SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯関連:iPhone

iPhone失速?「販売台数減少」はヤバいのか

1: ノチラ ★ 2017/05/03(水) 17:00:25.69 _USER
img_a75d18d5cebc5d403a8abb4503711209146036
アップルは米国時間5月2日、2017年第2四半期(2017年1〜3月)決算を発表した。売上高は529億ドル(約5.9兆円)で前年同期比5%の成長を記録した。アップルのビジネスの65%を占めるのがiPhoneの売上高であり、「iPhoneは売れているのか」はアップルの経営陣や投資家だけでなく、一般の人々にとっても関心事となっている。

iPhoneの販売台数は5080万台で、前年同期の5120万台を1%下回る結果となった。アナリストの予想は5250万台で、こちらも下回っている。iPhoneの販売台数は2016年第2四半期から前年同期割れを続けてきたが、2017年第1四半期に盛り返したかに見えた。しかし再び、前年同期割れの結果となった。この一見するとヤバいようにみえる結果をどのようにとらえればいいだろうか。

注目すべきは売上金額と平均販売価格

iPhoneの販売台数が前年を上回る力を取り戻していない。そんな評価も下すことができる。あるいは今後も、iPhoneの販売台数が昨年を上回るシーンを目にするのは「珍しいこと」になるかもしれない。

しかしアップルのティム・クックCEO(最高経営責任者)は、前回の決算発表でも、iPhoneの成長について自信を見せていた。その理由となる点が目立ったのが、今回の決算発表だった。

まずはじめに注目すべきポイントは、iPhoneの合計売上金額だ。前述のとおり、5080万台と前年同期比1%減だった販売台数に対し、iPhoneの売上高は332億4900万ドル(約3.7兆円)で、前年同期比1%増となった。

また、カンファレンスコール(電話会議)では、iPhoneの平均販売価格について、655ドル(約7万3000円)であることが示された。前年同期は642ドル(約7万2000円)であったことから、13ドル上昇した。この平均販売価格は、今後のiPhoneの成長、というよりはiPhoneから得られる収益の成長にとって、重要な指標といえる。

単純な話だが、販売台数が横ばいでも売り上げを伸ばすには、単価の上昇を行うことになる。クックCEOがiPhoneの成長に自信を見せる背景には、今後も平均販売価格が上昇を続けるとの見立てがあるからだろう。

以下ソース
http://toyokeizai.net/articles/-/170472
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1493798425/


続きを読む

やっぱり日本人ならiphoneを買うべきなんだろうか(´・ω・`)

1: キングコングラリアット(神奈川県)@\(^o^)/ [GB] 2017/04/11(火) 17:07:36.76 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
182147
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000005-bcn-sci

[特集]売れ筋は2〜3万円台、ハイエンドでも6万円台、安さ際立つSIMフリースマホ
新生活シーズンを迎え、気分も新たに、スマートフォンの買い替えを検討している人も多いだろう。一括払いで安価なSIMフリースマホを購入し、同時に大手キャリアから、いわゆる「格安SIM(MVNO)」に乗り換えれば、毎月支払うスマホ関連の支出は大幅に下がる。

 家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、新規に販売されたスマホのうち、直近では約2割がSIMフリーだ。春商戦がピークを迎える3月のSIMフリースマホの販売台数は、約2年前の2015年1月を1とすると、2.9倍に拡大した。


人気のメーカーは、2016年6月発売の「HUAWEI P9 lite」がロングセラーを続けているファーウェイ。

「HUAWEI P9 lite」は、キャリアが販売するモデルを含むAndroidスマホで16年の年間販売台数1位を獲得。コストパフォーマンスの高さから、今も人気No.1だ。今回は、そのファーウェイ製品を例に、「価格」を軸としたSIMフリースマホの選び方をまとめた。

●2万円台でも実用性は十分、カメラを重視するならハイエンド

(1)5〜6万円超のフラッグシップモデル

 カメラ機能を重視するなら、断然このクラス。大画面ディスプレイ、高性能CPU、大容量ストレージ、急速充電に対応する大容量バッテリ、そして高級感のあるデザインと、そのメーカーの技術力の高さがわかる価格帯だ。

 一括払い時の価格を比較すると、大手キャリアが販売するiPhoneやXperiaなどの人気機種より安いにも関わらず、カメラや画質、サウンドといった基本性能は勝るとも劣らない。

