SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:パナソニック

パナソニック ファーウェイと取り引き中止へ

1: ムヒタ ★ 2019/05/23(木) 06:09:05.46 _USER
981230fd
パナソニックは、中国のファーウェイとの間で電子部品などの取り引きを中止する方針を決めました。アメリカ政府によるファーウェイへの部品の販売禁止措置を受けたもので、日本企業への影響が懸念されます。

パナソニックは、ファーウェイに向けて電子部品などを供給していますが、アメリカの企業から部品や技術を調達し、それを組み込んだ部品やソフトウエアが、アメリカ政府による禁止措置の対象になる可能性があるということです。

このためパナソニックは、ファーウェイとの取り引きを中止する方針を決め、グループの全社に対して具体的な対象を洗い出すよう通達を出しました。

パナソニックは理由について「従来からアメリカの輸出管理の法令を順守してきており、今回の決定を行った」としています。

ファーウェイによりますと、電子部品などでこれまでに取り引きの実績があった日本企業は100社以上にのぼり、影響が懸念されます。
2019年5月23日 4時37分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190523/k10011925521000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1558559345/


続きを読む

トヨタとパナソニック、住宅事業を統合

1: ムヒタ ★ 2019/05/09(木) 12:14:17.63 _USER
えsvせindex
トヨタ自動車とパナソニックは9日、住宅事業を統合すると発表した。

2020年1月に新会社「プライム ライフ テクノロジーズ」を共同で設立。トヨタグループのトヨタホーム、ミサワホーム、パナソニックグループのパナソニックホームズを傘下に収める。

住宅事業の統合で、戸建て住宅供給戸数は約1万7千戸となり、国内の住宅事業業界でトップグループに浮上する。
2019/5/9 12:04
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44557140Z00C19A5000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557371657/


続きを読む

パナソニック、中国企業と太陽電池で協業

1: ムヒタ ★ 2019/05/09(木) 15:09:31.61 _USER
5757
パナソニックは9日、中国の太陽光電池メーカー、GSソーラー(福建省)と太陽電池事業で協業すると発表した。太陽光発電パネルなどを製造するパナソニックのマレーシア工場をGSソーラーに譲渡し、研究開発を担う新会社を共同で設立する。

両社の持つ技術力や生産ノウハウを生かして付加価値の高い製品を作る狙いだ。パナソニックのソーラー事業は赤字が続いていた。生産体制を再編することで、合理化を進める。
2019/5/9 14:28
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44564030Z00C19A5000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557382171/


続きを読む

失われた50年、関西復権の条件は

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/04/22(月) 16:36:39.17 _USER
あと1週間で平成が終わる。関西経済にとってどんな時代だったのか。データをもとに振り返り、5月から始まる「令和」の時代を展望する。

no title

パナソニックの巨大プラズマパネル工場は物流施設に生まれ変わった(兵庫県尼崎市、2010年撮影)

兵庫県尼崎市の大阪湾臨海部に物流施設「ロジポート尼崎」はそびえる。地上7階建て、延べ床面積は28万平方メートル超。ひっきりなしに出入りする大型トラックが大阪市内などに機械部品や日用品を運送する。

10年ほど前、この一帯を含む大阪湾岸にはパネル工場が集まり、「パネルベイ」ともてはやされていた。松下電器産業(現パナソニック)が尼崎市に3つの巨大なプラズマパネル工場を、南方にくだった堺市にはシャープが液晶パネル工場を建てた。繊維産業の衰退や阪神大震災に苦しんだ関西にとって、パネルベイは希望の光だった。

だが、輝きは瞬く間に失われる。中国や韓国メーカーとの価格競争に敗れ、両社ともに巨額赤字を計上、経営危機に陥った。パナソニックは2017年までに3工場全てを売り払い、一つがロジポート尼崎に生まれ変わった。シャープは16年に国内電機大手として初めて外資傘下に入った。

間もなく幕を閉じる平成の30年間は関西製造業の地盤沈下の歴史と重なる。2府4県の域内総生産(GRP)が国内総生産(GDP)に占める比率は、大阪で国際博覧会(万博)が開かれた1970年度の19%強がピーク。直近の2015年度は15%強に沈む。関西は「失われた30年」どころか、「失われた50年」に今なお直面する。

戦前の関西経済の主役は繊維産業だった。戦後の復興もけん引したが、政府が重化学工業の育成に重点を置くようになったほか、安価なアジア製品の流入で地位は低下。代わって台頭した、軽工業の伝統をくむ家電産業も韓国メーカーなどとの競争で次第に競争力を失った。関西の産業はコモディティー(汎用品)化の波にのまれ、衰退を繰り返してきたといえる。

