SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


キャリア別:Docomo

ドコモ、iPhone8向けに最大40,000円分のポイント還元プログラム開始

1: ノチラ ★ 2017/09/21(木) 23:21:05.40 _USER
NTTドコモ(以下ドコモ)は21日、今後も端末を割安で機種変更できる「機種変更キャンペーンプラス」を、iPhone8/8 Plusの契約者向けに、22日より開始することを明らかにしました。このプログラムでは、最大で40,000円分のポイント還元が受けられます。
端末の未払金以外にもポイントは利用できる

「機種変更キャンペーンプラス」とは、分かりやすく言えば、加入するだけで、次回機種変更を行う際にdポイントで最大40,000円分が還元されるというものです。

以前より存在する「機種変更キャンペーン」の還元ポイントを最大27,000円分から最大40,000円分へと増額し、これまで必要だったプログラム料金の月額300円を廃止した点で、デメリットらしいデメリットがなくなっています。

ドコモでiPhone8/8 Plusを購入時に「機種変更キャンペーンプラス」に加入することで、購入から13カ月目〜25カ月目の間で新たな端末へ機種変更を行うと、利用期間に応じて9,000〜40,000円の範囲内で、ポイントとして還元されます。もちろん、ポイントは機種変更時の端末代金に割り当てることが可能です。
no title

また、auは「アップグレードプログラムEX」、ソフトバンクは「半額サポート for iPhone」とそれぞれ同様のキャンペーンを打ち出していますが、この2社は機種変更前の未払い分端末料金を割り引くのに対して、ドコモはポイント還元という形を採っているため、機種変更以外にも商品購入や携帯料金の支払いにも充てられるのが強みです。
ドコモユーザーなら入っておいて損はなし

もっとも、機種変更を行うと、それまでの端末料金に適用されていた月々サポートはなくなるため、残債はiPhone8の場合で月額3,699円〜、iPhone8 Plusで月額4,185円〜を支払う必要が生じる点には注意が必要です(その他キャンペーンや特典は計算に入れず)。

例えば、手持ちのiPhone8 64GBを13カ月目で別の端末に変えた場合、分割払いの場合は残りの12カ月分(支払いは購入月の翌月から始まるため)44,388円を支払う必要が生じます。したがって、一般的にはこの残債を「機種変更キャンペーンプラス」で相殺することが想定されています。

一種の「ドコモ縛り」ではありますが、ドコモを使い続けるユーザーにとっては、気軽に短いサイクルで機種変更を行えるため、加入しておいて損はないプログラムだと言えるでしょう。
https://iphone-mania.jp/news-185334/
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506003665/


続きを読む

ドコモは実質0円から 新型アイフォーン、3社の競争激化

1: ノチラ ★ 2017/09/15(金) 22:24:54.54 _USER
eae32_1186_cac4fe62_e1b4d8aa-cm
NTTドコモは15日、米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)8」「8プラス」「X」の3機種の価格を発表した。下取りなどの各種キャンペーンを適用すると「8」のデータ容量64ギガ(ギガは10億)バイトモデルが実質0円になる。KDDI(au)も同日、端末価格を最大半額で機種変更できるサービスの対象に新型アイフォーン3種を加えると発表。すでに最大半額で購入できるサービスを発表しているソフトバンクと合わせて3社の競争が激化しそうだ。

 ドコモの場合、端末下取りや家族で2台以上購入する割引きを適用することで最大3万1752円割引きされるため、「6s」を下取りに出すと「8」の端末価格は実質0円となる。

 KDDIやソフトバンクの場合は、新型アイフォーンの4年間の分割払いの月々の支払いを2年目以降に指定端末に機種変更すると、未払い金の支払いが不要になるため、最大で半額になる。KDDIやソフトバンクは、端末価格の半額に加えて、データ使用量に合わせて月額1980円から使える料金プランや新たに導入した大容量の料金プランをアピールし、端末価格と合わせた月額負担でドコモと差別化を図る。

 ただ、ドコモも来週にも新型アイフォーン向けの料金プランを発表する見込み。端末価格と通信料金を合わせた負担額は複雑さを増しており、契約者は慎重な選択を迫られそうだ。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170915/bsj1709151925005-n1.htm
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1505481894/


