SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


キャリア別:Softbank

ソフトバンクの11兆円ファンド、本社はロンドンに

1: 曙光 ★ 2016/12/09(金) 16:03:42.84 _USER9
AS20161024000338_commL
ソフトバンクグループは1000億ドル(約11兆4000億円)の調達を目指すテクノロジーファンド、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の本社機能をロンドンのヘッジファンドが集中するメイフェア地区のオフィスに置くことを決めた。既に投資アドバイザーの採用を開始している。
  同ファンドは既にロンドンで指折りの一等地であるメイフェア地区のグローブナー街69番地にオフィスを開設。同オフィスはアートギャラリーに囲まれており、高級ブティックの集まる一角やバッキンガム宮殿も徒歩圏内にある。
  採用関連の事情に詳しい関係者によれば、ソフトバンクが10月に設立を発表した同ファンドはロンドンオフィスの人員として既に10人を採用、さらに今後数十人を雇う可能性がある。

  ソフトバンクの孫正義社長はトランプ次期米大統領と6日に会談、米国の新興企業への500億ドル投資を約束した。しかし孫社長が米国への関心を示したものの、
ビジョン・ファンドの国際的な拠点はロンドンになる見込みだと、事情に詳しい関係者が語った。ソフトバンクは既にサンフランシスコにオフィスを開設している。
  ソフトバンクとサウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が組んで設立した同ファンドは、ソフトバンクの戦略的財務責任者ラジーブ・ミスラ氏が主導する。孫社長が最近明らかにしたところでは、同ファンドは1000億ドルの調達に向け、残る300億ドルを確保するため現在協議中。

  ソフトバンクグループ・インターナショナルのジョナサン・バロック最高執行責任者(COO)と、アロック・サーマ最高財務責任者(CFO)が同ファンドのシニアアドバイザーに指名された。主としてロンドン在勤となる。
  メイフェア地区には高級ブランド店が多数立ち並ぶが、ヘッジファンドやファミリーオフィスも集まっている。テクノロジー企業が集積するロンドン東部の地域からは離れている。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-12-09/OHWEQR6TTDSK01
引用元: http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1481267022/


続きを読む

トランプ氏「彼はこの業界で偉大な男だ」 ソフトバンクの孫社長を絶賛、アメリカで5兆円の投資

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/07(水) 09:24:24.39 _USER
img1481078481
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2932106.html

ソフトバンクグループの孫正義社長は、ニューヨークのトランプタワーでトランプ次期大統領と会談し、アメリカ国内での総額5兆円を超える投資を申し出ました。
 「彼はこの業界で偉大な男だよ。本当にありがとう」(トランプ次期大統領)
 「(トランプ氏は)ビジネスマンとしての経験がありますから、よく政治家にありがちな話をするだけではなくて、
本当に実行してくれる予感がします」(ソフトバンクグループ 孫正義社長)
 会談はトランプ次期大統領と孫社長のほか、数人が同席する形でおよそ45分行われました。会談の中で、
孫氏がアメリカ国内での総額5兆円を超える投資と5万人の雇用の創出を申し出たところ、
トランプ氏は「日本とアメリカはさらに友好関係が深まるのではないか」と歓迎する意向を示したということです。
 また、両者はアメリカ国内の通信業界の再編問題は話していないというものの、
トランプ氏から「これから一般的にさまざまな規制緩和を行っていく」という発言があったということです。(07日06:36)
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1481070264/


続きを読む

ソフトバンク孫社長、トランプ次期米大統領とNYで面会へ

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/06(火) 19:43:46.09 _USER
1934384
https://newspicks.com/news/1934384/body/


(Bloomberg) -- ソフトバンクグループの孫正義社長は6日(現地時間)、ニューヨークで
トランプ次期米大統領と面会する。事情を知る関係者1人が明らかにした。

関係者によると、今回の面談に特定の議題はないが、孫氏は米国への投資家として
トランプ氏と会うことを望んでいるという。ソフトバンクは米携帯電話会社のスプリントを買収し、
経営再建にあたっている。また同社が組成している1000億ドル(約10兆円)規模のテクノロジーファンドの資金の一部を米国に投入する可能性があるという。
孫氏は、2013年のスプリントの買収後、同業のTモバイルUSも傘下に収めようとしたが、
オバマ政権下の規制当局が難色を示し、断念した経緯がある。孫氏の当初の計画では、
スプリントとTモバイルを合併して規模を拡大し、他社に対抗することを考えていた。政権交代によって
方針が変わり買収が承認されれば、米市場の攻略を有利に進めることが可能だ。
「トランプ氏の意向次第では、Tモバイルの買収が進む可能性がある」とミョウジョウ・アセット・マネジメント
の菊池真最高経営責任者(CEO)は述べた。今回の面会の意図については「トランプ氏の考えを探りに行く狙いがある」と推測し、
買収が承認されれば「ソフトバンクとスプリントにとってはポジティブ」だと指摘した。
トランプ氏と孫氏の面会が報じられると、株価は一時、前日比2.5%高の6975円まで買われた。ソフトバンクからコメントは得られていない。
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1481021026/


