SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:ソニー

ソニー銀行、勘定系システムをAWSに移行へ 大阪リージョン開設を機に決断、クラウドオンリーな銀行に

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/20(月) 21:08:21.15 _USER
sh_sg_01
ネット銀行のソニー銀行は1月20日、勘定系を含むほぼ全てのシステムをAmazon Web Services(AWS)に移行する方針を発表した。2013年から、社内システムや周辺系システムをAWSに段階的に移行してきたが、より広範囲にわたるシステムをAWSに置き換えることで、運用に要するコストや時間をカットし、業務を効率化する狙い。

 勘定系システムは、銀行口座における入出金の管理や残高の更新などを担っている。障害などで停止すると各方面に影響を及ぼす他、仕組みが複雑であるため、クラウド移行に慎重になる金融機関が多かった。そうした中でAWSは、東京リージョンに加え、21年初頭に大阪で通常リージョンを開設することを決めた。これにより可用性・耐障害性の向上が見込まれることから、ソニー銀行はAWSへの移行に踏み切ったとしている。

時期や詳細などは決まっておらず、これから詰めるという。ただ、既存のシステムをそのままAWSに移すのではなく、クラウドのメリットを最大限に活用できるクラウドネイティブな仕様に作り替えることはおおむね決まっている。具体的には、アプリケーションをマイクロサービス化してコンテナ上で稼働させたり、サーバレス技術を採用したりする予定だ。

 ソニー銀行の福嶋達也執行役員は「当行は(東京リージョンに加えて)現行の大阪ローカルリージョンも利用しており、仮想サーバやバックアップなどで活用してきたが、利用できる機能が制限されていた。大阪での通常リージョン開設を機に、サーバレス系のサービスやコンテナをサポートするサービスなどをマルチリージョンで使っていきたい」と語った。

ソニー銀行は01年に創業。ベンダーがオーダーメイドで構築したオンプレミス型のシステムを使用していたが、13年からAWSを使い始め、初期費用とランニングコストを50〜60%削減した。19年からは財務会計システムに「Oracle EBS」を導入してAWS上で稼働させている他、CRM(顧客管理システム)にSalesforceを導入するなど、AWS以外のベンダーも含めたクラウドサービスを積極的に活用している。

 今夏には営業店で使用する端末を、AWSが提供する仮想デスクトップサービス「Amazon Workspaces」に移行する計画もあるという(社内端末は移行済み)。今後も金融機関に固有の特殊な専用機を除き、クラウド活用をさらに加速させる考えだ。

 福嶋執行役員は「クラウド活用を始めてから、われわれはクラウドファーストではなく、クラウドオンリーでモノづくり(システム構築)をしてきた」と語り、クラウドの採用を第一に考えるのではなく、クラウド利用を前提にシステムを設計してきたことを強調した。

 さらに、19年夏にAWSで障害が発生したことにも言及し、「マルチリージョンに対応したため、障害についての懸念はしていない。オンプレミスよりも高い可用性が期待できるだろう」と前向きな見方を示した。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/20/news127.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579522101/


続きを読む

ソニー、時価総額10兆円回復 2000年9月以来

1: ムヒタ ★ 2020/01/10(金) 14:14:48.88 _USER
0ee0e389247b8a04cce905e524304b42
(9時25分、コード6758)ソニーの時価総額が10兆円の大台を回復した。10兆円回復は2000年9月29日以来、約19年3カ月ぶり。きょうの株価は5日続伸し、一時は前日比111…
2020/1/10 9:31
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10H4K_Q0A110C2000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1578633288/


続きを読む

ソニー、CES 2020で新たな提案「VISION-S(ビジョン エス)」の試作車を展示

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/07(火) 15:06:09.37 _USER
no title

「VISION-S(ビジョン エス)」の試作車

 米国ネバダ州ラスベガスで行なわれている世界最大の技術見本市「CES 2020」にてソニーが、モビリティにおける安心・安全から、快適さやエンタテインメントなども追求する取り組みを、新たに「VISION-S(ビジョン エス)」として推進し、その試作車を展示した。

 本試作車は、ソニーのイメージング・センシング技術をはじめ、AI(人工知能)や通信、そしてクラウド技術も活用した車載ソフトウェアの制御により、機能が継続的にアップデートされ進化し続ける。車内外の人や物体を検知・認識し、高度な運転支援を実現するために、ソニーの車載向けCMOSイメージセンサーやToF(Time of Flight)センサーなど数種類のセンサーを合計33個配置。また、没入感のある立体的な音場を実現する音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」を、各シートに内蔵されたスピーカーで提供する。フロントシート前方にはパノラミックスクリーンを搭載し、直観的操作で様々なエンタテインメントコンテンツを楽しめる工夫も施されている。

