SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:NTTデータ

NTTと手を組んだトヨタの野望 「街づくりの会社」になる日が来る?

1: もののけ姫 ★ 2020/03/29(日) 17:17:32.35
fcf78_80_7335a895_edd82b99
トヨタ自動車とNTTが資本業務提携を発表した。相互に約2000億円分の株式を持ち合い、スマートシティ(最新技術を用いた、持続可能な都市)を実現する上での基盤となる「スマートシティ・プラットフォーム」の共同構築を目指す。

トヨタはすでに、静岡県の工場跡地に「Woven City」(ウーブン・シティ)と名付けた実験都市を整備する予定だ。NTTとの協業により、どんな変化が起きるのだろうか。

NTTは社会システムの「大動脈」

トヨタは2020年1月、年末までに撤退を予定している東富士工場(静岡県裾野市)の跡地に、「Woven City」を整備する計画を発表した。ここでは自動運転やAI(人工知能)などの技術が用いられ、完全自動運転かつゼロエミッション(排出物がないこと)の乗り物が高速走行する道と、歩行者とスピードの遅い乗り物が共存する道、そして歩行者専用の道が、編み目のように織り込まれる(英語でwoven)としている。21年初頭の着工予定で、将来的に約70.8平方メートルの「街」になる敷地内には、まず従業員や関係者ら2000人程度の住民から暮らし始める予定だ。

今回の協業では、このWoven Cityと、品川駅前(東京都港区)のNTT街区を先行事例として、「スマートシティ・プラットフォーム」を実装する。このプラットフォームは、データマネジメントや情報流通、街づくりシミュレーションなどで構成されたもの。これまでもNTTは、AIやIoT(モノのインターネット)、ICT(情報通信技術)の知見があるため、そのノウハウを投入する試みだ。

トヨタの豊田章男社長は、20年3月24日の共同記者会見で、社会システムを人体にたとえた。自動車や家は「筋肉」「骨」、通信は情報を流す「血管」であり、なかでもNTTは「大動脈」で、その根幹を担っていると指摘し、提携の重要性を訴えている。

トヨタはKDDIの第2位株主

豊田社長の発言からもわかるように、トヨタはこれまでも「血管」である通信事業者を評価していた。というよりも、過去にはNTTのライバルを作るべく、奮闘してきた歴史がある。1980年代中頃、NTTの前身である日本電信電話公社の民営化により、通信事業への民間参入が可能になった。その波に乗って、トヨタなどが立ち上げたのが日本高速通信(TWJ)や、日本移動通信(IDO)だ。これが後に、国際電信電話(KDD)や、京セラ系列の第二電電(DDI)と合流し、KDDIへとつながっていく。現在もトヨタは、京セラ(14.22%)に次ぐ、KDDIの第2位株主(12.67%)となっている(19年3月末時点)。

また、ソフトバンクとのつながりもある。19年1月に合弁会社となった「MONET Technologies(モネ・テクノロジー)」は、ソフトバンク35.2%、トヨタ34.8%(20年3月下旬閲覧時点の公式サイトより)。MaaS(ICTを用いて移動サービスを一元化すること)のデータを活用して、交通空白地や高齢化などの課題解消を目指すもので、今回のNTTとの協業にも重なる部分がありそうだ。

政府はスマートシティを、狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く、「Society 5.0」(第5の社会)の場として位置づけている。織機を源流として、日本を代表する自動車メーカーになったトヨタが、通信各社とのタッグで「街づくりの会社」になる日が来るかもしれない。

https://news.livedoor.com/article/detail/18037332/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1585469852/


続きを読む

トヨタとNTTが資本提携 2千億円相互出資で調整 スマートシティー構想推進 2020/03/24

1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/03/24(火) 13:15:23.03 _USER
03_0207be2aa312a5bb5f9f6ebd2ff67b53342b8272
2020/3/24 10:50
 トヨタ自動車とNTTが資本提携する方針を固めたことが24日、分かった。相互に2千億円規模を出資する方向で調整しており、24日にも発表する。先端技術を駆使して街全体をインターネットでつなぐ「スマートシティー構想」で連携するとみられる。