続きを読む

ソフトバンクの11兆円ファンド、孫氏「応募超過になっている」

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/04(日) 10:07:12.90 _USER
images
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-12-02/OHKBHHSYF01U01

ソフトバンクグループの創業者、孫正義最高経営責任者(CEO)はサウジアラビア政府と共同設立を発表した
1000億ドル(約11兆3600億円)規模のテクノロジーファンドについて、資金調達の完了が近いことを明らかにした。
  孫氏は2日にニューデリーで開催されたイベントで、「少数の投資家に話をしている。応募超過になっていると思われる」
と発言。詳細には触れなかった。ニューデリーにはサウジアラビアから直行したという。
  ソフトバンクとサウジ政府系ファンドのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は10月、投資ファンドの設立を発表。
このうち250億ドルをソフトバンクが、450億ドルをサウジアラビアが出資を約束。両者は残りの
300億ドルについて、第三者と交渉をしてきた。
   孫氏はまた、インドでのソフトバンクの投資が10年間で100億ドルという約束を上回る見込みだと発言。
「インドには新しいテクノロジー、新しい興奮がある」と述べた。
引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1480813632/


続きを読む

ソフトバンク、インドに1兆円投資へ

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/02(金) 21:39:08.63 _USER
7index
http://jp.reuters.com/article/softbank-india-investment-idJPKBN13R198

[ニューデリー 2日 ロイター] - ソフトバンクグループ(9984.T)の孫正義社長は2日、
同社のインドへの投資規模が向こう10年間で100億ドルを超えるとの見通しを示した。
孫氏はニューデリーで開催されたイベントで、「自身のコミットメントを超える」と述べた。
同氏はこれまで100億ドルを投資する方針を示していた。

また、ソフトバンクが既にインドで20億ドルを投じたと明らかにした。
孫氏は、1000億ドル規模のテクノロジー分野に投資するファンドについて、300億ドルを調達する必要があると述べた。
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1480682348/


続きを読む

Y!mobileとUQ mobileの「iPhone 5s」が実質100円に値下げ

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/01(木) 12:58:52.19 _USER
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1611/28/news139.html

 Y!mobileとUQ mobileの「iPhone 5s」が値下げされている。(価格はオンラインショップのもので、全て税別)

 Y!mobileのiPhone 5sは、11月上旬から値下げされた模様。16GBモデルの一括価格は3万6100円。
月額割引は1500円適用され、24回分を引くと0円となる。32GBの一括価格は3万9600円。月額割引は1650円適用され、
24回分を引くと0円となる。ただし2モデルとも頭金として100円が設定されているので、実質0円は回避した形だ。

 発売当初、16GBモデルは一括5万8800円、実質2万4000円(プランS)、1万2000円(プランM)、2400円(プランL)。
32GBモデルは一括6万4800円、実質3万円(プランS)、1万8000円(プランM)、実質2400円(プランL)だった。今回はプランに関係なく実質100円となる。
 Y!mobileはソフトバンクが運営しているため、総務省が3キャリアに対して要請した「実質0円禁止」の対象となる。
これに抵触しないよう、頭金を設けたものと思われる。実際、同社はY!mobileのiPhone 5s発売前に実質0円を中止した経緯がある。
ソフトバンク広報部によると、「現時点で総務省から指摘は入っていない」という。

 UQ mobileのiPhone 5s(16GB)は11月18日から値下げされた。端末購入アシストを利用すると月額1800円(×24回)となるが、
マンスリー割が月額1800円(×24回)適用されるので、24回分を引くと0円に。ただしこちらも頭金として100円が発生するので、実質100円となる。
 端末購入アシストを利用しない場合、一括価格として4万3300円を支払う必要があるが、マンスリー割として月額1800円(×24回)が引かれるので、
実質100円は変わらない。
 発売当初の価格は一括5万400円で、実質価格は1万6800円(ぴったりプラン)、4800円(たっぷりオプション)だった
。UQ mobileも今回はプランに関係なく実質100円となる

no title

no title
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1480564732/


続きを読む

ソフトバンク、「長期継続特典」を12月開始 2年間で最大15000円相当のTポイント付与へ

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/28(月) 12:19:27.35 _USER
index
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1031992.html

ソフトバンクは、12月1日より「長期継続特典」を提供する。2年か3年の契約期間を終えて更新期間を迎えるユーザーに対して、
Tポイントを還元する。利用するには事前の申し込みが必要となる。

