SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


キャリア別:Docomo

NTTドコモが韓国ロッテと提携 来春からポイントの相互利用が可能に

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [AZ] 2018/11/27(火) 15:13:23.42 BE:844481327-PLT(12345)
24211index

【ソウル聯合ニュース】韓国・ロッテグループのロッテメンバーズは27日、日本のNTTドコモと了解覚書(MOU)を締結し、来年4月からのメンバーシップの相互互換によるサービス開始を目標に協議を始めたと明らかにした。
サービスが本格化すれば、ロッテのL.POINT(エルポイント)会員とNTTドコモのdポイント会員は互いの国を訪れた際、保有するポイントを現地のメンバーシップポイントに交換して使用できるようになる。

dポイントは日本のコンビニエンスストアやファストフード店、ドラッグストア、雑貨店など韓国人観光客が多く訪れる人気スポットと提携している。

ロッテメンバーズの幹部は、「6700万人の会員を持つdポイントと3800万人の会員を持つ韓国最大規模の統合メンバーシップサービスであるエルポイントの提携により、大きな相乗効果が期待される」と説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/27/2018112780039.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1543299203/


続きを読む

「iPhone XR」一括2万円台で販売 ドコモが端末購入サポート対象に

1: ムヒタ ★ 2018/11/26(月) 13:29:34.13 _USER
dims
 NTTドコモは11月26日、スマートフォンなどの購入代金の一部をキャリアが負担する「端末購入サポート」の対象に「iPhone XR」を加えた。他のキャンペーンとの併用で、最安で一括2万5920円から販売する。

端末購入サポートは、12カ月の継続使用を条件に、端末購入時の代金を割り引くサービス。毎月の利用料金を割り引く「月々サポート」との併用はできない。

 発売後約1カ月のiPhoneが端末購入サポートの対象になるのは異例。同日スタートした「iPhoneデビュー割」と、期間限定のオンラインショップ特典との併用で、MNP(他社からの乗り換え)なら最安で2万5920円での購入が可能になる(64GBモデル)。

 Appleが今秋発売した新iPhone(XS、XS Max、XR)を巡っては、Wall Street Journal紙が11月中旬に販売不振を報道。このうちiPhone XRについては、Appleが日本のキャリアに販売補助を出し始めたと伝えていた。
2018年11月26日 12時58分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/26/news083.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543206574/


続きを読む

世界初「窓の基地局化」に成功 ドコモなど「ガラスアンテナ」開発

1: ムヒタ ★ 2018/11/07(水) 12:52:31.20 _USER
 NTTドコモと、ガラス事業などを展開するのAGCは11月7日、世界で初めて“窓の基地局化”に成功したと発表した。既存の窓ガラスに貼れる、電波の送受信が可能な「ガラスアンテナ」を共同開発。景観を損ねずに基地局を設置できるとしている。2019年上期からLTEの基地局向けに展開を図るほか、5G対応アンテナの開発も検討する。
no title


 透明な導電材料とガラスを組み合わせて開発したアンテナで、窓ガラスに室内側から貼って使う。AGCが保有する、既存窓の表面にガラスを貼り付ける「アトッチ工法」を採用し、窓ガラスを通過した際の電波の減衰・反射を抑える「Glass Interface Layer」技術を新開発して搭載した。

 トラフィックを分散させるスモールセル基地局は、設置できる場所が限られたり、景観を損ねることから設置が困難なケースも多かった。ガラスアンテナなら目立ちにくく、景観や室内デザインを損なわずに設置できるとしている。

 ガラスアンテナを搭載した基地局は、TDD-LTE方式、3.5GHz帯(BAND42)に対応し、帯域幅は40MHz、下り変調方式は256QAM、最大スループットは588Mbps、4×4MIMOに対応する。サイズは700×210ミリ、重さは1.9キロ(ケーブル、既存ガラスへの取り付け部材、付属品は除く)。
2018年11月07日 11時38分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/07/news076.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541562751/


続きを読む

NTTドコモ 新たに200億円かけ災害対策強化

1: ムヒタ ★ 2018/11/05(月) 15:10:53.34 _USER
サムネイル画像-復元-復元-3
相次ぐ災害で携帯電話が使えなくなる影響が広がったことから、NTTドコモは、新たに200億円を投じ、停電が起きても幅広い範囲に電波を発信できる基地局を増やすなど、災害対策を強化する計画を明らかにしました。

