SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯関連:iPhone

BIGLOBE、SIMとセットで月2980円の「iPhone SE」を販売開始 海外版につきシャッター音が鳴らない場合も

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/19(木) 20:03:00.61 _USER
1484813349
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1039810.html

 ビッグローブ(BIGLOBE)は、MVNO型携帯電話サービス「BIGLOBE SIM」で、アップル製の「iPhone SE」(16GB版)の販売を開始した。
単体では販売されず、BIGLOBE SIMと端末のセットで利用する「アシストパック」で提供される。

 アシストパックの料金は2080円×24カ月(計4万9920円、税抜/以下同)。1月31日までに申し込むと200円割引され
1880円×24カ月で利用できる。BIGLOBE SIMの料金プランのうち、エントリープラン(月900円/3GB、データ通信のみ)を利用する場合、
月々の支払い額は2980円となり、25カ月目以降はエントリープランの料金のみ支払うことになる。

 BIGLOBEで取り扱うiPhoneは、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」に続くもの。アップルから直接仕入れたのではなく、
日本国外向けの新品、あるいは、初期不良で回収された端末を修理した新古品など、メーカー整備品をBIGLOBEが独自で調達した。
ただ一度限りの販売ではなく、ラインアップのひとつとして今後も取り扱っていく方針とのこと。
 海外版のメーカー整備品のため、本来同梱されるACアダプタは日本の規格に対応しておらず、いったんBIGLOBE側で開封してA
Cアダプタを取り除いている。このためACアダプタは付属しないが、BIGLOBEのサイトで端末とあわせて日本で利用できるACアダプタを購入できる。

 対応周波数は入荷ロットによって異なるが、BIGLOBE SIMのサービスが利用できることは確認済。印刷物に日本語表記はなく、
場合によってはカメラのシャッター音が鳴る/鳴らないといった違いがある。本体カラーは選べず、販売時に用意されているものだけ
が提供される。メーカー保証は購入から1年間で、アップルの保証サービス「Apple Care+ for iPhone」が利用できるかどうかは
ユーザーからアップルへ問い合わせるよう案内。BIGLOBEではiPhoneの修理は受け付けない。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484823780/


続きを読む

iPhone 7はスルーが賢明 iPhone 8の美しいコンセプト流出画像

1: パロスペシャル(東日本)@\(^o^)/ [CA] 2017/01/18(水) 10:55:21.61 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
no title


毎年楽しみな新型iPhone。特に今年登場すると思われる次期iPhone(通称:iPhone 8)では、曲面ディスプレイやガラス素材を
採用した本体など大きな変化が噂されています。

【「iPhone 8」の噂】iPhone 8はプレミアムモデルにステンレスを採用し、差別化へ?

でも、iPhone 8が登場するのは多分秋頃。「今から半年以上なんてまてないよ!」という方のためにBehanceでImran Taylorが、
なんともかっこいいiPhone 8のコンセプトを作成してくれましたよ!

動画
https://youtu.be/1bJM8uJscXc



大きな画面にツルッと繋がった曲面ディスプレイと本体素材。これまでのiPhoneの哲学には沿っている、でもなにかが違う…と、うまく調和していますね。

なお指紋認証技術を提供しているSynapticsはすでに、このようなディスプレイ下に埋め込める指紋認証技術「Synaptics FS9100」を発表しています。
今年こそ、画面タッチでロック解除ができるようになるかも…期待が高まりますね!

no title


http://www.gizmodo.jp/2017/01/iphone-8-image-concept.html
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484704521/


続きを読む

iPhoneの爆発が原因か、エジプト航空804便の墜落事件に新たな見解

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/01/16(月) 12:33:30.05 _USER9
8712c_1302_4c9f7ed2e5b9c29d6ae2716accd7479d
2016年5月19日、フランスのパリからエジプトのカイロへ向かうフライトの途中に消息を絶ち、墜落が確認されたエジプト航空804便。
当初はテロの可能性も取り沙汰されていましたが、フランス当局の調査の結果、副操縦士のiPhoneかiPadが原因である可能性が浮上していることが分かりました。

フランスのLe Parisien紙によると、804便の副操縦士がコックピットに私物のiPhone 6SとiPad mini 4、
そして2種類のエアロゾルを成分として持つ4種類の香水を持ち込んでいたことが判明しました。

