74b55791.jpg1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/01/15(金) 22:51:22

 いよいよ大学入試センター試験が始まる。就職難が深刻化する時代、なんとしてもわが子を大学へ行かせたい、という親は多いはずだ。

だがもし、「博士課程に進みたいんだけど……」と子どもが言い出したとしたら、どうだろう。

“高学歴ワーキングプア”が急増中だ。最高学歴を獲得した人々が、生活保護受給者や無保険者になっていく――。この奇妙な逆転現象の発端は、20年前に国が始めた“官製資格ビジネス”構想にあった。

大学崩壊の実情を現場に聞いてみた。

■実験結果の捏造を断れば――

「じつは今、教授から不正を強要されているんです……」

それは、若手研究者が集まるある会合でのこと。博士研究員のひとりが打ち明けた話の内容は驚くべきものだった。

彼が加わっていた研究プロジェクトは暗礁に乗り上げようとしていた。予想を裏切り、思ったような実験結果が出てこないのだ。そこで上司である教授はこう指示したという。『君、データを少しいじってくれないか』。

「つまり、実験結果を捏造しろと。もちろん、研究者としてはそんなことをしたくない。でも、断れば仕事を失ってしまいます」

博士研究員、別称“ポスドク”。大学院博士課程を修了後、正規の就職先がないために、任期制で大学や研究機関に非正規雇用された研究者のことだ。いわばアカデミズムの世界に
おけるパートタイマーである。

立場の弱い彼らが教授の命令にそむけば、次のプロジェクトのポストは与えられないだろう。
とはいえ、一度捏造に手を染めてしまえば、いつか発覚されるのでは、と脅えながら研究生活を送らねばならない。

■“パート先生”の年収は15万円

 毎年約1万6000人ずつ輩出されるという博士課程修了者。2009年の就職者は約1万人と就職率はわずか64%だ。「博士課程修了者は専門性ばかり高く、フレキシビリティーに欠けている」と、敬遠する企業が少なくない。

それにしても、ポスドクの給与は低い。月に20万円ももらえればいい方だ。任期制のため、関わっているプロジェクトが終わればお払い箱になる。

しかも研究テーマを自分で選べるわけでもなく、次々に違うテーマを追うのでキャリアに結びつかないケースが多い。結果的に30代、40代になっても、低収入のままいろいろなプロジェクトを渡り歩くことになる。その姿は、あちこちの工場を転々とする製造業派遣社員とも重なる。

ソース:ダイヤモンドオンライン
http://diamond.jp/series/yuuai/10008/
2 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/01/15(金) 22:52:14 ID:???
>>1のつづき

「ポスドクなんて、我々から見れば天国ですよ」

とため息をつくのは細谷伸治さん(仮名・40歳)。都内私立大学の非常勤講師で、専攻はドイツ文学だ。

無理もない。週に1コマ(90分の講義)につき、月額2万5000円。これが非常勤講師の平均賃金である。

コマの数を増やすことでしか収入を上げることができない彼ら。最悪の場合、半期分の仕事しか得られず、年収15万円という人もいる。しかも大学の講師職は、その専門性の高さゆえ、職場の数そのものが多くない。

首都圏ほかの大学非常勤講師組合の2007年度アンケート調査によれば、専業非常勤講師約600人のうち、ほぼ半数が年収250万円以下だ。

さらに、非常勤講師は原則として単年度契約のため、どんな理由で次年度の職を失うかわからない。予算の都合、カリキュラム変更など――。

大学側からすれば、人件費を抑えるうえでも、非常勤講師の存在はありがたい限りなのだろう。ある私立大学では、非常勤講師が担当するコマ数の割合は全授業の約6割。にもかかわらず、非常勤講師の人件費は全人件費の5%にすぎない。大学の授業は、無数の“パート先生”
によって成り立っているのだ。

■「将来は生活保護しかない」 親の扶養で暮らす非常勤講師も

「独文では食えない、ということはわかっていたんです。でも、いくらなんでも博士号を取れば、貧乏でもどうにか生活していけると思ってました」と細谷さん。

博士課程修了者が博士号を持っているとは限らず、むしろ文系では少数派だが、細谷さんは数年前、教授に勧められて留学したドイツで取得した。

 なけなしの貯金がどこまで持つか、ほんとうに博士号を取れるのか……。不安と戦いつつ、 一日中机にしがみついていた日々を今も思い起こす。

が帰国当初、大学は1コマしか授業枠を与えてはくれなかった。ポストは年配の教員たちに占拠され、若手が入り込む余地はない。

 仕方なく貯金を食いつぶしつつ、研究を続けた。現在はどうにか週に5.5コマの授業を獲得しているが、当然それだけでは食べていけない。授業の合間を縫って、予備校講師のアルバイトをしている。本業の研究の時間を割かれるのでつらいところだ。それでも年収は200万円
以下という。

