SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:NEC

NEC、希望退職に2170人応募 照明事業から撤退も

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/02(日) 00:37:54.38 _USER
20181120-00000052-asahi-000-view
NECは29日、45歳以上で勤続5年以上の従業員を対象に実施した希望退職に2170人が応募したと発表した。照明事業からも撤退する。取引先への転籍や事業売却を含めると、来年春までに合計約3千人がグループを去る。一連の人員削減による収益の改善効果は年度換算で約240億円を見込む。

間接部門やハードウエア部門の一部で希望退職を募った。退職金や再就職支援にかかる約200億円は2018年10〜12月期の決算で計上する。既に期初に織り込んでいた構造改革のため、19年3月期の業績予想は変わらない。

希望退職のほか、取引先や協力会社への転籍でも約400人を削減する。さらに約400人が所属するNECライティング(東京・港)の事業を19年4月に日本みらいキャピタル(東京・千代田)に譲渡する予定だ。NECは対価として、受け皿となる新会社の株式5%を受け取る。NECライティングの17年度の売上高は172億円だった。

NECは01年度に4千人、02年度に2千人、12年度にも2400人を希望退職制度などで削減してきた。この間、半導体やパソコン、携帯電話など事業部門も切り離してきたが、新しい収益の柱を築けなかった。02年3月期に5兆円超だった売り上げ規模は、18年3月期に2兆8444億円にまで縮小した。

現在は18年3月期に2.2%だった営業利益率を21年3月期に5%に高める方針だ。固定費削減など構造改革を進めながら、生体認証や人工知能(AI)を軸としたIT(情報技術)サービス事業の強化を急ぐ。

海外勢にハードウエア事業のシェアを奪われた電機業界は構造改革を迫られている。富士通も20年度をめどに、グループの間接部門など5千人をシステムエンジニアや営業へ職種転換する方針を決めている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38333160Z21C18A1TJ1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543678674/


続きを読む

NEC、照明事業を売却 パソコン、携帯に続き 希望退職には2千人超が応募 営業利益率5%を目指す

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/11/29(木) 22:25:16.23 ● BE:601381941-PLT(13121)
images

NEC、希望退職に2170人応募 照明事業から撤退も

NECは29日、45歳以上で勤続5年以上の従業員を対象に実施した希望退職に2170人が応募したと発表した。
照明事業からも撤退する。取引先への転籍や事業売却を含めると、来年春までに合計約3千人がグループを去る。
一連の人員削減による収益の改善効果は年度換算で約240億円を見込む。

間接部門やハードウエア部門の一部で希望退職を募った。退職金や再就職支援にかかる約200億円は2018年10〜12月期の
決算で計上する。すにで期初に織り込んでいた構造改革のため、19年3月期の業績予想は変わらない。

希望退職のほか、取引先や協力会社への転籍でも約400人を削減する。さらに約400人が所属するNECライティング(東京・港)の
事業を19年4月に日本みらいキャピタル(東京・千代田)に譲渡する予定だ。NECは対価として、受け皿となる新会社の
株式5%を受け取る。NECライティングの17年度の売上高は172億円だった。

NECは01年度に4000人、02年度に2000人、12年度にも2400人を希望退職制度などで削減してきた。この間、半導体やパソコン、
携帯電話など事業部門も切り離してきたが、新しい収益の柱を築けなかった。02年3月期に5兆円超だった売り上げ規模は、
18年3月期に2兆8444億円にまで縮小した。

現在は18年3月期に2.2%だった営業利益率を21年3月期に5%に高める方針だ。固定費削減など構造改革を進めながら、
生体認証や人工知能(AI)を軸としたIT(情報技術)サービス事業の強化を急ぐ。

海外勢にハードウエア事業のシェアを奪われた電機業界は構造改革を迫られている。富士通も20年度をめどに、
グループの間接部門など5千人をシステムエンジニアや営業へ職種転換する方針を決めている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38333160Z21C18A1TJ1000/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1543497916/


続きを読む

NEC社長「デジタルは産業形態を根底から変えるだろう。デジタルで社会が変わりつつある」

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/11/24(土) 21:34:51.59 ● BE:601381941-PLT(13121)
dssdcindex

