SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:ソニー

焦点:韓国サムスンの「誤算」、高級TVでソニーやLGに後塵

1: あられお菓子 ★ 2018/05/09(水) 19:53:04.92 _USER
ロイター 2018年5月9日 / 12:38
https://jp.reuters.com/article/samsung-elec-tv-idJPKBN1IA08S
(各種データ比較グラフ)
no title


[ソウル 2日 ロイター] - 2013年開催された米ラスベガスでのコンシューマー・エレクトロニクス・ショー
(CES)で、韓国サムスン電子(005930.KS)の新製品として展示され、脚光を浴びたのは、
クレジットカード程度の薄さしかないスクリーンが売り物の有機EL(OLED)テレビだった。

55インチ型の小売価格は当時約1万ドル(約109万円)。サムスンは同年、大金を投じて超富裕層向けに
有機ELテレビの売り込みを行った。販促イベントとして、世界的超高級マンション、ロンドンの
ワン・ハイド・パークで住民限定のペントハウス・パーティも行われた。

だが、2015年までに、サムスン電子は有機ELテレビから撤退。電流に反応して発光する有機化合物の
モジュールで構成された薄いフィルムをベースとする有機EL技術はコストが高く、受け入れる市場環境が
まだ整っていない、というのが撤退の理由だった。

代わりに、サムスン電子は、バックライト付きで、「量子ドット」と呼ばれる半導体ナノ結晶を使って
色を生成し画質を改善する、先端的な液晶ディスプレイ(LCD)の開発に集中することを決めた。
「QLEDテレビ」と呼ばれている技術だ。

これは高くつく誤算となった。

有機ELテレビはその後、製造コストが急激に低下する中で、サイズが55インチ以上で価格2500ドル以上の
高級テレビ市場における主役の座に躍り出ている。

有機ELディスプレイを製造していない主要TVメーカーは、もはやサムスン電子だけだ。同社利益のうち
TV事業が占める比率は3%未満であり、大きく稼いでいるのは半導体と携帯電話の事業部門だ。

とはいえ、利ざやの大きい高級テレビ市場で主導権を失ったことはサムスンにとって大きな痛手となる。

有機ELテレビの製造中止が犠牲の大きい失敗だったかどうか、またその決断を下したのは誰かという点について、
サムスンはコメントしなかった。

有機ELテレビやQLEDテレビに関する近年のオンラインレビューによれば、韓国LG電子(066570.KS)や
ソニー(6758.T)が製造する有機ELテレビが、画像品質の高さでファンを魅了している。特に指摘されているのは、
よりリアルな色彩と高い解像度、魅力的なデザイン、そしてますますリーズナブルになりつつある価格だ。

とはいえ、サムスンのQLEDテレビにファンがいないわけではない。画像品質は改善されており、価格も安くなっているが、
レビューでトップに取り上げられてはいない。

「高級テレビ市場で有機ELテレビのシェアが急増しているのは、傑出した画像品質の直接的な結果だ」。
調査会社ディスプレイ・サプライチェーン・コンサルタンツのロス・ヤング最高経営責任者(CEO)はそう語る。
「サムスンが2017年の新製品で、画像品質よりも製品デザインを強調したのは、失敗だったかもしれない」

調査会社IHSマークイットによれば、高級TV市場の世界売上高(ドル換算)に占めるサムスンのシェアは、
2015年の54.7%から、昨年は18.5%にまで低下してしまった。一方、ソニーとLGはそれぞれ
36.9%、33%の市場シェアを確保し、サムスンを一気に追い越してしまった。

それでもサムスンは世界最大のテレビメーカーであり、市場でトップの座を12年間維持している。またGfKの
データによれば、高級テレビ市場のシェアでも4割を超え、首位につけている。ただしこのデータは、
IHSが「高級テレビ」と定義する価格2500ドル以上という基準に到達しない55インチテレビも含んでいる。


(続きは記事元参照)
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1525863184/


続きを読む

「ワン」が5つ、アイボ1万1111台…増産へ

1: ガーディス ★ 2018/05/07(月) 20:59:57.22 _USER9
 ソニーは7日、新型の家庭用犬型ロボット「aiboアイボ」の国内出荷台数が、4月中旬に1万1111台に達したと発表した。

 今年1月に発売して以来、直営店では抽選になるなど人気が続いており、ソニーは今後、増産を急ぐ方針だ。

 新型アイボは、本体価格が税抜き19万8000円で、このほかサービス料が必要となる。世界で約15万台を販売して2006年に生産を終えた先代よりも人工知能(AI)が進化しており、飼い主とのやり取りを通じて多様な性格に育つといった特徴が、人気につながっているようだ。

参考動画
http://youtube.com/watch?v=Vi2bw0EsyUE


no title

http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20180507-OYT1T50056.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525694397/


続きを読む

ソニーに作ってもらいたい製品って何かある?

