SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:パナソニック

パナソニック、完全自動運転EV 21年度にも実用化

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/30(火) 17:13:43.09 _USER
733
パナソニックは30日、完全自動運転の電気自動車(EV)のコンセプトカーを報道陣に公開した。ディスプレーや自動運転関連の技術を結集したコンセプトカーと、自治体や自動車メーカーなどパートナーのノウハウを組み合わせてサービス構築を進める。今後提案を進め、早ければ2021年度のサービス実用化を目指す。

同日東京都内で開幕したパナソニックの100周年記念イベントで、完全自動運転の指標となる「レベル4」以上に対応するコンセプトカー「スペイシー」を披露した。スペイシーの運行速度は時速20キロメートル以内の低速度を想定。大きなは幅168センチメートル、長さ385センチメートル、高さ195センチメートルと乗用車程度の大きさだが、ハンドルなど運転席がないため車内空間は広い。2トン程度の重さまで対応できる。

車室内は向かい合った4人掛けのシートタイプで、横側の壁にはディスプレーを搭載した。ディスプレーは例えば、通学中の園児が英会話レッスンを受講したり、高齢者が遠隔診療を受けたり、移動時間を有効に使える。

車載関連カンパニーの技術企画室の柳沼裕忠主幹が「スペイシーをベースに、東京五輪後の21年度には電動モビリティを使ったサービスの形にしていきたい」と明らかにした。パナソニックは17年10月に福井県内で2人乗りの小型EVを使った自動運転の実証実験をしている。今回の展示を通じて広くパートナーを募り、ハンドルがない完全自動運転のEV車両での実用化を急ぐ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37105520Q8A031C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540887223/


続きを読む

インスタ女子必携のミラーレス パナ、プロ仕様参入 高級路線で勝負

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/20(土) 20:11:52.68 _USER
gsgsindex
パナソニックは来春、フルサイズミラーレスカメラの新シリーズ「ルミックスS」を投入する。各社がこぞって参入するフルサイズミラーレスの舞台に、世界初のミラーレスを発売した先駆者として満を持しての登場だ。高精細画質「4K」動画にも対応する性能。Sシリーズはプロカメラマンへのアピールを目指していて、カメラ市場の台風の目となれるのか注目されている。(藤谷茂樹)

 パナ、Sシリーズ投入

 9月26日、独ケルンで開幕した世界最大のカメラ見本市「フォトキナ2018」のパナソニックブースで試作機2台が披露された。フルサイズミラーレスカメラのルミックス「S1R」と「S1」だ。

 2008年にミラーレスカメラを世界で初めて発売したのはパナソニック。Sシリーズについて、本間哲朗専務執行役員は「参入シナリオを何回も見直し、成功の確率が高くなったと、昨年の夏に開発投資を決めた」と明かした。
以下ソース
https://www.sankei.com/west/news/181020/wst1810200003-n1.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540033912/


続きを読む

宅配届いたらスマホに連絡 パナソニックの新IoTサービス

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/06(土) 22:53:05.84 _USER
dvdxvindex
パナソニックは5日、IoT(モノのインターネット)を活用して家にある家電や機器を効率よく快適に運転させる中核コントロール機器「AISEG(アイセグ)2」の機能を拡充、22日に発売すると発表した。宅配ボックスに荷物が届くとスマートフォンで到着の連絡を受けられる機能などを付けた。

 アイセグ2は、エアコンや照明、電気錠などとすでに連携している。今回は、連携可能な機器を13社26機器から20社33機器に増やした。来年度には、人工知能(AI)が1時間ごとの天気予報をチェックし、翌日の日中の太陽電池の発電量を予想したうえで深夜の充電を調整する電気自動車用充電器とも連携させる。

 同社のアイセグ2は、平成29年度に約1万9千台だった販売台数を33年度に3・5倍の約6万6千台まで伸ばす目標を掲げる。担当者は「新築戸建てだけでなく、既築や集合住宅の市場まで販売を拡大したい」としている。
http://www.sankei.com/west/news/181006/wst1810060006-n1.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1538833985/


続きを読む

襟巻き型ヘッドホン、パナソニックが製品化へ

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/02(火) 22:28:21.53 _USER
パナソニックは2日、クラウドファンディングを活用して襟巻き型のヘッドホン「ウエア・スペース」を製品化すると発表した。ヘッドホンのまわりに視界を遮るパーテーションを付けたユニークなデザインにした。家電などの量販品の枠組みにとらわれず、これまでにない斬新さで新たな需要を掘り起こす。

