SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯関連:iPhone

iOS11にアップデートしてすぐはバッテリー消費速度が約2倍に

1: ノチラ ★ 2017/09/23(土) 18:18:18.78 _USER
iOS10をiO11にアップデートしてから、心なしかバッテリーの減りが早くなったような気がする?気のせいではないかも知れません。計50,000人のユーザーを対象として行われた測定の結果、iOS11ではiOS10の2倍のスピードでバッテリーが減少していることが分かりました。
平均して60%も駆動時間が減少

モバイルセキュリティ企業Wanderaが行った調査によると、iOS10ではバッテリー残量が100%から0%になるまでの時間が平均して240分だったのに対し、iOS11は96分に過ぎなかったそうです。
no title


特定の状況や端末が想定されているわけではなく、iPhoneやiPadの一般ユーザーからヘビーユーザーまで幅広く対象をとって行われた調査なので、この時間をもって何かを断定することはできませんが、少なくとも今のところ、iOS11はiOS10に比べて、バッテリーの減りが速い傾向にあるのは確かでしょう。
Spotlight検索が理由のひとつ

いったい原因は何なのでしょうか。

調査を行ったWanderaは、iOSがリリースされた直後に起きがちな問題として、アップデートに伴い、Spotlight検索がインデックスを再構築していることを一因として挙げます。大掛かりな再構築は常に行われているわけではないので、アップデートを行ってから数日もすれば元に戻ります。

他にも、iOS11がリリースされたことに伴い、インストールされたアプリが次々と自動アップデートされている可能性もあります。

また、WanderaはiOS11よりサポートされたアニ文字やFace ID(いずれもiPhone Xのみですが)も、搭載されたA11 BionicのGPUを使うため、バッテリーを大きく消耗する要因になるだろう、と指摘しています。
バッテリーを長持ちさせる対策は

Wanderaは当面の対策方法として、

アプリをバックグラウンド更新しない(設定>一般>Appのバックグラウンド更新でオフにする)
位置情報を取得するアプリを限定する(設定>プライバシー>位置情報サービスでアプリを選択)
低電力モードをオンにしておく(設定>バッテリー>低電力モード)

などを推奨しています。とくに低電力モードでは、処理速度を半分ほどに落とすことで、バッテリーの駆動時間が伸びることが、これまでにも確認されています。
https://iphone-mania.jp/news-185849/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506158298/


続きを読む

対格安スマホ、iPhoneに託す 携帯3社が「8」発売

1: ノチラ ★ 2017/09/22(金) 22:11:58.84 _USER
 99index
携帯大手3社が22日、米アップルの新型iPhoneの「8」と「8 Plus」を発売した。最上位機種「X(テン)」の発売が11月にずれ込んだため、iPhone商戦は静かな出足となった。ただ格安スマホの存在感が強まる中、携帯3社が新型に寄せる期待値はかつてなく大きい。iPhone頼みの姿勢が強まりそうだ。

「この10年で世の中が大きく変わった。iPhoneの力じゃないかとつくづく思う」。22日、東京・銀座の旗艦店で開いたソフトバンクの発売イベントで、同社の宮内謙社長はこう話した。宮内氏は「X」も含めれば新型の販売は確実に過去最高を更新すると語る。

 アップルがiPhoneを生み出して10年。日本の携帯市場は、毎年秋にアップルがiPhoneの新機種を投入すると、通信各社が「実質ゼロ円」などの販売促進策で互いに顧客を奪い合う構図が定着。iPhoneへの依存度が高まっていった。アウンコンサルティングの調べでは日本で使われるスマホのうち7割近くをiPhoneが占める。

 世界の状況は大きく異なる。韓国サムスン電子や中国・華為技術(ファーウェイ)が台頭。アジアの新興国では若年層を中心に「iPhone離れ」が進む。好対照な動きを見せる日本とアジアのスマホ市場。日本の携帯3社のiPhone依存はさらに強まりそうだ。

 原因は台頭する格安スマホの存在だ。格安スマホで扱うiPhoneは型落ちのみ。最新モデルではアップルが大量購入を契約条件に盛り込むからだ。まだ成長途上の格安勢ではさばき切れず、独立系格安スマホ最大手の楽天でさえ「とても手が出せない」(幹部)。

 携帯3社にとっては唯一、格安スマホと差別化できる武器となるわけだ。今回、3社は自社の顧客層に合わせた新料金をそれぞれ打ち出した。若年層が多いソフトバンクは大容量プランを新設した。