副操縦士が離陸直前にiPhone 6SとiPad mini 4、そして香水の入ったポーチをコックピットの右側(副操縦士側)のダッシュボードに置いていることを、
パリ=シャルル・ド・ゴール空港の航空機の正面の監視カメラが捉えています。
この「コックピット右側の窓付近」は飛行機と地上で運行に関する情報をやりとりするAcarsシステムが最初に自動送信した警報で異常が生じた箇所として報告した場所と一致。
そしてまもなく飛行機前部のトイレ付近で煙が立ち込めているという通信があり、その後に飛行機は消息を絶ちます。
現時点ではiPhoneやiPadが原因と特定できる直接的な証拠はありませんが、
以上の情報から当局はiPhoneかiPadのリチウムイオンバッテリーの異常発熱と香水のエアロゾルが異常の原因となった可能性があると考えています。
アップル社は同紙の取材に対して

当社はGTAを始めとするいかなる機関からも804便の墜落事故について接触を受けておらず、その報告書の事も招致していない。我
々の理解としては、アップル社の製品がこの事故に関係するといういかなる証拠も存在していない。
アップル社としては捜査当局のいかなる質問にも回答するにやぶさかではない。
また、アップル社は自社製品を国際安全規格に適合するか、それを超えるよう厳密にテストしている。

と回答しています。発火トラブルといえば発売直後に全数リコールとなり、日本でも飛行機内持ち込み指示の出されたSamsungの「Galaxy Note 7」を思い出しますが、
iPhone 6SとiPad mini 4ではこれまで深刻な発火トラブルは報告されていません。

http://news.livedoor.com/article/detail/12546745/
2017年1月16日 9時48分 BUZZAP!
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484537610/


続きを読む

iPhone8の新作コンセプト動画公開!白と黒のセラミックボディが特徴 5.8インチiPhone史上最薄 ワイヤレス充電に対応

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/01/15(日) 17:28:09.03 _USER9
no title


今年の発売が噂される「iPhone8」の新たなコンセプト動画が公開されました。

軽くて強いセラミックボディ

「iPhone8」のコンセプト動画を公開したのは、これまで、数多くのApple製品のコンセプト動画を公開しているConceptsiPhoneです。

カラーバリエーションは、ホワイトとブラックの2色で、毎年新色を追加してきた近年の傾向からあえて外れています。

no title


ボディの素材は、昨秋発売されたApple Watch Editionと同様、軽くて強度が高く、電波に影響を及ぼさない酸化ジルコニウムセラミックを使っています。

なお、Appleが、この素材をiPhoneに使う可能性を想定していることが、特許出願書類から明らかになっています。

ただし、iPhoneの生産規模でセラミック素材を加工するのは困難ではないか、とも言われています。

5.8インチ曲面有機EL、iPhone史上最薄

ディスプレイは、5.8インチの曲面有機EL(OLED)ディスプレイで、iPhone7の7.1mmよりもさらに薄い6.9mmは、iPhone史上最薄です。

no title

ホームボタンは、ディスプレイ下のベゼルに埋め込まれています。

no title


ワイヤレス充電に対応

ワイヤレス充電に対応したSmart connectorが搭載されており、充電台に乗せるだけで充電できます。

no title


なお、iPhone8は、部屋のどこに置いても充電できる遠距離ワイヤレス充電に対応するのではないか、とも噂されています。

公開されたのは、あくまでもコンセプトデザインで、Apple公式のものではありませんが、秋とみられる次世代iPhoneの発表への期待が高まりますね。

「iPhone8」のコンセプト動画はこちらからご覧ください。
https://youtu.be/1bJM8uJscXc



http://news.livedoor.com/article/detail/12543290/
2017年1月15日 8時27分 iPhone Mania
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484468889/


続きを読む

なぜiPhoneの画面は割れやすいのか?10年経っても変わらぬ仕様

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/13(金) 10:21:41.67 _USER
review-iphone-se-opened
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/iphoneiphone-10.php

