SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:日立製作所

日立、グループ会社4割減500社に 21年度

1: ノチラ ★ 2018/04/13(金) 20:27:13.99 _USER
31
日立製作所は2021年度をめどに、グループ会社数を4割減らす。800社を超えるグループ会社を統合、清算するなどし500社程度にする。海外展開を進めた結果、重なる事業や間接コストなどが膨らんでおり、抜本的な収益改革が必要と判断した。

 4月にコスト構造改革を担当する副社長を置いており、直接指揮のプロジェクトとして会社数を減らす。18年度中に対象会社や統合・再編のスキーム、コスト削減の目標額など具体案…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29365090T10C18A4MM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1523618833/


続きを読む

日立、英で新設  大手銀など1.5兆円 全額政府債務保証 オールジャパン体制で

1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/07(日) 00:12:48.56 _USER9
英原発資金支援のスキーム
no title


日立製作所が英国で進める原発新設プロジェクトに対し、3メガバンクと国際協力銀行(JBIC)を含む銀行団が、総額1.5兆円規模の融資を行う方針を固めた。事故などによる貸し倒れに備え、日本政府がメガバンクの融資の全額を債務保証する。政府系の日本政策投資銀行は出資による支援を行うほか、中部電力など電力各社も出資を検討する。総額3兆円規模に上る原発輸出を、政府主導の「オールジャパン体制」で後押しする。

 JBICや政投銀による投融資も含めると、政府が巨額のリスクを抱える形となる。損失が発生すれば、最終的には国民負担を強いられる懸念もある。

 投融資の対象となるのは、日立の英国子会社が2020年代半ばの稼働を目指し、英中部アングルシー島で進める原発新設プロジェクト。日立は投資の最終判断を19年度に下す予定だが、リスクを1社で負うのは不可能として、日英両政府や金融機関と協議を続けている。国内金融機関と政府全額出資の日本貿易保険(NEXI)は昨年12月、日立の求めに応じ資金支援の意思を示す趣意書を提出した。

 関係者によると、日立は現時点で原発建設の事業費を3兆円程度と見積もり、うち1.5兆円程度を金融機関の融資、残りを出資で賄うことを見込んでいる。融資のうち、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクは1行当たり千数百億円程度を拠出し、3行の融資総額は5000億円規模となる見通し。NEXIが債務を保証する。残りはJBICや、英国の民間金融機関が融資する。

 出資は政投銀が意向を日立に伝えたほか、日立製の原子炉を国内で使用する中部電力と日本原子力発電も検討に入った。日立は東京電力など他の電力会社や商社にも出資を打診しており、関連事業会社連合の協力でリスク分散を図る。原発新設を急ぐ英国政府もプロジェクトに出資する意向で、日英両エネルギー担当相は昨年12月、今後の協力に関する書簡を交わした。

 原発建設は、11年の福島第1原発事故後の安全コスト増大で世界的に採算が悪化しており、東芝の経営危機の原因にもなった。だが政府は「技術を絶やさないためにも、英国のプロジェクト獲得は必要」(経済産業省幹部)との立場で、全面支援の姿勢を示している。【横山三加子、片平知宏】

配信1/3(水) 7:30
毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000000-mai-bus_all

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515251568/


続きを読む

日本の総合電機は日立と三菱電機の2社になる? 身ぐるみをはがされた東芝 インフラ事業で経営再建図る

1: ばーど ★ 2017/12/25(月) 07:27:13.51 _USER9
「半導体がなくなったら、まったく面白みがない会社」という声も
no title


東芝の未来、社会インフラの看板は再び輝くか

 東芝の海外原子力発電事業の巨額損失問題が発覚してから1年。連結子会社で同事業を担った米ウエスチングハウス(WH)の経営破綻、半導体メモリー事業の売却決定、6000億円の増資を経て、最悪期は脱した。ただ、この1年間で東芝の経営基盤は毀損され、課題もまだ残る。

