SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:ソニー

ソニー、360度音楽をアマゾンで配信

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/10/17(木) 17:55:45.00 _USER
list
ソニーはヘッドホンなどを通じ、360度から音楽が奏でられるように聞こえる立体音響技術を使った楽曲を米アマゾン・ドット・コムなどの配信サービスに提供すると発表した。今秋に始める。アーティストがライブ演奏をしている場に入り込んだかのような臨場感を体験できる。まず欧米で1000曲を配信する。日本での展開も検討している。

新技術「360リアリティオーディオ」を活用した楽曲はアマゾンの「アマゾンミュージックHD」ほか、仏音楽配信大手のディーザー、米ナグズネット、米タイダルでも取り扱う。料金は配信サービスごとに異なるが、定額配信となる見通しだ。

空間音響技術を活用した新技術はボーカルやコーラス、楽器などの音源に位置情報を付けて、球状の空間に配置することができる。コンテンツの再生時はアーティストと同じ空間にいるかのような、音に包まれる体験ができる。アマゾンで使うにはAIスピーカーが必要となる。

2019/10/17 14:17
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51075480X11C19A0X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571302545/


続きを読む

説明が分かりにくいのは知的怠慢だ、技術者よ思い上がるな

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/07(月) 13:45:41.35 _USER
pic1
技術者にとって、企業の経営者や事業サイドの人たちの「ITへの無理解」はものすごく腹立たしいはずだ。特に経営者がITを理解していないと本当に困る。しかもITへの無理解は技術者の仕事に対する無理解につながる。そうでなくても日本では技術者の専門性を軽視する企業が多い。ITの専門家としては耐えがたいと思う。

 ITベンダーの技術者もきっと同じ思いだろう。上司から「お客さまに寄り添え」と気色悪い指示を受けているから我慢しているとは思うが、素人化した客のIT部門の無知から来る要求はやはり腹立たしいはずだ。客から「そんなの簡単にできるだろうから、やってよ」などと言われると、「少しはITを勉強しろ!」と叫びたくなるに違いない。

 言うまでもないが、今やITに関する知識はビジネスに必須である。だから、技術者以外のビジネスパーソンはITを学び、業務に必要なら使いこなせなくてはいけない。さらに言えば、誰もがスマートフォンなどのデバイスを持ち、様々なデジタルサービスを利用しながら生活している。その意味で、ITの基本知識は現代を生きていくうえで必須と言ってよい。

 にもかかわらず、である。いまだに多くの経営者が「後は専門家に任せる」と現場に丸投げしており、何かトラブルがあると謝罪会見で無知をさらけ出す。政治家や官僚のITオンチぶりも目に余る。教師の中には、デジタルの時代を生きなければいけない子供たちにITを教えるべきなのに、ITと聞くだけで尻込みする人もごろごろいる。

 そんなわけなので、技術者たちの憤りはもっともだ。誰もが基本的な素養としてITを学んでもらわなければ困る。だが技術者には逆のことが言える。ITの専門家として素人に分かりやすく説明できなくてはならない。分かりやすく説明してこそ、経営者などITの素人に理解を促せるからだ。「分かりやすく説明する」スキルは特にITに限った話ではなく、各分野の専門家に共通する必須スキルである。

 技術者は皆、当然のようにそう思っていると考えていた。ところが最近、ちょっとした“事件”が起こった。Twitterで「技術者は素人に分かりやすく説明できなくてはならない」との趣旨をツイートしたときだ。このツイートは多くの技術者に賛同してもらったが、同時に「そんなわけないだろ!」との批判も数多く寄せられた。もうビックリである。そのツイートは以下の通りだ。

 「難しい事を難しくしか語れない技術者が多い。技術者なのに、なぜ素人に分かるように説明できないのか。難しい事をやさしく説明するのは、専門家としての深い知識が必要だ。反対に、難しく語るのは少し勉強した素人でもできる。だから難しい事を言う技術者は素人(他の分野の専門家)からばかにされる」
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/100300081/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1570423541/


