7c60f4b8.jpg1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/01/08(金) 20:33:49
 新たな年が始まった。会社員にとって、厳しい年になるのではないだろうか。特に30代の人は、“ぶ厚く高い壁”にぶつかるかもしれない。

 2009年の暮れ、人事コンサルタントの深田和範氏にお会いし、今後のリストラについて話をうかがった。ベストセラーにもなった『「文系・大卒・30歳以上」がクビになる――大失業時代を生き抜く発想法』 (新潮新書) の著者である。この本をひと言で言えば「今後は30代の正社員もリストラの対象になりうる」といった内容だ。

 時事日想でも何度か触れたが、正社員を解雇にすることは法的に難しい。現に多くの会社は非正社員の労働契約は解除するが、正社員の雇用にはなかなか踏み込まない。だが、これからの時代は違う。多くの企業の現場を知る深田氏は、そのあたりを見抜いていた。

 「一部の大企業では、正社員がリストラの対象になっていますね。決算記事を見ると、『固定費の削減が功を奏した』といった意味合いのことが書かれてあります。必ずしも“固定費の削減=正社員のリストラ”とは言い切れないものですが、正社員を対象に希望退職を行った会社はあります」

 さらに、こう踏み込む。

 「今後は、そのターゲットが文系・大卒・30歳以上に広がる可能性があります。人事部も例外でなく、これからはリストラされる側になりえますよ。明らかに雇用過剰になりつつあるのです。人員削減の対象が、40〜50代だけというわけにはいかないでしょう」

 なぜ、企業はここまでして社員を減らそうとするのだろうか。深田氏は、こう分析する。

 「この不況により、企業は派遣社員の労働契約を解除するいわゆる“派遣切り”をしたり、新卒や中途の採用者数を減らしました。実はこれらは、生産・販売量の減少に応じて変動費を<調整し、将来的に発生する固定費の増加分を減らしただけのこと。つまり、現時点で重くなりすぎている固定費については、何もしてこなかったのです。これでは、企業が抱えている本質的な問題を解決したことにはなりません」

 雇用過剰となっている正社員の人件費によって、固定費の増加が引き起こされた。そして、この過重な固定費負担のために、多くの日本企業が収益を生み出せない経営体質に陥ってしまっている。これこそが、本質的な問題なのだ。

 「このような脆弱(ぜいじゃく)な経営体質を変えることなく、政府の景気対策や雇用調整助成金といった、いわば“鎮痛剤”に頼っているから、いつまでたっても企業業績が回復しないのです。鎮痛剤の効き目もそろそろなくなってきます。企業はいよいよ、本腰を入れざるを得なくなるでしょう。その1つが、30代をも視野に入れたリストラです」

ソース
http://www.excite.co.jp/News/economy/20100108/Itmedia_makoto_20100108067.html

3 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/01/08(金) 20:34:53 ID:???
>>1のつづき

●無為無策のあおりを受ける20〜30代
 深田氏は、2008年秋以降の世界同時不況は、日本企業の2つの隠れみのを吹き飛ばしてしま
ったと見ている。隠れ蓑の1つは、欧米の景気がよかったこと。2つめは、非正社員を雇うこと
で人件費を抑え込んだこと。これらにより、国際競争力を持ち合わせていなくとも、経営は
なんとか成り立っていたというのだ。

 このあたりは、私も同感である。これは私のとらえ方だが、日本企業の多くはすでにビジ
ネスモデルが破たんしている。つまり、安定的に売り上げを稼ぎ出し、それをすべての社員で
分配していくことができない。その兆しは山一証券や北海道拓殖銀行が経営破たんした、1990
年代後半に見えていた。あのときが、実は日本企業の大きな分岐点だった。経営者や経済界は
、戦後のビジネスモデルを大きく変えるようにかじを切るべきだったのだ。政府与党もそれを
強力に後押ししたり、政策を打ち出し、誘導することが必要だった。

 しかし、それらをすることなく、安易なリストラなどで問題を先送りした。それがいま、
大きなツケとなって現れている。問題は、このようなビジネスモデルだけではない。正社員の
極端とも言える法的な保護など、労働法も時代の変化についていっていないのだ。

