SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:シャープ

シャープ取締役、鴻海系出身者が過半に

1: ノチラ ★ 2017/05/13(土) 15:19:49.83 _USER
index
シャープは12日、6月20日の株主総会に議案としてかける取締役人事を発表した。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業のグループ会社の取締役を務める王建二氏などが新たにシャープの取締役に加わる。社外を含めた取締役9人のうち過半の5人がホンハイグループ出身者となる。

 王氏は鴻海とシャープが共同運営する堺ディスプレイプロダクト(堺市、SDP)の取締役も務めるほか、鴻海傘下の液晶パネル大手、群創光電に在籍していたこともある。社外取締役となる呂旭東氏は鴻準精密工業の現職の経理責任者だ。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16348250T10C17A5TJ1000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1494656389/


続きを読む

シャープ「MZ-80C」を再現、中身は「Raspberry Pi A+」BASICが動く「PasocomMini MZ-80C」登場

1: ノチラ ★ 2017/05/11(木) 13:22:10.09 _USER
no title

ハル研究所は2017年5月11日、8ビットパソコンMZ-80Cをミニチュアサイズで再現した「PasocomMini MZ-80C」を発表した。販売開始は2017年10月中旬を予定、価格は1万9800円(税別)。BEEP秋葉原の店頭およびECサイトで2017年6月1日から予約受け付けを開始する。

MZ-80Cはシャープが1979年に発売した8ビットパソコン。CPUにザイログ「Z80/2MHz」を採用し、10型のブラウン管グリーンモニターとデータ転送/保存用のカセットテープレコーダー、キーボードを備えたオールインワン仕様で26万8000円という価格設定が受け、8ビットパソコンブームの火付け役となった。プログラミング言語のBASICをROMで実装せずにカセットテープから読み込む「クリーンコンピュータ思想」も特長。標準搭載のS-BASICだけでなくHu-BASICなど他社製BASIC言語も利用でき、アセンブラやマシン語などさまざまな言語がカセットテープで提供されていた。

この往年の名機4分の1サイズ(幅102.5×奥行71.25×高さ32.5ミリ)で実現したPasocomMini MZ-80Cは、ハードウェアにシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi A+」を内蔵する。画面出力用のHDMIやUSB HIDクラスを扱えるmicroUSBを備える他、GPIO(汎用IO)を利用したポートアクセスにも対応する。

 プログラミング環境には、スマイルブームの「SmileBASIC」を搭載する。USB機器やGPIOポート経由での機器制御をBASICで行える。
no title

no title

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1705/11/news017.html
引用元: http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1494476530/


続きを読む

「外資でもいいじゃないか」 シャープOBを味方につけた戴社長の弁舌

1: ノチラ ★ 2017/05/06(土) 11:19:58.65 _USER
42
経営再建中のシャープ本社(堺市堺区)で4月15日、OB社員の会「社友会」総会が開かれ、昨年の倍以上の約230人が出席した。親会社の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業から送り込まれた戴正呉社長が、経営状況を説明すると申し出たためだ。OBたちは戴社長の弁舌にすっかり魅せられたようで「外資の傘下でもいいじゃないか」との声も上がった。(産経新聞 石川有紀)

中略

「おかげさまで、業績や株価は着実に回復基調にある。平成29年度は構造改革から競争力強化へと軸足を移し、東証1部復帰に向けて事業拡大に取り組む。より一層のご支援をお願いしたい」

 シャープ再建にかける思いを訴えた戴社長。自ら分析したという他社との比較データをモニターに映し出し、経営を語り始めた。

「鴻海は世界有数の開発スピードとコスト競争力、生産力をもつ。シャープは開発力と技術力が強い。2つの会社のシナジー(相乗効果)がこれから期待できますから」

 約20分にわたるスピーチでは、家電購入者向けの会員組織「シャープi(アイ)クラブ」の会員勧誘への支援も要請。「真の再生は道半ば。皆様が築かれてきたシャープを、グローバルで輝かせ、安心いただけるよう社員一丸となって歩みを進めたい」と締めくくった。

