SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


キャリア別:Softbank

企業買収ばかり繰り返す孫正義は「虚業」なのか

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/14(土) 21:21:59.59 _USER
img_c95af06b1182ea167226e6b8adfa9c641006070
LINE、ZOZO、アスクル……ソフトバンクグループの孫正義会長は、国内大手ネット企業の買収を次々と成功させてきた。だが、企業買収ばかりを繰り返す手法は「虚業ではないか」とも批判される。実態はどうか。経済評論家の加谷珪一が解説する――。

ソフトバンクグループが、急ピッチで国内ネット企業の買収を進めている。傘下のヤフーを中心に、ZOZO(ゾゾ)、アスクル、LINEなど有力企業を次々と取り込んできたが、特にヤフーとLINEとの経営統合がもたらす影響は大きい。ソフトバンクグループは一連の買収によって、事実上、1億人の経済圏を獲得したといってよいだろう。

これだけの規模になれば、国内ネット企業のガリバーとして、多くの利用者を囲い込める反面、買収した各事業の利益相反調整など、オペレーションは複雑になる。一部からは、市場の寡占化が進むことによって、これまで破竹の勢いだったソフトバンクグループの成長に陰りが出ることを指摘する声も出ている。

ソフトバンクグループの有力子会社でポータルサイト「ヤフー」を運営するZホールディングス(ZHD)とLINEは2019年11月18日、経営統合する方針を明らかにした。2020年10月までに、両社の親会社であるソフトバンクと韓国ネイバーが共同持株会社を設立し、この持ち株会社がZHDの株式を7割保有。傘下に事業子会社としてヤフーとLINEを並立させるスキームが検討されている。

「国民的なITサービス」どうしの統合だが……
両社は対等合併であることを強調しており、統合後のZHDのトップには、ヤフーの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長が、それぞれ共同CEO(最高経営責任者)に就任することが決まっている。だがヤフーの背後には、巨大なソフトバンクグループが控えているという現実を考えると、この経営統合はソフトバンクグループによるLINEの取り込みと考えた方がよいだろう。

ヤフーは6743万人の月間利用者を抱える日本最大のポータルサイトであり、同時にヤフーショッピングやヤフオクといったEC事業も展開している。一方、LINEの月間利用者は8200万人となっており、こちらも国民的なITサービスといってよい。

両社の顧客にはかなりの重複があるが、利用者数を単純に合算すれば、日本の人口を大きく上回ることになり、今回の経営統合によってソフトバンクグループはまさに1億人経済圏を獲得できる。

なぜ孫正義氏はこれほどまでに事を急ぐのか?
ここ1年、ソフトバンクグループはヤフーを通じて国内ネット企業の獲得に邁進まいしんしている。

2019年8月には子会社であるアスクルのトップを解任するなど経営関与を強化し、翌月にはファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するゾゾの買収を決めた。そこから時間を置くことなく、今度はLINEとの経営統合を実現している。

ソフトバンクグループを支配する孫正義会長は、電光石火のM&A(合併・買収)を得意としてきたが、買収のスピード感はさらに高まっていると見てよいだろう。では、孫氏はなぜこれほどまでに事を急いでいるのだろうか。もっとも大きな理由は、孫氏が進めるネット企業への投資戦略に、とうとう成長の限界が見え始めたからである。

これまで孫氏は、成長企業に対する数多くの投資を行ってきたが、ここ数年は、10兆円の規模を持つソフトバンク・ビジョン・ファンドを立ち上げるなど、ネット企業への投資をさらに加速している。孫氏が企業買収に貪欲なのは、買収を通じて「時間」を買うためである。

ネットビジネスは従来型産業とは大きく異なり、成長に必要な限界コストが圧倒的に安く、業績が急拡大しやすい構造になっている。しかも、サービスを利用する人が増えれば増えるほど、その価値が高まるというネットワーク外部性という効果もあり、一定のシェアを超えると加速度的に利用者が増加する。

グループ総力で取り組まないと、GAFAに駆逐される
以下ソース
https://president.jp/articles/-/31266
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1576326119/


続きを読む

ソフトバンクGのファンド、「犬の散歩代行」の株売却

1: ムヒタ ★ 2019/12/10(火) 07:26:02.74 _USER
38ad0c1494c94f4841d8dc13aafa7371
【ニューヨーク=野村優子】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は9日、ソフトバンクグループ傘下の投資ファンド「ビジョン・ファンド」が、米国でペット関連サービスを手掛ける「ワグ」の株式を同社に売却することで合意したと報じた。ビジョン・ファンドは2018年1月に3億ドル(約330億円)を出資していた。

