SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:シャープ

シャープ旧本社、解体開始=ニトリから買い戻しならず

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/27(月) 14:27:13.26 _USER
0170327at20_t
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032700419&g=eco

大阪市阿倍野区にあるシャープの旧本社ビルの解体作業が27日に始まった。
経営再建策の一環として家具大手のニトリに売却され、シャープを買収した台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業出身の
戴正呉社長が買い戻しを目指したが、実現しなかった。
 旧本社地区は、1912年に東京で創業した早川徳次氏が、関東大震災で家族と会社を失い、
大阪で再起を図った場所。シャープは2016年7月、本社を第2の創業地である大阪市から堺市に移転した。
ニトリホールディングスによると、解体工事は今年8月まで行われ、その後、同地に大型店舗を建設する。(2017/03/27-11:27)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490592433/


続きを読む

シャープ、人工知能搭載「AIoT冷蔵庫」を発売 献立相談や買い物メモ、プラズマクラスター調節機能も搭載

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/15(水) 13:45:50.92 _USER
http://news.mynavi.jp/news/2017/03/14/314/
no title

シャープは3月14日、人工知能を搭載したAIoT冷蔵庫「SJ-TF49C」を発表した。
対話しながら献立を相談すると「『チキンソテー野菜ソース添え』はどうですか?」などとメニューを提案してきたり、
人工知能によりプラズマクラスターイオンを抑制したりする。発売は3月下旬。価格はオープンで、推定市場価格は税別350,000円前後

シャープが取り組んでいる「AIoT」(モノの人工知能化。AIとIoTを組み合わせた造語)製品の一つ。
ユーザーが家電をどのように使っているかを記録してクラウド上に送信、取得した情報を応用して家電を「わが家流」に成長させるという。
SJ-TF49Cは、最上位オーブン「AX-XW300」と同様、ユーザーとの対話が可能。ユーザーの暮らしに寄り添い、
タイミングよく声をかける「Good Timing Message」で、キッチンでの家事をサポートするという。

クラウドサービス「COCORO KITCHEN」と連動し、クラウド上にある大量のメニューと、ドア開閉のタイミングなどから学習した
ユーザーの生活サイクル(日中の在宅状況、食事の支度時間、家事がひと段落する時間、就寝時間、買い物のサイクル)を結びつけて献立を提案する。

主には、献立の相談にのり提案する「食材すっきりナビ」、買い物用のメモに活用する「買わなきゃナビ」、
生活リズムのアドバイスを行う「生活リズムナビ」の3機能を持つ。

食材すっきりナビ
食材すっきりナビでは、冷蔵庫の中身に応じた晩御飯のメニューを提案する。たとえば、鶏肉を買っている場合は
「今日はこの前買った鶏肉で『鶏肉のつけ焼き』はどうですか?」などおすすめしてくれる。
食材の使い忘れを確認したうえでメニューを提案することもある。ユーザーが定期的に卵を購入しており、最後に卵を購入したであろう日
(SJ-TF49Cが予想する購入日)から3日経過している場合は、「そろそろ卵がなくなるころじゃないですか? まだ残っているなら献立相談してくださいね」など、献立相談を促す。
ユーザーが食材を指定し、献立を相談することも可能。「献立相談! トマトを使ったメニューを教えて」と話しかけると、
「この前買った鶏肉とトマトを使って『チキンソテー野菜ソース添え』はどうですか?」など、冷蔵庫にある食品を活用するメニューを教えてくれる。
献立は天気情報や季節のイベントなどと連動しており、花粉が多く飛んでいる日には「外出を控えたいですね。
おうちにありそうな材料でできるものを選んでみました。『オーブンで本格ハンバーグ』はどうですか?」といった提案がある。
提案されたメニューの材料や作り方は、スマートフォンやタブレットの「COCORO KITCHENアプリ」に送信、作り方やレシピ詳細はアプリから確認できる。

買わなきゃナビ
音声により買いたい食品のメモもできる。「買い物メモをお願い。牛乳!」と話しかけると、
「牛乳ですね。買う食品をメモしました」とアナウンスし、「COCORO KITCHENアプリ」の買い物リストにメモする。
定期的に購入する食品は、購入時期をリマインドする。10日に1回ビールを購入している場合は、「そろそろ『ビール』を買う時期ですね。
また買う場合は、買い物メモ登録してくださいね」と知らせてくれる。
生活リズムナビにより、天気やユーザーのスケジュールなど、生活に寄り添った情報も通知。たとえば、夜の家事がひと段落するであろう
21時に冷蔵庫のドアを開けると「明日の天気は雨。降水確率は80%です」などと話しかけてくる。このほか、23時ごろに開けると
「今日もお疲れ様です。ゆっくり休んでくださいね」などのねぎらいの言葉もかけてくれる

