SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:その他

ニフティのネット接続事業を250億円でノジマに売却、富士通が正式発表

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/31(火) 17:05:16.10 _USER
11index
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/013100301/

 富士通は2017年1月31日、子会社で個人向けネット接続事業と企業向けクラウド事業などを提供する
ニフティを再編すると発表した。個人向け事業と企業向け事業を分割して2017年4月1日に二つの事業会社へ継承。
同日付で個人向け事業を手掛ける新会社の全株式を250億円でノジマに譲渡する。

 富士通は2016年7月にニフティの株式を取得して100%子会社化していた。自社のクラウドサービス
「FUJITSU Cloud Service K5」のラインアップに、企業向け事業会社の「富士通クラウドテクノロジーズ」が手掛ける「ニフティクラウド」を加えて販売していく。

 ニフティは1987年から2006年までパソコン通信サービス「NIFTY-Serve(ニフティサーブ)」を手掛け、
国内のインターネット黎明期を支えた。ただ、現在は大手通信会社系のネット接続事業者がスマートフォンと
のセット割引などで契約者を伸ばし、米グーグルのように無料でメールができるサービスも普及したことで
ニフティの競争力は低下。同社のブロードバンド接続会員数は2016年3月時点で134万人と、2011年3月期の183万人から約49万人減っていた。

 ニフティのような専業プロバイダーは再編が進んでいる。2016年12月にはKDDIが会員数が240万人のビッグローブ買収を発表済みだ。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485849916/


続きを読む

サイバーエージェント、営業益半減 アベマTVで45億円損失

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/26(木) 18:29:21.43 _USER
HxOoJ9u9
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26HQ1_W7A120C1000000/

 サイバーエージェントが26日発表した2016年10〜12月期の連結決算は営業利益が前年同期比51.1%減の63億5400万円だった。
主力のインターネット広告事業が好調で売上高は16.9%増の865億7100万円と増えたものの、
中長期の成長の柱と位置づけるインターネットテレビ「AbemaTV(アベマTV)」などの新規事業への先行投資が重荷となり、営業利益を圧迫した。

 アベマTVを含むメディア事業は売上高が1.9%増の59億3200万円だった。独自コンテンツ制作のための大規模な投資が響き、
営業損益は45億8800万円の損失計上となった。

 一方、主力のネット広告事業では、スマホ向けの広告の伸びで売上高が19.8%増の487億7400万円となるなど好調だった。
ゲーム事業は売上高が16.5%増の346億4900万円と拡大した。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485422961/


続きを読む

JDI、“落としても割れにくく、曲げられる”プラスチック基板の5.5型フルHD液晶を開発

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/26(木) 11:10:56.02 _USER
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1040693.html
no title


 ジャパンディスプレイ(JDI)は、プラスチック基板を採用し、落としても割れにくい5.5型のフルHD液晶ディスプレ
イ「FULL ACTIVE FLEX」を開発した。2018年の量産開始を目指す。

 FULL ACTIVE FLEXは、TFTを形成する基板を従来のガラスに変えてプラスチックとすることで、
超薄型化を実現するとともに、落下時の耐衝撃性を向上。さらに、プラスチックの採用により、液晶ながら曲面形状を実現可能となり、
顧客のニーズに応じてデザインの自由度を大幅に拡大できるという。

 開発したディスプレイは5.5型で画素数は1,080×1,920ドット、精細度は401ppi。液晶モードは光配向IPS(NEO-IPS)
、輝度は500cd/m2、コントラスト比は1,500:1。JDIが開発した低周波駆動技術を盛り込むことで、通常の60Hz駆動だけでなく、
15Hzの低周波駆動にも対応し、消費電力を低減できる。
 これまでフィルム基板のフレキシブルディスプレイは、有機EL(OLED)が中心となっていたが、
液晶(LCD)でも可能なことを実証。FULL ACTIVE FLEXを実現するために、パネル技術、基板、TFTのそれぞれを進化させた。

(続きはサイトで)
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485396656/


続きを読む

有機ELテレビ市場に日本勢参入も価格は90万円前後、韓国勢は売れ筋の30万円台のモデルを投入 価格競争で苦戦か

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/26(木) 14:49:53.11 _USER
837_s
http://www.sankei.com/west/news/170124/wst1701240084-n1.html

次世代パネル「有機EL」を採用したテレビの国内市場に、日本の電機メーカーが年内の参入を続々と表明している。
富裕層の買い替え需要や平成32年の東京五輪に向けて、新たな市場を開拓する狙いだ。ただ、パネル自体も生産する
韓国LG電子の製品や液晶テレビに比べると高価になる見通しで、販売は苦戦する恐れもある。(板東和正)