「産業構造の新陳代謝が活発でなく、電機に続くけん引役を生み出せなかった」。甲南大総合研究所の稲田義久所長は指摘する。首都圏1都3県はサービスなど第3次産業が成長し、15年度のGRPは180兆円と関西の2.2倍。中部4県も関西を猛追し、製造業を含む第2次産業は既に関西を上回る。主力の自動車産業が発展の過程で価格競争力を維持したのが関西との違いだ。

もちろん、事業構造の転換が実った関西企業も多い。たとえば、1896年に創業した毛織物名門のニッケ。祖業の繊維事業が縮小する中で産業資材などに事業を多角化し、2017年11月期に29年ぶりに営業最高益を更新した。目下、医療用部材の拡大に力を注ぐ。

京都には日本電産や京セラ、村田製作所といった世界的なハイテク企業が集積し、電気自動車(EV)などの成長分野で存在感を示している。

関西経済が復権するためには個別の知恵や技術革新を積み重ね、大きなうねりにつなげることが不可欠だ。契機になり得るのが25年の大阪・関西万博。「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに据える一大イベントに向け、ヘルスケアなどに関わる新産業を生み出せるかがカギになる。

今月5日、関西経済連合会は東南アジア7カ国と共同で、技術や人材の交流を促すプラットフォームを設立した。観光や医療・介護など5分野で企業をマッチングし、ビジネスの創出を目指す。

関経連の松本正義会長は「GDPに占める関西の比率を20%に高めたい」と唱える。政府のGDP目標を基に試算すると40兆円弱の上積みが必要で、大阪府(GRP39兆円)をもう一つ作り出す計算だ。かつての輝きを取り戻すためのハードルは高い。

2019/4/22 12:00
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43993260Q9A420C1962M00/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1555918599/


続きを読む

パナソニック、マスク着用でも同一人物か判別 監視カメラ

1: ムヒタ ★ 2019/02/14(木) 11:42:34.00 _USER
えsvcindex
パナソニックはマスクを着用していても、事前に登録した画像と同一人物かどうか判定できる監視カメラシステムを開発した。人工知能(AI)技術の一つである深層学習(ディープラーニング)を活用するとともに画像を照合する際に独自の計算技術を採用し、精度を高めた。主に空港やスタジアム、店舗の防犯といった用途を想定する。

登録画像と撮影した画像を照合する際に、マスクで鼻や口などが隠れてしまっても、個人を判別でき…
2019/2/14 11:30 (2019/2/14 11:31更新)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41246510U9A210C1AM1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550112154/


続きを読む

トヨタとパナソニック 新会社設立へ EV用電池の共同生産

1: ムヒタ ★ 2019/01/20(日) 12:05:04.85 _USER
vせv20190120-00000010-reut-000-view
「トヨタ自動車」と「パナソニック」は電気自動車向けの電池を共同で生産する新会社を来年にも設立する方針を固めました。電気自動車の普及が世界的に加速する中、電池の量産体制を整え競争力を高めたい考えです。

トヨタとパナソニックはおととし、電気自動車の基幹部品となる電池の共同開発などを検討することで合意し、協業の内容について協議を進めてきました。その結果、関係者によりますと、両社は電気自動車向けの電池を生産する新会社を来年にも設立する方針を固めました。

新会社にはトヨタが51%、パナソニックが49%を出資し、パナソニックが日本と中国に持つ電池の生産設備の大半を移して量産体制を整える方向で調整しています。

一方、パナソニックがアメリカの電気自動車メーカー、「テスラ」と共同で運営するアメリカ・ネバダ州の工場は含まれないということです。

電気自動車の普及が世界的に加速する中、トヨタは2030年をめどに年間の販売台数のおよそ半分にあたる550万台を電気自動車などの電動車にする方針ですが、走行距離などの性能を左右する電池の分野では中国メーカーの存在感が高まっています。

両社では、新会社の設立で生産規模を拡大させるとともに、走行距離が大きく伸びるとされる次世代の電池、「全固体電池」の共同開発も加速させることにしていて、競争力を高めたい考えです。

2019年1月20日 11時11分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190120/k10011784321000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1547953504/


続きを読む

パナがレッツノート春モデル、主力の12型でモダンスタンバイ対応

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/15(火) 17:40:24.67 _USER
□登録会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

 パナソニックは2019年1月15日、モバイルノートパソコン「レッツノート(Let's note)」の春商戦向けモデル4機種15モデルを発表した。12.1型液晶ディスプレーを搭載した主力機種の「レッツノート CF-SV8シリーズ」で、スリープ時でもメールの受信やWindows Updateなどの処理をバックグラウンドで実施するWindows 10の「モダンスタンバイ」機能に対応したほか、2機種で従来機種より最大動作周波数の高いCPUを採用した。価格はオープン、発売は2019年1月25日。

no title

モダンスタンバイ機能に対応し、CPUの動作周波数も従来機種より高くした「レッツノート CF-SV8シリーズ」
(出所:パナソニック)