NEC社長が語る「生体認証に注力する理由」

「デジタルを最大限活用する入り口に生体認証を広く役立てたい」
(NEC 新野隆 代表取締役 執行役員社長兼CEO)

NECが先頃、年次イベント「C&Cユーザーフォーラム&EXPO2018」を都内で開催した。新野氏の冒頭の発言は
その基調講演で、同社が注力している生体認証について語ったものである。

講演のテーマは「Digital Inclusion」。Inclusionは直訳すれば「包括」だが、新野氏はDigital Inclusionについて、
「デジタルの世界が社会の隅々に広がり、世界中の人たちがその恩恵を享受し、一人ひとりが明るく輝ける社会を
実現したいとの思いを込めた」と心境を語った。

また、デジタルについては、「私は2年前のこの場で、デジタル産業革命が始まったとお話しした。デジタルは単なる
トレンドではなく、さまざまな産業形態を根底から変えてしまう可能性があるとも述べた。それからまだ2年しか経っていないが、
実際にいろいろなことが相当のスピードで変わってきているのを実感している」との見方を示した。

講演の内容については関連記事をご覧いただくとして、ここではその中で筆者が印象に残った2つのことを挙げておきたい。

まず1つは、デジタルとITという言葉の使用頻度の圧倒的な差だ。およそ1時間の講演だったが、新野氏はデジタルを
29回使ったのに対し、ITを口にしたのは1回だけだった。テーマにデジタルが入っていることもあるが、すっかりITが
デジタルにすり替わってしまったとの印象を受けた。こうした点にも時代の変化を感じ取ることができる。

もう1つは、NECの事業戦略として顔認証をはじめとした生体認証を前面に押し出していたことだ。新野氏は講演の
テーマであるDigital Inclusionに求められる技術として、「スマートコネクティビティ」「サイバーセキュリティ」「AI(人工知能)」
「生体認証」の4つを挙げ、それぞれにおけるNECの取り組みを説明した。

ここで筆者が注目したのは、本来ならばAIの一部である生体認証を、AIと分けて取り上げていたことだ。生体認証への
力の入れようは、AI技術群に「NEC the WISE」というブランド名を付けているのに対し、生体認証はその構成要素の
1つながらも「Bio-IDiom」という個別のブランド名を付けていることでも見て取れる。しかも同氏が講演でそれぞれの
直接的な説明に使った時間は、AIが4分だったのに対し、生体認証は4分半だった。

そんな興味深い新野氏の講演だったが、最も印象深かったのは、やはり冒頭の発言である。ビジネス的に言えば、
生体認証がデジタルのフロントエンドソリューションになるという話である。このポテンシャルは計り知れないくらい
大きいかもしれない。(図参照)

no title


https://japan.zdnet.com/article/35129055/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1543062891/


続きを読む

NEC、「バブル絶頂味」と「バブル崩壊味」のチョコレートを開発 単品1620円

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/11/18(日) 10:27:32.79 ● BE:601381941-PLT(13121)

「バブル崩壊」はどんな味? NECが時代を味わえるチョコレートを開発

日本電気(NEC、東京都・港)とチョコレート専門店のダンデライオン・チョコレート・ジャパン(東京都・台東)は、
時代のムードを味わえるチョコレート「あの頃は CHOCOLATE」を開発。11月1日には、東京・蔵前にある直営の
店舗でメディア向けの先行試食会を実施した。

no title


チョコレートの味は「1969 人類初の月面着陸味」「1987 魅惑のバブル絶頂味」など全部で5種類。
価格は単品が1枚1620円、5種アソートボックスが3240円(税込)となっている。10月25日からダンデライオン・チョコレートの
オンラインストアで予約を開始しており、12月21日から2019年2月14日の間に順次商品を受け渡す。

「チョコレートを味わうことによってあらゆる世代の方がその時代を思い出したり、想像したりすることができる
体験を提供したかった」と語るのは、NECでAIエバンジェリストを務める茂木崇氏。本商品の開発にはNECの
AI技術が活用されている。

no title

(左から)NEC IMC本部 デジタル戦略グループの茂木崇氏、
ダンデライオン・チョコレート・ジャパン チョコレートプロダクションマネージャーの伴野智映子氏。

まずNECのデータサイエンティストが約60年分の日本経済新聞の記事から代表的な頻出単語(約600語)を抽出。
「新しい」「若い」といった単語にはフルーティ、「不安」「低迷」などの単語に対しては苦味といった味覚情報を与えた
学習データを作成した。その学習データをもとに60年分の記事に記載された13万8000語近くの単語の味をAIが推定し、
5つの年のムードから「味」を決めている。

