SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:ソニー

「ソニーの復活」を真に受けていいのか

1: ノチラ ★ 2017/08/14(月) 12:31:48.24 _USER
5000億円以上。ソニーが4月に発表した、今期(2018年3月期)の連結営業利益の見込みである。実現すれば前年比73.2%増、過去最高を記録した1998年3月期の5257億円に迫る数字となる。その理由は、デジタルカメラの画質を左右するスマートフォン向けのイメージセンサーが好調であることや、金融やゲームの事業が引き続き高い利益を出していることなどが貢献しているためだ。市場はこの業績予測を好感し、発表前の4月後半から株価も上昇している。

長らく不振にあえいでいたソニーにとって明るい話であることには違いない。業績予測が出た途端、「ソニー復活!」といった報道が目立つようになった。しかし今期の見通しだけで、判断するのは早計ではないか。ソニーの歴史を振り返りながら、私なりの視点を加えて分析してみたい。
中略

それではメディアが「復活」の根拠とする、今期の営業利益5000億円以上という数字に疑問の目を向けてみよう。売上高営業利益率を見れば、ようやく5〜6%。グローバルメーカーのトップクラスは2桁が当たり前だから、それに比べて水準が低すぎる。
no title


しかも昨年度は映画事業で1121億円の営業損失を計上し、電池事業を売却している。また、熊本地震で半導体工場が被災し、その分の損が出ている。それらのマイナスを差し引くだけで、今期は目立った動きがなくても昨年度より1500億円ほど営業利益が増えるのだ。そこにイメージセンサーが伸び、ゲーム事業もちょうど収穫期に入ったのだから、5000億円以上の営業利益が出ても驚くに値しない。収益構造は相変わらずのままだ。

注目すべきは数字よりもソニーの体質である。現在のソニーは私たちのライフスタイルを一変したり、新しいマーケットを創造したりできる企業へと戻りつつあるのか。

今世紀に入って、世界的なイノベーションを生み出したのはアメリカ企業ばかりだ。アップル、グーグル、アマゾン、フェイスブック……。インターネットの世界で覇権を握っているのも圧倒的にアメリカ企業である。70年代、80年代にソニーを中心にした日本のエレクトロニクス業界や、日本の自動車業界はイノベーションでアメリカ企業を追い落とした。しかし90年以降、アメリカはもう一度イノベーションを取り戻して復活したのである。

近年、アメリカ企業の復活、アジア企業のキャッチアップという大きな流れがしばらく続いている。その中で、ソニーほか日本のメーカーが劣勢に追いやられている構図に変化はない。

ソニーは事業領域が広すぎるのも大きな問題だ。日本を代表するものづくり企業だったのが、90年代に金融やエンターテインメントなどに拡大したため、企業のアイデンティティがぼやけてしまった。「ソニーは何をする会社か?」と質問されて一言で答えられる人は少ない。

はたして社内にもどれだけいるか。ソニー内部には「アップルのような会社になりたい」と望む人もいる。しかし現実の稼ぎ頭は半導体、ゲーム、金融だ。もう一度イノベーターを目指すにしても、アップルほどの開発力を発揮するのか、フィンテック(ファイナンス・テクノロジー)で攻めて金融界の破壊者になるのか、半導体などのものづくりを極めるのか、あるいはエンターテインメントの世界で覇権を握るのか、そういった将来像をハッキリさせる必要がある。

本来はそれがトップの仕事だが、平井一夫社長にはそのビジョンが見えないのではないだろうか。平井社長は主に音楽やゲームといったエンターテインメント畑で豊富な経験を積んできた一方で、エレクトロニクスや半導体の事業に明るいとはいえない。ソニーの全体最適を判断するには、現在は赤字でも将来はコア事業に育てるから投資を続ける、またはIoT時代を見据えて不要な事業は切り捨てる、といった大胆な決断が必要となる。

アメリカの経営者は、第4次産業革命に突入する中で、「10年後、自分たちはこうやって世の中を変える」といった夢のあるビジョンやメッセージを打ち出す。たとえば実業家のイーロン・マスクが、13年、7年後から10年後にサンフランシスコとロサンゼルスの約600キロを新輸送システム「ハイパーループ」によって30分程度で結ぶと発表したように。ソニーのイメージセンサー程度では10年後のメッセージにほど遠く、会社としての魅力が感じられない
http://president.jp/articles/-/22768
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502681508/