ウエア・スペースは視界を80度ほどに制限する。ヘッドホンのノイズキャンセリング効果と合わせて、視野を狭めて「心理的なパーソナル空間をつくる」(同社)。約360グラムで持ち運びやすく、コワーキングスペースやオフィスなどでの作業に没頭できるという。

12月11日までカルチュア・コンビニエンス・クラブ系のクラウドファンディング「グリーン・ファンディング」を通じて資金を募る。目標は1500万円で、調達額に応じて生産台数を決める。

連結売上高が約8兆円規模のパナソニックにとって、意欲的なプロジェクトになる。試作品をスピード感を持って作り改良を重ねる「アジャイル(俊敏な)開発」と呼ばれる手法を学ぶため、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」関連のスタートアップ、シフトール(東京・中央)を4月に買収した。今回は同社が設計や製造、販売を担う。

ウエア・スペースは半年ほどで試作品を開発した。新商品の企画・開発は社内調整に時間をかけがちだが「競争環境は大きく変わっている」(臼井重雄デザインセンター所長)。従来手法に縛られないプロセスを通じた意識改革を促す狙いもある。
no title

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36030570S8A001C1X20000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1538486901/


続きを読む

テスラ、死ぬ。パナソニックどうすんの?

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [FR] 2018/09/29(土) 11:08:27.65 BE:422186189-PLT(12015)
551c0b06-s

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、証券詐欺罪で同氏を提訴した米証券取引委員会(SEC)との和解を土壇場で拒否した。
和解の条件だった罰金の支払や2年間の経営職放棄を断ったという。
複数のメディアが28日報じた。

市場では、提訴によりマスク氏が退任を余儀なくされるとの見方から同社株への売りが膨らんだ。
株価は一時13%急落し、268.10ドルまで値下がりした。

こうした中、関係筋によると、マスク氏は法廷闘争に向け、レイサム&ワトキンスのクリス・クラーク氏やブラウン・ラドニックのスティーブン・ベスト氏と契約を結んだ。

テスラが債務不履行(デフォルト)に陥った際の損失補填の保険料にあたる保証料率(プレミアム)はこの日、過去最高に上昇。
クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で保証料TSLA5YUSAX=MGは社債100万ドル当たり約29万5000ドル。
https://jp.reuters.com/article/sec-no-settlement-0928-idJPKCN1M82DB
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538186907/


続きを読む

ライカ、パナソニック、シグマが協業--共通マウントでミラーレス製品が開発可能に

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/25(火) 20:04:48.33 _USER
 ライカカメラ、パナソニック、シグマは9月25日、カメラ・写真の総合イベント「フォトキナ2018」の開催に先立ち、戦略的協業を発表した。

今回の協業は「Lマウントアライアンス」と名付けられ、パナソニックとシグマは、ライカが開発したミラーレスマウント規格「Lマウント」を利用した製品開発を実施できるようになり、Lマウントを搭載したカメラやレンズの提供が可能となる。これにより、3社からLマウント互換製品群が提供され、システムカメラの拡張性が広がるとしている。

 Lマウントは、51.6ミリ径を採用したミラーレス用マウント。APS-Cやフルサイズセンサにも対応する。20ミリのショートフランジバックにより、レンズとセンサ間の距離が短くなり、レンズの小型化が可能。これは、広角レンズの設計において大きなメリットになるという。さらに、厳しい使用環境での極度のストレスに耐えるよう、カメラバヨネットは耐摩耗性の高いステンレス鋼で作られている。また、必要に応じてレンズのファームウェア更新も可能だ。

 このレンズマウントは現在、ライカSL、ライカCL、ライカTL2で使用されている。ライカだけでなく、パナソニックおよびシグマもこの共通規格に基づいた製品を発表する予定としている。
no title

https://japan.cnet.com/article/35126089/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537873488/


続きを読む

電気業界年収、1位ソニー776万円、2位パナ666万円、3位東芝665万円 ※参考:トヨタ高卒平均852万円

1: 名無しさん@涙目です。(宮崎県) [ニダ] 2018/09/18(火) 13:13:49.64 BE:422186189-PLT(12015)
755

電気機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 

1位はソニーの776万円だった。
社員からは「年功序列ではなく、成果に応じて給与が規定される『ジョブグレード制度』が採用されており、
若い年齢でも多く給料をもらっている人が多い印象」「家賃補助が手厚い。
家賃の6〜7割程度を会社が負担してくれる」などの声が寄せられた。

