1: 田杉山脈 ★ 2019/03/04(月) 14:52:19.04 _USER
sdvsd
1959年に誕生したプログラミング言語のCOBOL(Common Business Oriented Language)は、2019年で生誕60周年を迎えた。人でいえば還暦や定年に当たり、これから第二の人生を歩んでもおかしくない年数である。このままひっそりとした余生を過ごすと思いきや、最近COBOL関連のニュースに事欠かない。

 例えば、2019年1月24日には情報処理推進機構(IPA)が基本情報技術者試験を見直し、COBOLを午後試験の選択言語から外すことを発表した。また、厚生労働省の毎月勤労統計の問題も見過ごせない。厚生労働省が公表した報告書によれば、過去に不適切な調査が行われた原因はCOBOLエンジニア不足による「プログラムのチェック不足にある」という。

 最近のCOBOL関連ニュースには、何かとネガティブなイメージが付きまとう。まるで「お荷物」といった扱いだ。COBOLエンジニアが少ないのがその一因だろう。他にも、一般にCOBOLプログラムの運用・保守が高価になりがち、コードが冗長になりやすい、といったCOBOLの課題も挙げられる。

 その一方で、COBOLにはメリットも多い。10進数をそのまま扱え、演算結果に誤差が少ないのは最たるものだろう。英文のように記述できるので、誰にでも習得しやすいこともメリットだ。エンジニアの中には、COBOLでプログラミングの基礎や業務ロジックの生成方法を学んだという人も多いだろう。「もうCOBOLに足を向けて寝られない」といったエンジニアもいるはずだ。

 そこで日経 xTECHでは、COBOLに関するアンケートを実施したい。COBOLに対するイメージや、現在のCOBOLシステムの実情などを尋ねているので、ぜひご協力いただきたい。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00138/022500242/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551678739/


62: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 22:06:36.74
>>1
え?主力じゃん

3: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:02:55.78
忘れられるRPGおじさんよりマシ

4: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:05:17.10
下位互換できる言語まだないのかよ

5: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:07:51.23
てか、COBOLを喋らせるエンジン作って他の言語に置き換えとか誰も手を出さないのかね

7: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:19:41.47
>>5
JAVAに変換するツールは普通にあるだろ
それでもトラブルが起きた時に問題が起きた時に元のCOBOLのプログラムの
どこの部分が問題かわかってないとダメだからCOBOLの技術者は必要だけど

8: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:20:20.82
自分のPCにCOBOLのコンパイラーを入れてある。

10: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:26:43.02
COBOLのエンジニア不足というが地方だと全くそういう話はない。

11: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:29:29.13
まあ普通に求人あるからなあ。

12: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:29:42.93
COBOLとFORTRANしか知らないオレは
いまや家庭のお荷物

30: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 19:07:15.78
>>12
お前さんが家庭のお荷物なのは、プログラミング言語とは関係ないようなw

13: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:31:29.68
我が青春の思い出

「ア」「コ」「ム」
「コ」「ボ」「ル」

15: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:34:28.75
stop、clear、load
偶にACOSを弄ってる夢を見るw

16: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:35:03.89
結局、COBOLは生き残ったなあ
新人にCOBOLを教えるようになっているから

19: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:47:21.18
COBOLの思い出
歯槽膿漏でクシャミをすると部屋中が毒ガス地獄にする上司。
夏でも二週間風呂に入らない先輩。
更に隣の女性社員のワキガがキツかった。

20: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:50:33.39
データに正規性なんか求めてない。

ということはCOBOL自体、いいかげんだったということか。

70: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 22:41:42.18
>>20
Javaにも求めていないのに。何を言っているのかな?

21: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 15:52:53.42
60年台の世界銀行のシステムを未だにひきずってるから、Javaなんかに足元をすくわれるのさ。

22: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 16:08:57.44
そしてJava自体もOracleの方針変更で廃れていくわけで

24: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 16:11:49.03
モールス信号とCOBOLは永遠に不滅!