ワグは犬の散歩代行などを展開するスタートアップ企業。事業低迷により、今年に入ってから人員削減を進めていた。ギャレット・スモールウッド最高経営責任者(CEO)は9日、社員に「ソフトバンクと友好的に決別した」と述べたという。
2019/12/10 6:13
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53151620Q9A211C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575930362/


続きを読む

孫正義「もっと狂え!本気で狂え! 」

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/07(土) 19:56:38.65 _USER
dsvdsp1
今、最も注目の経営者といえば、この男を置いてほかにない。ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏だ。中間決算で大赤字を発表するも、委縮する気はさらさらない。AI(人工知能)世界の主導権を握るため、ひた走る。孫氏へのインタビューで、事業家の精神に迫った。

AI時代の新ヒーローは誰か 2代目は自らを追い込め
ー起業家は事を起こし、事業家は事を成す。経営者は事を治める。かつて、そう聞きました。

起業家は、ある種クレイジーでなきゃいけないんですよね。今まで存在していないことを生み出す、一般の人々が考えないことを考える。そういう意味では、やや一般からずれた人が、起業家に向いていると思うんですね。

ー破天荒な言動が問題となり、自ら立ち上げた会社を追われる起業家も多い。そういう人たちはちょっとクレイジー過ぎたと。

みんなクレイジーなんです。やはり普通の人と違う。そのクレイジーさが、「事を成す」ところまでたどり着かずに終わる場合もあるわけです。でも、起業家としては立派な役割を果たしている。

 スティーブ・ジョブズも若い頃は、クレイジーさゆえにアップルを追い出されたりもしたわけですよね。でも、もう一度戻ってきて立派に「事を成した」。クレイジーな「起業家」が「事業家」に生まれ変わった瞬間です。苦労を体験して、自分の思いがあるからできた。

 言うこともむちゃくちゃだし、行動することもむちゃくちゃだし。でも最初は、むちゃくちゃだっていうぐらいじゃないとね。

ーそもそも何も始まらない。

 常識を覆すような発想は、むちゃくちゃくらいでないと、なかなか出ないと思うんですよね。アーティストのようなものです。ロックミュージシャンだったりね。

 僕が彼らを大好きだと思うのは、アーティスト的な素晴らしさがあるからです。新しいものをクリエイトしている。クリエイティビティーですよね。そこを僕は高く評価するし、尊敬する。

 ソフトバンク・ビジョン・ファンドでは、これまで約90社に投資していますけれども(2019年11月6日現在)、創業者は皆、ある種の狂気を持っています。その中でもユニコーンレベルにまで成長させるのは、突破力を持っている連中です。そういう連中が1ビリオン(10億ドル)を超える企業価値、つまりユニコーンになる。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19nv/120500136/120500001/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575716198/


続きを読む

孫正義「人のまねではなく、新しいものをクリエイトして新しいチャレンジをするのが起業家です。模倣するんじゃなくて『起こす』」

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/07(土) 19:58:47.90 _USER
dsvdsp1
あなたに翼はあるか
翼があるかどうか。

 世の中に「おれも起業家だ」というベンチャー経営者は多くいるけれど、「おまえ、翼はあるのか」と。しょせん一時的なジャンプではないかと。

 100万人規模のユーザーをつかむと、1ビリオンぐらいの企業価値になる。それ未満のものというのは、一時的にちょこっと出ても、競争相手に抜かれていくか、あるいは途中でもう事絶えてしまう。それらは僕にしてみれば、起業家もどきです。

 人のまねではなく、新しいものをクリエイトして新しいチャレンジをするのが起業家です。業を起こす。模倣するんじゃなくて「起こす」。新しい世界観をつくり出している。それが起業家です。

 僕がビジョン・ファンドをつくったのは、100万人規模のユーザーに価値を与える、しかもそれが、ある程度サステイナブルな事業を支援するためです。ユニコーンだけに特化した投資グループは、今まではなかった。

 新しいユニコーン、次のユニコーンを追い求めて育てるベンチャーキャピタルは、世の中に5000社ぐらいある。それらはユニコーン未満のところに投資していた。

 けれど、(ビジョン・ファンドのように)ユニコーンのレベルに既にある企業をさらに育てようと思ったら、軍資金からして違う。

 本当に「事を成す」のは企業価値が30ビリオン、100ビリオンという規模になっていくこと。それが本当の事業であり、事業家ですよね。企業価値30ビリオンドルで、10ミリオン(1000万)以上の人々に価値を提供して、しかも継続できている。これが事業家レベルで、創業者の場合が多い。

