SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:その他

トランプ氏、ファーウェイ排除見直しに含み

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/22(金) 19:44:44.09 _USER
57
トランプ大統領は21日、ツイッターで「米国は進んだ技術を排除するのではなく、競争を通じて勝利したい」と述べ、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)製品の排除を見直す可能性に含みを持たせた。中国との貿易交渉で取引材料にする思惑があるとの見方も出ている。一方、ポンペオ米国務長官はファーウェイの技術を使う国とは「情報共有ができなくなるだろう」と警告し、欧州諸国をけん制した。

トランプ氏は次世代通信規格「5G」に関連し「米国に5G、6G技術ができるだけ早くほしい。米企業は取り残されないように努力を強化すべきだ」と語り、米国の通信関連企業に投資拡大を促した。ファーウェイに直接言及はしていないが、先進的な技術を排除すべきではないとの考えを示した。

トランプ氏は過去にもカナダの司法当局によるファーウェイ副会長の逮捕を中国との取引材料に使う可能性をほのめかした経緯がある。先進技術排除の見直しに言及したのは、中国との貿易交渉を米国に有利に進める狙いがあるとの観測も浮上している。

一方、ポンペオ氏は21日のFOXニュースのインタビューで「プライバシーに対するリスクはとても差し迫ったものだ」と述べ、5Gでファーウェイ製品の採用を検討する欧州諸国を改めてけん制した。

トランプ政権は安全保障上の懸念を理由に5G通信網にファーウェイ製品を使わないように同盟国などに働きかけてきた。だが機密情報の共有網を築く「ファイブ・アイズ」の一員である英情報当局が「リスクは管理可能」との判断を示すなど温度差も出ている。

ポンペオ氏はファーウェイ製品の導入を容認する国が欧州に出てきていることに関し「理由の一部は商業的なものだ」と語り、同社製品の低コストが要因になっていると認めた。同時に「人々の安全を維持することは常に安価とは限らない」とクギを刺した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41598370S9A220C1EAF000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550832284/


続きを読む

TSUTAYAに課徴金1億円 「動画見放題」、実際は一部のみ

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/22(金) 22:47:25.15 _USER
75index
消費者庁は2月22日、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の「動画見放題」プランで、あたかも全ての動画が見放題になるかのように表示していたが、実際は一部の動画しか見れなかったことが、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、運営元のTSUTAYAに課徴金1億1753万円の支払いを命じたと発表した。

同庁によれば、TSUTAYAは自社のWebサイトやYouTubeの公式チャンネル上で、「動画見放題」「動画見放題&定額レンタル8」「TSUTAYA プレミアム」というサービスについて、契約すれば、TSUTAYA TVで配信する動画が条件なく見放題になるかのように表示していた。しかし実際に見放題なのは、配信作品のうち最大でも27%程度だったという。

 これに対し、同庁は昨年5月、再発防止を求める措置命令を出していた。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/22/news122.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550843245/


続きを読む

ZOZOだけじゃない ユニクロやエコー、3D計測始動

1: ムヒタ ★ 2019/02/20(水) 12:39:28.27 _USER
757
ファッション業界が店舗で3D(3次元)を活用したオーダー商品の計測サービスに乗り出した。ファーストリテイリング傘下のユニクロは3D計測機を使い全身を計測する実証実験を開始。デンマークの靴メーカー「ECCO(エコー)」は20日、店頭の3Dプリンターを使い60分で最適な靴を提供するサービスを始めた。より正確なサイズに基づいて商品選びができることをうたい、顧客に来店のきっかけとしてもらう戦略だ。

東急…
2019/2/20 12:05
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41496150Q9A220C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550633968/


続きを読む

「プチ経験者」歓迎、IT・介護 派遣時給1月2.5%上昇

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/20(水) 16:51:45.69 _USER
7457
「プチ経験者」歓迎――。人手不足が深刻なIT(情報技術)・介護分野で、未経験者の低時給での求人ラッシュが転機を迎えている。即戦力を求めて若干でも経験・知識のある「プチ経験者」を求める募集が増え、平均時給を押し上げている。

人材サービス大手のエン・ジャパンが20日発表した1月の派遣社員の募集時平均時給は、三大都市圏(関東、東海、関西)で前年同月比2.5%(37円)高い1539円となった。前年同月比で8カ月連続で上昇した。

