SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:その他

DMM大損害 換金アプリのバンクが5億円でMBO

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/11/07(水) 15:11:39.80 _USER
中古品の即時買い取りアプリ「CASH(キャッシュ)」を運営するバンク(東京・渋谷)は7日、MBO(経営陣が参加する買収)を実施すると発表した。動画配信などを手がける親会社のDMM.com(東京・港)が保有する全株式を光本勇介社長が5億円で取得する。DMMは2017年10月にバンクの全株を70億円で取得していたが、わずか1年で売却する。

no title

MBOを実施するバンクの光本勇介社長

バンクは17年2月の設立。スマートフォンでブランド品などを瞬時に買い取り現金化できるアプリ「CASH」や代金後払いで旅行ができるアプリ「トラベルナウ」を運営する。17年6月のCASHのサービス開始時に利用者からの換金依頼が殺到。一時サービスを中断したが、17年10月にDMMの子会社となり、運営体制の強化に取り組んでいた。今回のMBOについてバンクは「よりスピーディーで柔軟な経営判断が行える」などとしている。

一方、DMMはバンクを子会社化した後、運転資金として20億円をバンクに貸し付けていた。バンクへの貸付金20億円は「光本勇介氏がバンク社を引き続き運営することで、5年間で返済する」(DMM)という。17年10月の買収発表当時、スタートアップ業界では「70億円の買収額は割高」との見方もあった。今回の譲渡額は14分の1に価値が目減りしており、M&A(合併・買収)のリスクが表面化した格好だ。

今回の件に関してDMMの亀山敬司会長は「お騒がせして申し訳ありません。敗軍の将語らずです。今後もDMMは積極的に投資を続けてまいります。バンク社の今後の発展を祈っております」とコメントしている。

(鈴木健二朗)

2018/11/7 13:36
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37467610X01C18A1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541571099/


続きを読む

WiFiルーター壊れた。いまからヨドバシで買ってくるから速度はいいから安定しているヤツおしえてくれ

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/11/06(火) 13:16:40.68 BE:422186189-PLT(12015)
75

 ティーピーリンクジャパンは10月31日、IEEE 802.11ac接続に対応した無線LANルーター「Archer C6」を発表、
本日からAmazon限定で販売を開始する。予想実売価格は4680円前後だ。

IEEE 802.11acおよび11a/b/g/n接続をサポートした無線LANルーターで、
5GHz帯が867Mbps、
2.4GHz帯が300Mbps(ともに理論値)の同時接続に対応。
アンテナは外部指向性アンテナ4本と内蔵アンテナ1本を搭載、ビームフォーミング技術やMU-MIMOもサポートする。

 有線ポートはギガビット対応×5基(WAN側1基、LAN側4基)を装備。接続設定機能はWPSに対応している。

 本体サイズは230(幅)×144(奥行き)×35(高さ)mm(アンテナ含まず)、重量は350g。

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1810/31/news090.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541477800/


続きを読む

ファーウェイ胡輪番会長「貿易摩擦、技術革新遅らせる」

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/06(火) 16:17:18.46 _USER
えfdindex
華為技術(ファーウェイ)の胡厚崑(ケン・フー)副会長兼輪番会長は6日、第20回日経フォーラム「世界経営者会議」で講演し「貿易摩擦によって知識の交流が阻害され、技術革新が遅れる」と指摘した。

胡氏は緊張が高まる米中貿易摩擦に触れ「非常に不幸なこと。コントロールできるレベルではなく、経済に害がある」と話した。「ファーウェイは世界百数十カ国で事業を展開している」と説明し、保護主義が広がればコスト増や技…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37407520W8A101C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541488638/


続きを読む

高スキル人材、日本が最も不足 スキルアップで遅れ

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/11/06(火) 14:18:24.76 _USER
人材サービス大手の英ヘイズは6日、人材の需要と供給動向に関する2018年版の調査結果を発表した。高度なスキルを有する人材の充足度を示す項目で、日本は調査対象の主要33カ国・地域中、最下位となった。技術の進化が速まる中、働き手のスキルアップが他国に比べて遅いのが原因とみている。

no title

特に人材が不足しているのは、人工知能(AI)技術者やデータ分析官などIT(情報技術)の高スキル人材。「スキルを上げて高い賃金で転職するのが一般的な他国と異なり、終身雇用の根付く日本ではスキルアップへの意欲が低い」(日本法人マネージング・ディレクターのマーク・ブラジ氏)