26: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 16:28:23.64
COBOLキラーと呼ばれた技術の方が先に死んでしまった

27: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 16:33:39.81
懐かしい
だが情報2種はFORTRANで取った

28: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 17:02:56.43
光山。
プログラムを何でもCOBOLで作るな。
システムはIDL兇覇阿い討襪鵑世

31: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 19:11:57.89
いつも思うがCOBOLだけでシステム構築してると思ってんだよな、マスコミは

33: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 20:12:33.15
コボラーの一番若いのは50歳前後だろ。
まとは20代でも細々とやってる(やらされてる)人いるけど。

35: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 20:15:41.65
わしなんかPL/1使いだぞ

36: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 20:20:35.24
プロ野球で例えると
20年前の COBOL 元エース40歳で 8勝10敗の投手
今の COBOL 45歳で 7勝11敗の投手

新しく出てきたエース候補 は 先にほぼ引退

38: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 20:38:14.47
wikiみたらCOBOLはデーター構造を扱いやすく数値桁数をいくらにでも設定できる点がアドバンテージだとかいてあったけど、
そう言う言語を作ればいいんじゃないか?
たしかに現在存在しないとおもうし。

54: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 21:12:08.89
>>38
Mathematicaだと数値桁数を幾らにでも出来るぞw

40: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 20:47:52.88
確実に動作するシステムほどユーザーにとってありがたいものはないからなあ
COBOLで組んだシステムが依然として生き残ってるのはこれ以外理由は無い

41: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 20:50:55.26
どこの会社も
COBOL担当親父
コボルト呼ばわりされてるなw

44: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 20:56:30.14
20代でCOBOLの仕事に入ったら先輩の一番下が40歳。
若手は貴重なので、大切にされて毎日、仕事しなくても勝手に仕事をしてくれて
毎日、銀座などで食事をおごってくれて1年間1円も食事にお金を使わなかった。
そういうところ。

45: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 20:57:12.52
一度、Pythonを習得してしまえば
改めてCobolをやろうとは思わない

47: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 20:59:06.24
>>45

日本の中枢はCOBOLでしか動かないシステムが現役なんだよ。
政府も携帯大手も。。。。

48: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 21:01:07.43
やる人いなくなっても残るCOBOL言語で稼働するシステム

56: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 21:13:27.01
>>48
AIに任せた方がいいな

52: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 21:10:49.66
cobolが悪いんじゃなくてモダンな開発テスト環境を整えないCIOの責任ではないか

57: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 21:23:20.68
批判ばかりしてもなにも解決しない

61: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 22:03:52.51
アメリカ軍が総力を挙げてコボちゃん掃討戦に挑んでもだめだった
つまりアメリカ軍と言えどもコボちゃんには敵わないわけで
個人的には大満足です

66: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 22:12:15.53
結局cobolじゃなくてほすとの維持費出せないだけちゃうか

68: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 22:21:02.96
いま、COBOLの現場は若返りしているぞ
新しい新人にCOBOLを教えているぐらいだし

下手したら、JAVAのほうが滅び去るのが早いかもしれん

69: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 22:28:08.46
米国日本州になって情報当局の監査受けて強制的にシステム更改になるような、ウルトラGが発動されないかな?
ニッポンの行政はムダのオンパレード。高給な公務員を多く抱えてる

75: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 23:25:55.66
十進で誤差が出ないことがメリットの最初に挙がるってヤバいだろ

76: 名刺は切らしておりまして 2019/03/04(月) 23:34:58.68
今はやめた会社だけど、工場と営業の受発注システムがCOBOLで組まれていて、プログラム書いた奴しか弄れない継ぎ足し継ぎ足しのシステムだった
糞みたいな出来で、俺は一切触らなかった

84: 名刺は切らしておりまして 2019/03/05(火) 03:20:37.43
うちの現場にも還暦過ぎのおじいちゃんがいます。
当然ですがコボラーです;;

85: 名刺は切らしておりまして 2019/03/05(火) 05:12:16.43
コボルやった事無いけど、
コピー句とかオカズとかコンパイルリストとかの
謎の言葉は聞いた事がある。

スポンサード リンク