冷蔵庫としての基本性能
鮮度の維持にこだわり、冷蔵室奥、野菜室、チルドなどにステンレスのパーツを使う「トリプルステンレス」を採用。
食品に直接冷風を当てないようにして乾燥を抑える。
このほか密閉構造の「うるおい野菜室」、マイナス18度以下で安定して保存し霜つきを抑える「新鮮冷凍」、
人工知能で冷蔵室の開閉頻度やキッチンの温度を検知しプラズマクラスターイオンの放出を調節する「プラズマクラスター見守り運転」などに対応する。
定格内容積は485L。外形寸法はW685×D699×H1,820mm、重量は98kg。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489553150/


続きを読む

シャープ、液晶TV国内生産撤退へ 「世界の亀山」に幕

1: 1級神2種非限定φ ★ 2017/03/15(水) 00:51:38.29 _USER
74
シャープの戴正呉(たいせいご)社長は14日、朝日新聞のインタビューに答え、
2018年にも液晶テレビの国内生産から撤退する方針を明らかにした。

三重県亀山市の亀山工場でつくったテレビは「世界の亀山ブランド」として一時代を築いたが、
近年は採算が悪化していた。

「アクオス」ブランドのテレビ生産は親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)に任せる。


全文はソース元で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000001-asahi-bus_all
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489506698/


続きを読む

シャープ、賞与は最大8カ月分支給 「信賞必罰」8倍格差、最少は1カ月分

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/13(月) 20:41:31.16 _USER
wst1703130049-n1
http://www.sankei.com/west/news/170313/wst1703130049-n1.html

経営再建中のシャープの戴(たい)正呉(せいご)社長は13日、堺市の本社で記者会見し、
平成29年度の年間一時金(賞与)について、平均4カ月分を支給することを明らかにした。
業績への貢献に応じ、8〜1カ月分を支給する。28年度の平均2カ月分から増額となるが、個々の支給額にメリハリをつけて「信賞必罰」を明確にする。

 さらに、業績やブランド価値向上に特別な貢献をした社員に対しては「社長特別賞」を給与、年間一時金に加えて支給するという。

 シャープの労働組合は今春闘で、傘下入りした台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業との協業で業績が
改善傾向にあることなどを考慮し、年間一時金を4カ月分求める要求書を経営側に提出していた。

 また、戴社長は優秀な若手人材の確保に向け、30年4月入社の採用者数を、29年4月入社比で
倍増させる考えを表明した。優秀な新入社員なら、入社半年後に大幅な給与の引き上げを行うなど、
若手社員の活躍を後押しするための等級・給与制度の改革に取り組む。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489405291/


続きを読む

シャープ、PC事業への再参入を検討

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/07(火) 15:31:51.84 _USER
index
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1703/07/news042.html

 シャープが自社ブランドによるNAS(Network Attached Storage)製品の国内販売を検討していることを明らかにした。
親会社である鴻海精密工業(ホンハイ)が開発、生産しているNASを、シャープブランドの製品として国内投入する予定だ。

 2017年夏には、5年ぶりにプロジェクター市場に再参入する計画を発表しているが、これもホンハイとの共同開発によるものだ。
今後は、ホンハイが開発、生産しているサーバやPCなどの取り扱いも検討する。シャープは、
2010年にPCの生産から撤退しており、シャープブランドのPC復活の可能性も出てきそうだ。
(中略)


 中山専務は、「ホンハイは、POSやハンディターミナルなどのほか、UTMやSDNアプライアンス、PC、
サーバ、ATM、車載機器、スマートウォッチ、スマートプラグなど幅広い製品を持っている。ビジネスソリューションの
展開において、不足する商材をホンハイから完成品として仕入れるほか、競争力のある製品の共同開発も進める」と言う。

 特にサーバやPCでは、ホンハイは、ヒューレット・パッカードやデルから、生産を受託しており、関係者の間では、
「サーバの生産シェアでは、全世界の6割を占めるのではないか」との声も聞かれるほどだ。

 実は、ホンハイが持つ欧州などのサーバおよびPCの生産拠点は、ヒューレット・パッカードやデルの生産拠点を買収したものであり、
その関係を基に、受託生産を継続している経緯がある。サーバやPCは、量産効果が発揮されやすい製品で、
シャープはそこで生産された競争力を持った製品を販売できる環境を手に入れたとも言える。

 中山専務は、「国内において、データセンター向けのサーバをやる予定はない。だが、オフィス向けのサーバのほか、
デスクトップPCやノートPC、タブレットなどで、日本から要望があれば、仕入れることも考えたい。
ホンハイは、ノートPCやタブレットではそれほど生産量が多くないが、デスクトップPCの生産では高い実績がある」などと語る。
 SBSが、日本HPのPC販売ではトップディーラーの一角を占めるなど、高い実績を持つだけに、PCに関するさらなる販路の確保と、
サポート体制が構築できれば、再参入の可能性もありそうだ。

 「SBSには、PCを売る販路としてのパワーがある。そのルートを活用して、ホンハイで生産したPCを、シャープブランドで売ることは可能だが、
今後は、そのメリットがあるかどうかを考えていく必要がある」と中山専務は語る。
 ホンハイ傘下となったことで、シャープにはさまざまな商材を揃えることができる環境が整った。プロジェクター市場に5年ぶりに再参入するように、
PC市場再参入の可能性も出てきたと言える。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488868311/