続きを読む

PS4の販売が振るわないソニー、米紙が2018年の「PS5」発売を予想

1: フラのベランダー ★ 2017/08/06(日) 06:18:02.76 _USER9
e2adb_1522_ae051253_9289db6f-m
ソニーは8月1日、今年4〜6月期の四半期決算を発表。
営業利益は1500億円を突破し、過去最高を記録したが、プレイステーション4(PS4)の販売が振るわない。
スマホ向け画像センサーが業績を牽引し、熊本地震関連の保険金の受取りも営業利益に寄与した一方、PS4の出荷台数は昨年の同四半期の350万台から330万台に減少した。

ウォールストリート・ジャーナルは、2013年にリリースされたPS4の技術が古くなっていることが販売減少の一因だとし、2018年にはPS5が発表されると予想した。
また、マッコーリーキャピタル証券のアナリスト、Damian Thongも「2018年後半にプレイステーション5(PS5)がリリースされる」と予想しているが、Wedbush SecuritiesのMichael Pachterをはじめ数人のアナリストは、2019年になるとしている。

筆者もPachterらと同意見だ。現状の市場環境を見渡したとき、ソニーが2018年にPS5をリリースすることは合理性に欠ける。
まず、ソニーはゲーム機市場において断トツのトップシェアを誇っている。
PS4の販売台数は6000万台を突破し、Xbox OneやWii U、ニンテンドースイッチを遥かに上回る。

PS4の特徴は、半世代分のアップグレードである「PS4 Pro」がリリースされていることだ。
ソニーは同世代ハードウェアの中でよりハイエンドなゲーム機を提供したことで、従来のゲーム機に比べてライフサイクルを長期化することに成功した。
このため、Proの発売から1年半しか経っていないタイミングでPS5をリリースするのは、間隔があまりにも短い。

さらに、ソニーは「The Last of Us 2」や「God of War」などのビッグタイトルを近くリリースする予定だ。
これらのタイトルは次世代ゲーム機でもプレイできるかもしれないが、PS4を主たるプラットフォームとして開発されている。
2018年もPS4の拡販が期待できるのに、PS5をリリースするのは機会損失を招くことになる。

■ PS5のリリースは2019年が有力

これらの理由から、PS5をリリースするのであれば、2019年が最適なタイミングだと言える。
2019年は、PS4の発売から6年後、PS4 Proの発売から3年後に当たる。
ソニーが再びPS4 Proのようなアップグレードを行うのか、次世代ゲーム機をリリースするのかは不明だが、恐らく後者の可能性が高いだろう。

2019年のホリデーシーズンのリリースとなれば、マイクロソフトのハイエンドゲーム機「Xbox One X」のリリースから2年後、ニンテンドースイッチのリリースから2年半後となり、
両社にとっては大きな脅威となる。かつて、ソニー、マイクロソフト、任天堂はゲーム機をほぼ同じ時期にリリースしてきたが、現在ではタイミングがバラバラになっている。

2019年であれば、新ハードウェアをリリースするのはソニーだけになる可能性が高く、それまでにPS4の販売をさらに増やすことができる。
ソニーが仮に2018年のゲーム見本市「E3」でPS5のティーザーを発表するとしても、公開する情報は最小限に留めるだろう。
同社は冬か春での発表に向けて準備を進め、2019年の秋か冬にリリースする可能性が最も高いと思われる。

http://news.livedoor.com/article/detail/13434344/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501967882/


続きを読む

ソニー、すっきりデザインで使いやすいノイズキャンセリング「ウォークマン S」

1: ノチラ ★ 2017/08/05(土) 16:45:11.65 _USER
170804_sony_01
ソニーは8月4日、「ウォークマン」シリーズにエントリークラスの「ウォークマン S310/ S310K」を追加したと発表した。音楽再生と語学学習に特化したシンプルユーザーインターフェースを備える。発売は9月9日。
no title


内蔵メモリが4Gバイトの「NW-S313」(想定税別価格:1万2000円前後)と16Gバイトの「NW-S315」(同:1万6000円前後)の2モデルを用意する。

 デジタルノイズキャンセリング機能を備え、電車・バス、航空機、室内とリスニング環境に合わせ、周囲の騒音をカット。任意の地点を指定してリピート再生できる「A-Bリピート」や約3秒再生位置を戻す「クイックプレイ」など、語学学習に使える機能も搭載する。

 サイズは高さ94.5mm×幅43.5mm×奥行き9.1mmで、重量約53g。リチウムイオン充電池を内蔵し、約52時間の使用に対応する。

 ボディカラーはブルー、ライトピンク、ホワイト、ビビッドピンク、ブラックの5色。4Gバイトモデルはブルー、ライトピンク、ブラックの3色をそろえる。

 あわせて、スピーカを付属した「NW-S315K」(16Gバイトモデル、想定税別価格:1万9000円前後)、「NW-S313K」(4Gバイトモデル、同:1万5000円前後)もラインアップする。
https://japan.cnet.com/article/35105338/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501919111/


