SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:NTTデータ

日本企業またやらかす…NTTの量子コンピュータ開発成功は虚偽発表と判明!共同研究者が告発

1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/10(日) 17:36:04.08 ● BE:284093282-2BP(2000)
b30f42cf
「スパコン超え」国産コンピューター 「量子」命名に異論 集積回路、従来のまま
「世界最大規模の国産量子コンピューター」とのキャッチフレーズで発表された計算装置に対し、共同研究者からも「量子コンピューターではない」との異論が出ている。
内閣府と科学技術振興機構(JST)の予算で、NTTや国立情報学研究所(NII)、東京大の産官学が参加した大型プロジェクト。
背景には、すぐに目に見える成果を求められる国主導の研究開発事情が見え隠れする。

https://mainichi.jp/articles/20171210/ddm/003/040/045000c
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1512894964/


続きを読む

NTT東など、ドローンでオフィス巡回残業を抑制

1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/07(木) 17:31:51.38 _USER9
8
NTT東など、ドローンでオフィス巡回残業を抑制
2017年12月7日 14:45
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO24365970X01C17A2X30000

NTT東日本とビルメンテナンス事業の大成は7日、ドローン(小型無人機)を使って夜間のオフィスを巡回するサービスを2018年4月に始めると発表した。屋内型のドローンがオフィスの画像を撮影し、管理担当者に撮影した映像を送信する。オフィスにいる社員の残業を抑えるよう知らせたり、見回りの警備員を減らしたりできる。

巡回サービス「TーFREND」では、ブルーイノベーション(東京・千代田)が開発したドローンを利用する。全地球測位システム(GPS)につながなくても、経路をアプリで設定すればオフィスの通路上を自動飛行する。毎秒1〜2メートルの速度で移動し、最大2万平方メートルのオフィスに対応する。
NTT東日本の安全にデータ通信ができるシステムを使うため、オフィスの画像が流出することはない。すでに数社から引き合いがあるという。月額料金は数十万円程度になる。大成の加藤憲博専務取締役は「ドローンを残業抑制など働き方改革に活用したい」と意気込んだ。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512635511/


続きを読む

2019年5月1日に新元号、NTTデータや日立は「対応難しくない」

1: ノチラ ★ 2017/12/03(日) 18:15:37.46 _USER
index
皇室会議で2019年5月1日に元号を改正することが決まったと、2017年12月1日に新聞各紙が報道した。2018年中に新元号が公表されるという。政府は2017年12月8日に正式に閣議決定する見通し。元号の改正に伴うシステム修正が必要となる。

 NTTデータは「元号改正による修正は限定的」(同社広報)とみる。システム内部で保持する西暦日付を和暦日付に変更するテーブルの修正が必要とする。

 日立製作所は「平成から新元号への対応は比較的容易」(同社広報)と話す。新元号の公表から元号改正までの時期に余裕があるため、変更作業を計画的に実施できるほか、昭和から平成への元号変更の際に培ったノウハウを生かせるためだ。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/120102783/

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1512292537/続きを読む

ADSL 2023年に終了 NTTが発表

1: 腐乱死体の場合 ★ 2017/11/30(木) 17:09:18.76 _USER9
44index
ADSLを23年に終了

2017/11/30 16:56
https://this.kiji.is/308874510177272929

NTT東日本と西日本は、「フレッツ・ADSL」の提供を2023年1月31日に終了すると発表した。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512029358/


続きを読む

英語の発音ネーティブらしく NTT、AIが音声合成

1: ノチラ ★ 2017/08/07(月) 11:49:23.07 _USER
maxresdefault
NTTは日本人の英語をネーティブに近い発音に変換する技術を開発した。人工知能(AI)の技術を使い、人間らしい音声に合成できるようにした。英語の発音が苦手な日本人でも、円滑なコミュニケーションを取りやすくなる。1、2年後の実用化が目標だ。

 同じ英文を日本人と、母語とする人のそれぞれに話してもらい、そのデータから発音の違いをAIの一種である「機械学習」で学習させた。携帯電話の通話に使われる信号処理を…
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19712060W7A800C1TJM000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502074163/


続きを読む

NTTがセキュリティ人材を3万人育成、2020年までの目標値の3倍達成

1: ノチラ ★ 2017/06/25(日) 20:02:41.07 _USER
index
 NTTがセキュリティ人材を3万人育成したことが日経コンピュータの取材で分かった。同社は2020年までにグループ全体で1万人を育成する計画を掲げていたが前倒しで達成。目標値の3倍以上を育成した。

同社はセキュリティ人材を「初級」「中級」「上級」の3段階に分け、それぞれに必要なスキルや認定方法などを「セキュリティ資格認定」と定義して、育成を進めている。それぞれの認定人数は上級を30人、中級を2400人、初級を2万8000人。2016年度末に3万人を突破していた。

