SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯関連:iPhone

次期iPhone SE、2018年早々に発売されるかも?台湾で報道

1: ノチラ ★ 2017/08/05(土) 13:30:04.83 _USER
v268be_1400_0cdd0de62bc9294bb098b841ffe45cf4
iPhone SEの新型モデルが、2018年第1四半期(1〜3月)にも出荷開始される、との新たな情報が浮上しています。
次期iPhone SE、Wistronが生産増強で対応

Appleのサプライヤーである台湾Wistronが、インドにおけるiPhone SEの生産能力を増強し、次世代iPhone SEの生産に備えていると、台湾メディアFocus Taiwanが報じています。

Wistronは今年5月より、インド国内工場でのiPhone SE組み立てを開始し、6月からインド国内向けに販売しています。

Focus Taiwanは関係者の話として、Wistronはまずインド市場向けに新型iPhone SEを出荷してから、ほかの市場に向けて出荷すると伝えていますが、米メディアMacRumorsも「ありえない」と書いているように、「インドでまず発売」という情報はあまり信憑性が高くなさそうです。

またWistronについては、今後5年間でiPhoneの生産能力を2倍〜3倍に拡大すべく、現在地元政府と土地の購入や工場拡張について話し合いを行っている最中だ、とも地元メディアは報じています。
iPhone SE「8月に発売」との噂も

インドのテクノロジー系サイトTekz24Tekz24によると、新型iPhone SEは、外観は現行のiPhone SEとほぼ同じで、A10プロセッサ、2GB RAM、1,700mAhバッテリー、1,200万画素のリアカメラと500万画素のフロントカメラを搭載し、ストレージ容量は32GBと128GBとのことですが、これらの情報もあくまで参考までにとどめておいたほうがいいでしょう。

iPhone SEについては、7月に「8月に発表」との噂も流れましたが、現時点ではまだそれらしき情報は出ていません。
http://iphone-mania.jp/news-177093/
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501907404/


続きを読む

これがiPhone 8の最新のカタチ 大型化した電源ボタンは何を意味するのか…?

1: ばーど ★ 2017/07/28(金) 06:34:14.73 _USER9
もう、これが正解でいいんじゃないかな。

次期iPhoneこと「iPhone 8」は、すでにいくつかの本体デザインに関する情報が流出していますが、ForbesはケースメーカーのNodusから得た情報をもとに、iPhone 8のレンダリング画像を公開しています。

【画像】これがiPhone 8の最新のカタチ。大型化した電源ボタンは何を意味しているんだ…?
no title


5.8インチのベゼルレスディスプレイ、Lightningポートを搭載しイヤホンジャックはなし…というデザインは、これまでの噂通り。
ですが、今回のレンダリング画像では、これまでのレンダリング画像で描かれていた「切り欠き=カメラやセンサー類を納めるスペース(参考画像)」が画面と馴染むようにソフトウェア側で処理され、電波や電池残量のアイコンが表示されています。
もちろんソフトウェアの話ですので、今回のレンダリング画像を作成した人の勝手なのかもしれませんが、切り欠き部分は常に黒バックで、アイコンを表示するだけのエリアにしたほうが自然ですね(個人的には切り欠き部分がしっかり見えたほうがドキドキ感があって好きなのですが…)。

そして気になるのは、iPhone 7よりも圧倒的に大型化している「電源ボタン」。これには一体、どんな意図があるのでしょうか?

Forbesは大型化した電源ボタンの具体的な機能については断言していないものの、「指紋認証(Touch ID)の予備として利用される可能性がある」と指摘しています。
もちろんApple(アップル)の本来の計画ではディスプレイにTouch IDを内蔵する予定なのですが、それが上手くいかなかったときの保険として、電源ボタンにTouch IDセンサーの埋め込む設計に切り替える可能性もあるのです。

このように電源ボタンに指紋認証センサーを搭載したスマートフォンには、ソニーモバイルの「Xperia」シリーズがあります。
同スマホはホームボタンや本体背面に指紋認証センサーを設置する必要がないので、スマートな本体デザインを実現。この点は、背面に指紋認証センサーを搭載した「Galaxy S8/S8+」との大きな違いです。