IT職の時給は、同5.1%増の2195円。昨春まで時給は踊り場だったが、ここに来て上げ幅が急拡大している。「未経験者を受け入れたものの生産性が上がりにくいと見直す企業が昨秋以降増えている」(エン・ジャパンの沼山祥史・派遣会社支援事業部長)ためだ。

代わって増えているのが、エンジニアの実務経験はないが一定のITスキルがある人材の募集。表計算ソフト「エクセル」の高度な活用ができる事務職などだ。時給は2000円程度と、従来の完全な未経験者より300円程度高い。経験ゼロより入社後にエンジニアとして育成しやすいとみていることが背景にある。

介護職は、同4.8%増の1268円だった。「ブランクの長い経験者など実務経験はあまりないが、未経験者より時給の高い求人が増えている」(同)。派遣各社も資格取得を費用補助するなどスキルアップを後押ししている。

同業大手のリクルートジョブズが同日発表した1月の派遣社員の募集時平均時給は、三大都市圏で前年同月比0.2%(3円)高い1657円だった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41496670Q9A220C1QM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550649105/


続きを読む

ビックカメラ、電子棚札本格導入 新店で10万商品に

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/20(水) 16:49:03.81 _USER
424
家電量販大手のビックカメラは電子棚札を本格導入する。21日に開店する新店舗で、原則全ての商品の価格を電子棚札で表示する。同社店舗では1日に複数回価格を変えることも珍しくなく、値札の作成や張り替えの手間を省く。家電流通でインターネット通販が存在感を増す中、従業員の負担を軽くして接客に振り向ける。

新たに開く「ビックカメラ町田店」(東京都町田市)で取り扱うカメラや冷蔵庫、羽毛布団など約10万点に電子…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41507030Q9A220C1TJ3000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550648943/


続きを読む

固定回線でも「ギガ不足」におびえる時代が到来か、トラフィック急増により現場で起きている悲劇とは

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/19(火) 23:04:59.31 _USER
240_news013
「従量課金に移行しないと、このままではとても立ち行かない」

ある固定回線系プロバイダーの幹部が悲痛な面持ちで筆者に訴えた。

「ここ数年の爆発的なトラフィックの伸びに設備投資が追い付かず、ユーザーからのクレームが増加している」

 それは、プロバイダーだけの問題ではなく、NTT東日本・西日本(NTT東西)のフレッツ光にもいえることらしい。ただ、筆者は忘れてはいない。確か10年前にも同じような言葉を聞いた。いや、その前から事あるごとに聞いてきたような気がする。このような「トラフィック問題」は、インフラ事業者の口癖になっているのではないのか。

 だが、件の幹部は「これまでは、設備などのコストダウンがあり、なんとかやっていくことができたが、もうコストダウンも限界に来ている」と訴える。それだけではない。「ここ2〜3年のブロードバンドサービスにおけるトラフィックの伸びは尋常ではない」というのだ。

確かに、総務省が2018年8月に公表した「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算」(図版1)を見ると2014〜15年辺りから国内総トラフィックのグラフが急上昇している様子が見て取れる。

 この資料の中で注目してほしいのは4ページ目の「1契約当たりのトラヒック」(図版2)だ。これを見ると、2015年辺りから毎年3〜4割のダウンロードトラフィック増を記録している(赤のグラフ)。その一方でブロードバンドサービスの契約者数の伸びは鈍化傾向にある(緑のグラフ)。双方のグラフを見比べると、あまりに対照的なありように驚きを禁じ得ない。NTT東西といったインフラ事業者やプロバイダーからすると、契約者数の伸びが見込めない中、ブロードバンドサービスが料金定額制のため、今後、大きな収益増は期待できない。そうなると、設備投資のインセンティブも鈍り、ユーザーからは「遅い」「パケづまり」といった苦情が増えかねない。プロバイダーの幹部の愚痴も理解できる気がする。

動画サービスの台頭やWindows Updateの存在がトラフィック増の原因か
 なぜ、ここまで急激なトラフィック増を招いているのか。三菱総合研究所がまとめた総務省資料「インターネットトラヒックの現状」の16ページ目「4.まとめ」には、次のようにある。

総トラヒック量のうちコンシューマー向けトラヒックが全体の80%以上、そのうち80%以上がインターネット動画(YouTube、Hulu、Netflix等)。今後、年率30%で増加する見込み。