続きを読む

ミッドレンジの「Xperia 8」登場 21:9の6型液晶やデュアルカメラを搭載

1: ムヒタ ★ 2019/10/07(月) 13:49:21.33 _USER
 ソニーモバイルコミュニケーションズが10月7日、Xperiaシリーズの新モデル「Xperia 8」を発表した。また同日に、ソフトバンクがY!mobileブランドで取り扱うことを発表した。Y!mobileでは10月9日に予約を開始し、10月下旬(25日めど)に発売する予定。Y!mobileオンラインストアでの価格は5万4000円(税込み)。
no title


 Xperia 8は、6.0型のワイドディスプレイを搭載した、ミッドレンジのスマートフォン。カラーはWhite、Black、Orange、Blueの4色を用意する。現時点で海外での販売は予定しておらず、国内でのみ販売する。

 「Xperia 1」や「Xperia 5」と同様に、画面のアスペクト比が21:9と縦長のディスプレイを搭載している。なお、ディスプレイは有機ELではなく液晶で、解像度はフルHD+となる。側面をダブルタップして、よく使うアプリや次に使いそうなアプリを呼び出せる「サイドセンス」にも対応している。

中略

 Xperia 1やXperia 5と異なり、本体上部に3.5mmのイヤフォンジャックを装備。ハイレゾ音源の再生に対応する他、音楽ファイルをハイレゾ相当の音質に変換する「DSEE HX」もサポートする。側面には指紋センサーを搭載する。

 プロセッサはSnapdragon 630、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB。バッテリーは2760mAhのものを内蔵しており、バッテリーへの負荷を軽減する「いたわり充電」、一度の充電で長く使える「STAMINAモード」もサポートする。防水性能とFeliCaは対応するが、ワンセグ/フルセグには対応しない。

 本体サイズは約69(幅)×158(高さ)×8.1(奥行き)mm、重量は170g。
以下ソース
2019年10月07日 12時37分
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1910/07/news071.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1570423761/


続きを読む

100キロ先に届くIoT通信、ソニーなどが開始 20年度に全国展開へ

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/30(月) 16:19:36.75 _USER
ソニーネットワークコミュニケーションズ、NECネッツエスアイ、オリックスは9月30日、ソニーが独自開発した通信規格「ELTRES」(エルトレス)を採用した、IoT向けの通信サービスの提供を始めた。低消費電力で長距離通信ができる「LPWA」(Low Power Wide Area)の一種で、まず関東、東海、関西の主要都市を中心に始め、2020年度上期中に全国展開を目指す。

見通し100キロ以上の伝送性能を備え、時速100キロ以上で高速移動する電車などとも通信できるとしている。準天頂衛星「みちびき」や米国GPSなどの衛星測位システム「GNSS」の信号を活用し、位置・時刻情報の取得も可能という。データの送信間隔は3分〜24時間で設定できる。

 こうした特徴を生かし、電波が届きにくい山間部の鉄塔やため池などのインフラ監視、走行中の車両や物流の管理、児童や登山者の見守り──といった活用を見込む。
no title

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/30/news097.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1569827976/


続きを読む

ANAグループが銀行代理業に参入、ソニー銀行と提携でマイル付き外貨定期預金など

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/23(月) 21:14:02.70 _USER
全日空(ANA)とソニー銀行は外貨預金、決済領域で提携する。ANAグループの顧客関連事業を手がけるANA Xが銀行代理業に参入。ソニー銀行を所属銀行とする銀行代理業者として、2019年9月19日からANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET(マルチカレンシーデビットカード)、2019年11月からANAマイル付き外貨定期預金の取り扱いを開始する。

