SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:シャープ

シャープ 事業の分社化進める ホンハイ子会社化3年

1: ムヒタ ★ 2019/08/12(月) 13:52:14.33 _USER
vesvs
シャープが台湾のホンハイ精密工業の出資を受けて子会社となってから12日で、ちょうど3年がたちました。会社では事業の分社化を進め、他社からの出資を受けやすい態勢づくりに力を入れています。

シャープは3年前の8月12日、ホンハイ精密工業から3800億円余りの出資を受けて子会社となり、外資の下で経営の再建を進めてきました。

工場の閉鎖や白物家電の国内生産縮小など大胆なコスト削減を進めたこともあって収益力が高まり、ことし3月期の決算で2期連続の最終黒字を実現しています。

一方、シャープはおととし12月に東証1部に復帰しましたが、当時と比べて株価は3分の1以下と低迷しています。

このため会社では、成長分野を分社化することで他社からの出資を受けやすい態勢づくりに力を入れています。

ことし4月には、巨額の投資が必要な半導体などの事業を分社化しました。

また、あらゆるモノをインターネットにつなぐIoTなどの事業は、ことし10月をめどに分社化する予定です。

シャープとしては、成長分野をすべて自社で抱え込まずに他社と提携することで事業の拡大をはかるとともに、低迷する株価の底上げもねらう考えがあるものとみられています。

2019年8月12日 11時13分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190812/k10012032311000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1565585534/


続きを読む

シャープ、賞与「年4回」に分散へ 格差、最大で8倍

1: ムヒタ ★ 2019/07/17(水) 07:31:33.74 _USER
wst1907160020-p1
 シャープの戴正呉会長兼社長は16日、堺市で報道陣の取材に応じ、従業員の賞与(ボーナス)を年4回に分けて支給する検討を始めたと明らかにした。現在は半期ごとの業績に基づいて夏と冬に支給しているが、四半期ごとの業績を反映させる形に改める意向だ。今後、社内の人事評価委員会などで制度設計を詰め、労使交渉での合意を目指す。

 戴氏は「(現行制度では)従業員が業績の善しあしをあまり感じていない。従業員の業績への意識を高め、信賞必罰を徹底させたい」と述べた。

 平成28年8月に鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入ったシャープは、業績貢献度に応じた「信賞必罰」の人事制度を導入。29年度以降、評価の高い社員と低い社員との間で最大8倍の格差をつけて賞与を支給している。鴻海では一部の事業本部ですでに年4回の支給が常態化しているという。

 一方、戴氏はテレビ向けの大型液晶パネルを生産する堺工場(堺市)の運営会社で、業績悪化を受けて24年にシャープ本体から切り離した「堺ディスプレイプロダクト(SDP)」について、「シャープの8Kテレビ市場での競争力を高めるため、可能であれば取り戻したい」と表明。今年1月以降、戴氏自らがSDPの経営効率化を主導しているといい、子会社化を目指して株主などに理解を求めていく方針だ。

2019年07月17日 06時29分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/17/news060.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1563316293/


続きを読む

シャープが関西の2事業所を閉鎖 拠点集約でコスト削る

1: ムヒタ ★ 2019/07/05(金) 14:53:40.97 _USER
せvsindex
 シャープが2020年度にも葛城事業所(奈良県葛城市)と平野事業所(大阪市)の国内の2拠点を閉鎖し、八尾事業所(大阪府八尾市)に集約する方針であることが5日、わかった。シャープは鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)傘下で構造改革を進め、経営再建を進めてきた。拠点の集約でコスト削減を進めつつ、開発力を高める狙いがある。

 葛城事業所は1981年に太陽電池などの工場として稼働し、現在はエネルギーシステムの開発者など約300人の従業員が働く。平野事業所は34年の設立で家電の修理サービスや、複写機など法人向け営業など約500人が勤務。2拠点を閉鎖したあとも人員は削減せず、白物の開発拠点である八尾事業所に異動させる。八尾に人員を集中させることで、人工知能(AI)などの開発を、加速させる方針だ。

 シャープは16年に鴻海傘下に…

残り:220文字/全文:564文字
2019年7月5日13時59分
https://www.asahi.com/articles/ASM754GFBM75PLFA004.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1562306020/


続きを読む

掃除機はサイクロンとかあるけど、やっぱ紙パックだよね

1: あるるくん(東京都) [US] 2019/06/23(日) 16:24:04.82 BE:209847587-PLT(12031)

シャープ、ドライカーボンパイプ採用で軽量化したキャニスター掃除機「EC-VP510」

no title

「EC-VP510」

シャープは2月12日、掃除中の手元にかかる荷重をさらに低減した紙パック式キャニスター掃除機「EC-VP510」を発表。2月21日に発売する。

パイプに軽量なドライカーボンを採用することにより、手元にかかる重量を同社従来機と比べておよそ44%低減。さらに身体をかがめずに
立ったまま簡単に着脱できる玄関専用ブラシアタッチメント「スグ換え玄関ブラシ」を装備。玄関先などの土汚れを手軽に吸い取ることができる。

no title


このほか、ラグマットなどの段差を吸入口を持ち上げずに乗り越えられる「ラグ越えヘッド」、本体のスイッチを押すと身体をかがめずに立ったまま
吸込口が外れて先端が掃除ブラシに切り換わる 「スグトルブラシ」、パイプ部分を自立させて掃除を中断できる「マジックバランス」といった機能を搭載。

