SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


キャリア別:Softbank

ソフトバンク孫氏、「AI分野に私の頭の97%を専念させる」

1: 田杉山脈 ★ 2018/08/07(火) 13:57:08.09 _USER
えssindex
 ソフトバンクグループは8月6日、2018年度第1四半期の決算を発表。売上高は前年同期比4%増の2兆2728億円、営業利益は前年同期比49%増の7150億円と、増収増益の決算となった。

既存事業の売上を見ると、ソフトバンクやヤフーなどの国内事業が、米Sprintの売上減を支え、増収を記録。営業利益に関しては、前年度に発生したSprintの周波数ライセンス交換差益による一時益がなくなる一方で、英Armの子会社であるArm Technology(China)の持ち株の過半数を売却し、合弁会社としたことで一時益が発生しており、利益の伸びに貢献している。

 そして営業利益を大きく押し上げる要因となっているのが、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先企業の評価益が大きく伸びていること。具体的には、インドでEコマースを手がけるFlipkartの株式売却や、シェアオフィス事業を手がける米WeWorkの公正価値上昇などが、評価益を押し上げた要因になっているとのことだ。

ソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義氏は、同日に実施された決算説明会で、ソフトバンク・ビジョン・ファンドに取り組む理由を改めて説明。「AIは人類史上最大の革命だと思っている」と話し、AI時代を制するための取り組みとして、持ち株比率20〜40%による企業連合体を構築する「群戦略」を取るべく、ソフトバンク・ビジョン・ファンドを設立したと話す。

 同ファンドの投資先企業は、一見関連性がないように見えるが、実はAIを活用してそれぞれの分野の事業を再定義していると孫氏は説明。WeWorkや、7月にソフトバンクとの合弁で日本進出を発表した、タクシー配車事業を手がける滴滴出行、焦点距離が異なる多数のカメラを用いてあらゆる被写体を分析する「Light」など、出資先企業のAI活用事例を紹介してその重要性を訴えた。

また孫氏は、英Armの事業に関しても、AIに関する新たな取り組みを打ち出した。Armがこれまで手がけてきたチップセット設計の事業に加え、新たにサービス関連の事業ユニットも設立したという。

 このユニットによる狙いはデータの活用である。Armが設計したチップセットが多数のIoT機器に採用されていることを生かして、今後それらのチップセットにデータを収集する機能を搭載し、それを分析・活用する仕組みをパートナー企業に提供していくとのこと。この事業のためにArmは8月3日に、米国でデータ分析を手がけるTreasure Dataを買収することを発表。同社のリソースを活用して収集したデータのマネジメントを実現していくとしている。

さらに孫氏は今後、Armのほぼすべてのチップセットに対して、機械学習や動態検知などを備える「AI化」を施していくとのこと。これにより、ネットワークのエッジ側にあるチップセット、ひいてはIoT機器が機械学習で自動的に学習し、賢くなっていく世界がやってくると話す。

 孫氏は、エネルギー産業において、天候やイベントなどから自動的に発電需要を予測できるようになるなど、具体的な事例を用いてAIチップセットによる進化のメリットを説明。エッジ処理に強いArmと、クラウドのAI処理に強いNVIDIAに出資しており、なおかつソフトバンクやSprintなどネットワークも手がける企業を持つ強みを生かすことで、そうした進化を実現したいとしている。

 さらに、これまでPC、インターネット、ブロードバンド、モバイルと注力する事業分野を大きく変えていった経緯を振り返り、「いま、同じことをもう1度やろうとしている。売上や利益で貢献していないAIの分野に私の頭の97%を専念させ、ビジョンファンドに取り組む」とも話している。今後は通信事業から、ソフトバンク・ビジョン・ファンドを中心としたAIの事業に全力を傾ける考えのようだ。
https://japan.cnet.com/article/35123651/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533617828/


続きを読む

mineo、ソフトバンク回線のSIM開始でトリプルキャリアに

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/23(月) 18:53:23.78 _USER
ケイ・オプティコムが展開するモバイルサービス「mineo」は都内でメディア向け説明会を開催し、ソフトバンク網を利用した「Sプラン」を提供することを9月4日に開始すると発表した。それに先立ち、8月1日〜31日の間にSプランの音声SIMを予約すると、月額基本料が6ヵ月無料(月500MBプラン利用時)になる「ソフトバンク回線プランスタート記念!先行予約キャンペーン」を実施する。

mineoは、2014年6月にau MVNOとしてサービスをスタート、2015年9月にはドコモ網のDプランを追加。今回のSプランと合わせて、一般向けでは初のトリプルキャリアのMVNOとなる。