同社がアジアの転職希望者3544人を対象に17年に行った調査では、仕事以外でスキルアップに月6時間以上を費やすと答えた割合が、中国の54%に対し日本は19%にとどまった。「求職者はいるが企業のニーズに合っていない。高等教育が実務でなく教養に偏っていることも影響している」(同)とみている。

今回の調査は経済協力開発機構(OECD)など公的機関や各国政府などの統計を基に、高スキル人材不足のほか賃金上昇圧力など計7項目を10点満点で集計。数字が高いほど企業が人材を採用しにくいことを示す。英調査会社オックスフォード・エコノミクスと共同で2012年から実施している。

日本は人材不足が最悪値の10点となり、昨年のワースト3位から順位を落とした。ほかにITなど専門性の高い業界の賃金上昇が0.2点で低さが際だった以外は、他国並みのスコアが多かった。

2018/11/6 12:00
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37408690W8A101C1QM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541481504/


続きを読む

Intel、最大48コアの「Cascade Lake-AP」を2019年に投入

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/05(月) 21:24:21.45 _USER
えれindex
米Intelは4日(米国時間)、データセンター向けの新CPUシリーズ「Cascade Lake-AP(Advanced Performance)」の発表および、「Xeon E-2100」の発売を開始した。

 Cascade Lake-APは、Xeonスケーラブルプロセッサの新製品で、HPCやAI、IaaSなどのワークロードを想定し設計。AMDのEPYCプロセッサのように、1パッケージに複数のチップを搭載したマルチチップパッケージのプロセッサとなっており、最大48コア、ソケットあたり12チャネルのDDR4メモリサポートを謳う。

 Linpack実行速度はXeon Platinum 8180(28コア/2.5GHz)比で1.21倍、EPYC 7601(32コア/2.2GHz)比で3.4倍高速とするほか、深層学習の画像推論処理は、Xeon Platinum比で17倍高速であるとしている。

 同社では、2019年上半期の市場投入を予定する。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1151683.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541420661/


続きを読む

「バーバリー後」苦戦の三陽商会、巻き返しに100億円

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/04(日) 19:34:04.19 _USER
AS20181103002652_commL
英ブランド「バーバリー」のライセンス契約が切れた後の業績回復が遅れているアパレル大手の三陽商会が、中期経営計画の最終年度にあたる2019年12月期の収益見通しを下方修正した。ネット通販事業や直営店出店の遅れなどが響いて、売上高は650億円から620億円に、営業利益は20億円から5億円にそれぞれ引き下げた。

 先月30日に発表した18年1〜9月期決算は、売上高が前年同期比6・5%減の413億円、営業損益は22億円の赤字(前年同期は28億円の赤字)だった。中期経営計画の見直しもこの日発表した。9月に約250人の希望退職の募集も発表しており、退職金などの費用を特別損失に計上する予定。18年12月期通期の業績を押し下げる要因となる。

 巻き返し策として、ネット通販と実店舗の連携強化や、直営店の出店加速に向けて20年までに100億円超を投資する戦略を打ち出した。人工知能(AI)を扱うベンチャー企業ABEJA(アベジャ)(東京)との業務提携も発表。店舗にカメラを設置して画像解析で既存の顧客かどうかを判別し、購入履歴を元に商品提案などができるようにするという。

 こうしたデジタル強化策に加え、商業施設への直営店の出店も加速させる。ライセンスブランドに頼らず、「エポカ」などの自社ブランドも強化する。「手の届きやすい価格のブランドもつくる」(岩田功社長)という。経費削減のために控えていた広告宣伝も再開する。
https://www.asahi.com/articles/ASLC35SNBLC3ULFA006.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541327644/


続きを読む

アイリスオーヤマ、テレビ参入。PBと最安値競う

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/03(土) 18:27:56.97 _USER
7757
生活用品を手がけるアイリスオーヤマ(仙台市)がテレビ販売に参入する。11月末に国内で7機種を発売する。高画質の「4K」に対応した55型で価格を10万円前後に抑え、2020年の東京五輪前の需要を取り込む。大手電機メーカーの価格から3割程度安く、家電量販店のPB(プライベートブランド)や中韓メーカーと最安値を競う。

国内家電市場は日立製作所が自社ブランドのテレビ販売から撤退するなど、電機大手が事業を…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37346400T01C18A1MM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541237276/