予算やニーズにあわせて選べる価格帯の広さと割安感こそ、SIMフリースマホが人気を集めている理由だ。

 ファーウェイの現行ラインアップでは、大画面約5.9インチの「HUAWEI Mate 9」と約5.2インチの「HUAWEI P9」の2機種。

どちらもLeicaと共同開発したダブルレンズカメラを搭載し、デジカメ代わりに使えると高評価だ。独特のカメラの詳細は<ファーウェイの強み、ダブルレンズカメラ技術の進化とその実力は?(2017年1月12日掲載)>を参照して欲しい。
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491898056/


続きを読む

「キャリアが下取りしたiPhoneが海外に流れているのではないか?」という噂が事実だと判明

1: ランサルセ(東京都)@\(^o^)/[CA] 2017/04/05(水) 17:08:49.87 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
 はじめまして、中古携帯事業を展開する「携帯市場」の粟津浜一と申します。
ここ最近、日本で盛り上がりつつある中古携帯の市場について、事業者だからこそ分かる視点で、コラムを書いていきたいと思います。
初回は「iPhoneの海外転売」についてです。

 2012年9月にソフトバンクが開始した中古携帯電話の下取り。その後、ドコモとauが続きました。
下取り対象機種は、iPhone、Andoridスマートフォン、タブレット、さらにはガラケーまで広がりました。

 このような下取りに関して、まことしやかにウワサされていることがあります。
それは、「下取りしたiPhoneが海外に流れているのではないか?」です。
このウワサを検証するため(日本版のiPhoneを見つけるため)に、
世界最大の中古携帯電話流通のハブといわれる、香港と深センに潜入取材してきました(取材日:2017年3月上旬)。

深センで発見!

 気を取り直して、中国の深センへ。深センといえば、電脳街の華強北路(ファーチャンペー)。
筆者はここに何回も視察に行っていますが、再整備されてとてもきれいになっていて、マーケットは華強南路まで広がっていました。

 建物に入ると、2〜3坪の店舗がずらり。ショーケースの中に携帯を陳列して、まるでアクセサリー販売のような売り方でした。

 店舗スタッフは10代がほとんどで、学校に通わずに店主として商売をしているのが当たり前のようです。
店舗でご飯を食べたりゲームをしたり、日本では考えられない接客スタンスでした。
また、日本では見たことのない偽物の携帯電話も販売されていました。色が変色していますが、機動戦士ガンダムの百式色でした。

 足がパンパンになりながら日本版iPhoneを探し回ると、ついに見つけました! しかも思った以上の量でした。



日本の中古iPhoneが海外へ転売されている? 実態を見てきた
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1704/05/news101.html
no title

no title

no title

no title
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491379729/


続きを読む

赤いアイフォーン、25日発売 特別版

1: レッドインク(宮城県)@\(^o^)/ [US] 2017/03/22(水) 08:12:18.19 BE:572517753-PLT(12000) ポイント特典
dly1703210030-f1

米IT大手アップルは21日、新たに赤色のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」と「7プラス」を日本で25日に発売すると発表した。
特別版と位置付け、売り上げの一部を国際組織「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付。

http://mainichi.jp/articles/20170322/k00/00m/020/165000c
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1490137938/


続きを読む

風呂で「iPhone」を充電、感電死する事故が発生

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/21(火) 11:28:52.19 _USER
gettyimages-481489827
https://japan.cnet.com/article/35098382/?ref=newspicks


 英国人男性のRichard Bullさんが浴槽で死亡しているのが発見された。
 ロンドンの自宅で重度の火傷を負ったBullさんの遺体は、夫人によって発見された。

 The Daily Mailの報道によると、現場に到着した警察は、廊下から浴室に延長コードが延びているのに気付いたという。

 警察官のCraig Pattinson氏はBullさんの死因審問に対して、「われわれは延長ケーブルにつながれた『iPhone』と充電器を浴槽で発見した」と述べた。

 「延長ケーブルは床の上にあった。おそらく、彼は充電器を胸の上に載せていて、充電器とケーブルの間の部分が水と接触したのだろう」(Pattinson氏)

 死因審問では、32歳のBullさんの死因は事故による感電死と結論づけられた。検死官は、
ヘアドライヤーと同様に携帯電話も水の近くで使うのは危険だということを人々が理解していないことに、
極めて大きな懸念を抱いているという。検死官は怪死や突然死、変死について調べる役職だ。

 検死官のSean Cummings博士は死因審問に対して、「メーカーは警告文を載せるべきだ。私は後で携帯電話メーカー各社への報告書を書くつもりだ」と述べた。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490063332/


続きを読む

「iPhone」の価格が2倍になっても買いますか?