 ソフトバンク網を利用するSプランの料金については以下のとおり。
no title


 データSIMでAプラン(au)/Dプラン(ドコモ)と比較して、税抜月90円プラスとなる。また音声SIMは、データSIMと比べて、税抜960円プラス(Aプランは税抜月610円、Dプランは税抜月700円のプラス)、SMS付きデータSIMは税抜月180円プラス(Aプランは標準でSMS付き、Dプランは税抜月120円プラス)と、既存プランと比べて、若干高めの料金設定となっている。
2018年07月23日 16時30分更新
http://ascii.jp/elem/000/001/714/1714411/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532339603/


続きを読む

ソフトバンク孫社長 「日本はばかな国」

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/07/21(土) 00:03:05.86 ● BE:324064431-2BP(2000)
sk_son

ソフトバンクの孫社長「日本はばかな国」…政府の規制を批判
2018年07月20日08時56分
[? 中央日報/中央日報日本語版]

日本ソフトバンクの孫正義社長が日本政府の規制政策を批判する発言をした。

19日の共同通信によると、孫社長は東京都内のある講演で「(日本は(自家用車を用いた相乗りなどの)ライドシェアを法律で禁じている。こんなばかな国はない」と述べた。

ソフトバンクは1月、ライドシェア世界最大手の米Uberに92億5000万ドル(約1兆円)を投資して筆頭株主になったのをはじめ、中国トップの滴滴出行、
東南アジアトップのグラブ、インドトップのOla(オラ)などに計356億6000万ドルを投資した。しかし日本では政府の規制とタクシー業界の反発で参入できない。
業界をまたぐ屈指の革新家と見なされている孫社長の立場では、日本政府の岩盤規制にもどかしさを感じているはずだ。

孫社長はこれらサービスは便利さだけでなく交通渋滞の解消、安全などにも寄与していると主張し、「国が未来の進化を止めている」と政府を批判した。

菅義偉官房長官の記者会見でもこれに関する質問が出てきた。「孫社長が規制緩和を進めない政府を痛烈に批判したが、どう思うのか」という質問に対し、
菅義偉官房長官は「ライドシェアについては安全の確保と事故発生時の責任をどうするかなどの問題があり、そのような観点でさまざまな検討が必要だと考える」と述べた。

また孫社長は「人工知能(AI)を制するものが未来を制する」とも述べ、今後ソフトバンクがAI関連事業投資を加速する方針を明らかにした。


http://japanese.joins.com/article/357/243357.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1532098985/


続きを読む

「デジタル化は中国が一番進んでいる」、ソフトバンクの宮内社長

1: ムヒタ ★ 2018/07/20(金) 14:51:30.88 _USER
 sdfcv
ソフトバンクの宮内謙社長は20日、東京都内で講演し「中国は米国を超えるほどデジタル化が進んでいる。日本のあらゆる産業はデータを活用してビジネスを再定義すべきだ」と述べた。協業を進めている中国アリババ集団やソフトバンク自身の事例などを紹介し、「今すぐ企業はデジタル化の取り組みを進めるべきだ」と強調した。

 19日、20日に開催している法人顧客向けイベント「ソフトバンクワールド」で基調講演した。宮内氏は「中国ではあらゆる店舗でスマートフォンを用いたモバイル決済が浸透している。決済履歴や行動を信用力としてスコア化し、スコアが高いほど快適に買い物などができるようにもなっている」と紹介。中国は、デジタル化では世界で一番進んでいるという認識を示した。

 宮内氏はクラウドサービスの提供で協業するアリババ集団の例を紹介。アリババ集団は、電子商取引(EC)はもちろん、利用者の消費行動から、交通や水道インフラを含めて、あらゆるデータを集積しているという。「アリババ集団が取り扱うデータ量は1000ペタ(ペタは1000兆)バイトに達している。ソフトバンクもかなり多くのデータを扱っていると思うが、それでも1ペタバイト程度」と紹介し、中国企業が取り扱うデータ量の膨大さを強調した

 宮内氏がデジタル化の重要性を強調する理由は、今後、データと人工知能(AI)の活用があらゆる企業を成長させる原動力となると見ているからだ。スマートフォン(スマホ)が普及し、性能も飛躍的に向上したこの10年で、米フェイスブックや米アップル、米アマゾン、アリババ集団など米中を中心としたIT企業は時価総額を爆発的に伸ばした。「ネットワークサービスの価値は利用者が2倍になれば、2乗で増える。スマホの普及とともに人と人がつながることで、これらのIT企業は大成功を遂げた」(宮内氏)