「味覚」と掛け合わせてAIを身近に

チョコレートの制作に携わったダンデライオン・チョコレート・ジャパンでは、通常、カカオ豆の産地や特徴から味を
決定するという流れで商品開発を行っている。今回は決められた味から逆算して適したカカオ豆を選ぶという従来とは
異なる工程とした。

同社のチョコレートプロダクションマネージャーである伴野智映子氏は「普段と違う方法でチョコレートをつくるのには
苦労したが、おかげで思いもよらない味や新しいアイデアも生まれた。AIは人間の仕事を奪うのではないかと恐れられているが、
クリエイティブな仕事においては発想の手助けになる」と話した。

NECは2017年にも名作文学の読後感を再現したコーヒー「飲める文庫」を開発している。「AI×味覚」の可能性について
茂木氏は「日本人は『苦い経験』『甘酸っぱい思い出』など、感情を味覚に例えて表現することが多い。AIと人間の感覚を
組み合わせることよって、AIを身近な存在に感じてもらえるようになれば」と話す。今後は視覚や聴覚などと掛け合わせた
商品の開発も視野に入れている。

https://www.advertimes.com/20181107/article280028/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1542504452/


続きを読む

NEC社長「いまは外部の技術やアイデアを活用する時代」 自社で作る“自前主義”からの脱却を宣言

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/11/10(土) 14:48:28.17 ● BE:601381941-PLT(13121)
TIMA9259-w960

“自前主義”から脱却し、社会に貢献する技術を――NEC社長が語る「強化分野」とは?

2018年11月8日、NECの新野隆CEOは、同社のイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2018(11月8〜9日まで、
東京国際フォーラムで開催)」の基調講演に登壇し、社会貢献を重視した技術運用や共創を進める方針を示した。

同氏は、「Digital Inclusion―デジタルのチカラで、ひとりひとりが輝く社会へ―」と題した講演で、NECが注力する
技術やコンセプトを紹介。実際に社会でどのような形で“価値”を発揮しているか、具体的な事例を挙げながら進めた。

(略)

■必要なら自社技術を提供しても進める他社との「共創」の中身は?

同氏が強調したもう一つの点は、外部との「共創」の強化だ。2018年6月には、ベンチャーのインキュベーションに
特化した新会社「NEC X」をシリコンバレーに設立し、必要に応じて自社の研究所から他社に技術提供も行う姿勢を見せる。

「新事業構想の段階で、大企業が他社に技術を提供する例はユニークだと聞いている。しかし、今は製品づくりの
全てを自社の技術や人で行っていた『自前主義』から脱却し、外部から生まれてくる新たな技術やアイデアを柔軟に
生かすべき時だ」(新野氏)

従来の技術を生かした事業を全世界で進める一方で、同社は他社との柔軟な取り組みに乗り出している。
例えば、自社のAI「NECtheWISE」とチョコレート専門店がコラボした「あの頃はCHOCOLATE」といったプロジェクトも
その一つだろう。現実的な視点から社会に貢献できる技術を追求し、一方で新しい可能性にも目を向ける――
そんな姿勢を見せるNECの今後の展開に注目だ。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1811/09/news037.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541828908/


続きを読む

北米にAI拠点を新設した富士通、NTT、NECの挑戦は奏功するか

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/11(日) 02:36:22.42 _USER
 181108_nec_543
富士通、NTT、NECが相次いで北米に人工知能(AI)技術を推進する拠点の新設を発表した。日本を代表するICTベンダーがこぞってAIの最先端を行く北米に乗り込んだ格好だが、果たして3社の挑戦は奏功するか。

富士通が11月6日、AIビジネスにおけるグローバル展開の戦略策定およびその実行を担う新会社「FUJITSU Intelligence Technology」をカナダのバンクーバーに設立し、事業を開始したと発表した。