 「日本の総合電機は2社になってしまうんだね」―。さまざまなビジネスで東芝と取引してきた国内電機大手の元首脳はしみじみと語る。家電から発電機など重電機器まで手がけ「総合」の看板を掲げる電機メーカーは、東芝の脱落で日立製作所と三菱電機の2社を残すのみとなった。

 不正会計問題が発覚した2015年、東芝は海外原発、半導体メモリー事業に集中する方針を示した。この方針に沿い医療機器や家電事業を切り離して経営再建に着手した直後の16年末、原発の巨額損失問題が発覚した。

 17年3月にはWHが米連邦破産法11条を申請して経営破綻。これで15年時点のもくろみは完全に狂った。巨額損失の穴埋めのため、中核事業のはずのNAND型フラッシュメモリー事業の売却を決定。11月にはテレビ事業の売却も決めた。

 稼ぎ頭が次々となくなり、身ぐるみをはがされた東芝。15年3月期に6兆6558億円だった売上高は、18年3月期には3兆7617億円(売却するメモリー事業は除外)と4割も減る見通し。「社会インフラ事業を核に経営再建を図る」(綱川智東芝社長)戦略だが、後に残ったのが社会インフラ事業だったというのが実態に近い。

 「もともとインフラ設備の会社。堅実に生き残っていけばいい」―。東芝の社外取締役は切々と語る。東海東京調査センターの石野雅彦企業調査部シニアアナリストは「成熟した国内市場は厳しいが、アジアの新興国まで視野を広げると需要は豊富」とみる。

 東芝は1875年に電信設備メーカーとして産声を上げた「田中製造所」を源流とする。世界初のノートパソコンを世に送り出したのは約30年前、NAND型フラッシュメモリーを製品化したのは約25年前。それぞれの時代で輝きを放った製品も、142年の歴史の中では新参者だ。いま、図らずも原点回帰する東芝を前向きに評価する声はある。

 ただ社会インフラ事業の18年3月期連結の売上高は1兆2600億円で、営業利益率は3・3%の見込み。第2の柱であるエネルギー事業についても売上高は8400億円、営業利益率は0・6%に留まる見通しだ。東芝を担当する証券アナリストは「メモリーがなくなったら、まったく面白みがない会社」と厳しい。

 “社会インフラの東芝”という看板は再び輝くのか―。東芝はどう変わり、そしてどう経営再建を進めるべきなのか。

以下全文はソース先をお読み下さい

配信12/24(日) 19:12
ニュースイッチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00010007-newswitch-bus_all
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514154433/


続きを読む

日立 約1万1000台のエレベーターに国の認定と異なる安全装置

1: ノチラ ★ 2017/12/19(火) 19:36:46.83 _USER
2017-12-19T091936Z_1_LYNXMPEDBI0IE_RTROPTP_3_JAPAN-CEATEC
日立製作所は、国内に設置したおよそ1万1000台のエレベーターに、国の認定を受けた仕様とは異なる安全装置が取り付けられていたと発表しました。日立は、第三者の評価機関が安全性に問題はないことを確認したとしています。
発表によりますと、国の認定を受けた仕様とは異なる安全装置が取り付けられていたのは、日立製作所と、子会社の日立ビルシステムが共同で設置したエレベーター、それに、日立側が安全装置を納入しエレベーターメーカーのサイタ工業が設置したエレベーターなど合わせて1万1699台です。

これらのエレベーターは平成24年から去年にかけて国の認定を受けていましたが、ことし8月、新型のエレベーターの開発を進める過程で、国に申請した内容とは仕様が異なることがわかったということです。

具体的には、エレベーターが一定の速度を超えた場合に緊急停止する機能で申請とは異なる速度が設定されていたほか、ブレーキの部品も認定を受けたものとは仕様が異なるということです。

原因について、日立は国に認定を申請する部署と製品を開発する部署の連携が不足し、仕様変更などの情報が伝わっていなかったためとしています。

日立では、国土交通省が指定する第三者の評価機関がエレベーターの安全性に問題はないことを確認し、改めて国の認定を取得したため、対象のエレベーターはそのまま利用できると説明しています。