 主力のSV8シリーズはバッテリー駆動時間が14〜21時間と長いことを生かし、米マイクロソフト(Microsoft)がWindows 10で搭載したモダンスタンバイ機能を使えるようにした。スリープからの復帰時間を短くして使い勝手をスマートフォン(スマホ)に近づけたほか、メールの受信やWindows Updateをスリープ中に実施することで、ユーザーがPCを使い作業する際の待ち時間を減らしている。また、「Skype」の着信やインスタントメッセンジャーアプリのメッセージ受信、Bluetooth接続のマウスやキーボードの操作などにより、PCをモダンスタンバイ状態から自動で復帰させることも可能だ。なおパナソニックによると、モダンスタンバイ機能を無効にすることはできない。

 CPUの高速化はSV8シリーズと、10.1型液晶ディスプレーを搭載した「レッツノート CF-RZ8シリーズ」の2機種で実施。SV8シリーズの上位モデルは最大4.6GHz駆動(標準1.8GHz駆動)の「Core i7-8565U」を搭載した。従来機種は最大4GHz駆動だった。RZ8シリーズの上位モデルは最大3.9GHz駆動(標準1.3GHz駆動)の「Core i5-8200Y」を搭載し、従来機種の最大3.2GHz駆動より高速化を図った。

no title

レッツノート春モデルのラインアップ
(出所:パナソニック)

 SV8シリーズは予想実勢価格22万5000円前後〜33万円前後の7モデル、RZ8シリーズは同21万5000円前後と27万5000円前後の2モデルをそれぞれ用意。14型液晶ディスプレーを搭載する「CF-LV7シリーズ」は同21万円前後〜31万円前後の4モデル、12型液晶ディスプレーを搭載しキーボード部を着脱可能な「CF-XZ6シリーズ」は同27万円前後と31万6000円前後の2モデルをそれぞれ用意する。このほか、SSD容量やLTE通信モジュールの有無などの仕様をカスタマイズできる直販モデルを、パナソニックのWebサイトなどで販売する。

関連ページ
カスタマイズレッツノート | パナソニック公式通販サイト - Panasonic Store
https://ec-club.panasonic.jp/pc/

2019/01/15 13:30
日経 xTECH(クロステック)
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/03826/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1547541624/


続きを読む

パナソニック、フルサイズミラーレス「LUMIX S」を3月末に発売

1: 田杉山脈 ★ 2019/01/08(火) 13:55:18.28
パナソニックは1月7日、35mmフルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S」シリーズに関する追加情報を公開。地域にもよるが、発売時期が2019年3月末からと明らかになった。

アメリカ・ラスベガスの「CES 2019」における発表。以下の2つが新要素として公開されている。引き続き、製品の価格帯は明らかになっていない。

「HLGフォト」モード
4K HDR動画に用いられるハイブリッドログガンマ(HLG)を静止画に応用し、より人間の視覚に近い広ダイナミックレンジの静止画を記録できる機能。HLGに対応したパナソニックの4Kテレビで再生可能としている。

「ハイレゾリューション」モード
ボディ内手ブレ補正機構を応用してイメージセンサーを動かしながら、8枚の画像を取得。ヴィーナスエンジンによって1枚の高解像な画像に合成する機能。動体ブレを抑える仕掛けも備えているため、撮影者は通常の撮影モードを同じように使えるとしている。

LUMIX Sシリーズは、パナソニックが2018年9月にフォトキナで開発発表した同社初の35mmフルサイズミラーレスカメラ。シグマとも協業し、ライカのLマウントを共用することが決まっている。現時点で明らかになっているモデル構成は、高解像度モデルのLUMIX S1R(4,700万画素)と、次世代の静止画/動画ハイブリッド機を謳うLUMIX S1(2,400万画素)の2機種。
https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1163/525/03_l.jpg
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1163525.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1546923318/


続きを読む

パナソニック初の外国人取締役「LGBT差別は日本経済の損失。LGBT、女性、障がい者が快適に安心して働ける職場の整備を」

1: スタス ★ 2018/12/24(月) 22:34:15.70 _USER9
744
http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1812/23/news011_2.html
同性愛公表のパナソニック取締役ベイツ氏「LGBTへの差別は日本経済の損失」 (1/5)
6月にパナソニック初の外国人取締役に就任した米国人のローレンス・ベイツ氏が、同性愛者であることをカミングアウト(公表)している自身の経験について、就任後初めて取材に応じた。