さらに、以前Appleは「ホームボタンに指紋認証センサーを埋め込こむ特許」を出願しています。となれば、もはや電源ボタンにTouch IDを内蔵するのはそう難しくないはず。
もちろんディスプレイにTouch IDが埋め込まれていたらカッコイイとは思うのですが、現実的な回答として電源ボタンの利用もありじゃない?と、個人的には思うわけです。

配信7/27(木) 21:11
ギズモード・ジャヤパン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00010004-giz-prod
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501191254/


続きを読む

新型iPhone SEが8月に発表か

1: ノチラ ★ 2017/07/20(木) 11:51:33.93 _USER
no title

Appleが8月末に開催するイベントで新型iPhone SEを発表し、iPhone8の発表イベントは10月になる、と仏メディアiGenerationが報じています。ただし、過去の発表パターンやiPhone SEの位置づけを考慮すると疑問も残ります。

iGenerationは、8月のイベントで発表される新型iPhone SEの価格が、現在の32GBで489ユーロ(日本では44,800円)から、90ユーロ(約11,500円)安い399ユーロに引き下げられる、と報じています。

しかし、新型iPhone SE が8月発売なら、サプライチェーンからのリーク情報が報じられても良さそうですが、これまで、新型iPhone SEについては情報が流れていません。

なお、中国のアナリストが「iPhone SEはアップデートされない」との予測を発表したばかりです。

AppleはインドでiPhone SEの製造を5月に開始し、6月に発売したばかりです。

iPhoneSEがインドなど価格に敏感な市場を攻略する戦略モデルと位置付けられていることを考慮すると、今年、iPhone SEについて何らかの発表があるとすれば、モデルチェンジではなく、仕様変更と価格の引き下げにとどまると考えられます。

また、iPhone SEは、2016年3月に発売され、2017年3月にストレージ容量の変更が行われています。

iGenerationは、iPhone8の発表イベントは10月に開催されると報じていますが、この情報についても疑問が残ります。

iPhone8については、生産・発売の遅れが噂されていますが、2012年のiPhone5以降、9月前半に発表、後半に発売という日程が踏襲されています。仮に発売が遅れても、イベントは今年も9月に開催されると考えて良さそうです。

iPhoneではありませんが、6月のWWDC 17でAppleは2017年12月に発売予定のHomePodを発表しているほか、2016年9月のイベントではAirPodsを10月下旬発売予定と発表しています。
http://iphone-mania.jp/news-175759/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1500519093/


続きを読む

「iPhone 8」の確定版デザインをForbesがリーク、電源ボタンが巨大化か

1: ノチラ ★ 2017/07/18(火) 12:43:01.27 _USER
次期新型iPhoneとなる「iPhone 8」はiPhone10周年を記念して3つのモデルが登場するといわれています。iPhone 8について数々のうわさが飛び交う中、世界有数の経済ニュースメディアのForbesが、サプライチェーンからiPhone 8のCADファイルを入手することに成功。ForbesはiPhoneケース会社の協力のもと、「確定版」というiPhone 8の実際のデザインを示すレンダリング画像を作成して公開しています。

iPhone 8 Exclusive: Apple's New Design 'Confirmed'
https://www.forbes.com/sites/gordonkelly/2017/07/16/iphone-8-design-camera-specs-price-release/

ForbesとiPhoneケース会社The Nodus Collectionが独自に入手したCADファイルから作成されたiPhone 8の確定版デザインがコレ。前面はこれまでのリークの通り、ほとんどベゼルのないデザインで、上部にはディスプレイの一部を切り欠いて、フロントカメラやセンサーが横一列に並んでいます。ホームボタンも廃止されていることから、ディスプレイ上に仮想ホームボタンやその他機能が表示される「ファンクションエリア」が導入されることを示しているとのこと。
no title

no title

no title


Forbesが「最も大きな変更点」として注目しているのが、前から見て右側面にある電源ボタンが約2倍に巨大化していること。正面のホームボタンが撤廃されているため、「ファンクションエリア」に指紋認証センサーが内蔵されている可能性はまだ否定できませんが、Xperiaのように電源ボタンに指紋認証(Touch ID)を組み込んでいる可能性が浮上しています。
no title