 ソニーは最先端テクノロジーを組み合わせることで、安心・安全かつ、新たな感動をもたらす車内エンタテインメントの実現を目指す。

(画像は >>2 にまとめてあります)

□モビリティにおけるイメージング・センシング技術の進化
「Safety Cocoon(セーフティコクーン)」は日常のさまざまなドライブシーンにおいて、自動車の周囲360度を検知し、早期に危険回避行動を支援することでクルマの安全性を高める安全領域のコンセプト。ブースでは、コンセプトの実現を支えるソニーのイメージング・センシング技術の進化を紹介。以下の技術をはじめとする人の眼を超えるテクノロジーにより、安心・安全で快適な移動体験の実現に貢献するという。

・これまで認識が困難だったシーンでも、対象物の正確な認識を可能にする、高感度、高精細、広ダイナミックレンジとLEDライトのちらつきの抑制を両立するCMOSイメージセンサー。
・長距離かつ高精度な測距技術により立体空間を3Dで正確に把握するソリッドステート式LiDAR(ライダー)。
・さまざまなセンシングデバイスの特長を融合させ、霧・逆光・夜間の雨といった画像認識の厳しい環境下でも早期の正確な物体認識を可能とするセンサーフュージョン。
・車内の人や物体の距離情報を検知・認識することで、ジェスチャーコントロールの直感的な操作などを可能とするインフォテインメントシステムを実現し、さらに安全性・快適性を向上させるToFセンシングソリューション。

VISION-S prototype vehicle product movie - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=-6fHmNvvEcE



VISION-S prototype vehicle concept movie - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=j1RAdaSFWkM



Automotive CMOS Image Sensor:Safety Cocoon Concept - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=iqM5m65Flug



引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1578377169/


続きを読む

ソニー、大阪に関西初のCMOSイメージセンサー設計開発拠点を開設

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/12/23(月) 14:50:18.65 _USER
ソニーは、CMOSイメージセンサーの事業拡大に向けて、ソニーセミコンダクタソリューションズ 大阪オフィスを開設する。ソニーとして関西で初めてのCMOSイメージセンサー設計開発拠点として、2020年4月1日の設立を予定。設計開発能力を強化する。
no title


大阪オフィスの開設により、ソニーは「関西における優秀なアナログ設計エンジニア、ロジック設計エンジニアなどの人材獲得を通じて、今後も市場拡大が見込まれるモバイル機器やIoT市場向けのCMOSイメージセンサー設計開発能力を強化し、製品ラインアップの拡充を目指す」とコメントしている。

所在地は大阪府大阪市北区中之島2丁目3-33 大阪三井物産ビル 15階。フロア面積は約1,540m2。

関連リンク
ソニー
https://www.sony.co.jp/
ニュースリリース
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201912/19-122/

2019年12月23日 13:32
AV Watch
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1226107.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1577080218/


続きを読む

ソニー株、12年半ぶり高値 21年3月期の業績期待

1: 田杉山脈 ★ 2019/11/30(土) 01:19:26.73 _USER
bd81a2a97e292acb243793afa0eede8a
ソニー株が29日、一時前日比2%(131円)高の7028円と2007年6月以来、12年半ぶりの高値をつけた。カメラ用半導体が好調で21年3月期の業績の伸びに期待が高まっている。10年以上かけて進めてきた電機中心からゲームや音楽、映画で稼ぐ収益構造への見直しも評価される。今後は20年に発売予定の新型ゲーム機が焦点になりそうだ。

29日は、前日付でJPモルガン証券が投資判断を「中立」から「最上位」へ…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52780890Z21C19A1DTA000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575044366/


続きを読む

ソニー、AI人材などに年収1100万円 上限設けず

1: ムヒタ ★ 2019/11/20(水) 06:14:52.21 _USER
1f092c1937c94083a7c730af5e315457
ソニーは2020年度、人工知能(AI)の開発などで専門的なIT(情報技術)スキルを持つ社員に従来より4割多い年収1100万円以上を支払う制度を始める。上限額を設けず柔軟に給与水準を決める。AI研究に特化した組織も19年内につくり、社内のデジタル人材を底上げする。

