SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


キャリア別:Softbank

犬型四脚ロボSpotMini、2019年に発売へ。ビルや施設の番犬にどうぞ…不審者に吠えつく機能が付くかは不明

1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/05/12(土) 22:16:24.63 _USER9
no title
元Googleの、現ソフトバンク傘下のBoston Dynamicsが、四脚ロボット「SpotMini」を2019年にも発売すると発表しました。SportMiniは現在のところプロトタイプが10体存在していますが、年内には100体の量産型SporMiniを製造するとしています。
Boston Dynamicsファウンダーで社長のマーク・レイバート氏は、量産型SpotMiniの価格については明らかにしなかったものの、量産に向けて製造会社と協力していると語りました。
SpotMiniはソニーのAIBOとは違い、残念ながら一般向けには販売されない見込み。そのかわりレイバート氏は、たとえばビルや施設のセキュリティ・パトロール(番犬)用、建設現場など危険の伴う場所での見回りといった用途を提案しました。もしかすると、Boston Dynamicsが先日、SpotMiniがどのように空間認識をしているかを示す動画を公開していたのはこのためだったのかもしれません。
なお、軽やかに野山を駆け巡れるようになったヒト型ロボットAtlasについては、まだ市販のアナウンスはありません。


Engadget 2018/05/12
https://japanese.engadget.com/2018/05/11/spotmini-2019-100/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526130984/


続きを読む

ヤフオク「偽ボーズ」、購入者から多数の苦情 「すぐにキャップ外れた」

1: あられお菓子 ★ 2018/05/12(土) 19:49:24.24 _USER
ffvindex
読売新聞 2018年05月12日
https://toyokeizai.net/articles/-/220536

 米音響機器メーカー「BOSE(ボーズ)」のイヤホンの偽物がネットオークションで販売された事件で、
愛知県警に商標法違反容疑で逮捕された宇都宮市の女が偽物のイヤホンを出品したとされる
ヤフオクのページには、購入者から「すぐにキャップが外れた」「音に迫力がないのでボーズ社に
確認したら偽物と判断された」などの苦情が多数寄せられていた。

 ヤフオクの運営会社によると、専任スタッフが24時間態勢で監視し、偽造品が見つかれば、
出品者のアカウントを削除するなどの対策を取っているが、同社の広報担当者は「いたちごっこに
なってしまい、撲滅は難しい」と話す。

 財務省によると、偽ブランド品など知的財産権を侵害したとして税関が昨年1年間に輸入を差し止めた件数は
前年比17・6%増の3万627件に上り、その9割は中国からの輸入だった。

 差し止めた輸入品の数は50万6750点で、うちイヤホンなどの電気製品は11万6999点と前年の6倍以上に増え、
品目別で最多を占めた。名古屋税関の担当者は「インターネットの普及で、個人でも海外から容易に
商品を輸入できるようになったことが背景にある。特に最近はイヤホンの人気が高く、
国内の需要が増えているのではないか」と指摘する。

 ボーズ社によると、同社の偽造品はオークションサイトやショッピングサイトなどで多く出回っているという。
偽造品やパッケージの外観が正規品と酷似しているだけでなく、偽造品に保証書を一緒に梱包(こんぽう)
したり、正規品のシリアル番号をコピーして偽造品に転用したりするなど手口が巧妙で、
一般人には判別が難しいという。同社は「偽造品と疑われる場合は通報してほしい」と呼び掛けている。


関連記事
偽「BOSE」イヤホン、ネット販売か…女逮捕

YOMIURI ONLINE 2018年05月11日 07時20分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180511-OYT1T50006.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1526122164/


続きを読む

3大キャリアのLINE対抗メッセージサービス「+メッセージ」でトラブル 開始初日で配信停止、再開は未定

1: スタス ★ 2018/05/11(金) 22:14:27.24 _USER9
あssdindex
LINE対抗メッセージサービス、一時停止 ソフトバンク
ネット・IT
2018/5/10 20:23

ソフトバンクはスマートフォン(スマホ)の新しいメッセージアプリの配信を一時停止した。
従来のメールサービスから自動で切り替わる際に、誤ってアプリを消去して、保存されているメールや対話の履歴が消えてしまう利用者が続出しているためだ。
携帯電話番号が分かれば、NTTドコモとKDDIの利用者ともやりとりできるサービスで、国内7千万人超の利用者を抱える対話アプリ「LINE」への対抗策として9日に始めたばかりだった。