外資でもいいじゃないか

 「正直、1年前は株価は下がる一方で、海外への技術流出も懸念されていた。万が一倒産したらと、ものすごく不安だった」

 家電製品の事業本部長を務め、平成17年に退職した社友会の真(しん)康雄会長(75)は、こう振り返った。

 昨年2月、シャープが官民ファンドの産業革新機構と外資の鴻海のどちらに支援を求めるのか、情勢は緊迫していた。社友会でも保有するシャープ株や企業年金を心配する声が上っていたが、経営陣と情報交換はできなかったという。

 真さんは、昨年11月に戴社長と初めて面会。その場で、社友会総会に会場を提供したいとの申し出があり「非常に誠実な方。経営のスピード感など(過去の)シャープになかった感覚がある」との印象を受けたと話す。「日産自動車もカルロス・ゴーン氏のもと立派に再生した。海外の大きな資本を活用し、互いに技術を導入しあう例も、これからは出てくるのではないか」。

以下ソース
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170505/bsb1705051600001-n1.htm
引用元: http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1494037198/


続きを読む

シャープ、タブレット端末に再参入へ 鴻海に生産委託か

1: ここん ★ 2017/04/19(水) 08:06:10.11 _USER
20170418-00000101-zdn_m-000-1-thumb
シャープは今年度中に、タブレット端末の販売に再び参入する方針だ。

製品企画を自社で手がけ、生産は親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業に委託することを検討している。主力の液晶パネル工場の稼働率を上げるねらいもある。
シャープはかつて、「アクオスパッド」というタブレット端末を製造、販売していたが、経営難に陥っていた2015年に製造をやめ、
その後新商品を出していなかった。再参入後は、主に国内外の企業など向けに販売する考えだ。
鴻海出身の戴正呉(たいせいご)社長は今月15日の退職者の会合で、シャープ製品の品ぞろえを増やす考えを示した。
生産を受託する鴻海グループとの相乗効果も見込めるとみている。

朝日新聞デジタル(2017年4月18日23時30分)
http://www.asahi.com/articles/ASK4L7JDQK4LPLFA00Q.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1492556770/


続きを読む

シャープのスマホブランド名「アクオスR」に統一

1: ノチラ ★ 2017/04/18(火) 20:25:19.13 _USER
20170418-00000531-san-000-1-view
シャープは18日、スマートフォンの旗艦機種のブランド名を平成29年夏モデルから「アクオスR」に統一すると発表した。
年間で28年比1.4倍の100万台超の販売を目指す。ブランド力とともに液晶、カメラ、デザイン、
人工知能(AI)の技術を強化し、使用時の快適性を高めた新製品の投入で、10%台前半にとどまる
国内スマホ市場シェアの拡大を図る。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170418/bsb1704181815001-n1.htm
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1492514719/


続きを読む

シャープ、パソコン事業に再参入 業績回復で事業拡大を狙う シャープの膿は経営陣だったようですね…

1: バズソーキック(宮城県)@\(^o^)/ [US] 2017/04/16(日) 07:26:11.91 ● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
20170307-00000028-zdn_mkt-000-0-thumb
シャープ、パソコン再参入を検討 戴社長が言及

シャープの戴正呉社長は15日、パソコンなどスマートフォン以外のIT(情報技術)機器事業への
再参入を検討していると明らかにした。戴社長は「鴻海グループとのシナジーで一番強いのが
IT機器だ」と発言。親会社の台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が手がけるパソコンなどを基にした
商品をシャープブランドで販売することを視野に再参入を目指すようだ。

同日、堺市の本社で開かれたシャープOB向けの会合に戴社長がテレビ会議システムで参加して
方針を語った。シャープは「メビウス」のブランドでノート型パソコンなどを展開していたが、採算悪化
を受け2010年に撤退していた。戴社長は「鴻海とのシナジーで撤退したIT機器にまた参入したい」とし、
再参入への意欲を示した。

また戴社長は「これまで商品のラインアップが足りなかった」と述べ、今後は商品群の拡充で売り上げ増を
目指す考え。17年度は国内での商品点数を4K液晶テレビで16年度から45%増の約20、冷蔵庫では
30%増の約25まで増やすなど、家電や複合機など幅広い事業分野で積極的に新商品を投入していく方針だ。

16年度業績についても戴社長は「営業利益や純利益の予想を達成できたと思う」と語り、3期ぶりの
営業黒字化など、業績回復が順調に進んでいるとの認識を示した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC15H0T_V10C17A4EA4000/
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492295171/