 最大手のNTTドコモは2年目以降も自社との契約を続ければ大幅にスマホ代金を割り引く。他社への乗り換えを防ぐ狙いで、iPhoneだけに適用する。ドコモは富士通とサムスンのスマホを対象に月々1500円値引く新サービスを始め、iPhone依存からの脱却を進めようとするが、効果は未知数だ。

 iPhoneが幕を開けたスマホ経済の波に乗って好業績を謳歌する携帯3社。だが、現状は「アップルの代理店に陥りつつある」(NTTグループ首脳)との危機感が高まっている。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ22HWE_S7A920C1EA6000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506085918/


続きを読む

iPhone Xは実験台?Touch IDに戻る可能性も〜著名アナリスト

1: ノチラ ★ 2017/09/20(水) 22:24:38.31 _USER
98index
iPhone Xはホームボタンの廃止に合わせ、これまでのTouch ID(指紋認証)が廃止され、新たにFace ID(顔認証)が採用されました。それでは、AppleはもうTouch IDに戻ることはないのでしょうか。Apple製品に対する正確な予測で知られる、KGI証券の著名アナリストであるミンチー・クオ氏によると、今後どうなるかはiPhone Xを手にしたユーザーの反応に懸かっているそうです。
Touch IDを捨てたと決まったわけではない

今後どうなるかが、ユーザーの影響に懸かっているということは、AppleはFace IDへ全面的に切り替える最終決断を下しておらず、Touch IDへ「回帰」するプランも用意していることになります。

ミンチー・クオ氏によれば、2018年に登場するiPhoneがTouch IDをサポートするかは、1.iPhone XのFace IDが好意的なユーザーエクスペリエンスを与えられるか 2.AppleがTouch IDをディスプレイ内に埋め込む技術的問題に対処できるかどうか、が鍵とのことです。

つまり、仮にiPhone Xを手にしたユーザーからのFace IDに対する評判が良くなく、ディスプレイ内にTouch IDを埋め込むことが出来るようになれば、AppleはTouch IDに回帰する用意がある、というわけです。ただし、クオ氏はTouch IDを埋め込む上で、3D Touchの分厚いモジュールが、スムーズな認証を行うための障壁になっていると、現状におけるAppleの課題も指摘しています。
iPhone Xが全スマートフォンの行方を決める?

その一方で、もし好意的に受け止められた場合、Appleは2018年のモデルにも、Face IDとそれに必要なTrueDepthカメラを搭載してくるだろう、とクオ氏は考えています。もちろん、こうしたAppleの動きはAndroid端末を展開する陣営にも波及していくでしょう。

したがって、今後のスマートフォン市場において、顔認証が主流になるのか、それとも指紋認証が進化して登場するのかは、まさに11月に発売されるiPhone Xの行方に懸かっているのです。
https://iphone-mania.jp/news-184799/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1505913878/


続きを読む

iPhoneに搭載された「顔認証システム」 写真ではログインできず

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍)@\(^o^)/ [CN] 2017/09/18(月) 14:10:34.74 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
120-iPhone-X-with-Face-ID
今週、世間をにぎわせたニュースの一つが新型「iPhone(アイフォーン)」の発表。なかでも話題の
機能の一つとされているのが、新搭載の「顔認証」です。

 今回、iPhoneに搭載された「顔認証システム」は、通常のカメラに加えて赤外線センサーなどを
組み合わせて認証するというもの。まだ発売前ということで、その実力は未知数といえます。
にわかに再注目の顔認証システムですが、その技術は日々、進歩しているようです。そこで、
顔認証技術を開発している会社にお邪魔してみました。試させてもらったのは、カメラだけで
認証するシンプルなシステムです。しかし、その実力は数年前とは比較にならないものでした。
顔を登録したパソコンの画面を開くと、ログインはまさに一瞬。これで、その人間が登録された
人なのかどうかを判断しているというのだから驚きです。では、本人の顔写真ならばどうでしょう。
サイズはほぼ等身大にしてみました。なんと写真ではログインできませんでした。なぜ、
こんなことが可能なんでしょうか。

 株式会社SMF代表取締役副社長・庄子治さん:「人間の顔の特徴点っていうのを3Dで
再現することによって、より平面的には見分けがつかないものも人間の顔っていうのは
3Dを使うと、こういった形になるっていうのがあって、それをもとに人間か色んな物の
見分けがつく」