 例えば、解雇要件を緩めるならば、会社員が会社と争うことができる態勢を整えることも
必要である。会社がリストラする際の武器となっている配置転換のあり方にもメスを入れて、
労使双方にとって公平なものにしないといけない。さらに、解雇された社員には子どもがいる
かもしれない。そのことを踏まえ、小中学校から大学までの学費などについて何らかの支援も
矢継ぎ早にするべきだった。これらが整ってこそ、正社員の解雇要件を緩めることができる。

 ところが、相変わらず、ビジネスモデルや労働法などは、1990年代後半までのものなのだ。
本来、政府や企業はこのようなところにこそ、踏み込んでいくべきだった。そうすれば、
非正社員と正社員の格差はもう少し健全な姿になっていた。企業の活力もある程度は、維持
できたに違いない。それが、国や地方自治体の財政にもよい影響を与えたはずだ。少なくとも
、こんなに早く沈滞期に入らなかったのではないか、と私は思う。

 この無為無策のあおりをもろに受けているのが、いまの20〜30代である。そして、就職活動
を控える大学生であり、その親たちだ。

●リストラはインフルエンザのように広まる
 しかし、なぜか多くの政治家や有識者はこの問題を指摘しない。これでは「政権が変わって
も変化なし」と批判を受けても仕方あるまい。深田氏は、このようなことも話していた。
30代の人がこれを読むと、思い当たるフシがあるのではないだろうか。

 「いまの企業はマネジメントにのみ力を入れて、新たなビジネスを始める気概をなくして
います。その理由の1つには、1990年代の不況を生き延びた人たち、つまり50〜60代の経営者
や役員、管理職などの多くが起業家タイプではなく、管理者タイプであることもあるでしょう」

 さらに今後のリストラは、インフルエンザのように広まっていくと捉える。

 「リストラは“伝染”するかのように広まっていくでしょう。伝染とは、特定の業界だけで
なく、職種でのリストラも増えてくることを意味します。そしてこれまで控えてきた以上、
リストラは爆発するように一気に広がる可能性がありますね。家族を抱え込んだ正社員が
対象になる以上、家計への影響は避けられないでしょう」

 だが、深田氏は悲観的には捉えない。むしろ、これから時代の転換期に入ることを冷静に
見つめている。そして「新しい成長の芽はきっと出てくるはず」とも繰り返し話していた。
著書『「文系・大卒・30歳以上」がクビになる――大失業時代を生き抜く発想法』では、
そのような会社員の生き方にも言及している。

 これから、一段と厳しい時代が始まる。だが、閉塞した状況を変える大きなチャンスと
見ることもできる。今年は、そのあたりにも触れていきたい。【吉田典史】

-以上-

5 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:36:38 ID:iMxrAKhh
昼間何もしてない営業とかいるからな。

7 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:38:38 ID:hKlx+4gm
つーか団塊がみんな引退したら失業率なんて一気に改善するんじゃないの?

12 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:40:25 ID:d81VU0UC
タコが自分の足食ってるようなもんじゃん
安易に人を切る会社が待ってる先なんて自滅だけ

14 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:42:04 ID:Mx1ezob6
>>7
労働人口を減らす方向に社会がシフトしたために
団塊が引退するとそのままになるだけ

19 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:46:41 ID:2hKnZ8O9
「労働環境が悪いせいで優秀な奴が日本から出ていく」
とか行ってた頃もあったな・・・実際は逆だ。

日本に馬鹿ができる仕事がどんどん少なくなって
優秀な奴以外、日本から追い出される。

20 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:46:41 ID:TZwvyfCz
JALが更生法申請する時代だからな
誰でもクビになり得るし、会社ごと消える可能性もある

23 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:49:44 ID:n4S3SBhf
ま、アレだ。

無駄を使って皆でお金を回していたのが、
合理化・IT化でどんどん無駄が省かれて、
今まで正社員だった箇所が派遣になり、
今まで間をかましていた取引先を使わず直接やりとりしたり

