SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:ソニー

ソニー、世界初の6100万画素センサーを搭載したフルサイズミラーレス「α7RIV」発表

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/17(水) 01:13:56.31 _USER
 ソニーは7月16日、新型フルサイズミラーレス「α7RIV」を発表した。発売は2019年9月ごろを予定しており、価格は3500ドルを予定している。

これは、同社のフルサイズミラーレスカメラの高画素シリーズである「α7R」の最新モデル。イメージセンサーは、裏面照射型「Exmor R」を採用。画素数を、従来モデル「α7RIII」の約4240万画素から、世界初の約6100万画素に引き上げた。APSサイズにクロップしても2620万画素を確保する。ダイナミックレンジは15段を実現。ISOは100〜3万2000、拡張感度で10万2400まで引き上げることができる。

 ボディはα7RIIIから大きく変更点はないものの、露出補正ダイヤルにロック機構が設けられた。EVFは、前モデルの368万ドットから576万ドット(0.78倍)に高解像度化。タッチ対応の液晶パネルは、3インチ144万画素で上下のチルトをサポートする。また、前モデルと同様デュアルスロットを採用するが、α7RIVからは両スロットとも高速伝送が可能なUHS-IIに対応した。そのほか、USB-CやWi-Fiでの接続を高速化。Wi-Fiは5GHz帯に対応することで、ワイヤレスでのテザー撮影などが利用しやすくなった。

そのほか、約5.5段分のボディ内5軸手ブレ補正、AF/AE追随で秒間10コマの連写性能(バッファの増強によりフル解像度で68コマまで連写可能)、像面位相差用のAFポイントは399点から567点に増加しAF性能を大幅に向上。瞳AFも写真だけでなく動画でも利用可能となった。さらに、ピクセルシフトにより2億4000万画素の撮影に対応する。

 動画性能は、4K/30fps、1080p/120fpsでの撮影に対応。Super35mmモードでは、4Kの2.4倍の情報量がある6Kをベースに4K撮影が可能となり、より鮮明な動画撮影を実現する。そのほか、S-Log2や14段のダイナミックレンジを確保するS-Log3、HLGでの撮影もサポートする。動画性能に関しては、α7RIIIの仕様を引き継いでいるようだ。

 オプションとして、バッテリーを2つ搭載できるグリップ「VG-C4EM」、8つのマイクを搭載した新型ショットガンマイク「ECM-B1M」、XLRマイクを接続するアダプター「XLR-K3M」をラインアップする。
no title

https://japan.cnet.com/article/35139975/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1563293636/


続きを読む

ソニー、巻物型スマホの試作機

1: スパイダージャーマン(北海道) [CN] 2019/07/11(木) 12:35:11.48 BE:422186189-PLT(12015)
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1562816111/


続きを読む

ソニーコリア、新製品発売行事を突然取り消し…韓国国内の反日感情考慮か

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/09(火) 19:52:45.55 _USER
20190709-00000014-cnippou-000-0-view
ソニーコリアが11日に予定されていた新製品発売行事を突然取り消した。行事を3日後に控えて突然の決定をした背景に韓日間の貿易対立が挙げられる。

ソニーコリアは8日、「11日に開くことにしていたノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン発売行事は内部事情により取り消された」と明らかにした。最近の韓日関係にともなう決定ではないというのがソニーコリアの公式的な立場だが、業界では最近韓国国内で広がっている反日感情を考慮したとの見方が多い。

当初ソニーコリアはワイヤレスイヤホン発売とともにオーディオ事業全般に対する本格的なプロモーションを推進する方針だった。この日の行事には製品のモデルを務める歌手で女優のIUも参加し雰囲気を盛り上げる予定だった。だが日本の輸出規制以降韓国の消費者の間で日本製品不買の動きが広がっており、ソニーコリア内部で逆風に対する懸念が提起されたという。

ソニーコリアはこれまでミラーレス、アクションカムなどのカメラとノイズキャンセリングヘッドフォンなどを発売し韓国市場に力を入れてきた。
https://japanese.joins.com/article/329/255329.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1562669565/


