SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


キャリア別:au

auから「Galaxy S9+」5月18日発売 11万2320円(税込)

1: サーバル ★ 2018/05/14(月) 22:29:00.75 _USER9
au、進化したデュアルカメラ搭載「Galaxy S9+ SCV39」5月18日発売

太田 亮三2018年5月14日 14:09

 KDDI、沖縄セルラーは、サムスン電子製のAndroidスマートフォン「Galaxy S9+ SCV39」を5月18日に発売する。端末の販売予想価格は11万2320円(税込)。

no title

no title


主な仕様
 ディスプレイは約6.2インチ、2960×1440ドット(QHD+)の有機EL。左右の端で曲面に仕上げられるベゼルレスデザインを採用、インカメラやセンサーの穴は目立たないように色が付いているほか、画面側ボディはブラックの塗装で統一される。

 メインカメラは広角カメラ、望遠カメラがそれぞれ約1220万画素。インカメラは約800万画素。チップセットはQualcommのSDM845、6GBのRAM、64GBのストレージを搭載している。最大400GBまでのmicroSDXCカードを利用できる。

 OSはAndroid 8.0。無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0をサポート。防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグ・フルセグ、ワイヤレス充電、au 世界サービスに対応している。

 バッテリー容量は3500mAh。連続待受時間はLTEで約430時間、連続通話時間はVoLTEで約2330分、標準的な利用での電池持ち時間は約110時間。

 大きさは約74×158×8.5(最厚部8.9)mm。重さは約187g。ボディカラーのラインナップはミッドナイトブラック、チタニウムグレーの2色。
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1121453.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526304540/


続きを読む

KDDI営業利益初の1兆円 今期、ドコモも増益維持

1: ムヒタ ★ 2018/04/26(木) 03:15:41.88 _USER
8112st_me-01
NTTドコモとKDDIの携帯大手2社は2019年3月期も増益基調が続きそうだ。動画視聴などの広がりでスマートフォン(スマホ)のデータ通信料は増加傾向にあり、スマホとセットで結ぶ光ネット回線の契約数も伸びる見通しだ。ライバルの格安スマホへの対抗策で販促費が増えそうだが、ドコモの営業利益は前期比微増の9800億円程度、KDDIは1割近く増え初めて1兆円を超える見込みだ。

ドコモは今期に米国会計基準か…
2018/4/26 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29819490V20C18A4DTA000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1524680141/


続きを読む

au、新メールドメイン「au.com」5月15日から

1: ノチラ ★ 2018/04/18(水) 17:43:49.58 _USER
no title

KDDIは4月18日、新規ユーザーに提供するメールアドレスの新ドメイン「au.com」を、5月15日から提供すると発表した。新ドメインのメールアドレスは、au IDとしても使えるという。

15日午前9時以降、auでメールアドレスを取得するユーザーまたはメールアドレスを変更するユーザーは、メールアドレスが「(任意の文字列)@au.com」になる。

 従来のメールドメイン「ezweb.ne.jp」を使っているユーザーは、引き続き利用できる他、ドメインだけを「au.com」に変更できる。新ドメインに変更しても、旧ドメインのメールアドレスに送信されたメールは、件名に「[ezweb-tensou]」が付与されて引き続き受け取れるという。

 現在、ユーザーが従来のドメイン「ezweb.ne.jp」で使っているローカルパート(@よりも前の部分)は無期限で保管され、第三者がau.comドメインで取得することはできないという。

 法人向けに提供しているビジネスメールアドレスも、新メールドメイン「biz.au.com」を提供する。同社は2017年8月にメールドメイン変更を予告していた。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/18/news092.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1524041029/


続きを読む

auも「ファーウェイ」端末採用、日本でも攻勢

1: ムヒタ ★ 2018/03/31(土) 13:45:33.18 _USER
あさindex
中国メーカーのスマートフォンは日本国内でも攻勢が目立っている。

今年1月にはKDDI(au)が華為技術(ファーウェイ)の端末を採用した。価格は3万円前後と手頃ながら、高性能のカメラを搭載している。ファーウェイ製は通信料が安い格安スマホで人気を集めており、KDDIは「実績を評価した」(広報)という。