2位はパナソニック(666万円)。
年功序列の要素を排除した賃金制度を導入しているといい、「残業代が全額支給される。成果が出せれば昇給や
ボーナスに反映されるのでやりがいはあった」「頑張れば30代で年収800万円。福利厚生が充実しており、
年収に加えて100万円は実質支給される」などの意見があった。

3位は東芝(665万円)。不正会計問題の影響により、2016年度の平均年収は落ち込んだものの、社員からは
「同業他社と比較して非常に高水準。緊急対策によるボーナスカットを踏まえても業界水準並みと思われる」と、
好待遇に満足しているとの声があった。

4位はNEC(日本電気、650万円)。業績改善のためにリストラ・事業売却などを進めている同社だが、
社員からは「管理職になるとボーナスの割合が大きくなるため、会社業績が良ければ、それなりの年収になる」
「福利厚生はしっかりしている」などと評価されていた。

5〜10位はキヤノン(638万円)、三菱電機(627万円)、富士ゼロックス(620万円)、
日立製作所(616万円)、リコー(572万円)、シャープ(554万円)−−と続いた。
いずれも昇進・昇級後の報酬、ボーナス額、福利厚生、サポート制度などが高く評価されていた。

https://www.sankei.com/economy/news/180914/ecn1809140009-n1.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1537244029/


続きを読む

パナソニック、421億円申告漏れ 大阪国税局指摘

1: ムヒタ ★ 2018/09/12(水) 06:39:28.83 _USER
 えsindex
パナソニックは11日、大阪国税局の税務調査で約421億円の申告漏れを指摘されたと発表した。同社が保有する北米子会社の株式をオランダの子会社に売却した価格が、不当に安かったと認定されたという。重加算税を含めて約60億円を追徴課税される可能性があるといい、同社は不服申し立てをする方針だ。

 パナソニックは2017年3月、北米事業を統括する子会社「パナソニック ノースアメリカ」の全株式をオランダの子会社に約7371億円で売却した。パナソニックによると、大阪国税局は時価での評価額は約7783億円だとし、差額の約412億円が寄付金で課税対象になると認定した。ほかにも帳簿に資産の記入漏れがあるなど、約9億円分の申告漏れを指摘したという。

 一方、パナソニックは11日に記者会見を開き、担当者が「第三者機関に依頼して算出した客観的な評価に基づいている」と反論した。不服申し立てをする方針の一方、国内の会計基準に基づき、19年3月期の単体決算には約60億円分の法人税などを計上する予定という。(岩沢志気)
2018年9月11日21時28分
https://www.asahi.com/articles/ASL9C52C7L9CPLFA004.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536701968/


続きを読む

過去最高出荷台数で快進撃が続く「レッツノート」の舞台裏

1: 田杉山脈 ★ 2018/08/28(火) 15:18:18.77 _USER
20180828-00000007-impress-000-2-view
パナソニックのレッツノートが好調だ。レッツノートの2017年度実績は、前年比30%増を達成。年間出荷台数は42万台となり、レッツノートの21年間の歴史のなかで、過去最高の出荷台数を記録した。2017年度末には品薄状態に陥るほどに需要が集中。現在でも前年並みの生産体制を継続している。

さらに、2018年度中に、新たに月額数千円単位でレッツノートを購入できる仕組みを盛り込んだ「レッツノートLCMサービス」を開始することも明らかにしており、利用者拡大に弾みをつける考えだ。過去最高の売れ行きをみせるレッツノートを取り巻く「3つの出来事」を追ってみた。

■過去最高の販売台数を達成

 レッツノートの好調ぶりは、過去最高のものになっている。パナソニックの発表によると、2017年度(2017年4月〜2018年3月)のレッツノートの販売台数は、前年比30%増の42万台。過去最高の出荷台数となっている。

 調査会社の調べでも、パナソニックは、モバイルノートPC分野では、14年連続でトップシェアを獲得。2017年度実績は67%を獲得。3台に2台が、レッツノートになっている計算だ。