NTTドコモによりますと、ことし9月の台風21号や北海道で起きた地震では、全国のおよそ2800の基地局で電波が一時発信できなくなり、影響が広がりました。

このため、会社は、来年度までの2年間に新たに200億円を投じて災害対策を強化することにし、非常用の電源を多く備え、電波の角度を変えて広い範囲を賄う基地局や、衛星を使って電波を発信する車両を増やしていくとしています。

また、北海道の地震では、非常用電源のあるショップなどに充電を待つ人の長い列ができたことから、蓄電池や太陽光パネルをショップに設置して、より多くの人が充電できるようにするとしています。

記者会見したNTTドコモの小林和則災害対策室長は「広い範囲で複数の災害が同時に起きることも想定し、対策を強化していきたい」と述べました。

携帯電話の災害対策では、KDDIが基地局の機能を持った船の運用を始めたほか、ソフトバンクは臨時の基地局を気球で上げるなど、各社とも取り組みを強化しています。

2018年11月5日 14時17分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181105/k10011698921000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541398253/


続きを読む

携帯3社の株急落 ドコモの値下げ表明が直撃

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/01(木) 20:02:52.11 _USER
78
NTTドコモの携帯料金の値下げ方針を受けて、1日の東京株式市場で通信株が急落した。NTTドコモは前日比14.7%安、ライバルのKDDIは16.1%安、ソフトバンクグループが同8.2%安となった。NTTドコモが10月31日、携帯電話の通信料金を2019年4〜6月に2〜4割下げると発表したことを受け、長期的な収益懸念が広がった。携帯3社の時価総額は3.5兆円強減り、株式相場全体の重荷となった。

KD…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37212190R01C18A1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541070172/


続きを読む

ガースー「通信料4割下げろ」 ドコモ「はい」

1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [AU] 2018/10/31(水) 15:37:58.30 BE:329591784-PLT(12100)
cf8af48d0de4d69e01701af54d0c82c5_211

ドコモ 来年度から通信料2〜4割値下げへ

NTTドコモは、来年度から通信料が2割から4割程度の値下げになる新しい料金プランを導入する
と発表しました。

これにより、最大4000億円規模を利用者に還元するとしています。

携帯電話料金をめぐっては、菅官房長官が今より4割程度下げる余地があると発言していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181031/k10011692901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540967878/


続きを読む

ドコモ値下げへ 決済など「非通信」に重点

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/10/29(月) 14:57:30.28 _USER
733
NTTドコモが2019年度にも携帯電話料金を値下げすることを検討している。割安でシンプルな料金で顧客をつなぎとめ、コンテンツ販売など「非通信」のビジネスを拡大しようとの狙いがある。次世代通信規格「5G」に5年間で1兆円投資するのも、あらゆるモノがネットにつながるIoTや自動運転などを新たな収益源に育てるため。大きな成長が見込めない国内携帯電話事業に依存する収益構造からの脱却を迫られている。

料金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2018/10/29 11:45
日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37056100Z21C18A0000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540792650/


続きを読む

ドコモ、法人向けタフネススマホ「TOUGHBOOK P-01K」29日発売

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/24(水) 22:21:30.94 _USER
 NTTドコモは、法人向けにタフネス性能を備えるAndroidスマートフォン「TOUGHBOOK P-01K」(パナソニック製)を10月29日に発売する。個人でも購入でき、同社オンラインショップでの一括価格は5万7024円(税込、以下同)。割引適用による2年利用時の実質価格は1万368円。
no title


いわゆるMIL規格よりも厳しい独自の落下テストなどをクリアしたタフネス性能や、高温低温環境での動作県境、振動・粉塵への対策を施し、IP68相当の防水防塵性能をサポート。工事現場などでも通話しやすいよう、マイクを3つ搭載し、周囲のノイズを抑えるノイズサプレッサー機能を搭載する。

 画面が濡れた状態、あるいは手袋を装着したままでも画面をタッチして操作できる「水滴モード」「手袋モード」、両側面のハードキーからよく使う機能をワンタッチで起動できる機能などが搭載される。機能制限も可能で、カメラやブラウザをオフにすることもできる。

