SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯関連:Android

ウェブ業界に激震、全てのAndroid端末でJavaScriptが標準無効化、jsなしに作り直さないとGoogle村八分

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/08/27(月) 17:20:06.11 BE:422186189-PLT(12015)
00-top

Google Chromeには2017年10月からJavaScriptの読み込みを無効化してページ読み込み時間を短縮する「NoScript」のプレビュー版が搭載されています。
このたび、モバイル環境での機能改善のために、Android版Google Chromeではこの「NoScript」がデフォルトで有効化されることになりました。
https://gigazine.net/news/20180827-google-chrome-java-script/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1535358006/


続きを読む

なぜ日本ではiPhoneがAndroidを圧倒したのか。 何度も議論されたけど未だに答えが出ない件

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/08/04(土) 16:20:35.37 ● BE:324064431-2BP(2000)
dvxindex

Android Pの正式リリースは8月20日? - Engadget 日本版

https://japanese.engadget.com/2018/08/03/android-p-8-20/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1533367235/


続きを読む

Androidの次期バージョン「Android P」、8月20日に正式リリースか

1: ムヒタ ★ 2018/08/03(金) 14:42:01.36 _USER
721index
 Googleが8月中に「Android」の最新バージョンを公開するかもしれない。(Androidの歴代のバージョンは、コードネームがアルファベット順にスイーツの名前になっているが)、これで次の「P」で何のお菓子が採用されるのかが明らかになるかもしれない。

 リーク情報でおなじみのEvan Blass氏は米国時間8月2日、カレンダーの画像をツイートした。8月20日の欄にはPと書き込まれており、Googleがその日に「Android P」を発表する予定であることを示唆している。Googleが「Android Oreo」の正式版を発表したのは、2017年8月21日だった。

https://twitter.com/evleaks/status/1024997877209333762

 Googleは5月、年次開発者会議の「Google I/O」でAndroid Pの新機能を明らかにした。Android Pでは新しいジェスチャ操作が可能になり、通知機能も改良される予定だ。

 Googleにコメントを求めたが回答は得られなかった。
2018年08月03日 10時51分
https://japan.cnet.com/article/35123504/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533274921/


続きを読む

中国最大の電気街「華強北」ではあらゆるスマホのパーツが売られている。AndroidやiPhoneの自作も可能

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/07/05(木) 16:57:59.44 BE:422186189-PLT(12015)
a002_m

どういうことだってばよ
https://www.youtube.com/watch?v=leFuF-zoVzA

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1530777479/


続きを読む

Androidに存在するメモリ関連の脆弱性「RAMpage」、重要情報流出の恐れ

1: ムヒタ ★ 2018/06/29(金) 10:43:30.00 _USER
ki_ram01
 Androidを搭載したスマートフォンやタブレットに、悪質なアプリを使ってデバイスに不正アクセスできてしまう脆弱性が見つかったとして、国際研究チームが論文を発表した。悪用されれば、端末に保存されたパスワードなどのセンシティブな情報が流出する恐れがあると警告している。

 研究チームは今回の脆弱性を「RAMpage」(CVE-2018-9442)と命名し、概略を解説したWebサイトを開設した。それによると、RAMpageは2012年以降に出荷された全てのAndroid端末が影響を受ける。一方、Apple製品やPCに対しては、この攻撃は通用しない。

 アプリは通常、他のアプリのデータを読み込むことはできない。しかしRAMpageの脆弱性を突く悪質なプログラムを利用すれば、管理者権限を取得して、端末に保存された情報を入手できてしまう恐れがあるという。パスワード管理ツールやブラウザに保存されたパスワードのほか、ユーザーの写真やメール、仕事関連の重大な文書なども盗まれる恐れがあるとしている。

 攻撃を受けたとしても、ログファイルに痕跡は残らず、ユーザーは気付かない可能性が大きい。研究チームは、自分の端末にこの脆弱性が存在するかどうかをユーザーがチェックできるアプリを開発し、ソースコードも公開した。影響を受けるデバイスの数など、詳細の把握に利用する意向だ。

 RAMpageの脆弱性についてはGoogleも確認しているという。現時点で、この問題を解決するためのソフトウェアパッチは存在しない。研究チームはRAMpage攻撃を阻止するツール「GuardION」を開発してソースコードを公開し、Googleと連携して検証を行っている。