大企業のビジネスモデルが大幅に変わってるんだから、
それについていけない中小がバタバタ死ぬのも当然だわ。

24 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:52:08 ID:eWbhhTkc
これ、もし正しければ
20代の理系院卒しか当てはまらない奴いないじゃん。
ずいぶん手広く張ってきたな

25 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:55:30 ID:HiK1E9r3
大卒以外って、高卒のことか院卒のことかどっちなんだろ。

27 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:55:47 ID:znWCueva
高卒で理系かつ20台が勝ち組なわけか

29 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:56:36 ID:HiK1E9r3
>>27
かつ30になる前に死ねってことでは。

30 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:56:45 ID:z81Q8NLG
手取り14万固定、ボーナスなし、退職金なし
こんな被差別社員である俺の生涯可処分所得は
18歳から60まで働いて
14x12x42=7056万円

■試算(65歳で年金を受け取る場合)
その間食費が月4万だとしたら(1日1290円)4x12x47=2256万
その間家賃が月6万だとしたら、、、、、、、、、、6x12x47=3384万
7年に1度新車150万に乗り換えたとしたら、、、、150x6.7回=1005万
年間の維持費が20万とすると、、、、、、、、、、、20x47=940万
衣料費、年4回、各2万円使ったとすると、、、、、8x47=376万円
医療費、一回4000円、年4回通ったとすると、、1.6x47年=75万

ここまでの支出が8036万円
故に980万円の赤字となる。

この確定された未来を黒字化する為には、
1:車を持たない
2:子供を持たない
3:保険も入らない
などの対策が必要である

31 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:57:25 ID:FTurxfBU
わしは理系だが
理系は技術屋扱いされるので
最上位のポストは、文系が多い現状
旧帝大の理系と文系の生涯年収は5000万円以上違うという
前々からの矛盾が
日本の没落の主因だろう

32 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 20:57:27 ID:RKWXs9Cl
はっきりいって「日本人全員」がもはやリストラの対象だよw
月給7〜8万の優秀な中国人を雇った方がいいからね。
彼らの方が遙かに能力が勝る。
日本人はアフォになったんだ。

45 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:03:53 ID:O8y5JbJI
>>1
会社で不要な部門は総務
コンピューター導入で100分の1になった経理部門

総会屋対策が減れば総務出身の社長は激減・・・

人事部はもっとも不要・・外部組織に任せるのがベスト

51 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:09:31 ID:I+9xgaA/
非正規を切れなくなったから今度は正規
当たり前と言えばそうだが、さらに内需は縮むなあ。

52 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:09:51 ID:hXq8/y8s
バイトの下っ端をパートの現場責任者が指揮して
専門知識が必要なところは派遣で賄って
契約制年俸制の管理職が管理して経営は社外取締役がやる
という時代が来るんだろうな

で、「正社員って何?食えるの?」ということになる

55 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:12:35 ID:znWCueva
>>52
一日中パソコンの前でニートトレーダーするのがいちばん稼げそうだ
はたらく奴は馬鹿

56 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:13:23 ID:dsbgHkNE
中小企業相手に商売してるモノだが
労働者が強すぎるんだよなー。
解雇も安易にできないし、やったらユニオンとかなんたらが乗り込んでくる。
だから、採用も渋ってしまう。

会社起こしても訴えられるし誰も経営者になりたがらない。
今後、10年で日本の中小企業は今の3分の1はなくなるよ。

58 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:14:03 ID:RKWXs9Cl
正社員は「カツマー」並にレベルアップしないと生き残れないよ。
ホワイトカラーは「知的」労働者だからね。

60 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:15:10 ID:36YnWl3w
>>56
中小企業の衰退は
そのせいではないよw

61 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:18:07 ID:3twlnGJM
宮廷理系引率30代の研究開発従事。
リストラまったく関係なし。リストラされても他社へ転職が容易。

62 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:19:27 ID:rfNWuWEI
むしろ大企業の方がやばい気がするな。
企業年金とか間接部門とか癌だらけだし。