 初級人材を大量育成したことで、顧客ビジネスと自社事業の両方でセキュリティを維持する底上げが達成できたという。今後は中級を上級に引き上げるという質の育成にも注力する。

 「上級」は国内外で第一人者と認められる実績を持つ人材で、情報処理推進機構(IPA)のITスキル標準(ITSS)のレベル7や6に相当する。「中級」はセキュリティ脅威から顧客を守るスキルと実務経験を持つリーダー人材で、ITSSレベル5や4に相当。「初級」は基本的なセキュリティ知識を持ち、ITSSレベル3や2相当という。

 1万人育成を掲げたのは2014年秋。鵜浦博夫社長は2014年11月7日、2015年3月期第2四半期の決算発表の場で、「NTTのコアコンピタンスの一つとして、セキュリティ人材をNTTグループ内で強化する。2020年までに1万人という目標を掲げた」と話した。当時はセキュリティ業務に従事し、ある程度の力を持っている社員数を国内約2500人としていた。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/062201735/
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498388561/


続きを読む

NTT、“マクスウェルの悪魔”による発電に成功  物理学者のマクスウェルが思考実験として提案した理論

1: 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 2017/05/18(木) 02:35:51.79 _USER9 BE:511393199-PLT(15100)

実験に使用した単電子デバイスの構造
no title


 NTTは、トランジスタ内でランダムな方向に動く電子(熱ノイズ)を観測し、一方向に動く電子のみを選り分けて電流を流して電力を発生させる“マクスウェルの悪魔”の実験に成功したと発表した。

 マクスウェルの悪魔は、物理学者のジェームズ・クラーク・マクスウェルが思考実験として提案したもので、「個々の電子の動きを観測して、一定の方向に動く電子のみを選び出すことができれば電流を生成できる」とした理論。
通常は、外部電源などを用いずに無秩序な熱ノイズから、電流という秩序性を持った動きを生み出すことは熱力学第二法則から不可能とされており、150年以上議論が続けられてきた。

 ただ現在では、マクスウェルの悪魔が電子の動きを観測して、その情報を得るさいにエネルギーが必要であり、
これが電流を流す電源としての役割を果たし、熱力学第二法則を満たすということがわかってきた。

 これは1bitの情報を得るためには一定の量のエネルギーが必要であり、逆に1bitの情報を持っていることによって最大でその量のエネルギーを生み出せることを意味しており、
情報とエネルギーを結びつけた情報熱力学へと発展している。

 今回NTTは、ナノスケールのシリコントランジスタからなり、電子1個の精度で操作や検出が行なえる「単電子デバイス」を用いて、熱ノイズから電流を生成することに成功。
生成された電流で別のデバイスが駆動することが可能であり、マクスウェルの悪魔の原理を利用した発電が実現できたとしている。

 NTTによれば、マクスウェルの悪魔を実現するためには、電子1個の正確な観測が行なえる検出器と、電子を閉じ込めておく箱を正確に開閉できる扉が必要だとしており、
同社は電子1つ1つを観測・制御する技術を長年研究してきたという。これらの機能を1つのシリコン単電子デバイスにまとめあげることで、
熱運動する電子を選り分けるマクスウェルの悪魔を証明できたとする。

 今回得られた知見は、電子デバイスの消費電力の下限や、分子モーターなどの生体中の微少な熱機関におけるエネルギー変換効率と深く関係しているという。
分子モーターはマクスウェルの悪魔が活躍しており、熱ノイズのランダムな運動を利用しながら適切なタイミングで動作し、高いエネルギー変換効率を実現していると考えられているという。

 今後は電子デバイスにおいても、生体の仕組みを利用した高効率な動作の実現を目指すとしている。

no title

no title


詳細はソース先で
【やじうまPC Watch】NTT、“マクスウェルの悪魔”による発電に成功 - PC Watch 2017年5月17日 17:19
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1060103.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495042551/


続きを読む

NTTレゾナント、センサー充実で9800円の4.5型SIMフリースマホ

1: ノチラ ★ 2017/04/23(日) 14:09:11.53 _USER
index
NTTレゾナントは2017年4月21日、コヴィア・ネットワークス製で小型サイズの4.5型SIMフリースマートフォン「Fleaz Que」を同日からスマートフォン販売サイト「gooSimseller」で発売を開始した。端末価格(税別)は一括払いで9800円、分割の場合は月額450円の24回払い。

端末の回転や向きの変化を検知するジャイロセンサーと電子コンパスを搭載し、ゲームやナビゲーション、パノラマ撮影などに利用できる。屋内測位サービス「IndoorAtlas」や準天頂衛星「みちびき」に対応し、屋内外のシームレスな位置情報サービスを利用したり、従来のGPS(全地球測位システム)では位置を補足しにくい都会のビルや山間部での測位精度を向上させたりできる。