続きを読む

ソニー、完全ワイヤレスイヤホンに一段上のノイキャン性能--「WF-1000XM3」登場

1: ムヒタ ★ 2019/07/05(金) 13:30:45.04 _USER
 ソニーは7月5日、完全ワイヤレスイヤホンに、強力なノイズキャンセリング技術を搭載した「WF-1000XM3」を発表した。業界最高クラスと言われるノイズキャンセリングヘッドホン「WH-100XM3」と共通の技術を採用する。発売は7月13日。想定税別価格は2万6000円前後になる。
no title


 WF-1000XM3は、高音質ノイズキャンセリングプロセッサー「QN1e」を採用。WH-100XM3に搭載されている「QN1」を、完全ワイヤレス向けに最適化しており、省電力化することで、小型モデルへの採用を実現した。

 フィードフォワードマイクと、フィードバックマイクを左右に1つずつ合計4つ搭載し、QN1eで高精細に逆位相信号を生成。飛行機音から人の声まで幅広いノイズの抑制が可能になるとしている。

 完全ワイヤレスモデルでは初めてとなる「DSEE HX」を備え、ハイレゾ相当の高音質再生を実現。MP3など圧縮で失われがちな高音域などの音を再現し、ハイレゾ相当の高解像度にアップスケーリングする。

 QN1eには、DACとアンプも内蔵し、ノイズを抑え、クリアな音質を追求。新Bluetoothチップの採用により、従来LからRのイヤホンにリレー伝送していたものを、LR同時に伝送できるようになり、安定性を向上した。

 L側のタッチセンサーを長押しすると、一時的に外音が聞こえる「クイックアテンション」が起動し、イヤホンを外すことなく、アナウンスを聞くことが可能。耳の3点で支える構造にすることで、外れにくく、密閉度も高い形状になっているという。

 本体6時間、充電ケース18時間で合計24時間の長寿命設計。約10分の充電で90分の再生ができる急速充電機能も備える。

 タッチセンサーでは、ノイズキャンセリングモードの切り替えや音楽の再生、停止、曲送り、戻し、ボイスアシスタントなどに対応。両側をつけた状態で一時的に片側を外すと、自動で停止、装着すると自動で再生する装着検出機能も追加した。

 本体には6mmのドライバユニットを備え、対応コーデックはAACとSBC。LR単独での使用ができ、片方だけでリスニングをしたり、両側で通話したりと、自由度の高い使い方ができる。
2019年07月05日 13時00分
https://japan.cnet.com/article/35139216/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1562301045/


続きを読む

ゲーム機大手3社 対中関税の上乗せ除外を米政府に要請

1: ムヒタ ★ 2019/06/27(木) 09:03:35.69 _USER
6f01c3e9
今週末に開かれる米中首脳会談の行方に注目が集まる中、大手ゲーム機メーカーのマイクロソフト、任天堂、ソニーの3社は、アメリカに輸入されるゲーム機の96%が中国製で、中国からの輸入品に関税が上乗せされれば大きな打撃を受けるとして、アメリカ政府に対して対象から除外するよう連名で要請しました。

トランプ政権は、中国からの3000億ドル分の輸入品に最大で25%の関税を上乗せして高い関税を課す対象を拡大する手続きを進めていて、今週末、G20大阪サミットに合わせて開かれる米中首脳会談が事態打開につながるのか世界の注目が集まっています。

こうした中、日頃はライバル関係にある大手ゲーム機メーカーのマイクロソフト、任天堂、ソニーの3社は、アメリカ政府に対して連名で書簡を送り、「ゲームはアメリカのエンターテインメント文化の核であり、関税が引き上げられれば、多くの家庭にとってゲーム機が手の届かないものになってしまう」などとして、関税引き上げの対象から除外するよう要請しました。

書簡によりますと、去年、アメリカに輸入されたゲーム機のうち96%が中国製だったということで、3社は、今回の措置が発動されると、アメリカの雇用や技術革新を支えるゲーム産業が大きな打撃を受けるとしています。
2019年6月27日 8時47分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190627/k10011970631000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1561593815/