吸込仕事率320W〜およそ70W。本体サイズおよそ幅194×奥行き395×高さ182mm、本体重量およそ2.2kg。価格はオープンプライス。

https://ascii.jp/elem/000/001/811/1811367/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1561274644/


続きを読む

シャープ、米国向けノートパソコンも中国から生産移管へ

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/05/27(月) 19:21:21.95 _USER
シャープの戴正呉会長兼社長が27日、日本経済新聞などの取材に応じ、米国の中国に対する制裁関税「第4弾」の対象となるノートパソコンについて、中国から東南アジアへ生産移管する考えを明らかにした。戴氏は「ASEAN(東南アジア諸国連合)にも安く生産できる拠点はたくさんある」と語り、複合機やデジタルサイネージ向けなどの大型ディスプレーも移管を検討する。

no title

シャープの戴正呉会長兼社長はノートパソコンなどについても中国からの生産移転を検討することを表明した(写真は2017年3月撮影)

米国の対中関税第4弾は最大25%の関税を課す内容で6月末以降に発動される見通しだ。シャープ子会社のダイナブック(東京・江東)が手がけるノートパソコンは杭州市の自社工場を中心に中国で全量を生産しているが、第4弾が発動されれば、台湾やベトナムなどにあるシャープや親会社の鴻海精密工業グループの拠点への移管を検討する。「全体の1割程度が米国向け」(戴氏)という。

第4弾が発動されれば、複合機は江蘇省の自社工場で高速印刷できる上・中位機種を生産しているが米国向けについてはタイ工場に移す方針だ。同様に広告向けなどの大型ディスプレーも今は鴻海の中国工場で生産しているが、同社のメキシコ工場に移管する方針だ。

一方、戴氏はシャープの部品を除く最終製品の売り上げの中で「中国で生産する米国向けは3.8%しかない」と語り、影響は軽微であることを強調した。該当する製品の生産移管を迅速に進め、競合に対してコストメリットを発揮してシェア拡大につなげる。

また米国による事実上の中国・華為技術(ファーウェイ)への部品供給禁止規制について、シャープは現在、規制の対象になるかの調査を進めている。日本国内でもファーウェイ製スマートフォン(スマホ)の発売延期などの動きが生じているが、戴氏はこうした動きを「チャンスにもなる」と述べた。競合する携帯電話や携帯用ルーターなどでシェア拡大を目指す。

また戴氏は同日、自身の進退についても言及した。今年6月に鴻海精密工業の董事に復帰予定。「(董事の任期が続くため)2021年度まではシャープの会長職を継続する」と語った。社長職については「適当な人物がいたら引き継ぎたい」とし、20年度以降の交代を示唆した。後任は「できれば日本人から選びたい」とし、今後も幅広く社内外から候補者を募る。

また後継者育成の取り組みも強化する。戴氏と、野村勝明・石田佳久両副社長の3人が務めている共同CEO(最高経営責任者)については、今年7月から権限を拡大する方針だ。これまでは2千万円以下だった決裁権限を1億円以下まで引き上げる。他の共同CEOの担当分野についても戴氏自身は「業績が達成できれば、関与しない」という。より重要な経営判断を共同CEOに任せることで、後継者としての適正を見極める。

2019/5/27 15:21
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45309790X20C19A5000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1558952481/


続きを読む

シャープ、AIで複数のレシピを提案 オーブンレンジの新製品

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/21(火) 15:40:10.23 _USER
274274
シャープは21日、水蒸気で調理するオーブンレンジ「ヘルシオ」の新製品を6月13日に発売すると発表した。従来モデルは、話しかけると人工知能(AI)が1つのレシピを提案するのみだったが、新モデルは複数のレシピを提案し、調理方法も詳しく説明する。オーブンレンジ需要が縮小する中、提案力を強化して需要を喚起する。

容量30リットルの「AX-XW600」と26リットルのコンパクトタイプ「AX-AW600」の2種類を発売する。税別市場想定価格はそれぞれ17万5千円と13万円で、家電量販店などで販売する。

新モデルは利用者への提案力を強化した。例えば「ほうれん草を蒸したい」とヘルシオに話しかけると、従来モデルは1つのレシピを提示するだけだったが、新モデルは一緒に調理する食材や調理温度の幅を広げ、複数の提案から利用者が選べるようにした。

日本電機工業会によると、オーブンレンジの国内出荷台数は2013年に261万台だったが、18年には221万台と5年で40万台減った。一方、温めるだけの単機能レンジは増加している。シャープはオーブンレンジの複雑な機能を敬遠する利用者が多いとみて、使い方を細かく示すことで需要を喚起する。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45056850R20C19A5000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1558420810/