続きを読む

ソニー、1カートリッジで330TBを実現する世界最高密度の磁気テープ技術

1: ノチラ ★ 2017/08/03(木) 14:07:09.70 _USER
ソニー株式会社は、8月2日より開催されている「The 28th Magnetic Recording Conference (TMRC 2017)」にて、テープストレージメディアとして業界最高となる、面記録密度201Gbit/平方インチの磁気テープストレージ技術を、IBMチューリッヒ研究所と共同開発したことを発表した。

 面記録密度201Gbit/平方インチは、従来磁気テープメディア(9.6Gbit/平方インチ)の約20倍に相当し、カートリッジ1巻で換算すると、従来テープが15TBの記録容量に対し、約330TBの大容量データ記録を可能とするという。

 磁気テープは、長期保存性、低消費電力性能、コスト優位性、省スペースなどの点において、データストレージメディアとしての高い将来性が評価されている。

 テープストレージメディアの高記録密度化のためには、磁気テープと磁気ヘッドの距離を狭くすることが重要だが、スペーシングの縮小にともない、テープ表面と磁気ヘッドの接点の摩擦が上昇する傾向がある。より高速かつ高容量な記録/再生のためには、摩擦を抑え、磁気ヘッドがテープ表面を滑らかに走行できるようにする必要があった。

 今回の磁気テープ技術において、ソニーはテープ表面と磁気ヘッドの間に塗布する潤滑剤を新たに開発。潤滑剤は、テープ表面と磁気ヘッドの走行摩擦を抑える低摩擦特性と、テープ磁性面と潤滑剤の接合を維持するための高耐久性という二つの特性を実現したという。

 また、一般的に磁気テープの成膜時には、製造装置から発生する不純物ガスの影響により、磁性膜の結晶配向の乱れや、大きさのバラつきが生じることが課題となっていたが、今回、不純物ガスの発生を抑える新たなプロセス技術を開発し、それを平均7nmの磁性粒子サイズというナノ・グレイン磁性膜の成膜に用いることで、長尺成膜を実現。この技術により、1,000mを超えるテープ長が必要な、テープストレージカートリッジ製造の基礎となるプロセス技術を確立したとする。

 IBMチューリッヒ研究所は、記録/再生用ヘッドや先進的なサーボ制御技術、信号処理アルゴリズムなどを開発し、ソニーは、磁気テープ技術とそれらとを組み合わせることで、面記録密度201Gbit/平方インチを達成した。

 ソニーでは、本テープ技術を採用した大容量の次世代テープストレージメディアの商品化を目指すとともに、さらなる高記録密度化に向け、磁気テープ技術の開発を進めていくとしている。
no title

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073918.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501736829/


続きを読む

ソニー、77型の4K有機ELテレビ「BRAVIA A1 KJ-77A1」。実売250万円 8月5日から発売

1: trick ★ 2017/07/15(土) 01:39:58.41 _USER
ソニー、77型の4K有機ELテレビ「BRAVIA A1 KJ-77A1」。実売250万円 - AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1069832.html
no title

 ソニーは4K有機ELテレビ「BRAVIA A1シリーズ」の77型モデル「KJ-77A1」を8月5日から発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は250万円前後。

 6月に発売したソニー初の4K有機EL BRAVIAは55型と65型の2サイズ展開だったが、77型の「KJ-77A1」を追加。3サイズ展開とする。

 画面サイズ以外の基本仕様は共通で、77型/3,840×2,160ドットの有機ELパネルと、HDR対応の高画質プロセッサ「X1 Extreme」を搭載。自発光デバイスである有機ELパネルを活かし、Ultra HD Blu-rayなどのHDR高画質を引き出すという。広色域なトリルミナスディスプレイやデータベース超解像を行なう「4K X-Reality Pro」も搭載している。

 HDR信号は、Ultra HD Blu-rayなどで採用されている「HDR 10」に加え、4K放送で採用される「Hybrid Log Gamma(HLG)」に対応。またDolby Visionにも今後のアップデートで対応予定。なお、3Dには非対応。

 前面がほぼ映像表示画面となっており、その裏側に映像処理系やサブウーファを内蔵したデザインを採用。画面は5度上方向に傾いており、ローボードや床置きでの映像の見やすさを高めている。