 宮内氏は、これからあらゆるモノがネットにつながるIoT時代が訪れることで、同じような新たなビジネスチャンスが到来すると強調する。IoT時代には人と人を結ぶだけでなく、モノとモノ、モノと人などを結ぶ膨大なデータが生まれる。膨大なデータを活用することで、それぞれの産業分野でフェイスブックのようなプラットフォーマーが生まれていくチャンスがあるとした。
2018/7/20 13:54
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33200700Q8A720C1X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532065890/


続きを読む

「AIで全ての産業が再定義」 ソフトバンク孫氏講演

1: ムヒタ ★ 2018/07/19(木) 13:23:30.02 _USER
 4545
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は19日、東京都内で講演し、「人工知能(AI)が全ての産業を再定義する」と述べた。自動運転や配車プラットフォームなどを例に挙げ、近い将来多くの仕事において人間の能力を上回ると指摘。「AIを制した者が未来を制する。企業は今すぐにAIに取り組む必要がある」と強調した。

 法人顧客向けイベント「ソフトバンクワールド」で基調講演した。孫氏は「ソフトバンクは通信の会社と思われているが、35年のうち十数年にすぎない。ソフトバンクは情報革命を創業からいままでやり続けている会社だ」と語った。「情報革命の中核の一つが通信で、AIのための通信だと思っている」と話した。

 孫氏は英オックスフォード大の研究結果を引用し、近い将来多くの仕事でAIが人間の能力を上回ると述べた。製造業などで製造ラインや在庫を適正化してロスが出にくくなると指摘した。AIの技術開発について「米国と中国の2カ国が世界のAIの競争のトップを走り始めている」として、日本が後れを取っているとの認識を示した。

 ライドシェアなどのモビリティーの分野では、AIが天気や曜日、イベントなどのデータを元に需要を事前に予測することで効率的な配車ができる。日本では道路運送法でライドシェアが禁止されていることに触れ、「そんなばかな国があるのが信じられない。未来の進化を自分で止めているという危機的な状況にある」と指摘した。

 ソフトバンクグループは米ウーバーテクノロジーズ、中国の滴滴出行など世界のライドシェア大手の筆頭株主だ。自動運転の分野では、米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下で自動運転を手掛けるクルーズ社に約2400億円を投資することも決めている。
2018/7/19 12:14
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33140970Z10C18A7X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531974210/


続きを読む

ソフトバンク、“血流”の太陽光発電 アフリカも視野

1: ムヒタ ★ 2018/07/06(金) 13:48:23.99 _USER
71
 ソフトバンクグループ(SBG)が大規模太陽光発電(メガソーラー)への投資戦線を拡大している。中東で20兆円規模のプロジェクトを進めるほか、アフリカ大陸も視野に入れ始めた。SBGの投資先が手掛ける人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoTが「神経」とすれば、動力の再生エネルギーは「血流」の役目を果たす。両輪投資で安定したリターンの確保を狙う構えだ。

 アフリカのモーリタニアの首都ヌアクシ…
2018/7/6 13:31
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32693590W8A700C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530852503/


続きを読む

LINE対ヤフー、QRコード決済手数料0円競争勃発

1: すらいむ ★ 2018/07/05(木) 11:30:53.09 _USER
ett
LINE対ヤフー、QRコード決済手数料0円競争勃発
ITジャーナリスト 石川 温

 中国などで広く普及しているスマートフォン(スマホ)を利用したQRコード決済。
 日本でも新たな決済手段として期待されている。
 まだ認知度は低くあまり使われていない状況だが、早くも加盟店獲得で激烈なバトルが勃発している。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

日本経済新聞 2018/7/5 6:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32592000U8A700C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530757853/


続きを読む

【訃報】ソフトバンクCMの「お父さん」北海道犬が死ぬ

1: ムヒタ ★ 2018/06/29(金) 06:00:01.91 _USER
dvv
ソフトバンクが2007年から放送しているテレビCM「白戸家」シリーズで、初代「お父さん」役で出演していた北海道犬の「カイ」が28日、老衰で死んだ。16歳だった。上戸彩さんや樋口可南子さんらと共演。北大路欣也さんが声を務め、現在も続く同シリーズが人気を得るきっかけとなった。現在はカイの子、カイトとカイキが2代目として出演している。

2018年06月28日 22時51分
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180628-OYT1T50128.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530219601/


続きを読む

孫正義が語る「超知性時代に生き残れる人」の分岐点

1: ノチラ ★ 2018/06/27(水) 21:20:40.15 _USER
aas
人工知能を甘く見るな
孫氏はみずから思い描く「未来像」についても具体的に話した。たとえば、「30年後には人類はほとんどの分野で人工知能に勝てなくなる」と言う。