 自動車業界と通信業界は次世代技術を巡る競争が激しさを増している。それぞれの業界の国内トップ企業が連携し、世界的に開発が活発化するスマートシティー構想の実現を加速させたい考えだ。

https://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/200324/bsm2003241050009-s1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1585023323/


続きを読む

最大10Gbpsの光回線サービス「フレッツ 光クロス」、月額6300円でNTT東西より4月1日提供

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/02/18(火) 15:07:09.54 _USER
 東日本電信電話株式会社(NTT東)と西日本電信電話株式会社(NTT西)は、上り/下りの最大通信速度が約10Gbpsのインターネット光回線サービス「フレッツ 光クロス」を月額6300円(税別)で4月1日より提供する。

 フレッツ 光クロスは、光回線を用い、上り/下りの最大通信速度が約10Gbpsのベストエフォートで提供されるインターネット接続サービス。光コラボレーションモデルの対象サービスでもあるという。

 ISP接続方式はIPoE IPv6で、10GBASE-TとWi-FI 6(IEEE 802.11ax)対応のルーターもレンタル(月額500円、税別)で提供される。また、従来のフレッツ光で利用できる「フレッツ・テレビ」などの各種オプションサービスの利用も可能。
no title


 4月1日からの提供エリアは、NTT東が足立区、杉並区、江戸川区、練馬区、世田谷区、葛飾区、大田区、板橋区の一部。NTT西日本が大阪市で、3月16日から申し込み受付を開始する。名古屋市も6月1日から提供開始予定で、こちらは5月11日から申し込み受付を開始する。

 NTT東では、5月31日までに新規申し込みを行い、11月30日までに開通したユーザー向けに、月額料金から1200円を30カ月間割り引く「クロススタート割引」を実施する。一方のNTT西では、3月31日までの申し込み受付で月額料金を1100円を24カ月間割り引くという。また、各種条件に応じて、初期工事費用の1万8000円(税別)などの割引も実施するという。

 NTT東西では、10Gbpsサービス提供の背景として、より高速なWi-Fi 6や5Gの普及で、高速化の要望がますます高まる状況となることに加え、高精細4K・8K映像といった映像コンテンツの高品質化、オンラインゲームやVR/AR/MR技術を用いた新たな体験の広がりなどにより、大容量データ通信が必要とされるサービスの利用機会増加を挙げている。

 なお、この技術規格では、 通信品質の確保などに必要なデータが付与されるため、 実際の通信速度の最大値は、技術規格上の最大値より10数%程度低下するという。

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1582006029/


続きを読む

NTTグループ、新型肺炎でテレワークなど推奨 最大20万人

1: ごまカンパチ ★ 2020/02/17(月) 01:15:42.03
a8aae1f8c36fa512087a44e0dfcc3768
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55701430W0A210C2MM8000/
 NTTグループは国内で新型コロナウイルスによる肺炎が拡大していることを受け、17日から順次、従業員に対して時差出勤やテレワークの実施を推奨する。
対象人数などの具体的な運用は各事業会社が決める。NTTグループは国内に約20万人の従業員を抱える。
日本を代表する大企業が働き方の調整に踏み込んだことで、同様の動きが広がる可能性がある。

持ち株会社のNTTが、傘下のNTTドコモや東西地域会社などに14日に…

※無料部分ここまで

関連スレ
【危機管理】ドワンゴ、新型肺炎で1000人を在宅勤務に 17日から
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581757331/
【危機管理】「我々の優先事項はチームの健康と安全だ」 Facebook、米西海岸での6000人規模の社員研修イベントを中止 新型肺炎で
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581801368/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581869742/


続きを読む

株式会社NTTデータ「当社拠点ビルに勤務している協働者1名が新型コロナウイルスに感染していることを本日確認しました」

1: 田杉山脈 ★ 2020/02/14(金) 21:22:52.22 _USER
EQtCwAUUEAMyCNI
2020年2月14日

株式会社NTTデータ

当社拠点ビルに勤務している協働者1名が新型コロナウイルスに感染していることを本日確認しました。
本件を受けて、社員の健康と事業継続を保てるよう本社対策本部を設置し、所管保健所と連携を図り対応を進めてきました。その結果、感染者の当社拠点ビルにおける行動履歴と、14名の濃厚接触者が保健所によって特定されております。
感染者が発生したビルに対しては、本日時点で以下の対応を取っております。