すでにAppleは電源ボタンにTouch IDを搭載するための特許も取得しているとのこと。ちなみに、iPhone 8ではTouch IDを廃止して3D顔認証機能を搭載するといううわさも報じられています。
http://gigazine.net/news/20170718-iphone-8-confirmed-design/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1500349381/


続きを読む

ユーザーの「Siri」 離れ

1: ばーど ★ 2017/07/15(土) 16:12:11.50 _USER9
36276128_0
HomePodにますます期待!

年々頭が良くなっていく音声型人工知能アシスタント。先日公開されたiOS11(ベータ版)でSiriちゃんの反応と声のリアルさがかなりグレードアップしていることで私もかなり興奮していました。
しかし9TO5Macが取り上げた、アプリ分析会社Verto Analyticsの調査の内容によりますと、どうやらSiriの利用ユーザーは減ってきているそうです。

本調査は、音声型人工知能アシスタントの利用と人気を調査したもので、気になったのがその中でも月間ユニークユーザー数の昨年比。
9TO5Macによると、2017年5月においてSiriは2番目に人気なSamsung(サムスン)のSボイスに比べて約2倍ほどのユニークユーザー数を誇るものの、昨年の同時期の数字に比べると約15%もダウンしていたそうです。

もともと本調査は、複数のデバイスをもつパネルユーザーに対してオプトイン型で問われたデータの回答を元に集計されており、6つの異なる指標でユーザーの利用特徴を計測しています。
ちなみにSiriはそのほかの「総計人数(Siriを使う可能性を持つ潜在ユーザー数)」、「継続人数(同月内でSiriを使い続けるユーザー数)」、「利用合計時間」、「月間ユーザー数」でも昨年比で減少しているそうです。

昨年に比べて高い数字を出せたのは「月間平均滞在時間」のみで、それもたったの14分だったそう…。あぁ。切ない。

そのほか、こういった人工知能アシスタントのユーザー数が最も高い年代は55歳以上の女性層だそうですよ。なんでなんでしょうか。こういった新しい技術に敏感な若者の層が多いと思いきや、意外な結果となりましたね。

ただApple(アップル)のHomePodが発売されれば自ずとSiriちゃんの利用者数も増えるのではないかと予想されます。
現在Siriを使う際には常に近くにiPhoneなどのモバイル端末がなくてはいけませんよね? ただHomePodが部屋に常備されれば、今より気軽に声をかけられるようになるんじゃないかなと思うんですよね。

やっぱり精神的なハードルの違いかと。いや、そうであることを信じたい!

頑張って…Siriちゃん。

アプリ分析会社Verto Analyticsの調査(Jul. 11th 2017 )
https://9to5mac.com/2017/07/11/siri-usage-stats-analytics/

配信 2017.07.15 12:03
gizmodo
http://www.gizmodo.jp/2017/07/siri-users-declining-why.html
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500102731/


続きを読む

NHK、「iPhone 8」のうわさ画像 Androidスマホを使用 NHK広報部「知ってた」

1: コモドドラゴン ★ 2017/07/12(水) 13:35:43.01 _USER9
 iPhone 8の“うわさ画像”としてAndroidスマートフォンが使われていた――NHKが7月10日放送した番組「おはよう日本」に対し、ネットユーザーからそんな指摘の声が出てきている。画像を取り違えたのか、それともデザインの一例を示したのか、NHK広報局に真相を聞いた。
no title


 番組では「“iPhone 8”日本企業への影響は」と題し、2017年後半の発売が予測されるiPhone 8のうわさなどを紹介。その際、iPhone 8のデザインについて、「ディスプレーが全面を覆うデザイン」というテロップとともに、Android OS搭載スマートフォン「Essential Phone」に酷似した画像を挙げていた。Essential Phoneは、Android創業者で元米Google幹部のアンディ・ルービンさんがCEOを務める米Essential Productsが開発した端末だ。
no title

no title


 Essential PhoneをiPhone 8のリーク画像と取り違えたのか。それともディスプレイを覆うデザインの一例として、Androidであることを承知で使用したのか。