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/15(水) 11:20:06.03 _USER
99
https://japan.cnet.com/article/35097121/

651ドルという「iPhone」の平均販売価格は、Androidスマートフォンの世界での平均販売価格である208ドルよりかなり高い。

 妻と私は2016年、「iPhone 6s Plus」のハイエンドである128GBモデルを1台ずつ、
AppleCare付きで購入した。それでわれわれがどういう状況に陥るのかは分かっていた。
それでも、Apple StoreでiPhoneを買うのに4時間も振り回された揚げ句、2台のスマートフォンが2000ドルもすると知って衝撃を受けた。

 長期の無利子融資を使っての支払いなので、すぐに財布を直撃するような影響はない。
それに、18カ月使ってきて、2人とも今でもiPhoneはとても便利だと思っている。それでも、Apple製品の価格の高さを疑問に思うこともある。
 Jason Perlow記者は最近、Apple製品の価格は相応なのか検討する記事を米ZDNetに書いた。
彼は、やはり1000ドル以上払って購入した256GBモデルの「iPhone 7」を持っている。また、iPhoneよりかなり安価な
ZTE製のAndroid端末「Axon 7」も併用している。Axonは──聞いて驚くなかれ──iPhoneより600ドル安い。
 そしてなんと、Jasonによると、アプリの使用感はほぼ同じだそうだ。Gmail、Facebook、Outlook、Twitterはすべて、
2つのスマートフォンで同じように使える。彼の結論はこうだ。
 400?600ドルの価格差について語るに当たって、ブランドとOSプラットフォームの神秘性と機能的な長所を考慮するのはなんだか
間抜けに見える(特に、主要アプリが同じで、操作感が同じで、使える機能も同じであればなおさらだ)。
 かなりの価格差だ。仕事柄、Jasonも私もApple製品については常に先端の情報を押さえている必要があるので、
いずれにしても割高な金を払うことになるだろう。だが、誰もがそうするだろうか? そして、iPhoneの価格が今の倍になったらどうだろう?

Appleが(価格を倍にするほど)間抜けだとは思えないが、ここにある言葉がある。「Touch Bar」だ。これのせいで、
何が起きてもおかしくない。AppleInsiderの記事によると、「iPhone 8」(仮)のエントリーモデルの価格は現在のほぼ倍の1000ドルになるという。
 その理由は、Appleが現在iPhone 7sで採用している液晶に代えて、有機ELディスプレイ(OLED)を採用するというものだ。
Appleはまた、これまでホームボタンが付いていた部分にまで画面を拡張し、Touch IDをOLEDに統合しようとしているとみられる。
新しい「MacBook Pro」とよく似た改変だ。

 iPhone 7のエントリーモデルの価格は649ドルだ。この最低価格を1000ドル以上に引き上げるなら、
128?256GBモデルはもっと高くなる。AppleCareを追加すれば、1台のスマートフォンのために1500ドル払うことになる。高機能Android端末なら400ドルだ。
 その点で、600ドルから1100ドルの値上げに本当の価値があるか自問自答してみるべきだ。
ホームボタンを失うために数百ドル余計に支払う価値があるだろうか? 率直に言って、私はホームボタンが好きだ。
それに、ヘッドフォンジャックも好きなのだ。ヘッドフォンジャックのことはよく知っている。Lightning変換アダプタなんて、ヘッドフォンジャックじゃない。

 Appleは2016年、少なくとも3つの製品を私に売り損なった。私は全然金持ちではないが、テクノロジ系のコラムニストとして、
また根っからのオタクとして、平均的な消費者よりも多数のガジェットを買っている。
 それでも、Apple製品の非常に高い価格と、そのわりにがっかりするような機能と性能問題を考慮して、
私たち夫婦は2台のiPhone 7の購入をやめ、私はMacBook Proの予約をキャンセルした。
つまり、約5000ドルをApple製品に使わなかった。Apple製品は高いのだから、得られる体験はつまらないものではなく、斬新でなければならない。
 あなたはどう思うだろうか?OLEDの採用とホームボタンの消滅は、iPhone 8にこれまでのほぼ2倍の対価を支払うだけの価値があるだろうか?