<1月9日、iPhoneは10回目の誕生日を迎えた。この間、落とすと割れる画面はずっとそのままだ。よく考えると、それは欠陥じゃないのか?>
 アップルCEOだったスティーブ・ジョブズが初代「iPhone」を発表してから1月9日でちょうど10年。
金属のボディとガラスの画面で美しさを追求したスマートフォンの誕生で、世界は夢のように一変した。だがその一方、
忘れてならないのはiPhoneを誤って落とす愚かなユーザーも後を絶たなかったということだ。
 最初の愚か者は誰だったのか、言い当てるのは至難の業だ。試作品のテストをしたアップルの従業員かもしれないし、
スティーブ・ジョブズその人だったかもしれない。米ニューヨーク・タイムズ紙が伝えた有名なエピソードがある。
ある日ジョブズが鍵といっしょにポケットに入れていたiPhoneの試作品を取り出すと、プラスチック製の画面にすり傷がついていた。
iPhoneの発売が1カ月後に迫るなか、ジョブズはアップル幹部に怒りを爆発させた。「すり傷がつくような製品は売らない」「6週間以内にスクリーンをガラス製に変更せよ」

 この瞬間に、落とすと割れるiPhoneの誕生が決まったわけだ。確かにガラスは傷つきにくい。だが衝撃を受けると割れるのはどうしようもない。
そもそも人間は不器用だし、歩道は硬い。割れても使える場合、そのまま使い続けるものぐさなユーザーも続出した。
ニューヨークのブルックリンでは、まるでデザイナーが手がけたダメージデニムのような感覚で、割れたiPhoneの画面がステータスシンボルになったこともあった。


iPhoneが世に出るとすぐ、メーカー保証を全く無視した安い修理方法がネットにあふれた。画面の弱さをあてこんだ修理稼業も広がった。
大半は、個人や小規模商店が安価で修理を請け負う闇市場だ。割れやすい画面に対するユーザー側の反乱と言えるだろう。
あるサイトは用意する道具として、かみそりの刃やハサミなどの他、「怒り、恨み、想像力」も必要だと説明した。

 こうしてみると、iPhoneのデザインそのものに大きな欠陥があると言われても仕方ない。優れた設計者なら、製品がどのように使用されるかを予想し、
破損につながるような仕様は変更するものだ。だがiPhoneは誕生から10年を経た今でさえ、ちょっと手を滑らせただけで割れてしまう仕様を通している。
(続きはサイトで)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484270501/


続きを読む

初代iPhone発表から10年、スマホ経済は70兆円規模に

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/09(月) 11:35:32.52 _USER
a1883221
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM08H10_Y7A100C1FF8000/

【ラスベガス=兼松雄一郎】米アップルがスマートフォン(スマホ)「iPhone」を発表してから9日で10年
。音響・映像機器、パソコン、ネットなどの機能を載せた携帯電話は、アプリによるSNS(交流サイト)
や決済といったサービスを取り込み、広告を含むスマホ経済は70兆円以上の規模に育った。
端末市場は成熟しつつあるが、ライドシェア(相乗り)をはじめ新ビジネスの起点となっている。
 スマホが普及したからこそ…
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1483929332/


続きを読む

iPhoneに続いてPCの音声端子もなくなる?2017年の注目技術

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/02(月) 10:10:52.81 _USER
index
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1701/02/news011.html

Appleの「MacBook」および「MacBook Pro」が全面的な移行を進めてきたことで、
PCの世界でUSB Type-Cがいよいよ本格普及の兆しを見せた2016年。これを中心として、
2017年に実際のPC製品へ導入されること期待したい注目の技術をまとめよう。

ヘッドフォン端子を省略可能にする「USB Audio Class 3.0」
 USB Type-Cに集約される機能はさらに増えていく。2016年9月に公式リリースされた
新仕様「Universal Serial Bus Device Class Definition for Audio Devices Release 3.0(USB Audio Class 3.0)」は、
さらにUSB Type-C搭載デバイスの進化を促しそうだ。
 この仕様では、USB Type-Cケーブルでオーディオ信号を流すためのルールを確立している。デジタルだけでなく
アナログオーディオを流せるようになったことに加えて、パワードメイン(Power Domains)仕様により、
効果的なパワーマネジメントも可能だ。例えば、ヘッドセットでヘッドフォンのみ利用しているときに
マイク回路を休ませて消費電力を削減することができるという。
 USB PDやAlt Mode(DP over USB-C、HDMI Alt Modeなど、詳しくは後述)といった仕様と併用すれば、
映像、データ、電源、オーディオの信号をUSB Type-Cケーブル1本で伝送でき、VR(仮想現実)対応の
HMD(ヘッドマウントディスプレイ)やドッキングステーションの接続ケーブルをUSB Type-Cに1本化することが可能になる。

