1: 田杉山脈 ★ 2019/05/12(日) 21:19:53.27 _USER
topm
タイトルがNGに引っかかったため途中で切っています。

「近代日本の歩みはすべて才能扼殺の上に築かれてきた」。

 ある本を読んでいて上記の一文に接し、ぎょっとした。この一文から「日本のIT産業はなぜ技術者の『才能』を殺すのか」という今回の題名を思いついたが、もともとの文では「すべて」と書いてあったからIT産業に限った話ではない。

 冒頭の一文が出てきた記事の題名は「才能を尊重せよ」。批評家・演出家であった福田恆存氏の著書『私の演劇骸次戞平慶社)に収められている。初出は今から60年前の昭和34年(1959年)であり、筆者が生まれる前年に書かれたものだ。

 筋が通った文章を常に書いてきた福田氏には珍しく、「才能を尊重せよ」は話の流れが分かりにくい。だが引用した一文と題名が気になり、抜き書きをしながら繰り返し読んでみた。

 以下では抜き書きした箇所を紹介しつつ関連するIT産業の話を書いてみる。原文は正字正仮名で書かれているので踏襲する。ただし「尊重」の「尊」の正字はPCで表示できなかったのでそのままにした。

仕事でモノを言うのは才能である
 「才能を尊重せよ」は60年前の「新規事業」に従事していた知人の依頼を受けて福田氏が書いたものだ。新規事業とは民間放送、具体的にはテレビ・ラジオを指す。60年後の今、IT産業やインターネット産業に置き換えて読める。

 まず、題名であり結論である「才能を尊重せよ」という主張を紹介する。

 「企畫制作にたづさはるものは(中略)つねに理想と現實の兩極に引裂かれながら仕事を進めねばならない」。

 こうした例はいくらでも挙げられるだろう。ITで社会に資する新事業をやろうとしてIT産業界に入ったものの、食うためとはいえ面白くはない受託開発や派遣の仕事をする日々が続く。新しいITを使って顧客の現場が喜ぶシステムを提案しようとしたが顧客の上層部と勤務先の大人の事情でごく一般的なシステムを開発することになった。

 こうした「理想と現實との間の隙間」をどう埋めたらよいのか。福田氏は明快である。

 「實行で埋めたほうがいいに決つてゐる」。「さうなつて來てモノをいふのは『才能』といふもの以外にはない」。

 なるほどと思うが才能とは何だろうか。

 「新しい企業であるといふことは、私たちはまだその『才能』をもつてゐないといふことであり、それが如何なるものか発見さへしてゐないといふことである。それを見出し作るのが何より大事なことだ。『才能』といふのは、いひかへればそれを自分のものにするといふことである」。

 ITやインターネットと一口に言ってもいろいろな技術がある。プログラミングもあればネットワーク設計もある。そうした技術を自分のものにする。

 才能があれば食うための仕事の傍ら、新たな仕事もできるだろうし、大人の事情を分かったふりをして実際には顧客の現場のためのシステムを作ってしまうこともできるだろう。

 そういう才能がある人を尊重しなければならない。

 「經營者は他の媒體經營よりも、さらに『才能』に酬いる手段をとらねばならない」し、仕事をする人は「お互い同士、何よりも『才能』を尊重し合はなければならない」。

 IT企業の経営者は抱えている技術者の才能に応じて、しかるべき報酬を用意しなければならない。設計にせよ、プログラミングにせよ、できる人の生産性はそうではない人の何十倍にもなるという。

 技術者同士も「彼の書いたプログラムは見事である」「彼女の設計を見習うべきだ」と互いに敬意を払わなければならない。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00166/042300029/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557663593/


2: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:21:16.64
上司の奴隷が求められる社会だからな
なぁ江口

3: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:25:35.78
才能ある部下を育てたら、自分がそいつの靴を舐めるハメになる

実務担当と管理職の区分けが明確でないから、才能ある実務担当を伸ばしてやれる管理職は評価されない

むしろ管理職から実務担当に落とされて給料が下がってしまう(笑)

4: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:26:04.74
もうこの手の問題はさんざん議論されて結論もほぼ出ているから

物を見ようとしない知ろうとしない論理的に考えようとしない
文系と言う国内寄生型エリート層が日本には居るから

12: 大島栄城 ◆n3rBZgRz6w 2019/05/12(日) 21:38:10.83
>>4
企画部って俺も居たけど、縁故正社員しかいねえぞ

16: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:46:49.61
>>12
あいつら会社に昼飯食いに来てるだけだぞ
官公からベンダーやら色々と渡り歩いているが、コネ連中は昼飯食いに職場に来てるだけ

17: 大島栄城 ◆n3rBZgRz6w 2019/05/12(日) 21:51:16.58
>>16
むかしはなんて言っても鬼が笑うが、俺だけ変人だろ

しかし、同輩に会長の孫とかいてよ

んで事故に巻き込まれてほかに転職余技なくされて

東京行っても、こんどは正社員も派遣の女の子も専務の子供って

もう疲れることばっかで

21: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:53:29.43
>>17
色々と大変よのお

5: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:28:14.39
才能のあるものは社畜になるな
以上

8: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:34:30.85
学歴とか肩書をひけらかす詐欺師の言うこと聞くからだろ
裁判官もそうだし。

10: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:36:12.96
日本企業では才能評価出来る奴いないし
それに経営者自体が終わってるから始める前から全てが終わっている

11: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:37:55.84
日本では年功序列で才能の金を払う経営者は居ない、才能のある奴は自分で起業するしかない、
そしてIT企業は派遣中抜き体質の奴隷産業だから、優秀な人材は近づかず入って来てもすり潰さ
れて廃人になる。