今回の件について、日立は「事態を重く受け止め、再発防止に取り組んで参ります」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171219/k10011264121000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1513679806/


続きを読む

2019年5月1日に新元号、NTTデータや日立は「対応難しくない」

1: ノチラ ★ 2017/12/03(日) 18:15:37.46 _USER
index
皇室会議で2019年5月1日に元号を改正することが決まったと、2017年12月1日に新聞各紙が報道した。2018年中に新元号が公表されるという。政府は2017年12月8日に正式に閣議決定する見通し。元号の改正に伴うシステム修正が必要となる。

 NTTデータは「元号改正による修正は限定的」(同社広報)とみる。システム内部で保持する西暦日付を和暦日付に変更するテーブルの修正が必要とする。

 日立製作所は「平成から新元号への対応は比較的容易」(同社広報)と話す。新元号の公表から元号改正までの時期に余裕があるため、変更作業を計画的に実施できるほか、昭和から平成への元号変更の際に培ったノウハウを生かせるためだ。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/120102783/

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1512292537/続きを読む

日立、役員層の女性比率を1割に

1: ノチラ ★ 2017/11/28(火) 19:34:38.16 _USER
7
日立製作所は28日、役員層に占める女性比率を2020年度までに現在の4倍の10%に高めると発表した。幹部職の門戸を女性に開く。同時に女性管理職数に関する従来目標は下方修正する。20年度までに1000人としていた目標を2割減の800人に変更した。事業再編に伴う管理職数の減少が理由としている。

 対象となる役員層は執行役と理事で、取締役は含まない。現在の対象は約80人。そのうち女性は2人で、比率は2.5%にとどまっていた。これを20年度に10%とする。

 日立では15年に理事に女性が就いたのが役員層への初登用。保守的な社風もあり、女性の起用は遅れていた。数値目標を掲げることで、昇進の壁を崩しやすくする。

 ただ13年5月に発表していた20年度の女性管理職数(課長相当職以上)の目標は1000人から800人に変更する。2割の大幅減となるが、日立は「管理職全体に占める女性比率は旧目標も新目標も7%程度で変更はない」と説明している。

 現在の比率は4%強。三菱重工業との火力発電システム事業の統合など事業再編で管理職のポスト自体が減少しており、「目標を修正せざるを得なかった」(日立)。

 日立は同日、外国人の登用方針も示し、役員層に占める比率を現在の2.5%から20年度に10%に高める目標を掲げた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23985600Y7A121C1XXA000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1511865278/


続きを読む

日立「英国高速車両」は、トラブル続出だった。天井から水が流れ落ち、列車は大幅遅延

1: ノチラ ★ 2017/10/21(土) 13:46:03.26 _USER
img_9fef4bd8198967f0bb19c447ae1f7aa9133319
「このたびのトラブルの件では、乗客の皆さまに大変なご迷惑をおかけした。申し訳なく思っている」。日立製作所の執行役常務で鉄道ビジネスユニットCOO(最高執行責任者)を務める正井健太郎氏が沈痛の面持ちで口を開いた。

10月16日、日立製作所が手がける英国向け高速車両が営業運転を開始した。地元の人々の期待を一身に受け華々しく登場したが、ロンドン行きの一番列車にトラブルが続出。そのデビューは苦々しいものとなってしまった。

英国では、主要幹線を走る長距離用車両の老朽化が著しく、順次新車へと更新する都市間高速鉄道計画(IEP)が進められているが、今回の日立製新車の導入はその先駆けとなる。

中略
今回の新型車両導入はあくまで「既存車両の更新」であって、スピードアップを図る目的で製造されたものではない。最高運転速度は時速201kmにとどまる。

それでも、乗り心地など車内設備はインターシティ125と比べ格段に向上している。1編成当たりの乗客定員が約25%増加、ラッシュ時の輸送力を増強するほか、座席のシートピッチの拡大、荷物や自転車などが置けるラックの増加、一目で空席状況がわかるデジタル表示などが施された。