続きを読む

シャープ、軽量・省電力で超高精細の「8K」新モニターを6月末販売…実売価格は800万円前後の見込み

1: 曙光 ★ 2017/04/12(水) 20:04:58.79 _USER9
 fdc7e5cc-s
シャープは12日、現行のフルハイビジョンの16倍の解像度を持つ超高精細の映像規格「8K」に対応した70型の映像モニターを6月末に発売すると発表した。
8K放送向けの映像制作や医療用途など業務用で、85型の従来製品に比べ重量が半分以下の42.5キログラム、消費電力は3分の1の470ワットに抑えた。今後の家庭用8Kテレビ商戦を見据えて開発を進めたという。
 8Kは2018年末に実用放送が始まる計画。フルハイビジョンより鮮明で臨場感に富む映像を楽しめる。新モニターは液晶パネルを使い、色や明暗の差異を最大現に表現する「HDR規格」に8Kでは初めて対応した。
実売価格は800万円前後を見込む。業務用に年200〜300台の受注販売を目指す。(2017/04/12-17:42)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041200973&g=eco
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491995098/


続きを読む

シャープ、亀山工場の人員倍増4000人−7月、液晶テレビやスマホのカメラ部品増産

1: ばーど ★ 2017/04/06(木) 12:35:46.31 _USER9
wst1704060030-n1
シャープが液晶パネル生産の主力拠点である亀山工場(三重県亀山市)で働く人員を7月に倍増させることが6日、分かった。
現状の約2千人から4千人程度に増やす。シャープ首脳は同日、「液晶テレビの増産と電子部品の新事業の立ち上げを計画しており、人員を倍増させる」と述べた。

電子部品の新事業の詳細などは明らかにしていないが、シャープはベトナムの協力工場で米アップルなど向けにスマートフォン用のカメラ部品を生産しており、
亀山工場を活用して増産に乗り出すとみられる。
亀山工場の従業員数は昨年12月末時点で約2千人で、7月から協力会社を含めて2千人程度増員する計画という。

シャープは組み立てコストが安い親会社の台湾・鴻海精密工業への液晶テレビの生産委託を進めている。
平成29年度には国内の生産体制も再編し、亀山工場に80型以上の大型テレビ生産を集約する。

さらに、鴻海ですでに導入している液晶テレビ組み立ての全自動化ラインを新設し、45型液晶テレビの増産を図り、コスト競争力を高める方針だ。

シャープは、30年度の液晶テレビ販売を現状の倍の1千万台に伸ばすとしている。

配信 2017.4.6 10:23更新

産経WEST ニュースサイトを読む
http://www.sankei.com/west/news/170406/wst1704060030-n1.html
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491449746/


続きを読む

シャープ、国内全社員に金一封3000円支給へ 「感謝のしるし」

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/31(金) 11:19:46.84 _USER
stock1
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ31H0B_R30C17A3EAF000/

 シャープの戴正呉社長は31日、社員向けにメッセージを出し、「感謝のしるし」と称した金一封3000円を一律で
国内の全社員に支給すると発表した。国内の構造改革に一定のめどがついたためで、
グループ会社を含めた約1万9千人が対象。総額は6000万円程度になる。忘年会のような社員をねぎらう会合が開けなかったため、同
僚との親睦などに使ってもらうという。

 シャープの親会社の台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業でも同じような仕組みがある。メッセージでは、
2017年度のキーワードを「トランスフォーメーション(転換)」と指摘。「家電メーカーから、(あらゆるモノがネットにつながる)IoT企業に業態転換する」とした。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490926786/


続きを読む

シャープ旧本社、解体開始=ニトリから買い戻しならず

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/27(月) 14:27:13.26 _USER
0170327at20_t
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032700419&g=eco

大阪市阿倍野区にあるシャープの旧本社ビルの解体作業が27日に始まった。
経営再建策の一環として家具大手のニトリに売却され、シャープを買収した台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業出身の
戴正呉社長が買い戻しを目指したが、実現しなかった。
 旧本社地区は、1912年に東京で創業した早川徳次氏が、関東大震災で家族と会社を失い、
大阪で再起を図った場所。シャープは2016年7月、本社を第2の創業地である大阪市から堺市に移転した。
ニトリホールディングスによると、解体工事は今年8月まで行われ、その後、同地に大型店舗を建設する。(2017/03/27-11:27)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490592433/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