高度の専門知識を持ち、高い年収を得る一部の専門職を対象に労働時間の規制を外す「高度プロフェッショナル制度」を活用する。係長クラスや主任…
2019/11/20 1:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52351010Z11C19A1TJ2000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1574198092/


続きを読む

ソニー、米番組制作会社を完全子会社化 414億円で

1: 田杉山脈 ★ 2019/11/19(火) 10:25:13.70 _USER
508e1cf12194ef3513b0fc329affb454
ソニーは19日、米テレビ番組制作会社のゲーム・ショー・ネットワーク(GSN)を完全子会社化したと発表した。ソニーグループが58%の株式を保有していたが、米通信大手のAT&Tが保有する残りの42%の株式を3億8000万ドル(約414億円)で取得した。ゲームや映画事業などでの相乗効果を狙う。

ソニーの映画子会社、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの子会社を通じて取得した。GSNは1994年に開局し、クイズ番組などに強みを持つ。完全子会社化によるソニーの2020年3月期の業績への影響は軽微としている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52335590Z11C19A1EAF000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1574126713/


続きを読む

液晶テレビ市場、ハイセンスがパナとソニーを抜く

1: 田杉山脈 ★ 2019/11/04(月) 17:45:17.76 _USER
全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、液晶テレビの週次販売台数で、Hisense(ハイセンス)がパナソニックとソニーを抜いて3位に浮上していることが分かった。

ハイセンスの販売台数シェアは、消費増税前の9月は伸び悩んでいたが、増税後に一気に加速。ライバルのシェアが落ち込む中、順調に右肩上がりを続け、10月4週目には僅差で3位に躍り出た。画面サイズ別の販売台数比率をみると、増税後はハイセンスの得意とする20〜30型台の需要が伸びており、シェア拡大を後押しした。

ハイセンスの製品は平均単価がトップ5社の中でも安価で、増税後の割安感が人気を呼んだとみられる。同社がトップ3に立つのは23週ぶり。年末商戦への弾みにしたいところだ。
no title

https://www.bcnretail.com/market/detail/20191102_143623.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1572857117/


続きを読む

NTT、次々世代「6G」でインテルやソニーと連携

1: ムヒタ ★ 2019/10/31(木) 09:15:25.51 _USER
5G-6G
NTTとソニー、米インテルは31日、2030年ごろの実用化が見込まれる次々世代の通信規格「6G」で連携すると発表した。光で動作する新しい原理の半導体開発などで協力するほか、1回の充電で1年持つスマートフォンなどの実現を目指す。20年春に日本で商用化する5Gでは後じんを拝した日本勢だが、6Gでは米企業と連携して巻き返しを狙う。

3社は20年春にも米に業界団体を共同で設立。中国なども含めて世界の有力企業の参加を受け付ける。数年間で通信方式の規格や情報処理に使う半導体チップの仕様を決める。関連特許の取り扱いなどは今後詰める。

NTTは消費電力が従来の100分の1で済む光で動作する半導体チップの試作に成功している。インテルやソニーと組み、半導体チップの量産化に向けた技術開発を加速できるとみている。

NTTは6Gでの主導権を握る狙いで、「IOWN(アイオン)」と呼ぶネットワーク構想を6月に発表した。世界標準になることを目指し、有力企業に参加を呼びかけている。標準技術となるかどうかは、追加で業界団体に参加表明する企業数や顔ぶれが大きく左右する。

5Gでは半導体技術は米クアルコム、基地局ではフィンランドのノキア、スウェーデンのエリクソンが多くの特許を保有するなど規格を主導する。中国の華為技術(ファーウェイ)も技術力を高めて特許数が急増している一方、日本企業は特許数で見劣りするなど主導権を握れていない。NTTはこうした反省から、世界でも早期に6G対応に動く考えだ。
2019/10/31 9:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51617860R31C19A0EAF000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1572480925/


続きを読む

ソニーの今期、営業益6%減に上振れ 半導体事業が好調

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/10/30(水) 15:50:27.12 _USER
vせvsindex
ソニー(6758)は30日、2020年3月期の連結営業利益(米国会計基準)が前期比6%減の8400億円になる見通しだと発表した。9%減の8100億円としていた従来予想を上方修正した。スマートフォン向けの半導体の販売が好調で利益を押し上げる。

売上高は3%減の8兆4000億円と従来予想(1%減の8兆6000億円)から下方修正した一方、純利益は41%減の5400億円(同45%減の5000億円)に引き上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2019/10/30 15:12
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL30HO1_Q9A031C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1572418227/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