 また、BRAVIA A1シリーズの特徴である、テレビの画面そのものを振動させる「アコースティックサーフェイス」を搭載。画面を振動板として利用するもので、4基のアクチュエータと1基のサブウーファによる2.1ch構成を採用。総合出力は50W「画面自体から音が出る」ため、自然なリップシンクやセリフの聞こえやすさを実現し、「映像のリアリティを向上する」という。デジタルアンプのS-Masterやフロントサラウンド技術の「S-Force Surround」、AACなどの圧縮音源を補間して高音質化する「DSEE」も搭載する。
http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1069/832/s03_s.png
 チューナは、スカパー! プレミアムサービスチューナ×1と、地上/BS/110度CSデジタル×2。別売の外付けUSB HDDを接続し、番組録画も行なえる。USB端子×3を装備。EthernetとIEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetoothを備えており、映像配信サービスの視聴やスマートフォン連携(Video & TV SideView)が行なえる。

 OSはAndroid TVで、映像/音楽配信サービスや写真やゲームアプリ、検索などに対応。Google Playからのアプリダウンロードや、Chromecast built-inによるスマートフォンからのコンテンツ出力操作に対応する。

 Netflixや、ひかりTV、Hulu、Amazonビデオ、dTV、YouTube、DAZN、スポナビライブ、AbemaTVなどの映像配信サービスに対応。Google Play Movieにも対応し、リモコンに専用ボタンを備えている。

 録画やYouTubeなどのネットサービス、好みの番組ジャンルなどに、ワンボタンでアクセスできる「番組チェック」にも対応。「かんたんメニュー」により、番組を見ながら画面下に表示したUIを確認し、番組表の起動やHDMI入力切替が行なえる。

 リモコンは音声操作対応で、録画番組検索やYouTubeの検索などが可能。ソニー独自の音声解説技術により、音声予約や絞込み検索機能を新搭載し、時制(いつ)×キーワード(何を)×アクション(録画/再生)による操作に対応。例えば、「今週末のお笑い番組を予約」といった文章で、録画予約が行なえる。

 HDMI入力は4系統で、HDMI2/3入力が4K/60p 4:4:4対応。コンポジットビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1(サブウーファ兼用)などを装備する。消費電力757W。年間消費電力量は404kWh/年。スタンドを含む外形寸法は172.1×39.9×99.3cm(幅×奥行き×高さ)、重量は45.3kg(本体のみは37.8kg)。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1500050398/


続きを読む

ソニー、有機ELテレビ「ブラビア A1」に77V型モデル--実勢250万円

1: ノチラ ★ 2017/07/11(火) 19:46:54.34 _USER
 ソニーは7月11日、有機ELパネルを採用した「ブラビア A1」シリーズの77V型モデル「KJ-77A1」を8月5日に発売すると発表した。ソニーストアでの税別価格は250万円になる。
no title


ブラビア A1は、ソニー初の有機ELテレビ。5月に発表しており、65V型の「KJ-65A1」(ソニーストア税別価格:79万9880円) と、55V型の「KJ-55A1」(同:49万9880円)は6月10日に発売済み。77V型のみ発売時期を秋以降としていた。

 3840×2160ピクセルの4K有機ELパネルを搭載し、従来の「X1」に比べ、約1.4倍の処理速度を持つX1 Extremeにより、各高画質機能に最適な信号処理をすることで、高画質再生を実現。SDR映像をHDR映像相当にアップコンバートする「HDRリマスター」も備える。スピーカ部はなく、有機ELパネル背面の左右にアクチュエータを配し、画面を振動することで音を出すアコースティック サーフェスを搭載。画面から音が出るため、画面と音が一体となった映像再生体験ができる。

 77V型のサイズは、高さ99.7cm×幅172.1cm×奥行き9.9cmで、重量約37.8kg。消費電力は757Wになる。
no title

no title

https://japan.cnet.com/article/35104105/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1499770014/


続きを読む

東芝とソニーの明暗 10年前、有機ELテレビ参入めぐり争ったが2社だが…

1: ノチラ ★ 2017/07/11(火) 14:47:22.19 _USER
78index
東芝株が8月1日付で日経平均株価の構成銘柄から外れることが決まりました。債務超過で東証2部に降格するので当然といえば当然なのですが、時代の変化を感じずにはいられません。

 先日資料の整理で2007年のスクラップ帳をめくっていたら、「東芝とソニーが有機ELテレビ参入をめぐり、ライバル心をむき出しにしている」という記事をみつけました。あれから10年、ソニーは経営危機を経て復活しましたが、東芝がどうなったかはご存じの通りです。