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/05/06(日) 09:22:44.42 BE:323057825-PLT(12000)
8fc8b982a085051ab144c1208cfdc57c

ソニーの社長が交代した。社長を6年務めた平井一夫氏は、在任中にソニーの業績を大きく回復させ、同社の時価総額は3倍増となった。
とはいっても、そうした数字だけの回復でいいのだろうか。元ソニー社員でジャーナリストの宮本喜一氏は「ソニーらしさが伝わる製品は出てきていない」と指摘する−−。

 今月4月1日付でソニーの社長兼CEOが交代した。その後任には、副社長兼CFOであった吉田憲一郎が昇格、平井一夫は会長となった。

 2月2日の記者会見で平井は交代の理由について、「社長に就任してから2回目の中期計画の最終年度に、掲げた目標を上回るめどがついたから」と述べている。
確かに数字の上では業績は回復した。ソニーの株式時価総額は、2012年4月の平井就任以降、約3倍にまで上昇した。

 とは言うものの、平井主導の6年の間にソニーは本当に危機的状況から脱したと言い切れるだろうか。本稿では、あえてこれに疑問を投げかけたい。

 18年3月期の営業利益が20年ぶりに史上最高になるという明るい見通しを得られるようになったのは、主に、平井・吉田による構造改革路線、具体的には財務の数字にこだわった経営路線が成功したからだろう。

 だがこの6年間に、果たして、ソニーから画期的と呼ぶにふさわしい製品がいくつか生まれて来ただろうか。筆者の答えは、否、だ。

残念ながら、昨今のソニーから、このアマゾンのような製品開発の意欲が伝わっては来ない。果たしてソニーは、財務の数字を巧みにコントロールすることを重視する企業だったのか。

アイボ復活は「らしくない」!? 元ソニー社員が指摘、ソニーは「らしい製品」が必要だ
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180505/bsb1805051600001-n1.htm
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1525566164/


続きを読む

ソニー子会社で不適切な高額接待 既に社長辞任、私的流用も調査

1: ティータイム ★ 2018/04/23(月) 13:53:47.38 _USER9
朝日新聞 2018年4月23日12時01分

ソニーの内部監査で、子会社の経営陣による不適切な交際費や出張費の支出が見つかったことがわかった。金額や回数が過剰で、ソニーは私的流用がないかどうかなどの調査を続けている。
問題を指摘された子会社の社長らはすでに辞任しているが、ソニーはこの人事を公表していない。

問題があった子会社は、ソニー製品などの設計を手がけるソニーエンジニアリング(神奈川県藤沢市)と、ソフトウェア開発を担うソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(東京都品川区)の2社。

ソニーによると、この2社の取締役を兼ねる3人が必要な社内手続きを経ずに、最近2年間に高額な接待の授受や出張を繰り返していたことが判明。
ソニーが「取締役として不適格だ」と伝えたところ、3人は3月16日付で自ら辞職した。うち1人は2社の社長を兼ねており、後任には、同様に2社の取締役を兼ねていたソニー本社の執行役が就いた。
辞任した3人が問題を認めているかどうかは「確認できていない」(広報)という。

内部監査で3人以外の不適切な支出は見つかっておらず、ソニーは組織ぐるみの不正ではないとみている。不正な会計処理も判明していないという。

ソニーの神戸司郎執行役(法務担当)は「社長交代の公表が必要な規模の子会社ではない。調査を進め、追加的な措置が必要になれば対応する」と話した。

ソニーのロゴ
no title


https://www.asahi.com/articles/ASL4N4DN7L4NULFA00L.html?iref=pc_ss_date
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524459227/


続きを読む

ソニーが「Xperia XZ2 Premium」発表 重さ236g

1: サーバル ★ 2018/04/16(月) 18:38:30.78 _USER9
Xperiaもデュアルカメラ、ソニーが「Xperia XZ2 Premium」発表

ニュース

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、Androidスマートフォンの新機種「Xperia XZ2 Premium」を発表した。今夏、グローバルで登場する予定だが、日本での取り扱いについては未定。

