SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


キャリア別:Softbank

ソフトバンク上場、市場に動揺 通信障害で

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/07(金) 18:34:51.66 _USER
gsgsindex
19日の新規上場を目前に控えた国内通信大手ソフトバンクを巡り、投資家に動揺が広がっている。6日に大規模な通信障害が起き、7日には総務省が行政指導を検討していると伝わった。親会社のソフトバンクグループ(SBG)が最大で約2兆6000億円のソフトバンク株を市場で売り出す過去最大の上場案件。投資家の申し込みが殺到するもっとも重要な局面で想定外の事態が起き、個人投資家の一部で購入をキャンセルする動きが出ている。現時点で19日の上場スケジュールに変更はなさそうだが、ソフトバンクが緊急で機関投資家向けに電話会見を開くなど、混乱回避に躍起になっている。

「通信障害の原因はなんだ」、「華為技術(ファーウェイ)との提携関係は絡んでいるのか」――。野村証券を中心とした主幹事証券会社はソフトバンクからの情報収集に追われた。

今回の上場は国内で約9割が売り出される。金額は2兆円を超え、その大半が個人投資家に販売される。主幹事の証券会社がナーバスになっているのは、営業現場の一部に影響が出始めているからだ。ある都内の70代男性は6〜7日にかけて野村証券、大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の3社にそれぞれ1億円ずつの注文のキャンセルを入れた。その理由は「あまりにもネガティブな情報が出すぎている」からだ。

ソフトバンク株の購入を希望する投資家は原則、3〜7日までに証券会社に申し出る必要がある。実際に入金するのは来週11〜14日。大口の個人顧客は一部の資金を前受金という形で入れているが、対面証券ではキャンセルの問い合わせが出ているようだ。

あるネット証券大手では7日の締め切り日に向けて個人の申し込みは順調に増えていたが、一部に申し込みを取りやめる動きもあるという。

証券会社側は防戦に必死だ。ソフトバンク株を販売する対面証券会社は1億円以上の大口顧客への販売にめどをつけた上で小口顧客への販売を展開してきた。7日午前、大手証券会社の都内支店では「キャンセルを出さないようあらかじめ先回りでご説明に動け」と指示が飛び、営業担当者が慌ただしく出入りする姿が目立った。

これに追い打ちをかけたのが石田真敏総務相の発言だ。7日の閣議後の記者会見でソフトバンクが起こした通信障害について「行政指導を含む対応を検討する」と語った。「配当利回り5%」を魅力に感じて購入を検討していた40代の個人投資家は「IPOは見送って下値めどがみえた段階で購入したい」と慎重姿勢に転じた。ソフトバンク株への購入希望を申し出た都内在住の女性(67)は「もし上場初日に通信障害が起きていたらと思うとぞっとする。実際に購入するかもう一度考え直したい」と話す。

ソフトバンクは7日朝、「現時点で業績および1株当たり配当金の予想値に変更はない」とのプレスリリースを出した。午後には通信障害を巡って記者会見も検討したようだが、投資家への影響を考慮して取りやめたよう。午後2時からは野村証券などの主催で機関投資家向けに緊急の電話会議を開いた。ソフトバンクの藤原和彦最高財務責任者(CFO)らが参加し、通信障害が業績予想に与える影響は限られることを説明したとみられる。7日の夜にかけては、欧州や米国の投資家向けにも同様の電話会議を開く予定だ。

19日の大型上場を滞りなく終えるために、ソフトバンクも主幹事証券も投資家の不安を和らげるの必死だ。ただ個人投資家からは「説明責任が十分に果たされていない」との声も上がる。上場当日まで気の抜けない時間が続く。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38667630X01C18A2000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544175291/


続きを読む

ソフトバンクの障害は「重大な事故」 総務大臣が見解 行政指導も検討

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/07(金) 18:37:03.74 _USER
trindex
 石田真敏総務大臣は12月7日、閣議後の記者会見で、6日に発生したソフトバンクの通信障害は「電気通信事業法上の重大な事故」であるとし、同社の報告を精査した上で「行政指導を含む必要な対応を検討する」と話した。

 ソフトバンクの発表によれば、通信障害は6日午後1時39分から午後6時4分ごろに発生。原因は、同社が使用していたエリクソン製パケット交換機で起きたソフトウェア異常という(関連記事)。

石田総務大臣は「日中の忙しい時間帯に、全国の多くの利用者に不便をかける状況になったのは、極めて遺憾である」とソフトバンクを批判。同社のサービスで2月に起きた通信障害にも触れ、「(ソフトバンクには)国民生活に不可欠なサービスを担う通信事業者として、今回の事故を真摯に受け止めてもらう必要がある」とした。