ANAマイル付き外貨定期預金は預け入れ通貨、金額、期間に応じてANAマイルが付与される仕組み。また、マルチカレンシーデビットカードは、国内利用金額に応じたマイルが付与されるのに加え、海外渡航時に現地ATMで現金を引き出すこともできる。

銀行代理業はANAグループ初の取り組み。金融分野との連携、サービス提供で、新たな価値創造を目指すとしている。
no title

https://www.travelvoice.jp/20190917-137838
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1569240842/


続きを読む

ソニー、背水のスマホ戦略 「万人受け」決別

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/19(木) 17:32:30.65 _USER
bdfc4fa3
「これがソニーの世界基準の技術を詰め込んだ新製品だ」。独ベルリンでこのほど開かれた家電見本市「IFA」。現地の記者向けに会見したソニーの石塚茂樹専務はこう宣言し、胸ポケットからスマートフォンを取りだした。秋に欧州などで発売する「エクスペリア5」だ。カメラマンからのフラッシュを一身に浴びた石塚氏には、決意の表情が浮かんでいた。

エクスペリア5は縦長の21対9ディスプレーと3眼カメラが目を引く。瞳に…

[有料会員限定] こ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49952840Y9A910C1X13000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568881950/


続きを読む

ソニー、スマートスピーカー ライブ会場の重低音再現

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/06(火) 19:20:56.64 _USER
29da43b5776dcc3e64f8c49539283d35
ソニーは重低音が響く範囲を広げ、ライブ会場のような臨場感を楽しめるようにしたスマートスピーカーを31日に発売する。米グーグルと米アマゾン・ドット・コムの音声AI(人工知能)に対応。話しかけると天気やニュースなどの情報を読み上げる。ソニーの上位モデルのスピーカーと同じ部品を採用。角度の工夫などにより、重低音が広範囲に響くようにした。

グーグルの「グーグルアシスタント」を搭載した「SRS-XB402G」とアマゾンの「アレクサ」を搭載した「SRS-XB402M」の2機種を用意した。「ライブサウンドモード」を使うと、歓声、拍手なども効果的に再生できる。

防水、防じん機能を備えたほか、さびにも強く、水洗いができるようにした。お風呂やキッチンや海辺での使用も可能。充電すると最大12時間再生できる。

本体の重量は1.5キログラム。高さは19.5センチメートル、幅は14.3センチメートル。想定価格は税別2万7000円前後。同社の公式通販サイトと全国の量販店で販売する。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48276980W9A800C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1565086856/


続きを読む

ソニーのスマホ事業が黒字化、オペ費削減が貢献──Q1決算

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/30(火) 20:21:49.92 _USER
bdrddims
3年連続の赤字に喘ぎ、投資家からは撤退を求める声もあったソニーのスマホ事業。2019年度Q1の連結業績決算では営業利益が10億3900万円と黒字に。前年同期(2018年度Q1)は108億円の赤字でした。

一方で売上高は1005億円と、前年同期比で15%(298億円)減少しました。これは、スマートフォン販売台数が減少したことや、為替の悪影響があったため。一方、徹底的なオペレーションコストの削減により黒字を確保しました。
「Xperia 1」でもスマホ販売は減少見通し
なお、「Xperia 1」の発売後もスマホ販売台数は減少が続く見通しです。この背景について十時裕樹氏(専務CFO)は次のように説明します。

『海外の中価格帯モデルの販売台数が当初計画した通りに行っていない。また、日本では10月から端末代金と通信料金の分離が取り沙汰されているが、これを受け我々の顧客であるキャリアさまは慎重に市場動向をみられており、我々もそれに合わせて見方を慎重にしているという側面がある』(十時氏)

5G時代の本格到来に備え、赤字を垂れ流しながらもスマホ事業を存続させてきたソニーは、「稼げるXperia」の実現に向けた体質転換を急いでいます。ソニーは2020年度のスマホ事業の黒字化に向けて調達費・人件費を含めたトータルのコストを半減させる姿勢を示してきましたが、この前倒しでの達成がQ1決算で示唆された格好です。
https://japanese.engadget.com/2019/07/30/q1/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1564485709/