カラーとモノクロの2眼

 「Xperia XZ2 Premium」は、Xperiaシリーズで初めて2つのカメラ(デュアルカメラ)を採用するモデル。「Motion Eye Dual」と名付けられ、モノクロセンサーとカラーセンサーを搭載。


 約1920万画素で1/2.3型のカラーCMOSセンサーと約1220万画素で1/2.3型のモノクロCMOSセンサーを搭載。2つのカメラのうち、カラーセンサーでは色情報を、モノクロセンサーでは輝度情報をそれぞれ取得する。

 静止画では最高感度ISO51200で、動画では最高感度ISO12800で撮影でき、夜間など暗い場所では肉眼で捉えられない風景を、ノイズを抑えて記録できる。2つのセンサーで捉えた画像を融合して処理するソニー独自の画像処理プロセッサー「AUBE」も高い画質を実現する要素の1つとなる。

 背景をぼかすボケ撮影や、モノクロ撮影に対応する。960fpsのスーパースロー撮影はHDサイズに加え、今回、新たにフルHDサイズで撮影できるようになった。動画では4K HDR撮影もサポートする。インカメラは13メガピクセルカメラ。

5.8インチディスプレイ

 「Xperia XZ2 Premium」は5.8インチディスプレイを採用し、4K HDRで描画できる。「Xperia XZ Premium」と比べて、輝度が約30%増した。SD画質相当のコンテンツをHDRへアップコンバートする機能を搭載する。

 映像コンテンツを楽しめるよう、ステレオスピーカーが強化されている。

主な仕様

 発売時にはAndroid 8.0を搭載して出荷される予定。チップセットはSnapdragon 845。メモリは6GB、ストレージは64GBとなり、下り最大1.2GbpsのLTE通信をサポートする。指紋認証対応で、防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)仕様も備える。ワイヤレス充電(Qi準拠)も利用できる。バッテリー容量は3540mAh。

 背面はミラー加工を施した3Dガラスを採用し、デュアルカメラや指紋センサーなどは背面の中央に並べられ、シンメトリーなデザインに仕上げられている。ボディカラーはクロムブラック、クロムシルバーの2色。大きさは158×80×11.9mm、重さは236g。
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1117287.html

no title
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523871510/


続きを読む

ソニー、ストリンガー前会長の置き土産

1: ノチラ ★ 2018/04/11(水) 15:58:50.90 _USER
4504957054001_5724650457001_5724638584001-vs
ソニーが新年度に入り、いきなり市場にサプライズを与えた。4日朝、5%超保有していた音楽配信の世界最大手、スポティファイ・テクノロジー株の一部を売却し、2019年3月期に約1000億円の利益(評価益含む)を計上すると発表したからだ。

 ソニーがスポティファイ株を保有し始めたのは、スポティファイが配信サービスを始めたばかりの08年から。米国でアップルが音楽ソフト販売でウォルマートを急追するなど、CDか…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29216400Q8A410C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1523429930/


続きを読む

ソニー映画、脱大作でヒット リメークが歴代1位に

1: ムヒタ ★ 2018/04/07(土) 03:04:51.50 _USER
fffindex
ここ数年、ヒット不在に苦しみ、競合他社に引き離されてきたソニーの映画事業から、想定外のヒットが飛び出した。6日に日本で公開された「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」は、これまでの世界での興行収入が同社の作品として過去最高に。予算は抑える一方、ハリウッドとしては異例の製作手法から生まれたヒットは、激しさを増すコンテンツ産業の競争のなかで勝ち残りへの道を開くのか。

ジュマンジはソニー・ピクチ…
2018/4/7 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29116890W8A400C1TJ2000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1523037891/


続きを読む

電機大手、IT人材の争奪激化 19年度新卒採用 ソニー33%増、東芝2倍以上

1: ムヒタ ★ 2018/04/06(金) 07:20:50.87 _USER
dfdfindex
電機大手の2019年度に入社する新卒の採用計画が出そろった。ソニーは18年度入社の計画比33%増、東芝は2倍以上と採用増を計画。好業績を追い風に、成長戦略の柱となるモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)などの開発を担うIT人材の囲い込みを図る。だが、争奪戦は業種を超えて激しさを増しており、人材確保のハードルは高まっている。

採用人数が最も多い三菱電機は50人増の1190人(18年10月入社も含む)で採用の6割が理系。ソニーは100人増の400人で8割が理系の採用だ。日立製作所の新卒採用は横ばいだが、即戦力の経験者採用を理系を中心に増やす。今年度中に3000人の人員削減を計画するNECは新卒採用を減らすが、「IT人材の採用は落とさない」考えだ。