 レッツノートの好調ぶりの背景には、いくつかの理由がある。

 パナソニック コネクティッドソリューションズ社の樋口泰行社長は、「企業における働き方改革が推進されるなか、軽量、薄型、バッテリ駆動時間が長く、信頼性が高いというレットノートの特徴が受けている。ビジネス向けPCは、全体的に伸びているが、われわれの成長はそれを上回っている」とする。

 パナソニック コネクティッドソリューションズ社モバイルソリューションズ事業部の坂元寛明事業部長も、「モバイルノートPCが、日本の企業の働き方の変化とあっている。出張先や出先から、直接自宅に戻って家でレポートを書くことで移動時間を削減したり、Skypeによる会議やフリーアドリス制の導入によって効率的に仕事をしたりといったさいに、モバイルノートPCが最適である。働き方改革の促進によって、デスクトップPCよりも、モバイルノートPCを採用する動きが企業で加速している」と語る。

 パナソニックでは、2018年度も同様の成長を見込んでおり、旺盛な企業需要に対応する体制づくりに力を注いでいるところだ。

 国内PC市場全体では、2014年4月のWindows XPの延長サポート特需の影響を受けた2013年度が過去最高の出荷実績となっているが、2020年1月のWindows 7の延長サポート終了前の特需は、来年以降、本格化するとみられている。それにも関わらず、現時点で過去最高の台数を更新したレッツノートは、今後、さらに記録を更新することは間違いないだろう。

■好調を支える生産体制

 パナソニックにとっての課題は、こうした過去最高を更新した出荷台数を継続するための生産体制の確立である。これがレッツノートを取り巻く1つめのトピックスだ。

 じつは、2017年度末となる2018年3月に、レッツノートは品薄の事態を招いた。予想を上回る需要となったのに加えて、筐体(キャビネット)や一部電子部品の調達が遅れたのが原因だ。

 パナソニック コネクティッドソリューションズ社の樋口泰行社長は、「年度末には納期の遅れによって、多くのお客様にご迷惑をおかけした」としながら、「だが、ほとんどのお客様がキャンセルせずに、納品を待っていただいた。待ってもらえるのはApple製品とレッツノートだけだと言われた。それだけ強い支持を得ていることを改めて実感した」と語る。モバイルノートPCとして求められる堅牢性や性能に高い評価が集まっていることが、こうした動きにつながっている。

 パナソニックでは、筐体の増産については、金型を増やすとともに新たな外注先を探し、加工、塗装、物流体制についても強化したという。これは中期的にも安定した筐体の調達、生産にもつながる取り組みにもなっている。

 パナソニックでは、こうした需要増とそれに対応した調達、生産体制の確立により、2018年2月および3月は、神戸工場のレッツノートおよびタフブックをあわせた平均月産台数7万台を大きく上回り、過去最高の月産台数を達成。2018年4月以降も、月によっては増減はあるものの、前年並みの実績で推移しているという。

■生産体制を強化へ

 さらに、2020年に向けて、さらなるPC需要の拡大が予測されるなか、神戸工場の生産体制の強化の取り組みにも余念がない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000007-impress-sci
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1535437098/


続きを読む

逆走 カーナビが警告、パナソニック

1: ムヒタ ★ 2018/08/27(月) 15:16:32.28 _USER
 webcartop_gorilla_01-680x512
パナソニックは27日、速度超過の警告など安全運転機能を高めたカーナビの新製品を10月上旬に発売すると発表した。高速道路における逆走を防止するために警告する機能や、赤信号の手前で早めに減速を促す機能などを搭載した。高齢化などにより交通事故件数が増えていることに対応した製品展開を進める。

 「ゾーン30」と呼ぶ機能を初めて搭載した。自動車の最高速度が時速30キロメートルに制限されているエリアをナビ画面に表示し、速度超過があれば音声などでドライバーに警告する仕組み。

 カーナビと同時に発売する自動料金収受システム(ETC)車載器と組み合わせれば、信号が青や赤に変わるタイミングも表示できる。

 同日、大阪市内で記者会見した企画部の川原正明主幹は「高齢化が進んでおり安全に運転したい声が増えていることに対応した」と話す。

 カーナビの価格はオープンで、市場想定価格は8万円前後から。カーナビと連携できるETC車載器は2万1000円前後から。
2018/8/27 14:08
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34626640X20C18A8X20000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1535350592/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