当該ビルおよび周辺3拠点の関連部門に勤務する社員/協働者の在宅勤務指示
当該ビル居室の消毒作業の実施
なお、感染者の当社拠点ビルにおける行動履歴ならびに、濃厚接触者の特定がされたことから、2月15日(土)以降については、濃厚接触者を除き在宅勤務指示を解除するとともに、濃厚接触者への14日間の在宅勤務指示を行うこととします。

以上
https://www.nttdata.com/jp/ja/news/information/2020/021400/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1581682972/


続きを読む

NTTと三菱商事、欧州デジタル地図に出資 Googleに対抗

1: ムヒタ ★ 2019/12/20(金) 14:56:41.60 _USER
a91f85ffa95f924a4a9896dc8762a920
NTTと三菱商事は、欧州のデジタル地図大手のヒアテクノロジーズに共同で出資する。出資額は1000億円前後とみられ、発行済み株式の30%ほどを保有して役員も派遣する。デジタル地図は自動運転などを支える重要なインフラの一つで、米グーグルが力を入れている。NTTと三菱商事、ヒアは日欧陣営を作ることでグーグルに対抗する。

NTTと三菱商事が共同で設立する特別目的会社(SPC)を通じ、ヒアに出資する。デジ…
2019/12/20 14:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53596680Q9A221C1MM0000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1576821401/


続きを読む

世界最速の「NURO光」が北海道に襲来! フレッツ光ネクスト1Mbps隼に激震

1: プロキオン(北海道) [US] 2019/12/16(月) 10:48:59.90 BE:422186189-PLT(12015)
dsvscf7e26ff

https://spurout.work/wp-content/uploads/2019/12/a631de82249e9d8104a3a24d72f57a53-1.png

提供可能エリア

恵庭市
江別市
札幌市厚別区
札幌市手稲区
札幌市清田区
札幌市西区
札幌市中央区
札幌市東区
札幌市南区
札幌市白石区
札幌市豊平区
札幌市北区
小樽市
石狩市
千歳市

https://spurout.work/nuro-hikari/hokkaido
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1576460939/


続きを読む

NTTコム、若手社員がスタートアップで武者修行

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/15(日) 20:05:27.58 _USER
30c3d2ad961cf2a5309de0ab3c5f23b2
NTTコミュニケーションズは若手社員をスタートアップに派遣する取り組みを始めた。迅速な意思決定など組織運営のノウハウを学ばせ、人脈作りにもつなげる。現在2人を派遣しており、将来は10人規模への拡大を検討する。デジタル化の推進支援など企業向けのサービス開発に力を入れるなか、スタートアップでの「武者修行」で新規事業の開発を担う人材を育てる。

2019年度からスタートアップに若手社員を派遣する取り組み…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53315270T11C19A2X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1576407927/


続きを読む

充電1回で1年持つスマホ実現へ NTT、光半導体で連携拡大

1: 田杉山脈 ★ 2019/11/14(木) 17:42:48.09 _USER
7e80482f
NTTは光信号で情報を処理し、消費電力が従来の100分の1に抑えられる光半導体の開発で、米マイクロソフトなど国内外の65社と連携する。2030年までに量産を目指す。次世代通信規格「5G」では中国など海外勢に主導権を握られている。5G後の「6G」を支える情報処理技術として、世界標準を狙った連合作りを進める。

省電力の光半導体が実用化すれば、1回の充電で1年持つスマートフォンの実現も視野に入る。

NTTは10月末、ソニーや米インテルと20年春にも光で動作する新しい原理の半導体開発などを研究する業界団体を設立すると発表。NTTの澤田純社長は13日、東京都武蔵野市で開いた「NTT R&Dフォーラム2019」で同団体にマイクロソフトなども参加を検討していることを明らかにした。

参加を検討する65社のうち海外勢は約55社。米通信大手のベライゾン・コミュニケーションズや台湾の通信大手、中華電信なども加わる可能性がある。

光半導体では電子で動く半導体に比べて電力消費を100分の1に抑えられるという。現在の半導体は光信号を電気信号に転換するなどして情報を処理しており、この切り替えの過程でエネルギーのロスが生じていた。