13: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:43:32.09
アメリカも実はかなりのバカ揃いだが現実や結果は見るから金の卵を産む
ニワトリと分かれば手の平返して厚遇する

日本はそれ以上のバカでそのニワトリの内蔵えぐり取って金の卵を取ろうとして
すぐに殺して使い捨て

15: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:46:46.94
スポーツを頑張るウェーイ系がカーストトップなのは海外も同じだけど
社会に出たら評価基準が変わるのが普通なんだがな

18: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:51:45.36
選挙で金使わないと勝てない政治家が多い。

税金を使ってごまかし続けているというのが問題。

19: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:52:34.69
百姓根性が日本をダメにした
いざっていうときの覚悟や胆力がない
明治維新がうまくいったのは下級武士出身であっても武家中心の改革だったから
いくら頭が良くても決断力のないのが上にいるとチャンスをただただ無駄にする

41: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:18:12.49
>>19
大いに同感。
自分は田舎住まいの非農家だけど、公共の事を考えないというか、まず自分が得することを考える百姓根性
が未だ大手を振ってまかり通っていて、嫌になるね。

20: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:52:39.57
という俺もコネの口だが親父からキツく怠慢は張るなと言われてるからそれだけはしない
地方の役所なんか面白いぞ 俺みたいな若造に頭下げまくる 俺に頭下げてもなにも出ねえよ

23: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:56:45.52
まるで日本人に才能あるみたいな話してるよねwww

25: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 21:58:37.55
>>23
正直、色々と終わってるぞ
まだ若いのか?海外に希望を見出だせ
俺が若けりゃ飛び出す

27: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:00:10.88
俺の上司は技術屋なんか
全部、外注すればいいんだよが口癖だった。

その会社はもう、ない。

29: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:01:43.34
winnyの金子氏が浮かんだだろ?( ̄∇ ̄)

30: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:03:13.12
>>29
あのお方は亡くなったよな 残念

31: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:04:47.74
確かにIT技術者ってお互いに敬意を払うとか謙虚さが無いよね。

34: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:07:58.52
「大人の事情を分かったふりをして実際には顧客の現場のためのシステムを作ってしまう」
これやったらアウトだろw クビどころか会社も潰れる

46: 大島栄城 ◆n3rBZgRz6w 2019/05/12(日) 22:23:49.16
>>34
プリンターとかか、いま問題になってるが

35: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:12:34.82
才能ある奴は潰される
才能活かす奴は起業か外資行く
というかもう日本の会社に拘る必要もないから
ITの才能は個々人で磨けるわ

36: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:12:59.77
イットは日本には無理だろな
他所から頭抑えられてるから

イット

37: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:14:12.69
日本=イット

39: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:17:07.16
才能あるプログラマは無能管理職を用無しにする
だから無能な文系はプログラマに権限を与えない

42: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:19:03.30
上も悪いけど
若者も不勉強だよね

43: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:21:25.78
>>42
バカの多さにはビックリするな
なんだあいつら

44: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:22:38.20
教育が悪い

48: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:25:42.91
>>44
日本はアイティーではない
イットだ
復唱しろ イット

45: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:23:39.75
ITの仕事やってても大企業だから保守的なところが多いせいだな

画期的なことを思いついても実行する余地がない

47: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:25:31.56
奴隷として生きることしか認められてない

54: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:29:49.70
イット先進国 日本
あたらしい分野だな、イット

66: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 22:57:34.95
大塚の人とかのスキルヤバイもんな
中学生やで

72: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 23:26:01.85
日本はいまだに村社会だからね。
まともな外国人(中韓を除く)をもっと日本企業に入れればいいと思う。
閉鎖的で長幼の序を重んずる社会である限り未来は無いよ。

74: 名刺は切らしておりまして 2019/05/12(日) 23:58:14.85
どの人材が優秀なのかの目利きができる人間がいないからだろ?ITは特に

78: 名刺は切らしておりまして 2019/05/13(月) 00:14:44.79
俺東大卒だけど、情報系の優秀な奴は、基本的に外資かアカポスかのどちらかに行ったよ。
優秀な奴は誰も日本企業に残らなかった。

N○Tとかからでもgoogleにヘッドハンティングされて行ったよ。

80: 名刺は切らしておりまして 2019/05/13(月) 00:37:11.00
わかるわ。せっかく苦労して作った案件を内容を理解しようとせずそんなの必要か?とか言って潰す上司

83: 名刺は切らしておりまして 2019/05/13(月) 00:50:26.50
安定した大企業って多様性に対応できるコストを削って
既得権を守ることに全力を尽くす組織だからな
「その組織の中では」優秀な才能ってのはあるんだよ
変わりゆく時代から見れば滑稽だけど
それもひとつの文化というものだろう

87: 名刺は切らしておりまして 2019/05/13(月) 01:05:57.56
なーにできる技術屋はなぜか管理やらされて
創造する時間すらなくなるさっ

92: 名刺は切らしておりまして 2019/05/13(月) 01:30:59.44
作業員としてならば、要求された作業を高速にこなす才能が尊ばれる

新しい手法を思い付く才能ってのは
他者を説得する才能を伴ってこそ
生かされる

102: 名刺は切らしておりまして 2019/05/13(月) 04:47:45.85
どんな物事でも人とは違う才能を持つ人間なんて
1万人に1人とかその程度の割合でしかないだろう(つまり日本のIT産業だと100人いるかどうか)
レジェンドクラスのゲームクリエイターなんかも
独立起業したら鳴かず飛ばずなんてよくある話だしというか
独立して独立前と同じかそれ以上のヒットを飛ばした成功例なんてほぼない

105: 名刺は切らしておりまして 2019/05/13(月) 07:20:27.24
日本企業「技術とは努力なしに自然と湧いてくるもの」

スポンサード リンク