 これを2代目、3代目、4代目、5代目と事業を受け継ぎ、ある程度、事業を継続して治めていくという人たちがいる。こういう人たちが経営者です。その人たちはプロフェッショナル経営者として、バランス力と知恵と知識があって、しっかりと「事を治める」。

 こういう経営者の人たちに、クレイジーさはあまり要求されません。むしろバランス力。そして知恵、知識が必要。知恵、知識、バランスだとか、複雑な計器飛行を行っていく能力は必要ですが、クレイジーさは必要とされない。

 だけど、ユニコーンの起業家は、やはりクレイジーさが必要。ドライビングエンジン、クリエイティビティーですね。そういうものがないと突破できないわけです。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19nv/120500136/120500001/?P=2
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575716327/


続きを読む

孫正義氏「日本がAI後進国なのは“モノづくり至上主義”のせい」

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/06(金) 22:25:40.84 _USER
hy_g_001
孫社長は1980年代の日本と米国が貿易摩擦で緊迫していた状況を振り返りつつ、「今は米国と中国がAI競争でトップ争いをしている。日本は後発で蚊帳の外の状態」と憂慮。日本がAI後進国になった理由の1つに企業姿勢があるとし、「インターネットも後発だったように、モノを作らなきゃ立派じゃないという企業の思い込みがあったことに一因がある」と指摘した。

 今後日本が、AIの研究開発でさらなる発展を遂げるには、「モノづくり中心から情報産業中心へ経済構造の転換が必要だ」という。

 加えて、教育現場にも原因があると孫社長は指摘。「今までAIを教える環境がなかった」とし、“脱・AI後進国”を果たすには「学びの場を提供し、基礎研究、応用研究を経て、きちんと事業化していくシステムを回さないといけない」と話した。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/06/news156.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575638740/


続きを読む

ソフトバンク、2024年1月に「3G」終了

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/06(金) 18:52:48.39 _USER
st52693_sb3g-01
ソフトバンクは6日、第3世代(3G)の携帯電話サービスの提供を2024年1月下旬に終えると発表した。第4世代通信のLTEが普及したため。現在の3Gの契約者数は明らかにしていない。3Gサービスはガラケーと呼ばれる従来型携帯電話の利用者が大半を占める。ソフトバンクは02年12月からサービスの提供を始めた。

3GではKDDI(au)が22年3月末にサービスを終了すると発表している。NTTドコモは26年3月末に提供を終える方針で、携帯電話大手3社の3Gサービスは20年代半ばに終了することになる。

携帯各社は20年春に次世代通信規格「5G」の商用サービスを始める。3Gの終了で基地局の維持コストを削減でき、経営資源を5Gに集中させる。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53052170W9A201C1916M00/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575625968/


続きを読む

ソフトバンク、東大とAI研究所を開設

1: ムヒタ ★ 2019/12/06(金) 13:54:16.70 _USER
AS20191206003194_commL
ソフトバンクは6日、東京大学と人工知能(AI)の研究所を開設すると発表した。AIの基礎研究のほか、先端医療などにAI技術を応用する研究も手掛ける。研究成果は共同で事業化し、そこで得た収益を研究開発やAI人材の育成に投資する。東大や海外の有力大学の研究者を招き、世界最先端のAI研究機関を目指す。

「Beyond(ビヨンド)AI研究所」を2020年度内に立ち上げる。基礎研究の研究所を東大本郷キャンパス(東京・文京)に設け、応用研究の拠点はソフトバンクが20年度に本社を移転する竹芝オフィス(東京・港)に設置する。

AI研究では米国や中国が先行し、なかでも大学がAI関連の特許を多く保有している。ソフトバンクは東大とソフトバンクが組むことで、AI関連の研究や技術開発で巻き返しを図る。
2019/12/6 13:46
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53039790W9A201C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575608056/


続きを読む

「ペッパー」が接客、ソフトバンク系が渋谷にカフェ

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/03(火) 15:43:18.75 _USER
20191203-00000124-impress-000-1-view
ソフトバンクグループ傘下のソフトバンクロボティクス(東京・港)は3日、ヒト型ロボット「ペッパー」など各種ロボットをフルに活用した同社直営のカフェ「ペッパーパーラー」を報道陣に公開した。ロボットが注文受付や接客、清掃を担う。ソフトバンクロボティクスが自ら運営することでペッパーの改良などに役立てる。ここで得たノウハウを企業向けロボットビジネスに生かしていく。

5日に開業する東京・渋谷の商業施設「東急プラザ渋谷」内に出店した。注文はすべて入り口付近に設けられたペッパーを通じて行う。

「あなたの雰囲気にピッタリなワッフルをぼくの独断でお薦めします。ちょっとお顔をみせてください。どうやら今日はお疲れみたいですね」。このようにペッパーが来店者の表情を認識して、お薦めのデザートを提案してくれる。