 総務省はソフトバンクに対し、利用者に十分な説明を行うよう求めている他、同省に再発防止策などを報告するよう促しているという。今後の対応については、報告内容を踏まえて検討するとした。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/07/news123.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544175423/


続きを読む

「公衆電話に行列」ソフトバンクの通信障害で

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/06(木) 18:59:25.45 _USER
hfhfindex
 12月6日午後1時半ごろからソフトバンクの携帯電話サービスなどで大規模な通信障害が発生していることを受け、一部の公衆電話に行列ができているという。

 通信障害の対象は日本全国で、午後6時時点で復旧のめどは立っていない。Twitterでは「通信障害のため、公衆電話が活躍中」「珍しく公衆電話に行列ができている」という投稿が相次いでいる。中には「久々に公衆電話を使った」「若い人は公衆電話の使い方が分かるのだろうか」という声も。

 公衆電話は、受話器を上げ、硬貨またはテレホンカードを使い電話番号をダイヤルすることで利用できる。災害等の緊急時でも通信規制の対象外となり、停電時でも利用できることから、緊急時の有効な通信手段とされている。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/06/news128.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544090365/


続きを読む

【速報】ソフトバンク、全国で通信障害?

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/06(木) 14:31:16.47 _USER
no title

Image: Ned Snowman/Shutterstock.com

そっか、この記事もソフトバンクユーザーは読めないのか…。

現在、ソフトバンクのモバイル通信に障害が発生しています。僕のiPhoneでも、4G通信と電話の発信ができない状態でした。
no title

スクリーンショット2018-12-0614.14.45
Image: Downdetector
障害発生マップ、Downdetectorより

Twitterでも現在「ソフトバンク」がトレンド入り。どうやら、全国的に障害が発生しているようですね。公開時点で、ソフトバンクの公式発表はなし。
(元記事ではこうありますが、公式は出てます)
携帯電話サービスがご利用しづらい状況について(12月6日 午後2時現在) | モバイル | ソフトバンク
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/important/20181206-14/

2018.12.06 14:09
ギズモード・ジャパン
https://www.gizmodo.jp/2018/12/softbank-error.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544074276/


続きを読む

総務省がソフトバンクに厳重注意、不適正な端末購入補助

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/04(火) 13:14:15.00 _USER
えs1000x-1
総務省が4日に発表した。

複数の割引を組み合わせることで、一部の端末について指針に沿わない不適正な端末購入補助が行われていたことを確認
利用者を著しく不公平に取り扱うものであり、適切に是正し、その再発が防止されるべきだ
同社からは不適正な端末購入補助は既に是正され、再発防止策を講ずる予定である旨の報告を受けている


総務省|「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」に沿った端末購入補助の適正化についてのソフトバンク株式会社への指導
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban03_04000427.html

 総務省では、平成29年1月、「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」(以下「指針」といいます。)を策定し、携帯電話事業者に対し、通信料金の高止まり、端末購入補助を受けない利用者との不公平、MVNOの新規参入の阻害等を招くおそれのある高額な端末購入補助の適正化を求めてきているところです。
 今般、ソフトバンク株式会社において、複数の割引を組み合わせることで、一部の端末について指針に沿わない不適正な端末購入補助が行われていたことが確認されました。これは、電気通信役務の利用者を著しく不公平に取り扱うものであり、適切に是正し、その再発が防止されるべきものと認められます。
 同社からは、不適正な端末購入補助は既に是正され、再発防止策を講ずる予定である旨の報告を受けているところ、その徹底が図られる必要があります。
 これを踏まえ、総務省は、本日、ソフトバンク株式会社に対して、厳重に注意するとともに、再発防止策の着実な実施等を指導しました。
PDF資料
http://www.soumu.go.jp/main_content/000587637.pdf

2018年12月4日 12:00 JST
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-04/PJ6Z0B6S972801
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543896855/


続きを読む

ソフトバンク上場、異例の値決め「配当利回り5%」死守

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/03(月) 19:38:39.59 _USER
757
ソフトバンクグループ(SBG)が19日に上場させる国内通信子会社のソフトバンク(SB)の仮条件価格は上限に幅のない日本初「一本値」という異例の形を取った。投資家と企業側の思惑が交錯するなか「配当利回り5%を死守」「できるだけ高く」といった攻防の末、例を見ない決定が下された。