アプリの配信を一時停止しているのは「+(プラス)メッセージ」。9日午後10時ごろから配信を停止している。
ソフトバンクのスマホで従来使われているメールアプリを更新すると自動で「+メッセージ」に切り替わる仕様になっており、スマホのホーム画面に表示されるアイコンとアプリ名も自動で変更される。

アプリの自動更新を設定していると、スマホの画面に「+メッセージ」のアプリが知らないうちに表れる。
インストールした覚えがないと不審に思って削除すると、これまでのメールなども一緒に消えてしまうという事象が発生している。ソフトバンクは利用者の誤操作を防ぐために、アプリ配信の一時停止の措置をとった。配信再開の時期は未定だという。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3032489010052018X30000/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526044467/


続きを読む

ソフトバンク10兆円ファンド、3メガ銀など参加か FT報道

1: ムヒタ ★ 2018/05/11(金) 03:43:32.84 _USER
10index
【ロンドン=篠崎健太】ソフトバンクグループがサウジアラビア政府などと設立した10兆円規模のファンドに、日本の3メガバンクや独ダイムラーなどが参加を検討していることが分かった。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版が10日報じた。出資額や参加形態などは不明だが、資金の出し手が広がればテクノロジー企業への投資に弾みがつきそうだ。

FTによると、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループの3メガ銀グループが参加を検討している。ダイムラーのほか、米オラクル創業者のラリー・エリソン氏が個人で出資する見通し。バーレーンの政府系ファンドも加わる方向だという。

ソフトバンクは2017年5月に「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を立ち上げた。サウジアラビア政府系ファンドのほか、米アップルや台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業、シャープなどが出資者に名を連ねている。

ビジョンファンドは人工知能(AI)や次世代交通システムなどを手掛ける先進企業を中心に投資している。これまで30社近くに資金を振り向けた。ソフトバンクが9日発表した決算資料によると、18年3月末時点の投資総額は297億ドル(約3兆2600億円)に上る。

ビジョンファンドに対するソフトバンクと外部からの出資額は、将来のコミットメント(約束)分も含めると977億ドルに達した。外部投資家の顔ぶれが広がれば投資余力が一段と高まる。

ソフトバンクグループは「コメントを控える」としている。
2018/5/11 0:34
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30349920R10C18A5TJ3000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1525977812/


続きを読む

ソフトバンクの18年3月期 純利益27%減、1兆389億円 デリバティブ損失響く 売上高は3%増の9兆1587億円

1: ばーど ★ 2018/05/09(水) 17:23:16.35 _USER9
えrrindex
ソフトバンクグループが9日発表した2018年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比27%減の1兆389億円だった。前の期はフィンランドのゲーム大手スーパーセルの売却益を計上していたため、18年3月期はその反動が出た。

中国・アリババ集団株に絡むデリバティブ損失の計上も響いた。

売上高は3%増の9兆1587億円だった。営業利益は27%増の1兆3038億円。10兆円規模の資金を運用する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」での株式評価益が貢献した。

19年3月期の業績見通しは開示しなかった。年間配当は前期と同じ44円を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2018/5/9 15:39
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL09HGF_09052018000000/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525854196/


続きを読む

Tモバイルとスプリント統合発表 ソフトバンク、経営権譲る 5G対応を優先

1: ムヒタ ★ 2018/04/30(月) 03:35:54.26 _USER
zxindex
【ニューヨーク=中山修志】ソフトバンクグループ傘下で米携帯4位のスプリントと同3位のTモバイルUSは29日(米国時間)、経営統合することで合意したと発表した。ソフトバンクとTモバイルの親会社ドイツテレコムが互いに主導権を主張し交渉は難航したがソフトバンクが側が譲歩し、統合会社をドイツテレコムの連結対象にすることで決着した。米規制当局が承認すれば、携帯市場は3強時代に突入する。

統合は株式交換によって行い、交換比率はTモバイル1株に対しスプリント9.25株。統合会社の社名は「Tモバイル」とし、Tモバイルのジョン・レジャー最高経営責任者(CEO)がCEOを務める。スプリントのマルセロ・クラウレCEOとソフトバンクグループの孫正義CEOは統合会社の取締役に就く。

スプリントとTモバイルの契約者数は合わせて1億2600万人となり、1億5千万人のベライゾン・コミュニケーションズ、1億4千万人のAT&Tに迫る。TモバイルのレジャーCEOはビデオメッセージで「我々が一緒になればどんな競争力を発揮するか想像できるだろうか。AT&Tやベライゾン、(米ケーブルテレビ最大手の)コムキャストは気をつけたほうがいい」と語った。