アナログオーディオを流せるようにした仕様の目的は、3.5mmのヘッドフォン・ヘッドセット端子の排除を促進することにある。
というのも、この3.5mm端子およびアナログオーディオの出力回路が、PCをはじめデバイスの薄型軽量化における障害になっているためだ。
 3.5mm端子自体に加えて、デジタル/アナログ変換(DAC)やアナログのノイズ処理、音響処理の回路実装が必要で、
高音質を実現するにはオーディオメーカーとの技術提携も事実上必須となり、高コスト要因としても挙げられる。
 しかし、現状であまりに普及している3.5mm端子とアナログ再生機器を同時に切り捨てるリスクはどのメーカーも取りづらい。
 iPhone 7でいち早く3.5mm端子を廃止したAppleも、その発表会でフィル・シラー上級副社長が
わざわざ「イヤフォン端子の廃止は勇気」と熱く語ったうえで、
製品には変換ケーブルを付属している(この場合はUSB Type-CではなくLightningの端子だが)ほどだ。
USB Type-Cに外部拡張端子を集約したMacBookとMacBook Proは、3.5mmのヘッドフォン端子だけは相変わらず搭載し続けている。
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1483319452/


続きを読む

iPhoneの生産 中国からアメリカへ アップルと富士康が交渉中、ロボット使用

1: パイルドライバー(東日本)@\(^o^)/ [US] 2016/12/12(月) 11:01:48.79 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
LYNXMPEB0F0DG_L
米電子機器大手アップルの主力商品「iPhone(アイフォーン)」の生産を中国などから米国内への回帰計画について、大きな前進がみられているもようだ。

iPhoneの受託生産(EMS)を担っているEMS大手のひとつである富士康科技集団はこのほど、米国での工場整備の実行可能性を調査しており、
アップルと交渉を進めていると発言。組み立てはロボットを使用する可能性も示唆された。また、富士康は、米国での投資拡大について、
米政府関係者と交渉を進めているとも明らかにした。

専門家は、iPhoneの米国生産について、生産コストが増加すると指摘。ただ、米国での工場整備に伴い、富士康がアップルの開発実力などを
吸収することが出来るため、長期的な企業成長に大きく寄与すると強調した。

http://www.excite.co.jp/News/market/20161212/Fisco_00093300_20161212_003.html
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1481508108/


続きを読む

冷たい湖の底で発見されたiPhone 4が生きていた!

1: ストマッククロー(北海道)@\(^o^)/ [CN] 2016/12/11(日) 16:33:32.64 ● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
sub-buzz-8172-1477525024-2
ペンシルベニア州ノックスに住むマイケル・ガントラムは、2015年3月、氷の上で魚釣りをしている最中、iPhone 4を紛失した。
【Blake Montgomery / BuzzFeed Japan】

「マイナス25度だったので、私は仲間2人とアイスフィッシングに行ったんだ」と、マイケルはBuzzFeed Newsに語った。「私たちは氷の上の小屋の中に座っていて、魚がかかった感触があったんだ。iPhoneは膝の上に置いたのだが、滑り落ちててしまった。電話は氷の上に落ちるものだと思っていたが、氷の穴から水の中に落ちてしまった。私はブルーギルを捕まえたが、電話の代わりにはならなかったよ」

普通は、凍った湖の底にiPhoneを落としてしまったら、話はそれで終わる。
しかし、この話には続きがある。

マイケルが釣りをしていたカイル湖は、ダムに構造的欠陥があり、2016年9月に水抜きが行われることになったのだ。

そして……彼の携帯は見つかったのだ!