続きを読む

シャープ 4K電子黒板を発売へ

1: 田杉山脈 ★ 2019/04/15(月) 21:38:18.65 _USER
wst1904150020-p1
シャープは15日、高精細の4K液晶パネルを搭載した大型電子黒板「ビッグパッド」3機種を、5月上旬から順次発売すると発表した。細かい文字や設計図面なども鮮明に表示でき、設計事務所など法人の需要を見込んでいる。2017年以降に発売した2機種に、サイズが異なる今回の3機種を加えて品ぞろえを拡充し、電子黒板の4K化を加速させる。

 サイズは65、75、85型で、店頭想定価格は約50万〜約130万円。新たなタッチパネル方式を採用し、誤動作を抑えた。コントローラーを内蔵し、パソコンに接続しなくても動画の再生やテレビ会議を行うことができる。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000045-jij-bus_all
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1555331898/


続きを読む

シャープが折りたたみスマホ試作機、国産有機EL採用

1: ムヒタ ★ 2019/04/10(水) 12:38:34.20 _USER
500x250
シャープは4月10日、報道関係社向けの展示会で、曲がるフォルダブル有機ELディスプレイを搭載した折りたたみスマートフォンのモックを公開しました。現段階で商品化を検討しているわけではなく、あくまでディスプレイの技術披露目的としています。

画面サイズは6.18インチで、解像度はWQHD+(1440 × 3040)。ブースの担当者によると、30万回の折り曲げに耐える耐久性を有しているとのこと。展示は内折りですが、外折りのデザインにも対応します。

将来的に同パネルを搭載したAQUOSスマートフォンが発売される可能性もありそうです。ブースの担当者は「具体的なことはまだ決まっていない」と語りつつも「(スマホを担当する事業部に)こういうパネルがあるよと紹介はしている。製品化するかどうかはその事業部が判断する」とコメントしました。
https://japanese.engadget.com/2019/04/09/el/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1554867514/


続きを読む

シャープ、約6.2インチの大画面SIMフリースマホ「AQUOS zero」

1: 田杉山脈 ★ 2019/04/03(水) 16:19:54.29 _USER
シャープは4月3日、SIMロックフリースマートフォン「AQUOS zero」(SH-M10)を発表した。4月9日より順次発売する。店頭予想価格は10万円弱。

 AQUOS zeroは、同社が国内で生産した有機ELディスプレイを搭載。スマートフォン「AQUOS」史上最大となる約6.2インチの大画面とWQHD+(2992×1440dpi)の高精細に加え、100万対1の高コントラスト、DCI-P3規格(デジタルシネマの標準規格)のカバー率100%の広色域を特徴としている。

また、「AQUOS」で培った高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」によるなめらかな階調表現と豊かな色調で、色鮮やかな映像が楽しめるという。

 同社によると、有機ELディスプレイの採用でバックライトが不要であることに加え、側面を含むフレームにマグネシウム合金、背面に軽量で強度の高いアラミド繊維「テクノーラ」を用いたことで、画面サイズ6インチ以上・電池容量3000mAh超で防水(IPX5以上)対応のスマートフォンにおいて、世界最軽量の約146gを実現した。

 また、ディスプレイの中央に向かって緩やかに盛り上がる独自のラウンドフォルムを採用したことで、指の動きに合った自然なタッチ操作が行えるという。

 主なスペックとして、OSはAndroid 9 Pieを採用。CPUは、Qualcomm Snapdragon 845(SDM845)/2.6GHz(クアッドコア)+1.7GHz(クアッドコア)オクタコア。メモリは、RAM6GB/ROM128GB。アウトカメラは、有効約2.260万画素。インカメラは、有効約800万画素。バッテリー容量は3130mAh。サイズは、約154mm×73mm×8.8mm。重量は、約146g。
no title

https://japan.cnet.com/article/35135156/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1554275994/


続きを読む

シャープがミラーレスカメラみたいな8Kビデオカメラを参考展示

1: 田杉山脈 ★ 2019/01/11(金) 20:25:15.09 _USER
米国ラスベガスで開催中のエレクトロニクスショー「CES 2019」。4年振りにCESに“復帰”したことで注目を集めているシャープは展示にもサプライズを用意していた。8Kの動画撮影に対応するビデオカメラを参考展示している。

外観はミラーレスカメラに近いが、「基本ビデオ優先の設計」(シャープ)。毎秒30フレームの8K動画撮影を目指している。動画はH.265(HEVC)で圧縮してSDカードに記録。8KテレビとはHDMI 2.1で接続する。

センサーサイズやレンズマウントはマイクロフォーサーズ規格に準じたもの。撮像素子の「フォーサーズ型8K CMOSセンサー」を含め、自社製デバイスを多く採用する。

2019年度上期中の商品化を目指す。価格は「3000〜4000ドル程度が目標」(シャープ)
no title

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/11/news130.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1547205915/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