 ■独占市場に「風穴」
 有機ELテレビの国内販売の方針を示すのは主に東芝、パナソニック、ソニーの3社。東芝は3月上旬から、
フルハイビジョンの4倍の解像度がある4Kに対応する有機ELテレビ「レグザX910シリーズ」を国内で販売。
パナソニックとソニーも年内販売を予定している。現在、国内ではLG電子がシェアの大半を占めており、
関係者は「3社の参入は韓国メーカーの独占市場に風穴を開けそうだ」と話す。

 有機ELテレビは、液晶が不得意としていた細かい明暗表現のほか、視野角の広さや低消費電力などが特徴。
家庭向けに適しているが、製造コスト高などから普及が遅れていた。

 ■勝負は技術力
 国内3社は今回、投資コストを抑えるため、有機ELテレビのパネルの自社生産を避け、LG電子に発注するとみられる。
 東芝のレグザX910シリーズの市場想定価格は70万〜90万円前後。パナソニックとソニーの価格は決まっていないが、
メーン部品のパネルの調達先が同じであるため、大きな価格の差はないという見方が強い。

 そこで各社は価格は争わず、「技術力の競争」(パナソニック商品企画部の浦川裕喜課長)を前面に押し出す。
パナソニックは画像処理技術で、米ハリウッドの映画関係者の意見を取り入れる。鮮明な画質が評判を呼び、
2015年秋に欧州で約千台限定販売した製品は、わずか数カ月で売り切れになった。ソニーもパネルの裏に振動装置を搭載し、
画面から直接音が出ることで臨場感を味わえる技術を搭載する。

日本メーカーの有機ELテレビは、市場想定価格が20万円前後の製品も存在する液晶テレビに比べて割高になりそうだが、
LG電子の有機ELテレビの価格は値下がりしている。

 ヨドバシカメラマルチメディア梅田(大阪市北区)では、LG電子の55型の有機ELテレビは35万円前後で販売されるモデルもある。
量産期に入り、部材価格が下がったためで、LG電子が日本で販売を始めた平成27年に比べ「価格水準は相当落ちた」(ヨドバシ担当者)という。
ただ、国内メーカーはLG電子のようにパネル生産の投資を回収する必要がなく、
販売台数を上げるために価格を大幅に下げる可能性は低い。パナソニック関係者は
「ユーザーは富裕層に限定され、LG電子からどれだけのユーザーを奪えるかは未知数」と指摘。日本勢は自らの特徴を伸ばすことで、差別化を図る戦略だ。
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485409793/


続きを読む

キリン、全社員にテレワーク環境 私有パソコンで業務可能

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/21(土) 18:15:11.06 _USER
a1cbe796-s
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11961610Q7A120C1TJC000/

キリンホールディングスは傘下の国内事業会社の全社員を対象に、テレワークを可能にした。
クラウドを活用し、インターネットを通じて自宅の私用パソコンから会社のサーバーに接続できるようにするなど、
環境を整備。書類作成などの業務のほか、勤怠管理などもできる。制度上もテレワークを実施する条件を軽くし、多様な働き方の促進につなげる。

 対象となるのはキリンビールやキリンビバレッジなど国内の主な事業会社の全社員で…
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484990111/


続きを読む

インテル、厚さ5ミリカードサイズの小型パソコンを発表 2017年中頃にも出荷へ

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/19(木) 10:21:46.77 _USER
.http://www.digimonostation.jp/0000083480/
no title


れたりしないかな……ってぐらい小さいPC、ありました!

最近のPCは「小型化」がトレンド。インテルのお弁当箱のような小型PC『NUC』や、
テレビの裏に挿して使うスティックPCなんてのもありますね。そんな流れのなかで先日インテルが発表したのが、
カードサイズの超小型コンピューター『Compute Card』なんです。

Compute Card』はわずか縦95mm×横55mm×厚さ5mmの極小サイズながら、
インテル最新の「第7世代 Coreプロセッサ」も搭載可能。それ以外にもメモリ、ストレージ、通信用I/O、
基盤を小さな本体に内蔵した立派なPCです。周囲のシステムや機器とはWi-FiやBluetooth経由で接続。発熱量も抑えられた設計となっています。

この極小PCの用途としては、たとえば自動販売機や家電、テレビ、それに産業用ロボットなどへ
挿入しての利用が想定されています。差し込むだけで簡単に設置でき、簡単にアップグレードできるんですって。
最近はあらゆる家電や小物がインターネットに繋がる「IoT(モノのインターネット)」が流行していますし、小さくて軽く、
取り回しのいい『Compute Card』ならそうしたIoT用途にもぴったりでしょう。