光信号のまま情報をやりとりすることができれば情報処理の効率が高まる。澤田社長は「光半導体を使うことで、端末やネットワーク、アプリの能力をより広めていける」と意気込む。ソニーやインテルなどと研究を進め、数年で通信方式の規格や情報処理に使う半導体チップの仕様を決める方針だ。

NTTは過去に何度も自社の次世代構想を示してきたが、海外に広がらなかった。1990年代に映像も送れる高機能な通信サービス提供を狙った「VI&P」構想、05年には次世代高速通信網「NGN」構想などを打ち出した。

だがいずれも海外では普及せず、世界ではインターネットエコノミーが進展した結果、通信分野の主導権は米「GAFA」などの巨大IT(情報技術)企業に移った。

研究開発への投資も見劣りする。NTTの18年度の研究開発費はグループ全体で約2200億円で、米アマゾン・ドット・コムの1割の水準にとどまる。一方、米中の主要企業は研究開発費を積み増しており、QUICK・ファクトセットのデータ(金融除く、ドルベース)では、米企業の研究開発費は18年までの5年間で51.7%増えた。

ITを中心とする技術革新で、人工知能(AI)などの新技術が企業の競争力に直結するようになった。NTTが10年後の情報通信分野での主導権を狙うには、要となる技術を世界標準に据えるだけの力が求められる。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52123880T11C19A1TJ2000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1573720968/


続きを読む

充電1回で1年持つスマホ実現へ NTT、光半導体で連携拡大

1: ムヒタ ★ 2019/11/14(木) 06:10:18.93 _USER
2424
NTTは光信号で情報を処理し、消費電力が従来の100分の1に抑えられる光半導体の開発で、米マイクロソフトなど国内外の65社と連携する。2030年までに量産を目指す。次世代通信規格「5G」では中国など海外勢に主導権を握られている。5G後の「6G」を支える情報処理技術として、世界標準を狙った連合作りを進める。

省電力の光半導体が実用化すれば、1回の充電で1年持つスマートフォンの実現も視野に入る。

NTTは10月末、ソニーや米インテルと20年春にも光で動作する新しい原理の半導体開発などを研究する業界団体を設立すると発表。NTTの澤田純社長は13日、東京都武蔵野市で開いた「NTT R&Dフォーラム2019」で同団体にマイクロソフトなども参加を検討していることを明らかにした。

参加を検討する65社のうち海外勢は約55社。米通信大手のベライゾン・コミュニケーションズや台湾の通信大手、中華電信なども加わる可能性がある。

光半導体では電子で動く半導体に比べて電力消費を100分の1に抑えられるという。現在の半導体は光信号を電気信号に転換するなどして情報を処理しており、この切り替えの過程でエネルギーのロスが生じていた。

光信号のまま情報をやりとりすることができれば情報処理の効率が高まる。澤田社長は「光半導体を使うことで、端末やネットワーク、アプリの能力をより広めていける」と意気込む。ソニーやインテルなどと研究を進め、数年で通信方式の規格や情報処理に使う半導体チップの仕様を決める方針だ。

NTTは過去に何度も自社の次世代構想を示してきたが、海外に広がらなかった。1990年代に映像も送れる高機能な通信サービス提供を狙った「VI&P」構想、05年には次世代高速通信網「NGN」構想などを打ち出した。

だがいずれも海外では普及せず、世界ではインターネットエコノミーが進展した結果、通信分野の主導権は米「GAFA」などの巨大IT(情報技術)企業に移った。

研究開発への投資も見劣りする。NTTの18年度の研究開発費はグループ全体で約2200億円で、米アマゾン・ドット・コムの1割の水準にとどまる。一方、米中の主要企業は研究開発費を積み増しており、QUICK・ファクトセットのデータ(金融除く、ドルベース)では、米企業の研究開発費は18年までの5年間で51.7%増えた。

ITを中心とする技術革新で、人工知能(AI)などの新技術が企業の競争力に直結するようになった。NTTが10年後の情報通信分野での主導権を狙うには、要となる技術を世界標準に据えるだけの力が求められる。
2019/11/14 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52123880T11C19A1TJ2000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1573679418/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