 ITmedia NEWS編集部の取材に対し、NHK広報局は「指摘の画像がAndroidの機種であると承知している」と回答。「放送では、iPhoneの新たなモデルのさまざまな予測を取り上げており、その1つとしてAndroidの機種を使った画像を紹介した。画像の制作者の許可は得ている」と説明している。
no title


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/12/news076.html
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499834143/


続きを読む

iPhone、10年間で「12億台」を販売 売上は83兆円

1: ノチラ ★ 2017/06/30(金) 23:29:49.30 _USER
77index
統計サイトStatistaによると、発売10周年を迎えたiPhoneの累計販売台数は12億台に達している。さらにStatistaはアップルからのデータを基に、10年間のiPhoneの売上を7380億ドル(約83兆円)と算定。アップルにもたらされた利益は1000億ドル(約11兆2000億円)と推定している。

iPhoneはこの10年間で確固たるブランドを築き、アップルに多大な利益をもたらした。また、かつては今よりもずっと小さな企業だったアップルを世界的な巨大企業の地位に押し上げたとも言える。アップルは高い収益性を保ちつつ、高品質なデバイスを世界に送り出し続けており、それにより同社の現金資産は2560億ドルに達している。

Statistaのデータによると2007年に発売が開始されたiPhoneの累計販売台数は2011年に1億台に達し、2012年に2億台、2014年に5億台、2016年に10億台となっていた。

10年間で12億台という数字は一日平均では、32万8767台のiPhoneが売れていたことになる。アップルは個別の端末の販売台数を公開していないが、これまでの各端末の販売台数を大まかに示すデータは次のようになっている。

初代iPhone: 610万台(Wikipediaに掲載されたデータ)
iPhone 3G: 1500万台
iPhone 3GS: 3010万台
iPhone 4: 9480万台
iPhone 4S: 9810万台
iPhone 5: 1億4340万台
iPhone 5S、 5C: 1億6370万台
iPhone 6、 6+: 2億2240万台

>>3GからiPhone 6までの販売台数はStatistaに掲載されたデータ。

今後10年のiPhoneの売上がどこまで伸びるかは、インドでの動向にかかっている。インドにはおよそ10億人の潜在的顧客が存在し、中国にもほぼ同様の数の顧客が存在する。アップルはインドではまだ主要なポジションを占めてはいないが、最近になってインドでiPhone SEの製造を開始し、現地の顧客らにアピールしようとしている。

記事の続きを読むには無料会員登録が必要です。
https://forbesjapan.com/articles/detail/16778
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498832989/


続きを読む

実は幻想、iPhoneの「日本製部品頼み」

1: ノチラ ★ 2017/06/22(木) 17:46:31.42 _USER
 iPhoneなどのアップル(Apple)製品には、日本企業の部材ばかりが使われている――。こうした認識を持っている日本人は少なくない。

しかし、これはもはや“神話”だ。確かにかつて、携帯音楽端末「iPod」では日本企業の部材の採用も目立ったが、今では台湾企業が強く、中国企業も躍進している。

 アップルとの直接取引という“業界地図の一等地”を得た企業は、世界でどのように分布しているのか。アップルが毎年公開している、部材供給企業リスト、いわゆる「サプライヤーリスト」から読み解く。

■常に台湾 > 米国 > 日本

 アップルに部材を供給しているサプライヤー数を本社の国・地域別に調べると、最大勢力は常に台湾企業である。図1に、同社がサプライヤーリストを公開し始めた2012年から2016年までの各年別の実績を示す。国・地域別の順位はこの5年間まったく変わっていない。

 過去5年通算でも同じだ。アップルサプライヤーとして掲載された269社中、台湾企業は71社、米国企業は60社、日本企業は55社である。
no title


日本企業がサプライヤーの最大勢力だった時期について、明確なデータはない。ただし10年以上前のiPodシリーズは、そうだったと推測される。東芝や日立グローバルストレージテクノロジーズ[現在の米ウエスタンデジタル]のハードディスク装置、ソニーのリチウムポリマー電池、オプトレックス(現在の京セラディスプレイ)の液晶パネルなどが採用されていた。こうした大型部品の採用実績が“神話”を生み出したのだろう。