続きを読む

iPhone Xの価格を発表 64GBモデルで12万5064円、256GBモデルが14万3856円(税込)

1: trick ★ 2017/09/15(金) 17:50:48.03 _USER9
no title
ドコモがiPhone Xの価格を案内、一括12万5064円から - ケータイ Watch
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1081159.html
太田 亮三2017年9月15日 16:59

 NTTドコモは、ドコモオンラインショップで販売する「iPhone X(テン)」の販売価格を明らかにした。同端末は10月27日から予約を受け付け、11月3日に発売される予定。

 iPhone Xには、ストレージ容量で64GB、256GBのモデルが用意される。ドコモオンラインショップでの販売価格(税込、以下同)は、一括価格では、64GBモデルで12万5064円、256GBモデルが14万3856円。

 通信料から割り引く、24カ月の「月々サポート」が用意されており、これを適用した後の“実質負担額”の総額は、64GBモデルが6万8472円、256GBモデルが8万6832円。

 ドコモでは一括払いに加えて、分割払いは12回払いと24回払いを選択可能。これまでと同じように、支払総額が10万円以上の端末を分割払いで購入する場合、受付時の審査は通常より厳しくなる。

 ドコモはiPhone Xの価格の案内と合わせて、iPhone 8/8 Plusと同様の割引や下取りのキャンペーンを案内している。
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505465448/


続きを読む

ドコモルーターの欠陥を悪用しサイバー攻撃か

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/09/12(火) 16:21:17.16 _USER9
09_01-1
NTTドコモが販売した携帯型のインターネット接続機器に深刻な欠陥があり、サイバー攻撃に悪用されたと見られることが民間のセキュリティー専門機関の調査でわかり、NTTドコモは、ソフトウエアを更新して安全対策を講じるよう、利用者に呼びかけています。

深刻な欠陥が見つかったのは、韓国のLGエレクトロニクスが製造し、NTTドコモが販売した、「Wi−Fi STATION L−02F」という携帯型のインターネット接続機器です。

民間のセキュリティー機関、「JPCERTコーディネーションセンター」によりますと、この機器には「バックドア」と呼ばれる欠陥があり、第三者がこの欠陥を突くと、乗っ取ることができる状態になっていました。

実際、ことし6月には、この機器を遠隔操作してコンピューターウイルスに感染させ、サイバー攻撃の踏み台として悪用したと見られる不審な通信が急増していて、その後、数は減ったものの不審な通信は今も続いているということです。

この機器は現在、国内で6万1000台が利用されているということで、NTTドコモでは、利用者に対し、ソフトウエアを更新して安全対策を講じるよう呼びかけています。

JPCERTコーディネーションセンターは、「利用者が意図せぬうちにサイバー攻撃に加担させられるおそれがあり、被害の拡大を防ぐためにもいち早くソフトウエアを更新してほしい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170912/k10011136501000.html
9月12日 15時46分
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505200877/


続きを読む

ブルゾンちえみ「ずっと優しい男なんていない」 → 男性様が大発狂ww

1: 名無しさん@涙目です。(埼玉県)@\(^o^)/ [MX] 2017/09/09(土) 14:45:28.83 BE:822935798-PLT(12345) ポイント特典
jpg small
CM
https://youtu.be/TYxjmc03I4g



@makoururi: ブルゾンちえみがずっと優しい男なんていないって言うのでダンナさんに聞いてみた。
…ずっと優しいらしい。

@G4L7theGpLSjdaS: ずっと優しい男なんていない

そう、ずっと優しい女もいない

@ukakenn: ずっと優しいままの男なんていない?そうねあなたの近くにはね

@kizunadaro10: 今CMでブルゾンがずっと優しい男なんていないって言いよったけど、ここにおるぞー。環境が特殊すぎて、ギャップ無いから気づかれんくらいずっと誰にでも優しくしてしまう男が。

@candyondy: 「ずっと優しい男なんていない」別にちえみがムカつく訳じゃないけど一括りにするこの言葉を考えたヤツがムカつく
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504935928/