――パナソニックの取締役に就任した経緯を教えてください。

 小さいころからアジアに興味があり、ハーバード大学ロースクールで法律を学んだ後、米法律事務所の中国オフィスで働き始めました。ところが働き始めて間もない1989年、天安門事件が起きてオフィスは閉鎖。それを機に来日し、東京大学客員教授などを経て、米ゼネラル・エレクトリック(GE)グループで働き始めました。GEには22年間いましたが、勤務地は基本的に日本でした。2014年に、LIXILに転職し、チーフ・リーガル・オフィサー(CLO)を務め、さらに18年4月、パナソニックにゼネラルカウンシル(GC、法務担当役員)として入社しました。6月の株主総会でパナソニック初の外国人取締役に就任したのです。

 新聞などで報じられているように、パナソニックとパナソニックの米子会社は18年前半、米司法省と米証券取引委員会から、外国公務員への贈賄を禁止・処罰する海外腐敗行為防止法違反に問われ、多額の制裁金を支払うことに同意しました。この教訓が示すように、日本企業がより積極的にグローバル展開をしようとすると、経営陣の中に海外、とくに米国の法律に詳しい人物が必要になってきます。米国の弁護士資格を持つ私に白羽の矢が立ったのも、こうした背景があると思います。

 パナソニック入りを決めたのは、仕事のやりがいが一番でしたが、性的マイノリティーを含めダイバーシティーを尊重する会社であることも、大きなポイントでした。パナソニックは16年、行動指針を改定し、性別や年齢、人種などと同じく、性的マイノリティーに対する差別的言動や差別的行為を禁止し、ダイバーシティー重視を明確に打ち出しました。もちろん、行動指針が変わっただけで何かがすぐに大きく変わるということはありませんが、ダイバーシティーの尊重という観点では、パナソニックは日本企業の中では先進的な企業だと思います。

――企業にとってダイバーシティーや性的マイノリティー社員の人権を尊重することはなぜ重要なのでしょうか。

 一つはコンプライアンスの問題です。欧米では性的マイノリティーへの差別を法律で明確に禁じている国が多く、職場で差別的な取り扱いがあれば即座に法的な問題に発展します。日本企業も、欧米で事業をする場合はそうした法律を守らなければコンプライアンス違反として訴えられます。日本ではLGBTへの差別を明確に禁じた法律はありませんが、企業が差別禁止をポリシーとして明文化しておくことは非常に重要です。

 もう一つは、企業自身の競争力のためです。少子高齢化が猛スピードで進む日本では、労働力不足が大きな問題となっています。企業が優秀な労働力を確保するためには、女性や障害者、性的マイノリティーなど多様な人たちが気持ちよく安心して働ける職場環境を作ることが大切です。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545658455/


続きを読む

消えゆく「まちの電器店」パナソニック、背水の模索

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/17(土) 17:25:46.27 _USER
AS20181116000074_commL
商店街から、住宅街から、「まちの電器店」が消えていく。店主たちが、メーカーが、生き残りを賭けた模索を続けている。

青い看板が掲げられた店の入り口に、「ナショナル坊や」が置かれている。

 神戸市にあるパナソニックショップ「シヨーデン」の店主は、パナソニックの元社員、森野芳彰(53)だ。7坪ほどの店の棚には、「共存共栄」の色紙。パナソニックの創業者・松下幸之助が、系列店主に向けて繰り返し訴えたことばだ。森野は「古巣(パナソニック)も店も繁栄させたい」と意気込む。

 森野は、2014年にパナソニックが始めた「専門店独立開業プログラム」で独立した最初の社員だ。1990年から約26年、情報機器や半導体部門などに在籍した。

 全国の系列店に、販売促進のノウハウを伝える仕事をしているうちに、自ら店を経営してみたくなったのだという。「お客さんの反応が直接聞ける。サラリーマン時代より、やりがいは大きい」。店を構えた神戸は、生まれ育ったふるさとだ。

 独立開業プログラムでは、退職前に約1年、実際に別のパナショップで働き、経営を学ぶ。さらに、店舗を開くための金銭面での支援も受けられる。

 「いま一度、チャレンジャーとしてお客さんに向き合って頂きたい」

 6月に東京都内のホテルで、パナソニックの社長、津賀一宏(62)の話を聞いたのは、系列店のオーナー、約500人だ。毎年開かれる定例会だが、創業100年の今年は、最近では一番の参加者数だった。

 20年ほど前には、この倍以上…
https://www.asahi.com/articles/ASLCG7676LCGPLFA00S.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1542443146/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