 なんと、動画サービスのトラフィックが国内総トラフィック数の64%を占める計算となる。NetflixやHuluのような定額制の動画配信サービスの台頭は、かなりのインパクトがあるようだ。iTunes Storeの映画のようなオンデマンド課金とは異なり、定額なので、お金のことを気にせずに、好きなだけ動画を見ることができるわけだからそうなるのも必然か。YouTubeの動画にしても近年HD化が著しく転送容量も増えている。
以下ソース
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1902/19/news013.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550585099/


続きを読む

Huaweiのファウンダーは強気、“アメリカがうちを潰すことは不可能”

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/19(火) 20:02:26.30 _USER
940-500x375
アメリカに負ける気のないHuaweiのファウンダーは、“アメリカがうちを潰すことはありえない”、と公言した。

同社を通信企業として1987年に立ち上げたRen Zhengfeiは、公(おおやけ)の声明などをあまりしない人物だが、BBCのインタビューに珍しく応じ、アメリカ政府からの圧力がますます強くなりつつあるが、そんな中で同社の事業は強力に伸びている、と強気に語った。アメリカ政府は、同社のイランとの取引を犯罪と見なしている。その告発により同社CFO Meng Wanzhouは、カナダを旅行中に拘束された。

RenはBBCに、通訳を介してこう語った: “うちには他よりも進んだ技術があるので、世界中がHuaweiを必要としている。今後より多くの国を、一時的にうちを使わないよう説得できたとしても、それによる弊社の事業規模の縮小はごくわずかだ。アメリカがうちを標的にしつづけて、うちを悪者扱いすればするほど、うちは製品とサービスをますます改良せざるをえなくなる”。

Renは、近くアメリカに引き渡されるかもしれない娘のMengの逮捕について、“それは受け入れ難い政治的動機に基づいている”、と言う。

Renは曰く: “Meng Wanzhouが自由を失ったことによる、Huaweiの事業へのインパクトはまったくない。むしろ、この間にもさらに成長の速度は上がっている。彼女を逮捕すればHuaweiはこける、と考えたのかもしれないが、こけるどころか前進を続けている”。

法律は政府と政府契約企業によるHuawei製品の使用を禁じている。それには一連のネットワーキング機器とインフラストラクチャ、およびスマートフォンが含まれる。そして同盟国にも、これに従うよう説得している。オーストラリアとニュージーランドおよび日本がこれに従った。日本は12月にHuaweiとZTEの機器を禁じ、オーストラリアとカナダ、ニュージーランド、およびイギリスの諜報部門のトップ(Five Eyesのメンバー)は、2018年の終わりに同様の合意に達した、と言われている。

しかし今週Huaweiは、その決定の執行猶予を勝ち取った。Financial Timesによると、イギリスの情報部門のトップは、スパイ活動に関する懸念(アメリカはHuaweiを北京のプロキシとして働いている、と非難している)は管理可能であると信じている。これによってイギリスの通信事業者は、自由に中国企業と協働して彼らの5Gネットワークを構築できることになる。

この明白な信任票は、アメリカの立ち位置と鮮やかなコントラストをなし、Huaweiはイギリスにおける事業活動とプレゼンスを強化できるだろう。

RenはBBCにこう語っている: “うちはイギリスで投資を続けるし、依然としてイギリスを信頼している。イギリスも、うちを今以上に信頼してほしい。今後イギリスで投資を増やすのは、アメリカがうちを信頼しないのなら、投資をイギリスへ、もっと大規模にシフトせざるを得ないからだ”。

イギリスの心変わりは、かなりのサプライズだ。アメリカからの圧力でVodafoneはHuaweiからの調達を休止したが、昨年発表された政府専門委員会の報告書は、“〔製品を買わないことによって〕イギリスの重要なネットワークへのHuaweiの関与による、イギリスの国家レベルのセキュリティリスクが十分に軽減されたとする確証は、きわめて限定的なものである”、と言っている。
https://jp.techcrunch.com/2019/02/19/2019-02-18-theres-no-way-the-us-can-crush-us-huawei/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550574146/


続きを読む

「なんとかペイ」の乱立はまだ始まったばかりだ

1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/02/19(火) 17:28:58.17 _USER
001_588x
Windows情報局ななふぉ出張所 ― 第142回