「正直ほっとしました。これで利回り5%を切ったらこれまでのセールストークはなんだったのかと」。連日ソフトバンク株を売りに回っている国内証券の営業員は胸をなで下ろした。

SB株は配当性向85%という日本企業では異例の高い株主還元率が販売の肝だった。「あの有名なソフトバンク株で年間5%配当。これ以上の売り文句はない」。

配当利回りは1株を買った時に何%が配当で戻ってくるかという指標。SB株の内容を説明した目論見書から予想される年間配当金は75円。1株1500円の投資でちょうど5%だ。仮に株価が1600円に上がれば、配当利回りは4.7%弱に低下。「5%」の看板を下ろす必要があった。

通常は上場する企業も既存株主も、売り出し・公開価格は「高ければ高い方が良い」(SBG幹部)。しかし、今回は調達する2.6兆円のうち9割が国内の個人投資家。「5%」のシナリオが崩れる公開価格の上振れは、証券会社としてどうしても避ける必要があった。

配当を狙った個人の需要は強い。「1億円以上の購入が見込める顧客向けの大口枠はすでに完売しました」。都内の個人投資家は証券会社からこう告げられた。

一方で個人と比べて配当を重視しない機関投資家の需要は「ものすごく良好な状況というわけではない」(機関投資家営業)。機関投資家の様子見姿勢が強いのは、個人ほど配当志向が強くない点に加え、株価指標面で割高感もあるためだ。予想PER(株価収益率)ではSB株は17倍で3日時点のNTTドコモ(14倍)やKDDI(10倍)より高い。

政府主導の携帯料金値下げ圧力がかかる中で「仮条件で下方のレンジを示すと下振れてしまう可能性もあったのでは」との声も聞かれる。ある国内運用会社のファンドマネジャーは「IPOに参加せず、落ち着いてから市場で調達する」と話す。

そもそも公開価格を決めるにあたり仮条件の段階で必ず幅を持たせる必要は無い。ただ、例えば1000円で売り出すことを発行主体の企業と証券会社側でおおよそ決まっていてもあえて800〜1000円に設定して「レンジの上限で決まった」と、需要の強さを示す事で上場後も買いに勢いを出すアナウンス効果を狙うテクニックだった面もある。

「5%」が欲しい個人。様子見の機関投資家。なるべく高く売り出したいSBG――。目論見書で示した想定価格の1500円から上にも下にも行けないジレンマの中、野村証券の主導する案件チームは「一本値」に落ちついた。この案件は主な国内証券がほぼ全社関与。国内分は野村証券が筆頭で25%を販売する役割を担う。

SBの上場はその規模だけでなく手法面でも初物づくしだ。引受手数料を対面(2.5%)、ネット証券(1.75%)、機関投資家(1.5%)と格差を付けた。対面とネットで差を付けるのも初めて。汗をかいたものにより多く、という発想や個人に売らなければならない事情も見え隠れする。年末間際のメガ・ディールは資本市場の実験場的側面も有している。

仮条件をもとにした需要動向を調査するブックビルディングの期間は7日に終わり、10日に公開価格が決定する。投資家が正式に申し込むのは11〜14日だ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38460990T01C18A2000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543833519/


続きを読む

ヤフー系スマホ決済、ネット通販の支払い可能に

1: ムヒタ ★ 2018/12/03(月) 11:47:27.53 _USER
えfsindex
ヤフーとソフトバンクの共同出資会社でスマートフォン(スマホ)決済を手がけるペイペイ(東京・千代田)は同社の手がける決済が2019年2月からインターネットサービスの支払いに対応すると発表した。従来は店舗での支払いだけだったが、ヤフーのネット通販「ヤフーショッピング」などで利用できるようになる。利便性を高め、顧客獲得につなげる。

ペイペイは10月、スマホ決済「PayPay(ペイペイ)」のサービスを開始した。利用者は専用のアプリから店舗に張り出されたQRコードを読み込んだりバーコードを提示したりすると、支払いができる。店舗側は専用端末を導入する負担がかからず、中小の飲食店などで広がっている。今回、新たにインターネット上のサービスで使えるようにする。

ヤフーショッピングやフリマアプリ「ヤフオク!」に加え、19年4月からはアスクルのネット通販「LOHACO(ロハコ)」でも利用できる。これまではネットサービスを利用した際に、ヤフーが提携する「Tポイント」を付与していた。今後、電子マネーのペイペイがたまる仕組みに切り替える。

