SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


キャリア別:au

au、データ容量無制限の通信プランを1500円値下げ 5Gサービスや楽天参入に備え

1: ムヒタ ★ 2020/01/17(金) 14:09:10.61 _USER
 mt1626333_AUMAX-02
KDDIと沖縄セルラーは1月17日、月間のデータ容量に上限を設けないスマートフォン向け料金プラン「auデータMAXプランPro」の月額使用料を2月1日から1500円値下げすると発表した。春から始める予定の5G移動通信サービスや、楽天の携帯キャリア(MNO)事業参入に備える狙い。

 「auデータMAXプランPro」は使用したデータ容量にかかわらず定額で提供するプラン。現在は月額9150円で提供しているが、2月1日以降は7650円に変更。これまで20GBの制限があったテザリングや国際ローミングについては上限を30GBに変更する。

 auが春から始める予定の5Gサービスでは、大容量のデータを高速にやりとりできるようになり、ユーザーの通信容量も増えることが予想される。auデータMAXプランProは4G向けのプランではあるが、5Gサービスも視野に入れ、値下げで競争力の向上を狙うとみられる。

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は1月6日、MNO事業について4月から本格的にサービスを始めると明らかにした。具体的なプランの内容や料金は発表していないが、大手3キャリアが提供している料金プランよりも安いものを提示する可能性もあり、価格競争の激化が見込まれる。

 KDDIは「春商戦に向け、楽天モバイルの参入など競争環境も考慮し、他社に先行して値下げに踏み切った」としている。
2020年01月17日 13時22分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/17/news084.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579237750/


続きを読む

高齢者がau携帯でスマホを契約 microSDカードを購入させられ定価より高くぼったくり 128GBで3万

1: ジャガー(ジパング) [US] 2020/01/04(土) 03:09:09.04 BE:887141976-PLT(15001)

高齢者のお年寄りがスマートフォンをauショップで契約し、またその際にmicroSDカードをすすめられ同時に購入。
そのmicroSDカードの値段が2万7864円もしたという。

「au+1 collection」というブランドで、実際にこの商品は1万7380円だったことがau公式サイトに記載されている。

そもそも高齢者が契約したスマートフォンは内蔵ストレージが32GBで、それすら使いこなせるか分からない。
128GBのmicroSDカード、更にいうと高額な商品は只単に売りつけたかっただけとしか思え無い。

なぜ実際に売られている値段よりも高くなってしまったのだろうか。au Online Shopと店舗とでは値段に差がある?

今回この件は親戚である人物が契約書とともに画像をTwitterに投稿している。

https://gogotsu.com/archives/55839
no title

no title


関連
『PCデポ』 70代男性が会員解約したら6万7500円の違約金が発生 解約金はゼロだったはず
https://gogotsu.com/archives/24187
『PCデポ』光回線の解約料が高すぎると話題に 解約手数料が21万円? 過去にも同様の事例が
https://gogotsu.com/archives/35153
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1578074949/


続きを読む

KDDIとローソン、スマホ決済提携 auでポンタ使える

1: ムヒタ ★ 2019/12/16(月) 11:55:09.05 _USER
daa6c915170bd8a33190ea89d2c0239b
KDDIはローソンとスマートフォン決済分野で提携する。KDDIが120億円超を投じてローソンに2%程度を出資し、ローソンの親会社である三菱商事とも連携して共通ポイント「ポンタ」運営会社の株式約20%も買い取る。KDDIのスマホ決済・電子マネーで「ポンタ」を使えるようにする。スマホ決済を巡り、通信・ネット業界と小売業界などとの連携が広がりそうだ。

KDDIとローソンは16日に業務提携で基本合意し、…
2019/12/16 11:45
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53394620W9A211C1MM0000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1576464909/


続きを読む

KDDI 通年採用へ 新卒一括採用を見直し

1: ムヒタ ★ 2019/12/13(金) 08:49:27.67 _USER
K10012213241_1912130048_1912130757_01_02
通信大手のKDDIは再来年度の入社から、1年を通じて採用活動を行う通年採用に全面的に切り替えます。大手企業の間で新卒の一括採用を見直す動きが広がりそうです。

KDDIは令和3年度・2021年度に入社する社員から、これまでの一括採用をやめ、全面的に通年採用に切り替えます。

入社の時期も4月と10月の年2回に変更するということです。

会社では、外資系やIT企業などとの人材の獲得競争が激しくなっているため、通年採用への切り替えによって一括採用では対応しきれない幅広い人材の確保につなげたいとしています。