カフェの席にもペッパーが設置されている。来店者と気軽に会話をしたり、占いゲームをしたりするなど接客業務も担う。

店舗の清掃にもロボットを活用する。ソフトバンクロボティクスが発売する床清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」を使い、閉店後に決められた店内のルートを自動清掃する。

直営店舗の出店の狙いについてソフトバンクロボティクスの蓮実一隆取締役は「パートナー企業に頼らず、自ら店舗を運営してノウハウを積むことで、企業がロボットに求める機能を提案できるようにするためだ」と語る。

2014年のペッパー販売開始から早5年が過ぎた。当初は物珍しさから企業はこぞって導入した。しかしロボットが珍しくなくなった今、経営に真に役立つ能力が求められている。ペッパーなど同社のロボットの出荷台数は非公表だが、現在3千〜3500社が利用しているという。

今回カフェ向けに、ペッパーの会話機能にも改良を加えている。「これまでのペッパーは落語のような面白い会話をする能力を重視していた。今回はカフェで雑談するような能力を重視し、素早くリアクションできるようにしている」(蓮実取締役)。

同店舗には同社が開発する新たなロボットも先行投入し、実際の環境のなかで磨きをかけていく考えだ。蓮実取締役は「注文した商品の運搬やゴミ捨て、教育など店舗内でロボットが役に立つ場面はたくさんある。ここで得たノウハウを企業向けに提供していきたい」と話す。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52895270T01C19A2X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575355398/


続きを読む

ユーザー数 Suica7616万枚 PayPay1500万人 なぜQRを使わないのか?

1: アリエル(SB-iPhone) [ニダ] 2019/12/01(日) 07:06:54.44 ● BE:659060378-2BP(8000)

発行枚数
Suica 7616万枚
PASMO 3844万枚
ICOCA 2148万枚

画像
no title


PayPay
登録ユーザー数
1500万人

画像
no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1575151614/


続きを読む

「ソフトバンクGの10兆円ファンドは世界の労働者を陥れるおとり商法だ」

1: マシンガンチョップ(庭) [US] 2019/11/24(日) 09:18:39.13 BE:844628612-PLT(14990)
20191113-00150820-roupeiro-000-6-view

‪「ソフトバンクGの10兆円ファンドは世界の労働者を陥れるおとり商法だ」と痛烈批判した米紙NYタイムズ(木村正人) - Y!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20191113-00150820/‬

「ソフトバンクGの1000億ドルが労働者をワナにはめた」

[ロンドン発]ソフトバンクグループは今年7〜9月期の連結決算で7000億円を超える赤字を出したばかりですが、
米紙ニューヨーク・タイムズが「世界中で現代のおとり商法を生み出している」と痛烈に批判しました。

ソフトバンクGが四半期で過去最大の赤字を出した原因は10兆円を運用する「ビジョン・ファンド」などファンド事業の見込みが外れたことです。

投資先の米シェアオフィス「ウィーワーク(WeWork)」や米配車サービス「ウーバーテクノロジーズ(Uber)」の価値減少により
1兆円弱の損失を出してしまったからです。

ソフトバンクGの孫正義会長兼社長は「今回の決算はボロボロ。真っ赤っかの大赤字で、まさに台風というか大嵐という状況」と頭をかきました。

「”ソフトバンク効果” いかに1000億ドル(約10兆9000億円)が労働者をワナにはめたのか」と題したNYタイムズの記事は投資先の一つ、
インドのホテルチェーン「オヨ(OYO)」を取り上げています。

OYOを巡ってはインド当局が独禁法違反の疑いで調査に乗り出しています。
インドのホテル経営者「90万円の借金だけが残った」

昨年、OYOはニューデリー郊外で20室のホテルを経営するインド陸軍の退役軍人に「あなたのホテルをわが社の宿泊客のためのフラッグシップにしたい」と持ちかけました。

OYOの冠をつけて独占的にサービスを提供するだけで、予約があってもなくても月々の支払いを保証してくれるというウマい話でした。退役軍人は家具の布を張り替え、リネンを新調しました。

しかし待てど暮らせどOYOからの宿泊客は現れず、支払いは止められました。利益を見込んで先行投資した60万ルピー(約90万円)の赤字だけが残りました。

中略

ソフトバンクGが株式を保有する中国最大のネット通販最大手のアリババ集団は「独身の日」セールで過去最高の2684億元(約4兆1000億円)を記録したそうです。

以下略
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1574554719/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