにしたら
三年くらいで9割の漫画家小説家が廃業になるだろうな
今回も定価販売出来なくなったことで印税率の引き下げが来たりしたら何パーセントかの作家が消えるだろう
ここのケアがしっかりなされるならAmazonの方針も悪くないが
若い漫画家と小説家の将来性に金が払われなくなってしまったら日本の文化は死に絶えてしまう

25: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:34:40.80
>>13
漫画家か自分でAmazonで電子出版すりゃ済む話。

28: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:38:27.31
>>25
そうなると出版社が死ぬのと
小説業界が積む
規模の経済で取り返すシステムを変えん限りは、制作コストがかさんで、回収できず著者まで金が回らんのよ
一冊も売れずとも発行部数の10%の利益が保証されてる今の状態でも作家は食えてない奴が多いから
ここをとり払った時に、果たしてクリエイターは何割生き残れるのかって話なんよ

35: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:50:28.85
>>28
米国とか他国が死んでないからいけるいける

なお、近年ペーパーバックの売り上げが落ち込み
e-bookでインディー出版が市場拡大してる

39: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:54:26.24
>>35
市場規模が違うんよ
あともともと本がなくて電子に頼るしかなかった背景もあるから日本と同一には計れんのが難しいところ
公用語でなく日本語だから更にグローバル化も難しいし
更にまずいのは紙を担保にして価格抑えてた電子の値段が上がる可能性
二重苦に陥って購買欲まで下がるともう目も当てられなくなってしまう可能性もあってな
この先どうなるのやら

40: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:56:35.84
>>35
日本では難しいね

14: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:06:23.22
買い取りかー

15: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:07:34.47
自由市場にまかせると言うことね

16: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:08:01.83
> 中小書店への影響を懸念する声も出ている。
これやってもやらなくても影響度はもう変わらんでしょ

19: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:13:29.36
アマゾンや、既存の出版社に頼るようなら、作家はじり貧だろうな。
なろうのようなので、上を目指せば、小さい才能でも
稼げるようになる可能性はありそう
自主的にどれだけできるか、出版社の影響を小さくできるようになってきたし
昔よりハードル下がっていると思う

21: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:21:08.00
出版社も取次も町の本屋も消滅したあとは、作家が編集プロダクションと自主出版した
本をアマゾンで売って、実売数の分だけ印税を受け取るというシステムになりそう

24: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:32:36.52
リアル書店だとスペースの問題があるから、
古いのは片づける必要があるんだろうけど
アマゾンの場合その辺ほぼ無限なんじゃないの?
売れ残りってどういう扱いの奴なんだ?

27: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:35:21.86
アマゾンの奴隷

情けない

33: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:48:05.50
受注生産

34: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:48:08.17
続いて出版社と著者が消えるわ。
間違いなく。

36: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 19:50:30.16
読みたい本がなくなって
誰も小説や漫画なんて読まなくなる
そんな時代になるようにわざわざ仕向けるようなことはしないとは思うんだけどね
どんな勝算があるのか出版社サイドからの情報が欲しい

48: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:07:14.91
大変だけど
これが本来の市場経済なんだよな

51: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:08:54.42
中古本はいくらでも安くできるのに、新品だけは定価でってのは不合理だわな

52: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:10:50.97
アメリカの小説が死んだとかいう話は聞かないんで大丈夫でしょ。
むしろ洋書の方がいろんな分野で書籍が充実してるんだけど。

55: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:13:44.26
>>52
急激な変化によるダメージは大きいんだよ。
アメリカ式になるには20年くらいかかるだろう。
その間が大混乱。

57: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:15:50.89
>>55
混乱するのは全然構わんやろ。

54: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:12:13.77
日本中どこでもキャベツ1個150円、売れ残ったキャベツは返品可能。
品薄の時でも1個150円だけど予約して3カ月待ち...
なんて商売してて本屋も出版社も努力するわけないじゃん。

買い取りだと小さな本屋さんが潰れてしまうって?
近所の小さな八百屋さんは頑張ってるよ。八百屋のくせにケーキも売ってる。

59: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:17:25.04
売れ筋ならだけど
売れ残りなんか誰も買わんやろ

69: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:32:25.45
これは良い話。

75: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:39:52.01
電子本は100円でも買いたいと思わない。なぜだろう?

77: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:42:34.07
>>75
無理に電子を買う必要はないし
そう言う人のお陰で漫画家小説家が生きていけてるのだから、とても有り難い存在と思うんよ

76: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:40:58.84
買い切りできるのは本屋の理想だが体力持ってるところないからな
ECのアマゾンが最初にやるとか皮肉だよな

87: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 20:53:47.70
やっぱり外国じゃないと日本の制度は変えられないんだなあ

97: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 21:11:24.10
新聞屋は死ぬまで再販制度を批判しないだろうな
まあ出版社が無くなっても俺は何も困らない

98: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 21:16:52.03
印税 10% → 30%

99: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 21:21:57.98
これ作家やら漫画家やら死ぬぞ

100: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 21:23:40.24
そもそも、アマゾンって返品とかしてないんじゃないの。
だから安く商品仕入れできる買い切りのほうが圧倒的に利益率高くなるし、
セールもできるから需要そのものを喚起できる。

まぁ、安売りと言っても大したことないだろうし、仮に1500円の本が1200円になろうと、
読みたくない本を買おうとは思わないけど。それでも、買うなら定価で買う意味ないから、
定価でしか売れない実店舗は終わるんじゃないかな。

112: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 21:58:50.68
書店によって値段が変わったりしたら書店も生き残れるんだろうけどね。
なるべく町の本屋さんで買うようにしてるけど、どんどん本の種類が減っていくw

116: 名刺は切らしておりまして 2019/02/01(金) 22:20:09.42
amazonで1円になってる本を平気で2000円くらいで売るからな
バカばっかだわあの業界
しかもアマゾンでいくらになってるってどれだけ教えてやっても融通が利かないバカ店員

スポンサード リンク