スマホ決済の競合の楽天も自社のネットサービス「楽天トラベル」や「楽天市場」でためたポイントを実店舗で使ったりためたりできるようにし、会員基盤を広げてきた。今後、スマホ決済が様々なサービスのインフラとなるだけに、利用者や加盟店の拡大に向けた競争は一層激しくなりそうだ。
2018/12/3 10:55
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38454380T01C18A2X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543805247/


続きを読む

ソフトバンク上場、最大2.6兆円調達 仮条件1500円に

1: ラテ ★ 2018/11/30(金) 17:07:59.79 _USER
ggfindex
2018年11月30日 15:27 日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO38374320Q8A131C1EA4000?s=2

ソフトバンクグループ(SBG)が12月19日に上場させる国内通信子会社のソフトバンク(SB)は11月30日、株式の売り出し価格を決めるための仮条件が1500円になると発表した。SBGは最大で2.6兆円を得る見通しで、新規株式公開(IPO)としては過去最大規模となる可能性が高い。

SBGが保有するSB株のうち最大で約17億6400万株を売り出す。ここから計算すると、売り出し額は最大2.6兆円と、1980年代後半のNTT(約2兆3千億円)を上回り国内最大になる見通し。世界最大のIPOである14年の中国・アリババ集団(当時の為替レートで約2兆7千億円)に迫る規模となる。

仮条件は11月12日に公表した想定売り出し価格(1500円)を軸に決めた。SB株を売り出す業務を引き受けている証券会社は12月3日から仮条件に基づいて投資家の需要を調べる作業に入り、10日に最終的な売り出し価格を決める。

売り出す株式の9割は国内向けで、個人投資家が販売の中心になる。証券各社は異例のテレビCMを流すなど営業に熱を入れている。

各社がアピールするのが「配当利回りの高さ」だ。SBは連結配当性向で85%を目標に掲げる。想定売り出し価格で計算した配当利回りは5%と、ライバルのNTTドコモ(4.2%)やKDDI(3.8%)を上回る。

個人の関心も高い。都内在住の50歳代の男性は「安定配当銘柄として長期保有したい」と話す。幹事を担う証券各社には個人の問い合わせが相次いでおり「既に全株を売り切るメドがついた」(大手証券の幹部)との声も聞かれる。今後は募集規模を超えてどこまで注文が積み上がるかも焦点となりそうだ。
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543565279/


続きを読む

ソフトバンク販売店、大みそかも休業求める方針

1: ムヒタ ★ 2018/11/22(木) 15:08:15.01 _USER
 sdvdsindex
ソフトバンクは、今年の大みそかと来年の元日の2日間、携帯電話の販売店約3400店に休業を求める方針を固めた。2017〜18年の年末年始は元日だけ休みを求めた。店員の負担を減らすため、休業日を1日増やす。

 「ソフトバンク」と格安ブランド「ワイモバイル」の店が対象で、近く各販売代理店に通知する。強制力はなく、休業するかどうかは代理店が判断する。休業する店には支援金を出すことから、元日も営業する商業施設内の店などを除き、多くの店が2日間休みとなる見通しだ。

 携帯電話の販売代理店は競争が激しく、独自に休業日を設定しづらい。ソフトバンク側が一斉休業を打ち出すことで、各店は休みを取りやすくなる。

2018年11月22日 14時23分
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181121-OYT1T50138.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1542866895/


続きを読む

ソフトバンク、ペッパーを立体商標に 模倣品対策で

1: ムヒタ ★ 2018/11/22(木) 10:35:26.96 _USER
766
 ソフトバンクグループの子会社が手がけるヒト型ロボット「ペッパー」が、商品の形に商標権を与える「立体商標」に登録された。胸につけたタブレットや、丸みを帯びた下半身の形などが特徴。全国の飲食店や小売店など2千社以上で使われており、形を見ただけで商品を特定できると、特許庁に認められた。

 同社は海外でペッパーに類似したロボットが出回っているのを確認。国内に入ってきた場合に販売の差し止めなどを求められるように商標権を申請し、今年9月に認められた。

 ペッパーは2015年6月の発売。カメラやセンサーを通して人の感情を認識して会話できる。胸のタブレットもタッチパネルなどとして活用することで、多くの企業の受付や接客などで活躍中だ。

 特許庁によると、立体商標にはキッコーマンのしょうゆ卓上びんや、ヤクルトの容器など2千件以上が登録されている。(徳島慎也)
2018年11月22日09時28分
https://www.asahi.com/articles/ASLCP4CF0LCPULFA00T.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1542850526/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