64 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:23:02 ID:vm8qbQDW
クビ切りは間違いなく正社員にも及ぶだろうけど
「文系・大卒・30歳以上」はあまり関係ないよ
近い将来確実に余剰になっていくのがデスクワークの時間が長い奴
上と下との調整役で会社の組織としては当然必要なんだけど
その候補があまりにも多すぎるんだよな

営業力に自信がある 語学が得意で米中の人間との折衝も問題なし
斬新な企画力で製品開発に力を注ぎ会社の売り上げに大きく貢献してる

そういうのができない人間はクビ切られても文句は言えないはずだ
だったらお前は会社になにを貢献できるのかと

70 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:34:21 ID:uBND+jXZ
要するに間接部門はアウトソーシングされるよってことだろ
タイトルで人目を引こうとしてるだけで

71 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:34:54 ID:nO7t2MYS
でも日本の企業は30代の中堅が一番少ないんだろ。
だから今問題になっている。切るなら氷河期世代より上のバブル世代だと思うんだが。
違うのか。30代の氷河期切ったら中堅がいなくなり逆にヤバイだろ。
企業が過剰雇用で苦しんでるなら、使えない奴はもちろんのこと
好景気に過剰に採用したいらない世代から切るのが合理的じゃないか。
それともそんなこと言ってられなくなるぐらいヤバイ状況に日本全体がなるのか。

72 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:36:23 ID:KSY5QrBW
いつでも、肉体労働に行けるように、健康だけは気をつけてます!

73 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:38:03 ID:Q+thH2u4
今まで簡単に切れなかったから今の状況があるのだろう

これからはバシバシ切られます!
って言われたところでなぁ…

82 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:51:07 ID:uSnEyT28
何この糞記事w
IT Media編集部の連中は理系出身が多いのか?
もしそうなら落ちこぼれw

84 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:53:06 ID:3twlnGJM
>>82
文系・大卒・30歳以上の方ですか?がんばれよ。

86 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:53:33 ID:VHkTuRQk
文系 大卒 30歳以上で正社員の半分以上を
カバーしてるんじゃないか?

89 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:56:01 ID:9hbef+3z
不景気ほど文系が必要
なぜなら元気のいい営業部隊が必要だから

理系は開発か製造か技術営業だろ?こいつらが個人個人で頑張っても会社が投資しないと需要の掘り起しにはならない
そして不景気では会社は投資を絞るからこいつらは働かない
よって駄目、無駄、仕分け

90 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:56:43 ID:lE8bYpfH
まず赤字部門の長からリストラ対象になる、と言わないところが日本的だな。

91 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 21:57:39 ID:l4e0T05Z
>>90
責任を取らない責任者=長なんて要らないんだけどなw

94 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 22:00:22 ID:q1qqHNL4
文系って技能ないからなw

96 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 22:01:33 ID:rJcVzUTc
理系だって首切られるだろ。
結局リストラは一部の人間の好き嫌いで行われる。

98 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 22:02:31 ID:kPp+1YSP
生産性があまり無い文系を先に切るのが重要。
特に人事なんて中国人で代替可能。

100 :名刺は切らしておりまして:2010/01/08(金) 22:06:15 ID:nO7t2MYS
切るなら氷河期以前の奴。氷河期は除外。
なぜなら氷河期はもともと数が少ない。切ったらいなくなる。
氷河期以前の世代はたくさんいる。こいつら数が多いから切っても代わりはいる。
同じように2,3年前の大量採用もリストラしろ。こいつらもおおすぎ。
企業はきちんと考えて人を切って欲しい。

108: 名刺は切らしておりまして : 2010/01/08(金) 22:18:07 ID:Aneyxfv/

この本、結構前に出た気がするんだけど。
書いてあることは、別に文系はアウトで理系ならセーフとかじゃなくて
間接部門の人はみんなやばいっすよってこと。
生産現場や営業の最前線の人たちは、もうこれ以上は減らせない。
今まで手付かずだった総務とか管理とかお金を稼がない本社機能の人たちを
リストラする時代が来る・・・って言いたいらしい。

スポンサード リンク