続きを読む

シャープ、中国に有機EL工場を検討…投資数千億円規模 国内での生産は断念か

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/18(土) 09:17:28.71 _USER
AS20160402002668_commL
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で経営再建中のシャープが、中国でスマートフォン向けに有機ELパネルの
量産工場建設を検討していることが16日、分かった。鴻海の「iPhone(アイフォーン)」の組み立て工場がある
河南省鄭州市などが候補に挙がっている。投資規模は数千億円規模になる見込みで、鴻海も出資を検討している。
中国メーカーなどとの受注競争に向け、量産開始を当初予定していた2019年より早める可能性もある。

 スマホの画面は液晶パネルが主流だが、アップルは今秋にも発売予定の新型アイフォーンに初めて
有機ELを搭載する見込み。有機ELは発色がよく、曲げることもできるため、液晶に代わる次世代パネルとされる。
 シャープは鴻海傘下となり計2000億円を投じて有機ELを国内で生産する計画だったが、
中国で補助金などの支援を受けて生産設備を新設した方が効率的だと判断した。アイフォーン組み立て工場内に設備を設ける可能性もある。【土屋渓】

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170217/k00/00m/020/144000c#csidxddc581b2865f414a44dfe4b9438dd8c
Copyright 毎日新聞
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487377048/


続きを読む

シャープの17年3月期、経常利益99億円 3期ぶり黒字化

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/17(金) 11:26:37.94 _USER
001
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD17H0D_X10C17A2EAF000/

 シャープは17日、2017年3月期の連結経常損益が99億円の黒字(前期は1924億円の赤字)に
なりそうだと発表した。従来予想は2億円の赤字だったが、3期ぶりに黒字に転換する。
不振の太陽電池事業で材料のシリコン購入価格を見直すことで調達先と合意した。最終損益は271億円の赤字(同2559億円の赤字)と、
従来予想から赤字幅が約100億円縮小する。

 シャープは「原材料の購入の変更契約を締結した」と発表した。調達に関する引当金が101億円減り、
原価が減少することで利益増につながった。太陽電池材料とは明言していないが、同社は過去にシリコンの市場価格を上回る
価格での長期契約を結んだことが業績の足かせになっていた。シャープを傘下に収めた台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は
条件の悪い契約の見直しを進めており、太陽電池材料でも見直しが進んだようだ。

 同社の16年10〜12月期連結決算では、主力6事業のうち太陽電池事業だけが営業赤字だった。契約の見直しにめどがたったことで、
戴正呉社長が目指す全事業黒字化の目標に向けて前進する。

 業績上方修正を受け、16日午前の株式市場ではシャープ株が一時前日比13円(4%)高の335円まで上昇する場面があった。

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487298397/続きを読む

日商の三村明夫会頭「東芝は日本の財産というべき企業。シャープの比ではない」

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 20:18:43.84 _USER
bsg1702161744006-f1
http://www.sankei.com/economy/news/170216/ecn1702160017-n1.html

日本商工会議所の三村明夫会頭は16日の記者会見で、東芝の経営危機に関して
「東芝は日本の財産というべき企業。技術は(鴻海精密工業の子会社となった)シャープの比ではない。日本に残ることを考えてもらいたい」と述べ、
早期の自力再生に期待を寄せた。

 三村氏は、巨額損失の要因となった米原発子会社の買収に関しては「十分な検討がなされなかったのは、企業として責められることだと思う」と指摘した。

 東芝の原発事業そのものについては「世界のエネルギー需要を考えれば原発は重要なエネルギー源だ。原発の機器納入、
サービス提供で利益を得るのは事業としておかしくない」と述べた。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487243923/


続きを読む

シャープ、東芝事業買収に関心 半導体出資は見送り

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/07(火) 12:37:52.68 _USER
index
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ07H22_X00C17A2EAF000/

 シャープ首脳は7日、東芝の事業全般について、シャープによる買収に関心があるとの認識を示した。
分社する半導体子会社への出資の提案は見送ったと明らかにしたものの「シャープに関連ある事業は何でも考える。東芝は発電…
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486438672/


続きを読む

鴻海、中国に最大級の液晶工場新設へ シャープと競合も

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/30(金) 22:08:47.97 _USER
20161230-00000062-asahi-000-4-view
http://www.asahi.com/articles/ASJDZ4WJ0JDZPLFA004.html
 シャープの親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)が30日、世界最大級の液晶パネル工場を中国の広州市に建設すると発表した。投資額は数千億円にのぼるとみられ、巨費を投じて液晶事業で勝負をかける。
 鴻海の郭台銘(かくたいめい)会長が同日、広州市で会見した。テレビ用の大型液晶パネルをつくる計画だ。郭会長は「18カ月以内に生産を開始したい」と述べ、2018年中にも稼働させる方針を示した。新工場では「第10・5世代」とよばれるガラス基板を使い、大きなパネルを扱う。シャープの技術も活用して、高性能な製品をつくりたい考えだ。

 シャープにとっても液晶事業は経営の主軸だ。親会社の鴻海が液晶パネルの製造に力を入れることになれば、「すみ分け」が求められる。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1483103327/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