中国などアジアメーカーが日本の家電市場に進出するのは、かつてはハードルが高かった。日本の消費者が日本や米国メーカーの品質に高い信頼感を持っていたからだ。

だが、半導体などの部品を外部から購入すれば、一定品質の製品が生産できる「デジタル化」が中国でも進み、事情は変わった。調査会社BCNの森英二氏は「日本や韓国のスマホと機能面での差はなくなってきている。新しい技術をいち早く取り入れている」と指摘する。
続きはソースから
2018年03月31日 13時02分
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180331-OYT1T50059.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1522471533/


続きを読む

テザリングなぜ有料? KDDI「基本料を安くしたから」

1: サーバル ★ 2018/03/23(金) 18:37:27.06 _USER9
 20180304-00010002-binsider-000-6-view
スマートフォンのテザリングはなぜ有料なのか? そんな不満を目にする機会が増えている。きっかけは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアが大容量プランを中心にテザリングを有料扱いにしたこと。

KDDIのテザリング料金

 有料化を決めた当初、3社とも期間限定で無料キャンペーンを実施してきたが、キャンペーン終了間際になって「やっぱり有料なのか」「同じモバイル通信なのに、手段が違うだけで有料にするのはいかがなものか」「データ通信をどう使おうとユーザーの自由ではないのか」と物議を醸してきた。KDDIが予定通り2018年3月31日に無料期間を終了すると告知したことから、再びテザリング有料化の議論がヒートアップしてきた。

 まずはテザリング有料化を巡る、3社のこれまでの流れを整理したい。

NTTドコモ

 30GB〜100GBの「ウルトラパック」向けテザリングは、当初は2018年3月末まで無料とし、2018年4月から月額1000円(税別)が発生する予定だった。しかし2016年9月のウルトラパック提供開始から、ドコモのネットワーク設備に大きな影響が発生していないことから、無料期間を延長。延長期限は特に定めていない。

 その他のプランではテザリングの料金は発生しない。

KDDI

 20GB〜30GBの「スーパーデジラ」のテザリングオプション料金は月額1000円で、2018年3月31日までは無料としていたが、2018年4月以降は月額500円に改定する。

 auピタットプラン・auフラットプランのテザリングオプションは月額500円で、2018年3月31日までは無料としていたが、予定通り2018年4月以降は月額500円の有料オプションになる。

 その他プランのテザリング料金は以下の通り。

・スーパーカケホやカケホと組み合わせられるデータ定額は無料
・旧LTEプランと組み合わせられる「LTEフラット」などは月額500円

ソフトバンク

 20GB〜30GBの「ギガモンスター」と50GB〜100GBの「家族データシェア」のテザリングオプション料金は月額1000円で、2017年4月30日までは無料としていたが、無料期間を2017年7月31日までに延長し、料金は月額500円に値下げした。その後、KDDIに合わせて無料期間を2018年3月31日まで再延長した。

 しかし、「テザリングを継続するか解除するかを決めるための猶予期間を設ける」(同社)べく、無料期間を2018年5月31日までに再々延長した。6月1日以降は、今度こそテザリングは有料になるようだ。

 その他プランのテザリング料金は以下の通り。

・データ定額50GBは無料期間なしで月額500円
・データ定額ミニ 1GB/2GB、データ定額 5GB、データ定額S(4Gケータイ)は無料
・その他のプランは月額500円だが、加入から2年は無料