 つまり、カメラは平面的ではなく、立体的に顔を捉えているのです。本人の顔でも平面な
写真では、セキュリティーを突破することは不可能ということです。その反応速度といい、
認証精度といい、顔認証の技術は驚きの進化を遂げていました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000110225.html
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1505711434/


続きを読む

新しいiphone買う?今使ってる携帯も10万したし正直これでいいや

1: 名無しさん@涙目です。(埼玉県)@\(^o^)/ [US] 2017/09/18(月) 14:31:44.61 BE:971283288-PLT(13000) ポイント特典
comparing-iphone-5s-with-iphone-5-picjumbo-com

1名無しさん@涙目です。(dion軍)@\(^o^)/ [CN]NGNG?PLT(13145)

今週、世間をにぎわせたニュースの一つが新型「iPhone(アイフォーン)」の発表。なかでも話題の
機能の一つとされているのが、新搭載の「顔認証」です。

 今回、iPhoneに搭載された「顔認証システム」は、通常のカメラに加えて赤外線センサーなどを
組み合わせて認証するというもの。まだ発売前ということで、その実力は未知数といえます。
にわかに再注目の顔認証システムですが、その技術は日々、進歩しているようです。そこで、
顔認証技術を開発している会社にお邪魔してみました。試させてもらったのは、カメラだけで
認証するシンプルなシステムです。しかし、その実力は数年前とは比較にならないものでした。
顔を登録したパソコンの画面を開くと、ログインはまさに一瞬。これで、その人間が登録された
人なのかどうかを判断しているというのだから驚きです。では、本人の顔写真ならばどうでしょう。
サイズはほぼ等身大にしてみました。なんと写真ではログインできませんでした。なぜ、
こんなことが可能なんでしょうか。

 株式会社SMF代表取締役副社長・庄子治さん:「人間の顔の特徴点っていうのを3Dで
再現することによって、より平面的には見分けがつかないものも人間の顔っていうのは
3Dを使うと、こういった形になるっていうのがあって、それをもとに人間か色んな物の
見分けがつく」

 つまり、カメラは平面的ではなく、立体的に顔を捉えているのです。本人の顔でも平面な
写真では、セキュリティーを突破することは不可能ということです。その反応速度といい、
認証精度といい、顔認証の技術は驚きの進化を遂げていました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000110225.html
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1505712704/


続きを読む

iPhoneのカメラは廉価版のコンデジのはるか上にいることが完全に確定

1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone)@\(^o^)/ [US] 2017/09/18(月) 09:36:34.36 ● BE:273822876-PLT(13000) ポイント特典
f2e359cc-s
http://japanese.engadget.com/2017/09/13/apple-iphone-x/
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

ソースは2以降で

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1505694994/続きを読む

iPhone 9はないんです 有機EL搭載のiPhone X(テン)

1: trick ★ 2017/09/15(金) 16:42:00.16 _USER9
iPhone 9をスキップ。前面覆うSuper Retina有機EL搭載の「iPhone X」 〜iPhoneを見つめるとオンになる高精度顔認証機能 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1080530.html
no title


〜iPhoneを見つめるとオンになる高精度顔認証機能
若杉 紀彦2017年9月13日 04:26

 米Appleは、iPhone 8と同時に、筐体前面を覆う有機ELディスプレイを搭載するスマートフォン「iPhone X」(テン)を発表した。10月27日より予約を開始し、11月3日より発売する。64/256GBモデルが用意され、税別価格は112,800円より。日本ではau、NTTドコモ、ソフトバンクから発売される。

 シリーズで初めて有機ELを採用。サイズは5.8型で、解像度は2,436×1,125ドット。dpiは458dpiに達し、「Super Retina Display」の名称が与えられている。従来の有機ELは、液晶に比べ、高コントラストで薄いなどのメリットがあったが、輝度、色域、色の正確さでは液晶に劣っていた。これに対しSuper Retina Displayは、それらの弱点を克服しているという。

(続きはソース)
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505461320/


続きを読む

新iPhone、日本企業の貢献は… ICチップ・銅箔など採用か

1: ばーど ★ 2017/09/14(木) 09:44:07.25 _USER9
米アップルが12日、スマートフォン(スマホ)「iPhone」の新型モデルの概要を発表した。発売は11月から。日本企業に代わって中国や台湾企業によるデバイス供給が増えているとの指摘があるが、実際はどうなのか。日本企業の「中身」への貢献を調べてみた。