 IPS液晶を採用し、解像度は854×480ドット。無線LANは、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに加えて、5GHz帯のIEEE802.11a/nにも対応する。Bluetooth 4.0を搭載し、ロケーション技術「Beacon」の受発信が可能。OSはAndroid 6.0でAndroid 7.0アップデート対応を保証する。本体寸法は奥行き132.4×幅66.5×厚さ10.35mm、重さは約125g。

 同社のMNVOサービス「OCN モバイル ONE」とのセット販売となる。OCN モバイル ONEのデータ通信専用SIMは月額900円から。音声対応SIMは月額1600円から。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/042101242/
引用元: http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1492924151/


続きを読む

NTTが固定電話で新料金、24年から全国一律3分8.5円に

1: みつを ★ 2017/04/06(木) 18:22:02.77 _USER9
index
http://jp.mobile.reuters.com/article/topNews/idJPKBN1780FG

[東京 6日 ロイター] - NTT(9432.T)は6日午前に開かれた総務省有識者委員会で、2024年から固定電話の通話料金を全国一律3分8.5円にすると表明した。固定電話網(PSTN)をインターネットの技術を使ったIP網に移行するのに伴い変更する。

これまでは距離に応じて通話料金が高くなる仕組みだったが、新たに提供する「メタルIP電話」はIP網の特性を活かして全国一律の通話料金を採用。現状の市内通話3分8.5円を全国に拡大することで、長距離は大幅に安くなる。基本料金は現行水準を据え置いた。

固定電話網はIP網に移行するが、利用者宅までは従来のメタル回線を使う。変換装置は局舎に置かれるため、利用者宅の工事は不要で電話機もそのまま使える。

固定電話網の要となる交換機はすでに製造が停止されており、NTTによると2025年には維持限界を迎える。こうした状況を踏まえ、同社は同年までにIP網へ移行する構想を公表していた。

ただ、IP網に移行すると、事業者間の調整や一部サービスを終了する必要が出てくる。このため、総務省は情報通信審議会に電話網移行円滑化委員会を設置、IP網への移行で生じる問題などについて議論を進めている。

6日の委員会では有識者から、固定電話市場の更なる縮小が予想される中で、「(足元にメタル回線を使う)メタルIP技術に固定しないで考えていくことも必要なのではないか」といった意見も出ていた。

NTT東日本の矢野信二取締役は6日午後に開いた説明会で、東西合わせて2172万件(昨年末)の固定電話の回線数について「2024年には半分近くになると見込んでいる」と述べ、1000万件程度まで縮小するとの見通しを示した。

<二次答申に向けユニバ議論も>

固定電話の議論と切り離せないのが、ユニバーサルサービス制度との関係だ。現在、固定電話は国民生活に不可欠な通信サービス(ユニバーサルサービス)として指定されており、NTT東西会社は固定電話を誰もが使える料金で全国一律に提供する義務を負っている。

だが、携帯電話など新たな通信手段が台頭する中で、固定電話の利用率は年々低下しており、業界では制度が時代に即していないとの声も聞かれるようになってきた。

総務省有識者委員会はこうした点も議題に上げ、今年の夏から秋をめどに移行のあり方に関する二次答申を取りまとめる方針だ。

高市早苗総務相は2月14日、閣議後の記者会見で「将来を見据えて最低限度のサービスとして必要なものが何であるか、考える時期だと思っている」と述べ、見直しを示唆した。

(志田義寧)

2017年 4月 6日 5:00 PM JST
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491470522/


続きを読む

NTTデータ、「Yahoo!知恵袋」の質問・回答を販売、企業向けにデータ分析サービス

1: 1級神2種非限定φ ★ 2017/04/05(水) 07:19:37.19 _USER
nttdata1_s
株式会社NTTデータは、ヤフー株式会社の運営するQ&Aサービス「Yahoo!知恵袋」のデータを活用した製品や
サービスの不具合情報分析サービスを企業向けに提供する。

NTTデータでは、ヤフー株式会社と「Yahoo!知恵袋」のデータに関する独占的販売パートナーシップ契約を24日に締結。
Yahoo!知恵袋の全質問・回答データをヤフーが提供するAPIを通じて取得し、抽出・分析可能なプラットフォームを開発。
リアルタイムデータや分析データの販売を順次行っていく。

NTTデータでは、2012年から米Twitterとパートナーシップ契約を結び、独自開発の自然言語処理エンジン「なずき」と連携して
「Twitterデータ提供サービス(インテグレーション)」など、ソーシャルメディアを活用するサービスやコンサルティングを企業向けに提供している。

このノウハウと実績を生かし、製品やサービスの不具合情報の分析要望がある企業に対し、Yahoo!知恵袋の質問・回答データに基づいた故障・障害に関するデータを提供し、
今後3年間で100社以上に販売を行い、5年間で10億円の売り上げを目指す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000102-impress-sci
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1491344377/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