現在、年金暮らしの母親と同居中。自身は国民健康保険はかろうじて払っているものの、とても年金までは払えない。

「このまま定年まで勤められたとしても、将来は生活保護を貰うしかないでしょう」

前出の組合で委員長を務める松村比奈子さんによると、非常勤講師の中には健康保険すら払えず、無保険状態の人も少なくないという。

 都内私立大学などで非常勤講師を務める富山幸一さん(仮名・42歳)も、健康保険料は払っていない。

「ずっと親の扶養に入っていました。電話を止められるくらい貧乏でしたから。今も被扶養者かどうか、ですか?じつは怖くて親に聞けないでいるんです。

健康面については不安が大きいですね。かけもちで非常勤講師をしているので、移動時間だけで1日に5、6時間取られることもある。若いころと違い、仕事と研究を両立がだんだんきつくなってきています」

■“官製資格ビジネス”が生んだ大量の失業者たち

博士号まで取得した人々が、失業者や生活保護受給者になる今の時代。行き場のない博士たちはなぜこれほど増えたのか――。

事はおよそ20年前にさかのぼる。

1991年から始まった、旧文部省の「大学院重点化政策」だ。大学の主体を学部から大学院に移させる、というものである。

その目的を、旧文部省は「専門職業人養成のため、大学院の規模拡大を図る」と謳っている。
だが、そこには将来の少子化をにらんだ文部科学省や大学側の意図も見え隠れする。

大学院に学生を呼び込めば、その分、学費収入が見込める。さらに「条件を満たせば国から補助金が下りる」ということもあって、学部から大学院重視へのシフトはどんどん進んでいった。

その結果、大学院生の数は急速に膨れ上がった。91年の大学院在学者は9万8650人だが、08年は26万2655人。およそ3倍だ。

ところが、前述のように修士課程修了者の就職率は6割程度。教員の数も1割程度しか増えていない。“余剰博士”が溢れたのも当然だろう。

 修士・博士課程でかかる学費はおよそ500万円。必ずしも就職に役立つとはいえない学位の対価としては、あまりに高額だ。大学院重点化政策から20年。この間、大学院をめぐり、いわば“官製資格ビジネス”が広がっていたといっても過言ではない。

■奨学金は“日本版サブプライム”か?

 学費をまかなうために借りた奨学金の不良債権化も、深刻な問題だ。

 日本学生支援機構によると、奨学金を3カ月以上滞納した人は2007年度、約20万人。延滞債権は2200億円超に上っている。

もちろん、中には無責任な借り手もいることだろう。だが、一方で低所得のため、返済したくてもできない人々もいる。大学院卒で6カ月以上の延滞者を見ると、正社員はわずか31%。アルバイトや無職は52%だった。年収300万円未満の人も66%いる。

専門の社会政治学の分野で、すでに多数の著書や翻訳書を出している吉村幸二さん(仮名・44歳)。博士課程のとき、奨学金として400万円を借りた。だが、いまだに返すことができないという。

「2つの大学の非常勤講師を掛け持ちし、専門学校の講師や通信添削の副業をしても、年収はやっと180万円弱。年間19万円の返済額はとても捻出できません」

借金を背負い、先の生活の見通しも立たない状況では、不安が募ってやりたい研究にも没頭できない。

首都圏大学非常勤講師組合の松村比奈子委員長はこう説明する。

「高学歴を取得するには、研究に時間を割かざるをえない。したがって多くの院生はアルバイトをする時間もなく、やむをえず奨学金を借りるわけです。しかし大学の学費は近年高くなる一方。私立大学の授業料は30年前の4.5倍、国立大学はなんと15倍です。OECD諸国内ではトップのアメリカに次ぐと言われています。

しかも独立行政法人化後の国立大学は、国からの運営費交付金が年々減額されているため、もう学費を下げることはできません。その結果、世界でも異常なほどの高額な借金を、若手研究者が背負うことになってしまったのです」