続きを読む

nasne、ついに出荷完了。発売から約7年、後継機は未定

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/26(金) 18:18:43.86 _USER
svvs01_s
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、近日出荷完了予定とアナウンスしていたネットワークレコーダー「nasne(ナスネ) CUHJ-15004」を、出荷完了したことをnasneの製品情報ページで26日に告知した。

既報の通り、同社広報によれば後継機やHDD容量増モデルなどは現時点で予定していないという。また、nasneにはトルミル機能などのサービスが含まれているが、それらがすぐに利用できなくなる事はなく、「しばらくは継続してご利用いただける」としている。

nasneは、地上/BS/110度CSデジタル放送のレコーダーとして動作するほか、NASとしても利用できる製品。保存したテレビ番組などを、PlayStation製品やスマートフォン、タブレット、PCなど、様々な機器から再生できる。高速かつ快適な動作で再生や予約録画ができるアプリ「torne(トルネ)」も特徴。

nasne初代機で500GB HDDを搭載した「CECH-ZNR1J」は2012年に発売。今回出荷完了が発表された「CUHJ-15004」は1TB HDDを内蔵したモデル。
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1198449.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1564132723/


続きを読む

ソニー、世界初の6100万画素センサーを搭載したフルサイズミラーレス「α7RIV」発表

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/17(水) 01:13:56.31 _USER
 ソニーは7月16日、新型フルサイズミラーレス「α7RIV」を発表した。発売は2019年9月ごろを予定しており、価格は3500ドルを予定している。

これは、同社のフルサイズミラーレスカメラの高画素シリーズである「α7R」の最新モデル。イメージセンサーは、裏面照射型「Exmor R」を採用。画素数を、従来モデル「α7RIII」の約4240万画素から、世界初の約6100万画素に引き上げた。APSサイズにクロップしても2620万画素を確保する。ダイナミックレンジは15段を実現。ISOは100〜3万2000、拡張感度で10万2400まで引き上げることができる。

 ボディはα7RIIIから大きく変更点はないものの、露出補正ダイヤルにロック機構が設けられた。EVFは、前モデルの368万ドットから576万ドット(0.78倍)に高解像度化。タッチ対応の液晶パネルは、3インチ144万画素で上下のチルトをサポートする。また、前モデルと同様デュアルスロットを採用するが、α7RIVからは両スロットとも高速伝送が可能なUHS-IIに対応した。そのほか、USB-CやWi-Fiでの接続を高速化。Wi-Fiは5GHz帯に対応することで、ワイヤレスでのテザー撮影などが利用しやすくなった。

そのほか、約5.5段分のボディ内5軸手ブレ補正、AF/AE追随で秒間10コマの連写性能(バッファの増強によりフル解像度で68コマまで連写可能)、像面位相差用のAFポイントは399点から567点に増加しAF性能を大幅に向上。瞳AFも写真だけでなく動画でも利用可能となった。さらに、ピクセルシフトにより2億4000万画素の撮影に対応する。

 動画性能は、4K/30fps、1080p/120fpsでの撮影に対応。Super35mmモードでは、4Kの2.4倍の情報量がある6Kをベースに4K撮影が可能となり、より鮮明な動画撮影を実現する。そのほか、S-Log2や14段のダイナミックレンジを確保するS-Log3、HLGでの撮影もサポートする。動画性能に関しては、α7RIIIの仕様を引き継いでいるようだ。

 オプションとして、バッテリーを2つ搭載できるグリップ「VG-C4EM」、8つのマイクを搭載した新型ショットガンマイク「ECM-B1M」、XLRマイクを接続するアダプター「XLR-K3M」をラインアップする。
no title

https://japan.cnet.com/article/35139975/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1563293636/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