続きを読む

メルカリ、新たに始まった「本人確認」が間に合わず、プログラムが売上金データを削除しまくるw

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/11/03(土) 23:27:33.86 BE:422186189-PLT(12015)
melcali

フリマアプリ「メルカリ」で利用制限されてしまい、売上金が失効するかもしれない――

そんな不安の声がTwitterなどで広がっている。
メルカリが開設しているQ&Aサービスにも、売上金消失を心配する質問が複数寄せられている。

 出品者がメルカリで得た売上金を現金で受け取るには、一定期限内に「振込申請」をする必要がある。

だが今年8月ごろから、ネット上で「メルカリから利用制限の通知が届き、本人確認書類の提出を求められた」という報告がみられるように。

書類提出後も運営元に対応してもらえず、振込申請の期限に間に合わないかもしれない――といった声が上がっていた。

 10月末には、「本人確認のためにと利用制限され、すぐに免許証を提出したが、
(申請期限日を迎えても)まだ完了せず振込申請できない」
「これから毎日売上金が失効し、計33万円が奪われる予定」
というユーザーのツイートが話題に。

11月2日現在、本人確認や振込申請が完了した、失効した売上金が返還されたという報告も見られ始めているが、不安の声も依然として大きい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000094-zdn_n-sci
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541255253/


続きを読む

巨大ITに不満の取引先…「改善求める」9割超

1: ムヒタ ★ 2018/11/03(土) 09:01:28.42 _USER
2424images
 経済産業省が、プラットフォーマーと呼ばれる巨大IT企業の取引先を対象に実施したアンケート調査の結果が判明した。運営や契約、取引慣行の改善を求める企業が9割を超えており、寡占の弊害が浮き彫りになった。

 経済産業省、総務省、公正取引委員会は今年7月、巨大IT企業に対する規制のあり方を検討する有識者会議を設置した。中間報告書をまとめるに当たって今回の調査を実施した。

 調査は今年10月、インターネットで実施し、2000社から回答があった。このうち1933社を中小企業が占めた。アマゾンやグーグルといった米IT大手などと、ネット広告、ネットショップ、アプリ販売といった取引関係がある企業とみられる。

 調査によると、運営や契約、取引慣行について、「改善してほしいプラットフォーマーが多く、不満を感じている」との回答が56%に上った。「改善してほしいプラットフォーマーもある」も40%あった。「おおむね満足しており、不満はない」は、わずか2・4%だった。

(ここまで423文字 / 残り468文字)
2018年11月03日 06時00分
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181102-OYT1T50117.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541203288/


続きを読む

世界初の折りたたみスマホ「FlexPai」、中国メーカーのRoyoleから登場

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/02(金) 19:27:49.11 _USER
世界で初めての折りたたみ式スマートフォンを発売しようと、サムスンとファーウェイ(華為技術)が競争する様子は、これまでもよく話題になってきた。しかし、その名誉が、カリフォルニア州フリーモント、香港、中国の深センにオフィスを持つ、あまり知られていないモバイル会社、Royole(柔宇科技)のものになりそうだ。

 Royoleは、現地時間10月31日に北京で開催されたイベントで7.8インチの折りたたみ式のスマートフォン兼タブレット「FlexPai」を披露した。

 このデバイスは中央が柔軟になっていて、背面側を内側に向けて折り畳んで、少しかさばるデュアルスクリーン電話機のようなものに変形できる。

 ストレージが128Gバイトでメモリが6Gバイトのモデルは、同日より中国の消費者に8999元(約14万7000円)、ストレージが256Gバイトでメモリが8Gバイトのモデルは9998元(約16万4000円)で発売された。

 中国の消費者向けに消費者版が発売されると同時に、グローバルでは同日よりFlexPaiのデベロッパー版の予約受付が始まった。Royoleは、12月末にデバイスを出荷する予定だと述べている。

 RoyoleはFlexPaiを20万回以上折りたたむなどの耐久性試験を実施したと述べている。

 折りたたまれた状態では、端末が第1および第2のスクリーンを有する状態になり、それぞれ一緒にまたは独立して使用することができる。

 また折れ目を覆う部分には、通話、メッセージ、通知を表示する。

 ハードウェアの仕様については「Snapdragon 8」シリーズのSoC、20メガピクセルのカメラと16メガピクセルのカメラを搭載する。
no title

https://japan.cnet.com/article/35128045/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541154469/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