●なぜテザリングが有料なのか? 各社の見解

 そもそも、なぜ契約しているプランによって、テザリングが有料になる場合があるのか。各社の広報部に見解を聞いた。

ドコモ:ネットワークへの負荷を懸念

 ドコモは「大容量プラン(ウルトラパック)を始めた頃から、テザリングによって、ドコモが想定している以上の通信トラフィックが発生した場合、ネットワーク機器に負担が掛かり、お客さまへの影響が大きくなることを懸念していた」と回答。「お客さまへの影響」とは、一部のユーザーが過度に通信をすることで、他ユーザーの通信品質が低下したり、ネットワークのコスト負担の公平性を担保できなかったりするという問題だ。また、トラフィック増によって回線増強を余儀なくされると、キャリア側のコスト増につながる。

 ただ、現時点ではネットワーク設備に大きな影響を与えていないことから、無料化を継続している。auやソフトバンクに比べれば良心的な対応だが、「キャンペーン」という枠組みをやめたわけではなく、ドコモのさじ加減で、再びテザリングが有料になる可能性も残されている。

KDDI:有料にすることで基本プランが安価に

 KDDIは、「従来のカケホとデジラのデータプランでは、基本料金にテザリングも含めていたが、大容量プランや新料金プラン(ピタットプランとフラットプラン)では、必要なお客さまのみに提供するオプションサービスに変更した。それにより、従来プランより安い料金で提供できている」と説明する。ピタットプランとフラットプランは、確かにギガ単価を見ると、従来のカケホとデジラ向けプランに比べると安い。しかしテザリングを無料にすると、この値段は実現できなかった、というわけだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000014-zdn_m-sci
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521797847/


続きを読む

KDDIが3月末でテザリング無料キャンペーンを終了 4月から月額500円徴収へ

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2018/03/16(金) 12:00:05.66 BE:323057825-PLT(12000)
au_terminate_free_capmpaign_of_tethering_2018_03

 KDDIが、これまで無料で提供していた、月額500円のテザリングオプション料金を4月から徴収すると発表した。

 MWC開催中に発表されたこともあり、Twitterなどで、この件に対して特に言及することはなかった。
あまりに何も反応しなかったので、KDDIから問い合わせが来てしまったのだが、実際のところは「呆れてものが言えない」というのが正直な感想だ。

 そもそも、テザリングを利用するのに、なぜ追加でオプション料金を支払う必要があるのかさっぱり理解できない。

KDDIが3月末でテザリング無料キャンペーンを終了へ――なぜ、KDDIは本業である通信をユーザーに思う存分、使わせてくれないのか
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1803/16/news038.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1521169205/


続きを読む

KDDI、2018年4月から一部プランのテザリング料金を月額500円に

1: ムヒタ ★ 2018/03/03(土) 10:36:48.90 _USER
KDDIは、2018年3月末まで無料としていた一部プランのテザリング料金を、2018年4月から月額500円にすると発表しました。

無料キャンペーンは延長されず
no title


KDDIは、「auピタットプラン」「auフラットプラン20/30」「データ定額20/30」「U18データ定額20」を対象にしたテザリングの月額料金を、2018年4月1日から月額500円にすると発表しました。

当初、KDDIは同プランのテザリング料金を2017年4月30日まで無料にするキャンペーンを行っていましたが、2017年4月に無料期間延長を発表、実施期間を2018年3月31日までに変更していました。

2017年5月に行われたKDDIの決算発表では、田中孝司社長が無料化の可能性をにおわせる発言もしていましたが、結局無料キャンペーンは今回で終了、4月以降は有料となります。

月20/30GBの「auフラットプラン」は500円の値下げ
ただし、月20/30GBの「auフラットプラン」のテザリング料金に関しては、もともと月額1,000円が予定されていたので、実質500円値下げされた形になります。

しかしいずれにせよ、これまでは無料だったものが4月以降は有料となるため、テザリングをオプション契約している人は注意が必要です。
2018年3月2日 18時01分
https://iphone-mania.jp/news-204581/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1520041008/


続きを読む

KDDI、最大速度10倍の光通信サービス

1: ノチラ ★ 2018/02/08(木) 17:09:06.83 _USER
885index
 KDDIは8日、最大毎秒10ギガ(ギガは10億)ビットの個人向け光通信サービスを始めると発表した。従来サービスから最大速度を10倍にした。日本最速といい、4K・8K映像や仮想現実(VR)など大容量コンテンツの視聴ニーズを見込む。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部エリアを対象に3月1日から申し込みを受け付ける。