アプリマーケテイングのうまみがある:
「なんとかペイ」の乱立はまだ始まったばかりだ

2019年02月19日 16時00分更新
文● 山口健太

 PayPayが「100億円キャンペーン」第2弾を始めたのと同じ日に、LINE Payがファミリーマートで20%還元を開始するなど、モバイル決済の競争が激化しています。それに加えて、新しい「○○Pay」も続々と増える中で、アプリを活用したマーケティングがふたたび注目を浴びています。

■「○○Pay」実はあまり使われていない説

 最近のモバイル決済の動きとして、KDDIは「au PAY」を含むスマートマネー構想を発表し、メルカリはアプリに「メルペイ」を追加。みずほフィナンシャルグループが地銀50行と組んだ「Jコインペイ」、ヨドバシカメラによる「ヨドペイ」の存在も報じられました。

 一方、MMD研究所が2019年1月に実施した調査では「楽天Pay」「PayPay」「LINE Pay」がトップ3を占め、「d払い」も追い上げていることから、そろそろ新規参入には遅すぎるのではないか、との見方もあるでしょう。

 これに対して、4月にau PAYで参入するKDDIは「まだ遅れを取っていない」と見ています。バーコード決済を使える店自体は増えていますが、実際の決済件数はあまり増えていないというのです。

 たしかにファミリーマートのレジを見ていると、スマホを取り出す人は少数派です。半分以上の人は現金で払っており、プラスチックカードの電子マネーを使う人がそれに続く印象でした。おサイフケータイの登場から15年が過ぎようとしているのに、スマホ決済はまだまだ広まっていないようです。
https://ascii.jp/elem/000/001/815/1815184/


次へ
https://ascii.jp/elem/000/001/815/1815184/index-2.html
https://ascii.jp/elem/000/001/815/1815184/index-3.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550564938/


続きを読む

Armに立ちはだかる「RISC-V」という壁

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/02/19(火) 16:08:39.80 _USER
cover_news069
□ライセンス料の確保が難しくなっている

 現在、RISC-VやMIPSなどのオープンソースアーキテクチャの勢いが増してきたことにより、マイクロプロセッサ業界に変化の風が吹いている中、Armが置かれている環境に変化が生じてきている。

 Armがソフトバンクに買収されて以来、Armの新しいライセンス慣行に関するうわさを耳にするようになった。Armのライバル企業は、EE Timesの取材に対し、「Armに代わるライセンスを検討している既存のライセンシーとの間で、話し合いを進めている」と述べている。

 製品開発メーカーにはもはや、2年間の製品開発サイクルを維持する余裕がない。ライセンス料のための膨大な予算を確保することができず、それがSoC(System on Chip)設計分野に参入する上での大きな障壁となっている。

 Armの広報担当者は、EE Timesのインタビューに応じ、「当社がライセンス料を値上げするのではないかとするうわさは、事実ではない。当社の最新ハイエンドコアは、旧品種よりも価格が高くなるのが通常だ。これは、『Cortex-A76』にも当てはまる」と述べている。

 それでも、過去から現在までArmのライバルである企業からの情報によると、Armとの契約内容は、ますます複雑化していることから、ライセンス料も上昇しているという。Armのビジネスモデルは、アーキテクチャ設計のためのライセンス料を前払いし、半導体チップの出荷数量に応じてロイヤリティー料を支払うというもので、現在のIP(Intellectual Property)ライセンス業界でも多く採用されている。Armは、ライセンス料を公に発表したことがないが、100万〜1000万米ドルの間ではないかと広く報じられている。

すみません、鯖が不安定で本文が長いと立たないのでここから略しますm(_ _)m
続きは元ソースでご覧ください
https://eetimes.jp/ee/articles/1902/19/news069.html

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

2019年02月19日 11時45分 公開
EE Times Japan
https://eetimes.jp/ee/articles/1902/19/news069.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550560119/


続きを読む

LINEペイ、EC含め全加盟店20%還元 22〜28日

1: ムヒタ ★ 2019/02/18(月) 10:40:57.55 _USER
757
LINEは22日、同社のスマートフォン(スマホ)決済「LINEペイ」で決済額の20%を還元するキャンペーンを始める。期間は28日まで。同社が実施した1月末の20%還元キャンペーンでは対象店舗をドラッグストアとコンビニエンスストアに限定していたが、今回は電子商取引(EC)サイトを含めた全加盟店を対象とする。

LINEペイの加盟店でQRコードやバーコードを使って決済すると20%が残高に還元される。キ…
2019/2/18 10:24
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41392220Y9A210C1X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550454057/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