 新会社は、富士通がこれまで日本を含む世界のリージョンごとに実施してきたAIビジネスを束ね、グローバルな商品・サービスとして各リージョンに展開していくことで、AIビジネスの拡大を図っていく構えだ。

 発表の内容や同日行われた会見でのやりとりについては関連記事1をご覧いただくとして、ここでは新会社をカナダに設立した理由について、新会社の最高経営責任者(CEO)を務める吉澤尚子 富士通執行役員常務デジタルサービス部門副部門長が会見で説明した内容を記しておこう。

 図1に示したのが、その理由である。6つ挙げているが、それぞれ赤字で記されているところがポイントである。吉澤氏はこの中で5つ目の内容を説明した際、特に米シリコンバレーよりコスト効率が良いことに触れた一方、「シリコンバレーに日本の国内出張の感覚で行き来できる」ことを強調したのが印象的だった。

NTTも同じ11月6日、AIをはじめとした基礎研究の新たな拠点を、こちらは米シリコンバレーに設立すると発表した。2019年7月をめどに活動を始めるという。シリコンバレーで最先端を行く研究者たちとネットワークを構築し、長期的視野でAIや量子コンピュータなどの活用を目指す構えだ。

 図2に示したのが、同日行われた発表会見でNTTの澤田純 代表取締役社長が中期経営計画における研究開発の強化・グローバル化について説明した内容である。新たな拠点は「NTT Research」の名称で法人化される見込み。「ニーズの収集と世界最先端の基礎研究を強化」するのが狙いで、総合的なグローバル展開によって「世界一・世界初、驚きの創出」を掲げているのが、興味深いところである。
https://japan.zdnet.com/article/35128301/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541871382/


続きを読む

DELLやNECのPC=壊れまくる Mac=壊れにくい なぜなのか?

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/11/07(水) 12:07:44.45 BE:422186189-PLT(12015)
げgindex

回のモデルチェンジの特徴は、いろいろな使い方、どれもに最適なマシン構成を選べるコンポーネントが
用意されたことだろう。基本性能が高く、かつ柔軟性あふれるオプション設定が可能なのだ。

8万9800円(税別)のもっとも安価なモデルでも、Core i3ではあるが、なんと3.6GHzのクアッドコアを搭載。
メモリーは8GB、ストレージは128GBと、なんとか実用に足るスペックを持っている。

これが、MacBookなどのモバイルモデルだと増設しにくいから128GBのストレージでは心もとない。
そして、不安になってSSDを256GB、512GB、1TBと増やしたところで、全体の価格が非常に高価に
なっていることに気付くは。しかし、Mac miniの場合デスクトップモデルなので、本体内SSDには
システムだけを入れて、外付けのHDDにすべてのデータを入れておくというような運用も可能だ。
SSDで、本体がとても高価になるという恐れもない。

基本的に、自宅Mac miniの外付けHDDに大きなデータは入れて、クラウドやリモートアクセスを介して
利用するようにすれば、今後購入するMacBookシリーズ、iPad、iPhone、などのストレージ容量を
最低限度にすることもできる。そう考えると、Mac miniは本当に安い投資だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181105-00010000-eipub-sci
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541560064/


続きを読む

NEC社長「NECの社員は頭だけで考え実行力がない。自分たちで市場を作らないと生き残れないと感じた」

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/10/23(火) 21:29:33.75 ● BE:601381941-PLT(13121)

NECに異変 ボロボロの経営計画や技術を生かせない状態から変われるか

「これだけ世の中が変わっているのに、NECの社員は頭だけで考えようとしている。実行力がまったく追いついていない。
その姿勢を根本的に変えないと、いつまでたっても変わらない」(NECの新野隆社長兼CEO)

no title



■減益減収でボロボロのスタート

NECは2018年1月から、2020年度を最終年度とした新中期経営計画に挑んでいる。

これは、2016年4月からスタートした3ヵ年の中期経営計画をわずか1年で撤回。新たに策定しなおしたものだ。

2020年度の目標は、売上高3兆円、営業利益1500億円、営業利益率5.0%。撤回した中期経営計画と同じ数値目標であり、
表面上は数値を2年先送りしたように見える。だが、この見方に対してNECの新野隆社長兼CEOは「中身はまったく異なる。
最も重要なのは実行力の改革。これまでの『当たり前』を捨て、本当に必要なものをいかに強くしていくかに取り組む」と、
「別物」であることを強調する。