奨学金とはいっても、欧米のスカラシップ(給付型)と違い、日本のものは単なる“教育ローン”だ、と松村さんは言う。おまけに6割以上の学生が借りるのは、利子がつく第2種奨学金だ。

「まもなく施行される改正貸金業法では、年収の3分の1を超えるなど、返済能力を超えた貸付けは禁止されます。ならば、無職の学生に多額のおカネを貸す今の奨学金事業は、“日本版サブプライム”とはいえないでしょうか」(松村さん)。

■潰れていく“学者の卵”たち
 日本科学者会議事務局次長 上野鉄男さんはこう懸念する。

「今のままでは、高学歴の若手研究者がどんどん使い捨てられてしまう。これは、本人のキャリアの問題にとどまりません。親の教育投資が無駄になるばかりか、税金の無駄遣いにもつながる。我が国の学術の発展そのものにも、決定的なダメージを残すはずです」

同会議では、現在の科学技術政策の根本的な見直しと同時に、具体的な解決策を提案している。

「授業料の免除や奨学金など、大学院生に対し欧米に劣らない経済支援を行うこと」「学術と教育に対する公的資金を欧米並みに増額し、大学教員などの増員を図って若手研究者が定職に就けるようにすること」

などを国や自治体に提言していくという。対処療法に終わらない、政策的な展望が必要だ、と上野さん。

「経済的な成功なんて最初から求めてない。だから大学の同級生が会社で出世していたって、うらやましいとも思わない。僕はただ、自分の研究を続けてゆきたい――それだけなんです」

 ある非常勤講師はこう心情を吐露した。

優秀な研究者を支え、育てる仕組みが失われようとしている今の日本。病院が壊れかけているように、大学もまた崩壊の危機に直面している。

-以上-

10 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 22:56:17 ID:mRti8p1L
企業側もとりずらいし、プライド高くて使えん人間に育つからな

日本ほど大学行く意味のない国はないだろう

11 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 22:57:54 ID:PHZPKWOP
何を今更・・・

12 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 22:59:29 ID:ZOS81Xui
一応、国際資格なんだけどね。欧州では特に価値高い
ちと乱発し過ぎたかもしれんが

13 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:02:01 ID:OR7CccA/
欧米のように社会人しながら…ってのは日本じゃできない。。
あと、学位がもう少し仕事や社会に直結している感があっちにはあるね。

17 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:05:30 ID:DJmA/eHD
本質的な問題はIT土方の抱えてるものと大して変わらん気はする

20 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:07:10 ID:9foH55ek
いまはどの大学を出たか、なんて就職には関係ないからな。
就活時の景気や、どんな資格を持っていてどんなことができるかで
その人の将来が決まる時代。

22 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:09:42 ID:kFqM6H9s
>>13
社会人ドクターなら簡単にできる。
修士修了後に社会人に。その後社会人でありながら博士課程に入る。
大学に行くのは講義のある日(三年間で10日程度)くらいで
論文に書く結果は修士課程の実験結果を利用する。

24 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:10:31 ID:kkEAjkTv
大学によっては、教員が学部生に、大学院行かないかと勧誘している場合もあるし。
キャッチセールスだわな。

25 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:12:47 ID:PsbBxeQn
今は学歴より、コネや出自、コミュ力のほうが重視されてるみたいだからなあ

自分がどうか、ってよりも親や一族がどうなのか、って法が重視されてるかんじ
それでも旧帝は特別みたいだけどね

27 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:14:04 ID:czavHoAP
賢いのに先見の明がなさすぎだろw

31 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:18:07 ID:PsbBxeQn
国公立学校の教師の枠が実力で決まるなら、こんな高学歴ワープワなんて本来はおこるはずがないんだけどな

本来はなるべきでない能力の低い人材を採用しまくったせいで
本当に優秀な高学歴者を拾うべき教師の枠が消尽してる

33 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:19:03 ID:y4Ey1eJT
学究なんてのはそもそも金持ちの道楽だからな。
必要な金くらい難なく引っ張ってくる人じゃないと続けられないさ。

35 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:21:03 ID:SpFCnu4B
日本ほどバカな国はない
優秀な人材を使いこなせず、持て余してるだけなんだからな
もったいないという気持ちすらないらしい

36 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:22:19 ID:UMDnuZVI
派遣法をみるまでみなく
政府は安い非常勤高学歴労働者を欲しがっている
たんにそれだけだった

38 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:24:40 ID:kWx2oNE8
捏造して仕事が続くならやれば良いんじゃね。

どこの会社でも、いつかはグレーかブラックな仕事は回って来る。
それをどう自分の立場が有利になるようにこなすかの違いだけ。

自分は真実の追究だけがしたいんですとか、仕事に誇りを持ちたいんですとか言ってる奴は、
まだこの業界の本質がわかってないんじゃない?