2017年中旬には製品として出荷を予定しており、現在インテルはデル、ヒューレット・パッカード、レノボ、シャープなどと連携し
『Compute Card』の可能性を探っているとのこと。現時点では業務用としての利用を目指しているようですが、
これって個人利用にも可能性があると思うんですよね。カードサイズのPCを持ち運んで、会社や自宅、そ
れにカフェや図書館の端末にスロットイン。これだけで自分のPC環境が持ち運べるとしたら、なんとも楽しくて便利じゃないですか。

『Compute Card』が私達の暮らしをもっと便利に変えられるのか、今後に注目ですよ。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484788906/


続きを読む

三菱電機、実態は電通と共通…厚労相

1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ 2017/01/14(土) 08:00:33.06 _USER9
2324f_1292_33cd7051_7fff5818-cm
違法な長時間労働をさせた疑いで書類送検された「三菱電機」について、
塩崎厚労相は13日「実態は電通と共通」「上司が虚偽報告の
指示をするというのは、言語道断」だと述べ、労働時間の過少申告が
行われた企業を厳しく監督していく方針を示した。

*+*+ 日テレNEWS24 +*+*
http://www.news24.jp/articles/2017/01/14/07351479.html 
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484348433/


続きを読む

ニフティのネット接続事業、ノジマが買収

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/14(土) 09:16:23.32 _USER
2index
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13IAM_T10C17A1MM8000/

 家電量販店のノジマは富士通子会社、ニフティのインターネット接続など個人向け事業を買収する方向で調整に入った。
買収額は250億円程度とみられる。接続事業の顧客を囲い込み、ネット接続家電の販売や、利用に応じて課金する各種サービスの提供を増やす狙いがある。

 ノジマは富士通と詳細を詰め、2016年度中にも最終合意する見通し。量販店に加え、傘下に持つ携帯電話販売の
店舗網を活用すれば、ネット接続の顧客を広げ…
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484352983/


続きを読む

<三菱電機>入社1年目社員に違法な長時間残業 書類送検

1: ティータイム ★ 2017/01/11(水) 12:17:39.87 _USER9
44index
毎日新聞 1/11(水) 11:10配信

◇厚労省神奈川労働局が労働基準法違反(長時間労働)容疑で

労使協定で定めた上限を超える違法な長時間残業を入社1年目の男性社員(31)にさせていたとして、厚生労働省神奈川労働局は11日、法人としての三菱電機と当時の上司を労働基準法違反(長時間労働)容疑で横浜地検に書類送検した。
男性は適応障害で昨年11月に労災認定されている。広告大手の電通に続き、大企業が入社間もない社員に違法な長時間労働を強いている実態が浮かんだ。

書類送検容疑は、神奈川県鎌倉市大船5の同社情報技術総合研究所で医療用半導体レーザーの研究開発などを担当した男性(2013年4月入社)に14年1月以降、それまでの倍以上の月100時間を超える時間外労働をさせたとしている。

男性は14年4月上旬ごろに適応障害を発症して休職。休職期間満了後の昨年6月に解雇された。労災認定後の昨年11月25日に東京都内で記者会見し、同社に解雇撤回を求める意向を明らかにしていた。

同社が男性に提供した入退室記録によると、14年1月16日〜2月15日の残業は「過労死ライン」の2倍の約160時間だったが、男性は上司の求めで59時間半と過少申告していたという。
男性は会見で「上司に『(2月以外は)40時間未満にしろ。毎月39時間だと不自然だから、ばらばらの数字にしろ』と言われ、32〜37時間半と記載した」と主張していた。【早川健人】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000025-mai-soci
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484104659/


続きを読む

中国アリババ会長、アメリカで100万人規模の雇用創出計画を伝達 トランプ氏「彼は世界で最も偉大な事業家」と絶賛

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/10(火) 15:27:31.33 _USER
AS20170110000662_commL
http://www.asahi.com/articles/ASK1B2QQPK1BUHBI011.html

 トランプ次期米大統領は9日、中国のネット通販最大手「アリババグループ」の馬雲(ジャック・マー)会長と、
ニューヨークのトランプ・タワーで会談した。米メディアによると、馬氏は同社の事業を通じ、
今後5年間で100万人規模の雇用を米国で創出する計画を伝えたという。

特集:ドナルド・トランプ氏
 馬氏は、米国の小規模な事業者がアリババのネット通販事業を通じ、
農産物や衣料品などの商品を中国やアジアに販売することで、雇用創出につなげることができるという
持論を表明。トランプ氏は「すばらしい会談だった。彼(馬氏)は世界で最も偉大な事業家の一人だ」と語った。

 トランプ氏はこれまで、中国からの輸入品に高い関税を課すと主張するなど、厳しい姿勢を示してきた。
馬氏は会談後、「米中両国はもっと友好的な関係になるべきだ」と述べた。
 海外のIT関連の大企業経営者がトランプ氏と会談するのは、ソフトバンクグループの孫正義社長以来とみられる。(デトロイト=畑中徹)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484029651/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