 RAMpageは、過去に発覚した「Rowhammer」と呼ばれる脆弱性に関連している。Rowhammerは、スマートフォンなどの小型デバイスに搭載されているDRAMの設計上の問題に起因する脆弱性。オランダのアムステルダム自由大学や米カリフォルニア大学サンタバーバラ校、米IBMなどの国際研究チームは、Rowhammer対策について研究する一環として、RAMpageの脆弱性を発見し、論文を発表した。
2018年06月29日 09時00分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1806/29/news078.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530236610/


続きを読む

AndroidからiPhoneに乗り換えたユーザー、安くて大画面のモデルを好む

1: ムヒタ ★ 2018/06/28(木) 04:01:43.40 _USER
iPhone購入者の15%〜20%はAndroidからの乗り換えユーザーであり、AndroidからiPhoneに乗り換えるユーザーは「低価格」「大画面」のモデルを選ぶ傾向が強い、との調査結果が発表されました。

iPhone購入者の15%〜20%はAndroidからの乗り換え
調査は、2017年10月から2018年3月までの半年間にAndroidスマホからiPhoneに乗り換えた米国内の消費者2,000人を対象として、Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)が実施しています。

CIRPは、iPhoneの販売台数の15%〜20%はAndroidからの乗り換えユーザーが占めている、と推定しています。

低価格モデルを好む元Androidユーザー
Androidスマホからの乗り換えユーザー(青)iPhoneシリーズからの買い替えユーザー(赤)の、モデルごとの購入割合を比較すると興味深い傾向がみられます。
no title


iPhone8/8 Plusが最も人気のモデルとなったのは、Androidからの乗り換えユーザー、iPhoneのリピーターともに共通しています。

しかし、Androidからの乗り換えユーザーでは、低価格の旧モデルであるiPhone7/7 Plusが約25%、iPhone6s/6s Plus が約12%と、iPhoneリピーターと比べて割合が高くなっています。

エントリーモデルに相当するiPhone SEを購入したのは乗り換えユーザーの約12%で、iPhoneリピーターのおよそ2倍にのぼります。

一方で、iPhoneシリーズ史上最も高価なモデルとなったiPhone Xを購入したのは、乗り換えユーザーの10%弱で、iPhoneリピーターの半分以下の少数派です。

CIRPのパートナー兼共同創業者のジョシュ・ロイツ氏はこの傾向について「Androidスマホは多くのモデルが発売されているが、比較的低価格のモデルが多く、新たにiPhoneに買い換える際、最新のフラッグシップモデルの最新機能にこだわる人が少ないからだろう」と指摘しています。

大画面の「Plus」モデルを好む元Androidユーザー
Androidからの乗り換えユーザーのうち、39%が大画面の「Plus」モデルを選んでおり、iPhoneリピーターの29%よりも高くなっています。

この傾向についてCIRPのパートナー兼共同創業者のマイク・レビン氏は「Androidスマホメーカーは、以前から大画面モデルを提供していたので、Androidユーザーは大画面のiPhoneを好むのだろう」と分析しています。
2018年6月28日 00時07分
https://iphone-mania.jp/news-217167/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530126103/


続きを読む

相当数の格安Androidスマホに最初からマルウェアが仕込まれている

1: ムヒタ ★ 2018/05/25(金) 03:24:15.26 _USER
あsdfindex
格安で売られているAndroid搭載スマートフォンに、販売前の時点でマルウェアがインストールされていることが、アンチウイルスソフトウェアを開発・販売するAvast Threat Labsの調べで明らかになりました。

Google非認証のAndroidスマホで感染が確認
Androidスマートフォンにマルウェアがプリインストールされている事実が発覚したのは、今回が初めてではありません。今年3月には、中国大手ベンダーの一部のAndroidスマホが、マルウェアに感染した状態で販売されていたことがわかっています。

今回Avast Thread Labsがアドウェアのインストールを確認したのは、ZTE、Archos、myPhoneなど、Googleの認証を受けていない格安Androidスマホが中心であるとのことです。

感染しているスマホでは、ポップアップ広告がしつこく表示されるなどの問題が発生しますが、ファームウェアレベルでアドウェアがインストールされているため、ユーザーが自分で削除するのは非常に困難です。

欧州を中心に世界90カ国以上で被害報告
これまでAndroidスマホで確認されているマルウェアにはさまざまな亜種がありますが、基本は同じです。まず「ドロッパー」と呼ばれるアプリが、設定のシステムアプリに紛れ込むようにインストールされます。このアプリが「マニフェスト」という小さなファイルをダウンロードし、マニフェストがアプリに他のファイルをロードするよう命令します。するとマニフェストにあるURLからマルウェアのAPK(Android Application Package)をダウンロード、インストールします。