この業界、自分のことしか考えない既得権者と、
どうやってそこに割り込もうかと考えてるハイエナだけだよ。

39 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:24:55 ID:wRLoNU/3
中学から不登校の俺が
自宅に引きこもりながらPCを勉強して起業→一般以上の収入。
弟も不登校になったが、PC専門学校で良い先輩と巡り合い、紹介で就職。

大学までしっかり通った元友人は
やりたいことが見つからずフラフラ。
他にもアルバイト・就職してないとか言う同級生の話をよく聞く。

世の中わかんねーよ。
良い学校行くより、手に職付けた方が遥かに強いってことはガチだろ?
不況にもめっぽう強い。

42 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:26:06 ID:fHNy2Plb
>>39
世の中わからないこそ、イレギュラーな道はとらないものなんだよ。

手に職ってのも実は問題。
いまどき日本人でないとだめっていう技能職ってさほどないのよ・・・。

46 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:28:25 ID:46WsggCP
>>1
>「経済的な成功なんて最初から求めてない。だから大学の同級生が会社で出世していたって、
>うらやましいとも思わない。僕はただ、自分の研究を続けてゆきたい――それだけなんです」

やりたいことをやるのなら、自分の金でやればいい。
国民から集めた税金を自分の研究のために使うべきと考えているのなら、その研究が国民のためにどれだけ役立つのかを定量化して示せ。

学者ならそのくらいのプレゼン能力があって然るべき。
それすらできないような学者なら、掃いて捨ててしまえ。

49 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:29:55 ID:BAsRfvL5
>修士・博士課程でかかる学費はおよそ500万円。
>必ずしも就職に役立つとはいえない学位の対価としては、あまりに高額だ。
>大学院重点化政策から20年。この間、大学院をめぐり、
>いわば“官製資格ビジネス”が広がっていたといっても過言ではない。
いやいや、コレはオカシイだろ。
素直に「勉強したいから」院に残ったんだろ?
と認めてやれよ。

その先のことまでは考えていませんでした
ってトコロまで合わせて、真実だ。

52 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:32:12 ID:aj7EYPgN
本気で気になるのはさあ
高学歴だから高収入高地位の職が当たり前
こういう前提なんだよねマスコミは

56 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:37:51 ID:IF/+yS2N
人材の再生産に困難をきたす可能性がある。
後輩でめちゃくちゃ優秀な奴がいて、M1でペーパー出して学会でも賞取ったりしてた。
本人も研究が好きで、20年前なら迷う事なく博士に進んで教授になっていただろうが、悩んだ末に彼が選んだ進路は、国Iを受けて行政職の公務員だった。

こんな例が各地で頻発してたりすると、従来助手になってた層が企業や公務員に流れて、2線級の人材が研究と教育を担うことになるかもしれない。

地味に恐ろしい事態じゃないか?

69 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:46:31 ID:WItgUGa5
税金1500億も突っ込んで無駄なスパコン作るくらいなら
こいつら救ってやれとは思う

74 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:52:38 ID:MMy8Bpww
貼っとけ。

博士(はくし)が100にんいるむら
ttp://www.geocities.jp/dondokodon41412002/

79 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:55:58 ID:IF/+yS2N

日本人の習性として「優秀層は競争を嫌う」というのがあると思う。
敗者復活のできない日本社会では、一獲千金をねらうよりも、転落しないことが重要なんだろう。

83 :名刺は切らしておりまして:2010/01/15(金) 23:58:30 ID:2vdLhXT2
研究と研究以外がもう少し繋がるとよい

研究成果を出来るだけ早く市場に反映させていかないと
日本はこの先、国際競争に負ける

そういうところに博士を投入すべきなんだが
企業も大学も岩のように動かんわ

92 :名刺は切らしておりまして:2010/01/16(土) 00:03:49 ID:jq6dosqh
人に使われるしか能がないんだからしょうがないな

93 :名刺は切らしておりまして:2010/01/16(土) 00:04:11 ID:TXNWCmR9
やっぱりここは2ch的に

 自 己 責 任

でFAではないでしょうか
スポンサード リンク