通信速度が現行の100倍の次世代通信規格「5G」の商用化は目前に迫っている。ネットワークの整備には巨額の設備投資がかさみ、ケーブルテレビ事業者などとも顧客の獲得を競うことになる。

ソフトバンクは5Gの競争を勝ち抜くためには規模の拡大が欠かせないと判断し、経営の主導権を譲って統合を優先したとみられる。両社は統合により顧客基盤を固め、3年で400億ドル(約4兆3千億円)を5Gなどに投資する計画という。

ソフトバンクは13年に総額約2兆円を投じスプリントを買収した。このころからTモバイルの買収を検討したが、米連邦通信委員会(FCC)の反対で頓挫した経緯がある。両社は統合に合意したが、FCCなど規制当局の審査に1年程度かかる可能性がある。米司法省も反トラスト法(日本の独禁法に相当)に触れるかどうかを審査することになる。
2018/4/30 3:25
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30004380Q8A430C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1525026954/


続きを読む

ソフトバンク、「ホワイトプラン」を6月27日終了

1: trick ★ 2018/04/24(火) 20:30:33.94 _USER9
644501_o_
ソフトバンク、「ホワイトプラン」「標準プラン」の新規受付を6月27日終了 - ケータイ Watch
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1118875.html
湯野 康隆2018年4月24日 20:18

 ソフトバンクは、「ホワイトプラン」と「標準プラン」の新規申込の受付を2018年6月27日をもって終了すると発表した。

 ホワイトプランは、月額934円(税別)でソフトバンク同士の通話を無料(1時〜21時)とした基本料金プラン。2007年1月の発表以降、同社の主力プランとして多くのユーザーが契約してきたが、新プランとして2014年に「スマ放題」が登場したことで、主力の座を譲ることになった。

 一方の標準プランは、月額1867円(税別)でホワイトプラン同様にソフトバンク同士の通話を無料(1時〜21時)とした基本料金プラン。ホワイトプランが2年契約を前提とするのに対し、標準プランはこの縛りが無い。

 受付終了までに同プランを契約しているユーザーについては、以降も継続して利用できる。

 受付終了の背景について、ソフトバンク広報では、「ウルトラギガモンスター50GB、ギガモンスター20GBなど、多くのお客様に支持をいただいているサービスはスマ放題・スマ放題ライト専用のサービスであり、昨今ではホワイトプランに新たにご加入いただくお客様の数が減少している。こうした状況を踏まえ、よりお客様にわかりやすく、選びやすい料金プラン体系を目指し、今回新たな契約のご加入を終了するに至った」と説明している。

 なお、ホワイトプランは、同社の人気テレビCM「白戸家」シリーズのネーミングの元にもなっているが、同シリーズが終了するわけではないとしている。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524569433/


続きを読む

サイトブロッキング、ソフトバンクは「通信の秘密を侵害する恐れある」と慎重な意見 KDDIは「未定」

1: サーバル ★ 2018/04/23(月) 18:20:01.21 _USER9
11index
海賊版サイトブロッキング、KDDIとソフトバンクの見解は

 携帯電話の国内最大手であるNTTドコモを含むNTTグループ3社が、23日、海賊版サイトのブロッキングを実施する方針を明らかにした。実施時期は未定ながら、政府の意向やコンテンツ事業者団体のからの要請を受けたものだ。

 海賊版サイトについては、漫画の無断掲載などで出版社や作家への被害が指摘され、その対策の必要性が論じられてきた。サイトブロッキングはそうした対策の1つと位置づけられ、政府の考えでは違法性を阻却できる「緊急避難」として、民間各社が自主的にブロッキングを実施できると発表している。

 国内携帯3キャリアのうちNTTドコモがその措置に対応することになった今回、他社はどうするのか。KDDIは「著作権保護の重要性は理解している。技術運用面、法制面を含め、検討中」としており、まだ姿勢を明らかにしていない。

 一方、ソフトバンクは「著作権などが侵害される事態を放置しておくことは看過できるものではなく、早急に対応すべき重要な問題として認識している。しかし、ブロッキングは通信の秘密を侵害する懸念もあり、慎重な議論が必要であることから、電気通信にかかわる業界団体などとも連携し、法律や制度、運用方法など、さまざまな観点から実行可能な方策を検討していきたい」とコメント。対策の必要性は認めつつ、サイトブロッキングについては慎重な姿勢を示す形となっている。
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1118/522/amp.index.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524475201/