従来の中期経営計画の初年度となる2016年度通期連結業績は、売上高が前年比5.7%減の2兆6650億円、営業利益は
54.2%減の418億円、税引前利益は21.4%減の680億円、当期純利益は57.7%減の352億円と、減収減益のスタートとなった。
中期経営計画のスタートとしては、「ボロボロの状態」(新野社長兼CEO)となった。

■いままでのやり方が通用しない

新野社長兼CEOは中期経営計画を撤回した理由を「外部環境の変化などの影響があった。市場環境や顧客動向の変化に
対応したマネジメントの実行力不足」としながらも、「これだけ世の中が変わっているのに、NECの社員は頭だけで考えようとしている。
実行力がまったく追いついていない。その姿勢を根本的に変えないと、いつまでたっても変わらないことを実感した」とする。

NECの社員はいままでやってきたことを学習しながら発展させていく能力には長けていると、新野社長兼CEOは語る。
背景には、NECの長年のビジネススタイルが影響しているとも指摘する。

「エンジニアもSEも営業も、すべての社員がお客様からの要望を実現する姿勢で仕事をするのがNEC。お客様に言われたことを、
最高の技術を使って、最後までやり遂げるというのが、NECのビジネスのベースであり、NECの成長を支えてきたやり方である」とする。

だが新野社長兼CEOは、そのやり方が通用しなくなってきたとも語るのだ。

「いまは仕事のやり方が大きく変わり、ビジネスが大きく変わらなくては、企業は生き残れない。自らが変化をして、
自らが市場を作っていかなくてはならない。しかし、頭ではわかっていても足腰が変わっていないことを示したのが、
これまでの結果。全員がギアチェンジをし、自ら実行していかなくてはならない」と厳しい口調で語る。

続きはソースで
http://ascii.jp/elem/000/001/759/1759401/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540297773/


続きを読む

サムスン・NEC、5G基地局で提携 中国勢に対抗

1: ムヒタ ★ 2018/10/21(日) 05:39:23.51 _USER
76
韓国サムスン電子とNECは次世代無線通信規格「5G」向け基地局の開発・販売で提携する。製品を分担して開発速度を上げ、まず5Gの実用化が近い日米市場を開拓する。米国などで世界最大手の華為技術(ファーウェイ)など中国製品の調達を制限する動きが広がっており、世代交代を機にシェア拡大を狙う。

5Gは通信速度が現在の100倍になり、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や自動運転の通信基盤になる。米国の…
2018/10/21 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36739510Q8A021C1MM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540067963/


続きを読む

NEC、グーグルとクラウドで提携

1: ムヒタ ★ 2018/09/20(木) 15:06:38.02 _USER
75
 NECは20日、米グーグルとクラウド分野で提携すると発表した。グーグルが提供する音声認識などのサービスを顧客企業が導入する際にNECがシステム構築を支援する。インターネット経由で様々なIT(情報技術)を使えるクラウドは急速に成長しており、米IT大手と提携の輪を広げて需要を獲得する。

 グーグルは音声を自動でテキストとして書き起こすなどのサービスを提供している。このサービスを保険や不動産の販売店に導入すれば販売員の対応力を高めたり、会話の内容を記録として残したりできる。企業がこうしたサービスを導入する際、NECと子会社のNECネッツエスアイが支援する。

 自社でサーバーなどの機器を持たなくてもインターネットを通じてITサービスを使えるクラウドは利便性が高く、多くの国内企業が業務効率の改善やマーケティングのために活用している。NECはクラウド大手の米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)や米マイクロソフト(MS)とすでに提携している。グーグルとも協業することで提供できるサービスの幅を広げる。

 NECの榎本亮チーフマーケティングオフィサー(CMO)は「世界的なネットワークを持っていることがグーグルの強みだ」と述べた。NECは外部の企業に対してグーグルのクラウド技術を教えるトレーニングプログラムも2018年度中に始める。
2018/9/20 14:36
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35565310Q8A920C1X12000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537423598/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