1: 田杉山脈 ★ 2020/05/28(木) 20:29:19.69 ID:CAP_USER
新型コロナウイルスの感染拡大や、政府による緊急事態宣言などの影響を受けて、多くの企業が中途採用の求人を減らし始めている。IT業界でも今後エンジニアの中途採用の規模縮小が心配される。業界で常態化している多重下請け構造のもとで、業務委託や派遣社員のエンジニアの人数を減らす企業が増えていくことも十分考えられる。

 業界の多重下請け構造にはさまざまな問題があるとして、構造改革に取り組んでいるのが、東京都渋谷区に本社がある情報戦略テクノロジーだ。企業の事業部門と直接ビジネスをする「0次請け」と、エンジニアのスキルシートの統一化を進めている。

 同社の高井淳社長は、IT業界の1次請けから3次請けまでのビジネスを経験。「構造改革をしなければ日本のソフトウェア開発の技術向上も、エンジニアの育成もできない」と訴える。日本のIT業界の課題と、高井社長が取り組む改革についてのインタビューを前後編の2回にわたってお伝えする。

 前編では高井社長にソフトウェア業界やシステム開発の問題点について聞いた。

中略
日本で多重下請けが定着した経緯
――日本で多重下請け構造は、どのようにして形成されていったのでしょうか。

高井氏:日本のシステム開発の始まりは、NTTデータの情報システム部などが、自社のシステムを作り終えて仕事がなくなったので、そのノウハウを活用して官公庁や他社の基幹システムを作り始めたことです。

 でも、企業によって規模が違いますので、必要なシステムの大きさも変わってきます。10億円規模の仕事を取り続けられるかというと、そうではないですよね。仕事の大きさや、受注のあるなしに連動して、開発する人を調達できた方がいい。そのため開発する人たちを企業が雇用するのではなく、企業の外で雇用しておく仕組みが必要だった。そうして産まれたのがシステムインテグレーション業界です。

 やがてシステムは内製ではなく外で開発するという流れが主流になり、多重下請け構造化が進んでいきました。

 すると、企業側のシステム部は、出来上がったシステムを運用する部署になります。社内での位置付けが弱くなり、運用保守は下請けに発注されて、社内で企画や調整をする力もなくなりました。そうすると、企業は一次受けのシステム開発企業の言いなりになるしかなくなったのです。

――その結果、ソフトウェア開発の現場では、どのようなことが起きたのでしょうか。

高井氏:作らなくていいシステムをいっぱい作るようになりました。例えば、そろばんを弾いて経理を回している会社があったとします。経理部に経理システムの導入を考えた場合、欧米では実績がある経理システムのパッケージを導入して、そのシステムを使える人を雇用します。そろばんをはじくことしかできない人は解雇されます。すごくシンプルです。

 一方、日本では、実績がある経理システムのパッケージを選定するところまでは同じです。ただ、そろばんを弾いている人を解雇できませんし、その人たちがシステムを使えるように命令する権限が上司にはありません。その結果、そろばんを弾いている人たちが使いやすいシステムを作ることになります。クライアントから「そろばんライクなUIにしてください」といわれるのです(笑)。

――それは例え話だと思いますが、近いことが行われているのでしょうか。

高井氏:そんなことばかりです。基幹システムにしても、本来は標準化と言って、システムに組織を合わせます。(システムを)そのまま使えばいいのに、日本の各メーカーはカスタマイズして販売しています。

――その方がビジネスになるからでしょうか。

高井氏:無駄なことを開発した方が儲(もう)かるからです。1次請けの会社が無駄な仕事を生み出してくれるので、2次請け以降の会社は口を開けていれば仕事が降ってきます。それもあって、多重下請けの仕組みが出来上がったと言えます。
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2005/28/news029_2.html

引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1590665359/



4: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 20:46:40.15 ID:DpXj5gE1
解雇できないからだよ
建設もそうたがシステム開発みたいなプロジェクト型の仕事は必要人数に波があるが、ピーク時の人数を揃えると平時は無駄が多いから最小限の人数のみ正社員で揃えて足りないところは派遣と外注に頼るしかない
アメリカだとシステム開発が終わったら全員解雇だからな、SEは企業を転々とする

135: 名刺は切らしておりまして 2020/05/29(金) 04:47:09.90 ID:1OyDydvx
>>4
多重が問題なんだよ。
責任の分散化、エンドの費用のむだ、
労働者の薄給。
PM > SE > PG って言う考えの元
設計出来ないSEの増加、マネージメント出来ないPMの増加、なんちゃってPGの増加。
生産性なんて上がるかよ。

6: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 20:50:33.28 ID:iHGYLTFV
IT業界の住人だけど、ほんとこんな感じ。
ユーザー企業もITベンダーも不毛な事やってて没落する一方。
もっと危機的な状況にまで追い込まれないと変われないでしょうね。

14: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:01:10.48 ID:tH68tBvS
やる意味あるの?っていう無駄なカスタマイズが多いのは確か

17: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:03:33.91 ID:9i7KjiRe
まあなんか若干極端な表現はあるが
おおむね「わかるわ」って記事だな

18: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:04:57.84 ID:XIxvi7mK
そろばんを弾いている人たちが使いやすいシステムを
そろばんを使ったことが無い人達が作っているが抜けてるぞ

20: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:10:40.52 ID:Md/rOw08
ん?別に日本は日本でコレで良いんじゃnねーの?