クラス800は、電化区間だけでなくディーゼル発電機の搭載で非電化区間への乗り入れもできる「バイモード」が最大の特徴だ。正井COOは「ディーゼルで走る従来車と比べ、加速性能が高い。今後電化区間が延伸すれば現在よりも所要時間が短縮する」と期待を寄せる。

ロンドンからの下り一番列車は予定どおり午前7時にパディントン駅を発車、順調にブリストルに向け走行を続けた。英国で交通アナリストとして活躍するサイモン・カルダー氏は乗り心地について「英国ではこれまでになかった素晴らしいもの。日本で新幹線に乗ったときのスムーズさを思い出す」とその性能に太鼓判を押した。

ところが、早朝6時にブリストルを出発した上りの一番列車では、発車時刻の遅れ、天井から水が流れ落ちる、バイモードの故障など、いくつものトラブルが発生していた。

クリス・グレイリング運輸相をはじめとする政府関係者などVIPのほか、地元のメディア、さらに多くの鉄道ファンらが乗り合わせたこの列車でのトラブルについて、正井COOは翌17日に実施されたイタリア・ピストイア工場でのメディア向け見学会の席上、「大きく分けて3つの問題が起きた」とあらためて説明を行った。

まず、ブリストル出発時に発車が20分ほど遅れたトラブルについてである。これは正井COOによれば、「トレインマネジメントシステムにかかわるもの」で、システムの立ち上げ時の設定に異なっている部分があったという。「問題は特定できたが復旧まで時間がかかってしまった」としている。

続いて、走行途中には、クーラーパネルから「滝のように」水が流れ落ちるトラブルが発生。英紙デイリーメール(電子版)は、乗客のラップトップがずぶ濡れになったと報じている。これについて正井COOは「空調の水冷に使う水の排水管の先端に逆流防止弁があるが、それがうまく働かなく、たまりすぎてあふれてしまったため」と説明する。

ただでさえ遅延を起こしていた一番列車に第3のトラブルが襲う。クラス800最大の武器ともいえるバイモード機能の「切り替わり」がうまく作動しなかったのだ。

非電化区間から電化区間への進入の際、走行中に無停車で「モードの切り替え」ができるはずが、パンタグラフが上がらず立ち往生してしまう事態となった。正井COOは、「バイモードの設定が間違っていたため、自動でモードが切り替わらなかった」と説明している。

以上のようなトラブルが重なった新型車両の一番列車は、最終的にパディントン駅に定刻の約40分遅れで到着。その影響で後続列車に大幅な遅れが出て、ダイヤが大混乱しただけでなく、先に起こっていた「水の落下」のため、一部車両では空調が停止しており、新型車両での快適な通勤を楽しみにしていた人々に対し、文字どおり「水を差す」結果となってしまった。
http://toyokeizai.net/articles/-/193477
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1508561163/


続きを読む

日立製作所が手がけた英国向け高速車両、トラブル続出 天井から水が流れ落ち、列車は大幅遅延 (東洋経済)

1: Sunset Shimmer ★ 2017/10/20(金) 05:06:53.89 _USER9
img_69e666a4689b0ee84fb37b2160d0fb6677792
10月20日(金)

10月16日にデビューした日立製英国向け高速車両「クラス800」。この上り一番列車が大きな混乱を引き起こした(レディング駅にて、筆者撮影)

「このたびのトラブルの件では、乗客の皆さまに大変なご迷惑をおかけした。申し訳なく思っている」。日立製作所の執行役常務で鉄道ビジネスユニットCOO(最高執行責任者)を務める正井健太郎氏が沈痛の面持ちで口を開いた。

10月16日、日立製作所が手がける英国向け高速車両が営業運転を開始した。地元の人々の期待を一身に受け華々しく登場したが、ロンドン行きの一番列車にトラブルが続出。そのデビューは苦々しいものとなってしまった。