新型iPhoneでは、現行のSuicaの機能を訪日外国人も利用できるようになる見通し
no title


確定したものとしてインパクトがあるのが、ソニーの非接触ICチップ「FeliCa」(フェリカ)。日本だけでなくグローバルモデルで利用可能になる。IC乗車券のSuica(スイカ)や楽天Edy(エディ)などが採用している電子マネー機能を実現する仕組みで、現行のiPhone7の日本モデルには搭載済みだが、これが世界のモデルに広がる。ソニーは「(フェリカを)利用してもらえる機会が増えるのは非常にうれしい」(広報)とコメントしている。

2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、訪日外国人の一段の増加が予想される。成田や羽田空港に降りたって、すぐにアプリをダウンロードすれば、手持ちのiPhoneがSuicaに早変わり――。旅行当事者の利便性向上だけではく、訪日客の囲い込みを狙う旅行、流通、外食などのビジネスモデルにも影響を与えそうだ。

三井金属の極薄電解銅箔「マイクロシン」はスマホ向けFPC向けとして引っ張りだこだ
no title


日本の素材企業の新型iPhoneへの寄与も大きい。三井金属とJX金属は昨年から今春にかけて銅箔関連の生産設備を増強する方針を相次いで表明したが、これはiPhoneを含むスマホの技術進歩を見据えた投資判断だったとの観測が関係者の間で広がっている。

新型iPhoneの魅力の一つは、その薄さ。顔認識やAR(拡張現実)といった最新機能を小さなボディーに盛り込むには、司令塔に当たるマザーボード(主基板)やフレキシブルプリント基板(FPC)の進化が不可欠だ。今回、アップルは部材を積み上げた上で折り曲げられる「リジッドFPC」を採用したと言われている。これらには三井金属とJX金属の銅箔技術を頼ったもようだ。

主基板用に注目される三井金属の極薄電解銅箔「マイクロシン」は、最薄1.5マイクロメートル(1マイクロは100万分の1)という紙幣の60分の1の薄さだ。通常なら薄すぎて破れてしまうが、独自の3層構造で製造することで高い耐久性が得られる。

JX金属の圧延銅箔は、三井金属の電解銅箔とは違う部分で使われている。最薄で5マイクロメートル。折り曲げても長年壊れず性能を発揮し続ける。数百カ所の改良を加えた圧延機などの独自の製造工程が強さの秘密で、中国勢などの後発組が「すぐまねができる技術ではない」(同社)。

また、有機EL向けのタッチパネル部材で日本写真印刷、カメラ手ぶれ補正機能でアルプス電気、などの技術貢献が指摘されている。こうした日本のサポーター企業の収益を予想する上でも、新型iPhoneの売れ行きに注目が集まりそうだ。(安原和枝、石塚史人)

配信2017/9/13 17:02
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HR1_T10C17A9000000/?dg=1
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505349847/


続きを読む

iPhone 8/Xの「A11 Bionic」はMacBook ProのIntel Core i5を凌駕する性能を持つ

1: ノチラ ★ 2017/09/14(木) 13:01:40.86 _USER
iPhone 8シリーズやiPhone Xに搭載されるAppleの新SoC「A11 Bionic」は、Geekbenchのベンチマーク結果からiPad Proの「A10X Fusion」はおろか、ノートPCのMacBook Proの「Intel Core i5-7360U」をも上回る、とんでもない性能を持つことが明らかになっています。
no title


2017年9月13日にAppleが開催したSpecial Eventで「iPhone 8」や「iPhone X」が披露されると、さっそくGeekbenchに新型iPhoneのベンチマークスコアが上がり始めました。「iphone10」と検索して出てくる「iPhone X」の6コアSoC「A11 Bionic」のスコアは以下の通り。シングルコアスコアが「4204」、マルチコアスコアが「10165」となっています。
no title


シングルコア性能の詳細な内容。
no title


マルチコア性能の詳細な内容。
no title


iPhone XのA11 BionicチップのGeekbenchのスコアがどれくらい凄いのかは、他の端末と比較すればよくわかります。前iPad Pro比で30%と大幅な性能アップを果たした6コアSoC「A10X Fusion」を搭載する「iPad Pro(2017)」のスコアは、シングルコアスコアが「3958」、マルチコアスコアが「9325」
no title


SoC「Qualcomm Snapdragon 835」を搭載するAndroid端末の最高峰である「Samsung Galaxy S8+」は、シングルコアスコアが「2017」、マルチコアスコアが「6699」
no title