続きを読む

ソニー、15時間動作する約5,000円のワイヤレスイヤフォン

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/11(火) 17:02:19.00 _USER
ソニーは、ネックバンド型のBluetoothイヤフォン2モデルを7月6日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は光沢ハウジング&フラットケーブルの「WI-C310」が5,000円前後、マット仕上げの「WI-C200」が4,500円前後。カラーは、WI-C310がブラック、ホワイト、ブルー、ゴールドの4色。WI-C200がブラックとホワイトの2色。

いずれもエントリー向けのワイヤレスイヤフォンで、高磁力ネオジウムマグネットとCCAWボイスコイル搭載の9mm径ダイナミック型ドライバーを採用。通気量を調整する孔を小さくした筐体構造により、中高域の音漏れを抑えている。Bluetoothの対応コーデックはAACとSBC。

2機種の大きな違いはハウジング表面とケーブルのデザイン。C310は「ファッションになじみやすい」という光沢のあるカラーを採用。C200はベーシックなマット仕上げとなっている。ハウジングは耳に沿う形状とし、フィット感を高めた。

柔らかいネックバンドを備え、装着性と携帯性を向上。ハウジング部のマグネットにより、使わない時は左右を繋げてまとめられる。C310のみ、絡みづらいフラットケーブルを採用している。ネックバンドにバッテリーボックスとコントロールボックスを左右バランス良く配置したことで、装着中もずれにくいという。

スマホのハンズフリー通話にも利用可能で、HD VOICEに対応。音声アシスタントも利用可能で、Siri/Googleアプリを起動できる。ケーブルのコントローラ部で、接続機器の音楽再生/一時停止、曲送り/戻し、着信/終話の操作が可能。

最大15時間動作のスタミナも特徴。充電時間は3時間。10分の充電で約1時間利用できる。重量は約19g。充電用のUSB Type-Cケーブルや、ハイブリッドイヤーピース(S/M/L)が付属する。
no title

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1189509.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1560240139/


続きを読む

トップシェアすら大苦戦するカメラ市場に明日はあるのか

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/10(月) 22:57:42.88 _USER
2018年4月から2019年3月までの会計年度で、カメラメーカーはどんな状況だったのか、全国の家電量販店やECショップからPOSデータを集計する「BCNランキング」の販売台数上位5社で集計した。販売台数シェアでキヤノンの強さは変わらず、37.3%とダントツ。コンパクトカメラで台数を伸ばしたニコンが26.7%と2位を走っている。高級路線を走るソニーは、最も高い平均単価を維持しながら13.1%と3位のポジションを確保した。次いで、オリンパス、富士フイルムの順だ。では前期と比べた販売動向はどうだったか。

トップシェアのキヤノンは、販売台数が98.7%とわずかな前年割れで踏みとどまった。しかし、販売金額で88.6%と2桁割れを喫している。18年12月期の決算でも、映像セクターの売上高が前期比で88.7%とふるわなかった。「EOS Kiss M」で、一眼レフから本格的にミラーレスにシフトし、「EOS R」「EOS RP」でフルサイズミラーレス一眼市場にも華々しく参入したものの、蓋を開けてみれば行って来いでマイナスという結果に終わっている。

 さらに深刻なのはニコンだ。販売台数が85.0%と大幅な前年割れに苦しんでいる上、販売金額に至っては71.5%と3割減の水準。19年3月期の決算でも、映像セクターの売上高が前期比で82.1%と苦戦している。キヤノンに先んじて、フルサイズミラーレス「Z」シリーズの発売にこぎつけたものの、これも激しい一眼レフの落ち込みをカバーするに至らず、大きなマイナスになっている。

一見、好調に見えるソニーも実は販売台数で前年を割れた。前期比で93.4%とマイナス幅は必ずしも小さくない。しかし、販売金額で114.5%と2桁増を記録。19年3月期決算でも、映像セクターの売上高が102.2%とプラスを維持した。2013年11月、いち早くフルサイズミラーレスの「α7」を発売。ここから続くシリーズを武器に、フルサイズミラーレス市場で足場を固めてきた。昨年、競合の参入によって市場が活性化し、結果として販売金額の大幅増に成功した。

 一方、オリンパスはニコンと同様、台数・金額ともに大幅な前年割れ。富士フイルムは、デジタル版チェキ「instax SQUARE」シリーズが好調で、売り上げを押し上げた。販売台数は、上位5社中唯一前年比増を記録。販売金額は、前年並みで踏ん張った。