25: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:19:28.77 ID:Sv5+lBvu
発注側は発注先を開拓しない
受注側は仕事を断らずに別の会社や個人に丸投げして、丸投げされた会社や個人がさらに丸投げするから多重が常態化する

26: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:21:39.64 ID:1ENeRtF6
某大手電気メーカーのSI案件に4次請けで入ったことあるけど、そこの社員は下請けを煽る事しか出来なかった
客先説明に行くくせに全然設計理解してなくて炎上したし無能そのもの

32: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:31:12.21 ID:fbHxEgkl
本当コレいい加減、労働省はなんどかせいや。

34: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:31:38.95 ID:PIy1zKih
信用力(=支払い能力、社会的信用、人員動員力)を第一に
安全主義で日本人は動くからだよ。

だから、頂上に居るのが日本政府やゼネコンタイプの大企業で
そこは信用力で「不治痛」や「イヌ医〜師〜」に取りあえず任せる。

そこから企業の信用力ハイエラルキーに沿って仕事が下請けされて
行く。 2次3次4次5次...n次なんて具合にな。 丸投げして
元請けに説明するだけの仕事なんだから、忖度バッか上手で技術的な
事は疎くなり最先端技術なんて全く分からん。分からんでもカネは上から
降りて来る。

38: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:45:26.04 ID:au6kg0lj
でっかいプロジェクトも3次下請けぐらいでまとめるように出来ないかね。
大手メーカーやソフトハウスは下っ端と直接取引したがらないね。

39: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:47:23.90 ID:E/9vYjm8
不況になるたび内製化内製化言うけどいつになったら内製化できるのって

43: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 21:49:27.63 ID:IIUtm5co
>>39
あるあるすぎる

57: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 22:15:03.08 ID:eD0uG/Gj
下請けで働く奴隷が沢山いるからだろ

64: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 22:23:40.80 ID:Yi2mfquw
業務に合わせてシステムを作ったはずが要件定義が不十分だからポンコツ
客もよく確認しないで発注しているから直して貰えず(仕様内)
また、ちょっと直すだけでも膨大な額を請求されるから従業員は黙って使ってろ

生産性はどこに

76: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 22:43:10.41 ID:WzKe1FGy
>>64
わかるわ

68: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 22:33:51.75 ID:gAxbui8j
考えさせられるな
システムをユーザに合わせて作るがために、
何度も作り直したり仕様変更からやり直したり
でも仕事もらってる側だから文句言えないという

72: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 22:40:31.26 ID:7qWFWrbp
>>68
それウチの会社だわ、ごめん

84: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 23:05:50.81 ID:zY0ZZFMn
企画する企業側も現場の意見ほぼ取り入れずに妄想要件でやるから結局うまくいかないんだよなー。
プロジェクト企画するにあたり利用する人間一定の割合いれろよ。
そして終わったら現場に戻せよ、そしたらもっと使えるようなシステムが少しでもできるだろ。

88: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 23:15:23.78 ID:erV3qGOn
>>84
その通り。
大企業の社内システム設計担当なんて、IT管理部門の若手。
正直何の専門性も無いし、どうすればユーザーが使いやすいかを考えることも出来ない人たち。
某自動車会社にいたけど、社内システムは本当にクソだった。
しかも定期的に無駄に改悪された新システムに入れ替えるし。

89: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 23:20:56.21 ID:/83hekXJ
>>84
利用する側の人間に時間的余裕のあるものを作っておかなければいけない。
そういう人的資源の冗長性は大切なんだけど,日本企業は絞りに絞るからな。

85: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 23:09:53.57 ID:jDu0r0aU
下請け禁止法可決で(・∀・)イイ

86: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 23:13:16.96 ID:PlXgDIVR
客が一番悪いやろ
技術持ってて実際納品物作ってんの末端の下請けの俺らやねん
んで絶対にまず自分とこのグループ子会社の情シス子会社にまず流してからNTT、富士通、NEC、リコーなんかの大手メーカー系に丸投げ
そこから5次受けくらいの俺ら末端にきたときは搾かす
客が実際モノ作りしてる俺らに口座作ってくれて直で案件くれればこんな地獄にならんのや

98: 名刺は切らしておりまして 2020/05/29(金) 00:04:14.71 ID:MOY5Z8rD
>>86
それは客のことを考えてない下請けの言い分やな。
お前らが客側の担当者だったとして5次受けやるようなカスみたいな会社に金出せるか?
完成前に会社が潰れるかもしれんし、完成後の保守を安定して任せられるかもわからん。大手SIに頼むのはこういうリスクをヘッジする意味合いもあるんだよ。

92: 名刺は切らしておりまして 2020/05/28(木) 23:28:05.70 ID:9ESguw7N
仕事なくなったら困るのでね。
毎日毎日不毛だなとは思うけどな。

102: 名刺は切らしておりまして 2020/05/29(金) 00:22:37.72 ID:RqNWpZ+O
そんなの頼む奴が信頼性あるところに仕事振るからでしょ
みんな集まってくるから

客は実態はどうであれ知名度が高いところに頼む
そうじゃなら途中で逃げそうだから

103: 名刺は切らしておりまして 2020/05/29(金) 00:25:33.39 ID:VIBvAasT
開発失敗で裁判沙汰になったとき大手SIerじゃないと賠償金払えないという問題がある

112: 名刺は切らしておりまして 2020/05/29(金) 01:18:04.68 ID:gO3p3ho2
1980年代から変わってないんだなw

スポンサード リンク