ペンシルベニア州西部に住む機械エンジニアのダニエル・カールグレンは今年10月、水が抜けた湖の底を金属探知機を使って宝探しをしていた。
その時、マイケルのiPhoneを、泥や粘土の下15センチのところで発見した。ダニエルは「人々がボートから落とした物を見つけるため」に、その場所にいたのだとBuzzFeed Newsに語った。

「iPhoneは家に持ち帰って洗い、お米の中に入れました。まだ動くかどうか、ただちょっと好奇心があったのです」と、ダニエルはBuzzFeed Newsに語った。
2日後、電源が入った。

「あの日私が見つけたのは、この携帯だけでした。電源を入れることができたので、この端末の番号を確認することもできました。
マイケルは私が携帯を持っていることを既に知っているので、これから彼に郵送する予定です」と、ダニエルはBuzzFeed Newsに語った。

ダニエルからiPhoneを見つけたと連絡が来た時、マイケルは最初は信じられなかったと話した。

「その日の朝、その湖についてちょうど話していたところだったのです。ゾッとしました」と、マイケルは語った。「ダニエルは私に写真を送ってくれ、
『これに見覚えはないか?』と尋ねました。私はその待ち受け画面に見覚えがありました」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-00010002-bfj-sci&p=1
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1481441612/


続きを読む

「レーザー直撃でiPhone壊れた!」 そんなことがあるのか?調べてみた

1: ニライカナイφ ★ 2016/12/03(土) 10:33:11.95 _USER9
◆「レーザー直撃でiPhone壊れた!」 そんなことがあるのか

クラブへ遊びに行ったところ、iPhoneにレーザー光線が当たって壊れてしまった
――ツイッターでこんな報告をする人が出て、「そんなことがあるのか」「怖いな」と話題になっている。

15秒ほどの動画には、クラブのDJが音楽をかける様子が映っている。
青や黄色のレーザー光が、壁の上の方を明るく照らしていると...。

写真:飛び交うレーザー光線
no title


◇カメラレンズに当たり、画像に横線が出るように

iPhoneにレーザーが当たってまぶしく光り、次の瞬間には画面に緑色の横線が入っていた。
この動画は、クラブに行った音楽プロデューサーのZANIOさんが2016年11月28日にツイッターに投稿したものだ。
すぐに大きな反響を呼んで、12月2日夕時点で1万6000件以上もリツイートされている。

ZANIOさんによると、iPhoneのカメラのレンズ部分にレーザーが当たったといい、
それ以降は、写真を撮るたびにレーザーに焼かれた痕が線として入ってしまうそうだ。

ZANIOさんがクラブのオーナーに確認したところ、レーザーはプログラムで上部だけ照射する設定になっており、
このときはiPhoneを高く掲げて動画を撮っていたため、レーザーが当たった模様だという。
ちなみに、ZANIOさんは、iPhoneをすぐに修理に出し、翌29日には7800円で修理が完了したとツイートしている。

iPhoneに限らず、スマホなどのカメラのレンズ部分にレーザーが当たって壊れることはありうるのか。
スマホやデジカメメーカーのソニーの広報担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、
「症状として原理的にありえます」と説明する。

◇「光が1点に集まってセンサーなどが焼ける恐れ」

「レーザーや太陽などの強い光がレンズに向けて照射されると、
光が1点に集まってセンサーなどが焼けたりすることがあります。

カメラは光を電気に変えていますので、
強い電流が流れてセンサーが破壊されたりすることもあるでしょう。

画面や写真に横線が入る症状が出るのは、
電気が横方向に流れる仕組みになっているからです」

図などを指し示すのに使われる市販のレーザーポインターなどでも、
カメラが壊れる恐れがあるかについては、ソニーの担当者はこう言う。

「それは、一概には言えず、光の強さや当て方、カメラにもよります。
太陽にカメラを向けると、場合によっては壊れる可能性もありますので、注意が必要です。
カメラに、強い光を当てるのはよくないということです」

レーザー光について、ソニー製のカメラやビデオによっては、
センサーに損傷を与えることがあるので照射されることがないように、
と取扱説明書に注意書きを付けているものもある。

また、ソニーの担当者は、今回のようなレーザーが目に当たった場合について、
「カメラが壊れるくらいですので、あまり目にはよくないと思います」と言う。
プレゼンなどで使われる市販のポインターでも、長い時間にわたって目に光を当てることもよくないそうだ。

J-CASTニュース 2016/12/ 2 16:05
http://www.j-cast.com/2016/12/02285098.html
http://www.j-cast.com/2016/12/02285098.html?p=2
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1480728791/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