 トップシェアのキヤノンですら大きな前年割れに苦しんでいる状況で、カメラ市場全体の回復も見通しは不透明だ。このまま行けば、撮影機材の主流は完全にスマホが奪い、カメラはニッチな製品という位置づけに追いやられてしまう恐れがある。カメラは今、大きな岐路に立たされている。
no title

https://www.bcnretail.com/market/detail/20190609_123343.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1560175062/


続きを読む

ソニー、デジタル人材の初任給優遇 最大2割増の730万円

1: ムヒタ ★ 2019/06/03(月) 06:14:50.35 _USER
vxdimages
ソニーは新入社員の初任給に差をつける取り組みを始める。人工知能(AI)などの先端領域で高い能力を持つ人材については、2019年度から年間給与を最大2割増しとする。対象は新入社員の5%程度となる見通し。デジタル人材の獲得競争は業界や国境を越えて激化している。横並びの給与体系の見直しが進めば、より付加価値の高い分野に人材をシフトさせ、日本全体の生産性を高める効果が期待できそうだ。

ソニーの19年春の…
2019/6/3 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45595230S9A600C1MM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1559510090/


続きを読む

ソニーが折りたたむことが出来るスマートフォン『Xperia F』を2020年に発売か? サムスン製有機EL使用

1: 名無しさん@涙目です。(ジパング) [NZ] 2019/05/31(金) 18:57:56.21 ● BE:887141976-PLT(16001)

昨今、ファーウェイやサムスンが折りたたみスマートフォンを発表して話題になっているが、
ソニーもその波に乗り遅れないようにと折りたたみスマートフォンを出すのでは無いかと噂になっている。

名前は『Xperia F』と仮の名前がついており「F」はおそらくいフォルダブルフォンの意味を指していると思われる。
画像は昨年末に海外の情報サイトが掲載した想像によるものだが、これに近い形で縦に折りたたむのではないかとの情報だ。

発売は来年発売されるであろう『Xperia 2』の後くらいになるものと思われる。

ディスプレイはサムスン製有機ELを使用。自社の有機EL技術を使わないのは残念だ。
ソニーと言えばいち早く有機EL技術に取り組み、有機ELテレビを2007年に世界で初めて発売したメーカーでもある。
自社の有機ELを使用するよりもサムスン製有機ELの方がコストが安く、また折りたたむ技術はサムスンに軍配があったということなのだろうか。
シャープも折りたたみディスプレイの技術展示をしているが、折りたたみAQUOSを出すという噂は現時点ではない。

なおサムスンの『Galaxy Fold』はディスプレイに折ったあとが残るという欠陥が発覚したため、発売が7月以降にずれ込む。

https://gogotsu.com/archives/51154
no title


関連
サムスンの『Galaxy Fold』が耐久性問題で発売延期 「保護フィルムは剥がしてはダメ」と案内して5月中に発売
https://gogotsu.com/archives/50292
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1559296676/


続きを読む

ソニー社長、MSは「競合でありパートナー」

1: ムヒタ ★ 2019/05/17(金) 10:08:15.18 _USER
2424
ソニーは17日、米マイクロソフトとクラウドサービスや人工知能(AI)で提携すると正式に発表した。ゲーム向けクラウドサービスを共同で開発する。マイクロソフトのAIとソニーの半導体や家電技術を組み合わせることも目指す。吉田憲一郎社長はマイクソロソフトについて「競合する領域もあるが、重要なビジネスパートナー」とコメント。競合と協調を分けて提携戦略を進める方向を示した。

マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「ソニーとの協業はイノベーションの歴史を創る」とコメントした。

両社は意向確認書を結んだ。具体的な協業の内容は今後詰める。次世代の高速通信規格「5G」などで市場拡大が期待されるゲームなどコンテンツのストリーミングサービスに向け、クラウドの仕組みを共同開発する。

ソニーが世界シェア首位となっている画像センサーに、マイクロソフトのAI技術を組み込んで車載分野での採用を促す。テレビなど家電への搭載も検討する。
2019/5/17 9:22
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44915530X10C19A5EAF000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1558055295/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