 「長期継続特典」では、2016年8月11日以降、契約期間の拘束を終えたユーザー
が「2年か3年の契約更新ごとに1回、3000円相当のTポイント(180日間有効)がプレゼントされる。
さらに毎月500円相当のTポイント(30日間有効)も、次の契約期間(2年または3年)の間にわたって付与される。
ポイント付与にあたっっては、フラット型のデータ定額サービスを契約し、2年か3年の期間拘束型プランを契約している必要がある。

 もし2年契約であれば、1万5000円相当のTポイントが付与されることになるが、
このTポイントは有効期限が定められ、しかも用途がYahoo! JAPANのサービスでしか使えないという、用途が限定されたポイントになる。
 なお、毎月500円分のTポイントの代わりに、毎月200円、月額利用料から割り引くという特典も選べる。

 これまで提供されてきた長期契約者向けサービス「長期継続ボーナス」は、
2017年1月31日に新規適用を終了し、サービスそのものも2018年11月30日で終了する
新サービスである「長期継続特典」へ乗り換えると、2017年2月1日から「長期継続ボーナス」は適用されなくなる。
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1480303167/


続きを読む

ソフトバンク、人型有人ロボット開発 車にも変形、来年の完成目指す

1: 鉄生 ★ 2016/11/11(金) 18:51:16.13 _USER9
info
2016年11月11日 18時37分

 ソフトバンクグループは11日、人が乗って操縦できる人型ロボットを子会社などが開発すると発表した。車型にも変形できる設計で、2017年中の完成を目指す。人型ロボットが活躍するアニメや映画などの夢の世界に、現実が一歩近づく可能性が出てきた。

 ロボット名は「ジェイダイト・ライド」で、人気アニメ「機動戦士ガンダム」などのデザインで有名な大河原邦男さんが協力する。一般の人も簡単に操縦できるようにして、テーマパークやイベントに登場させる。

 設計によると、人型ロボは全長3・7m、重さ900キロ、時速5キロで歩く。車への変形は10秒以内完了、最高時速60キロで走行する。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016111101001831.html
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1478857876/


続きを読む

孫正義社長「人類史上最大のプロジェクトをソフトバンクが牽引する」

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/08(火) 13:42:20.23 _USER
161107_sb_01
http://japan.cnet.com/news/business/35091755/
(中略)

 ボーダフォンジャパンを買収して以来、国内外の通信事業に力を注いできた孫氏。
国内はもとより、赤字続きだった米Sprintも立て直しの目処が立ったと語るいま、
本腰を入れて挑もうとしているのが、同氏が人生を賭けて成し遂げようとしている「情報革命」だ。その第1弾となるのが前述した英ARMの大型買収だった。

 コンピュータが人間の脳を上回る「シンギュラリティ(技術的特異点)」が2018年にも到来すると孫氏はみており、
それによって今後はすべての産業が再定義されると予想する。そこで重要な役割を担うのが、
あらゆるものがインターネットにつながるIoTであり、省電力かつセキュアなチップを設計できるARMだと説明する。
「人類史上最大のプロジェクトをソフトバンクが牽引する」(孫氏)。

 ただし、このプロジェクトは、1社だけで成し遂げられるものではないと孫氏は続ける。
実際、ARMの買収によって同社の負債はさらに増えているが、資金を得るために成長途上の
アリババの株式をこれ以上手放すわけにもいかない。そこで、孫氏が選んだのが、10兆円規模の私募ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」
を立ち上げることだった。
 ソフトバンクは、今後5年間で少なくとも約2.6兆円を同ファンドに出資する予定。
また、サウジアラビア王国の政府系投資ファンドであるパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)から、
今後5年間で約4.7兆円の出資を受ける予定だという。さらに、複数の投資家たちと協議中で、
総額は約10兆円規模になる予定としている。「米国のすべてのベンチャーキャピタルが、直近2年半で調達した規模の資金を我々が準備する」(孫氏)。
引用元:http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1478580140/


続きを読む

ソフトバンクの4〜9月期、純利益80%増の7662億円

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/07(月) 15:35:01.25 _USER
1
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL07HSS_X01C16A1000000/

 ソフトバンクグループ(9984)が7日発表した2016年4〜9月期の連結決算(国際会計基準)は
前年同期比80%増の7662億円だった。国内通信事業は光回線事業を中心に好調だった。
中国・アリババ集団株などの売却益2380億円を計上する一方、デリバティブ関連損益は1700億円の損失だった。
アリババ株売却に関連したデリバティブ評価損失1991億円を計上したのが主因。売上高は0.2%減の4兆2718億円。米スプリントの収益が円高の影響で目減りした。営業利益は3%増の6539億円だった。

 17年3月期の連結業績予想は開示しなかった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1478500501/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