 しかし、それも今は昔。台湾企業がトップの座を占めている。台湾企業の強みの一つは、製造の現場とコミュニケーションが取りやすいことだ。鴻海(ホンハイ)精密工業(通称:フォックスコン、Foxconn)など台湾系の電子機器受託企業(EMS/ODM)企業が、アップルから製造案件をほぼ独占的に受注しているからだ(表1)[注]。
以下ソース
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17370580W7A600C1000000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498121191/


続きを読む

イヤホンさりげなく スポーツや移動、ワイヤレス人気

1: ののの ★ 2017/06/11(日) 03:39:54.47 _USER
93index
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17503430Z00C17A6NZ2P00/

2017/6/10付日本経済新聞 夕刊

 イヤホン端子が廃止された新型iPhone(アイフォーン)の登場を受け、スマートフォン用のイヤホンやヘッドホンはワイヤレスタイプが主流になりつつある。ケーブルがなく使い勝手に優れるだけでなく、装着していることを周囲に気づかれないメリットもあるという。

 イヤホンやヘッドホンは、ケーブルで接続する有線タイプが長らく中心だった。だが、ケーブルはやはりわずらわしい存在だし、ケーブルが服や腕に触れるとガサガ…
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497119994/


続きを読む

スマートフォン顧客満足度にて iPhone SE が堂々一位

1: ノチラ ★ 2017/05/30(火) 09:04:14.92 _USER
com_files_2017_05_1-iphone-se1-1
2017年5月のアメリカのスマートフォンに対する顧客満足度データにてiPhone SEが堂々のトップに躍り出た。iPhone SEは100ポイント中87ポイントを獲得し、「Apple」社の最新モデルiPhone 7 PlusやGalaxy S6 Edge+を押さえ、1ポイント多い得点となった。ASCI(American Customer Satisfaction Index)は2017年4月までの12ヶ月に渡り3万6194人の消費者にインタビューを実施。

iPhone 6 Plus、iPhone 6s Plus、iPhone 7はすべて83ポイント、iPhone 5、iPhone 5s、iPhone 6sは80ポイント、iPhone 6は79ポイントという結果に。このランキングはほぼ「Apple」社と「Samsung」社の一騎打ちとなった。

1. iPhone SE ? 87 / 100
2. Galaxy S6 Edge+ ? 86 / 100
3. iPhone 7 Plus ? 86 / 100
4. Galaxy S6 Edge ? 85 / 100
5. Galaxy S7 ? 84 / 100
6. Galaxy S7 Edge ? 84 / 100
7. iPhone 6 Plus ? 83 / 100
8. iPhone 6s Plus ? 83 / 100
9. iPhone 7 ? 83 / 100
10. Galaxy Note 5 ? 82 / 100
11. Galaxy Note 4 ? 81 / 100
12. Galaxy S5 ? 80 / 100
13. iPhone 5 ? 80 / 100
14. iPhone 5s ? 80 / 100
15. iPhone 6s ? 80 / 100
16. Galaxy S6 ? 79 / 100
17. iPhone 6 ? 79 / 100

2016年3月にリリースされたiPhone SEはiPhone 5sとほぼ同じデザインで、片手で操作ができるコンパクトさが人気の理由のようだ。「Apple」社の最もハイエンドな高機能モデルではなないが、顧客満足度は必ずしもデバイスの多機能さによるわけではないことがわかる。今年初めに赤いiPhoneの発表とともにiPhone SEの容量を32GBまたは128GBの二倍にしたが、ハードウェアは発表当初から変わりがないようだ。SIMフリーやスマホ買い替えをご検討中の方はiPhone SEを一度チェックしてみることをおすすめする。果たして今秋リリース予定のiPhone 8は顧客満足度トップの座を奪うことはできるのだろうか。
https://hypebeast.com/jp/2017/5/iphone-se
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1496102654/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