続きを読む

NTTドコモ「QR決済」導入 今年度 ローソンなどで 買い物代金、毎月の携帯料金に合算

1: 鉄チーズ烏 ★ 転載ダメc2ch.net 2017/08/14(月) 06:48:50.90 _USER
 NTTドコモが、QRコード読み取りによる決済サービスを今年度中にローソンなどで始めることが13日、分かった。利用者は、店頭でスマートフォンのアプリに表示したQRコードを読み取ってもらうことなどで代金支払いが完了する。代金は毎月の携帯電話料金と一緒に支払う。

 国内のQR決済の普及は中国より遅れているが、携帯電話最大手のドコモの参入で普及に弾みがつきそうだ。

 QR決済は、政府が成長戦略で掲げる非現金(キャッシュレス)決済の“起爆剤”として期待され、楽天や無料通信アプリのLINE(ライン)などIT大手が普及に乗り出している。

 QRコードの読み取りはスマホや従来のバーコードリーダーでできるため、電子マネー決済用の読み取り機に比べれば導入コストが格段に安い。このため、店舗側の負担が少なく、利用者にとっても基本的には自分のスマホにアプリを入れるだけで使える。

 ドコモの計画するQR決済は、毎月の携帯電話料金と合算して決済代金を支払う仕組みのため、クレジットカード登録などは不要だ。ドコモの「dポイント」を支払いに充てることもできる。

 中国ではQR決済を含むキャッシュレス決済の割合が全体の約6割を占め、露店などの小規模店でも普及が進む。これに対し、現金支払いの割合が世界最高水準の日本では、キャッシュレス決済比率が約2割にとどまる。だが、政府は訪日外国人の利便性向上などを目的に、10年後に約4割まで引き上げる目標を成長戦略に盛り込んだ。

 ドコモはQR決済の導入費用負担の少なさを武器に、ベンチャー各社などと提携して対象店舗の拡大を図る。ドコモは従来型携帯電話時代から電子マネー「iD」の普及を進めているが、今後は「iDが浸透していない地方の小規模店舗にもQR決済を普及させたい」(ドコモ幹部)考えだ。

【用語解説】QRコード 白黒のモザイク模様で四角形のコード。自動車部品大手デンソーの事業部(現デンソーウェーブ)が平成6年に開発した。従来のバーコードが横方向(1次元)にしか情報を持たないのに対し、縦と横(2次元)に情報を入れられるため、数字だけでなく、英字や漢字など多くのデータ(数字のみで最大約7千字)を収容できる。QRはクイック・レスポンスに由来し、データを瞬時に読み取れるのも特長だ。


2017.8.14 05:43
http://www.sankei.com/economy/news/170814/ecn1708140004-n1.html
no title
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502660930/


続きを読む

ドコモ、大容量向けプランのテザリング無料に

1: ばーど ★ 2017/07/31(月) 13:15:28.90 _USER9
sh_docomo_02
NTTドコモは31日、大容量のデータ通信に対応したプラン「ウルトラパック」のテザリングにかかる料金を無料にすると発表した。これまでは2018年3月末までの期間限定としていたが、18年4月以降も無料で提供する。

大容量プランは大手携帯3社が打ち出している。スマートフォン(スマホ)で映画やドラマなどを見る利用者が増えたことや、データ通信量を気にせず使えることからテザリングの利用者も多い。
一方で大手携帯3社が無料期間後にテザリングを有料にするのは「不透明な料金設定だ」といった指摘の声が上がっていた。

今年4月末にドコモが開いた決算会見の場で、同社の経営企画部長の大松沢清博取締役は「(テザリングの無料化について)適切に検討したい」と述べていた。
ソフトバンク、KDDI(au)の2社は期間限定でテザリング料金を無料としているが、ドコモと同様に無料期間を撤廃する可能性がある。今後、携帯各社の値下げ競争が一段と激しくなりそうだ。(大西綾)

配信 2017/7/31 12:44
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ31H9P_R30C17A7000000/
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501474528/


続きを読む

ドコモはau新料金には追従しない――docomo withは好調、吉澤社長インタビュー

1: trick ★ 2017/07/13(木) 14:28:57.74 _USER9
docomo withは好調、au新料金には追従しない--ドコモ吉澤社長インタビュー(週刊モバイル通信 石野純也) - Engadget 日本版
http://japanese.engadget.com/2017/07/11/docomo-with-au/
no title