Avastによれば、マルウェアのAPKにはGoogle、Facebook、Baiduの広告フレームワークが含まれており、ユーザーがブラウザを開くとゲームなどの広告を次々にポップアップ表示します。これだけでも十分うっとうしいですが、うっかりこれらのゲームをインストールしたりすると、さらに事態は悪化します。

現時点で世界90カ国以上で感染が報告されていますが、特にロシア、イタリア、ドイツ、イギリス、フランスなど欧州での被害件数が多くなっています。
2018年5月25日 01時35分
https://iphone-mania.jp/news-213348/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1527186255/


続きを読む

Sailfish OS、2018年日本上陸へ すでに Xperia Xには提供 Android、iOSに次ぐ第3のOS

1: サーバル ★ 2018/03/11(日) 22:47:04.94 _USER9
 Android、iOS以外のモバイルOSを――NokiaでMeeGo端末の開発に携わっていたチームが2011年に立ち上げたJollaはフォーカスを絞り、動きの激しい携帯電話業界で今も生き残っている。

 スペイン・バルセロナで開催された「MWC 2018」でJollaは最新版「Sailfish 3」を発表。2018年は日本市場でも提供が始まるという。JollaのCEO兼共同創業者、Sami Pienimaki氏に話を聞いた。

すでに日本の通信事業者とも交渉を開始
2018年はXperia向けの「Sailfish X」を日本で提供

――今年のMWCでは「Sailfish 3」を発表しました。

 Sailfish 3はユーザーインターフェースを大きく改善し、マルチタスクや片手での操作など、さらに快適に利用できるようになった。2ジェスチャーで大抵のことができるし、通知からの移動もさらにスムーズになった。プライバシーやセキュリティーも強化し、Sailfishの特徴をさらに高めた。

(略)

――2017年にスタートした「Sailfish X」について教えてください。

 我々の中核はSailfish OSのライセンスだが、ソニー「Xperia X」シリーズ向けにSailfish OSを49ユーロ(約6500円)でダウンロードできるプログラムとしてスタートしたのが「Sailfish X」だ。ソニーの「Sony Open Device Program」を利用したもので、Xperia Xのユーザーはダウンロードしてインストールし、Sailfish OSを利用できる。MWCでは1月に発表されたばかりの「Xperia XA2」にも対応することを発表した。

(続きはソース)
http://ascii.jp/elem/000/001/645/1645647/amp/?__twitter_impression=true
no title
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520776024/


続きを読む

Androidのバージョン、Windows XP並に固定化、もう高性能が求められなくなったせいか

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ] 2018/02/07(水) 12:21:28.41 BE:422186189-PLT(12015)
train_manin_man-d2b61-thumbnail2
2月第1週の「Google Play」ストアへの訪問数に基づいてAndroidの開発者向けウェブサイトに
掲載された情報によると、Nougat(7.0と7.1)は28.5%のAndroidスマートフォンに
インストールされているという。

一方、ほかのバージョンの現在のシェアは、Marshmallow(6.0)が28.1%、
「Lollipop」(5.0と5.1)が24.6%だ。最新のAndroid OSである「Oreo」は1.1%にすぎない。

対照的に、「iPhone」ユーザーの多くは通常、自分の端末で最新のソフトウェアを使用している。
Appleによると、同社ユーザーの65%は「iOS 11」、28%は「iOS 10」、
残りの7%は「iOS 9」以前のバージョンを使用しているという。

https://japan.cnet.com/article/35114349/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1517973688/


続きを読む

Android 8.1の「設定」で、接続前にWi-Fiの速度レベルを表示へ

1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/24(水) 08:10:14.54 _USER9
63index
http://www.itmedia.co.jp/mobile/spv/1801/23/news120.html

 米Googleは1月22日(現地時間)、「Android 8.1 Oreo」の新機能として、近隣のWi-Fiネットワークの一覧で速度を表示するようにしたと発表した。同日からローリングアウトしていく。

 この機能を利用できるようになると、Android端末の[設定]→[ネットワークとインターネット]→[Wi-Fi]で表示される一覧の、公共ネットワーク名の下に速度が4段階で表示される。

遅い:通話やテキストメッセージの送信は可能
OK:Webサイトの閲覧、SNSの利用、音楽のストリーミングが可能
速い:ほとんどの動画のストリーミングが可能
非常に速い:非常に高画質な動画のストリーミングが可能

 この評価は、[Wi-Fi]→[詳細設定]→[ネットワーク評価プロバイダ]で[なし]をタップすれば非表示にできる。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516749014/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