英国では、主要幹線を走る長距離用車両の老朽化が著しく、順次新車へと更新する都市間高速鉄道計画(IEP)が進められているが、今回の日立製新車の導入はその先駆けとなる。

ロンドンの起点はパディントン駅

この日、営業運転が始まったのは「クラス800」と呼ばれる車両だ。日立は英国からIEPで更新される車両866両の納入および、現在から27年半にわたるメンテナンス事業を一括受注している。
うち、最初の12編成は山口県下松市の同社笠戸事業所で生産され、現地に船で運ばれたが、残りの110編成は同社が2015年9月に運営を開始したイングランド北東部のニュートンエイクリフ工場で造られる。

新型車両は、この日からクラス800を導入した鉄道運行会社グレートウェスタン鉄道(GWR)に369両、ロンドンからスコットランド方面に延びる東海岸本線を運営するヴァージントレインズに497両、それぞれ納入されることが決まっている。

GWRのクラス800は「くまのパディントン」で日本でも広く知られるロンドンのパディントン駅を発着する。ロンドン発の一番列車は朝6時半過ぎ、多数のメディア関係者が見守る中、パディントン駅3番線へと現れた。
出発を控えたプラットホームで、正井COOは「長い歳月を経て、このIEPの営業運転にこぎつけられたことは、われわれ鉄道に携わる者として誇りに思う。長期にわたる仕事の努力が報われ感無量」としたうえで、さらなる英国での受注に意欲を示した。

→次ページ
新型車両はどこを走るか?

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/193477
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508443613/


続きを読む

日立がイギリスに建設する「原発」 日本政府が全額補償検討か

1: 通り雨 ★ 2017/09/06(水) 02:34:52.90 _USER9
000109306_640
日立製作所がイギリスに建設予定の原発について、日本政府は銀行が日立に融資する資金を全額補償する方向で検討していることが分かりました。

日立の子会社が受注したイギリスの原発2基の事業費は2兆円に上ります。関係者によりますと、日本政府は、政府系金融機関を通じた支援に加え、メガバンクが融資する数千億円について、全額を補償する方向で検討を始めました。年末には決定したい考えです。しかし、海外の原発建設は、東芝が6500億円の損失を出すなど費用が膨らむリスクがあり、関係者による非公式協議では補償を疑問視する声も上がっています。

世耕経済産業大臣:「(政府として)何らかの方針を決定したという事実はありません」「(Q.国民の負担につながるものでは?)仮定の質問への答えは控えさせて頂く」

配信2017/09/05 11:57
テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000109306.html

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504632892/


続きを読む

男子の就職人気、商社独占

1: ノチラ ★ 2017/04/18(火) 22:08:04.47 _USER
71
就職情報会社のダイヤモンド・ヒューマンリソースが18日発表した2018年卒業予定の大学生らの就職人気企業ランキングによると、
男子は文系の首位が三菱商事、理系は三井物産で、文理いずれも総合商社が1〜4位を独占した。
女子は、東京海上日動火災保険が文系で2年連続、理系では初めて首位となった。

総合商社が男子の上位を占めた要因について、ダイヤモンド社は「幅広い分野で活躍できると積極的にアピールし、グロー
バルに働きたい学生の支持を集めた」と分析している。

理系男子では大手電機・自動車メーカーが低迷。日立製作所の11位が最高で、1978年の調査開始以来、初めて上位10社
から転落した。決算延期問題を抱え、前年に理系男子98位だった東芝は発表された上位100社に入らなかった。
ダイヤモンド社は「学生にとって東芝は電機業界全体のマイナスイメージとなっている」と指摘した。

東京海上は積極的に女性を管理職に登用しており、女子学生の人気を集めた。
女子文系の2位以下は三井物産、伊藤忠商事、理系はサントリーグループ、明治グループが続いた。

調査は2〜4月、18年卒業予定の大学生、大学院生に実施。5771人の回答を集計した。
http://www.sankei.com/life/news/170418/lif1704180036-n1.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1492520884/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