 ソニーは結局、いったん撤退した有機ELテレビに今年、再参入しました。東芝も有機ELテレビを販売していますが、大画面パネルはいずれも韓国メーカー製です。各社が自前でのパネル生産で競っていた時代とは隔世の感があります。当時は三洋電機も業績が悪化しながらも存在していて、エルピーダメモリも健在でした。

 ちなみに株式相場の記事では、「安倍政権(当時)が7月の参院選で負けたら株価が下がる」と予測する記事もありました。あれから10年、日経平均は2万円の水準にありますが、政権には再び危機が訪れているようです。(N)
http://www.zakzak.co.jp/eco/news/170711/eco1707110012-n1.html
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1499752042/


続きを読む

「aiwa」ブランド復活 ソニーが譲渡

1: trick ★ 2017/06/20(火) 02:30:44.72 _USER9
64
「aiwa」国際分業で復活 ソニー、ブランド譲渡  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17859360Z10C17A6TI1000/
2017/6/20 2:00日本経済新聞 電子版
 ステレオなどのAV(音響・映像)機器で知名度が高かった「aiwa(アイワ)」ブランドが復活する。ソニーが持っていたブランド使用権を国内EMS(電子機器の受託製造サービス)企業が取得。音楽プレーヤーや4Kテレビなどを中国で製造し、今秋から日本内外で売り出す。アジアを中心にEMSの裾野が広がったことで、国際分業による老舗ブランドの再挑戦が可能になった。

 アイワブランドはソニーがオーディオ機器などで2…
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497893444/


続きを読む

ソニーの株主総会で噴出した不満の中身 「ブランド地位が低下している」

1: ノチラ ★ 2017/06/16(金) 09:36:59.38 _USER
img_6df461cb76680ad77bb6547f4a705efa186188
6月15日に東京・品川のホテルで開催された、ソニーの第100回株主総会。昨年は開始30秒で退場者が出るなど、慌ただしい総会となったが、今年は業績が回復し株価も上昇基調にあることもあって、終始穏やかなムードだった。

ソニーは現行の中期経営計画で「2017年度営業利益5000億円以上」の目標を掲げている。消費者向けエレクトロニクス事業の回復や半導体、ゲーム事業の好調で達成は確実視されており、今期は20年ぶりの記録更新も期待される(営業利益が5000億円以上になったのは、1997年度の5257億円までさかのぼる)。

冒頭で平井一夫社長は「社員が目を輝かせ自信と元気に満ちたソニーに戻ってきた」と、社内の雰囲気について胸を張り、復活を印象づけた。株主からは、「大変な時もあったが、業績を回復させた経営陣に感謝している」「(平井社長は就任から)5年経って自分の力を出せるようになってきたのではないか。応援の意味を込めて来た」など、好意的な声が多数聞かれた。

「ブランド地位が低下している」

ただ、株主が直接触れるソニーの製品については不満が噴出した。

「ソニー製品の質や開発の方向性が悪いのではないか。買いたくなるようなものを作ってくれないと悲しい」「この数年、ソニー製品を買っていない」「ソニー製品が欲しいものと異なっている。他社製品と似たり寄ったりだったり、メード・イン・ジャパンじゃなかったり。ブランドの地位も低下している」など、商品開発の方針に関する批判が相次いだ。

平井社長は株主の声に対し、「期待に応えていかないといけないなというのを実感した」「お客様に喜んでもらえるような、感性に訴える商品を作ってきた。プレイステーション4やミラーレス一眼「α9」、有機ELテレビがいい例。これからもこういった製品を作っていく」と応じた。
以下ソース
http://toyokeizai.net/articles/-/176455
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497573419/


続きを読む

ソニー、役員報酬1億円超え5人 平井社長5億円

1: ノチラ ★ 2017/06/15(木) 16:32:29.32 _USER
52index
 ソニーが15日に開示した2017年3月期の有価証券報告書によると、役員報酬が1億円を超えたのは平井一夫社長ら5人で昨年の3人から増えた。ゲームを中心にエレクトロニクス事業の業績改善が進んだことなどが理由とみられる。

 平井社長の報酬は前の期から微増の5億1400万円。ほかに役員報酬が1億円を超えたのは4人。吉田憲一郎副社長(1億7600万円)と鈴木智行副社長(1億1800万円)、ゲーム担当のアンドリュー・ハウス執行役(2億5400万円)、2月に退任した映画・音楽担当のマイケル・リントン前執行役が10億700万円だった。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD15H3R_V10C17A6000000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497511949/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