石野純也 (Junya Ishino)
2017年7月12日, 午前10:40 in docomo

ドコモの代表取締役社長、吉澤和弘氏がインタビューに応じました。この中で吉澤氏は、夏モデルの目玉といえる格安スマホ対抗「docomo with」が好調に推移していることを明らかに。開始から1か月と10日で利用者数は20万に迫る勢いで、秋冬モデルでもdocomo with対象のミッドレンジモデルを拡大していく構えです。

一方で、Android全機種を対象にしたauの分離プラン「auピタットプラン」「auフラットプラン」に追随する予定はなく、docomo withを機種限定で続けていく見通しを示しました。

また、docomo withに先立ち導入したシェアプラン限定のシンプルプランも、順調にユーザー数が増えており、約35万契約に。一連のユーザー還元策は今後も続けていくとのことで、インタビューでは、その方向性も語っています。

2020年の導入が予定されている5Gへの道のりも示しました。ネットワークについて、ドコモは8月に、3.5GHz帯のMIMOをバージョンアップすることで下り最大788Mbpsを実現しますが、現状のLTE Advancedも2020年を待たずに1Gbpsへと高速化するといいます。

今回の連載は、このインタビューの模様をお届けします。主な一問一答は以下のとおり。長くなりますが、丸ごとご覧ください。

(続く)
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499923737/


続きを読む

ドコモのスマホ、GPS位置情報を警察庁に送信

1: 名無しさん@涙目です。(北海道)@\(^o^)/ [US] 2017/07/09(日) 15:41:03.00 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
47index
GPS情報、通知せず提供=捜査利用、新指針対応―ドコモ

NTTドコモが今月発売するスマートフォンの新モデルから、本人に通知せずに捜査機関に全地球測位システム(GPS)の位置情報を提供できるよう端末上の対応を取ることが17日、分かった。

総務省が昨年6月、電気通信事業者向けの個人情報保護指針を改定したことを受けた措置。

KDDI(au)、ソフトバンクも対応を検討しており、携帯端末の対象機種が拡大しそうだ。(時事通信)
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6201316
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499582463/


続きを読む

ドコモ契約数に占めるMVNO比率は11%弱の800万件程度、総務省調査

1: ノチラ ★ 2017/06/30(金) 23:10:33.54 _USER
総務省は2017年6月30日、2017年3月末における通信サービスの契約数とシェアを公表した。今回、携帯電話大手3社の契約数に占めるMVNO(仮想移動体通信事業者)の比率が明らかになった。NTTドコモを例に挙げると、同社の契約数の11%弱をMVNO分が占め、800万件程度に達していた。

 総務省によると、2017年3月末における携帯電話の契約数は1億6273万件。事業者別のシェアはNTTドコモが41.1%、NTTドコモ系MVNOが4.9%(約797万件)、KDDIグループ(au)が28.2%、KDDIグループ系MVNOが1.6%(約260万件)、ソフトバンクグループが22.1%、ソフトバンクグループ系MVNOが2.0%(約325万件)だった。
no title


携帯電話の契約数におけるMVNOのシェア合計は8.5%。同数値を基にMVNOにおける携帯電話大手3社のシェアを算出すると、NTTドコモが57.6%、KDDIグループが18.8%、ソフトバンクグループが23.5%となる。格安スマホ市場ではNTTドコモの回線を活用したサービスが目立つが、ソフトバンクグループは通信モジュールを中心に法人向けで地道に実績を積み重ねている。このため、ソフトバンクグループ系MVNOのシェアがKDDIグループ系MVNOのシェアを上回ったとみられる。

 一方、PHSとBWA(広帯域移動無線アクセスシステム)を含めた移動系通信の契約数は2017年3月末で1億6792万件(大手3社によるグループ内取引を除く)。事業者別のシェアはNTTドコモが39.8%、NTTドコモ系MVNOが4.8%(約806万件)、KDDI(au)が26.8%、KDDI系MVNOが2.6%(約437万件)、ソフトバンクグループが24.0%、ソフトバンクグループ系MVNOが2.1%(約353万件)だった。
no title

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/063001824/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498831833/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