各社が理系の採用に意欲的なのは、IoTやAIを用いた付加価値の高い製品やサービスが今後の成長を大きく左右するため、担い手のIT人材が必要だからだ。経済産業省は国内のIT人材が15年時点では約92万人で約17万人不足しており、30年には不足人数が約59万人に拡大すると試算する。

限られたパイを業種を超えて奪い合う構図は鮮明になりつつある。就職情報サイト「リクナビ」によると、中国の通信機器大手、華為技術の日本法人は月給40万円超の初任給で新卒技術者を募集。ヤフーは優れた技術論文を執筆した経験などがあれば、30歳以下の入社希望者に初年度から年収650万円以上を提示する。

これに対し、電機大手も優秀な人材の獲得に工夫を凝らす。三菱電機は2月に1日単位で仕事を体験できるインターンシップ制度を導入。学生の選択肢を増やし、囲い込みにつなげたい考えだ。だが、電機業界の競争力低下を背景に、学生は以前ほど大手に魅力を感じなくなっているとの指摘もあり、大手といえどIT人材を確保するのは容易ではなさそうだ。

 ■電機大手の2019年度新卒採用計画

          採用人数

 三菱電機   1190(1140)

 パナソニック  900( 800)

 富士通     750( 750)

 日立製作所   650( 650)

 東芝      550( 220)

 ソニー     400( 300)

 NEC     400( 450)

 ※大学・大学院・高専卒と高校卒の合計人数。カッコ内は18年度計画
2018.4.6 06:13
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180406/bsb1804060500002-n1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1522966850/


続きを読む

ソニー、NHKやテレビの映らないBRAVIA発表

1: ガーディス ★ 2018/03/27(火) 15:17:32.21 _USER9
 SONYは、法人向けBRAVIA「BZ35F/BZシリーズ」を正式発表しました。

 BRAVIAといえばSONYのテレビブランドですが、BZ35F/BZシリーズは地上波衛星放送を受信するためのTVチューナーを削除しており、NHK含むテレビが映りません。あくまで「業務用ディスプレイ」を謳います。

 円滑な設置や運用を支援するプロフェッショナルモードを搭載、利用シーンに応じたカスタマイズが可能であるとしています。オフィスの会議室や学校の教室でのプレゼンテーションツール、商業施設や宿泊施設などのデジタルサイネージ用途を想定します。

 「ディスプレイ本体にCPU/GPUや動画デコーダーを内蔵し、それらを活用するソフトウェアプラットフォームを搭載」、「Webベース(HTML5)技術を搭載」とのこと。要はOSにAndroid TVを採用しているので、従来のプレゼン・デジタルサイネージ用途なら別途PCやセットトップボックスを用意する必要があったのが、業務用BRAVIAなら単体で完結できる、というのが売りなわけですね。

 BRAVIAは民生用においてもAndroid TVを採用しているので、テレビ受信以外の長所を法人向けに活用しようというのがこの製品のコンセプトというわけです。Android TV搭載のスマートテレビなら、色んなことができるので、もはや地上波放送の受信がオマケです。NHKの受信料収入の結構な割合を事業所契約が占めていますが、今後は案外こういう製品に移行が進んだりするんでしょうか。

 サイズは43インチ〜85インチの6種類。発売日は7月下旬。オープン価格となっています。

https://smhn.info/201803-sony-bravia-on-business
no title
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1522131452/


続きを読む

ソニーの震えるネックスピーカー「SRS-WS1」が「生産が追い付かず」注文停止

1: ノチラ ★ 2018/03/24(土) 17:06:27.00 _USER
no title

 ソニーは20日、肩に乗せて音を楽しめ、音に連動して震えるネックスピーカー「SRS-WS1」の注文受付を停止した。停止の理由は「予想を上回る注文をいただき、生産が要望に追いつかないため」としており、再開時期についてはめどが立ち次第、案内するという。

「肩にのせて音に包まれるような視聴体験を実現する」というスピーカー。“体に装着するスピーカー”(ウェアラブルネックスピーカー)という位置づけで、音にあわせて振動するため、テレビの音や映画、ゲームの音声を臨場感を高めながら、省スペースで楽しめる。実売価格は25,000円前後。

 3月4日放送のテレビ朝日「アメトーク」で紹介され、以降品薄状態が続いていた。
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1112706.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1521878787/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