 チップセットはMSM8909(Snapdragon 210)、メモリは2GB、ストレージは16GB。大きさは約154×75×13.1mm。Android 8.1を搭載する。

 法人がターゲットの商品となるが、個人でも購入できる。同社オンラインショップのほか、ドコモショップや量販店、一般販売店で扱われる。在庫次第で取り寄せになることもある。
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1149631.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540387290/


続きを読む

ドコモショップ予約制に 長い待ち時間を政府問題視

1: ムヒタ ★ 2018/10/22(月) 11:59:46.88 _USER
fsfindex
NTTドコモは販売店「ドコモショップ」での手続きを予約制に切り替え、1〜2時間が当たり前だった待ち時間でほぼゼロをめざす。政府は携帯料金の高さに加え販売店での手続き時間の長さも問題視しており、22日には総務省による有識者会議が始まった。消費者の不満解消と販売店の効率化を進めつつ、値下げ圧力をかわす狙いもありそうだ。

「機種変更ですね。午後6〜7時でお取りできます」。美容院のような案内とともに、店…
2018/10/22 11:48
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36752040S8A021C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540177186/


続きを読む

ドコモ、金融機関に「信用スコア」提供 新生銀と提携

1: ムヒタ ★ 2018/10/17(水) 13:56:23.37 _USER
わfindex
NTTドコモは17日、スマートフォン(スマホ)の利用状況など複数のデータを解析し、個人の「信用スコア」を算出するサービスを発表した。新生銀行と協力し、2019年3月から提供を始める。金融機関は信用スコアを使い、融資条件を利用者に示せる。携帯市場は需要の頭打ちと楽天参入で競争が激しくなると見込み、契約者6600万人の基盤を強みに金融サービス分野の開拓を急ぐ。

新たに始める信用スコアサービス「ドコモ レンディングプラットフォーム」は、ドコモ利用者の信用スコアを金融機関に提供する。利用者の同意に基づいて、回線の利用期間や携帯料金の支払い履歴などからはじく。金融機関はスコアが高いほど利息や金利を低くするといった融資が可能になる。新生銀は19年3月に始める新たな融資サービスで活用する。

ドコモは金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテックのサービスを次々に広げている。5月、お金のデザイン(東京・港)と共同で、携帯電話の支払いなどでたまるポイントを使った投資サービスを始めた。

10月には東京海上日動火災保険と、スマホのデータを生かし、人工知能(AI)が利用者に最適な保険を提案する損害保険サービスを始めると発表した。

ドコモが新しい分野の開拓を急ぐ背景には、屋台骨である通信事業の成長の限界が見えてきた事情がある。

携帯電話は広く行き渡り、契約者の大きな増加は見込めない。19年秋には4社目の事業者として楽天が携帯事業に参入する。政府の値下げ圧力も強く、通信事業の今後に不透明感が増している。

ドコモは5月、戦略を改めた。これまで回線契約をメーンとしていた同社の事業基盤を、同社が提供する共通ポイントサービス「dポイント」の会員に転換した。

回線を契約していないポイント会員も、ドコモが提供するコンテンツや決済など様々なサービスを使える。ドコモは非通信サービスを成長のタネにする方針で、金融分野のサービスはその中でも期待をかけている。

動画配信などのサービスも含め、非通信部門の営業利益は約1400億円。全体の14%を稼ぐまで成長した。金融決済分野のサービスはそのうち約2割を占めており、非通信の柱の一つとして育ってきた。もともとドコモは1999年に始めたネット接続サービス「iモード」でコンテンツの課金代行を始め、金融との関わりは古い。

ただ、新しい金融サービスはスタートアップ企業に加えてLINEなど異業種企業も参入、混戦模様となっている。

信用スコアを算出して融資に活用するサービスに限ってみても、ソフトバンクがすでにみずほ銀行と共同出資してJスコア(東京・港)を設立し、17年から事業を始めている。6600万人という巨大な事業基盤を持つドコモとはいえ、今までのように余裕で進めることは難しい。(堀越功)
2018/10/17 13:47
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36584580X11C18A0TJ1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1539752183/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