さて、今日のスピーチの冒頭で、マイクロチップの写真をみて感動したという話をしました。実は人間の脳細胞は0と1の組み合わせです。みなさんの頭には脳細胞ということでニューロンが入っています。ニューロンというのは人参に生えているヒゲのようなイメージです。

このニューロンがくっつくと弱い電流が流れて1になり、離れると0になる。まったく同じ機能をやっているのがトランジスタです、つまり、マイクロコンピュータのなかにはトランジスタがあって、くっついた離れた、電流が流れた流れない、ゼロイチの組み合わせですべてのプログラミングがなされている。

このトランジスタの数が脳細胞のニューロンの数を超えるのはいつだろうかと、私は20年前に推論しました。そのときは2018年だと結論づけました。どこかのスピーチのなかにもあります。実際に2018年になって、ついにトランジスタが1チップの中に300億個という時代がきたわけです。

予測通り、脳細胞の数とトランジスタの数がクロスオーバーする年が今年だったんです。あらゆるところで毎日のように人工知能のニュースがでてきますが、これからますます加速していきます。

でも、人間の脳のほうがまだ賢い部分もある。でも、囲碁は負けた。天気予報も人間は負けている。部分的に人工知能のほうが人間のチャンピオンよりも強くなってきたということが言えます。全部の分野で人間の脳を超えた訳ではありません。でも、安心するのはちと早い。

30年後に人間はなにをすべきか
なぜならば、今から30年後にどうなるかということだからです。ムーアの法則で、1.5年後ごとにだいたいトランジスタの数は倍になっています。

30年後には今から約100万倍になっている。いまは1チップのなかに入っているトランジスタの数と、我々の大脳のなかにあるニューロンの数がクロスオーバーしただけなので、部分的に負けているだけで済んでいる。

ただ、30年経ったら敵は100万倍になるわけです。そういう時代がきたならば、1チップのコンピューターと人間の脳細胞のどちらが強いか。たいていの分野で抜かれるんです。

ほとんどのジャンルで人間の知恵は、人工知能の知恵に敵わなくなっていくわけです。だから、今年になってクロスオーバーしたことは重要なことではないんです。

30年後になったときに、さて人間は何をすればいいのか。人間にとっての仕事とは何か。

今日の2時間というのは、みなさんにとっては案外重要な2時間だと思うんです。僕は毎日こういった話をしているわけではないんです。ここまで深く2時間みっちり話すのは久しぶりです。今日はラッキーだと思ってください。

使う側になれ!
でも、考えてください。30年後といったら、みなさんはまだ50歳ですよ。

30年なんてあっという間です。30年で我々の知能を超える人工知能の時代がやってくる! 

そういった時代にただの部品屋でいいのか。ただの組み立て屋でいいのか。

もっと知恵を使わなくちゃいけない。これをむしろチャンスとして捉えて、新しい時代のけん引役になっていかなければいけない。

なんとなく怖い時代かもしれません。使われる側にとっては見るのも恐ろしいと感じるでしょう。ただし、使う側にとっては絶好のチャンスです。

どうせなら使う方の側にいたくはないか。

そういうことを僕は言いたいわけです。我々グループは群戦略で、これからやってくる超知性の時代をあらゆる角度で捉えようとしているわけです。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56037
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530102040/


続きを読む

OSの異常、AIで発見 ソフトバンク、企業向けセキュリティー

1: ムヒタ ★ 2018/06/25(月) 13:41:27.03 _USER
ds
ソフトバンクは人工知能(AI)を使ってスマートフォン(スマホ)の異常を検知する米ジンペリウムの企業向けセキュリティーサービスを発売した。スマホの基本ソフト(OS)における不自然な動きなどを監視し、新型の攻撃パターンにも対応できるという。これまでは個人向けのみを提供していたが、サイバー攻撃の脅威が増していることから企業にも利用を提案する。

 米アップル「iPhone」の「iOS」、米グーグルの「アンドロイド」の2種類のOSに対応している。インターネットを経由した盗聴や標的型攻撃をいち早く検知してスマホの所有者や管理者に知らせる。

 AIの主要技術である深層学習(ディープラーニング)を取り入れることで、既存の攻撃手法だけでなく、新型のパターンも検出できるようになるという。管理者は遠隔操作でスマホの初期化などができ、被害の拡大を防ぎやすくなる。

 利用料金は1台あたり月額500円(税別)。100台以上の契約が前提となる。
2018/6/25 13:24
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32188680V20C18A6X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1529901687/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