また、専門性の高い能力を持った学生に能力にあった部門への配属を約束する「ジョブ型採用」も増やしていくとしています。

採用や就職活動をめぐっては、経団連と大学側が一括採用だけでなく、通年採用を含めた多様な方法を進めていくことで合意していて、大手企業ではソフトバンクや富士通が通年採用を導入しています。

リクルートキャリアの就職みらい研究所の増本全所長は「学生の売手市場が続いている中で企業も学生を獲得するため、さまざまな採用手法を導入する流れにある。特にテクノロジー人材と呼ばれる人たちの獲得は海外企業とも競争しなければならず、一括採用を見直す動きはこれからも広がっていくだろう」と話しています。
2019年12月13日 7時57分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191213/k10012213241000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1576194567/


続きを読む

ファミマで「au PAY」が利用可能に 20年1月に最大20%還元も実施

1: ムヒタ ★ 2019/12/04(水) 14:00:46.77 _USER
sh_ap_01
 KDDIは12月3日、スマートフォン決済サービス「au PAY」が全国のファミリーマートで利用可能になったと発表した。2020年1月7日〜1月20日には、ファミマで決済する際にau PAYを利用した顧客に対し、購入額の最大20%相当の「au WALLET ポイント」を付与するキャンペーンも行う。

 キャンペーンの利用には、au PAY公式サイト上での事前エントリーが必要だ。ポイントの還元率は、「auスマートパスプレミアム」会員が最大20%相当、その他の顧客が最大10%相当。上限は3000ポイントで、2020年3月末までに付与する予定。

 KDDIはキャンペーン期間中の1月13日に、auユーザー向けの還元企画「三太郎の日」を開催する予定。当日のみ、auスマートパスプレミアム会員には三太郎の日の特典が適用され、au PAYの還元キャンペーンとの併用はできない。

 au PAYは「au ID」を作成すれば、他の携帯キャリアのユーザーでも利用できる。19年10月5日時点での登録者数は600万人超。
2019年12月04日 13時07分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/04/news105.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575435646/


続きを読む

自動運転タクシーの実用化に向け協業、KDDIら5社 20年夏に都内で実証実験

1: ムヒタ ★ 2019/11/14(木) 15:02:30.83 _USER
 KDDI、JapanTaxiなど5社が、自動運転タクシーの実用化に向けて協業すると11月14日に発表した。2020年夏をめどに都内で実証実験を行い、22年度以降の事業化を目指す。タクシーのドライバー不足などを解決する狙い。

 協業するのは、自動運転システム開発のティアフォー、配車アプリ開発のJapanTaxi、損保ジャパン日本興亜、KDDI、3次元地図開発のアイサンテクノロジー。19年から20年にかけて、自動運転システムを導入したタクシー車両を最大10台開発し、自動運転の技術レベルやリスク、運行管理のオペレーションなどについて段階的に精査していく。

 ティアフォーが自動運転タクシー車両や運行管理システムを開発し、アイサンテクノロジーが高精度の3次元地図を提供。通信面ではKDDIが5G通信ネットワークを構築し、保険については損保ジャパン日本興亜が自動運転車両向け保険を用意。配車アプリの開発など一般利用者向けのサービス展開はJapanTaxiが担当する。

no title


 各社で培ったノウハウを活用し、安心・安全なサービスの実施体制を構築するとしている。
2019年11月14日 13時41分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/14/news095.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1573711350/


続きを読む

災害時にヘリコプターを基地局化 KDDI、富士通など

1: ムヒタ ★ 2019/11/07(木) 13:50:43.26 _USER
thumb_20191107123926
KDDIと富士通は新潟県魚沼市と協力し、災害時にヘリコプターを携帯電話の基地局にする実証実験を実施した。ヘリコプターに小型の無線設備を搭載し、上空から電波を照射。周辺地域を最大で直径2キロメートル程度、通信圏内にする。地上の基地局が停止しても、被災者を迅速に救助できるようになる。ドローンの活用と合わせて災害対応での実用化を急ぐ。

実証実験は新潟県魚沼市で10月23日〜11月6日に実施した。KDDIは企画と実用化の検討、KDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)が通信管理設備の小型・軽量化、富士通が携帯電話基地局などの小型・軽量化を進めた。

ヘリコプター基地局は、災害時に地上の基地局が停止した場合に、被災者と通信して救助する場面を想定する。通信のエリア化可能な範囲は直径約1.6キロ〜2キロメートルで、範囲内で通話とショートメッセージサービス(SMS)が利用できる。