続きを読む

ソフトバンク、PHSサービスを20年7月末に終了、機器向けは継続

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/04/19(木) 12:40:49.09 _USER
 er
ソフトバンクは19日、ワイモバイルブランドで提供しているPHSサービスのほぼすべてのプランを、20年7月末に終了すると発表した。95年にサービスを開始し、最盛期の97年には700万契約を超えたPHSが、その役割を終えようとしている。

 ガスの検針やエレベーターの管理など機器の保守・管理向けに提供している「テレメタリングサービス向け料金プラン」を除いた、すべてのプランを終了する。20年7月末以降、契約者はサービスを利用できなくなる。PHSの契約数は17年12月末時点で278万9000件残っているという。

 ソフトバンクは、通話を目的とした「ケータイプラン」などの新規受付と契約変更を、18年3月末に停止している。テレメタリングサービス向け料金プランについても、19年3月末に新規受付を停止する。

PHS向け料金プランの終了について|安心してご利用いただくために
https://www.ymobile.jp/support/relief/nwinfo/phs/

2018/4/19 12:26
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29570720Z10C18A4X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1524109249/


続きを読む

ソフトバンク939億円申告漏れ 租税回避地の子会社分

1: ムヒタ ★ 2018/04/18(水) 10:23:02.78 _USER
うぇindex
ソフトバンクグループ(SBG、東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、2016年3月期までの4年間で約939億円の申告漏れを指摘されたことがわかった。買収した海外企業がタックスヘイブン(租税回避地)に持っていた子会社の所得について、SBGの所得と合算すべきだと判断されたという。追徴税額は過少申告加算税を含め約37億円で、すでに修正申告したという。

租税回避、国税が監視強化
SBGは孫正義会長兼社長が率いる通信事業グループの持ち株会社。13年に米携帯電話大手スプリントを、14年に米携帯卸売り大手ブライトスターを買収した。SBGや関係者によると、この2社は買収前から、税の負担が軽いバミューダ諸島にそれぞれ子会社を持ち、事業目的で支出した保険料の一部が子会社に入る仕組みにして利益を上げさせていた。

同国税局は、「バミューダ子会社は実質的な事業活動をしていないペーパー会社」と判断。税負担の軽い国や地域に所得を移し日本で支払う税金を減らすのを防ぐ「タックスヘイブン対策税制」の対象と認定した。そのうえで、子会社の所得を最終的な親会社であるSBGの所得に合算するべきだと指摘した。

また、ブライトスターのシンガポール子会社である中古携帯端末の流通業者も、関連会社以外との取引が少ないことから同税制の対象に認定したという。

合算対象となった所得は計約747億円。数百億円規模の申告漏れは異例だ。株式売却益をめぐる経理ミスなどもあり、申告漏れ総額は約939億円にのぼったが、意図的な税逃れではないと判断され、重加算税は課されなかった。追徴税額は過去のSBGの赤字と相殺され、約37億円にとどまったという。

SBG広報室は朝日新聞の取材に「買収後にすべての外国子会社の所得を把握し検討すべきところを、スプリントとブライトスターの傘下会社が数百社あり、適時にそれができていなかった。現在は再発防止策を講じた」としている。

SBGの17年4〜12月期の純利益は前年同期比20%増の1兆149億円。13年7月にスプリントを約1兆8千億円で、14年1月にブライトスターを約1200億円で子会社化し、米国での事業基盤を築いた。16年9月には英国の半導体大手アームホールディングスを約3兆3千億円で買収するなど、積極的な海外投資を続けている。(花野雄太、田内康介)

規模急拡大、体制追いつかず
ソフトバンクグループの巨額の申告漏れには、世間を驚かせる大型買収を次々に成功させて世界展開を図る中、急増した子会社を把握しきれず税務がおろそかになった構図がにじむ。

孫正義氏は2006年にボーダフォン日本法人を買収して携帯電話事業に参入して以降、買収や投資を繰り返して業績を伸ばしてきた。しかし元幹部の一人は「経理や税務の体制は大きくは変わっておらず、会社の急激な規模拡大に追いついていない」と指摘する。

今回、SBGは指摘に従って納税も済ませており、ある関係者は「租税回避の意図はなく、指摘されて初めて問題に気づいたようだ。いわば『うっかりミス』だったのではないか」と話す。だが、SBGは純利益1兆円を達成した数少ない日本企業であり、業界の範となるコンプライアンス(法令や社会規範の順守)が求められることは言うまでもない。適正な税務申告に向けた組織づくりが急務だ。(花野雄太)
2018年4月18日05時46分
https://www.asahi.com/articles/ASL4K4WBQL4KUTIL01G.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1524014582/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