 
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489544406/


続きを読む

有機EL搭載のiPhone8、サイズは5.8インチで確定 価格は11万超え

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/06(月) 18:12:22.37 _USER
index
http://iphone-mania.jp/news-159945/

今秋発売が見込まれる次期iPhoneは、現行のiPhone7/7 Plusのアップデート版と
有機EL(OLED)搭載のデザインを刷新したバージョンとの3モデル展開になると以前から繰り返し報じられていますが、
Nikkei Asian Reviewがこの噂を肯定するとともに、OLED搭載版は5.8インチになると報じています。

次期iPhoneについては、昨年3月頃から、「5.8インチ」型iPhoneが発売されるという噂が浮上していました。
また5.8インチとディスプレイサイズは大画面化するものの、ベゼルレスのデザインとなるため、本体サイズは維持されるといわれています。
本体平均価格は700ドルまで上昇か

今回のNikkei Asian Reviewの記事には、今秋発売のiPhoneは3モデル展開で、2モデルは液晶ディスプレイ、
1モデルは5.8インチのOLEDディスプレイを搭載するとあり、これまでの噂を改めて後押する形となっています。

また同メディアは、大画面OLEDディスプレイ搭載モデルの登場により、本体の平均価格は過去3年間の
平均から約10%上昇し、700ドル(約8万円)程度になるだろうと述べています。一番高額となることが見込まれるiPhone8については、
アメリカでの販売価格が1,000ドル(約11万円)を超えるとも予想されています。

iPhone8のさまざまな「噂」はどこまで実現する?
iPhone8については5.8インチのSamsung製曲面OLEDディスプレイを搭載、ただし本体サイズは5.5インチのPlusモデルと変わらず、
ベゼルレスとなってホームボタンはなくなり、ディスプレイ下部には「ファンクションエリア」が搭載されるなどと報じられています
(一連の噂をまとめた記事はこちら)。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488791542/


続きを読む

iPhoneユーザーは、Androidユーザーとはデートしない?

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/05(日) 13:04:42.35 _USER
8
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/iphoneandroid.php

恋人を選ぶ際、何を基準にするかは人によって異なる。しかしどんなスマートフォンを持っているかが、
恋人選びに大きなウェイトを占めているかもしれない、という意外な結果が、このほど米国で行われた調査で明らかになった。

恋人にするなら、iPhoneとAndroidどちらのユーザー?
今年7回目になる調査「Singles in America」(アメリカのシングルたち)を行なったのは、大手デート・サイトの
マッチ・ドットコム(Match.com)で、この類の意識調査では米国最大規模となる。米国に住む18?70歳の恋人が
いない男女5500人を対象に、デートに関して質問した。
調査結果によると、iPhoneを持っている人は、そうでない人と比べAndroidを持っている人を否定的に判断する
確率が21倍にもなり、逆にAndroidを持っている人がiPhoneを持っている人を否定的に判断する確率は15倍であることが分かった。

スマホは持ち主を語る
金融やビジネス情報を発信するサイトMarket Watchはこの結果について、「恋人となる可能性のある人との
相性を判断する際に、相手の住んでいる場所や乗っている車、職業などを考慮するものだ。携帯電話がその判断材料の1つで
あっても何も不思議はない」という、ボストンの心理療法士、アビー・ロッドマン氏の見解を紹介した。
テクノロジー情報サイトのAndroid Headlinesも、「スマートフォンのOSの違いは健全なライバル意識の根源にこそなるものの、
通常は、それが相手への気持ちが冷める理由にはならない」とはしたものの、iPhoneユーザーとAndroidユーザー
の所得の違いを指摘し、こうしたことが相手に対し否定的に反応する要素となる可能性があると分析している。
なお、ピュー研究所が2013年に米国で実施した調査では、Android保有者の割合はどの教育・収入レベルでもほぼ均一だったが、
iPhone保有者は高学歴・高所得のグループに際立って多いという結果が出ている。

デート中に冷めるスマホの扱い
Match.comの調査では他に、液晶画面が割れたスマホを持っている男性に対して、
86%の女性が否定的な判断を下す傾向にあることが分かった。一方で世代別では、X世代(1965年?1977年生まれの人たち)
やベビーブーマー世代(1946年?1964年生まれの人たち)に比べ、ミレニアル世代(1980年代?2000年代生まれの人たち)
の方が液晶割れには寛容なことが分かった。日本でもたまに液晶が割れたままの人を見かけるが、
デート相手がミレニアル世代でない場合、好印象を与えるには直しておいた方がよさそうだ。

スマホでの「冷める」行動として、デート中に電話に応答すること、と答えた人は75%に達した。
また、デート中に相手がメールを打つのが嫌だという人は66%に上った。
58%の人は、デート中にテーブルの上に液晶画面を上にして置かれるのは嫌だと回答し、オフにしてスマホ自体をしまって欲しい、
という人は45%いた。仕事に追われる現代人には、少し難しい注文かもしれない。