被災者の全地球測位システム(GPS)の位置情報を取得できるほか、GPSが利用できない場面でも被災者の携帯電話から発信される電波を捕捉して位置を推定できる。救助隊や医療機関などが通信で連携を取れ、迅速な救助ができる。

KDDIはドローン(小型無人機)を活用した災害対応向け基地局の実証実験を2017年から進めてきた。ドローンは噴火など人が近づけない場面で活用が期待できる一方で、バッテリーが持たず長時間の通信が難しいという課題があった。ヘリコプター基地局はドローンと比べて、長時間の通信が可能なうえ、高度から電波を照射することで通信できる範囲も広い。

KDDIはヘリコプターとドローンを災害の状況に合わせて使い分ける方針。今後、実証実験を通じて実用化を目指す。
2019/11/7 13:05
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51887870X01C19A1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1573102243/


続きを読む

KDDI、端末代金最大3分の1割引の新プラン 11月導入へ

1: 孤高の旅人 ★ 2019/10/16(水) 08:09:39.54
000166947_640
KDDI、端末代金最大3分の1割引の新プラン 11月導入へ
10/16(水) 7:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000504-san-bus_all

 KDDI(au)は15日、スマートフォンの端末代金を最大3分の1割り引く新たな販売プランを11月に導入する方針を固めた。端末を36カ月の分割払いで購入し、25カ月目以降に端末を返却すると最大12カ月分の支払いが不要になる。10月に「最大半額」にするとうたったプランを導入したが、政府から仕組みや広告表示に批判が出たため分かりやすい内容に見直す。

 新プランは自社回線の利用者のみに販売するほか、プラン利用料を撤廃し、25カ月目以降に指定端末に買い替える条件もなくすなど利用条件を簡素化する。一方、端末代の割引幅は「最大半額」より小さくなる。

 最大半額をうたったプランは、端末を48カ月の分割払いで購入し、25カ月目以降に端末を返却すれば最大24カ月分の支払いを免除する内容で、他社の回線利用者でも利用できる。ただ、端末代以外に月390円の利用料を24カ月間(計9360円)払わなければならず、実負担は半額以上で、消費者の誤解を招くと指摘されていた。100日間は同社の契約でしか使えない「SIMロック」もかかっており、端末による囲い込みとの批判も出ていた。

 ソフトバンクも同様に最大半額をうたった販売プランを9月中旬から導入したが、プランの仕組み自体は見直さずに「半額サポート+(プラス)」との名称を「トクするサポート」に変更。条件付きでSIMロックの即時解除にも今月から応じている。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571180979/


続きを読む

KDDI「最大半額」撤回 端末値引き3分の1に

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/16(水) 13:36:37.98 _USER
ヴぇsヴぇindex
KDDI(au)は、携帯端末代金の支払いを最大で3分の1割り引く販売プランを導入する方針を固めた。36回の分割払いで購入し、25カ月目以降に端末を返却すると、残りの最大12回の支払いを免除する。10月に端末代金を「最大半額」とするプランを導入したが、政府から仕組みに批判が出ていたことを受け、撤回することを決めた。

新プランは11月から導入する。auの回線契約者に限定し、顧客が割引を受けるための月…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51021810W9A011C1MM0000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571200597/


続きを読む

auのKDDIが韓国サムスンの5G設備を採用

1: アマリン(SB-iPhone) [CN] 2019/10/09(水) 12:34:54.70 ● BE:659060378-2BP(8000)
20190930-035671538

サムスン電子
日本の5G市場に食い込んだ

サムスン電子が日本2位の移動通信キャリア、
KDDIに5G(第5世代)の通信設備を供給する。
サムスン電子は現在韓国と米国に5G設備を供給しているが、
日本の5G市場に進出するのは今回が初めてだ。

通信業界によると、
サムスン電子は今年から2024年の5年間にわたり、
KDDIに2兆4000億ウォン(約2200億円)規模の5G設備を供給する。
KDDIの5G設備投資額(5兆2000億ウォン)の約半分が
サムスン電子からの設備調達に充てられることになる。

KDDIは最近、サムスン電子、エリクソン、ノキアの3社を
5G設備の納入業者に選定した。
サムスン電子はKDDIが2023年までに
日本全域に構築する5G基地局5万3626カ所のうち、
東京など首都圏地域の基地局向けの設備を供給するとされる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/01/2019100180002.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570592094/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