そして、x86CPUの「Intel Core i5-7360U」を搭載するノートPC「MacBook Pro(2017)」はシングルコアスコアが「4474」、マルチコアスコアが「9490」であることから、iPhone XはマルチコアスコアでMacBook Pro以上の性能を持つという結果に。手の中に収まるスマートフォンが高性能ノートPCを上回る性能をたたき出すという驚きの結果となっています。
no title


なお、MacBook Pro(2017)の「Core i7-7820HQ」は、シングルコアスコアが「4480」、マルチコアスコアが「15553」と頭一つ抜けています。

従来のAppleのAシリーズチップは、Android端末のハイエンドSoCと比較したときに「コア数が控えめでシングルコア性能が高い」という特徴がありましたが、6コアのA11 Bionicではマルチコア性能でも他のSoCを圧倒する性能をたたき出しているのが特徴的です。異なるプラットフォームのAndroid端末やモバイル端末ではないノートPCとの性能を正確に比較することは難しいとは言え、ことGeekbenchでのベンチマークスコアでは、iPhone 8/8 Plus/Xは、他の端末を寄せ付けない性能を持っているようです。
http://gigazine.net/news/20170914-a11-bionic-geekbench/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1505361700/


続きを読む

iPhoneX、開けてみれば「メイド・バイ・サムスン・LG・SK」

1: ノチラ ★ 2017/09/14(木) 13:10:55.47 _USER
DJm97qJU8AAiTZi
「アップル『iPhoneX』の販売価格と供給量は有機ELを単独供給するサムスンディスプレーにかかっている」。

台湾KGI証券アナリストのミンチ・クオ氏が7日に配布した報告書の要旨だ。サムスンディスプレーがどの程度の価格でどれだけ多くの有機ELディスプレーを供給するかによりiPhoneXの販売が大きな影響を受けるという分析だ。

アップルが現地時間12日に公開したiPhoneXは過去のiPhoneシリーズに比べ韓国製電子部品の依存度が高まった。有機ELだけでなくユーザーの顔を認識してロックを解除するカメラなどiPhoneXの革新機能の大部分が韓国製電子部品を基盤としたものだった。iPhoneXが多く売れれば最も大きな恩恵を得る国のひとつが韓国という観測が出てくる理由だ。

まずアップルがiPhoneの象徴だった前面下部のホームボタンをなくして導入したフレキシブル有機ELパネルはすべてサムスンディスプレーが供給している。サムスン電機、BH、インターフレックスなどサムスンディスプレーの協力会社も大挙納品契約を獲得している。これら企業はiPhoneXにフレキシブルプリント基板(PCB)を大量供給する。フレキシブル有機ELには固いPCBの代わりに曲げられるフレキシブルPCBが必要だが、アップルとしてはこれら企業以外に他の選択肢がなかったという分析だ。ユーザーの顔を認識するiPhoneXのトゥルーデプスカメラと裏面のデュアルカメラはLGイノテックが生産する。

また、最大256ギガバイトに達するiPhoneXのメモリー容量は韓国の半導体メーカーの3次元(3D)NAND型フラッシュを活用したものだ。各種電子部品であふれたスマートフォン内部で保存容量を増やすにはメモリーを垂直に積まなくてはならないが、これは3DNANDでだけ可能だ。サムスン電子とSKハイニックスはiPhoneXに使われる3DNANDの60%ほどを供給する。バッテリーはLG化学とサムスンSDIが日本と中国のメーカーとともに供給している。サムスンSDIはiPhoneXのディスプレーに使われる有機EL粒子も製造する。韓国の中小企業NDフォスもiPhoneXに防水・防塵用テープを納品している。

アップルは伝統的に単一部品にさまざまな供給元を置いて競争させる「マルチベンダー」方式を好んできた。だが今回有機ELディスプレーとトゥルーデプスカメラはサムスンディスプレーとLGイノテックが単独で供給する部品だ。アップルは供給元を追加で確保するためにシャープなど他の企業に設備だけでなく研究開発資金まで一部支援したが、希望する水準に合う部品を得るのに失敗したという。電子業界関係者は「部品性能が高まるほどアップルの要求条件に合わせられる企業を探すのが難しくなっている。韓国企業に対するアップルの依存度はますます高まるだろう」と話す。

来年にはバッテリーでもマルチベンダー戦略を断念するものとみられる。形をL字形にしてスマートフォンの内部空間の効率を最大化するバッテリーを採用する計画だが、これはLG化学だけが量産できるためだ。
http://japanese.joins.com/article/416/233416.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1505362255/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