積極的な女性は好き?
ところで日本では女性から愛の告白ができるのは年に1度のバレンタインデーとされているが、米国では年に1度と言わず、
積極的な女性が歓迎されるようだ。「ファーストキスは女性から」に賛成した男性は95%に上り、
「最初のセックスを女性から誘う」に賛成した男性は93%に上った。また、女性に電話番号を聞かれると嬉しい、
と答えた男性は95%で、初デートの後に女性から電話をするのに好意的な男性は94%だった。
一方で、自分から積極的に行動するという女性は少数派で、ファーストキスは29%、初めてのセックスは23%だった。
さらに、自分から男性に電話番号を聞くという女性はわずか13%に留まった。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488686682/


続きを読む

iPhoneの信頼性がAndroidより低下〜特に問題多発はiPhone6

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/02(木) 23:11:40.75 _USER
index
http://iphone-mania.jp/news-159678/

以前はAndroid端末よりもiPhoneのほうが問題発生率が低く、信頼性が高いというのが定評になっていましたが、
Blanccoの調査から、2016年にはその状況が逆転していたことがわかりました。
2016年、iPhoneの故障率がAndroidを超える

Blanccoが公開した報告書「State of Mobile Device Performance and Health(モバイルデバイスのパフォーマンス
および健康状態)」によれば、2016年のiPhoneの故障率(failure rate)は四半期ごとに上昇し、第4四半期になってようやく落ち着いています。

以前はiPhoneといえば問題が少ないと考えられていました。たとえば2015年第4四半期におけるiPhoneの故障率は15%です。
これは同時期の故障率が85%だったAndroid端末と比べると、圧倒的な低さです。

ところがその後、iPhoneの故障率は2016年第1四半期には25%、第2四半期には58%まで上昇し、第3・第4四半期は62%となっています。

これに対しAndroid端末は、2016年第1四半期には44%と前4四半期から半減し、第2四半期は35%、
第3・第4はまた増加に転じたものの、iPhoneの62%よりも低い47%となっています。

特に問題多発はiPhone6、原因はiOSアップデート
iPhoneの故障率を機種別に見ると、特にiPhone6で問題が多発しているのがわかります。2016年第1四半期の故障率は25%、
第2四半期は29%とさらに増えています。第3、第4四半期も他のモデルと比べると故障率が高いことに変わりはありませんが、
それぞれ15%、13%と減っていることから、問題が解決に向かっていることがわかります。

Blanccoは特にiPhone6で問題が多く発生した原因について、AppleのiOSのアップデート回数が多かったためではないかと分析しています。
2016年には4月にiOS9.3.1、5月にiOS9.3.2、9月にiOS10、12月にiOS10.2がリリースされています。これらすべてのソフトウェアアップデートののちに、
多くのiOSデバイスで問題が発生しています。



iOS10のアップデートでは、特にiPhone6とiPhone5sで問題が報告されました。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488463900/


続きを読む

iPhone7の人気カラー「ブラック」で塗装ハゲが相次ぐ 多くが購入後間もなく発生したとの報告

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/12(日) 10:02:30.93 _USER
http://iphone-mania.jp/news-154745/
no title


iPhone7/7 Plusで追加され、人気カラーとなったブラックですが、塗装がはげたという報告が相次いでいることが明らかになりました。
iPhone7 Plusで特に目立つ?ブラックの塗装はげ

Appleのサポートフォーラムに、iPhone7/7 Plusのブラックモデルで、
特に周辺部で塗装がはげ始めたとの報告が何件も寄せられています。同じくカラーラインアップにブラックがあったiPhone5でも、
発売当初同様のクレームがありました。

サポートフォーラムへの投稿を見ると、ボリュームボタンやミュートボタン、スピーカー周辺、
Appleのロゴ周辺、コーナー部分で特に塗装のはげが起きています。またiPhone7よりも大型なiPhone7 Plusのほうが、問題の発生率が高いようです。
購入後間もなく塗装はげが発生との報告

Appleに問い合わせたあるユーザーによると、あくまで表面的な傷であるため、保証ではカバーされないとの答えが返ってきた模様です。

iPhoneを毎日使用していれば、ある程度の傷や塗装のはげは避けられませんが、
サポートフォーラムに投稿しているユーザーの多くは、購入後間もなく塗装がはげ始めたと報告しています。

この問題が相当数のユーザーに共通している問題なのか、それとも一部のユーザーに限定されたものなのかは、現時点ではわかっていません。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486861350/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