 従来の個人向け光通信サービスの最大速度は毎秒1ギガビットだった。インターネット接続事業のソニーネットワークコミュニケーションズ(東京・品川)も一部地域で同10ギガビットの光通信サービスを提供している。ただし、同10ギガビットの通信は下り方向だけで、上り方向は同2.5ギガビットになる。

 KDDIの新サービス「auひかり ホーム10ギガ」は下り方向、上り方向とも同10ギガビットの最大速度を実現した。月額利用料金は5880円。2年目は5780円、3年目は5680円と100円ずつ割り引く。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26687060Y8A200C1X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1518077346/


続きを読む

「auの客、取らないで」 auからUQ、乗り換え5割超える カニバリ(共食い)KDDIの焦り

1: ばーど ★ 2017/12/18(月) 13:58:28.18 _USER9
499b6e428d2470d970706bcd3a5b49c320c29935
 au携帯の顧客まで奪い取る傘下の格安スマートフォン「UQ」にKDDIがブレーキをかけている。成長が鈍る国内市場でグループ内のカニバリ(共食い)に悩み、かといって海外展開も進んでいない。14日には楽天が携帯電話事業者への参入をめざすと発表。それでも営業利益9000億円を稼ぐ社内では危機感が希薄だ。

■auからUQ 乗り換え5割超える

 「au回線からの顧客の乗り換えを半分以下に抑えてほしい」。KDDI…※続く

配信2017/12/18 6:30
日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24527110S7A211C1X11000/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513573108/


続きを読む

背景に格安スマホとの熾烈な競争 auの新学割(月額1480円〜) 中高生ら取り込みに注力

1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/13(水) 08:17:16.44 _USER9
img_ab345a0da09851c4e53f8be5d1befdb71356628
http://www.sankei.com/smp/economy/news/171213/ecn1712130007-s1.html

 KDDI(au)が、前回の半額程度となる新しい学割を打ち出すのは、格安スマートフォン事業者との熾烈(しれつ)な顧客獲得競争を勝ち抜くためだ。KDDIは、データ利用量に応じて変動するなど他の携帯大手にない新料金プランが年内に400万契約に達する見込みとなるなど好調だ。新学割も新料金プランからさらに割り引くことで、携帯大手との差別化も図り、貴重な新規顧客の中高生ら若者を取り込む考えだ。

 KDDIは、ソフトバンクの格安スマホブランド「ワイモバイル」など格安スマホ事業者への顧客流出の影響が、NTTドコモやソフトバンクよりも大きいとされる。そのため、7月から始めた変動制料金の「ピタットプラン」と大容量のデータを利用できる「フラットプラン」で流出を防ぐことに躍起になっている。新プランは順調に契約を伸ばしているが、「流出は緩やかになったが止まってはいない」(KDDI関係者)のが現状だ。

 KDDIの最大の競合相手ともいえるワイモバイルは、前回、1月だった学割の発表を前倒しして、今月1日から基本料を無料にするという大胆な新学割を導入した。ソフトバンクのワイモバイル事業推進本部の寺尾洋幸本部長は「携帯電話市場は飽和状態になってきている中で学生さんは非常に大きな存在だ」と導入の重要性を強調している。

 KDDIは新学割で、ワイモバイルがCMなどで訴える「月額1480円」と同じ月額料金をアピールし、さらにワイモバイルに合わせて12月に導入するなど対抗心をむき出しにしている。

 ドコモやソフトバンクも新学割を例年より前倒しで導入することを検討しているとみられる。国内のスマホ契約者が頭打ちになる中、学割対象者というパイの奪い合いは続きそうだ。

(大坪玲央)

追加ソース
http://www.sankei.com/smp/economy/news/171213/ecn1712130008-s1.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513120636/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